マイナビニュース | テクノロジー | ものづくり | ヘッドライン(2006)(1ページ目)

ヘッドライン

2006年12月25日(月)

ついにIntel Mac版登場! 噂のPhotoshop CS3を速度面から検証する

画像編集ソフトの定番Adobe Photoshopがついにバージョンアップ、来春には「Photoshop CS3」としてお目見えする。巷での関心は、ズバリ「Intel Mac対応」にあるはず。そこで早速Adobe LabsからPhotoshop CS3のパブリックベータを入手、MacBook 1.83GHz(Core Duo/1GB RAM)でその実力を検証した。本稿では新機能の紹介とベンチマーク測定を中心にレビューをお届けする

[21:10 12/25]

2006年12月18日(月)

キヤノンデザインのキーパーソン、自社のデザイン戦略を語る

「第5回キヤノン技術セミナー」がキヤノンSホールにて開催された。各種製品や技術面についての知識を深めるという主旨の元、キヤノンが2004年より定期的に行っているマスコミ向けセミナーの1つ。5回目の今回はプロダクトデザインをテーマに取り上げている。デザインの根幹に携わるデザイナーが、直接デザイン戦略を語るという大変興味深い内容となった。その一部をレポートしよう。

[23:52 12/18]

2006年12月16日(土)

Adobe、Intel Mac対応のPhotoshop CS3のベータ版を間もなく公開

米Adobe Systemsは、定番画像編集ソフト「Photoshop」の最新版「Photoshop CS3」のパブリックベータ版を米国東部時間15日午前12時に公開する。同社のベータ版公開サイト「Adobe Labs」を通じて公開され、Photoshopの既存ユーザー向けに提供される。

[00:14 12/16]

2006年12月06日(水)

"Photoshopの伝道師" Russell Brown氏が来日 - Dr.Russellの楽しい講義(ショー?)を聞く

初代Photoshopの開発者であり日本にも多くのファンを持つ"Photoshopの伝道師"、ラッセル・ブラウン氏が「Photoshop world」にあわせて来日した。ドクターの扮装で現れ、開口一番「ドクター・ラッセルがラッセル・ブラウンの代わりに答えます」という前置きで驚かせてくれたラッセル氏に、Adobe CS3、Adobe製品とFlash・Dreamweaverとの連携、そして日本の印象を聞いた。

[22:38 12/6]

アートは進化を続ける - デジタルアートに触れて楽しめるDAF東京

デジタルアートに気軽に触って体験できる「デジタルアートフェスティバル東京2006」が、有明のパナソニックセンター東京をメイン会場に開催中だ。「DAF東京セレクション」として、世界的に評価の高い国内外一流アーティストの作品を紹介するほか、NHKの番組「デジタル・スタジアム」で激戦を勝ち抜いたベストセレクション作品が展示されている。

[04:54 12/6]

2006年11月30日(木)

クリエイターが創るPhotoshopのイベント - Photoshop world『BIG DEBAT』

Photoshopユーザーのためのイベント「Photoshop world BIG DEBAT conference & expo 2006」が開催された。『天に神あり、地に鬼あり』 - Photoshopの真髄を究めるべく、雄志たちが集まる場所「Photoshop道場」。ここに集う者には、真髄を究めるための秘伝が授けられる……と、時代劇のパロディ風に続くオープニングムービーで幕を開けたイベント。ムービーは、今こそ"Photoshopの猛者"が雌雄を決する場である、と締めくくられた。

[02:32 11/30]

2006年10月31日(火)

アックゼロヨン・セミナー2006 Vol.4に見るWebアクセシビリティの進化

「日本のWebサイトをアクセシブルかつクリエイティブにしよう!」をスローガンに活動を行うアックゼロヨンは9月、東京・両国のKFCルームにて「アックゼロヨン・セミナー2006 Vol.4」を開催した。4回目となる今回のセミナーでは、「アクセシビリティの現在とこれから」をテーマに、今後のWebアクセシビリティを考える上でのヒントとなるさまざまな知見が紹介された。

[12:36 10/31]

2006年10月27日(金)

米Adobe、オーディオ編集ツール「Soundbooth」をベータ公開

米Adobe Systemsは10月25日(米国時間)、一般およびプロシューマー向けのオーディオ編集ソフト「Soundbooth」のベータ版を公開した。サウンドプロダクションの専門知識や技術を持たない人でも、視覚的なインタフェースを通じて直観的にオーディオの編集・作成を行える。対応システムはWindows XP SP2搭載PCと、Mac OS 10.4.Xまたは10.5.X搭載のIntel CPUベースのMac。

[08:10 10/27]

2006年10月25日(水)

Adobe、Flashも楽しめる電子書籍ソフト「Adobe Digital Editions」を発表

米Adobe Systemsは、新たなデジタル書籍ソフトウェア「Adobe Digital Editions」のパブリックβ版を発表した。今月23~26日に米国ネバダ州ラスベガスで開催の「Adobe MAX 2006」カンファレンスにおいてアナウンスが行われ、すでにインターネット上でWindows版の無料ダウンロード提供が開始されている。

[20:15 10/25]

ティム・バートン監督来日 - 映画の現場、アニメへの思い、クリエイターへのメッセージ

映画監督のティム・バートン氏を招いた特別ティーチインが、22日にお茶の水のデジハリ東京本校で開催された。映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーデジタル3-D』の公開を記念しての特別講義として企画されたもの。黒いサングラスをかけた監督は、主人公ジャックのパペットを傍らになにやら楽しげな表情を浮かべている。そんな和やかな雰囲気の中でティーチインは進められた。

[15:18 10/25]

2006年10月19日(木)

アドビ、RAW現像ソフト「Lightroom」の日本語ベータ版を提供開始

アドビシステムズは、写真家向けの画像管理・RAW現像ソフト「Adobe Photoshop Lightroomバブリックベータ4」の日本語版の提供を開始した。これまでは英語版しかなかったが、日本語でもベータ提供を行い、ユーザーからの要望や不具合の報告を受け付ける。同社Webサイトから無償でダウンロードできる。

[23:16 10/19]

2006年10月18日(水)

ユーザーがアップした写真をブログに表示させるブログパーツ - So-net

ソネットエンタテインメント(以下So-net)は18日、同社が提供するフォトシェアリングサービス「So-net Photo(ソネットフォト)」において、新しくブログパーツ機能を追加した。

[23:28 10/18]

2006年10月14日(土)

携帯端末アニメ・漫画コンクールが始まる - 中国

中国市場で出回る数多くの携帯電話に「T9入力システム」を提供するAOLがスポンサーとなった「T9 All About U 2006年 中国携帯端末アニメ・漫画コンクール」が北京で始まった。このイベントは中国移動、中国聯通、中国網通および各携帯端末メーカーもサポート。MobNICが情報サービスを提供するという。

[07:37 10/14]

2006年10月11日(水)

SNS型写真共有サイト「Zorg」がフルオープン - Zorg APIも公開

SNS型写真共有サイト「Zorg」(ゾーグ)が、10月10日にフルオープンした。自分で撮った写真を他のユーザーと共有して楽しむ写真共有サイトとして、2005年12月25日にプレオープンし、招待制で運営されていたが、今年5月に登録制に移行した。今回のフルオープンにより、登録メンバー以外でも自由に写真を閲覧できるようになった。

[19:41 10/11]

2006年10月06日(金)

フルスクリーン表示/Windows Vista対応、"Flash Player 9"βリリース

Adobe Labsは5日(米国時間)、Flash Player 9の開発者向けβ版「Flash Player 9 Update Beta」を公開した。対応プラットフォームはWindowsとMac OS X(Intel/PowerPC)の2種、Webブラウザ用プラグインのとスタンドアロン型プレイヤーの2系統のパッケージが提供される。

[18:08 10/6]

2006年10月05日(木)

エプソン、A2/半切出力に対応したインクジェットプリンタ「PX-5800」を発表

セイコーエプソンは、「MAXART K3」シリーズの新製品として「PX-5800」を発表した。PX-5800は高性能顔料インク「PX-P/K3インク」を採用し、A2/半切出力に対応した大判インクジェットプリンタ。販売はエプソン販売を通じて11月下旬から行われる。

[17:28 10/5]

2006年10月02日(月)

アドビ、Acrobat・Creative Suite日本語版の価格と発売日を発表

アドビ システムズは2日、「Adobe Acrobat 8 Professional」「Adobe Acrobat 8 Standard」「Adobe Creative Suite Premium 2.3」の日本語版を、11月17日より発売する。

[16:52 10/2]

2006年09月29日(金)

FlashからYouTubeAPIを手軽に利用する方法

話題のムービー共有サイトYouTubeのAPI(Application Program Interface)を利用してFlashデジタルコンテンツを作成する方法を解説します。YouTubeはユーザ参加型のムービーコンテンツを配信していているサイトで、YouTube APIではユーザがアップロードしたムービーデータやムービー情報、ユーザの登録情報などを利用できます。

[23:24 9/29]

2006年09月21日(木)

日本HP、グラフィック市場向け大判プリンタ「HP Designjet Zシリーズ」

日本ヒューレット・パッカードは、大判インクジェットプリンタ「HP Designjet Zシリーズ」を発表した。Zシリーズには「HP Designjet Z2100 Photo」と「HP Designjet Z3100 Photo」、そしてPostScript対応の「HP Designjet Z3100ps Photo」がラインアップされており、それぞれ24インチ(A1ノビ対応)モデルと44インチ(B0ノビ対応)モデルが用意されている。

[19:04 9/21]

廉価版から入門版へシフトするElementsシリーズ

9月12日に発表されたホームユーザー向けクリエイティブソフトウェア「Adobe Photohsop Elements」と「Adobe Premiere Elements」。それぞれバージョン5とバージョン3と進化を続け、家庭で動画と映像を楽しむユーザから広く利用されているという。

[02:14 9/21]

2006年09月16日(土)

最先端の理論と世の中の橋渡し役でありたい - 五十嵐健夫東大助教授

アメリカコンピュータ学会主催による世界最高峰のコンピュータ・グラフィックス学会のカンファレンス「SIGGRAPH(Special Interest Group on Computer Graphics)」。すでに優れた業績を残し、今後の研究も期待される若手研究者に贈られる「ACM SIGGRAPH 2006 Significant New Researcher Award」を一人の日本人研究者が受賞した。その人こそ東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻の五十嵐健夫助教授である。五十嵐助教授が語る氏の独自性や、今後の研究などを聞いた。

[04:34 9/16]

2006年09月15日(金)

ICC "コネクティング・ワールド"展 - 人と人、物、そして情報の"コネクティング"

NTT ICCが15日より、「コネクティング・ワールド: 創造的コミュニケーションに向けて」展を開催している。「コネクティング」上で生まれるノイズやずれを用いたアーティストの作品13点が展示される。また、出展作品の中には、Google、goo、wikiなどインターネット上のサービスから得られるデータを用いているものもある。このことから、全ての作品が日常とかけ離れたものではないことがわかる。

[17:41 9/15]

2006年09月12日(火)

"Corel Paint Shop Pro Photo XI"発表 - "写真"の意識を強調する新機能

コーレルは12日、画像編集・加工ソフト「Corel Paint Shop Pro Photo XI」を発表した。従来の「Paint Shop Pro X」の後継ソフトで、デジタルカメラで撮影した"写真"を編集・加工するという意味を強調し、XI版から新たに"Photo"をつけ加えた。対応OSはWindows XP / 2000。

[21:09 9/12]

