マイナビニュース | テクノロジー | レポート(1ページ目)

ヘッドライン

2017年11月17日(金)

Pepperが医者に? - 慈恵会医科大にて血圧測定・認知症診断などを実施

フライトシステムコンサルティングは11月17日、東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座およびジェナとAI・ロボット技術を医療で活用するための共同研究を行うと発表し、同日、報道陣向けの説明会を開催した。

[19:50 11/17]  医療/バイオ

「試作」から「多品種少量生産」へ - 製造業のデジタル化を追い風に成長するプロトラブズ

プロトラブズは11月16日、同社が今年グローバルで進めてきたさまざまな施策の状況や、日本国内での取り組みについての説明会を開催。本国の社長兼CEOであるVictoria M.Holt氏がグローバルの、日本法人社長のトーマス・パン氏が日本地域に関する説明を行った。

[17:40 11/17]  ものづくり

エアバスとJALが開発を進めるHoloLensを活用したバーチャル訓練システム

航空機メーカーのエアバスと日本航空(JAL)グループは11月14日、マイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」を使用した複合現実(MR)訓練システムの開発状況を公開した。

[12:56 11/17]  宇宙・航空

民間スペースシャトル、滑空飛行試験に成功-目標は2年後のISSへの物資補給

米国の航空宇宙メーカー、シエラ・ネヴァダ・コーポレーションは2017年11月11日(現地時間)、開発中の有翼宇宙船「ドリーム・チェイサー」(Dream Chaser)の滑空飛行試験に成功した。同社では早ければ2019年の本格運用開始を目指している。

[10:00 11/17]  宇宙・航空

2017年11月16日(木)

テクトロ、オシロスコープ「5シリーズ MSO」にモニタレスモデルを追加

テクトロニクス社は11月14日(米国時間)、同社の最新世代ミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」のモニタレスモデルとなる「5シリーズ MSO ロープロファイルを発表した。

[16:55 11/16]  計測機器

製品の品質検証を支援するサービスを提供するキヤノンITS - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、キヤノンの製品開発で培われたノウハウなどをベースとした品質検証サービスの紹介などを行っている。

[16:11 11/16]  組み込み/IoT

本格的なIoT時代に対応する新たなArmadilloを展示するアットマークテクノ - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、アットマークテクノは開発中であるArmadillo-440の上位互換モデル「Armadillo-640」を展示している。

[12:20 11/16]  組み込み/IoT

有毒ガス検知や火災検知を実現するNECのIoTソリューション - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」においてNECは、人間中心設計(HCD)のプロセスで設計・開発を行ったIoTソリューションの展示をしている。

[11:49 11/16]  組み込み/IoT

バッテリレスの無線ソリューションで組込機器の新しい形を示す富士通 - ET 2017

2017年11月15日~16日にかけて神奈川県・パシフィコ横浜にて開催されている「ET/IoT Technology 2017」にて富士通ブースでは、「組込み機器の新しいカタチ」と題して、FRAM RFIDをさまざまな無線アプリケーションへと発展させる新技術などの展示を行っている。

[09:00 11/16]  組み込み/IoT

多彩なIoTアプリケーションに採用される東芝の小型プロセッサ - ET 2017

2017年11月15日~16日にかけて神奈川県・パシフィコ横浜にて開催されている「ET/IoT Technology 2017」にて東芝ブースでは、「Arm Cortex-A9」搭載のアプリケーションプロセッサ「TZ2100 シリーズ」の採用事例を用いたデモ/展示などを行っている。

[08:30 11/16]  組み込み/IoT

IoTをデバイスからクラウドまでトータルでサポートするローム/ラピス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、ローム/ラピスセミコンダクタは、IIoTをトータルでサポートするソリューションや、開発中のワイヤレス給電デバイスのデモなどを披露している。

[08:00 11/16]  組み込み/IoT

47個の自社デバイスでヒト型ロボットを実現したST - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、STマイクロエレクトロニクスは、自社の半導体やMEMS47個を組み込んだヒト型ロボットの実働デモなどを行っている。

