マイナビニュース | テクノロジー | サイエンス

関連キーワード

イチオシ記事

IUPAC、理研発113番元素「ニホニウム」など新4元素名を正式決定

理化学研究所(理研)は11月30日、同研究所が国際純正・応用化学連合(IUPAC)へ提出していた113番元素の元素名案および元素記号案について、提案どおり、元素名「nihonium(ニホニウム)」、元素記号「Nh」に正式決定されたと発表した。

[18:04 11/30]

新着記事

一覧

今週の掲載しきれなかった科学ニュースまとめ [11/28~12/2]

本稿では、弊誌にて掲載しきれなかった国内の大学・研究機関の研究成果に関するニュースリリースをご紹介する。今回は、11月28日~12月2日付けのリリースからお届けしたい。

[18:00 12/2]

ナノカーとは何なのかー?~研究者に聞いてきました①~(梶井宏樹)

こんにちは!梶井です! さて、前回の私のブログでは、目に見えないちっちゃい車、ナノカーの国際レースが来春にフランスで開催されるみたいだよ!という紹介をいたしました。 (ブログはこ...

[17:00 12/2]

新着記事

一覧

早大、約150℃の低温度下で水素が生成する触媒反応メカニズムを立証

早稲田大学(早大)は12月1日、150℃程度の低温度において、メタンと水蒸気のパラジウム(Pd)触媒を用い反応系に弱電場をかけることによって水素が生成するメカニズムを立証したと発表した。

[15:54 12/2]

新しい二次元半導体セレン化インジウムを開発 - マンチェスター大など

マンチェスター大学とノッティンガム大学の研究チームは、グラフェンに似た結晶構造を持つ新しい二次元薄膜材料セレン化インジウム(InSe)を開発した。二次元のInSeはシリコンを上回る電子移動度を持つ半導体であり、次世代の高速トランジスタなどの材料として有望視されている。研究論文はナノテク専門学術誌「Nature Nanotechnology」に掲載された。

[12:14 12/2]

科博など、高知県の山中から新種の鉱物を発見 - 「Bunnoite(豊石)」と命名

国立科学博物館などは12月1日、高知県いの町の山中から新種の鉱物を発見したと発表した。

[11:48 12/2]

線維芽細胞を用いた再生医療で心不全に挑む、慶大発ベンチャー メトセラ

心不全に向けた再生医療技術として国内では、いくつかのグループがiPS細胞から作製した心筋シートを移植する手法の臨床応用に向けた研究を進めている。そして今年3月、この心不全の領域へ慶大発ベンチャー「メトセラ」が新たに参入した。同社の代表を務めるのは、再生慶應義塾大学先端生命研究所の特任助教 若宮貴紘氏だ。

[10:00 12/2]

名大、桜島の噴気温度を遠隔で測定 - 水素ガスの重水素同位体含有率を利用

名古屋大学(名大)は11月30日、鹿児島県・桜島の噴気温度の遠隔測定に成功したと発表した。

[15:08 12/1]

MIT、ナイロンを使って簡易・低コストな人工筋肉を作製

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、身近な材料であるナイロンを使って「人工筋肉」を作製する技術を開発した。生体の筋肉組織のような曲げ伸ばし運動を繰り返すことができる人工筋肉は、ロボット工学から自動車や飛行機の部品まで幅広い応用が期待されているが、これまでは高価な特殊材料を使う必要があるなどの問題があった。今回開発されたナイロン製人工筋肉は、安価かつ簡便な方法で作ることが可能で、耐久性も良好であるという。研究論文は材料科学専門誌「Advanced Materials」に掲載された。

[11:18 12/1]

空間に分布する電子雲などの物理量を3Dプリンタで可視化する技術 - 東大ら

東京大学(東大)とクロスアビリティは11月30日、空間に分布する物理量を3Dプリンタで可視化する技術を開発したと発表した。

[16:32 11/30]

体内時計が生理機能リズムを生み出すにはRNA編集酵素ADAR2が必要 - 東大

東京大学(東大)は11月29日、DNAの遺伝情報がRNAに読み取られた後、RNA配列が書き換えられる「RNA編集」という現象が1日の特定の時刻に起こることを発見し、さらに体内時計が多くの生理機能リズムを生み出すにはADAR2が重要であることを明らかにしたと発表した。

[10:25 11/30]

工業的利用価値の高いゼオライトを数秒で合成 - 東大が高速合成技術を開発

東京大学(東大)は11月29日、石油化学触媒として広く用いられるゼオライトの超高速合成技術の開発に成功したと発表した。

[08:00 11/30]

遠い昔、光は今より速かった? - ICLが光速度不変の原理を覆す仮説を検証

インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)などの研究グループはこのほど、光速度変動仮説の真偽を実験観測によって確かめることを可能にする、ある具体的な理論予測数値を発表した。

[08:00 11/29]

東北大、低酸素トレーニングの効果をマウスを使用して科学的に立証

東北大学は11月28日、低酸素トレーニングの効果をマウスを使用して科学的に立証したと発表した。

[08:00 11/29]

福島県沿岸部が北西に5センチ動く 22日の地震

22日早朝発生した福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震により、同県沿岸部の南相馬市の観測点が北西方向へ約5センチ動く地殻変動が起きていたことが国土地理院(茨城県つくば市)の解析で分かった。今回の地震について気象庁は断層が北西―南東方向に引っ張られて動く「正断層型」とみているが、同院は「気象庁の解析結果と整合する」としている。

[19:09 11/28]

住友化学とパデュー大学、先進農業に関する共同研究プロジェクトを開始

米パデュー大学と住友化学は11月28日、先進農業に関する共同研究プロジェクトを開始したと発表した。

[16:43 11/28]

アジア史上初!待ちに待った113番目の冬(三ツ橋 知沙)

「アジア史上初!」「113番目」でピント来た方もそうでない方も、夢のある話が好きな皆様、お待たせしました! 2015年12月31日、113番目の元素の命名権を日本の理化学研究所 森...