Corel、無料デジカメ活用ソフト"Corel Snapfire"

コーレルは12日、画像管理・編集ソフト「Corel Snapfire」「Corel Snapfire Plus」を発表した。デジタルカメラ活用ソフトとして新しく開発されている。同社のPaint Shop Proに比べ、操作の簡単さや安価さなど手軽さが特徴となる。Corel Snapfireは13日の午前0時よりSnapfire特設サイトにて無償提供が開始される。

[17:07 9/12]

Premiere Elements 3.0 - HDVカメラにも対応

アドビ システムズは12日、同社の動画編集ソフトの最新版「Adobe Photoshop Elements 3.0」を発表した。パーソナルユースの動画編集ソフトとしてホームビデオ編集やエフェクト処理に加え、DVDの作成などに向けた機能を備えている。製品の発売は11月上旬を予定、価格は14,490円。

[17:04 9/12]

Photoshop Elements 5.0 - Flashアニメ作成可能に

アドビ システムズは12日、同社の個人向け画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 5.0」を発表した。同社プロユース対応画像編集ソフト「Adobe Photoshop CS2」をベースした編集機能に加え、画像の管理や作品作りに必要な機能を搭載する。アドビでは、単なる機能縮小版ではないクリエイティブなツールを目指したとする。

[16:36 9/12]

2006年09月11日(月)

沖電気工業、沖データ、「エピフィルムボンディング」技術を実用化

沖電気工業および沖データは9月7日、半導体材料を薄膜化し、異種材料間で接合をおこなう「エピフィルムボンディング」技術を実用化したことを発表した。すでに沖データがカラーLEDプリンタC3400nに搭載したLEDヘッドがこの技術で製造されており、9月13日からのSSDM2006などでの論文発表を行うことを受けての発表となった

[07:03 9/11]

2006年09月04日(月)

ワコム、A6ワイドサイズのペンタブレット「Intuos3 PTZ-431W」を限定発売

ワコムは4日、ペンタブレット「Intuos3」シリーズの新製品として、A6ワイドサイズの入力エリアに対応する「Intuos3 PTZ-431W」を発表した。発売は15日より、全国の量販店や同社オンラインショップなどを通じて、2,500台の台数限定で販売する。価格はオープン。

[19:55 9/4]

2006年08月29日(火)

Corel、WinDVDのInterVideoを買収 - グラフィックスと動画処理を総合提供へ

加Corelは、米InterVideoの買収を正式に発表した。InterVideoの1株当たりUS13ドルが支払われるため、買収総額は約US1億9,600万ドル。今年第4四半期中に、買収手続きが完了する予定となっている。

[19:41 8/29]

2006年08月25日(金)

50周年を迎えたGマーク - GOOD DESIGN PRESENTATION 2006

2006年のグッドデザイン賞を決める「GOOD DESIGN PRESENTATION 2006」が東京ビックサイトにおいて23日にスタートした。品質とセンス、オリジナリティの高いグッドデザインのプロダクトを表彰するとされるグッドデザイン賞は、回を重ねて今年ついに50周年を迎える。GDP2006はグッドデザイン賞にノミネートされたプロダクトを展示・紹介するとともに、実際の選考を行うイベントだ。

[19:49 8/25]

2006年08月23日(水)

Adobeのビジョンと戦略 - バイスプレジデント ジム・ジェラルド氏

2006年8月、ユーザー向けイベントAdobe IDEAS 2006のキーノート講演のために、AdobeのプロダクトマネジメントWeb&ビデオソリューション担当バイスプレジデントであるジム・ジェラルド(Jim Guerard)氏が来日した。本稿では、このインタビューを元にAdobeの製品・戦略について紹介しつつ、クリエイターに与える影響について考察する。

[15:33 8/23]

2006年08月22日(火)

SIGGRAPH 2006 - 「Cars」製作秘話セッション~車に命を吹き込んだピクサーマジックの秘密

現在、絶賛劇場公開中のディズニーのフルCGアニメ「Cars」。SIGGRAPH 2006にて、この「Cars」を製作したピクサーのスタッフ2名が壇上に立つ「Vrooom Vrooom:SIGGRAPH at 500 Horsepower」と題されたスペシャルセッションが開催され、その製作秘話が語られた。

[14:02 8/22]

2006年08月21日(月)

Webクリエイターの"常識"をWeb上でチェック、高得点者には認定バナーが

サイト構築のためのトータルデザイン誌、月刊「Web Designing」編集部が、楽しみながらWeb制作に関する"常識"を、Web上でチェックできるオンラインサービスを公開した。題して「Webクリエイターなら知っておきたい、あんなことやこんなこと 第一回 Webの常識統一試験 Webダイジェスト版」。利用は無料。テストの結果、81点以上の高得点を獲得できた人には、自分のblogやWebサイトに貼ることができる「Webの常識統一試験特製認定バナー」が提供される。

[15:11 8/21]

2006年08月10日(木)

CorelDRAW Graphics Suite X3を試す - あの作業をパパッとできるか?

「CorelDRAW Graphic Suite X3」が4日、発売になった。デザインワークとページレイアウトをカバーする総合グラフィックソフト。イラスト作成・ページレイアウトができる「CorelDRAW X3」、ビットマップ画像の編集ができる「Corel PHOTO-PAINT X3」、画面キャプチャができる「Corel CAPTURE X3」、トレースができる「Corel PowerTRACE X3」がパッケージされている。このレビューでは、同ソフトの「使いどころ」と「使い勝手」を見るために、いくつかの「ありちがち」なデザインタスクを考えてみた。プロのデザイナーであれば、1度や2度は必ず遭遇している状況だと思われる。

[18:55 8/10]

2006年08月08日(火)

英語版QuarkXPress 7がMac OS X 10.4上で動作するユニバーサルバイナリ版へ

米Quarkは7日(米国時間)、DTPアプリケーションQuarkXPressの最新版、QuarkXPress 7(英語版)が、Mac OS X 10.4上で動作するユニバーサルバイナリ版となったことを発表した。登録ユーザーは、無償で配布されるQuarkXPress 7.01のアップデータをかけることで、ユニバーサルバイナリ版となる。

[18:03 8/8]

2006年08月05日(土)

Adobe IDEAS 2006基調講演 - Apolloや類似製品同士の開発方針明らかに

アドビ システムズは4日、マクロメディアと統合後、初のユーザー向け総合イベント「Adobe IDEAS 2006」を開催した。同イベントは文字通り、現在同社が持っているツール群で拓けるさまざまなアイデアと、将来への展望をユーザーとシェアすることを目的としたものといえる。イベント冒頭では、米Adobe SystemsからWeb and Video製品担当Vice PresidentであるJim Guerard氏が「Where are we going?」(我々はどこへいくのか)と題した基調講演を行い、いくつかの製品の具体的な開発方針を明らかにした。

[06:37 8/5]

2006年08月04日(金)

SIGGRAPH 2006 - コンピュータ・アニメーション・フェスティバル

SIGGRAPHでは毎年、プロ、アマ、企業を問わずあらゆるクリエイター達によって制作され、投稿されてきたコンピュータグラフィックス映像作品の中から入選作を選定し、これを「コンピュータ・アニメーション・フェスティバル」として公開している。入選作のなかでも、より優秀作として認められた作品については「Electronic Theater」としてまとめられ、SIGGRAPH会場内の大劇場で公開される(これ以外の作品は「Animation Theater」として中小規模の部屋で公開)。毎年、新CG技術のデモンストレーション的な作品から、商業映像作品のメイキング映像、ショートフィルム的な物語、一発ネタのギャグフィルムまでが集まる。その内容はバラエティに富んでおり、Electronic Theaterはいうなれば、オムニバス形式の映画祭といったイベントになっている。

[01:19 8/4]

2006年08月03日(木)

オートデスクが「Autodesk 3ds Max 9」「Autodesk Maya 8」の詳細を発表

オートデスクは1日、「SIGGRAPH 2006」において、3DCGソリューション「Autodesk 3ds Max 9」および、「Autodesk Maya 8」の詳細を発表した。Autodesk 3ds Max、Autodesk Mayaはモデリングからレンダリング、アニメーション制作までの機能を備え、ゲーム開発や映像制作などの分野で3DCG総合ソリューションとして利用されている。日本語版は「Autodesk 3ds Max 9」が今冬、「Autodesk Maya 8」は10月中旬の出荷を予定している。

[19:10 8/3]

2006年08月02日(水)

ダイナコムウェア、「DynaFont OpenType Pro 明朝・ゴシック 17書体」発表

ダイナコムウェアは2日、同社のOpenType Proフォントパッケージの第2弾となる「DynaFont OpenType Pro 明朝・ゴシック 17書体」(Windows版、Macintosh版)を9月1日から発売すると発表した。パッケージに含まれる書体は、「DF華康明朝体 Pro-5 W3」「DF華康明朝体 Pro-5 W5」「DF極太明朝体 Pro-5」「DF超極太明朝体 Pro-5」「DF華康ゴシック体 Pro-5 W2」「DF華康ゴシック体 Pro-5 W3」「DF華康ゴシック体 Pro-5 W5」「DF特太ゴシック体 Pro-5」「DF極太ゴシック体 Pro-5」「DF超極太ゴシック体 Pro-5」「DF新細丸ゴシック体 Pro-5」「DF細丸ゴシック体 Pro-5」「DF中丸ゴシック体 Pro-5」「DF中太丸ゴシック体 Pro-5」「DF太丸ゴシック体 Pro-5」「DF極太丸ゴシック体 Pro-5」「DF超極太丸ゴシック体 Pro-5」の17書体。基本書体をカバーしたものになっている。

[18:40 8/2]

雑誌広告デジタル送稿推進協議会セミナー--2008年完全デジタル送稿化に向け

雑誌広告デジタル送稿推進協議会は7月24日、東京コンファレンスセンター品川において「雑誌広告製作者のためのステップアップセミナー」を開催した。同協議会は日本雑誌協会と日本雑誌広告協会、日本広告業協会が共同で推進するもので、日本における雑誌広告のデジタル化について制作環境や印刷環境のルール策定を行っている。ユーザに対してセミナーを行うのは今回が初めてとのこと。セミナーで発表された「デジタル送稿の今」をレポートする。

[17:43 8/2]

五十嵐健夫東大助教授、SIGGRAPHでSignificant New Researcher Award受賞

SIGGRAPHでは毎年、コンピュータグラフィックスとインタラクティブテクニックに関する先進的な研究者や、その技術動向に大きく影響を与えた人物が表彰される。2006年は「ACM SIGGRAPH 2006 Significant New Researcher Award」を東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻の五十嵐健夫助教授が受賞。授賞式が7月31日(米国時間)に行われた。同賞は、新しい分野における革新的な技術を開発し、これからも功績をあげるであろう研究者に対して、早い段階で評価を与えることを目的とした賞となっている。

[13:32 8/2]

2006年07月28日(金)

ビバマンボ、MTベースのCMS「MT-Pack」発表 - PukiWiki記法に対応

ビバマンボは、Movable Typeをベースに開発されたコンテンツマネジメントシステム(CMS)パッケージサービス「MT-Pack」を発表した。受付は31日から。MT-Packは同社がMovable Typeをベースに開発したCMSパッケージを、ユーザのWebサーバにインストールして提供する。ユーザはCMSによって手軽にWebサイトの管理・運営を行えるとしている。導入時には申し込み後に、ヒアリングを行い、インストールからテストデータによる検証、更新マニュアルの提供までを行うとのこと。

