マイナビニュース | テクノロジー | サイエンス | ヘッドライン(2007)(1ページ目)

ヘッドライン

2007年12月21日(金)

米IBM、セマンテック技術でメール情報を素早く検索するツール

米IBMは12月20日(現地時間)、研究開発センターalphaWorksを通じて、セマンテック(意味論)検索ツールの「IBM OmniFind Personal Email Search (IOPES)」をリリースした。大量のメールデータの中に埋もれてしまった情報を素早く検索し、さらに検索情報のタグ化や他者との共有など、それらをより有益に活用できるようにする。

[10:08 12/21]

2007年11月14日(水)

ついに「地球の出」のハイビジョン撮影に成功! - 月周回衛星「かぐや」

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と日本放送協会(NHK)は13日、月周回衛星「かぐや(SELENE)」が「地球の出」のハイビジョン撮影に成功したと発表した。NHKが開発した宇宙仕様のハイビジョンカメラ(HDTV)によって行われたもので、10月31日には月面の撮影にも成功していた。

[14:27 11/14]

2007年11月09日(金)

「かぐや」が月面のハイビジョン撮影に成功、動画の公開も

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と日本放送協会(NHK)は7日、月周回衛星「かぐや(SELENE)」による月面のハイビジョン撮影に成功したと発表した。月周回軌道上からのハイビジョン撮影は世界初。「かぐや」は9月14日に打上げられ、10月18日に高度約100kmの観測軌道に投入されていた。

[22:45 11/9]

2007年10月12日(金)

インドの宇宙会議体験記 - インドの宇宙開発の秘密を探る

インドは宇宙開発がたいそう活発で熱い。通常の分け方でいえば、1人当たりの国民所得が700ドル(約8万5,000円)しかないのだから、「発展途上国」に分類されるインドであるが、宇宙分野においては「先進国」といっていいほどの隆盛を誇っている。

[19:29 10/12]

2007年10月05日(金)

「かぐや」月に到着 - JAXA、月周回軌道への投入に成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、先月14日に打上げた月周回衛星「かぐや(SELENE)」について、月周回軌道への投入に成功したと発表した。

[16:30 10/5]

2007年09月21日(金)

「はやぶさ2」が危ない? 小惑星探査機の後継機、海外で打上げか

18日に開催された宇宙開発委員会の計画部会・月探査ワーキンググループ(WG)において、小惑星探査機「はやぶさ」の後継機が海外のロケットで打上げられる計画であることが明らかになった。同委員会の松尾弘毅委員長の質問に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の川口淳一郎教授(月惑星探査推進グループ推進ディレクタ)が答えたもの。

[15:45 9/21]

2007年09月20日(木)

これぞ究極の求人情報? - NASAが宇宙飛行士を一般公募

米航空宇宙局(NASA)は、宇宙飛行士志願者のオンライン受付を開始した。応募締め切りは来年7月1日。国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在や月面探査などのミッションに挑む宇宙飛行士の最終選考結果は、2009年初めに発表される。

[16:22 9/20]

2007年09月18日(火)

H-IIAロケット13号機打上げ - 記者会見、MHI・今年度中にも商業衛星の打上げ受注へ

H-IIAロケット13号機を打上げた14日、三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は共同で、種子島宇宙センターにて記者会見を開催した。打上げ業務がMHIへ移管された今回、MHIからは佃和夫社長が出席。記者からの質問が集中した。

[20:34 9/18]

2007年09月15日(土)

H-IIAロケット13号機打上げ - 打上げ成功、「かぐや」は所定の軌道へ

三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、種子島宇宙センターよりH-IIAロケット13号機の打上げを実施。搭載した月周回衛星「かぐや」(SELENE)は、打上げの約45分後にロケットと分離、所定の軌道への投入が確認された。

[01:35 9/15]

2007年09月14日(金)

【動画速報】 H-IIAロケット13号機、月へ向けてリフトオフ!

