マイナビニュース | テクノロジー | ものづくり

関連キーワード

イチオシ記事

XYZの最新3Dプリンタ「ダヴィンチ mini w」を使ってみた

XYZプリンティングは7月22日、家庭用3Dプリンタの新シリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」を発表した。今回、同シリーズの「ダヴィンチ mini w」をいち早く試すことができたので、使用感をレビューしていきたい。

[10:00 7/25]

新着記事

一覧

ソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2」、世界一周飛行を達成

ソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2」が7月26日、出航地のアラブ首長国連邦・アブダビに帰還し、世界一周飛行を達成した。技術協力するダッソー・システムズが発表した。

[14:06 7/26]

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)

注目されているさまざまなジャンルの「モノ」に注目し、そのデザインの意図や仕掛けに迫っていく連載「モノのデザイン」。今回は、カメラレンズメーカー「タムロン」が、デザイン事務所「takram design engineering」との協業によってデザインしたハイエンドモデルレンズ「SPシリーズ」について、制作プロセスなどを伺った。

[09:40 7/26]

新着記事

一覧

サイバネット、CAE解析まで一括提供するリバースエンジニアリングサービス

サイバネットシステム(サイバネット)は7月25日、現物の3次元測定、3次元形状データ化、CAEによる解析までを一括して請け負う「リバースエンジニアリング&CAE 解析」サービスを7月29日より開始すると発表した。

[18:18 7/25]

ダッソー、電磁界解析ソフトウェアの独CSTを買収

仏ダッソー・システムズ(ダッソー)は7月25日、電磁界解析ソフトウェア「CST STUDIO SUITE」を提供する独CSTを買収すると発表した。買収額は約220万ユーロ。取引完了は2016年度第4四半期の予定。

[12:21 7/25]

UEL、「CADmeister V11.0」を発表 - フィレット面成形機能を搭載

日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は7月22日、3D CAD/CAMシステム「CADmeister」の新バージョン「V11.0」の販売を2016年7月下旬から開始すると発表した。

[14:47 7/22]

XYZ、コンパクトな家庭用3Dプリンタ「ダヴィンチ miniシリーズ」を発表

XYZプリンティングジャパンは7月22日、新3Dプリンタシリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」を発表した。

[12:30 7/22]

3Dプリントジュエリーブランド「ZAZAU」でデザイナーが手がけた製品を発売

Creative Smashは、同社が運営する3Dプリントジュエリーのプラットフォーム「ZAZAZU」(beta版)にて、デザイナー・AISATO氏が手がける3Dプリントジュエリーの販売を開始したと発表した。

[12:21 7/22]

モノのデザイン 第6回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(前編)

注目されているさまざまなジャンルの「モノ」に注目し、そのデザインの意図や仕掛けに迫っていく連載「モノのデザイン」。今回は、カメラレンズメーカー「タムロン」が、デザイン事務所「takram design engineering」との協業によってデザインしたハイエンドモデルレンズ「SPシリーズ」について、制作プロセスなどを伺った。

[12:06 7/22]

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート4「精度編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/22]

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート3「サポート編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/21]

エリジオン、燃料電池解析用の自動メッシュ生成機能を開発

エリジオンは7月20日、燃料電池の3D CADデータから、燃料電池専用のシミュレーターに最適なメッシュを自動生成する技術を開発したと発表した。

[06:00 7/21]

【連載特別企画】日本のものづくり最前線! プロトラブズが先駆者と探る 第8回 家電屋としての使命、家庭用燃料電池「エネファーム」 - パナソニック(後編)

パナソニックが製造する家庭用燃料電池「エネファーム」について、前編に引き続き、パナソニック アプライアンス社 スマートエネルギーシステム事業部 燃料電池商品企画部 部長 加藤玄道氏と、日本のものづくりの開発支援を進めるプロトラブズ合同会社 社長 トーマス・パン氏による対談を前後編でお届けする。

[09:30 7/20]

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート2「造形編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/20]

ユカイ工学、ロボットドール「iDoll」シリーズ専用のEDIT機能を公開

ユカイ工学は、同社のコミュニケーションロボット「iDoll(アイドール)」と「ねんどろいど」のコラボレーションモデル「iDoll x Nendoroid」を開発し、ユーザーが自らiDollの動きを作成できるPCソフト「iDoll EDIT」を公開すると発表した。同ソフトは、7月24日に幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2016[夏]」の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 24」ブースなどでデモが実施される。

[12:05 7/19]

握手したくなる"かっこいい"義手を世界に - オープンソースの筋電義手「HACKberry」の現在

今回は、exiii(イクシー) CCO・小西哲哉さんに、筋電義手のオープンソースプロジェクト「HACKberry」の現状について聞いた。

[12:00 7/19]

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート1「ファイル編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/19]

東ソー、フレキシブルディスプレイ用のガスバリア材料 - 性能が従来材の10倍

東ソーは7月15日、画面が屈曲できるディスプレイの品質向上に向けたガスバリア材料「TG-4E」を開発したと発表した。

[15:54 7/15]