[18:04 7/28]

ActionScript 3デビューセミナー - その真価を探る

14日、Adobe+Adobe公式ユーザーグループによるActionScript 3デビューセミナーが開催された。ActionScript 3(以下AS3)に対応したAdobe Flash Player 9がリリースされ、同時に「Flash Professional 9 ActionScript 3.0 Preview」も同社のサイト「Adobe Labs」からリリースされた。これらのプロダクトのリリースを受けて、開かれたセミナーである。このレポートでは、セミナーで明らかになったActionScript 3の特徴、開発手法などを報告したい。

[13:28 7/28]

2006年07月27日(木)

ポータルサイト「XSHIBUYA」の行方 - 渋谷発のクリエイター相互情報発信を

東京商工会議所は26日、Webサイトを中心にしたビジネスネットワーク構築支援事業についての説明会を行った。この事業は7月1日にスタート。「XSHIBUYA(クロスシブヤ)」という名称で、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)およびWebマガジン、2つのサービスを軸に展開するとしている。経済産業省の「広域的新事業支援連携等事業費補助金」事業であるとともに、中小企業の支援を目的とした「産業クラスター計画」の一環として行うとしている。

[14:47 7/27]

2006年07月26日(水)

Web標準準拠やSEOの適切さを無料で診断できる「ホームページ診断ツール」

インターネットビジネスサポート事業などを行うエイエスウィンドウは、同社が運営するインターネットビジネス支援サービス「WebAgency」サイトにおいて、無料で使える「ホームページ診断ツール」サービスを発表した。同サービスは、診断したいページのURLを入力すると、「HTMLタグ」「検索キーワード」「検索エンジンランク」のチェックを一括して行うことができる。

[17:26 7/26]

2006年07月25日(火)

根強い人気、個人開発3DGCソフト「Metasequoia Ver2.4.0」提供開始へ

O.Mizno氏は25日、同氏が開発している3Dポリゴンモデラー「Metasequoia」のバージョン2.4.0の公開を開始した。同ソフトは、ポリゴン形式で3DCGの作成を行うソフトで、Windows 98 / Me / NT4.0 / 2000 / XPで動作する。独自形式の.MQOのほかDoGACGAの.SUFやLightWave3Dの.LWO、PlayStationの.RSDなどの形式にも対応する(.MOQ以外の形式はシェアウェア登録を行ったユーザのみ利用可能)。Ver1.0~2.3までのユーザは無償で最新版を利用できるとしている。

[19:22 7/25]

店頭POPをオンライン作成「インストア・プロモーション プリントサービス」

エプソン販売とスコープは25日、両社の共同開発によるオンライン販促支援システム「インストア・プロモーション プリントサービス」の提供を開始した。サービスはスコープを通じて提供される。同サービスは、販売ドラッグストアの店頭POPをオンラインで作成するもので、画一的な既存グッズによらない販促支援を目的としているという。エプソン販売が、2005年2月にサービス開始した「デジタルプローモーションポータル」サービスを元に、広告会社としてのノウハウを持つスコープのデザインやコンテンツの提供を行うとしている。

[18:47 7/25]

Widgetという考え方が登場した「Adobe Spry framework for Ajax 1.2」

Adobe Systemsのデザイナー向けAjaxフレームワーク、「Spry framework for Ajax」(beta)の最新バージョンバージョン1.2が13日(米国時間)、同社の「Adobe Labs」にて公開された。順調にバージョンアップを重ねているが、これまでは、デザインツールを提供するAdobeが作っているにもかかわらず、XMLの処理といったある意味「地味」な機能が多かったといえる。今回のバージョン1.2では、UIコントロールが「Widget」として切り分けられており、設定が分かりやすくなっている。

[16:17 7/25]

2006年07月21日(金)

Podcastで持ち歩く展覧会ガイド「奈良美智 + graf A to Z ポッドキャスト」

凸版印刷は21日、Podcast番組「奈良美智 + graf A to Z ポッドキャスト」の配信を開始した。番組は、同社によって企画、制作された。7月29日から10月22日まで、青森県弘前市で開催されるアーティスト奈良美智氏、クリエイティブユニット「graf」による展覧会「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」に関連し、奈良美智氏とgrafの豊嶋秀樹氏が、展覧会についてのエピソードを紹介していく番組内容。

[18:04 7/21]

2006年07月20日(木)

Macから便利に、オンラインストレージサービス「macserver.jp」刷新

ねこじゃらしは20日、同社のオンラインストレージサービス「macserver.jp」をリニューアルし、最大50GBまでのサーバ容量が利用可能となったことを発表した。同サービスは、最大容量と契約期間の組み合わせで料金が異なる。容量は2、5、10、20、30、50GBから、契約期間は30、90、180、360日から選択できる。どの契約でも初期費用1,050円が共通でかかる。

[22:16 7/20]

アドビシステムズ、統合後初のユーザーイベント「Adobe IDEAS 2006」開催へ

アドビシステムズは8月4日、東京・新木場にて、マクロメディアの統合後、初のユーザーイベント「Adobe IDEAS 2006」を開催する。同イベントは、Webデザイン、グラフィックデザイン、映像制作に携わるクリエイターを対象とするもの。Adobe Systemsは、2006年6月に、オランダで「Adobe Live 2006」というユーザー向けイベントを開催しているが、この日本版ともいえるイベントが「Adobe IDEAS 2006」だという。

[21:12 7/20]

2006年07月19日(水)

アクト・ツー、メディアファイル管理ソフト「iView Media Pro 3」販売開始

アクト・ツーは18日、写真や動画などのメディアを管理するメディアマネージメントソフトウェア「iView Media Pro 3」の販売を開始した。同社のオンラインストア「アクト・ツーストア」からのダウンロード販売のみで、パッケージ販売は行われない。iView Media Pro 3は、デジタルカメラで撮影した画像をはじめ、オーディオやビデオ、HTMLなどPC上で使用する約130種類のメディアファイルを一元管理するソフト。

[21:57 7/19]

Adobe、初のWindows版「Adobe Lightroom」パブリックベータ公開へ

Adobe Systemsは18日(米国時間)、プロの写真家向けのポストプロダクションツール「Adobe Lightroom」のWindows版のパブリックベータ(英語版)を同社のサイト「Adobe Labs」で公開したことを発表した。「Lightroom」はデジタルカメラで撮影したRAWデータの取り込みや管理、加工を行うことができる。同ソフトはMacintosh版の開発が先行しており、6月13日(米国時間)に、Macintosh版のBeta 3が公開されたばかり。今回、初の登場となるWindows版は、このMacintosh版のBeta 3と、ほぼ同等の機能を持つ。

[17:52 7/19]

Adobe Flex 2の実力を体験 - ソーシャルネットかFlockか? - JamJar登場

Adobe Sysmtesは6月28日(米国時間)、「Adobe Flex 2」および「Adobe Flash Player 9」の2製品の提供開始を発表したことは記憶に新しい。この発表をうけ、同社のAdobe Labs上で7月13日(米国時間)、同製品群を体験するためのデモアプリケーション「JamJar」を公開した。本稿では、JamJarの概要をレビューしてみたい。

[00:48 7/19]

2006年07月13日(木)

ドスパラから初のクリエイター専用PCモデル「Prime Create」発売開始

オリジナルパソコン「Prime」シリーズを展開するサードウェーブは、同シリーズ初のクリエイター向けPC「Prime Create」を13日、19時より販売を開始した。販売は同社が経営するパソコンショップ「ドスパラ」で行われる。Prime Createはコミック制作ソフト「ComicStudio」シリーズの動作推奨PCとなっており、グラフィック制作に特化した仕様とされる。

[23:47 7/13]

CSS実装徹底検証! そこが知りたいInternet Explorer 7

米MicrosoftからInternet Explorer 7(IE7)beta2がリリースされた。IE7は2001年にInternet Explorer 6(IE6)がリリースされて以来、5年ぶりのアップデートとなる。このメジャーアップデートでは、CSSの標準規格への準拠やバグの修正、未対応だった機能への対応などが期待されている。本稿では、IE6で未対応だった機能や問題とされていたバグを取り上げ、IE7 beta2での対応・修正状況を検証していく。

[21:33 7/13]

「第1回プロダクトデザインフォーラム2006」開催 - やばいよ、日本……!?

CEATEC JAPAN実施協議会による「第1回プロダクトデザインフォーラム2006」が13日、品川にあるコクヨホールにおいて開催された。本イベントは10月3日から東京ビックサイトで行われる展示会「CEATEC JAPAN 2006」に関連したものとのこと。放送や通信、家電などの技術系イベントとしてのイメージの強いCEATECだが、本年は展示テーマのひとつとして「価値あるモノづくりの基盤強化」を掲げており、プロダクトデザインフォーラムはこのテーマについてのプレイベントとしての意味合いもあるという。

[20:49 7/13]

2006年07月12日(水)

アビッド テクノロジーが「Avid Xpress Pro 5.5」の出荷を開始

アビッド テクノロジーは、HDV / DVCPRO HDにネイティブ対応したノンリニアビデオ編集ソフト「Avid Xpress Pro 5.5」の出荷を開始した。Avid Xpress Pro 5.5はHDやSD、DVの各映像形式が混在した映像の編集が可能なノンリニアビデオ編集ソフト。主な新機能は、ソニーのXDCAM HDへの対応と、入出力デバイス「Avid Mojo SDI」のサポート。さらに旧バージョンと比べて、HDVネイティブファイルへの書き出し速度が大幅に向上したとのこと。

[21:00 7/12]

オンライン音楽ストア感覚で自作ビデオにBGMを追加 - 米Pump Audio

米Pump Audioは10日(米国時間)、Web経由で自作ビデオ用のBGMを提供する新サービス「MyPump Soundtrack」を発表した。同社がインディペンデントレーベルやミュージシャンから集めたトラックのカタログが公開されており、シンプルなツールを使って検索・選択・編集して、ビデオに取り込む。ライセンス料は1トラックあたり99セントが基本で、バンドル割引が用意されているほか、無料で使用できるトラックもある。

[08:55 7/12]

2006年07月11日(火)

Adobe MAX Conference 2006開催決定 - 10月23日から4日間、米ラスベガスで

米Adobe Systemsは10日(現地時間)、2006年10月23日から26日までの4日間、米ラスベガスで、開発者向けのカンファレンス「Adobe MAX 2006」を開催することを発表した。同社のAdobe MAXの告知ページでは、すでに参加登録が始まっている。また、もっとも効果的、賞賛すべき作品に贈られる第4回年間Adobe MAX Awardsの作品募集も発表(募集は7月17日~9月1日)。同賞は、8部門にわたって審査が行われ、受賞者は、Adobe MAX 2006において表彰されるという。

[19:51 7/11]

CREATIVE WORLD 2006 - あの「大神」のタッチ、モーションはどう実現!?

六本木ヒルズ アカデミーヒルズ40において7日、クリエイター・デザイナーのためのセミナー「CREATIVE WORLD 2006」が開催された。テーマごとに10のセミナーが開催されたなかから、毛筆のようなタッチが特徴のプレイステーション2用ゲームタイトル「大神」開発スタッフによるセミナー「『大神』~筆のタッチを活かしたビジュアルづくり~」をレポートする。

[00:11 7/11]

2006年07月10日(月)

ピクサーのマット・ペインターが語る、ピクサー流制作プロセス

アップルストア銀座で6日、ピクサー・アニメーション・スタジオのマット・ペインター(背景画ペインター)ポール・トポロス氏が、アニメーション映画「Mr. インクレディブル」「カーズ」に関する製作秘話を語るというイベントが開催された。平日の夕方にも関わらず、定員約150名の会場は満席で、立ち見の人も数多く見られた。

[22:26 7/10]

カノープスがノンリニアビデオ編集システム「HDWS-3000」を発表

カノープスは10日、同社の放送局・映像プロダクション向けのノンリニアビデオ編集システム「HDWS」シリーズの最上位機種となる「HDWS-3000」を発表した。基本モデルの「HDWS-3000」が5,100,000円(税別)で、マルチI / Oプロセッサボックスとセットの「HDWS-3000MIP」が6,300,000円(税別)。価格は本体とキーボード、マウスなどのみのもので、ディスプレイや映像確認用のモニタは別売となる。

[21:05 7/10]

Quarkプロダクトマネージャーらに聞く - QuarkXPress 7の実力

DTP制作フローの中核を担うレイアウトソフトウェア「QuarkXPress」。日本国内でもユーザーは多く、これまで同ソフトで制作されてきたデータ資産は少なくない。英語版は6月に、最新バージョン7の出荷が開始された。今回のアップグレードは、どのような主旨で行われたのか。そして、ユーザーの要望に対して、どのように応えようとしたのか。バージョン7のリリースに合わせて、6月中旬に来日した米Quarkのプロダクト マネージャーである宇野カオル氏とAjit Singh氏、リード ユーザー インタフェース エンジニアのDan Saltzman氏に話を聞いた。

[16:46 7/10]

2006年07月07日(金)

リョービイマジクスから、OpenTypeフォントにシリウスとナウが追加

リョービイマジクスは7日、OpenTypeフォント「リョービ シリウスパック」「リョービ バリューパック8」を発売した。それぞれMacintosh版とWindows版がある。シリウスパックには、シリウス-LII / M / B / E / Uの5書体を収録し、バリューパック8には、ナウ-MM / MB / ME / MU / GM / GB / GE / GUの8書体を収録。フォント仕様はすべて、Std仕様となっている(Adobe Japan 1-3の文字セットに対応:9,354文字)。

[23:47 7/7]

2006年07月06日(木)

活版彫りからXML組版まで - デジタル パブリッシング フェア2006

電子出版に関するプロダクトやソリューションを集めた展示会「デジタル パブリッシング フェア 2006」が6日、東京ビックサイトにて開幕した。55社が出展し、フォントや画像管理ソリューションといったコンテンツ制作現場向けから制作したコンテンツの配信やコンバートといった流通まで、電子出版の現状を反映した展示が行われた。本イベントは「東京国際ブックフェア2006」の併催イベントとしての位置づけで、「編集制作プロダクションフェア」や「学習書・教育ソフトフェア」なども併催されている。会期は9日まで。

[23:40 7/6]

「Suitcase Fusion」ユニバーサルバイナリー版へ - 無償アップデータ公開

セラーテムテクノロジーは、エクステンシス製フォント管理ツール「Suitcase Fusion」の無償アップデートプログラム(バージョン12.1)を公開した。このアップデートにより同製品は、MacintoshのPowerPCベースのシステム(Mac OS X 10.3.9以降)と、Intelベースのシステム(Mac OS X 10.4.4)の双方をネイティブでサポートすることとなった。

[22:24 7/6]

2006年07月05日(水)

@media2006にみるWebデザインのトレンド

6月15、16の両日、ロンドンの中心部に位置するクィーンエリザベスⅡカンファレンスセンターにて、@mediaと呼ばれるWebデザイン関連のカンファレンスが催された。@mediaは昨年に引き続き2度目の開催。イギリス国内外のエキスパートを招いてWebデザインに対する最新のアプローチを学び、また議論するためのイベントである。2日間の日程において、筆者の参加したセッションのなかから、特に興味深かった6つのセッションを通じ、Webデザインのトレンドを紹介したい。

[21:41 7/5]

リッチテキスト・コンバータ2005 R2と動作保証済みFDDがセットで登場

アンテナハウスは5日、データ変換ユーティリティソフト「リッチテキスト・コンバータ2005 R2」に、ロジテックの外付けFDドライブをバンドルした製品を発売した。製品は「リッチテキスト・コンバータ2005 R2 ロジテック外付けFDドライブ(LFD-A1USV)」と「リッチテキスト・コンバータ2005 R2 パーソナル ロジテック外付けFDドライブ(LFD-A1USV)」の2モデル。リッチテキスト・コンバータ2005 R2シリーズは、主な機能としては、ワープロ専用機で保存された独自形式のデータ、PDF、Microsoft Word、一太郎などのネイティブ形式のファイルを、対応する任意のファイル形式に変換する機能を持つ。

[20:27 7/5]

統合型3Dソフト「LightWave 3D v9」の先行アップグレード受付を7日より開始

ディ・ストームは、同社の統合型3Dソフト「LightWave 3D v9」の先行アップグレードの受付を、7日より開始すると発表した。先行アップグレードとは、既存のLightWave 3Dユーザーを対象に、LightWave 3D v9の正式な日本語版のアップグレードキットが完成するまでの間、暫定的に行われるが、インタフェースなどはすべて日本語化されたものが提供される。なお、正式版の発売開始は9月下旬を予定しているとのこと。

[18:29 7/5]

似顔絵が、なぜ似ないのか?

6月来、ネットを大きく騒がせてきた「スプーの絵描き歌」。NHKで放送されたある番組中、「うたのお姉さん」ことはいだしょうこさんの描いたキャラクタが、似ていないと話題になったのだ。宝塚出身の歌って踊れる才色兼備の「うたのお姉さん」が、実は絵が苦手だったというだけの話に過ぎないこの事件。しかし、もうひとつ気になることがあった。「なぜ似ないのか?」実際、普段見慣れた同僚の顔でさえ、すらすらと似せて描ける人というのは案外少ないのではないだろうか。そして、そもそも似顔絵の「似る」「似ない」というのはどういう点で決まってくることなのか、また「似せる」ためのテクニックというのはどのようなものかを調べていくことにした。

[15:32 7/5]

2006年07月04日(火)

コーレル、総合グラフィックソフト「CorelDRAW Graphic Suite X3」を発表

コーレルは4日、総合グラフィックソフト「CorelDRAW Graphic Suite」の最新バージョン、「CorelDRAW Graphic Suite X3」を発表した。発売は8月4日。メインアプリケーションとして、イラスト作成・ページレイアウトを行う「CorelDRAW X3」、ビットマップ画像などを編集する画像編集ソフト「Corel PHOTO-PAINT X3」があり、補助アプリケーションとして、ビットマップデータをトレースしてベクターデータに変換する「Corel PowerTRACE X3」、画面キャプチャソフト「Corel CAPTURE X3」を備える。

[23:07 7/4]

シックス・アパートがCGMマーケティングと提携 - 広告・サービス開発を強化

シックス・アパートは4日、一般の利用者が情報発信を行う「CGM(Consumer Generated Media)」に向けて、新たなツールや広告およびアフィリエイト機能の提供をはじめとしたメディア事業の強化を行うと発表した。その一環として、同社は、8月4日に設立されるCGMマーケティングとの提携を行う。同社のブログツールMovable TypeやTypePadに加え、開発中の個人向けブログサービス「Vox」に対して広告の提供やブログツールを使用したプロモーション活動を行うとのこと。また、同社のメディア事業担当顧問として、かつてデジタルガレージにて、インフォシークのサービス企画責任者となり、インフォシークの設立に関与した樋口理氏を迎える。

[21:39 7/4]

Adobe、BREW端末向け「Flash Lite 2.1 for BREW」パブリックベータを公開

Adobe Systemsは4日(現地時間)、BREWに対応したスマートフォン向けのFlash Liteコンテンツ作成ツール「Adobe Flash Lite 2.1 for BREW」のパブリックベータ版を同社のサイト「Adobe Labs」で公開した。同社のFlashコンテンツ作成ソフト「Flash Professional 8」およびQUALCOMM社が公開している「BREW SDK 3.1」との組み合わせで使用する。パブリックベータ版では、Samsung電子のSamsung SCH-a950およびLG電子のLG VX9800の両端末のみをサポートするという。

[19:06 7/4]

2006年07月03日(月)

デザインカッターSTIKA新製品 - ステッカーやマスキングシートカットが可能

ローランド ディー.ジー.は3日、ステッカーやサインを作成するカッティング用シートを、PCによる制御で任意の形状に切ることができる「デザインカッターSTIKA(ステカ)」の新製品を発売した。「SV-15」、「SV-12」、「SV-8」」の3モデルに分かれている。カッティングデータを作成する「Roland CutStudio」、Adobe Illustrator 10 / CS2などに対応したプラグイン「Roland CutStudio Plug-in for Adobe Illustrator」、CorelDRAW 12などに対応した「Roland CutStudio Plug-in for CorelDRAW」が付属する。

[19:57 7/3]

手描きの文字・図表をデジタル保存、デジタルノートバッド「Technote」発表

海連は、用紙に手描きした文字や図表などを、デジタルデータとして内部フラッシュメモリに保存できるデジタルノートパッド「Technote」を発表した。今回発表されたのは、A5サイズの「Technote TN-A501」と、A4サイズの「Technote TN-A401」の2機種。発売はTN-A501が7月下旬、TN-A401が9月の予定となっている。

[17:37 7/3]

ソースネクストとコーレルが販売提携 - Paint Shop Proパーソナルなど発売

ソースネクストは3日、グラフィックソフト「Corel Painter」などの開発元である米Corelの日本法人、コーレルと販売提携をすることを発表した。販売提携契約は同日から発効する。この提携により、画像編集ソフト「Paint Shop Pro パーソナル」、グラフィックソフト「Corel Painter Essentials パーソナル」、画像処理ソフト「Corel Paint Shop Pro Album パーソナル」の3製品が、ソースネクストの「Qualityイチキュッパ」シリーズで発売される予定。

[16:13 7/3]

2006年06月30日(金)

大容量データ共有サービス「デタキャビ」開始 - AIやEPSのプレビュー可能

システムグラフィは7月3日から、Webベースで大容量データを共有・転送できる「デタキャビ」サービスを正式開始する。同サービスは、ファイルをサーバにアップロードし、利用者が登録した複数ユーザがファイルのダウンロードを行える仕組み。画像ファイルをアップロードした場合、Web画面上でサムネールを表示できる。現在はAI(Illustratorファイル)、EPS、JPG、PNG、BMP、DGX、GIFのサムネール表示に対応しているという。利用料は、30MBプランの場合、月額315円となっている。

[22:37 6/30]

「LiFE* with PhotoCinema 2 Plus」発表 - 3G携帯用ムービー書き出し機能も

デジタルステージは、フォトムービーを作成するソフト「LiFE* with PhotoCinema」シリーズの最新版「LiFE* with PhotoCinema 2 Plus」を7月21日から発売する。価格は20,790円。同製品は、デジタルカメラで撮影した画像に音楽やエフェクトを追加して動きのあるスライドショーを作成できる。「LiFE* with PhotoCinema 2 Plus」では、iPodなどで再生可能なMPEG-4のほか、3G携帯電話に対応する3g形式での書き出し機能が追加され、携帯機器に対応したのが特徴だ。このほか、映像サイズや圧縮率まで細かな設定の可能になったとされる。

[20:08 6/30]

2006年06月29日(木)

RGB-CMYK変換ソフト「Colorgenius DC Ver.3.0」発売 - シャープネスAI搭載

大日本スクリーン製造は、デジタルカメラ画像などのカラーをRGBからCMYK形式へ変換するソフトウェア「Colorgenius DC」の最新版「Colorgenius DC Ver.3.0」の発売を開始した。新たに搭載された機能は、完全に自動化されたシャープネス処理「シャープネスAI」や、ICCプロファイル変換のエミュレートを行い、RGB画像で作られた雰囲気をそのまま保つ「AIバイパス」などがあげられる。さらに、変換元RGB画像のExifデータや、埋め込まれたICCプロファイルを自動認識して変換する機能、sRGBなどをAdobe RGBへと変換するRGB-RGB変換機能も追加されている。

[19:33 6/29]

デザイン誌「+DESIGNING」新創刊 - 新進気鋭デザイナーの頭の中がわかる?

29日に毎日コミュニケーションズから新しいデザイン誌「+DESIGNING」(プラスデザイニング)が創刊された。このデザイン誌はどんな意図の下に編集され、どんな情報が届けられるのか? 同誌編集長小木昌樹氏に聞いた。

[18:01 6/29]

2006年06月28日(水)

鈴木守、伊藤桂司、澤田泰廣が語る - オフセット印刷表現の可能性

24日、凸版印刷の印刷博物館P&Pギャラリー企画展「グラフィックトライアル2006」のトークイベント「デザイントーク in TOPPAN vol2. -オフセット印刷表現の可能性-」が開催された。同企画展は、6名のクリエイターが制作したポスターと、その制作過程を展示するというもの。トークイベントは、前期に展示されている3名のグラフィックデザイナー、鈴木守氏、伊藤桂司氏、澤田泰廣氏が出席、自らのトライアルとオフセット印刷の可能性について語った。

[23:45 6/28]

スタジオジブリに見るデジタルとクリエイティブの付き合い方

26日、日本ヒューレット・パッカードのパーソナル・ワークステーションの新機種の発表会において、アニメーション制作スタジオ「スタジオジブリ」の事例紹介が行われた。同社には、日本HPのワークステーションやネットワーク機器が導入されているという。日本ヒューレット・パッカードのシステムの導入実例という位置づけ。このように、スタジオジブリの制作システムについての発表がマスコミの前でなされるのは初めてとのこと。発表者はスタジオジブリ管理部システム管理室室長北川内紀幸氏だ。発表は、スタジオジブリのアニメーション制作方法の紹介と、ユーザーとして感じているデジタルシステムの問題点について触れた。

[19:35 6/28]

MicrosoftがiView Multimediaを買収 - 「iView MediaPro」などがMSへ

iView Multimediaは27日(現地時間)、同社がMicrosoftに買収されたことを明らかにした。この買収により、デジタル資源管理のためのアプリケーション「iView MediaPro」もMicrosoftに移管されることになる。iView MediaProは、同社の主力製品で、オーディオ、ビデオ、DTPデータ、RAWなど100種類のデジタルフォーマットを管理することができる。

[16:32 6/28]

ナナオ、Adobe RGB対応の22.2型ワイドカラーマネジメント液晶モニタを発表

ナナオは、EIZOブランドのカラーマネジメント液晶モニタ「ColorEdgeシリーズ」の新製品「ColorEdge CG221」を発表した。発売は7月7日より、価格はオープンプライス。予想実勢価格は60万円前後とされている。ColorEdge CG221は22.2型ワイドパネルを採用したプロフェッショナルワーク向けのカラーマネジメント液晶モニタ。ColorEdge CG220の後継モデルでさらに画面全域の輝度、色度の均一性を向上する新開発「デジタルユニフォミティ補正回路」を搭載。より滑らかな階調を表示する新開発の専用カラー補正ASIC(内部16ビット処理、ルックアップテーブルの12ビット化)などを備えた最上位モデルに位置づけられている。

[12:19 6/28]

2006年06月27日(火)

イワタ、ユニバーサルデザインのフォントシリーズ「イワタUDフォント」発表

イワタは26日、ユニバーサルデザインのフォントシリーズ「イワタUDフォント」を発表した。同フォントは松下電器産業と共同で開発したもの。今回発表された書体は、新ゴシック系の「イワタUDゴシック」。同フォントは「表示用」と「本文用」の2シリーズに分かれる。表示用は、主にパネル表示をはじめとした視認性を求められるUIなどに使用されることを想定。本文用は、マニュアルや書類など文章の判読性が求められる媒体での使用が想定されているという。

[21:16 6/27]

Adobe、PixmantecのRAW画像処理技術を取得、Lightroomに利用

米Adobe Systemsは6月26日(米国時間)、デンマークのPixmantecから技術資産を取得したと発表した。Pixmantecは、RAW画像の取り込み・管理・現像処理に必要な一連のワークフローをまとめたポストプロダクションツール「RawShooter」を開発・販売しており、Adobeはその技術を開発中のRAW現像ソフト「Adobe Lightroom」に利用するとしている。

[10:27 6/27]

2006年06月26日(月)

日本HPから、Woodcrest搭載パーソナル・ワークステーション2機種が登場

日本ヒューレット・パッカードは26日、パーソナル・ワークステーション「HP xw6400/CT Workstation」「HP xw8400/CT Workstation」の2機種を発表した。両機種ともに、デュアルコアXeon 5100番台のプロセッサと5000Xチップセットを採用。選択可能なプロセッサは、インテルXeon 5110(1.60GHz)、5130(2.00GHz)、5140(2.33GHz)、5150(2.67GHz)、5160(3GHz)の5種類。7月下旬より順次発売する。

[23:37 6/26]

LAGASHAとのコラボ、帆布製2WAYのPCバッグ「Laboratory #7993」発売

関東金属鋼業は26日、帆布製パソコンバッグ「Laboratory #7993」の販売を開始した。同製品は、同社のPC対応バッグの販売サイト「Carryingcase.net」とトーリンの「LAGASHA」ブランドとのコラボレートモデル。LAGASHAの定番モデルとされる「Laboratory #7395」のデザインはそのままに、PCバッグとしての機能を持たせているとされる。パラフィン加工を施した撥水性の高い10号帆布を使用しており、これは基となった「Laboratory #7395」発売当初のモデルと同じ素材とのこと。現在LAGASHAの「Laboratory」シリーズは、素材にヘリンボンデニムを使用しており、帆布製の「Laboratory #7993」は復刻版バージョンの意味合いもあると言う。

[22:03 6/26]

フォント作成ツール「Fontographer 4.1J for Mac」の販売再開、恒陽社から

恒陽社は26日、Fontlab開発の1byteフォント作成ツール「Fontographer」の国内販売を再開することを発表した。同製品は、Macintosh、Windows用のPostScriptフォント(Type1、Type2、MultipleMaster)とTrueTypeフォントの作成機能を持つ。当面はMac OS9対応の「Fontographer 4.1J for Mac」を、同社のダイレクトオンラインショップからのダウンロード販売のみに限定して行う。

[18:18 6/26]

2006年06月23日(金)

産業用バーチャルリアリティ展開催 - 虚実が入り混じるビジュアル世界

バーチャルリアリティ(VR)関連の製品・技術が一堂に集まる専門展「第14回 産業用バーチャル リアリティ展」が21日、東京ビッグサイトにて開幕した。今年の出展社数は106社で、表示/入力デバイス、モーションキャプチャ、3次元データ生成ツールなどが展示。会期は23日までで、「第17回 設計・製造ソリューション展」「第10回 機械要素技術展」も同時開催される。

[18:51 6/23]

ありそうでなかったアンディ・ウォーホル作品モチーフの時計、SIIから登場

セイコーインスツルは23日、アンディ・ウォーホルの作品のモチーフを文字盤にデザインした時計「アンディ・ウォーホル・ウオッチ・コレクション」を発表した。モチーフとなっているのは、音楽アルバム「The Velvet Underground & Nico」のジャケットデザインに使われたバナナや、代表的なシルクスクリーン作品、牛など。本体ケースには、アンディ・ウォーホルの手描きサインが刻まれている。

[18:26 6/23]

2006年06月22日(木)

AdobeとGoogleが提携--Adobe製品からGoogle Toolbarを同時インストールOKに

米Adobe Systemsは21日(現地時間)、米Googleと提携して、Adobe Systemsの各製品のインストール時に、Googleが提供するブラウザ用ツールバー「Google Toolbar」を、無料で同時インストール可能にする複数年契約を結んだとの発表を行った。詳細な契約金額などは明らかにされていない。

[20:13 6/22]

Creative CommonsとFedora Projectがショートムービーコンテストを共催

Creative CommonsとFedora Projectは20日(現地時間)、ショートムービーの完成度を競う「Open Videoコンテスト」をスタートした。ビデオコーデックとしてオープンソースのOGG Theora、ライセンスには「Attribution-ShareAlike 2.5」の適用が義務付けられる。

[15:53 6/22]

2006年06月21日(水)

WAIがWCAG 2.0リファレンス草案を提供 - 想定技術で表示カスタマイズ可能

ウェブで使用される技術の標準化を行う民間団体W3C内で、ウェブアクセシビリティのガイドラインを策定するWAI(Web Accessibility Initiative)は20日(現地時間)、現在策定中のガイドラインWCAG 2.0(Web Contents Accessibility Guidelines)の要求項目と、それをみたすためのテクニックをまとめたクイックリファレンス草案(英文)を公開した。

[20:25 6/21]

アップルが「Shake 4.1」を発表、5分の1以下の価格に大幅値下げ

アップルコンピュータは20日、プロ向けのビジュアルエフェクト合成ソフトウェア「Shake」のバージョン4.1を発表した。Intel製CPUおよびPowerPCベースのMacにネイティブ対応するUniversalバージョンとなり、価格がこれまでの330,000円から62,000円に大幅に値下げされた。販売開始は6月22日。Shake 4からのバージョンアップは6,000円となっている。

[06:23 6/21]

2006年06月20日(火)

AdobeのFlash担当者に訊く - Flash Player 9とActionScript 3.0何が変わる?

2006年の夏、Adobe Systemsより、Flex 2.0とともにFlash Player 9がリリースされる予定だ。そして、Flash Player 9には、新たにActionScript 3.0が搭載される。そのリリースに先駆けて、Adobe Systems(以下Adobe)のFlash製品担当シニアプロダクトマネージャのマイク ダウニー(Mike Downey)氏が来日した。本稿では、ダウニー氏へのインタビューと同社のサイトで公開されている情報をもとに、Flash Player 9とActionScript 3.0について紹介しつつ、クリエイターや開発者に与える影響を探ってみたい。

[23:22 6/20]

イーフロンティアがShade Gridレンダリングサービスのベータテストを開始

イーフロンティアは20日、同社の3DCG作成ソフト「Shade 8」シリーズのユーザーを対象として、レンダリング用のCPUリソースをインターネット経由で提供する「Shade Gridレンダリングサービス」のベータテストを開始した。サーバリソースとして、Dual Coreでクロック周波数2.4GHzのOpteronを2基搭載したマシンを複数台用意しているとのこと。

[22:48 6/20]

インテリアfor Mac OS Xが3.6に、ウォークスルーアニメーションなどの新機能

インフィニシスは20日、3Dインテリアデザインソフトの最新版「インテリア3.6 for Mac OS X」パッケージ版の販売を開始した。価格は13,440円。同ソフトは部屋の壁を作り、ライブラリからインテリアオブジェクトをドラッグ&ドロップして形状を作成し、レンダリングする機能を持つ。プレゼンテーション用の簡単な室内イメージや、建築パースなどの作成に利用される。主な新機能としては、アニメーションパスに沿って、カメラやオブジェクトを動かして、ウォークスルーアニメーションの作成ができるようになっている。

[20:14 6/20]

2006年06月19日(月)

顔認証技術を用いた顔写真トリミングソフト「FacedePhotoEditor V2.0」発売

NECソフトは、顔認証技術を用いた顔写真トリミングソフト「FacedePhotoEditor」の最新版V2.0の発売を開始した。出荷は7月初旬より行われる。FacedePhotoEditorは、画像中の顔の位置を認識し、その周囲を証明写真のように角版で切り抜く。V2.0の新機能として、新たに、顔写真の明るさ、コントラスト、シャープネス、鮮やかさの自動補正機能や、各パラメータを数値で設定する手動補正機能などが搭載された。

[15:47 6/19]

2006年06月16日(金)

ブログをPDF化して書籍体裁にする無料サービス「mt2pdf」開始

欧文印刷とイーストは16日、ブログを書籍形式のPDFファイルに変換する無料サービス「mt2pdf」を開始した。このサービスは、ブログ構築ソフトウェア「Movable Type」のエクスポート機能で書き出されたデータ(MT形式)を基に、書籍の体裁でPDFデータを作成するもの。長文の投稿(エントリー)があるブログを開設しているパワーブロガーが主なターゲットとされる。

[22:33 6/16]

Adobe、2006年Q2決算 - 前年同期比で利益マイナスも"見通しは明るい"

米Adobe Systemsは15日(現地時間)、2006年第2四半期の決算報告を発表した。売上高は6億3,550万米ドル、前年同期比で約28.1%増の伸びを見せた。一方、今期営業利益は1億4,790万米ドルで同19%減。今期純利益は1億2,309万米ドルで同約18%減となった。また、元MacromediaのCEOで、現在AdobeのWorldwide Field Operations担当取締役Stephen Elop氏が、Adobeから退社することも発表されている。

[18:06 6/16]

2006年06月15日(木)

シックス・アパートとNTTコム、Movable Type 3.3ホスティングサービス発表

シックス・アパートとNTTコミュニケーションズは15日、シックス・アパートのブログ構築ソフトウェア「Movable Type 3.3」と、NTTコミュニケーションズの専用型ホスティングサービスをセットにした「Movable Typeプレミアムホスティング」の提供を発表した。Movable Type 3.3日本語版の27日の出荷に合わせ、6月下旬から提供が開始される。

[20:24 6/15]

コードを書く前と後が大切 - Web Designing Live Seminar / Web標準

Webデザイナーのための専門雑誌「Web Designing」主催、アドミラルシステム後援 / 協賛による「Web Designing Live Seminar / Web標準」が開かれた。Seminarのテーマは「Web標準時代に求められるサイト構築法」。構成は2部立て。前半はWeb制作会社ミツエーリンクスのフロントエンドエンジニア木達一仁氏の講演、後半はミツエーリンクスの技術者4氏が登場し、会場とのQ & Aを含めたディスカッションを行った。その内容をレポートする。

[17:26 6/15]

2006年06月14日(水)

Adobe、ポストプロダクションツール「Adobe Lightroom」のBeta 3を公開

Adobe Systemsは13日(現地時間)、デジタルカメラで撮影したRAWデータの取り込みや管理、加工を行うポストプロダクションツール「Adobe Lightroom」のBeta 3を、同社のサイト「Adobe Labs」で公開した。同ソフトは、Macintosh版の開発が先行しており、今回の公開もMacintosh版のみ。画像処理時に処理効果を元画像と比較できる「Before and After previews」機能、「History」パネル機能などが追加されている。

[19:11 6/14]

2006年06月13日(火)

Movable Type 3.3 日本語版発表 - タギング、ログフィード生成など新機能

シックス・アパートは、ブログソフトウェア「Movable Type 3.3 日本語版」を27日より出荷すると発表した。同製品は、前バージョンのMovable Type 3.2から約1年ぶりのバージョンアップとなる。新バージョン3.3の新機能は、2006年3月に出荷された企業向けブログソフトウェア「Movable Type Enterprise 日本語版」に搭載された機能のいくつかを継承する形になっている。大きく分けると、投稿関連機能、管理関連機能の強化だ。

[22:41 6/13]

2006年06月12日(月)

ウォークマン E シリーズと「digmeout」のコラボブース、銀座ソニービルに登場

6月12日~25日の期間限定で、数寄屋橋交差点に面した銀座のソニービル1階に架空のブックストア「"WALKMAN"×digmeout BOOKSTORE」のブースがオープンした。同ブースは、12日に発売されたソニーのフラッシュメモリ内蔵携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン E シリーズ」と、同じく12日に発売されたアートブック「digmeout 06」の発売を記念して設営されたもの。同ブースでは「digmeout 06」の特別版「digmeout 06 "WALKMAN"限定バージョン」がディスプレイされている。また、オープン初日の12日には、Yamao氏とMonmon氏による京都のライブペインティング・デュオ「DOPPEL」によるライブペインティングが行われた。

[21:28 6/12]

3DCG作成ソフト「Carrara 5 日本語版」最新機能詳細が明らかに

イーフロンティアは、統合型3DCG作成ソフトの最新版「Carrara 5 日本語版」と「Carrara 5 Pro 日本語版」を7月7日に発売する。「Carrara 5日本語版」では作業領域の拡大を中心としたユーザーインタフェースの見直しを行い、ツールバーの収納機能やカスタマイズ可能なキーボードショートカット機能などを追加。「Carrara 5 Pro日本語版」では、エッジツール、サーフェイスツールを追加。シェーディングツリーの各階層におけるプレビュー、透明材質のフルネル効果、光拡散方向が不均等になる材質をシミュレートする異方正ライティングモデルの採用など、さまざまな材質のシミュレーションに対応したとされる。

[18:36 6/12]

世界一有名な無名デザイナー? Googleロゴを描いている"あの人"のデザイン観

世界一有名な無名デザイナー---あるアーティストは、Googleのサイト上のロゴ"Google Doodle"を手がけるDennis Hwang氏をそう形容した。彼の"作品"は署名こそないが、おそらくネット上でもっとも頻繁に変化している企業ロゴのひとつだろう。Hwang氏の初めての来日に合わせてインタビューを敢行。彼の仕事、デザイン観を語ってもらった。

[16:46 6/12]

米AdobeのSpry framework for Ajaxが1.1へ - prototype.jsライクな使い方も

5月11日に発表された、米Adobe Systemsの Ajax向けフレームワーク「Spry framework for Ajax」が早くもバージョンアップ、PreRelease1から1.1となった。バグフィックスや若干の変更ではなく、かなりの機能強化をしてのバージョンアップとなっている。XML処理関連部分で新しい機能拡張が4つ追加。さらに「$()」構文をサポートし、prototype.jpライクな記述が可能となった。

[16:44 6/12]

2006年06月08日(木)

Google、どこでも同じFirefox環境を使える「Google Browser Sync」を公開

米Googleは7日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox 1.5」の各種設定を自動同期する同ブラウザ用のエクステンション「Google Browser Sync」をリリースした。これはFirefoxのブックマーク、履歴、クッキー、パスワード、開いているタブとウインドウの5項目を同期してくれる機能を持つ。会社、自宅、モバイル環境など複数の場所で使われているFirefoxの環境を同一にすることが可能だ。

[19:40 6/8]

2006年06月07日(水)

速攻試用「Movable Type 3.3 Beta 1 日本語版」 - Web 2.0的機能を追加

シックス・アパートは2日、同社のブログソフトの次期バージョン「Movable Type 3.3 Beta 1 日本語版」のベータテストを開始した。まんべんなく機能が強化されているという印象だが、ダイナミックにサイズ変更できる入力フィールド、運用面でのRSSフィード活用、Tag機能の追加など、今話題のWeb 2.0要素をさりげなく採り入れている。本稿では、そうした新機能を中心に、来るべき「Movable Type 3.3 日本語版」の特徴について紹介していこう。

[19:24 6/7]

2006年06月06日(火)

Sony Media Software製ビデオ編集ソフト「Vegas Movie Studio + DVD」登場

イーフロンティアは、ノンリニアビデオ編集とDVD作成機能を搭載した「Vegas Movie Studio + DVD」と「Vegas Movie Studio + DVD Platinum Edition」の2製品を7月7日に発売する。両ソフトは米Sony Media Software開発によるもので、イーフロンティアでの販売は初めてとなる。「Vegas Movie Studio + DVD」は一般ユーザーでも映像や音声の編集を簡単に行えることが特徴。トラブルが発生しやすいDVカメラとPCの接続は、Sonyからの技術提供によって安定動作を可能にしているという。上位モデル「Vegas Movie Studio + DVD Platinum Edition」はHD編集にも対応する。

[19:32 6/6]

2006年06月05日(月)

期間限定、ユニクロ原宿店がキギョウコラボTシャツのミュージアムに変身

企業とのコラボレーションTシャツと、そのデザインのモチーフとなっている商品やサービスが一堂に展示される--そんな美術館仕立ての店舗運営が、ユニクロ原宿店で展開されている。題して「Uniqlo Company Collaboration Museum」。期間は6月1日から30日まで。今回展示されているのは、ユニクロキギョウコラボレーションTシャツ企画に参画している100社・128柄のうち、43社・58柄。

[20:15 6/5]

2006年06月02日(金)

アンテナハウス、XML自動組版エンジン「XSL Formatter V4.0」を発売

アンテナハウスは1日、XSL(XSL-FOとも呼ばれる)で記述されたコンテンツをプリンタへ出力、あるいはPDF形式で出力するXML自動組版エンジン「Antenna House XSL Formatter V4.0」を発売した。新バージョンのXSL Formatter V4.0は、XSL Version1.1の勧告候補に準拠。索引のページ番号が連番であった場合、ページ範囲として書き換えることを可能にする「indexing」、複数の本文領域を設ける「multiple flow」、表がページをまたぐ場合、"続く"や、いったん"小計"を表示する「retrieve-table-marker」に対応しているとされる。

[06:32 6/2]

2006年06月01日(木)

恒陽社、キャリブレーション対応カラー液晶モニタとCMツールのセット発売

恒陽社は5日より、ナナオのキャリブレーションに対応したカラー液晶モニタ「ColorEdge CEシリーズ」と、グレタグマクベス製カラーマネジメントツール「Eye-Oneシリーズ」とのセットモデルの発売を開始する。モニタとカラーマネジメントツールの組み合わせによって全8タイプのセットモデルを用意。同社によれば、別々に購入するより割安な値段設定となっているという。

[22:32 6/1]

2006年05月31日(水)

コーレル、高齢者割引のあるグラフィックソフトパッケージを発表

55歳以上のユーザーは、割引価格でグラフィックアプリケーションが購入できる---こんな試みをコーレルが発表した。対象となっているのは7月7日に発売される「大人の上質 写真アート倶楽部」「はじめて安心 お絵かき画廊(ギャラリー)」の2製品。「大人の上質 写真アート倶楽部」は、同社の製品「Corel Paint Shop Pro X」「Corel Painter Essentails 3」、「はじめて安心 お絵かき画廊」は「Corel Painter Essentials 3」「Corel Photo Alubum 6」のセットパッケージだ。

[21:45 5/31]

2006年05月30日(火)

第23回デザイン・フェスタ - 6,000人の出展者、5万人の来場者の幸福なカオス

「第23回デザイン・フェスタ」が、お台場の東京ビッグサイト(国際展示場)で開催された。創作活動をするクリエイターやアーティストが一堂に介し、作品の展示や販売を行ったり、パフォーマンスを繰り広げる2日間。豊富な写真を元に、会場の熱気をレポートする。

[22:32 5/30]

SketchUpの魅力に迫る - 3Dモデリングにスケッチ工程を生み出した意義

米Googleが3Dソフト「SketchUp」を買収し、手中に収めたのとのニュースには、本当に驚いた。日本ではそれほどメジャーではないソフトだったので、まさかあれほどの大手が目をつけるとは思わなかった。さらに驚いたのは、これを米Googleが無償で公開したことだった。SketchUpを知らない方のために説明しておくと、SketchUpとは、建築物のモデリングに特化した3Dソフトである。鉛筆でサラサラとスケッチでもするかのように、建築物などの3Dモデリングを直感的にできてしまうソフト、それがSketchUpだ。

[20:36 5/30]

セブン-イレブン・ジャパンとコクヨS&Tが共同開発した文房具が新登場

セブン-イレブン・ジャパンとコクヨS&Tは、共同開発したステーショナリーシリーズ「’S(エス)」5種類8アイテムを31日より、全国のセブン-イレブンで発売する。シリーズは、シャープペンシル<’S>、ボールペン<’S>(黒・赤)、蛍光マーカー<’S>(イエロー・ピンク)の筆記用具3種類に加え、スパイラルカバーノート<’S>(B5・A5・A6)、ポケットノート<’S>の5種類。

[19:02 5/30]

2006年05月29日(月)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2006 - オープニング招待作品は「花田少年史」

埼玉県SKIPシティにおいて、7月15日から23日まで開催される予定の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2006」の記者会見が、29日に開かれた。SKIPシティは埼玉県の新産業プロジェクトとして、映像関連産業の集積する国際的な拠点となるべく、2003年にオープンした施設。会期中には、国際コンペティションとなっている長編部門、国内コンペティションの短編部門の一次審査を通ったノミネート作品、およびオープニング招待作品、計24本が上映される。

[20:10 5/29]

アビッド、「Avid Liquid / Liquid Pro」バージョン7.1を6月5日出荷開始

アビッド テクノロジーは、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「Avid Liquid」および「Avid Liquid Pro」の最新バージョン7.1を6月5日より出荷開始すると発表した。6月当初はまず英語版での出荷となり、日本語版は7月下旬の発売予定。日本語版発売までの間、英語版ではキャンペーン価格が適応され、英語版購入者は日本語版へ、無償でアップグレードできる。

[19:13 5/29]

2006年05月26日(金)

WebデザイナーのためのAjaxツール、Adobeの「Spry framework」とは?

米Adobe Systemsは、同社の技術者向けサイト「Adobe Labs」で、5月11日、Ajax向けのフレームワーク「Spry framework for Ajax」を発表した。"JavaScript library for web designers(WebデザイナーのためのJavaScriptライブラリ)"と銘打たれたこのフレームワークを利用すれば、高品質な演出をWebデザイナーが手軽に施すことができる。

[22:02 5/26]

2006年05月25日(木)

米Quark、QuarkXPress 7発売 - 日本語版はどうなる?

米Quarkは23日(現地時間)、New YorkのSoHoでQuarkXPress 7英語版のローンチイベントを行い、同製品の発売を発表した。価格はQuarkStoreで通常版749ドル。QuarkXPress 6と同価格だ。現在、日本語版はQuarkXPress 6.5が最新バージョン。クォークジャパンは次期バージョンの発表時期を明らかにしていないが、日本語版の開発は行っているとしている。

[19:45 5/25]

2006年05月24日(水)

EDIUS Pro version 4新機能速報レポート - 発表会デモのすべて

カノープスは24日、ノンリニアビデオ編集ソフト「EDIUS Pro」シリーズの最新バージョン「EDIUM Pro version 4」を発表した。会場で行われたマルチカメラ編集、タイムリマップ、マルチシーケンスなどをレポートする。

[23:50 5/24]

2006年05月23日(火)

マイクロソフト、Image Digitalシリーズに「Digital Image Pro Plus」追加

マイクロソフトは、デジタル画像整理・編集ソフト「Microsoft Digital Imageシリーズ」から、最上位製品「Microsoft Digital Image Pro Plus」を発表した。発売は6月23日。同製品は、デジタル画像・編集ソフト「Microsoft Digital Image Pro 2006」と、米Pinnacle Systems開発のビデオ編集ソフト「Pinnacle Studio v.10.5」をひとつのパッケージにしたもの。

[20:59 5/23]

「BootCamp」でOTFライセンスはどうなる? - JP2006情報・印刷産業展

「JP2006情報・印刷産業展」が5月18日から20日にかけて、インテックス大阪で開催された。主催者によれば"今年は総合機材展が、JP2006だけ"ということもあって、インテックス大阪の会場は賑わいをみせた。同イベントは、印刷所や製本会社をユーザーとした大規模な機器の展示も多いが、今回は、この展示会からフォントワークス、モリサワ、リョービなど主要フォントメーカーの動向を追ってみたい。

[18:46 5/23]

エプソンダイレクト、Endeavor NT350用デザインフィルムを8種リニューアル

エプソンダイレクトは23日、同社が販売するB5モバイルノートPC「Endeavor NT350」の天板に取り付けるフィルムのデザインをリニューアルした。同社は23日より、直販サイト「エプソンダイレクトショップ」にて受注を開始。順次出荷を行う。デザインフィルム単体の販売はなく、Endeavor NT350を注文する際に、デザインフィルムの柄を指定する。

[18:44 5/23]

2006年05月19日(金)

アップル、ユニバーサル版の「Final Cut Express HD 3.5」を発表

アップルコンピュータは5月18日、エントリー向けビデオ編集ソフトの最新版「Final Cut Express HD 3.5」を発表した。Intel製CPUおよびPowerPCベースのMacにネイティブ対応するUniversal版となったほか、「Dynamic RT」「Soundtrack 1.5」「LiveType 2.1」などの機能強化が行われた。AppleStoreでの価格は29,800円、アップグレード版は9,800円で、5月20日より発売される。

[08:49 5/19]

2006年05月18日(木)

アドビ、Camera Rawプラグイン、DNG Converterの最新版の提供を開始

アドビ システムズは18日より、Adobe Photoshop CS2日本語版、Adobe Creative Suite 2日本語版およびAdobe Photoshop Elements 4.0日本語版に対応するプラグイン、Camera Raw 3.4、Adobe DNG Converter 3.4の提供を開始した。新たに6社8機種のデジタルカメラのRAWデータに対応する。

[21:02 5/18]

VideoStudioがバージョン10へ - HDVカメラ、MPEG-4 HDのキャプチャに対応

ユーリードシステムズは18日、ビデオ編集ソフト「VideoStudio」の新バージョン「VideoStudio 10」を発表した。発売予定日は、6月30日。バージョン10では、HDVカメラからのキャプチャに標準対応。全体的に見ると、同社の上位ソフトで好評とされる機能を取り入れつつ、よりリッチな映像コンテンツの作成を目的とした機能強化がなされている。

[20:51 5/18]

2006年05月17日(水)

富士通、ウェブアクセシビリティ診断ツール群を一斉バージョンアップへ

富士通は18日から、同社が無償で提供するウェブアクセシビリティ診断ツール群をバージョンアップする。公開されるのは、「WebInspector 5.0」「ColorSelector 5.0」「ColorDoctor 2.0」の3ソフト。18日以降に富士通のサイトで無償ダウンロードが始まる。

[21:09 5/17]

キヤノンMJ、名刺の内製化を促進するカラーカードプリンタ「CX320」発売

キヤノンマーケティングジャパンは、カードや名刺を印刷する4色カラーインクジェットプリンタ「CX320」を17日より発売する。製造はキヤノンファインテック。対応OSはWindows 2000 / XP。カラーカードプリンタCXシリーズ中、もっとも安価な普及モデルとなる。長尺ヘッド「2インチラインヘッド」を搭載し、何度もヘッドを往復させる必要がないので、600dpiのカラー名刺印刷が、毎分40枚で可能だという。

[20:31 5/17]

携帯機器向けコンテンツ制作指針にW3Cが着手 - 本公開草案初版が提出される

ウェブ技術に関する標準化、ガイドライン策定を行う団体World Wide Web Consortium(W3C)は16日(現地時間)、携帯機器向けコンテンツ制作のガイドラインとなるDevice Independent Authoring Language(DIAL)の標準化に着手したと発表した。

[19:14 5/17]

2006年05月16日(火)

マイクロソフト、新ClearTypeフォント"メイリオ"に関するセミナーを開催

マイクロソフトは16日、「Windows Vista」におけるフォント環境についてのプレスセミナーを開催した。同フォントは昨年発表されているとおり、JIS X 0213:2004(以下、JIS2004)への対応を謳っている。また、可読性を重視した書体デザインを念頭に開発されていることが特徴。セミナーには、Verdanaフォントの製作者マシュー・カーター氏も登壇し、フォントデザインの重要性を訴えた。

[19:27 5/16]

米MS、Web作成ツール「Expression Web Designer」のCTP版を公開

米Microsoftは、Webサイト作成ツール「Expression Web Designer」のCTP版の無償ダウンロード提供を開始した。今年1月にグラフィックツールの「Expression Graphic Designer」と双方向コンテンツ制作ツールの「Expression Interactive Designer」のCTP版を公開しており、これでExpressionシリーズ3製品のCTP版が出揃った。

[17:12 5/16]

2006年05月15日(月)

Opera本社の装飾を地元で公募開始--壁50平方メートルが作品のキャンバスに

Opera Softwareは、ノルウェー・オスロにある本社改装時の室内装飾のために、ノルウェーのデザイナーを対象に、グラフィフィ・コンテストを開催する。募集期間は6月9日まで。作品はドラフトやスケッチの形で提出し、優勝作品は、同社のメインエントランスの壁(屋外)、約50平方メートルと、4階の従業員用エントランス(室内)の壁のデザインとして採用される。

[21:04 5/15]

ユニクロのキギョウコラボTシャツに、日本ヒューレット・パッカードが登場

ユニクロの「キギョウコラボTシャツ」シリーズに、日本ヒューレット・パッカードが登場した。Tシャツのデザインは、黒地に色とりどりの矢印とHPのロゴが配されたものだ。15日より順次、ユニクロ全国店頭、およびインターネット店・モバイル店にて発売される。定価は1,000円。

[19:10 5/15]

2006年05月11日(木)

データクラフト、素材辞典シリーズに2タイトルを新たに追加

データクラフトは、印刷物、Web制作など商用にも使用できるロイヤリティフリー素材「素材辞典」シリーズから、新たに「素材辞典Vol.170インテリア-フラワー&グッズ編」と「素材辞典Vol.171 夏-ポップ&カラフル編」の2タイトルを発売する。発売日は、「インテリア-フラワー&グッズ編」が5月12日、「夏-ポップ&カラフル編」が6月13日となっている。

[22:10 5/11]

QuarkXPress 7間近 - ユニバーサルバイナリ版のβ1が米で公開

米Quarkのサイトで、5月3日(現地時間)より、「QuarkXPress 7 Universal Binary public beta」の配布が開始されている。このソフトウェアは、G4以降PowerPCベース、Intelチップを搭載したMacの両方にネイティブ対応し、Mac OS X 10.4以降にインストールできる。インストールしてから60日間試用することが可能。サポートは一切ない。

[20:50 5/11]

2006年05月10日(水)

ヤフー、写真編集ソフト「Yahoo!フォト デスクトップアルバム」無料公開へ

ヤフーは10日、写真編集ソフト「Yahoo!フォト デスクトップアルバム」の無料ダウンロードによる提供を開始した。対応OSは、Windows 2000 / XP。画像の一覧表示、サイズ変更、トリミング(切り抜き)、型抜きなどのほか、画像補正、赤目修正などの画像編集機能も持つ。また、「Yahoo!フォト」と連動し、自動的に写真をアップロードすることも可能。オンラインプリント注文もできる。

[20:15 5/10]

2006年05月09日(火)

ダイナコムウェア、DynaFont OpenType新製品、TrueType特別セット6月発売

ダイナコムウェアは「DynaFont OpenType42 手書き風 Plus Standard」と、既存の人気商品「DynaFont TrueType600+欧文3000(優待・乗換キャンペーン版)」に「DynaFont 手書き風書体2」をセットして特別価格で提供する「DynaFont TrueType600+欧文3000 手書き風書体2付き」の2製品を発表した。発売日はそれぞれ、6月2日と6月9日。

[20:34 5/9]

2006年05月08日(月)

アニメーションソフト「うるまでるびペイント」 - アーティスト製ソフトは職人の伝統"自分の道具は自分で作る"

自分がソフトに合わせるなんてイヤ! 自分と相性の合うソフトがないなら、自分好みの新しいアニメーション制作ソフトを作ろう。そんなクリエイターにとっては夢のようなことを、実際に行動に移しているのは、アーティストのうるまでるび氏だ。イラストレーターを職業とするぼくは、この話を聞いて、さっそくおふたりに会いに行った。お話を聞きながら、ソフトを見せてもらうために。

[11:00 5/8]

最強の毛筆シミュレーションソフト現る? MoXiレビュー

香港科技大学のコンピュータ科学学部の博士課程に在籍するNelson Chu氏らによって開発された毛筆ペイントシミュレーションソフト「MoXi」。GPUを使ってリアルタイムに墨汁のにじみを再現できる画期的なソフトだ。一般には公開されていないこのソフトをChu氏に貸与してもらいレビューした。

[11:00 5/8]

2006年04月24日(月)

映画「Dust to Glory」 - 1,600kmレースと4,200時間編集、どちらがタフか?

7月下旬に公開予定の映画「Dust to Glory」(IFC Films配給)の試写会が開かれた。これは、メキシコのエンセナーダで開かれる世界最長のノンストップオフロードレース「Tecate SCORE Baja(バハ)1000」のドキュメンタリーだ。試写会には、デイナ・ブラウン監督、主演兼プロデューサーのマイク・マッコイ氏が舞台挨拶に訪れ、製作の様子などを語った。

[16:22 4/24]

2006年04月21日(金)

Adobe Systems、2006年Q1決算 - 売上高過去最高、利益は対前年同期比減収に

米Adobe Systemsは21日、米マクロメディア買収後初めてとなる2006年第1四半期(2005年12月3日~2006年3月3日)の決算報告を日本でも行った。報告は同社CEOブルース チゼン氏がつとめた。売上高は6億5,550万ドルで、過去最高の金額となり、対前年同期比では39%増の伸びを見せた。一方、営業利益は1億3,000万ドルで、対前年同期比24%減、純利益は1億510万ドルで、対前年同期比31%減。ともにマイナスに転じた。

[20:24 4/21]

2006年04月19日(水)

環境光測定センサー内蔵モニタ測定器を備えたモニタ最適化ツール

恒陽社は19日、グレタグマクベスが開発・製造する自動モニタ最適化ツール「huey(ヒューイ)」の国内販売を発表した。同製品は、USB接続でモニタに取り付けるコンパクトなモニタ測定器と、モニタ調整を行うソフトウェアからなる。店頭発売は26日からの予定だが、同社のダイレクトオンラインショップ「KG Direct」では、19日から先行予約が開始されている。

[20:32 4/19]

2006年04月14日(金)

"紙の物性"への原点回帰"UNBALANCE / BALANCE" - TAKEO PAPER SHOW 2006

「TAKEO PAPER SHOW 2006」が13日から、スパイラルガーデン & ホールで開催されている。会期は15日までで、入場は無料。紙の素性を「パリパリ」「ふんわり」「スケスケ」「ツルツル」「ザラザラ」の5つのキーワードで切り分け、そのキーワードによって収集あるいは制作された紙製品の展示などが楽しめる。"紙の専門商社・竹尾"が主催する。

[13:23 4/14]

DESIGN IT! Conference 2006 Spring - 情報を見つけやすくデザインする

Web開発、コンサルティングを手がけるソシオメディア主催の「DESIGN IT! Conference 2006 Spring - CMSにみるITデザインの可能性 - 」が、秋葉原コンベンションセンターで開催された。中心テーマは「コンテンツマネジメント」。2005年2月末に開催されたプレイベント「DESIGN IT! Pre-Conference 2005」で提示された6つのテーマから、さらに絞り込まれた。また、コンテンツ管理を考えていく上で欠かせない、情報をどのように構築すべきなのかを考える「情報アーキテクチャ」、ユーザーエクスペリエンス(ユーザーの体験)を設計する「インタラクションデザイン」も重要なテーマとして設定されている。

[13:19 4/14]

2006年04月12日(水)

キヤノン、大判インクジェットプリンタimagePROGRAFシリーズ4機種発表

キヤノンは12日、大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF」シリーズの新モデル「iPF9000」「iPF700」「iPF600」「iPF500」を発表した。「iPF9000」は大判写真や展示会用の写真出力などの用途向けで、12色の顔料インクを用いて最大60インチ幅の印刷まで対応できる、同シリーズのフラグシップモデルだ。発表された4モデルは4月下旬から7月にかけて順次発売される予定。

[20:56 4/12]

2006年04月06日(木)

"ジャパンデザイン"世界へ - ミラノサローネにてグッドデザイン賞の50年展

日本産業デザイン振興会は、振興会が主催する「グッドデザイン賞」創設50周年を記念して、イタリア・ミラノトリエンナーレにて、「Japan Design - Good Design Award 50 Years - ジャパンデザイン - グッドデザイン賞の50年 - 」展が、5日より開催されている。会期は10日まで。総合プロデュースは、グッドデザイン賞審査委員長喜多俊之氏。この開催は、世界三大家具見本市のひとつ、ミラノ国際家具見本市(ミラノサローネ)に合わせて行われている。

[20:51 4/6]

エンゲージメントプラットフォームがもたらす未来--Adobeに聞くWeb&ビデオ

去る2月、日本で開催されたAdobe Production Studioのデビューセミナーに合わせて、米Adobe Systems ビデオ/オーディオ部門製品管理担当ディレクターのサイモン・ヘイハースト氏が来日した。今後のAdobeのプロ向けビデオソリューションについて、Adobe OpenHDを中心に、ヘイハースト氏とアドビ システムズ マーケティング本部Web & ビデオ部部長の古村秀幸氏にお話をうかがった。

[15:35 4/6]

2006年04月05日(水)

アドビ、Adobe PDF Print Engineを発表 - パートナー向けにSDKを提供開始

アドビ システムズは5日、Adobe PDFファイルを印刷機器で出力可能にするソフトウェア「Adobe PDF Print Engine」を発表した。同社は、RIP(Raster Image Processor)やプリントプレビュー、プルーフィングソフトウェア、印刷ワークフローシステムなどの開発を行っているOEMパートナー向けに、Adobe PDF Print Engineをソフトウェア開発キット(SDK)として提供する。

[18:24 4/5]

2006年04月04日(火)

活動の新たなステージを迎えたWeb Standards Project

米国テキサス州オースティンにおいて、「South by Southwest Music and Media Conference」が3月中旬に開催された。その会期中に行われたWeb標準を推進する団体「Web Standards Project」(WaSP)の2つのパネルを報告する。W3Cなどで策定された規格に則ったブラウザ開発が進められるよう、MicrosoftのIE開発者など多くのベンダを影から支え続けるWaSPのこれからの活動を追った。

[20:52 4/4]

2006年03月31日(金)

Apple、ユニバーサル版の「Final Cut Studio 5.1」を出荷開始

米Apple Computerは3月30日 (米国時間)、HDビデオ制作用統合アプリケーション「Final Cut Studio」の最新版5.1の出荷開始を発表した。Intel製CPU搭載MacおよびPowerPC搭載Macの両方に対応するユニバーサル版である。Final Cut Studioの登録ユーザーに対しては、49ドルでユニバーサル版にアップグレードできるクロスグレードを用意している。

[10:19 3/31]

2006年03月25日(土)

日本HP、写真家向けインクジェットプリンタを発表 - ハイエンド分野に参入

日本ヒューレット・パッカードは、22日、プロの写真家向けA3ノビ対応のインクジェットプリンタ「HP Photosmart Pro B9180」を、6月中旬から発売すると発表した。高いカラーマネジメント機能を持つのが特徴だ。インクには、耐久性に優れたHP Vivera顔料インクカートリッジを採用。シアン、マゼンタ、イエロー、フォトブラック、ライトグレー、マットブラック、ライトマゼンタ、ライトシアンの合計8色を用いることで、プロフェッショナル写真やファインアートのプリントを実現できるのが大きな特徴とされている。

[00:06 3/25]

2006年03月24日(金)

総務省「ウェブアクセシビリティセミナー」 - 誰もが使えるホームページの実現を

3月9日、総務省にてウェブアクセシビリティセミナーが行われた。このレポートでは、会場でのさまざまな議論を詳細に報告する。今回のセミナーは、2005年12月に公開された「みんなの公共サイト運営モデル」を普及、アクセシビリティの啓蒙を行うことが目的とされている。同サイトは、JIS規格に準拠するための36の検討事項をチェックシートにしたExcelファイルなど「手順書類集」が充実しているのが大きな特徴だ。

[23:39 3/24]

2006年02月28日(火)

Macintosh版が登場! アドビ、「Adobe Photoshop Elements 4.0」4月中旬発売

アドビ システムズは、個人向け画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 4.0 Macintosh版」を4月中旬から発売する。同ソフトのWindows版は、すでに昨年10月に発売が開始されており、Macintosh版は遅れての発売となる。Intel Macへの対応は4.0では行われておらず、プロセッサはPowerPC G3、G4、G5のみの対応。価格は、通常版パッケージ製品が13,440円、通常版ダウンロード価格は8,100円(アドビストア取扱開始は4月中旬以降)。

[20:04 2/28]

2006年01月25日(水)

コーレル、「Corel Painter IX.5 premium」と「Essentials 3」のパックセットを発表

コーレルは「Corel Painter IX.5 premium(コーレル ペインター 9.5 プレミアム)」を2月24日より発売する。合わせて初心者用のペイントソフトである「Corel Painter Essentials 3(コーレル ペインター エッセンシャルズ 3)」の初心者パック2商品も発表された。

[23:29 1/25]

2006年01月16日(月)

アドビからFlash製品発表 - 携帯機器向けのFlash Lite 2.0など

アドビ システムズは、携帯機器・家電組込み向けFlash新製品「Flash Lite 2.0」「Flash Player SDK 7」を発表した。記者会見会場には米アドビ システムズのアジア太平洋地域モバイル&デバイス担当バイスプレジデントを務めるDaniel J.Brongiel氏が来日し、Flashの現状と、新製品について解説した。

[11:16 1/16]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事