三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、月周回衛星「かぐや」(SELENE)を搭載したH-IIAロケット13号機を、種子島宇宙センターより打上げた。

[12:01 9/14]

H-IIAロケット13号機打上げ - 夜の機体移動、ついに13号機がその姿を現す

月周回衛星「かぐや」(SELENE)を搭載するH-IIAロケット13号機がついに姿を現した。13号機は14日午前10時31分01秒に打上げが実施される予定。

[09:21 9/14]

2007年09月13日(木)

H-IIAロケット13号機打上げ - Y-0ブリーフィング、打上げ直前情報・天候は回復へ

三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、種子島宇宙センターにて「Y-0ブリーフィング」を開催した。昨日(Y-1ブリーフィング)の段階からは特に変わった情報はないが、天候については改善がより確実になってきており、スケジュール通り、14日に打上げを実施すると発表された。

[18:38 9/13]

H-IIAロケット13号機打上げ - Y-1ブリーフィング、「地球を2周半」の意味

三菱重工業(MHI)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、種子島宇宙センターにて「Y-1ブリーフィング」を開催し、月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げを予定通り14日に実施する方向であることを明らかにした。ただ当日の天候は微妙で、今後の気象予測次第では再延期もあり得る状況であることは変わらない。

[13:40 9/13]

2007年09月12日(水)

H-IIAロケット13号機打上げ - いきなり延期かいっ! の初日レポート

いよいよ、月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げが今週実施される。既報の通り、13日の打上げ予定がすでに14日に延期されているが、筆者はもう鹿児島に移動してしまった後だったので、予定通り今日から現地レポートを開始したい。

[13:16 9/12]

2007年09月11日(火)

「かぐや」打上げ延期、天候上の理由により

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、今週13日に予定していた月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げを1日延期すると発表した。打上げ前日から行うY-0作業の時間帯において、天候の悪化が予想されるため決定した。新たな打上げ時間は14日10時31分01秒(日本標準時)となる。

[16:53 9/11]

2007年09月05日(水)

富士通研究所、ネットワークの体感品質を「見える化」する新技術を開発

富士通研究所は5日、IP電話やインターネット上の映像配信など大規模なネットワークサービス向けに、ユーザーの体感品質(QoE: Quality of Experience)を定量化し、"見える化"する技術を業界で初めて開発したと発表した。

[20:37 9/5]

ロシアが宇宙旅行・月面着陸・火星探査に関する長期宇宙計画を明らかに

ロシア連邦宇宙庁(Roscosmos: Russian Federal Space Agency)のAnatoly Perminov長官は、今後30年に及ぶ壮大な宇宙計画について明らかにした。

[19:16 9/5]

2007年08月30日(木)

JAXAの次期固体ロケット、開発第2段階へ - 宇宙開発委員会が了承

宇宙開発委員会(文部科学省)は29日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実現を目指す「次期固体ロケット」について、同委員会の推進部会から提出された事前評価結果を了承した。

[13:43 8/30]

2007年08月15日(水)

延期されていた月周回衛星「かぐや」の打上げ日が決定

宇宙航空研究開発機構と三菱重工業は15日、月周回衛星「かぐや」の打上げを9月13日に行うと発表した。「かぐや」の打上げは、当初8月16日に予定されていたが、子衛星に不具合が見つかったため延期されていた。

[17:43 8/15]

2007年08月08日(水)

カムイロケット打ち上げ見学記 - 打ち上げの瞬間を4方向からの動画で!

カムイとは、アイヌ語で「神」のこと。もっと一般に「自然」と言ってもよいかもしれない。そんな名前のついたロケットが4日、打ち上げに成功した。その瞬間の模様を動画を交えてお伝えする。

[18:05 8/8]

2007年07月25日(水)

宇宙研一般公開 - 見えてきた「はやぶさ」後継機、早ければ2010年にも打上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究本部(ISAS)がある相模原キャンパス(神奈川県相模原市)にて21日、施設の一般公開が行われた。

[23:44 7/25]

2007年07月21日(土)

「かぐや」打上げ延期、衛星に不具合

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業(MHI)は20日、8月16日に予定していた月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打上げを延期すると発表した。

[00:19 7/21]

2007年07月12日(木)

CAMUIロケット、推力250kgf級モデルの打上げを8月に実施へ

北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は11日、北海道大学・植松電機らが開発している「CAMUI型ハイブリッドロケット」の打上げを8月4日早朝に実施すると発表した。CAMUIロケットとしては初めて、到達高度10kmと音速超えを目指す。

[20:56 7/12]

2007年07月11日(水)

「かぐや」打ち上げ直前 - JAXA、月と宇宙食に関するシンポジウムを開催

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、今夏に打ち上げが予定されている月周回衛星「かぐや(SELENE)」や宇宙食に関するシンポジウム「JAXAシンポジウム2007~探る宇宙 食べる宇宙~」を開催した。司会進行は楠田枝里子さんが務め、各分野から専門家を招いてのトークセッションが行われた。

[22:07 7/11]

2007年06月14日(木)