[12:07 11/28]

酸素の還元・発生どちらにも触媒特性を示すMn酸化物を合成 - 大阪府立大ら

大阪府立大学、東京大学などは11月26日、酸素の還元・発生という2つの電気化学反応に対して優れた触媒特性を示すマンガン(Mn)酸化物の合成に成功したと発表した。

[10:32 11/28]

今週の掲載しきれなかった科学ニュースまとめ [11/21~11/25]

本稿では、弊誌にて掲載しきれなかった国内の大学・研究機関の研究成果に関するニュースリリースをご紹介する。今回は、11月21日~11月25日付けのリリースからお届けしたい。

[18:49 11/25]

大阪府立大、印刷で作製できる絆創膏型のウェアラブルデバイスを開発

大阪府立大学は11月24日、印刷で作製できる柔らかい添付型のウェアラブルデバイスのプロトタイプを開発したと発表した。

[14:48 11/24]

熊本大など、細胞分裂の"スイッチ"を人工的に作り出すことに成功

熊本大学と大阪大学は11月24日、細胞が分裂する際の"スイッチ"を人工的に作り出すことに成功したと発表した。

[12:52 11/24]

CaltechとUCLA、細胞のDNA損傷を除去する技術を開発 - 老化防止に期待

カリフォルニア工科大学(Caltech)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、細胞内のDNA損傷を取り除く技術を開発した。DNA損傷の蓄積は老化の主要原因であるとされるため、老化防止や若返りにつながる可能性がある。研究論文は学術論文誌「Nature Communications」に掲載された。

[12:02 11/24]

最初の津波が「引き波」? 「沖合」で観測?(坪井淳子)

一昨日(11月22日)早朝の福島県沖の地震。 びっくりした方も多いのではないでしょうか?   11月22日5:59 福島県沖の地震 震度分布図(気象庁報道発表資料より)   気象...

[12:00 11/24]

どこでもサイエンス 第90回 コピー機の発明について、調べてみたよ

オフィスに必ずあるPPCコピー機。これがないと困りますよねー。ホント、画期的な発明ですが、その発明者は……え? だれだっけ? ですなー。PPCコピー機を工業生産した会社、ゼロックスは知られていますね。でも発明者のチェスター・F・カールソンという名前は知られていません。というか、白状しますと、ワタクシも知りませんでしたよ。ということで、今回は、PPCコピー機の発明について、ちょっと調べてみましたよ。知られざる発明家の努力は、空回りを続けた期間が長かったようです。

[10:00 11/23]

わかったへの相転移③ 1次元ではもっとすごい相転移が起こる ~2016ノーベル物理学賞~(坪井淳子)

こんにちは! 山内からバトンを受け継ぎました、科学コミュニケーターの坪井です。今回は2016年ノーベル物理学賞の3本柱の中の1つ、ホールデン博士が1983年に発表したホールデン予...

[16:00 11/22]

東大など、半金属ビスマス自体がトポロジカル物質であることを解明

東京大学(東大)は11月21日、半金属ビスマスがトポロジカル物質であることを解明したと発表した。

[12:48 11/22]

無意識のうちに恐怖記憶を消去できる技術 - ATRなどが開発

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などは11月22日、最先端のニューロフィードバック技術を応用し、被験者が無自覚のうちに恐怖記憶を消去することに成功したと発表した。

[10:39 11/22]

天の川銀河に付随する最も暗い衛星銀河を発見 - 東北大など

東北大学、国立天文台などは11月22日、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ「Hyper Suprime-Cam(HSC)」が撮像したデータのなかから、銀河系に付随する衛星銀河を新たに発見したと発表した。

[08:30 11/22]

オートファジーは染色体の均等分配に必要な中心体数を制御している - TMDU

東京医科歯科大学(TMDU)は11月21日、オートファジーが中心体を構成するタンパク質Cep63を分解することによって、中心体数を制御していることを明らかにしたと発表した。

[08:00 11/22]

18年に温室効果ガス削減の実施指針を決定 パリ協定締約国会議が閉幕

モロッコ・マラケシュで開かれていた地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」の締約国会議(CMA1)が日本時間19日、温室効果ガスを削減するための実施指針を集めた「ルールブック」を2018年に決める工程表を採択して閉幕した。パリ協定は選挙期間中に米国のトランプ次期大統領が協定離脱を唱えたことから実効性に対して懸念の声も出ているが、CMA1で今世紀末の「脱炭素社会」実現に向け世界が始動する重要な手続きが決まった。

[18:01 11/21]

福井県で産学官でプログラミング教育の意見交換を行うイベントが12月に開催

こどもプログラミング・サミット実行委員会は、大学生以上の教育関係者およびプログラミング教育に興味を持つ人を対象に、将来のプログラミング教育の重要性と拡充について意見交換会「プログラミング・サミット in FUKUI」を2016年12月4日に、福井県福井市の商工会議所ビルにて開催すると発表した。

[15:47 11/21]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>サイエンス)

 トップへ
企業のR&D部門が開発した新技術の紹介や、宇宙、生命工学、物理学などのマニアックな科学系読み物を中心に構成。話題の科学者へのインタビューなども。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事