ウィンクで撮影するウェアラブルカメラ「BLINCAM」先行予約販売がスタート

クラウドファンディングサイトMakuakeにて、7月14日より眼鏡に装着するウェアラブルカメラ「BLINCAM」の先行予約販売が開始された。

[20:15 7/14]

ゼネテック、「Mastercam 2017」日本語版を7月28日にリリース

ゼネテックは7月14日、3D CAD/CAMシステム「Mastercam 2017」の日本語版を7月28日にリリースすると発表した。

[13:40 7/14]

ヴァイナス、CCNV v2.3を発表 - 強化版OpenFOAM「HELYX」をクラウドで提供

ヴァイナスは7月14日、クラウドやオンプレミスなどのHPCサーバ環境に対応するクラウドコンピュータ利用支援システム「CCNV(Cloud Computing NaVigation system」の最新バージョンとなる「v2.3」の受注を7月15日より開始すると発表した。

[10:30 7/14]

ハサミで好きな形に切ることができる不揮発性ディスプレイ - NIMSが開発

物質・材料研究機構(NIMS)は7月13日、ハサミを使って好きな形に切ることができるディスプレイを開発したと発表した。

[08:00 7/14]

【連載特別企画】日本のものづくり最前線! プロトラブズが先駆者と探る 第7回 家電屋としての使命、家庭用燃料電池「エネファーム」 - パナソニック(前編)

ガスから取り出した水素を使って「発電」し、その排熱で「給湯」する家庭用のシステムが「エネファーム」である。この先進的なシステムはいかにして生まれたのか、パナソニック アプライアンス社 スマートエネルギーシステム事業部 燃料電池商品企画部 部長 加藤玄道氏と、日本のものづくりの開発支援を進めるプロトラブズ合同会社 社長 トーマス・パン氏による対談を前後編でお届けする。

[09:00 7/13]

デジタルインダストリアルカンパニーへの転身を進めるGE - その変化を支えるものとは

製造業大手のGEは現在、デジタルインダストリアルカンパニーを標榜し、IoTを活用したビジネスを推進し、単なるものづくり企業から、ソリューションベンダへと変貌を遂げつつある。そうした変化を支える文化そのものを同社は長年にわたって醸成を行い、そうした姿勢そのものから、新たな発想やビジネスモデル、そしてソリューションを生み出してきた。

[07:00 7/13]

東京ベンチャー図鑑 第1回 ライフロボティクス「ロボット技術で日本の衰退を止める」

「ライフロボティクス」は、"肘のない伸縮アーム"によるシンプルな動作が特徴のコ・ロボット「CORO」を開発・販売するベンチャー企業だ。同社の代表取締役・尹祐根(ゆん うぐん)氏は、ロボットアームの第一人者であり、経済産業省管轄の国内最大規模の公的機関である「産業技術総合研究所」(産総研)の主任研究員という顔も併せ持っている。今回は同社の起業に至った経緯や目指すもの、COROの特徴や役割などについてお話を伺った。

[13:00 7/12]

安藤ハザマ、施工情報の可視化を実現する「3Dパイルビューアー」を開発

安藤ハザマは7月11日、地盤改良や杭工事の施工情報の可視化による出来形・品質の確保と帳簿作成などのデータ管理を省力化することを目的に「3Dパイルビューアー」を開発したと発表した。

[10:41 7/12]

GEの「デジタル・ツイン」は従来のシミュレーションモデルと何が違うのか?

GEジャパンは7月7日、米GE内に点在していたデジタル関連機能を集約した組織「GEデジタル」の報道向け説明会を開催。同説明会ではGEデジタル データサイエンス・エンゲージメント、シェアード・サービスのエグゼクティブ・ディレクターであるアレキサンダー・ロス氏が、製造業におけるデータサイエンスの例としてGEの「デジタル・ツイン」について説明した。

[07:00 7/12]

PTCとISID、低価格・短期間導入を実現したSPMソリューションを発表

PTCジャパンと電通国際情報サービス(ISID)は7月11日、保守部品の需要予測や発注計画を短期間で実現する「PTC SPM LIGHT」の提供を開始すると発表した。

[17:21 7/11]

コマツ、施工現場の地盤リスクを診断する新サービスを開始

コマツは7月8日、応用地質と協業して施工現場の地盤リスクを診断する新サービス「JudGe5」を開始したと発表した。

[18:23 7/8]

OKI、日本アビオのプリント配線板事業を取得 - 2018年3月に移管完了を予定

沖電気工業(OKI)は7月7日、日本アビオニクス(日本アビオ)のプリント配線板事業を取得すると発表した。2016年10月1日より技術・設備移管や各種認定取得などを順次開始し、2018年3月31日までの事業移管完了を目指す。

[17:08 7/8]

CCC、ベンチャー企業向けの協業・支援プログラム「第三期TVP」開催

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、ベンチャー企業向け協業・支援プログラム「T-VENTURE PROGRAM」の第三期を開始することを発表した。エントリー受け付けは8月1日~9月16日で、現在、8月4日より東京・大阪・福岡で実施される説明会のエントリーを開始している。

[12:55 7/7]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>ものづくり)

 トップへ
ものづくり産業に関わるすべての人たちに最新技術やビジネス情報を発信

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン