マイナビニュース | テクノロジー | ものづくり | ヘッドライン(2017)(1ページ目)

ヘッドライン

2017年09月20日(水)

プロトラブズ、射出成形サービスで上限1万個まで追加対応が可能に

プロトラブズは、同社の射出成形サービスにおける追加成形サービスの金型あたりの月産数を、2017年8月28日より上限1万個まで対応可能にしたと発表した。

[13:57 9/20]

3Dプリンタブームの「鎮火」と「再興」- 米Formlabs CPOが語った3Dプリンティングの現在

2014年~2015年頃、3Dプリンタの成形技術の特許切れが相次ぎ、安価な3Dプリンタが数多く発売され、一時は3Dプリンタが家電量販店に並び、一般家庭にも普及するのでは、と見られていた。今回は、米Formlabs CPO(製品最高責任者) David Lakatos氏に、同社製品および3Dプリンタ製品全体の今後の展望や、3Dプリンタブーム収束の理由などを聞いた。

[09:00 9/20]

2017年09月19日(火)

凸版印刷、デジカメで3Dモデルを自動生成する技術の評価実験に成功

凸版印刷は、同社が開発しているデジタルカメラ画像から三次元形状モデルを自動生成する画像処理技術の有効性を検証するため、本田技術研究所の協力のもと、自動車デザインの製作プロセスにおける性能評価実験を実施した。その結果、CADへの適用にも耐え得る高精度なモデル生成に成功したと発表した。

[14:33 9/19]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第128回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(68)MVNO

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 9/19]

阪大、日本独自の製法で極細の手術用綿棒を開発

大阪大学は、腹腔鏡手術でニーズが高い、3mmの綿棒を共同開発し、「Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒」として実用化し、発売した。

[11:33 9/19]

ダイセル、耐薬品性の高いセルロース系水処理膜用新材料を開発

ダイセルは、セルロース系材料の強みである透水性を保持しながら、耐薬品性を大幅に向上させた水処理膜用新材料を開発し、グループ企業のダイセン・メンブレン・システムズとともに、軽量化した外圧式中空糸膜モジュールの開発を進めていると発表した。

[08:41 9/19]

【特別企画】ものづくりの「困りごと」を解決するNACHI不二越 - MECT2017注目ブース

自動車、航空機などの分野に向けて、工具や工作機械、そしてロボットなどの最先端技術をNACHIブランドとして提供し続けている不二越。2017年10月18日~21日の4日間にわたり、ポートメッセなごやで開催される国内最大級の工作機械見本市「MECT2017」において、同社は「工具」、「工作機」、「軸受」、「油圧」そして「ロボット」の5分野において、最新技術の紹介とプレゼンテーションを行う予定となっている。

[07:30 9/19]

2017年09月15日(金)

材料開発をAIが行う? - BIOVIAがもたらす、次世代のものづくり

新材料の発見がもたらす社会への影響は大きい。例えば、炭素繊維強化プラスチックにより航空機は大幅な軽量化を果たし、製造コストおよび燃料コストの削減を実現した。産業の基盤となる、材料を開発する意義は大きく、その研究は日々進められている。その材料開発が今、パラダイムシフトを迎えている。最先端の研究ではなにが起きているのか。

[17:24 9/15]

建築設計/施工図がスマホで利用可能に - PLSやNVIDIAなど、BIM/CIM専用クラウドサービスを提供開始

建築分野で浸透・拡大を続けるBIMとCIM。ペーパレススタジオジャパン(PLS)は、この2つをコラボレーションする専用クラウドサービスの提供を開始した。同サービスは、NVIDIAの仮想GPUソリューションによって、iPhoneやandroidといった端末からも使用可能となる。これにより、コスト面での導入にあたる、障壁が下がることが期待される。

[12:05 9/15]

シーメンスPLM、11月に電気製造向け新製品をリリース - 半導体分野の成長に注目、Mentorとの統合を進めてソリューションを拡大

シーメンスPLMソフトウェアは、米国ボストンでアナリスト向けのイベント「Siemens Industry Analyst Conference」を開催したが、Mentor Graphicsとのシナジーへの期待に応える形で、機械系と電気系の開発、設計、製造プロセスの統合に触れる内容が多かった。

[09:00 9/15]

2017年09月14日(木)

シーメンスPLM、業界別PLMソリューションを拡大 - 各業界のベストプラクティスで、デジタル化を推進

9月7日(米国時間)、米国ボストンで行われたSiemens Industry Analyst ConferenceでシーメンスPLMソフトウェアは、同社が持つ広範囲の製品ポートフォリオを活用し、個々の業界の事情に合わせて「デジタル化」、「デジタル・ツイン」を推進し、デジタルスレッドを実現するために、業界別のベストプラクティスを提供するソリューションを強化していくと同時に、これまではサポートしていなかった業界にも拡大していく方針を発表した。

[12:28 9/14]

ダッソー×ファーウェイ、持続可能なイノベーション構築のための協業を発表

ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は9月13日、中国・上海にて5日~7日に開催された「HUAWEI CONNECT 2017」において、ファーウェイとの業務提携に関する覚書 (MoU)に署名するとともに、ダッソーの3DEXPERIENCEプラットフォームをファーウェイクラウド上で実行するために協業したことを発表した。

[08:00 9/14]

2017年09月13日(水)

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第19回 3D CADの用語はわかりづらい?

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[16:30 9/13]

2017年09月12日(火)

NEC、PLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」を中国で販売開始

NECは11日、同社がグローバルで導入実績を有するPLM(Product Lifecycle Management)クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を、中国で販売開始したことを発表した。

[16:03 9/12]

トプコン、空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」の講習会を実施

トプコンは、標定点の設置・観測を不要とし大幅な生産性向上と精度確保を実現する写真測量システム「TSトラッキングUAS」を体感できる講習会を実施すると発表した。実施日時は9月26日、9月29日。

[13:19 9/12]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第127回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(67)GUI

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 9/12]

なぜヤマハは、二輪車開発ソリューションとしてシーメンスPLMを選んだのか - CEOが語った採用に至る背景

9月6日(米国時間)、シーメンスPLMソフトウェアは、米国ボストンで行われた「Siemens Industry Analyst Conference」で、ヤマハ発動機が二輪車の開発用に3D CADソフト「NX」とPLMソフト「Teamcenter」を導入したことを発表した。

[11:00 9/12]

凸版印刷、流通店舗にて商品情報を管理できる低価格ICタグを開発

凸版印刷は、流通店舗向けに商品情報を管理する低価格ICタグ「SMARTICS-U(スマーティクス・ユー)」を開発し、1枚約5円という低価格を実現したと発表した。

[10:44 9/12]

2017年09月11日(月)

バナナの滑りから考える、科学技術と価値観のイノベーション - イノベスタ2017 北里大・馬渕名誉教授特別講演

東京都立産業技術研究センターは9月8日、ものづくり技術を楽しみながら同センターの技術や設備を見学・体験できるイベント「INNOVESTA!(イノベスタ)2017」を開催した。本稿では、同イベントにて行われた、2014年にバナナの皮の滑りに関する研究でイグノーベル賞を受賞した北里大学 馬渕清資名誉教授による特別講演の模様をレポートする。

[12:00 9/11]

より良い都市環境はどうすれば実現できるのか? - スマートシティの実現に挑むPTC

近い将来、世界の人口の多くが都市部で生活するようになると言われている。しかし、そうした状況におけるより良い都市環境を実現するためにはさまざまな課題が存在しており、その解決に向け、スマートシティの実演を目指す動きが世界各地で進められている。PTCは、そうしたスマートシティへ実現を、プラットフォームを提供することで、支援しようとしている。

[09:00 9/11]

【特別企画】製造・医療・小売業の救世主、サーマルプリンタが業務効率改善に役立つワケ

急速に少子化が進むなか、国内の様々な企業・団体が人手不足に悩んでいる。とりわけ流通・小売業や製造業、そして医療・ヘルスケアなど、現場でのマンパワーが特に必要となる業界では、その悩みは深刻だ。仕事に習熟したプロがなかなか確保できず、そのうえ勤務時間/期間が短い非常勤スタッフは業務に慣れるまでかなりの時間を要してしまう。そうなると、人材が十二分に足りていた従来であれば気づかなかった、ちょっとした理由で業務が滞ってしまうことになるのだ。

[08:00 9/11]

【特別企画】秘密は直径1.3mmの凹みにあり-「飛ぶゴルフボール」を追求するミズノ

機械製品開発で一般的である、モデルを用いた数値解析は、スポーツの分野にも取り入れられている。7月25・26日に都内で開催された、アルテアエンジニアリングが主催する国内最大級のCAE、HPCに関するユーザー会、「2017 Japan Altair テクノロジーカンファレンス」では、ユーザーセッションに世界的総合スポーツ用品メーカーであるミズノが登壇。ゴルフボールの「飛び」を左右するディンプル(表面の凹み)について、最新の乱流遷移モデルを用いた解析への取り組みを発表した。本稿では、同社 研究開発部 要素技術研究開発課 鷲田雄大氏へのインタビューの様子をお届けする。

[07:30 9/11]

2017年09月08日(金)

JDA、国内審査通過5作品を発表-ロボット技術を利用した義足など

ジェームズダイソン財団は、同財団が主催する国際エンジニアリングアワード、ジェームズ ダイソン アワード 2017(以下、JDA)において、国内最優秀賞作品ならびに国内審査通過作品の計5作品の決定を発表した。

[08:58 9/8]

2017年09月07日(木)

Aras、シルバーレイクの主導による4000万ドルの資金調達を発表

Arasは7日、投資会社シルバーレイクのファンドであるシルバーレイク・クラフトワーク(Silver Lake Kraftwerk)が、ゼネラル・エレクトリックの投資部門であるGEベンチャーズ(GE Ventures)と共に、Arasに対して4,000万ドルの資金調達を行うことを発表した。

[18:40 9/7]

2017年09月06日(水)

富士通、クラウドを使わずに多拠点間のデータ共有速度を9割短縮

富士通研究所は、同社が2015年に開発した部屋全体をデジタル化するUI技術を拡張し、多拠点間の円滑な共創活動を実現する技術を開発したと発表した。

[15:24 9/6]

【特別企画】200トンの船体ブロックを壊さず吊るには? シミュレーションでリアルに再現

多様化する船種・船型、省エネルギー化など顧客のさまざまなニーズに対応しているサノヤス造船。同社では、機構解析ソフトウェアを用いた「ブロック吊り解析システム」を開発し、時間・コスト・ノウハウを必要とした従来の設計プロセスからの脱却を目指している。7月25・26日に行われたアルテアエンジニアリングのユーザー会「Altairテクノロジーカンファレンス(ATC)」に登壇したサノヤス造船の技術本部 船殻設計部 構造設計課 本庄卓也氏に、同社の取り組みを語っていただいた。

[07:30 9/6]

2017年09月05日(火)

ブラザー、衣類用高機能プリンター「GTX」発売 - 従来機の3分の1の印刷時間

ブラザー工業は、パソコン上で作成したイメージをTシャツなどの衣類へ簡単に直接印刷ができるガーメントプリンターの新製品「GTX」の販売を開始した。

[16:39 9/5]

3次元CADデータ授受作業を効率化するサービスを提供開始-NEDSとエリジオン

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)とエリジオンは、製造業向けの3次元CADデータ品質管理サービスに関する契約を締結したと発表した。これを受け、NDESはものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」に3次元CADデータ変換・活用支援ツールおよび3次元CADデータ処理エンジンを搭載した新たなサービス提供を開始する。

[15:47 9/5]

パナソニック、ライブ放送にも対応する非圧縮4K出力の360度カメラを発売

パナソニックは、360度映像を非圧縮4K/30pで出力可能な360度ライブカメラ(カメラヘッド/ベースユニット)「AW-360C10/AW-360B10」を9月20日より発売すると発表した。価格はオープン。

[14:47 9/5]

オゾン破壊係数0のフッ素系洗浄剤が10月より発売 - トクヤマMETEL

トクヤマMETELは9月4日、従来よりも環境負荷が小さいフッ素系洗浄剤「エルノバV5/エルノバVR5」を発表した。

[13:37 9/5]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第126回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(66)USB Type-C

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 9/5]

2017年09月04日(月)

【特別企画】ロボコン・プロコンが日本のエンジニア教育に最適なワケ- Robotics Education Day 2017

2017年7月16日、IT人材教育に取り組むアフレルは、「Robotics Education Day 2017~ ロボティクスが拓くエンジニアリングの実践・教育~」をテーマに、エンジニアリングに携わる教育者や開発者に向けたイベントを初開催した。イベントでは10本以上の講演や産業界・教育界でのロボットを活用した教育事例の発表、ワークショップやデモ展示での体験機会が提供され、週末にも関わらず、150名以上の熱心な参加者が様々な分野での情報交換を行い学び合う場となった。

[08:30 9/4]

メガソフト、3DモデルやCAD図面等をモバイルで共有できるサービスを開始

メガソフトは、建築業務でやり取りされる3Dモデル、CAD図面、画像、動画、オフィス文書をスマートフォンやタブレットで共有できるサービス「どこでも建築コミュニケーション・イエクラウド」(以下 イエクラウド)を9月1日より提供開始した。

[08:00 9/4]

【特別企画】製造業界の救世主あらわる! 中小企業と大企業のエンジニアリング格差を埋める

アルテアエンジニアリングが主催する国内最大級のCAE、HPCに関するユーザー会、「2017 Japan Altair テクノロジーカンファレンス(ATC)」が7月25・26日に都内で開催された。数々の大手企業や有名企業が登壇する中、参加者が熱心に聞き入ったある非営利組織の講演があった。デジタル設計モデルを活用し、設計品質向上や試作コスト削減などを図るデジタルプロトタイピングの取り組みを中小製造業に普及させる、デジプロ研である。本稿では、デジプロ研 代表の太田明氏へのインタビューの様子をお届けする。

[07:30 9/4]

2017年09月01日(金)

内閣府、15回目となる産学官連携功労者表彰の授与式を開催

内閣府は9月1日、企業、大学、公的研究機関などの産学官連携活動において、大きな成果を収め、あるいは先導的な取組を行うなど、産学官連携活動の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることで日本の産学官連携活動のさらなる進展に寄与することを目的とした取り組みである「第15回 産学官連携功労者表彰」の受賞者の表彰を行う授与式を執り行った。

[19:22 9/1]

Flashクリエイターはどこへ消えた? ゲームアプリ開発における変化と挑戦のモデルケース-CEDEC 2017

Flashによるコンテンツ制作は、急激にシェアを落としたもののひとつといえる。では、かつての「Flashクリエイター」たちはどこに"消えた"のだろうか?ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」1日目(8月31日)においてGREEが行ったセッションでは、その解として、同社内に在席する5人のスタッフのケースを公開した。

[15:50 9/1]

UV硬化インクジェット方式の3Dプリンタをミマキが発売 - 1000万色以上のフルカラー造形を実現

ミマキエンジニアリングは8月31日、2017年11月より販売予定のUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」の説明会を行った。想定予想価格は1780万円(税別)。

[07:00 9/1]

2017年08月31日(木)

イー・ガーディアン、画像内のロゴ・キャラクター不正利用対策サービス開始

イー・ガーディアンは、画像内物体検知システム「Kiducoo AI(キヅコウ エーアイ)」を用い、ロゴやキャラクター盗用など著作権侵害のパトロールを行うサービスを、8月31日より提供開始した。

[15:48 8/31]

【特別企画】締切迫る! AI民主化に向けた日本MSのビジョン、アクサ生命CDOも登壇

マイナビニュースは、9月8日(金)、東京都新宿区にて「"今あるデータ"でビジネス価値を導き出すビッグデータ活用セミナー」を開催する。申し込み締切日は9月7日(木)15:00。注目度が高いセミナーだけに、早めの申し込みをオススメしたい。

[12:00 8/31]

砂が液体になる? 新感覚体験「流動床インターフェース」-CEDEC 2017

ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」(9月1日まで)において、参加者の注目をひときわ集めていたのが、砂がまるで湯のような感触になる「流動床インターフェース」だ。

[11:00 8/31]

2017年08月30日(水)

九大など、ニッケル基超耐熱合金「インコネル718」の大量生産を可能に

九州大学(九大)は、航空機や自動車のエンジン部品などに使用されるニッケル基超耐熱合金「インコネル718」を高成形性に改質し、さらに大量生産できる工法「遂送法」(高圧スライド加工後に順次試料送りを行う工法)を開発したと発表した。

[15:31 8/30]

シチズン、鹿児島に腕時計部品の製造工場棟を増設

シチズン時計マニュファクチャリングは8月29日、連結子会社であるシチズン時計鹿児島の敷地内に工場棟を増設することを発表した。

[14:47 8/30]

三谷産業のベトナム子会社、複合ユニット製品の需要見越し工場増築

三谷産業のベトナム子会社で、樹脂・エレクトロニクス事業における車載向け樹脂成型品、ならびに樹脂成型品と電子部品を組み合わせた複合ユニット製品の製造を行うAureole unit-Devices Manufacturing Service(ADMS)は8月29日、2017年2月に着工した工場増築が完工したと発表した。

[08:30 8/30]

2017年08月29日(火)

カブク、双葉電子工業の連結子会社に

双葉電子工業は、カブクの発行済株式を取得する株式譲渡契約を締結したことを発表した。今後、2017年9月上旬を目途にカブクの株式を取得し、連結子会社とする予定だとしている。

[15:18 8/29]

【特別企画】サイン業界をリードし続けるサインアーテックが認めた高い生産性

古くから広告サインを手掛け、大型インクジェットプリンターを利用したアウトドア向けサイン出力を得意とする株式会社サインアーテック。サイン業界をリードしている同社は、ターポリンをメインに出力、縫製加工までをワンストップで手掛ける企業だ。同社で制作した都内ビルディングのラッピング、スポーツやコンサートなどのイベント横断幕、映画撮影に用いられる背景幕など、多くの方が目にしていることだろう。

[12:00 8/29]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第125回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(65)サーバ

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 8/29]

2017年08月28日(月)

東北大、形状記憶合金の単結晶部材が量産できる製造プロセスを開発

東北大学は8月28日、銅を主成分とする形状記憶合金の単結晶部材が量産できる製造プロセスを開発したと発表した。

[16:15 8/28]

富士通、AI活用で橋梁内部の損傷度合いを推定する分析技術を開発

富士通および富士通研究所は、橋梁の表面に取り付けたセンサーで振動データを収集し、富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を活用して、内部の損傷度合いを推定できるセンサーデータ分析技術を開発したことを発表した。

[16:07 8/28]

2017年08月25日(金)

鹿島、環境に配慮した新たな凍結工法で温室効果ガス排出量を50%削減

鹿島は8月24日、北海道小樽市で施工中の石狩湾新港発電所1号機新設工事のうち土木本工事において、液化CO2を冷却液として用いた新たな地盤凍結工法を、シールドマシンと既設放水口接続工事に適用し、放水路トンネルが無事貫通したと発表した。

[16:59 8/25]

AGC旭硝子、中国に第11世代TFT液晶用ガラス基板の製造釜を建設

AGC旭硝子は8月24日、旭硝子顕示玻璃(恵州)に第11世代TFT液晶用ガラス基板(3,370mm×2,940mm)の製造窯を建設すると発表した。AGCグループ内から最新鋭の設備を移設することにより、グループの総生産能力を維持し、また設備投資額を圧縮するという。量産開始は、2018年第4四半期~2019年第1四半期を予定している。

[16:53 8/25]

鉄道総研、電車の新たな空転制御方法を開発-乗り心地向上に貢献

鉄道総合技術研究所(以下、鉄道総研)は、主電動機(モーター)の電流情報を用いた電車の新たな空転制御方法を開発したと発表した。

[13:53 8/25]

2017年08月24日(木)

3Dプリンタによる鉄系部品の砂型製作を可能に - ダイハツ工業

ダイハツ工業は8月24日、エンジンやトランスミッションなどに使用する鋳造部品を生産する上で用いる「砂型」を、3Dプリンタで製作する上で必要な技術を開発したと発表した。これにより、従来困難であった3Dプリンタによる鉄系部品の砂型製作が可能となり、鋳造部品試作の短期化、低コスト化を実現した。また、砂の100%リサイクルも可能とした。

[19:56 8/24]

さまざまな建物で地震の揺れを吸収できるダンパー - JFEスチールなどが開発

JFEスチール、JFEシビルおよびブリヂストンは、地震時のエネルギーを吸収し、建物の揺れを効率的に低減できる制振装置「間柱型粘弾性ダンパー」を共同開発した。ブリヂストンが粘弾性体を使用したパネルを製造し、JFEスチールが上下支持部材を製造、JFEシビルが組み立てと製品の販売を担当する。

[19:01 8/24]

鉄道総研、低コストで施工が容易な「S型弾性まくらぎ直結軌道」を新開発

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、従来の弾性まくらぎ直結軌道と比べて施工が容易で低コストな「S型弾性まくらぎ直結軌道」を開発したことを発表した。

[15:21 8/24]

鉄道総研、ディープラーニングによるトンネルの「ひび割れ」検出方法を開発

鉄道総合技術研究所(以下 鉄道総研)は、ディープラーニングを活用し、トンネル覆工面の画像から「ひび割れ」を自動検出する手法を開発したことを発表した。

[14:39 8/24]

キヤノンITS、PLMを在宅勤務でも安全に活用できるクラウドサービスを提供

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)とPTCジャパンは8月24日、ものづくり企業における設計・開発業務をオフィスとは異なる自宅などでも、安全かつ安心してリモート環境として利用することを可能とするソリューション「スマートPLMサポートサービス」の提供を9月上旬より開始すると発表した。

[10:00 8/24]

2017年08月23日(水)

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第18回 スケッチの寸法、後から入れる? 先に入れる?

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[13:15 8/23]

モリサワ、Webフォントにエイワン、デザインシグナルの書体を追加

モリサワは、同社のWebフォントサービス「TypeSquare」 より、エイワンとデザインシグナルの書体を提供すると発表した。提供開始日は8月22日。

[09:17 8/23]

2017年08月22日(火)

日立産機、製品容積を従来比20%に小型化したスイッチギヤを販売

日立産機システムは、内蔵機器の小型化と設計の標準化により、同社の標準的なスイッチギヤに比べて容積を最大80%削減し、小型化した「スーパーコンパクトスイッチギヤ」(7.2kV/3.6kV)の販売を開始すると発表した。

[16:38 8/22]

IoTによる生産性向上へ、クレーン用途に特化した専用インバータが発売

安川電機は8月21日から、クレーン専用インバータ「CR700」を発売すると発表した。

[12:23 8/22]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第124回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(64)デジタルツイン

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 8/22]

ジェイテクト、CBNクランクシャフト研削盤を販売開始

ジェイテクトは、自動車などのクランクシャフト加工において、高精度加工、高生産性、高いフレキシブル性を実現するCBNクランクシャフト研削盤「GF50M」シリーズを開発し、8月21日より販売を開始した。

[09:00 8/22]

2017年08月21日(月)

内閣府、15回目となる産学官連携功労者表彰の受賞者を発表

内閣府は8月21日、企業、大学、公的研究機関などの産学官連携活動において、大きな成果を収め、あるいは先導的な取組を行うなど、産学官連携活動の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることで日本の産学官連携活動のさらなる進展に寄与することを目的とした取り組みである「第15回 産学官連携功労者表彰」の受賞者を決定したことを発表した。

[19:38 8/21]

2017年08月18日(金)

ソーラーカーを自分の手で作る、小学生向け工作教室が9月2日に開催 - NEDO

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月17日、新川崎・創造のもりで行われる「科学とあそぶ幸せな一日」(主催:慶應義塾大学、川崎市、かわさき新産業創造センター)に参加し、「NEDOソーラーカー工作教室」を開催すると発表した。

[15:47 8/18]

2017年08月17日(木)

都産技研、ビジネス向け施設公開イベント開催 - イグノーベル賞受賞者の講演も

東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、同センターの施設公開イベント「INNOVESTA!(イノベスタ) 2017ビジネスデー」を開催する。開催日時は9月8日 10:00~17:00(開場9:30)。

[18:54 8/17]

2017年08月16日(水)

ワンコインで自分の体を3Dスキャンできるキャンペーン-karada3D.com

スペースビジョンは、銀座スペースビジョン社内にあるスタジオスペースにて、クラウドサービス「karada3D.com」の3Dスキャニングを500円(通常は2500円)で体験できるキャンペーンを実施する。実施期間は8月24日~26日。

[14:38 8/16]

2017年08月08日(火)

Maker Faire Tokyo 2017は今年も大賑わい!-「気になったものアレコレ」を紹介

Makerムーブメントのお祭り「Maker Faire Tokyo 2017」が今年も東京ビッグサイトで行われた。ここ数年は西館で行われていたが、今年は東7/8ホールと規模を拡大している。今回は、気になった製作物や製品を紹介していきたい。

[12:47 8/8]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第123回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(63)半導体

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 8/8]

2017年08月04日(金)

古河電工、銅条製品と高出力ファイバレーザのソリューション展開を開始

古河電工は8月3日、銅条製品と高出力ファイバレーザのソリューション展開を本格的に実施すると発表した。これにより、高強度で安定的な銅のレーザ溶接を実現することで、車載用電池などの車の電動化、高機能化に貢献するとしている。

[14:31 8/4]

2017年08月03日(木)

NEDO、AIでコンクリートひび割れを検出する技術を開発 - 点検作業を省力化

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月3日、首都高技術、産業技術総合研究所(産総研)、東北大学が進めてきた研究プロジェクトとして、人工知能技術(AI)を活用することで、表面に汚れや傷がある状態でも、幅0.2mm以上のコンクリートのひび割れを、80%以上の精度で検出可能なシステムを開発したことを発表した。

[16:42 8/3]

XYZ、ABSリフィルフィラメントの新色およびPLAリフィルフィラメントを発売

XYZプリンティングジャパンは3日、3Dプリンター「ダヴィンチ」シリーズ用のABSリフィルフィラメントの新色展開と、PLAリフィルフィラメントの販売開始について発表した。

[15:56 8/3]

2017年08月01日(火)

キーエンス、トレーサビリティを学べる「トレーサビリティ大学」を公開

キーエンスは、「トレーサビリティ」について総合的に学べる情報活用サイト「トレーサビリティ大学」を公開したと発表した。

[18:58 8/1]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第122回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(62)IIoT

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 8/1]

2017年07月31日(月)

クレアフォーム、3Dテクノロジーによる非破壊検査を航空宇宙産業に拡大

ポータブル3次元計測ソリューションを提供するクレアフォームは7月31日、3Dテクノロジーによる非破壊検査(NDT)を、航空宇宙産業に拡大することを発表した。

[18:16 7/31]

海外拠点へCADデータや機密情報を安全・高速に転送するサービスを展開

日立システムズエンジニアリングサービスは7月31日、日立システムズと連携し、国内拠点および海外拠点などとデータを共有する企業向けに、データを一時的に無意味化し、低コストで安全かつ高速に転送する「グローバルセキュアデータ転送サービス」を発売すると発表した。提供は10月開始予定。

[15:18 7/31]

AIを活用して通話内容をテキスト化する研究を開始 - 弘前大と東北電力

弘前大学と東北電力は、AI(人工知能)を活用した通話のテキスト化と文章の要約に関する共同研究の実施について、共同研究契約を締結したことを発表した。なお、研究期間は、2017年8月1日から2018年1月31日を予定している。

[15:01 7/31]

JST×小松精練×金沢工大が開発した炭素繊維複合材、国内標準(JIS)化認定へ

科学技術振興機構(JST)は、小松精練がJSTセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラムの支援を受け、金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター(ICC)との共同により開発した炭素繊維複合材「カボコーマ・ストランドロッド」が、日本ではじめて耐震補強材として国内標準(日本工業規格:JIS)化される見込みとなったことを発表した。

[14:25 7/31]

2017年07月28日(金)

明成化学、3Dプリンタ用フィラメントを発売

明成化学は7月28日、3Dプリンタ用フィラメント「3D Prinstar」シリーズに、2.7kg巻の「3D Prinstar Plenty」を追加発売したことを発表した。素材はABS樹脂、線径は1.75mm、色はブラックを採用している。なお、今後顧客の要望を踏まえ、他の樹脂・色での販売を検討しているとのこと。全長は約1,110m(ABS、直径1.75mm)直径は1.75mm±0.05mm。

[19:40 7/28]

ライブ配信やSNSでのシェアも - ソフトバンク、iPhone用360度カメラを発売

ソフトバンク コマース&サービスは7月28日、米・Giropticが開発したiPhone用360度カメラ「Giroptic iO(ジロプティック アイオー)」を発売すると発表した。参考標準価格は2万7,593円(税別)。

[18:48 7/28]

リンクス、ソニーのIMXセンサを搭載したBasler ace新モデル20機種を発売

リンクスは、2017年8月より、ソニー製IMXセンサを搭載した「Basler aceシリーズ」の新製品を発売すると発表した。

[17:44 7/28]

オフロード法に適合した新型油圧ショベル、3機種発売 - 日立建設

日立建機は7月28日、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(オフロード法)」2014年基準に適合した新型油圧ショベル「ZAXIS-6シリーズ」の「ZX120-6(標準バケット容量]:0.5m3、運転質量:12.7t)、後方超小旋回機「ZX135US-6(同:0.5m3、同:13.7t)、「ZX160LC-6」(同:0.6m3、同:17.2t)を2017年9月1日より発売すると発表した。

[16:18 7/28]

ボンサイラボ、普及価格の3Dプリンタと推奨フィラメントを提供開始

3Dプリンタメーカーのボンサイラボは、日本における3Dプリンタの普及を促進するため、中国広東省広州市に現地法人を設立し、開発・生産・販売・サポート拠点として、BSシリーズを展開していくと発表した。

[15:40 7/28]

神戸大、クロム系超伝導体の特異な電子状態を発見

神戸大学大学院理学研究科の小手川恒 准教授ら研究グループは、香港中文大学、京都大学との共同研究により、クロム系新超伝導体「クロムヒ素(CrAs)」において特異な電子状態の観測に成功したことを発表した。今後、超伝導体探索や物質設計にとって有益な情報となることが期待される。同成果は、英国科学雑誌「Nature Communications」に掲載された。

[08:00 7/28]

2017年07月27日(木)

ユニットコム、秋葉原の新店舗にて「ダヴィンチ 3Dペン」を展示・販売

ユニットコムは、同社が秋葉原に7月28日にオープンする「パソコン工房 AKIBA STARTUP」にて 、XYZプリンティングジャパンの「ダヴィンチ 3Dペン・スターターキット」の展示・販売を開始することを発表した。

[18:58 7/27]

鹿島、建物基礎の解体で深部まで一度に発破する「パイルMB工法」を開発

鹿島は、微少発破による建物基礎の解体工法「鹿島マイクロブラスティング(MB)工法」を、より深い場所まで一度に発破できるよう改良した「パイルMB工法」を開発し、このほど都内再開発工事の大型既存杭解体工事に実適用し、騒音・振動の低減、解体工期の削減に大きな効果があることを確認したことを発表した。

[16:52 7/27]

ボーイングとダッソー・システムズがパートナーシップの拡大を発表

ダッソー・システムズは、ボーイングとパートナーシップを拡大したことを発表した。

[15:29 7/27]

夏休みにプログラミング&ロボット工作! - 小学5年生が「ソビーゴ こどもロボットプログラミング」作ってみた

ワイズインテグレーションが発売した「ソビーゴ こどもロボットプログラミング」。"名刺サイズの子ども用プログラミング専用パソコン"として知られる「IchigoJam」を開発したナチュラルスタイルと同社が共同で企画したロボット・プログラミング教材だ。今回はゲーム好きでギークな小学5年生の我が子に、実際に挑戦させてみることにした。

[12:00 7/27]

2017年07月26日(水)

アルテア、電通国際情報サービスとHyperWorksの代理店契約を締結

アルテアエンジニアリングは、電通国際情報サービス(ISID)と、概念設計から詳細設計に展開するために必要な、さまざまな領域問題に対応する包括的シミュレーションプラットフォーム「HyperWorks」の代理店契約を締結したことを発表した。

[20:08 7/26]

カブク×博報堂コンサル、ASEANでのプロダクト開発期間を短縮するサービス

カブクは、博報堂グループのコンサルティング専門会社「博報堂コンサルティング・アジア・パシフィック」と共同で、ASEAN地域におけるプロダクト開発を短期間で可能にするアジャイル型商品開発プログラム「Agile Future Emerging Program(アジャイル・フューチャー・イマージング・プログラム)」の提供を開始することを発表した。

[08:48 7/26]

2017年07月25日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第121回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(61)ADAS

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 7/25]

2017年07月21日(金)

日本アビオ、サーモカメラで金属表面温度を非接触で制御する技術を開発

日本アビオニクスは、赤外線の反射の影響を除去し、低放射率の物体の温度分布を正確に計測する技術を開発した。これにより、従来の赤外線サーモグラフィカメラでは困難とされてきた金属の表面温度を、非接触で計測することが可能となる。また、同社はプロトモデルの販売および同技術による特注製品の開発請負を開始するという。

[16:47 7/21]

農工大、フェムト秒レーザーでシリコン表面に電子の集団振動現象を観測

東京農工大学(農工大)は7月21日、シリコン表面に高強度のフェムト秒レーザーパルスを照射することによって、光と結合した電子の集団振動現象である表面プラズモンポラリトンの発生を観測することに成功したと発表した。

[16:00 7/21]

オートデスク、機械学習で3Dプリントでの設計を支援-2017年内にリリース

オートデスクは20日、機械学習を応用した設計コンセプト「ジェネレーティブ デザイン」を実現するための機能を、アディティブマニュファクチャリング(積層造形)のための設計ソフトウェア「Autodesk Netfabb」に追加することを発表した。

[07:30 7/21]

2017年07月20日(木)

初公開のINFOBARコンセプト、幻のtalby 2を展示 - "デザインケータイ"の歴史を振り返る「ケータイの形態学 展」

KDDIは7月21日より、au Design project 15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展 - The morphology of mobile phones -」を開催する。会期は7月21日~31日、会場は東京都・千代田区のGOOD DESIGN Marunouchi。入場無料。

[22:15 7/20]

Xenomaのスマートアパレル「e-skin」、8月より個人向け提供開始

Xenomaは7月19日、「e-skin」を個人向けに提供開始すると発表した。米クラウドファンディングサイトKickstarterを通じ8月2日より開始される。これに伴った製品のアップデートにより、開発環境やモーション判定開発機能の追加、MicrosoftHoloLensなどとの連携が可能になるという。

[16:15 7/20]

サイバネット、可視化ソフト「AVS/Express」を更新- 気象データ対応を強化

サイバネットシステムは、同社が開発・販売・サポートする汎用可視化ソフトウェア「AVS/Express(エーブイエス・エクスプレス)」の新バージョンVer8.4の販売を開始したことを発表した。

[12:21 7/20]

ラティス、軽量3DデータXVL技術が「3Dカタログ.com」モバイル対応版に採用

ラティス・テクノロジーは、福井コンピュータドットコムが提供する建材・設備と住まいの3Dシミュレーションサイト「3Dカタログ.com」スマートフォン・タブレット対応版の3D表示に、ラティスの軽量3Dデータ「XVL技術」が採用されたことを発表した。

[12:05 7/20]

2017年07月19日(水)

直射日光の下でもパターン投影で高速に動く物体の形状計測が可能に - 産総研が通信技術を応用して実現

産業技術総合研究所(産総研)は、直射日光のような強い外乱光がある環境でも、ダイナミックな動きがある対象物の動きや変形といった物体の形状変化を高速に計測する手法を開発したと発表した。

[17:31 7/19]

2017年07月18日(火)

シーメンス、「LMS Test.Lab 17」に効率性と生産性を向上させる新機能

シーメンスPLMソフトウェアは、実験ベースのエンジニアリング統合ソリューション「LMS Test.Lab」の新バージョンとして、「LMS Test.Lab 17」をリリースしたことを発表した。

[17:08 7/18]

コマツ、トリンブルと建設現場のデータ交換・接続サービスの共同開発を開始

コマツは、トリンブルと、両社のクラウド型プラットフォーム間で、3次元地形現況データの相互交換・接続のサービス実現に向けた共同開発を開始したと発表した。

[15:34 7/18]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第120回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(60)アディティブ・マニュファクチャリング

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 7/18]

2017年07月14日(金)

シーメンス、STAR-CCM+新バージョンに設計探索機能と設計最適化機能を追加

シーメンスPLMソフトウェアは14日、同社のマルチフィジックスCFD(数値流体力学)シミュレーション/解析ソフトウェア「STAR-CCM+」の新バージョン12.04に、製品設計の探索と最適化を自動化する2つの新しい完全統合型機能を搭載したことを発表した。

[18:45 7/14]

安藤ハザマと東電設計、橋梁撤去・架設の3Dシミュレーション技術を開発

安藤ハザマと東電設計は7月13日、クレーンによる橋梁撤去・架設工事において、現地状況とクレーンの動きを忠実に再現する3Dシミュレーション技術を開発した。

[16:44 7/14]

JAL、木製車いすを全国の空港へ - 保安検査場の通過を容易に

JALは7月12日、福祉機器メーカーであるキョウワコーポレーションと共同開発した木製車いすを、日本国内の空港に順次導入すると発表した。この木製車いすは、主要パーツに白樺の木を採用し、留め具には樹脂を使用することで完全な非金属性となっているため、車いすに乗ったままで保安検査場を通過することができる。

[12:21 7/14]

村田製作所八日市事業所、新生産棟竣工式を実施

村田製作所は7月12日、八日市事業所(滋賀県東近江市)において、原料生産棟の工事完了にともなう竣工式を実施した。新生産棟は鉄骨造で地上7階て、建築面積は1,985.42平方メートル。

[10:41 7/14]

富士通、AI技術で作業員の熱ストレスレベルを推定する新アルゴリズムを開発

富士通は、デジタルビジネス・プラットフォーム「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」上で展開している、IoTで現場を見守る安全管理を支援するソリューションの強化を目的に、同社の「Human Centric AI Zinrai」を活用した、警備業務など継続的な作業における熱ストレスの推定を行う新しいアルゴリズムを富士通研究所と共同で開発し、7月下旬より提供を開始することを発表した。

[08:44 7/14]

2017年07月13日(木)

ダッソー×APWorks、航空宇宙・防衛企業の積層造形の連続生産に向けた協業

ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は13日、エアバスの子会社で金属3Dプリンティングを専門とするAirbus APWorks(以下、APWorks)と、航空宇宙・防衛産業において、アディティブ・マニュファクチャリングを大規模生産で利用を進めるための共同パートナーシップを締結したことを発表した。

[18:41 7/13]

日立システムズ、製造業の修理部品や予備品の管理を効率化するサービス

日立システムズと日立システムズフィールドサービスは、全国約300か所のサービス拠点にいる同社グループのエンジニアを活用した、企業の現場業務のデジタライゼーションを支援するサービスを拡充することを発表した。その第三弾として、製造業向けに、さまざまな設備の修理用部品や予備品の正確な管理、複数工場間での融通による在庫の全体最適化、設備保全業務の効率化を支援する「統合資産管理サービス 設備部品・予備品管理モデル」の販売を開始した。

[17:40 7/13]

清水建設、自律型ロボット+人間のコラボで工事を進める生産システムを構築

清水建設は、建築工事現場の生産性向上、苦渋・反復作業の軽減、検査・管理業務の高効率化を目的に、BIMを核とする情報化施工により、最先端技術を搭載した自律型ロボットと人がコラボしながら工事を進める次世代型生産システム「シミズ スマート サイト」を構築したことを発表した。

[16:53 7/13]

清水建設、プロジェクションマッピングで山岳トンネル掘削を効率化

清水建設は、山岳トンネルのインバート(トンネル底盤コンクリート)施工の効率化と安全性の向上を目的に、3次元スキャナとプロジェクタを一体化したインバート底面の掘削具合を可視化するシステムを開発したことを発表した。これにより、インバート底面の掘削の過不足を数値化し、その値を実際の底面上に色分けしてプロジェクションマッピングで表示できるため、作業員は過不足の値を視認しながら無駄なく掘削作業を行える。

[10:44 7/13]

2017年07月12日(水)

熱を加える方向で熱電変換効率が変化する磁性材料「γ'型Fe4N」開発-東北大

東北大学は、γ'型Fe4Nという特殊な結晶構造をもつ磁性金属の薄膜において、磁場中の熱電変換効果のひとつである「異常ネルンスト効果」と呼ばれる熱磁気効果の大きさが、加える熱の方向に応じて大きく変化することを発見した。

[18:42 7/12]

工事の進捗状況を「見える化」する施工管理支援システム - 大成建設

大成建設は7月11日、BIM(Building Information Modeling)データに工期・コストに関する情報を連動させた施工管理支援システム「T-BIM 5D」を開発したと発表した。同システムの適用により、工事の進捗状況や出来高などを見える化することで、遅延部分に注力するなど効率的な施工管理が可能となる。

[16:41 7/12]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第17回 3Dモデリングの「お作法」、知ってますか?

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[11:30 7/12]

東京ベンチャー図鑑 第9回 シンデレラシューズ「一筋縄ではいかない『IT×シューフィッティング』に挑む理由」

今回は、足の写真を画像解析し、その人にピッタリな靴を提案してくれるシステム「バーチャルシューフィッター」を開発している「シンデレラシューズ」にお邪魔して、代表取締役・松本久美氏に企業の経緯や同システム開発の進捗状況などについてお話を伺った。

[09:00 7/12]

JAMSTECの「風と流れのプラットフォーム」に流体解析ソフト「HELYX」が対応

ヴァイナスは7月11日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球情報基盤センターが進める、流体科学技術イノベーションを促進し産業競争力の強化と研究開発投資効果の向上を目指す技術支援サービス「風と流れのプラットフォーム」に、ヴァイナスが販売とサポートを行っているOpenFOAMの機能強化版である解析ソフトウェア「HELYX」が正式に対応したと発表した。

[08:00 7/12]

2017年07月11日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第119回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(59)LPWA

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 7/11]

設計情報を蓄積・活用する機能を強化した「iCAD SX V7L6」販売開始

富士通は、100万点の部品を0.2秒で処理できる独自の世界最速3次元CADエンジンを搭載した、機械装置設計向け3次元CADソフトウェア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX(アイキャド エスエックス)」(以下、iCAD SX)の最新バージョン「iCAD SX V7L6」を販売開始した。

[11:16 7/11]

理想粒成長の統計的ふるまいを超大規模シミュレーションにより解明

京都工芸繊維大学は、スーパーコンピュータ上での大規模フェーズフィールド法シミュレーションにより理想粒成長現象を再現し、その統計的ふるまいの正確な解明に成功したことを発表した。

[10:48 7/11]

2017年07月10日(月)

進化するCAEシミュレーション - シームレスな連成解析がもたらす利点とは

シーメンスPLMソフトウェアは7月5日、同社が2016年に買収を発表したCD-adapcoの製品を中心としたカンファレンスを開催。同カンファレンスにおいて、CD-adapco製品管理担当シニア・バイスプレジデントを務めるジャン・クロード エルコラネリ氏が、CD-adapco製品の現状などの説明を行った。

[17:49 7/10]

キンプリの3DCGは「TVシリーズ1~2クールの分量」- 『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』乙部善弘Dが語る制作エピソード

今回は、『プリティーリズム』シリーズから今作に至るまで一貫してプリズムショーを手がけている、3DCGディレクターの乙部善弘氏に、『キンプリ』の3DCG制作についてのエピソードを伺った。

[12:00 7/10]

2017年07月07日(金)

リコー、機器製造ビジネスを支援する「RICOH Open Remote Services」を提供

リコーは、IoT技術やビッグデータ活用、保守サービスのノウハウを提供することで、産業機器を製造している顧客のビジネスを支援するサービス「RICOH Open Remote Services」を開始することを発表した。その第一弾として、検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔で監視できるリモート環境の構築サービスを、9月15日から提供する。

[15:32 7/7]

2017年07月06日(木)

シュナイダー、小規模装置向けPLCを国内で発売

シュナイダーエレクトリックのグループ会社であるデジタルは7月3日より、工場などで小型装置の制御を行うPLCのエントリーモデル「Modicon M221」を販売開始した。また、同製品の発売に合わせ、日本語対応の無償プログラミングツール「SoMachine Basic」の日本語版をリリースした。

[13:55 7/6]

ラティス×図研、産業機器の配線設計ツール「XVL Studio WR」を共同開発

ラティス・テクノロジーは、産業機器のケーブル配策経路検討を直感的に行うための配線設計ツール「XVL Studio WR」を、図研と共同開発したことを発表した。同製品は7月から図研より発売される。

[12:25 7/6]

リンクス、東南アジア市場への事業拡大のためリンクスシンガポールを設立

IIoT(Industrial IoT)分野における技術商社であるリンクスは7月5日、2017年3月に買収したシンガポールのウルトラビジョンの社名を、9月1日よりリンクスシンガポールに変更し、東南アジア市場への事業拡大を図ることを明らかにした。

[10:08 7/6]

2017年07月05日(水)

シチズンマシナリー、低周波振動切削(LFV)搭載機種を今年度中に計7機種に

シチズンマシナリーは3日、低周波振動切削(以下、LFV)技術を搭載した自動旋盤の機種を拡大すると発表した。現在、計4機種に展開しているLFV搭載機の好評を受けてのもので、今年度中に7機種にする予定だという。

[09:20 7/5]

2017年07月04日(火)

シュナイダー、ARを活用して設備の保守作業を支援するソリューションを発売

シュナイダーエレクトリックは7月4日、同社グループ会社のデジタルが、AR技術を活用することで、工場などのいわゆる生産現場における保守作業の効率化を可能とするソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)」を、2017年8月末より提供する予定であることを明らかにした。

[17:41 7/4]

日立超LSI×ESS、建機/農機の運転席から360°障害物を確認できるシステム

日立超LSIシステムズとイーエスエス(ESS)は、建機、農機の運転席から、車両周囲360°の障害物を確認できるサラウンドビューシステム「Fine Eyes Monitor SV」を共同開発したことを発表した。9月よりESSから販売を開始する。

[14:57 7/4]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第118回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(58)ディスラプティブ・イノベーション

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 7/4]

2017年07月03日(月)

エアロセンス、GPSマーカーとドローンを連携させた測量システムを開発

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、NEDO事業の成果を活用してエアロセンスが、建設現場での測量工数とデータ後処理工数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー」(製品名:AEROBOマーカー)、およびエアロボマーカーとドローンによる測量、クラウドデータ処理を統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、同システムのレンタル・販売予約を7月より開始すると発表した。

[16:48 7/3]

2017年06月30日(金)

【特別企画】カジュアルな画像処理が業務を革新する!? –MATLABではじめる画像処理のススメ

本稿では先進ITのテーマでも取り上げられることの多い画像解析、その中でも画像処理に焦点をあてて、「カジュアルな画像処理」の方法を紹介したい。

[15:33 6/30]

東京メトロが全路線全駅にホームドア設置を決定-2025年度までに整備予定

東京メトロは6月29日、ホームでの転落事故や接触事故の防止などを目的とした安全対策として、東京メトロ全路線全駅におけるホームドア設置計画を確定したことを明らかにした。

[15:05 6/30]

ものづくりの工程に変革を - HPが業務用3Dプリンタに参入した理由

日本HPは、業務用3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。同社では、「設計から試作、製造までのものづくりの工程に変革を起こすことができる」と意気込むが、その背景について米HP.3Dプリンティングビジネス担当のステファン・ナイグロ プレジデントと、日本HPの岡隆史社長に話を聞いた。

[13:59 6/30]

キンプリ続編は"文化遺産"- カレー沢薫、「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」を語る

応援上映が大ヒットした「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の続編「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」について、漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんがその魅力をダイナミックに語ります。

[12:00 6/30]

大陽日酸など、工業炉CO2排出量削減に向けたアンモニア燃焼利用技術を開発

科学技術振興機構(JST)は、大陽日酸、日新製鋼、大阪大学大学院工学研究科の赤松史光教授らの研究グループが、水素エネルギー社会実現に向けた工業炉のアンモニア直接利用技術について共同研究を実施しており、大陽日酸 山梨研究所に設置した燃焼加熱実験炉において検討を重ねた結果、連続溶融亜鉛めっき鋼板製造工程における連続焼鈍炉の前処理として、アンモニアの燃焼エネルギーを有効利用できる「アンモニア混焼衝突噴流式脱脂炉」のバーナ開発に成功し、最適加熱条件を確立したことを発表した。

[11:54 6/30]

2017年06月28日(水)

村田製作所、横浜市「みなとみらい21地区」に新たな研究開発拠点

村田製作所は6月26日、横浜市みなとみらい21地区に新たに研究開発拠点を設立することを発表した。敷地面積は7,415平方メートルを予定。今後の新しい事業への取り組みを一層精進するため今回の設立に至ったという。

[16:06 6/28]

西松建設、車載式トンネル3Dスキャニングシステム開発-計測時間を1/6に短縮

西松建設とマックは、トンネルの変位を迅速かつ面的に計測可能な「車載式トンネル3Dスキャニングシステム」を開発したと発表した。

[13:16 6/28]

シーメンス、迅速な音響トラブルシューティングを可能にする新製品リリース

シーメンスPLMソフトウェアは27日、多様な産業で迅速な音響トラブルシューティングをサポートして、音響設計とブランド認知の強化につなげることができる汎用高速音源定位システムの新製品「LMS Sound Camera」をリリースした。

[12:46 6/28]

2017年06月27日(火)

38年を経て超伝導研究の「先駆け」物質、電子状態が明らかに

京都大学理学研究科特定研究員の常盤欣文氏(現:アウグスブルク大学研究員)らの研究グループは26日、英ブリストル大学、仏エコール・ポリテクニーク、独マックスプランク研究所と共同で、重い電子系超伝導体CeCu2Si2における超伝導電子の電子状態を明らかにしたと発表した。

[17:22 6/27]

原子の変形、電圧磁気効果の増大につながると判明

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の佐橋政司プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、阪大らは26日、電圧により電気的に原子の形を変えることで超省エネ磁気メモリを実現する新しい原理を発見したことを発表した。

[15:59 6/27]

ダッソー、クラウドサービス企業・Outscaleの株式を過半数取得

ダッソー・システムズは27日、エンタープライズ・クラスのクラウドサービス分野におけるリーダー企業・Outscaleの株式の過半数を取得したことを発表した。

[15:07 6/27]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第117回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(57)HEMS

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 6/27]

2017年06月23日(金)

PTC、クラウドベースのサービスパーツ在庫最適化ツールを日立建機に提供

PTCジャパンは、米PTCが23日、同社のクラウドベースのサービスパーツ在庫最適化ソリューションである「PTC Service Parts Management(SPM) SaaS」を日立建機に提供を開始したことを発表した。

[16:47 6/23]

九大ら、局在プラズモンシートで細胞接着ナノ界面の可視化が可能に

九州大学らは、細胞が接着した「ナノ界面」の構造を高い時空間分解能で観察できる「局在プラズモンシート」の開発に成功した。これにより、細胞が接着した界面における「接着斑」の高解像度イメージングや、細胞内で動く分子の高速観察を、ほぼ全ての生化学系の研究室が持っている汎用の蛍光顕微鏡下で行うことができる。

[16:41 6/23]

【特別企画】最新版「Solid Edge ST10」とともに流熱解析や音響解析もアピール - DMS2017・シーメンスブース

2017年6月21日から東京ビッグサイトにて「第28回 設計・製造ソリューション展 (DMS2017)」が開催されている。CAD、CAE、ERP、生産管理システムなど製造業向けのITソリューションが出展される専門展だ。このDMS2017に、シーメンスは3D CADソフト「Solid Edge」を中心とした製品を出展。Solid Edge ST10とマイクロソフトSurfaceHubを連携させたデモなどを行い、製品のアピールを行っていた。

[11:30 6/23]

2017年06月22日(木)

DMS 2017 - ベアブリックから自動車部品まで、3D Systems製品の活用例

日本HPは21日、20日に発表した3Dプリンティングソリューションを、「設計・製造ソリューション展(DMS)」(6月21日~23日/東京ビッグサイト/ブース番号:41-36)にて、国内で初めて展示した。

[17:03 6/22]

サンコー、スティック操作で先端カメラが360度自在に動く工業内視鏡を発売

サンコーは、先端カメラ径6mm・先端カメラが360度可動式の工業内視「先端360度ジョイスティック工業内視鏡」の販売を開始した。

[15:02 6/22]

NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始

NECは、IoTを活用した次世代ものづくりを支えるソリューション「NEC Industrial IoT」のラインアップとして、AIを活用した目視検査ソリューション「AI Visual Inspection」(エーアイ・ビジュアル・インスペクション)を追加し、販売を開始した。

[10:01 6/22]

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第6回 日本初の全自動食洗機 - パナソニック「MR-500」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[09:00 6/22]

2017年06月21日(水)

プロトラブズ、切削加工サービス向けに「5軸加工オプション」を追加

プロトラブズは、切削加工サービス向けに「5軸加工オプション」を追加し、日本国内市場に向けて提供開始したことを発表した。

[18:13 6/21]

DMS 2017 - ストラタシス、人の手を極力排した3Dプリント・ソリューションを展示

Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパン(ストラタシス)は21日、「設計・製造ソリューション展(DMS)」(6月21日~23日/東京ビッグサイト/ブース番号:41-6)にて、少量生産とマス・カスタマイゼーション向けに設計された3Dプリンティングプラットフォームのコンセプトモデル「Stratasys Continuous Build 3D Demonstrator」を国内にて初展示した。

[17:54 6/21]

DMS 2017 - 日本HP、最終製品にも利用可能な3Dプリンティング技術を公開

日本HPは21日、20日に発表した3Dプリンティングソリューションを、「設計・製造ソリューション展(DMS)」(6月21日~23日/東京ビッグサイト/ブース番号:41-36)にて、国内で初めて展示した。

[16:15 6/21]

リテルヒューズ、1200VのSiCショットキーダイオード「GEN2シリーズ」発売

回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズの日本法人であるLittlefuseジャパン合同会社は19日、モノリス・セミコンダクター社と共同開発した新プラットフォームを基盤とした、シリコンカーバイド(SiC)ショットキーダイオード「GEN2シリーズ」を発売すると発表した。リテルヒューズの国内販売代理店を通じて販売されるという。

[15:10 6/21]

フォトロン、CATIAのカーネルに対応の3D CADソフト発売

フォトロンは、ダッソー・システムズ関連会社のスペイシャルが提供する3Dモデリングカーネル「CGM Core Modeler」を搭載した3次元CADソフト「図脳CAD3D」を発売することを発表した。

[12:27 6/21]

2017年06月20日(火)

日本HP、業務用3Dプリンティングソリューションを発売- 最大10倍の造形速度

日本HPは20日、3Dプリンティング事業を始動し、業務用3Dプリンティングソリューションを発売する。

[21:20 6/20]

武藤工業、3Dプリンタ用セラミック材料を試験販売

3Dプリンタや大判インクジェットプリンタの製造・販売を手掛ける武藤工業は20日、3Dプリンタ用セラミック材料の試験販売を開始することを発表した。

[17:35 6/20]

NEC、PLMソリューション「Obbligato III」の業種別テンプレートを販売開始

NECは20日、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソリューションである「Obbligato III」の導入において、短期間・低コスト・高品質を実現する業種別PLMテンプレートの販売を開始した。

[15:38 6/20]

産総研、加工用の高出力レーザーのパワーを高精度に制御するシステムを開発

産業技術総合研究所(産総研)は、同所 物理計測標準研究部門 応用放射計測研究グループ主任研究員の沼田孝之氏らが、加工用の高出力レーザーのパワーを高精度に制御するシステムを開発したことを発表した。この成果の詳細は6月14日、日本科学未来館にて開催された国際会議NEWRAD2017にて発表された。

[14:15 6/20]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第116回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(56)ニューロモルフィックコンピューティング

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 6/20]

2017年06月19日(月)

シーメンスPLM、3D CAD「Solid Edge」の最新版「ST10」を国内向けに発表

シーメンスPLMソフトウェアは6月19日、都内で同社の3D CADソフトウェア「Solid Edge」の最新バージョンとなる「Solid Edge ST10」を国内向けに提供を開始するに当たって、メディア向け説明会を実施。新規に搭載された機能や強化された機能の説明などを行った。

[17:36 6/19]

PTC、ThingWorx Studio AR無償トライアルを発表-AR体験が数分で開発可能に

米PTCは、インダストリアルIoT向けのThingWorx Studio拡張現実(AR)無償トライアルプログラムを発表した。

[10:30 6/19]

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第5回 元祖ロボット掃除機の誕生から現在へ - アイロボット「ルンバ」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[09:00 6/19]

PTCとANSYS協業-インダストリアルIoTアプリで運転シミュレーション可能に

米PTCと、ANSYSは、PTCのインダストリアルIoTプラットフォームであるThingWorxをベースに開発されたアプリケーションに、ANSYSの工学シミュレーション技術の組み込みを迅速かつ容易に実現する新たなソリューションを発表した。

[07:42 6/19]

2017年06月16日(金)

NIMSと長岡技科大、室温成形可能で高強度なマグネシウム合金圧延材を開発

物質・材料研究機構(NIMS)と長岡技術科学大学(長岡技科大)は6月15日、アルミニウム合金に匹敵する優れた室温成形性と強度を示すマグネシウム合金圧延材を開発したと発表した。

[18:18 6/16]

Shade3Dが大幅な機能強化 - NURBSに対応、レンダリング機能も強化

Shade3Dは、統合型3D作成ソフト「Shade3D」に新たな機能を追加し、「Shade3D ver.17」として、新発売すると発表した。発売日は7月14日。

[15:33 6/16]

エリシオン、建物などの3次元点群データをOculusで閲覧できるアプリを開発

エリシオンは、製造業や土木・建設分野向けに提供している3次元点群データ処理ソフト「InfiPoints」の最新版「Ver.4.0」をリリースしたことを発表したほか、計測した点群データと、「オキュラス・リフト」を用いてVRを体験できるアプリケーション「InfiPoints for Oculus」の一部ユーザーに向けたテスト配信を開始したことも発表した。

[08:00 6/16]

2017年06月15日(木)

日立産業制御、製造・物流現場向けの状況収集・可視化システム「VSIP」提供

日立産業制御ソリューションズは、俯瞰(ふかん)映像と画像センシングを活用し、製造・物流現場における業務改善を支援する状況収集・可視化システム「VSIP(ヴイシップ)」を、6月16日より提供開始することを発表した。

[17:07 6/15]

2017年06月14日(水)

FSX、従来品より2倍以上早く加温/冷却できる冷温庫「REION」を発売

FSXは6月14日、ユニバーサルデザインを採用し、従来品比で2倍以上の速度で冷却/加温を可能としたおしぼり向け高速冷温庫「REION」を開発、2017年7月より順次発売を開始すると発表した。

[20:42 6/14]

三菱マテリアル、切削工具の総合的ソリューションを提供する施設を新設

三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、切削加工ユーザーの技術サポートを目的に、切削工具の総合的なソリューションを提供するとともに、オープンラボとしての機能を併せ持つ「中部テクニカルセンター」を岐阜製作所内に新設し、稼働を開始したと発表した。

[14:04 6/14]

【特別企画】雨の日の豆知識、もっとも濡れない歩き方は? シミュレーションで検証してみた

今年もこの季節がやってきた。そう、梅雨である。「大好き!」という方もいるかもしれないが、わりと嫌われがちな時期ではないだろうか。今回、数値解析を専門とする企業、アンシス・ジャパンに協力いただき、靴の形状と歩き方による水たまりの跳ね方をシミュレートしていただいた。

[12:00 6/14]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第16回 3D CADでのシートメタル(板金)設計

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[12:00 6/14]

2017年06月13日(火)

日立ソリューションズ、海外企業とのCADデータ共有・機密保護を支援する製品を発売

日立ソリューションズは13日、製造業のグローバルな製品開発体制での業務において、機密性の高いデータを安全に共有するための「活文 機密情報共有・活用ソリューション」を7月3日から販売開始することを発表した。

[12:50 6/13]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第115回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(55)M2M

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「シンギュラリティ」です。

[12:00 6/13]

ヴァイナスのクラウドコンピュータ利用支援システム「CCNV」がAzureに対応

ヴァイナスは、クラウドやオンプレミスなどのHPCサーバ環境に対応するクラウドコンピュータ利用支援システム「CCNV(Cloud Computing NaVigation system)」の最新版となる「CCNV Basic Plus V2.6」の提供を開始したと発表した。

[11:45 6/13]

2017年06月12日(月)

ソニー、スマホと連携して好みのデザインに着せ替えられる腕時計発売

ソニーは、電子ペーパー搭載のディスプレイウォッチ「FES Watch」の第2弾商品、「FES Watch U (フェスウォッチ ユー)」の正式販売を開始した。販売店舗は[同社の運営するFashion Entertainments Webサイト](https://fashion-entertainments.com/news/20170612/)にて確認できる。

[13:16 6/12]

2017年06月09日(金)

バイタルデータを用いた新たな採点方法を模索 - メ~テレ、ハッカソンイベントにて

NTT西日本と愛知県立大学は5月13日・14日に、メ~テレが主催したハッカソンイベント「メイキンクエスト」において、新たな審査方法を模索する共同トライアルを行った。審査員のバイタルデータを取得し、「興味度」を可視化、点数化するものだ。なお今回のイベントは6月22日24時55分からメ~テレにて放送予定。

[16:13 6/9]

モノのデザイン 第23回 流体力学から導き出された、ボールのような扇風機 - パナソニック「創風機 Q」

2015年にパナソニックから発売された「創風機 Q」。直径約25センチのボーリングの球のようなかたちをした、これまで見たことのない扇風機で消費者を驚かせた。市場に登場して以来毎年進化を続ける同商品について、パナソニックエコシステムズ 技術部 除加湿・ファン開発課の田井泰氏に、開発の経緯から製品化に至るプロセスなど、プロダクトとしてのデザインを軸にお話を伺った。

[09:00 6/9]

2017年06月08日(木)

東京大学生産技術研究所、金属フォイル上にフレキシブルLEDディスプレーを作製

東京大学生産技術研究所の藤岡洋教授は6月7日、金属フォイル上にフレキシブルLEDディスプレーを作成する技術を開発したことを発表した。これにより、安価な金属フォイル上に信頼性の高いフルカラーディスプレイを実現でき、フレキシブルディスプレーも作成可能になるという。さらに、通信機能を備えたディスプレーなどへの展開も期待される。

[18:01 6/8]

XYZ、「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

XYZプリンティングジャパンは、思いのままに3Dオブジェクトを作成できる3Dペン「ダヴィンチ 3Dペン スターターキット」を発売した。[同社Webサイト](http://jp.store.xyzprinting.com/)他、家電量販店、同社販売代理店などで購入できる。

[15:38 6/8]

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第4回 日本初の電気冷蔵庫 - 東芝「SS-1200」と日立「K-40」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[09:00 6/8]

PTC、役割・職種ごとの新たな「ThingWorx製造アプリケーション」発表

PTCジャパンは、米国ボストンで開催されたグローバルIoTテクノロジービジネスイベントであるLiveWorx 17において、新たな「ThingWorx製造アプリケーション」を発表した。

[08:00 6/8]

2017年06月07日(水)

ダッソー、企業と企業を繋ぐ3Dプリンティング・マーケットプレイスを開始

ダッソー・システムズは6日、3Dプリンティングを必要とする顧客と製造能力を持つメーカーをつなぐマーケットプレイスを、2017年9月より140カ国で展開すると発表した。

[19:44 6/7]

PTC、インダストリアルIoTプラットフォームの最新版「ThingWorx 8」を発表

PTCジャパンは、PTCのグローバルIoTテクノロジービジネスイベントであるLiveWorx 17において、インダストリアルIoTプラットフォームの最新版「ThingWorx 8」をリリースすることを発表した。正式リリースは、6月8日(米国東部標準時)を予定。

[12:18 6/7]

2017年06月06日(火)

産総研、静電気分布を画像として可視化する「静電気スキャナー」を開発

産業技術総合研究所(産総研)は6日、同所製造技術研究部門トリリオンセンサ研究グループの菊永和也主任研究員、寺崎正研究グループ長が、対象物の静電気を読み取り、画像として可視化するスキャナーを開発したことを発表した。

[16:00 6/6]

Formlabs、SLS方式3Dプリンタと3Dプリント自動化ソリューションを発表

光造形方式のデスクトップ型3Dプリンタを製造する米Formlabsは6日、「The Digital Factory」カンファレンスにおいて、同社初の選択的レーザー焼結(SLS)方式3Dプリンタ「Fuse 1」と、3Dプリント自動化ソリューション「Form Cell」を発表した。

[15:02 6/6]

ヤマハの自然応答技術を採用した初の製品がスイッチサイエンスから発売

ヤマハは、同社が開発した自然応答技術「HEARTalk」を搭載した初の製品「HEARTALK-UU-001」を、電子工作用の電子部品を販売するスイッチサイエンスにて発売した。

[14:51 6/6]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第114回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(54)MR

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「シンギュラリティ」です。

[12:00 6/6]

フリーダムアーキテクツデザイン、フィットネス商品のBIMモデルを提供開始

テクノジムジャパンとフリーダムアーキテクツデザインは、テクノジム社のフィットネス商品のBIMモデルRUN PERSONAL、UNICA他をフリーダムアーキテクツデザイン社が運営する「建築知識研究所」にて一般提供を開始したと発表した。

[11:54 6/6]

明成化学、PLA樹脂を原材料とした3Dプリンタ用フィラメントを追加販売

明成化学は、3Dプリンター用フィラメント「3D Prinstar」シリーズに、PLA樹脂を原材料としたフィラメント「3D Prinstar PLA」 を、直販EC店舗「3DPrinstar」(amazon店、Yahooショッピング店 、楽天市場店)にて追加発売した。カラーはホワイトとブラックの2色展開。

[09:26 6/6]

2017年06月02日(金)

ミラノサローネで見せた伝統工芸×テクノロジーの融合 - パナソニック デザイナーが語る現地レポート

こんにちは。パナソニック アプライアンス社デザインセンターの中川仁といいます。2017年4月に、私たちはイタリアで開催された「ミラノサローネ」(ミラノ・デザインウィーク)で展示を行いました。ミラノで展示したのは市販製品ではなく、「GO ON×Panasonic Design」というプロジェクトから生まれた、伝統工芸とテクノロジーが融合したプロトタイプでした。

[09:00 6/2]

2017年06月01日(木)

ダッソー、「プレミアムフライデー」に賛同- 第2金曜は全社員が15時終業に

ダッソー・システムズは、経済産業省が官民連携で推進する「プレミアムフライデー」の趣旨に賛同し、6月9日よりすべての従業員を対象に、毎月第2金曜日は午後3時を業務終了時刻とする取り組みを開始すると発表した。

[16:40 6/1]

モノのデザイン 第22回 時代のニーズを反映した、愛される「雑貨」的電子文具 - キングジム「“こはる”MP20」

5月19日にキングジムから発売になった、テーププリンター“こはる”MP20。デザインが大幅に変更され、ハンドメイド好きな女性を中心に注目を集めている。今回は、同製品の開発の中心人物であるキングジム 開発本部 商品開発部 開発1課リーダーの井上彩子氏に、新商品の開発経緯をはじめ、商品コンセプトやデザインプロセスなどを伺った。

[11:00 6/1]

2017年05月30日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第113回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(53)シンギュラリティ

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「シンギュラリティ」です。

[12:00 5/30]

【特別企画】デキる3D CADエンジニアの1日に密着 - Surface Pro × Solid Edgeは何がスゴイ?

3Dプリンティングの普及が進み、いまや設計現場において3D CADソフトは欠かせないものとなった。この3D CADソフトを使いこなしてスタイリッシュに仕事を進める、とあるエンジニアのS氏。彼の仕事を支えているのが、マイクロソフトの2 in 1タブレットPC「Surface Pro」とシーメンスの3D CADソフト「Solid Edge」だ。

[07:30 5/30]

2017年05月26日(金)

日立マクセル、充放電中のリチウムの動きを正負極同時にリアルタイム観察

日立マクセル(以下マクセル)は、電池断面のリアルタイム観察技術を用いて、これまで不可能と考えられていた充放電中の電解液系リチウムイオン電池内部における正極および負極内のリチウム濃度分布を、同一視野内で、リアルタイムに計測することに、世界で初めて成功した。

[14:56 5/26]

2017年05月25日(木)

ADI、極めて低い伝播遅延を実現した小型絶縁ゲート・ドライバの新シリーズ

アナログ・デバイセズ(ADI)は、SiC(シリコン・カーバイド)やGaN(窒化ガリウム)などのパワー・スイッチ技術に求められる高速スイッチングとサイズの制約に対応し、かつIGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)やMOSFET(金属酸化物半導体電界効果トランジスタ)向けに切り替え特性を確実に制御できる、スモール・フォームファクタの絶縁型ゲート・ドライバ「ADuM4120」および「ADuM4121」シリーズを発表した。

[18:36 5/25]

2017年05月24日(水)

Windows10のペイントで3Dプリンタ用データを作成可能に-XYZプリンティング

XYZプリンティングジャパンは、同社の3Dプリンター製品を「Windows 10 Creators Update」に対応させる無料アップデートの提供を開始したことを発表した。

[17:54 5/24]

2017年05月23日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第112回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(52)Society5.0

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 5/23]

2017年05月19日(金)

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第3回 今のルームエアコンのスタンダードを作った三菱電機「霧ヶ峰」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[08:00 5/19]

2017年05月18日(木)

XYZプリンティング、未発売の3Dプリンタ「ダヴィンチ Nano」を披露 - 第8回教育ITソリューションEXPO

XYZプリンティングは、5月17日~19日まで東京ビッグサイトで開催されている「第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」において、日本発売前のデスクトップ3Dプリンタ「ダヴィンチ Nano」を展示している。

[12:50 5/18]

2017年05月17日(水)

産官学連携研究の拠点、東大生研の新しい実験施設が公開 - 西千葉から柏キャンパスへと機能移転

東京大学生産技術研究所(東大生研)の附属千葉実験所が今年4月、千葉市稲毛区から東京大学柏キャンパスへと機能を移転した。これに伴って5月2日、機能移転式典が行われるとともに新しい施設が報道関係者に公開された。

[17:00 5/17]

オートデスク、Mayaや3ds Max、ArnoldがAzure上のクラウドレンダリング対応

オートデスクは、米オートデスク インクがマイクロソフトの「Azure Batch Rendering Platform」上で、クラウドベースの最新レンダリングサービスのプレビュー提供を開始したことを発表した。

[14:31 5/17]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第15回 最近よく聞く「リバース エンジニアリング」って何?

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[12:00 5/17]

トヨタが工場で実践する「MR」 - なぜVRでなくMRを選んだのか?(後編)

今回は、5月30日に名古屋国際会議場で行われる産業向けカンファレンス「Japan VR Summit Nagoya 2017」のセッションを前に、「トヨタがなぜMRを利用するのか?」、その目的と効果、そして現在の課題について、同社の榊原恒明氏にお伺いした。

[11:00 5/17]

【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第5回 世界最高クラスの陽子ビームを生成。その成功を支えた電源設計技術 –KEK

本稿では、J-PARCをJAEAとともに共同運営する高エネルギー加速器研究機構(KEK)栗本佳典 博士のインタビューから、ニュートリノが内包する可能性とそこへの日本の取り組みを紹介する。

[08:37 5/17]

2017年05月16日(火)

ラティス、ものづくりの課題解決とユーザー業務の改善を促進するソフト発売

ラティス・テクノロジーは、ものづくりの全工程を一気通貫する設計情報活用(以下、XVLパイプライン)を実現するデータ管理ソフトウェア「XVL Contents Manager 3.0」(以下、XCM)を、5月16日より販売を開始した。

[17:27 5/16]

オークマ×日立、マスカスタマイゼーションの先進モデル確立に向け協創開始

オークマと日立製作所は、IoTを活用し、マスカスタマイゼーションに対応した高効率生産の先進モデル確立に向けた協創を開始し、オークマの新工場「Dream Site2」(愛知県丹羽郡)において実証モデルを立ち上げたことを発表した。

[15:26 5/16]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 5/16]

トヨタが工場で実践する「MR」 - なぜVRでなくMRを選んだのか?(前編)

今回は、5月30日に名古屋国際会議場で行われる産業向けカンファレンス「Japan VR Summit Nagoya 2017」のセッションを前に、「トヨタがなぜMRを利用するのか?」、その目的と効果、そして現在の課題について、同社の榊原恒明氏にお伺いした。

[11:00 5/16]

2017年05月11日(木)

ストラタシス、少量の連続生産向けマルチセル方式プラットフォームを発表

ストラタシス・ジャパンは10日、少量の連続生産のために設計されたマルチセル方式のアディティブ・マニュファクチャリング・プラットフォーム「Stratasys Continuous Build 3D Demonstrator」を発表した。

[11:37 5/11]

2017年05月09日(火)

Formlabs、光造形3Dプリンタの仕上げを自動化する2製品を発売

光造形方式のデスクトップ型3Dプリンタを製造する米Formlabsは9日、自動洗浄製品「Form Wash」およびポストキュア製品「Form Cure」を発表した。

[12:08 5/9]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第110回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(50)CPS

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 5/9]

2017年05月08日(月)

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第2回 日本初の電動マッサージチェア・フジ医療器「フジ自動マッサージ機」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[12:00 5/8]

2017年04月28日(金)

家電・温故知新 ~今の当たり前を振り返る~ 第1回 国産初の電気洗濯機・東芝「Solar」

いまや当たり前のように家庭に存在する各家電製品にも歴史があります。本連載では、誰もが知っている家電製品の初代や初期モデルなどを紹介していきたいと思います。

[11:30 4/28]

2017年04月27日(木)

オートデスク、建築・土木インフラ業界向けBIM/CIMソフトの最新版を発売

オートデスクは27日より、建築・土木インフラ業界向けBIM/CIMソフトウェアの新バージョンを発売した。

[16:38 4/27]

日本企業が"何となく"目指している「インダストリー4.0」を捉え直す - Parasolid Innovation Conference

シーメンスPLMソフトウェアは4月21日、同社の3Dモデリング・カーネル「Parasolid」のユーザー向けカンファレンス「Parasolid Innovation Conference」を開催した。本稿では、基調講演「インダストリ4.0の時代にやるべきこと」の模様をお届けする。

[12:23 4/27]

2017年04月26日(水)

東レ、水中で高強度を有する原糸「液晶ポリエステル繊維 シベラス」を開発

東レは26日、同社が展開するLCP樹脂である「シベラス」のポリマー技術と同社の製糸技術の融合により実現したマルチフィラメント「液晶ポリエステル(LCP)繊維 シベラス」を開発したことを発表した。2017年度中に量産体制を整え、2018年度より販売を開始する。

[19:08 4/26]

Uber、垂直離着陸機ネットワークの開発目指し提携強化

Uberは、都市の航空エコシステムを取り巻く主要企業および関連団体と、一連の提携を結んだことを発表した。これにより、将来的にはユーザーがボタン一つで都市内およびその周辺地域を高速で飛行移動ができる、新しいオンデマンドVTOLネットワークの開発を目指す。

[17:40 4/26]

武藤工業、LED-UV硬化インク対応インクジェットプリンタ「VJ-626UF」発売

武藤工業は、 A2ノビサイズ、最大150 mm厚のメディアに対応したLED-UV硬化インク対応フラットベッド・インクジェットプリンタ「VJ-626UF」を4月24日より販売開始することを発表した。本体価格は398万円(税別)、純正UVインク(220mlカートリッジ)はハードタイプ・ソフトタイプとも各色9,000円。

[17:22 4/26]

2017年04月25日(火)

XYZ、光造形方式3Dプリンタ「ノーベル1.0A」発売-造形精度が向上

XYZプリンティングジャパンは、光造形方式3Dプリンターの最新モデル「ノーベル1.0A」、ノーベルシリーズ専用の「フレキシブルレジン」、溶解後に灰や残留物が残りにくい「キャスタブルレジン」を、5月8日より同社直販サイト、家電量販店、販売代理店、Amazon、楽天、ヤフーのECサイトを通じて販売を開始する。

[15:23 4/25]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第109回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(49)3Dプリンタ

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 4/25]

東芝の技術を活用、3Dプリンタで作る"自分専用"ネイルチップの実証実験

ケイズデザインラボは、3Dプリント技術活用によるカスタムフィットを実現したネイルチップサービス「オープンネイル」のサービス実証実験を渋谷ヒカリエShinQsにて行うと発表した。実施日は5月6日、5月7日。

[09:56 4/25]

2017年04月24日(月)

ラティス・テクノロジー、モバイル向け「XVL Web3D Player」体験版を公開

ラティス・テクノロジーは24日、軽量3Dデータ「XVL」をタブレットやスマートフォンなどマルチデバイスに配信し3D表示するWebアプリケーションの体験版「XVL Web3D Player」を公開した。

[16:04 4/24]

2017年04月20日(木)

小柳建設とマイクロソフト、HoloLens活用の建設業界向けプロジェクトで連携

小柳建設と日本マイクロソフトは4月20日、ホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens(HoloLens)」を活用した建設業界向けのプロジェクト「Holostruction」の推進において連携することを発表した。

[15:03 4/20]

2017年04月19日(水)

モノのデザイン 第21回 デザインも使い勝手も「シームレス」な血圧計を目指して - オムロン「上腕式血圧計 HEM-7600T」

血圧計と言えば、本体とカフ(腕帯)がチューブでつながった"チューブ式"と呼ばれる形態が一般的だ。しかし、オムロン ヘルスケアが3月1日に発売した新製品「オムロン 上腕式血圧計 HEM-7600T」(以下HEM-7600T)は、これまでの常識を打ち破り、本体とカフが一体化したチューブレスタイプの画期的な製品となっている。

[15:48 4/19]

COBOLの生産性を評価-近大、ソフト開発の生産性を分析

近畿大学は、同大学理工学部情報学科の角田雅照講師、岡山県立大学情報工学部情報システム工学科の天嵜聡介助教らのグループが、プログラミング言語がソフトウェア開発に与える影響を明らかにした。この研究成果は、4月15日発行の論文誌「情報処理学会論文誌」に掲載された。

[11:19 4/19]

2017年04月18日(火)

オートデスク、プロパティデータバンクと提携-BIMデータ活用で資産価値向上

オートデスクはこのほど、不動産の経営・維持管理を行う資産管理や施設管理に、BIMデータを活用して資産価値向上を支援するために、プロパティデータバンク(PDB)とパートナーシップ提携を締結したことを発表した。両社は今後、維持保全業務の効率化や施設の長寿命化、そして投資用不動産の収益向上を支援する新しいアプリケーションやサービスの開発に取り組むという。

[16:54 4/18]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第108回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(48)CPU

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「CPU」です。

[12:00 4/18]

2017年04月17日(月)

3Dプリンタが出力だけでなく仕上げもやってくれる時代に - 早稲田大が新手法を開発

2015年ごろに巻き起こった家庭用3Dプリンタブームも今や下火。熱溶解式の3Dプリンタの宿命として、造形物には積層痕が残るのも鎮火の一因かもしれない。積層痕を解決し、このブームを再燃させようと、早稲田大学 理工学術院の梅津信二郎准教授、高岸賢輔氏による研究グループが「3次元化学溶解仕上げ」という手法を発表した。今回は、同手法の詳細と、今後の展望についてお話を伺った。

[08:00 4/17]

2017年04月14日(金)

3D CADデータをARで表示し設計レビュー - PTC、「Creo 4.0」アップデートで新機能

PTCジャパンは13日、同社の3D CADソフトウェア「Creo 4.0」の最新メンテナンスアップデート(M10)および将来のアップデートに関する記者発表会を実施した。同会見に際して、米PTCのCAD領域の統括者・ブライアン・トンプソン氏が来日。同社の現状や理念についてプレゼンテーションを行った。

[07:30 4/14]

2017年04月13日(木)

【特別企画】鋳造シミュレーションソフト FLOW-3D Cast - ダイカスト鋳造欠陥予測の最新技術

鋳造解析専用ソフトウェアFLOW-3D Castは、汎用3次元熱流体解析ソフトウェアFLOW-3Dを解析ソルバに用い、煩雑になりやすい解析条件の設定を容易にする優れたユーザーインターフェイスを備えています。

[08:00 4/13]

2017年04月12日(水)

オートデスク、 Inventorなど製造業界向けソフトウェアの最新版を発売

オートデスクは、製造業界向けソフトウェアの新バージョンを4月12日より順次発売すると発表した。

[14:40 4/12]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第14回 3D CADで運用するトップダウン設計 実践編

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[09:00 4/12]

2017年04月11日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第107回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(47)e-文書法

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「e-文書法」です。

[12:00 4/11]

モノのデザイン 第20回 "鍋屋が作るべき炊飯器"を実現するために - 愛知ドビー「バーミキュラ ライスポット」

2010年に発売され、一時は納品まで15カ月待ちと言われるほどの大ヒット商品となった、愛知ドビーの鋳物ホーロー製無水調理鍋「バーミキュラ」。2016年12月には、IHクッキングヒーターとセットにした炊飯用の新製品「バーミキュラ ライスポット」が発売された。

[11:00 4/11]

2017年04月10日(月)

シーメンス、クラウドベースの産業用IoT基盤「MindSphere」提供開始

シーメンスは10日、クラウドベースの産業用オープンIoTオペレーションシステム「MindSphere」の実証試験フェーズを完了し、日本国内での提供を開始すると発表した。当面はベータ版のリリースとなるが、継続的に開発を進めていくという。

[12:59 4/10]

PTCとOSIsoft、インダストリアルIoTソリューション開発における協業を発表

米PTCは、米サンフランシスコで開催されたOSIsoft Users Conferenceにて、PTCが提供するThingWorxインダストリアルIoTプラットフォームと、米OSIsoft社が提供するPI Systemを連携させ、接続されたデータソースを活用するIoTソリューションをより短期間で開発する新たな仕組みを発表した。

[12:08 4/10]

オートデスク、詳細な構造解析情報をBIM環境に取り込むアプリを提供開始

オートデスクは、日本国内で利用される建築構造設計に関するデータの標準フォーマットである「ST-Bridge」形式のファイルと、同社BIMソフトウェア「Autodesk Revit 2017」の連携を行うアドオン・アプリケーション「ST-Bridge Link 2017」の提供を7日より開始した。同アプリケーションは、サブスクリプション契約者向けに当社アプリ提供サイト「Autodesk App Store」で提供される。

[11:31 4/10]

【特別企画】FLOW-3Dの使い勝手を高めるモジュール連携による3Dプリンティング適用事例

フローサイエンスジャパンは、汎用3次元熱流体解析ソフトウェアFLOW-3D及び鋳造解析専用ソフトウェア「FLOW-3D Cast」の日本総代理店である。FLOW-3Dは、アメリカで開発されたハイエンド3次元CFDソフトウェアとして知られ、流体問題を幅広く解析する。一方FLOW-3D Castは、直感的操作ができるGUIを搭載したソフトウェアである。フローサイエンスジャパンでは、日本ユーザーのニーズにきめ細かく対応するため、用途別にカスタマイズされた追加モジュールを開発、提供している。ここでは「FLOW Weld」、「FLOW DEM」、「FLOW Resin」、「F.SAI」の4つのモジュールと、その活用事例を紹介する。

[08:00 4/10]

2017年04月05日(水)

ベンチャー企業と事業共創する「東急アクセラレートプログラム」3期を実施

東急電鉄は5日、ベンチャー企業との事業共創プログラムとして、第3期「東急アクセラレートプログラム」を実施することを発表した。開始日程は4月18日から。

[16:39 4/5]

ストラタシス、Fortus 900mcの次世代機種を発売-高機能造形材料も

ストラタシス・ジャパンは、機能プロトタイプ作製から生産パーツおよび治工具の作製を含むDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)の用途に適したFDM(熱溶融積層法)方式の3Dプリンタ「Fortus 900mc」の次世代型機種と、3つの新しいマテリアルを発表した。

[15:13 4/5]

2017年春アニメ「正解するカド」制作におけるデジタル作画のメリット・デメリット

ここ数年、アニメーション制作の現場にデジタル化の波が押し寄せている。様々なメリットがうたわれるデジタル作画だが、一方で大きく制作環境が変わることへの戸惑いの声もある。実際にデジタル化することで、制作の現場に何が起きるのか。

[07:30 4/5]

2017年04月04日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第106回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(46)CGM

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「CGM」です。

[12:00 4/4]

三菱化学のゼオライト膜で日本酒を濃縮!?-度数も香りも2倍の「concentration 作 凝縮 H」を飲んでみた

アルコールや有機溶剤の脱水、天然ガスの分離などに用いられるゼオライト膜を、日本酒の濃縮に用いたという、日本酒好きの筆者としては聞き捨てならない情報を得た。アルコール成分に加え、日本酒の旨味や香り成分も2倍に濃縮したという。さっそく購入して実際に飲んでみた。

[09:00 4/4]

2017年04月03日(月)

ダッソー・システムズ、消費財・小売業界向けに3つの新しいソリューション

ダッソー・システムズは3日、消費財・小売業界向けに、3DEXPERIENCEプラットフォームを基盤とした3つの新しいインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを発表するとともに、既存の消費財・小売業界インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの機能強化も明らかにした。

[14:39 4/3]

2017年03月31日(金)

ストラタシス、3Dプリントの時間と材料を最大30%削減する新機能をリリース

ストラタシス・ジャパンは、メーカーボット製 3Dプリンタ向けMakerBot Printソフトウェアの新機能「MinFill」をリリースした。

[14:10 3/31]

2017年03月29日(水)

DMM.make、「企業向けIoT人材育成研修」の提供を開始

DMM.comは29日、DMM.make AKIBAによる「企業向けIoT人材育成研修」の提供を開始した。企業の経営者やそこで働く人々がIoT技術や事例を「自らのビジネスに応用させる」ために必要な知識を得る機会を提供する講座を実施する。

[12:47 3/29]

2017年03月28日(火)

プロトラブズ、切削加工サービス向け材料に炭素鋼とガラス繊維樹脂を追加

プロトラブズは、切削加工サービス向けの材料として、新たに「炭素鋼 S45C / S50C」ならびに「PA66-GF50% (TECAMID 66/X GF50) 黒」に対応したことを発表した。また、同社はこれら2種類の素材のほか、「PC/ABS 白色」も射出成形サービス向けに提供を新たに開始。これにより、最終製品と同色のパーツを試作段階でも制作したいと希望するユーザーに製造方法のさらなる選択肢を提供できるようになったとしている。

[13:53 3/28]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第105回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(45)MFP

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「MFP」です。

[12:00 3/28]

スタートアップ体験イベント開催-人気ロボット12種類以上30台が集結

東京都・日本橋のサイボウズ東京オフィスにて、起業家体験イベント「スタートアップウィークエンド(Startup Weekend)」が開催される。開催日時は4月16日18:00~4月18日21:00。

[09:00 3/28]

2017年03月27日(月)

3Dプリンタも使える服飾系コワーキングスペース「andMade」4月末に開設

古舘伊知郎らが設立した「古舘プロジェクト」は、同社がプロデュースを行っている個人向け服飾系コワーキングスペース「andMade(アンドメイド)」を2017年4月末より開設すると発表した。

[18:01 3/27]

【特別企画】3D CAD普及のエバンジェリストが語る「Solid Edge Monthly」が開く新しいモノづくりの世界

いま、モノづくりの世界に大きな変化が起こっている。その原動力となっているのが、3Dプリンターの普及だ。これまでの製造業は典型的な装置産業だったが、工場の建屋構築には一千万円単位の資金が必要であり、製造装置にも巨額の投資が欠かせない。ところが3Dプリンターの登場により、こうした従来型メーカーについての概念が根底から覆された。

[08:00 3/27]

2017年03月23日(木)

PTC、技術計算ソフトウェア「PTC Mathcad Prime 4.0」をリリース

PTCは23日、技術計算ソフトウェア「PTC Mathcad Prime」の最新版(4.0)をリリースしたと発表した。最新版では、従来より大規模で複雑なワークシートを管理する機能が強化されているという。

[18:16 3/23]

羽田空港に日産の「行列を進むイス」、1日限りで設置

日産自動車の自動運転技術「プロパイロット」より着想を得て作られた"行列を進むイス"「プロパイロットチェア」が、羽田空港に1日限定で設置された。

[14:55 3/23]

【特別企画】完全自動運転化にCAEはどう貢献する? アルテアが語る柔軟な解析環境の実現方法

自動運転車の設計において、CAEが大きな役割を担っているという。アルテアエンジニアリングの芝野氏に詳細をきいた。

[08:30 3/23]

ダッソー、都市計画ソリューション「3DEXPERIENCity」の国内提供を計画

ダッソー・システムズは22日、2017年の事業戦略に関する記者説明会を開催。その中で、2017年4月より国内において、都市計画ソリューション「3DEXPERIENCity」を開始すること等を発表した。

[08:00 3/23]

2017年03月22日(水)

モノのデザイン 第19回 欠かせない"インテリア"としての空気清浄機 - ブルーエア「Blueair Sense+」

スウェーデンの空気清浄機専業メーカー・ブルーエア。"CADR"と呼ばれる世界標準の空気清浄機の性能評価指標でも高い数値を示すなど性能の高い製品でも知られるが、北欧メーカーならではのデザイン性の高い製品でも消費者から支持されている。そこで今回は同社アジア統括ディレクターを務める、ヨナス・ホルスト氏に製品デザインにおける考え方やそれを実現している具体例について話を伺った。

[15:00 3/22]

2017年03月21日(火)

SOLIDWORKS 2017対応スクール開催 - 基本操作の習得を目指す

大塚商会は、3次元CADソフトSOLIDWORKSの最新バージョン「SOLIDWORKS 2017」対応スクールを、2017年4月より全国で順次開催する。

[16:59 3/21]

はんだ付け不要のIoT向けセンサキット2種を発売-Raspberry Pi、Arduinoに対応

サンワサプライは21日、はんだ付けなしでGroveシステムのセンサーを接続できるセンサーキットセット2種(「Raspberry Pi用センサーキット GrovePi+ 800-RPSET1」、「Arduino用センサーキット Grove 800-RPSET2」)を発売した。

[14:58 3/21]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第104回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(44)チャットボット

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。特集第44回のテーマは「チャットボット」です。

[12:00 3/21]

2017年03月17日(金)

ダッソー、土木向けCIMソリューションの国内受注を開始

ダッソー・システムズは17日、土木向けCIMソリューションの最新版「シビル・デザイン・フォー・ファブリケーション」の国内受注を開始すると発表した。受注開始は3月21日から。

[21:05 3/17]

これが日本のものづくり力 - 新たなものづくりの考え方のもと、電子機器デザインのゼネコンを目指すOIDS

誰しも1度や2度は、ビッグビジネスになるに違いないと思えるアイデアが頭の中に浮かんできたことがあるはずだ。だが、そうしたアイデアを、実際にビジネスに持っていく前に、それを実現できる技術を持っていないから、結局、絵に描いた餅として諦めるということが往々にしてある。しかし、そんなアイデアを本当に実現する手助けをしてくれる企業が存在する。群馬県の高崎市に本社を構えるOIDSだ。

[11:00 3/17]

第20回 文化庁メディア芸術祭の受賞作を発表 - アニメ部門は「君の名は。」

文化庁メディア芸術祭実行委員会は16日、「平成29年度文化庁メディア芸術祭賞」の受賞作品と功労賞を発表した。

[07:11 3/17]

2017年03月16日(木)

フォントワークス、LETS・イワタLETS・モトヤLETSの新書体を提供

フォントワークスは、年間定額制フォントサービス「LETS」、「イワタLETS」、「モトヤLETS」にて「LETS」15書体、「イワタLETS」35書体、「モトヤLETS」7書体の新書体提供を開始する。提供開始時期は2017年4月を予定。

[15:55 3/16]

京セラ、深穴加工でも高い切りくず排出性を実現した刃先交換式ドリルを発売

京セラは3月16日、穴あけ加工に用いられる刃先交換式ドリルとして、同社としては初めてとなる外刃にCVDコーティング、内刃にPVDコーティングを施した材種の異なるチップを組み合わせることにより、高速・高能率加工を実現した「マジックドリル DRV」を開発したと発表した。

[15:05 3/16]

2017年03月15日(水)

三菱化学など、ゼオライト膜技術を活用して日本酒を濃縮した新たな酒を発売

三菱化学と清水清三郎商店は3月14日、三菱化学のゼオライト膜「KonKer」を用いて旨味・香り・アルコール成分を濃縮して開発したアルコール度数30度の新しい酒「concentration 作 凝縮 H」の販売を2017年3月30日より開始すると発表した。

[17:35 3/15]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第13回 3D CADで運用するトップダウン設計

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[09:00 3/15]

2017年03月14日(火)

安価な3Dプリンタで高精度なフィギュアを製作可能に-造形物の表面を平滑化する新機構

早稲田大学は14日、同学理工学術院の梅津信二郎准教授の研究グループが、3Dプリンティング造形物の表面を化学溶解によってなめらかにする「3次元化学溶解仕上げ(3D-Chemical Melting Finishing)」機構を開発したことを発表した。

[18:46 3/14]

MathWorks、MATLAB/Simulinkの2017年版「R2017a」を発表 - 自動運転を強化

MathWorks は、MATLABおよびSimulinkにさまざまな新たな機能を追加した最新リリース「Release 2017a(R2017a)」を発表した。

[17:06 3/14]

「カレー沢薫の日常と退廃」 連載100回記念・挿絵総選挙、1位が決定

マイナビニュースでは、人気コラム「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」の連載100回記念企画として、「『カレー沢薫の日常と退廃』 連載100回記念・挿絵総選挙」(以下、挿絵総選挙)を開催した。本稿ではその結果を発表する。

[12:00 3/14]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第103回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(43)メッセンジャー

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。特集第43回のテーマは「メッセンジャー」です。

[12:00 3/14]

2017年03月13日(月)

パッケージ自体を感熱化させる印刷技術「IDP」活用の新事業を発表 - サトー

バーコードやRFIDなどを用いた自動認識システムを提供するサトーホールディングス(以下、サトー)は10日、自社事業の一角である「ラベル印刷」に真っ向から対立する「ラベルレス印刷」技術を持つ英国のベンチャー企業・DataLaseを買収。その技術力を活用した新事業を発表した。

[07:00 3/13]

2017年03月10日(金)

セルロースを材料とする3Dプリント技術を開発 - MIT

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、セルロースを成形材料として用いる新しい3Dプリント技術を開発した。

[18:26 3/10]

産総研×吉野電化工業、CFRPとの密着性に優れためっき方法開発- 雷被害回避

産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 電子顕微鏡グループの堀内伸上級主任研究員、電子光技術研究部門 分子集積デバイスグループ・島田悟主任研究員らと、吉野電化工業は9日、炭素繊維強化樹脂(CFRP)への密着性が良好なめっきを実現する、無電解めっき方法を開発したことを発表した。この成果の詳細は3月10日、東洋大学川越キャンパス(埼玉県川越市)で開催される表面技術協会第135回講演大会(東洋大学)で発表される。

[18:22 3/10]

NTTデータがSXSW 2017出展-人が持っているモノを認識する技術を展示

NTTデータは、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される、音楽・映画・インタラクティブをテーマとするビジネスとコンテンツの祭典「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)2017」のJAPANFACTORYにおいて、インタラクティブサイネージを展示する。展示期間は3月12日から14日(現地時間)まで。

[18:02 3/10]

モノのデザイン 第18回 LDKをひとつに重ねた未来のキッチン -クリナップ「DAIDOCORO 2016」

日本のシステムキッチンメーカーであるクリナップが、世界最大級の家電見本市「ミラノサローネ2016」と同時開催の「ミラノ・デザインウィーク」に、「DAIDOCORO 2016」という名のコンセプトモデルを出展した。今回はプロジェクトの中心となった同社開発本部開発1部デザイン課主任の間辺慎一郎氏に、開発に至った経緯をはじめ、コンセプトモデルに込められた思いや制作過程における秘話を伺った。

[14:45 3/10]

2017年03月09日(木)

DMM、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたサポートプログラム第2回を募集

DMM.comは、ハードウェア・スタートアップのためのモノづくり施設「DMM.make AKIBA」にて、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」の応募チーム募集を開始した。応募期間は3月6日~3月31日。

[16:28 3/9]

アルテア、CAEソフトウェアプラットフォーム「HyperWorks 2017」を発表

アルテアエンジニアリングは3月9日、CAEソフトウェアプラットフォームの最新版「HyperWorks 2017」を発表した。

[15:41 3/9]

2017年03月08日(水)

日立とDFKI、ウェアラブル機器装着者の作業内容を認識するAIを開発

日立製作所とドイツ人工知能研究センター(DFKI)は3月8日、ウェアラブルデバイスを着用した作業員の作業内容を認識する人工知能(AI)を開発したと発表した。

[19:32 3/8]

大阪の新興アニメスタジオが進めたデジタル化、見えてきたメリットは? - アニメ制作者向けフォーラム「ACTF2017」

アニメ業界におけるペーパーレス作画をテーマにした大規模フォーラム「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム2017」(以下、ACTF2017)が2月11日に開催され、大勢のアニメ関係者で賑わった。本稿では、アニメ制作会社「Creators in Pack(クリエイターズインパック)」による「フルデジタル作画元請け制作報告」と題されたセッションをレポートする。

[12:00 3/8]

2017年03月07日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第102回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(42)PLM

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。特集第42回のテーマは「PLM」です。

[12:00 3/7]

パナソニック、「SXSW 2017」に8つの新規事業アイデアを展示

パナソニック アプライアンス社は、2017年3月に米国・テキサス州オースティンで開催されるクリエイティブの祭典「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」2017年インタラクティブ部門に出展することを発表した。出展日時は3月11日~3月14日 9:30~20:00(最終日は17:00まで)。出展場所は、301 East 6th st., Austin, TX 78701。

[11:01 3/7]

WHITE×ワコム、VR空間にペンで描画できるソフトを開発 - SXSW2017に出展

WHITEはワコムと共同で、ペンでVR空間に描画できるソフトウェアのコンセプトモデル「Ink Visualizer for VR」を開発したことを発表した。同ソフトウェアは3月10日~19日、米国テキサス州オースティンで開催される世界最大規模の最先端テクノロジー展示会「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト) 2017」のトレードショーに出展される。

[07:30 3/7]

2017年03月06日(月)

三菱電機、製造業のIoT化を支援するFA-ITオープンプラットフォームを提案

三菱電機は、製造業のスマート化を実現するIoT活用を支援するため、エッジ領域のFA-ITオープンプラットフォームを新たに提案した。これにより、生産現場(FAシステム)とバリューチェーン(ITシステム)を容易につなぎ、生産現場のデータの収集・分析・改善のシステムを短期間で構築できるとしている。

[19:35 3/6]

東北大、Al-Ca合金で"変形しやすさ"の制御を可能に - 実用化にめど

東北大学は3月3日、低ヤング率であり優れた成形性が期待されるAl-Ca合金のヤング率が加工・熱処理で変化するメカニズムを解明したと発表した。

[16:53 3/6]

竹中工務店、工事写真の撮影位置をiBeaconで自動で把握するシステムを開発

竹中工務店はこのほど、建設現場において携帯端末で撮影した工事写真をデジタル図面上に自動的にプロットして一括管理するシステム「位置プラス写(しゃ)」を開発したと発表した。

[12:29 3/6]

【特別企画】それ、Teriostarならできるかも? 放置図面を無くしてセキュリティ強化

設計部門で大量に印刷される設計図面や関連ドキュメントはその企業にとって大切な資産だ。そのため設計図面を印刷するプリンターに求められるセキュリーレベルも高い。しかし、セキュリティを強化したのは良いが、日々の出図作業の妨げとなり現場の設計者から不満がでてしまうこともあるようだ。そんなお悩みをお持ちの設計マネージャーさんを、テリオマンと大判マルチファンクションプリンター「Teriostar」シリーズが手助けします!

[08:00 3/6]

2017年03月03日(金)

紙を丸めると光る懐中電灯が発売 - AgIC×nendo

ソフトバンクは、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで光る懐中電灯「PAPER TORCH(ペーパートーチ)」を発売した。販売は、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」にて50台限定で行われる。

[11:50 3/3]

2017年03月02日(木)

触覚デザインのコンテスト、受賞作を発表 - ロフトワーク

ロフトワークは、JST ACCEL「身体性メディア」プロジェクト主催の元、触覚のデザインに基づいた新たな体験(モノ/サービス)のアイデア、作品を表彰するコンテスト「HAPTIC DESIGN AWARD」の受賞作品を発表した。

[16:04 3/2]

「PDCAを回す習慣は欧米にはない」ボッシュが語る日本企業の強みと課題

製造部門統括責任者向けフォーラム「Manufacturing Japan Summit 2017」が2月15日~16日、都内で開催された。同イベントではボッシュの鷺谷武明氏が「グローバル競争下で生き抜くためのカイゼンの進化とグローバル人材の育成 -日本企業の強みと課題-」と題した講演を行った。

[11:00 3/2]

2017年03月01日(水)

銀座ソニービルの「ルーバー」を記念品として販売-売り上げは寄付

ソニーは1日、 東京都・銀座のソニービルの外壁の装飾に使用されているパーツを加工した「ソニービル記念品ルーバー」を期間限定・数量限定でチャリティ販売する。購入申し込み先は、ソニービル4F 4DフロアまたはFirst Flight公式サイト。受付期間は本日より6月30日 17:00まで。商品の発送は10月以降。

[15:32 3/1]

IoT/3Dデータは都市をどう変えるか-ライゾマ/チームラボがワークショップ

ライゾマティクス アーキテクチャー、チームラボは、「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」にてワークショップを開催する。

[13:59 3/1]

デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2017」開催

D2Cは、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーションの事例を国内外から募集し、その秀逸な施策を企画・実施したチームを称え世の中に発信する、総合的なデジタルマーケティングの広告賞である「コードアワード2017」を開催する。応募期間は3月22日~5月8日午前9:59。

[11:00 3/1]

アニメーション制作ソフト「OpenToonz」と「CLIP STUDIO PAINT EX」が連携

セルシスは2月28日、イラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」の最新バージョンを公開した。同バージョンより、オープンソースで公開されているアニメーション制作ソフト「OpenToonz」との連携が可能になった。

[10:05 3/1]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第12回 進化し続ける3D CAD、結局どれを選べばいい?

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[09:00 3/1]

2017年02月28日(火)

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第101回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(41)CAD

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。特集第41回のテーマは「CAD」です。

[12:00 2/28]

ジョジョを手がけた制作会社が語る「絵コンテ」デジタル化のメリット - アニメ制作者向けフォーラム「ACTF2017」

アニメ業界におけるペーパーレス作画をテーマにした大規模フォーラム「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム2017」(以下、ACTF2017)が2月11日に開催され、大勢のアニメ関係者で賑わった。本稿では、イベントイントロダクションおよびデイヴィッドプロダクションによる事例を紹介する。

[11:30 2/28]

2017年02月24日(金)

ジェイテクトの技能検定、タイ政府が公認技能評価システムとして採用

ジェイテクトは2月23日、タイにおける自動車部品生産拠点「JTEKT AUTOMOTIVE(THAILAND) (JATH)」にて行ってきた自前の技能検定が評価され、2017年よりタイ政府公認の技能評価システムとして運用されることになったことを明らかにした。

[11:28 2/24]

DMM.make、製造業向けに3Dプリンタを使った運用支援サービスを開始

DMM.makeは23日、3Dプリントの活用を目指す製造業向けに、機構設計と3Dプリントでの試作、試作品の量産化支援、および3Dプリンタを使った運用支援などを提供する「3Dプリントコンシェルジュサービス」を開始した。

[09:43 2/24]

2017年02月23日(木)

RSコンポーネンツ、基板CADライブラリ「PCB Part Library」無償提供を開始

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社アールエスコンポーネンツは23日、SamacSys(サマックシス)と協力し、国内外の主要CADフォーマットで利用可能なCADライブラリデータベース「PCB Part Library」の無償ダウンロード提供を開始したことを発表した。

[11:32 2/23]

2017年02月21日(火)

キヤノンITS、SOLIDWORKS向け業務支援ツール「SOLiShie」の販売を開始

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2月21日、3D CADソフトウェア「SOLIDWORKS」向け設計業務支援ツール「SOLiShie(ソリシエ) for SOLIDWORKS」の提供を開始したと発表した。

[13:32 2/21]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事