[07:30 11/16]  組み込み/IoT

日本初公開となるRFSoCの実働デモを実施しているザイリンクス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、ザイリンクスは、日本初となるRFクラスのアナログ機能を統合したAll Programmable SoCである「Zynq UltraScale+ RFSoC」の実デバイスを用いたデモを公開している。

[07:00 11/16]  組み込み/IoT

Cortex-M4/M0+のデュアルコアが使えるPSoC 6のデモを展示するサイプレス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、サイプレスは最新世代PSoCとなる「PSoC 6」に関する各種デモ展示のほか、車載マイコンやWICEDを活用した無線ソリューションのデモ展示などを行っている。

[06:30 11/16]  組み込み/IoT

2017年11月14日(火)

銀河団の高温ガスの元素組成比と太陽のものは同じ-ひとみの観測結果で判明

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、X線天文衛星「ASTRO-H(ひとみ)」に搭載された軟X線分光検出器(SXS)による観測結果から、ペルセウス座銀河団中心部の鉄属元素の組成比は太陽のものと同じであることが判明したと発表した。

[21:30 11/14]  宇宙・航空

スパコン最大の学会「SC17」が開幕

2017年の「SC(SuperComputing)」の開催地はコロラド州デンバーである。SC13がデンバーであったので、デンバーでの開催は4年ぶりということになる。会場のコロラドコンベンションセンターはガラスの壁越しに中を覗き込む巨大なクマの彫刻が飾られており、ファンが多い会場である。

[14:07 11/14]  スパコン/HPC

スペースX、ロケットエンジンの試験中に事故 - 有人宇宙船打ち上げに影響か

米国の宇宙企業スペースX(SpaceX)が2017年11月4日(現地時間)に、ロケットエンジンの試験中に事故を起こしていたことが明らかになった。米国の宇宙系メディアなどが9日、相次いで報じた。この事故で試験設備は大きく損傷したものの、けが人は出ていないという。スペースXによると、事故を起こしたのは開発中の改良型エンジンであり、早ければ15日にも予定されている次の打ち上げなど、今後当面の打ち上げ計画への影響はないとしているが、事故の原因やその対応の行方によっては、将来の有人宇宙船の打ち上げなどに影響が出る可能性はある。

[11:00 11/14]  宇宙・航空

日本の航空宇宙産業を支える縁の下の力持ち - 航空宇宙向けプリント基板への設備投資を進めるOTC

近年、世界的に宇宙を活用しようという取り組みが進んでおり、市場を牽引する米国では民間ロケットの活用が進み、その周辺産業含め、活況を呈するようになっている。そうした航空宇宙産業の盛り上がりを影で支えようというのが、OKIグループに属する「OKIサーキットテクノロジー(OTC)」だ。

[10:00 11/14]  宇宙・航空

NASA、新型ロケット「SLS」の初飛行を延期 - 開発に遅れ、2019年12月以降に

米国航空宇宙局(NASA)は2017年11月8日(現地時間)、開発中の超大型ロケット「スペース・ローンチ・システム」(SLS)の、初飛行の時期について、2019年12月へ延期すると明らかにした。この初打ち上げは、無人の「オライオン」宇宙船を月まで飛ばす計画で、これまでは2018年11月の打ち上げを目指すとされていた。さらに、今後の開発状況によっては、2020年6月まで遅れる可能性もあるという。

[09:00 11/14]  宇宙・航空

TI、1.2kV/500Ωのサージ保護機能を搭載したIO-Linkトランシーバを発表

Texas Instruments(TI)の日本法人である日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は11月13日、同社のファクトリーオートメーション(FA)分野に向けた取り組みに関する説明会を開催。その中で、新製品となるIO-Linkトランシーバ「TIOL111」ならびにデジタル・アウトプット・スイッチ「TIOS101」を発表した。

[08:30 11/14]  産業機器/ロボット

NNG、コネクテッドカー向けのセキュリティ・ソリューションを発表 - 「なりすまし攻撃」から自動車を守る

NNGジャパンは、同社のグループ会社であるArilou Cyber Securityの車載向けサイバーセキュリティ・ソリューションを発表し、11月13日、都内にて報道陣向けの説明会を行った。

[08:00 11/14]  カーエレクトロニクス

複雑化するIIoTのセキュリティ - エッジからクラウドまで一貫して守る方法

産業分野で活用されるIoT、いわゆるIIoTでは、エッジデバイスにインテリジェンスが搭載されるようになり、クラウドや企業内部の別のシステムに接続され、シームレスなデータ活用が進む段階に至っている。

[07:30 11/14]  組み込み/IoT

2017年11月13日(月)

ThingWorxはもはや単なるIoTプラットフォームではない - PTCのCEOが語った新たな方向性

PTCが長年IoTプラットフォームとして提供してきた「ThingWorx」。しかし、同社のジム・E・ヘプルマン社長兼CEOは、「ThingWorxはもはや単なるIoTプラットフォームではない」と語る。

[11:03 11/13]  ものづくり

2017年11月10日(金)

arm TechCon 2017 - 基調講演から見えたarmの危機感

今年の「arm TechCon 2017」の基調講演は、少しいつもと毛色が変ったものとなった。足元の業績そのものは悪くないのだが、同社にとって切実、というよりも恐怖に近いものを感じている様子を感じることができるものとなっていた。

[08:00 11/10]  半導体デバイス

64GB版iPhone Xの部品コストは370ドル - IHSの分解調査で判明

英国の市場調査会社であるIHS Markitは11月8日(英国時間)、Appleの最新スマートフォン「iPhone X」を分解してBOMコストを調べた結果、64GB NANDメモリ搭載モデル「A1865」では370.25ドルと見積もられることを発表した。

[07:00 11/10]  組み込み/IoT

BroadcomがQualcommの買収に成功すると半導体産業に何が起こるのか? - TrendFoceが分析

半導体大手Broadcomは11月6日(米国時間)、同じく半導体大手Qualcommに対し買収提案を行ったことを明らかにした。TrendForceは、この買収が成立した場合の半導体産業への影響を分析した結果を発表した。

[06:00 11/10]  半導体デバイス

2017年11月09日(木)

ミノトールCの悩み - 失敗を乗り越え、よみがえった米国の小型固体ロケット

米国の航空宇宙企業オービタルATKは2017年10月3日(日本時間)、10機の小型衛星を搭載した小型固体ロケット「ミノトールC」(Minotaur-C)の打ち上げに成功した。

[11:00 11/9]  宇宙・航空

HAKUTO、打上げ延期を発表 - 月面の走行ルートなどミッションの詳細も公開

民間月面探査チーム「HAKUTO」は11月8日、開発している月面ローバー「SORATO」の打ち上げを、当初予定の12月28日から延期することを明らかにした。新たな打ち上げ日は未定だが、制約条件などを考慮し、今後決定する。月面レース「Google Lunar XPRIZE」(GLXP)では、2018年3月末までのミッション達成が求められており、これを目指す。

[10:00 11/9]  宇宙・航空

高速道路の逆走を防ぐサービスなど公開 - OKI、ITSテストコースを開設

OKIは11月8日、情報通信事業の基幹工場の1つである情報通信本庄工場(埼玉県本庄市)敷地内に「ITS(Intellegent Transport Systems:高度道路交通システム)テストコースを開設し、稼働を開始した。同日、報道陣向けにこのテストコースを用いたデモンストレーションを実施した。

[07:00 11/9]  カーエレクトロニクス

2017年11月08日(水)

GPUが変える仮想化の世界 - 新たなものづくり環境をどう構築するのか

いまやGPUチップを提供する半導体ベンダではなく、AIコンピューティングカンパニーへと変貌を遂げつつあるNVIDIA。ディープラーニング分野での存在感が日々、増しつつある同社だが、実はデータセンターのサーバに搭載されるGPUにも注力している。

[15:21 11/8]  ものづくり

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事