EADS Astrium、空港から離陸可能な宇宙船開発へ - 安全&快適な宇宙旅行実現

宇宙産業界大手のEADS Astrium(本社・フランス)は、高度100kmの宇宙空間を弾道飛行する新宇宙船の研究開発を進め、宇宙旅行ビジネスを立ち上げることを正式に発表した。フランスのル・ブルジェ(Le Bourget)で開催されるパリ航空ショーを前に、現地で開かれたスペシャルVIPイベントにてアナウンスが行われている。

[23:47 6/14]

2007年06月13日(水)

「かぐや」いよいよ月へ - H-IIAロケット13号機、8月16日に打上げ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業(MHI)は13日、月周回衛星「SELENE」を搭載するH-IIAロケット13号機(H-IIA・F13)を、8月16日に打上げると発表した。同ロケットの打上げは、2月24日の12号機以来、およそ6カ月ぶりとなる。

[19:16 6/13]

2007年06月06日(水)

JAXA、月周回衛星セレーネの愛称を「かぐや」に

宇宙航空研究開発機構は6日、今年の夏に打ち上げ予定の月周回衛星の愛称を「かぐや」とすることを発表した。愛称の一般公募は4月11日から5月11日の期間で行われ、5月29日に選考委員会を開催、5月30日に理事長が最終決定を行ったとしている。

[22:56 6/6]

2007年05月08日(火)

科学者/技術者向けのデータ解析フレームワーク「jHepWork 1.2」がリリースに

S.Chekanov氏は6日(英国時間)、jHepWorkの最新版となるjHepWork 1.2を公開した。jHepWorkはJavaで開発されたデータ解析用フレークワーク。GNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2の下にオープンソースソフトウェアとして公開されており、主に科学者や技術者を対象としている。データのプロットや1D/2Dヒストグラムの作成にはJythonを採用している。

[21:24 5/8]

2007年04月24日(火)

小惑星探査機「はやぶさ」が帰還開始へ、観測データもWEBで無償公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、小惑星探査機「はやぶさ」に関する記者会見を開催し、現状について報告した。依然として厳しい状況が続くが、25日より、いよいよ地球帰還に向けた運用を開始するという。また同日、JAXAは「はやぶさ」が取得した科学データの全てをWEB上に公開した。

[23:09 4/24]

2007年04月13日(金)

太陽系外惑星で初めて水の存在を確認? - 米ローウェル天文台

米ローウェル天文台(Lowell Observatory)は、太陽系外惑星のHD209458bの最新観測データ分析を行い、水の存在を確認するに至ったと発表した。詳細な観測結果は「Astrophysical Journal」ジャーナルに掲載される。

[15:28 4/13]

JSAT、捜索救助衛星システムの地上設備を海上保安庁より受注

衛星通信事業者のJSATは12日、捜索救助衛星システム「Cospas-Sarsat(コスパス・サーサット)」の地上設備について、海上保安庁より受注したことを発表した。受注金額は8年間でおよそ3億円。従来は海上保安庁自らが運用していたが、初めて民間へ委託した。すでに4月1日より本格稼働が開始されている。

[13:41 4/13]

2007年04月11日(水)

ドリームチェイサーonアトラスV? - 米SpaceDevとULAが協業へ

米SpaceDevは10日(現地時間)、同社が開発を進めている再使用型有人宇宙船「Dream Chaser」について、大型ロケット「Atlas V」で打上げるための検討に入ることを発表した。Atlas Vを開発・製造する米United Launch Allianceと、協業に関する覚書(MOU)を締結したもの。Dream Chaserは6~8人乗りの宇宙船で、2009年の初フライトを目指している。

[23:45 4/11]

2007年04月10日(火)

月周回衛星「SELENE」の名前を考えよう! - JAXAが公募を開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、今年の夏にH-IIAロケット13号機で打上げる予定の月周回衛星「SELENE」の愛称を募集することを発表した。募集期間は4月11日から5月11日までの1カ月間。インターネット( https://www.selene-aisho.jp/ )または葉書で応募を受け付ける。

[23:38 4/10]

2007年02月02日(金)

あの裁判は今 - SCO、「破産目前」と書かれたそのワケは

やや過去の記憶となりつつある一連のSCOのによるUNIX訴訟。しかし現在でも、2003年3月6日に提訴したIBMとの訴訟を継続中だ。これに関して最近米国で、Novellが「SCOが得たUNIXライセンス収入の95%はNovellに支払われるべきものだ」と訴えており、「SCOの破産は目前かつ必至」と発言したと報じられた。

[19:16 2/2]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事