マイナビニュース | テクノロジー | ものづくり

関連キーワード

イチオシ記事

DMM.make、製造業向けに3Dプリンタを使った運用支援サービスを開始

DMM.makeは23日、3Dプリントの活用を目指す製造業向けに、機構設計と3Dプリントでの試作、試作品の量産化支援、および3Dプリンタを使った運用支援などを提供する「3Dプリントコンシェルジュサービス」を開始した。

[09:43 2/24]

新着記事

一覧

ジェイテクトの技能検定、タイ政府が公認技能評価システムとして採用

ジェイテクトは2月23日、タイにおける自動車部品生産拠点「JTEKT AUTOMOTIVE(THAILAND) (JATH)」にて行ってきた自前の技能検定が評価され、2017年よりタイ政府公認の技能評価システムとして運用されることになったことを明らかにした。

[11:28 2/24]

RSコンポーネンツ、基板CADライブラリ「PCB Part Library」無償提供を開始

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社アールエスコンポーネンツは23日、SamacSys(サマックシス)と協力し、国内外の主要CADフォーマットで利用可能なCADライブラリデータベース「PCB Part Library」の無償ダウンロード提供を開始したことを発表した。

[11:32 2/23]

新着記事

一覧

キヤノンITS、SOLIDWORKS向け業務支援ツール「SOLiShie」の販売を開始

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2月21日、3D CADソフトウェア「SOLIDWORKS」向け設計業務支援ツール「SOLiShie(ソリシエ) for SOLIDWORKS」の提供を開始したと発表した。

[13:32 2/21]

ワコム、電気設計専用CAD「ECAD DCX」シリーズに70万円の新モデルを追加

ワコムは、データベース型電気設計専用CAD「ECAD DCX」シリーズから、70万円という低価格を実現した「ECAD DCX Standard」を発売すると発表した。発売開始は2月24日。

[07:00 2/17]

【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第4回 電力需給解析モデルをMATLAB/Simulinkで構築し、標準化を目指す – 東北大学

電力の供給市場が複雑化している昨今、「いかにして再生可能エネルギーを安定した電力として利用者まで届けるか」というテーマが大きな問題となっていることをご存知だろうか。東北大学 教授(工学博士) 斎藤 浩海 氏は、現代が抱えるこの問題を見据え10年以上前より「電力システムに太陽光や風力がたくさん繋がる時代に、全体の適正な状態をいかにして保つか」をテーマとした研究を続けてきた。

[09:00 2/15]

東京ベンチャー図鑑 第8回 Minimal「カカオの発酵を科学的に研究し、チョコレート作りのレシピに活用」

数年前から欧米では「Bean to Bar(ビーントゥーバー)」と呼ばれる、カカオ豆のセレクトから製造までを自社工房で行うチョコレート専門店が誕生し、一昨年あたりから日本でも見かけるようになった。今回は、渋谷区富ヶ谷にあるビーントゥーバー・チョコレート専門店「Minimal -Bean to Bar Chocolate-」にお邪魔して、代表取締役・山下貴嗣氏に同店のチョコレートの特徴や企業の経緯などについて伺った。

[17:02 2/14]

ダッソー・システムズ、3DEXPERIENCE Labを北米にも展開

ダッソー・システムズは、オープン・イノベーション・ラボとスタートアップ・アクセラレーターから成る「3DEXPERIENCE Lab(3Dエクスペリエンス・ラボ)」を北米でも展開することを発表した。オープン予定は2017年5月。

[15:03 2/14]

【特別企画】Autodesk公認のユーザーコミュニティがmouseの3D CAD向けエントリーモデル「MousePro-S276G-WS」の実力を解説

今回はAutodesk公認のユーザーコミュニティであるAUGIjpの協力を得て、同団体のオフィシャルマシンとなったMousePro-S276G-WS-HGHに関するベンチマークを実施。実際の使用感なども含めてレポートしよう。

[08:30 2/13]

光と熱で構造を変化させるギア分子を開発 - 東大

東京大学(東大)は2月8日、2つの回転子のかみ合いを可逆に切り替えることができるギア分子の開発に成功したと発表した。

[23:12 2/9]

アクの強めなモデラーがSOLIDWORKS 2018の新機能を紹介 - SOLIDWORKS WORLD 2017

SOLIDWORKSの年次イベント「SOLIDWORKS WORLD 2017」は2月8日(現地時間)に最終日を迎えた。同イベントでは、最終日の全体セッションで次期バージョンの新機能を、有名なTV番組や映画をパロディした寸劇で先行公開するのが恒例となっている。本稿では今回のパロディ寸劇の模様と公開されたSOLIDWORKS 2018に搭載予定の新機能の一部を紹介する。

[08:24 2/9]

ストラタシスの最新3Dプリンタやバトル用ロボが登場!SWW2017のブース紹介 - SOLIDWORKS WORLD 2017

3Dプリンタ大手のストラタシスは2月6日(米国時間)、FDM 3Dプリンタの最新シリーズ「F123シリーズ」を発表した。同社はSOLIDWORKSの年次イベントSOLIDWORKS WORLD 2017(SWW2017)に実機を展示。本稿では、ストラタシスをはじめとする出展者ブースの一部を紹介する。

[11:00 2/8]

SOLIDWORKS、ブラウザで動く体験版を発表 - SOLIDWORKS WORLD 2017

SOLIDWORKSは2月7日(米国時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の年次イベント「SOLIDWORKS WORLD 2017」にて、SOLIDWORKS 2017オンライン体験版の提供を開始すると発表した。

[09:00 2/8]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第11回 あらためて学ぶダイレクト モデリングのメリット

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[09:00 2/8]

3Dプリント×DMMのIPを活用した新事業を展開-DMM.makeの新拠点公開

かねてより「DMM.make」ブランド内で3Dプリント事業を展開しているDMM.comが、同業種のアイジェットを完全子会社化した。競合であった両社が統合することで、事業規模の拡大以外にどんなメリットが生まれるのだろうか。本稿では、7日に開催された「DMM.make 3D PRINT TOKYO Factory」の披露会見の様子をお届けする。

[07:00 2/8]

プロトラブズ、CNC切削加工サービスの新材料に「鋼鉄材(SS400)」を追加

プロトラブズは、CNC切削加工サービスで利用できる材料として、2月6日より「鋼鉄材(SS400)」を追加したことを発表した。

[14:59 2/7]

ストラタシス、プロユースのFDM 3Dプリンタ「F123シリーズ」を発売

ストラタシス・ジャパンは7日、FDM 3Dプリンタ「F123シリーズ」を発売した。この新製品は、2月15~17日まで開催される「3D Printing 2017」のストラタシス・ジャパンのブースにて国内初展示され、デジタルモールドなど最新の活用事例とあわせて紹介される。

[12:36 2/7]

SOLIDWORKS、次期バージョンでトポロジー最適化を搭載 - SOLIDWORKS WORLD 2017

SOLIDWORKSの年次イベント「SOLIDWORKS WORLD 2017」が2月5日(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開幕。同イベントの本格スタートとなる2日目の全体セッションでは、CEOのジャン・パオロ・バッシ氏が製品の開発方針について語った。

[10:33 2/7]

SOLIDWORKS World 2017開幕! - 見どころは新機能のチラ見せ

SOLIDWORKSの年次イベント「SOLIDWORKS WORLD 2017」が2月5日~8日(現地時間)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催される。

[06:00 2/6]

流体解析製品のパッケージ化で利便性を向上-アンシス、「ANSYS 18」を発売

ANSYSの日本法人であるアンシス・ジャパンは2月1日、マルチフィジックス解析ツール「ANSYS」の最新リリース「ANSYS 18」を発表。即日、販売を開始した。

[08:00 2/2]

【特別企画】自動車の心臓をつくるための工具とは - タンガロイ名古屋工場が追求する精度

世界の自動車保有台数は2014年に12億台を突破した。地球上の6人につき1台の割合で自動車は普及している(*)。どんな場所でも車のある生活が当たり前になりつつあるいま、国内外の自動車メーカーは、もっと安全に、低燃費に、快適に、と性能を追求し続けている。

[08:00 2/1]

オートデスク、IoT活用でJR東日本コンサルタンツとパートナーシップを締結

オートデスクは1月31日、JR東日本コンサルタンツと、建築/土木業界で用いられているBIM/CIMを活用し、鉄道関連施設の計画、設計、施工から運営、維持管理まですべてのライフサイクルをカバーする新しいワークフローを開発するパートナーシップを締結したと発表した。

[17:26 1/31]

日立産業制御、鋳造シミュレーションシステム「ADSTEFAN Ver.2017」を発売

日立産業制御ソリューションズは1月31日、鋳造シミュレーションシステム「ADSTEFAN」の最新版となる「ADSTEFAN ver.2017」の日本国内向け提供を開始したと発表した。

[12:37 1/31]

三菱電機、短絡電流を検出から13ミリ秒以下で遮断する技術を開発

三菱電機は1月30日、鉄道向け電力供給システムを保護する直流高速度遮断器において、異常時に発生する短絡電流を瞬時に検出して、13ミリ秒以内に遮断する技術を開発したと発表した。

[14:08 1/30]

日通がカブクと業務提携 - 輸送・製造物の保管など物流サービス提供へ

日本通運(日通)とカブク(カブク)は1月27日、3Dプリンタを活用したデジタル製造受託サービスにおける物流分野での業務提携基本合意書を締結したと発表した。

[12:54 1/30]

【特別企画】新幹線からボールペンまで - すべての「つくる」を支えるタンガロイ九州・韮崎工場の真相

日用品や家電・家具、乗り物、建築物まで、ありとあらゆる「もの」をつくるためには、金属を思い通りのかたちにする加工が欠かせない。硬い金属を自在に切り、削り、あるいは穴を開けるためには、素材の4倍以上の堅さを持った工具が必要である。

[08:00 1/30]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第10回 幾何公差って難しくてよくわからない…

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[08:00 1/25]

安川情報システム、工場向けにIoT+ARソリューションを発表

安川情報システムは1月24日、IoT技術にAR技術を組み合わせることで工場内の機器・設備などの情報を効率的に作業者に伝えるARソリューションを発表した。

[10:43 1/24]

モノのデザイン 第17回 "まだ買ったことがない人"に向けたデザインを追求 - ダイキン「ストリーマ空気清浄機 MCK70T / MCK55T」(後編)

近年空気清浄機のデザイン性の向上に力を入れるダイキン工業の取り組みや、新モデルにおけるデザイン上のこだわりについて、同社テクノロジー・イノベーションセンター 先端デザイングループの吉川千尋氏に話を伺った。

[07:30 1/24]

シャープ、深センに研究・開発センターを新設

シャープは1月23日、中国・深センに家電製品の研究・開発センターを新たに設立したと発表した。

[15:24 1/23]

大成建設、建物周辺で発生する暗騒音を再現できる風騒音シミュレータを開発

大成建設は1月23日、「風騒音シミュレータ」を開発し、同社技術センターにおいて本格運用を開始したと発表した。

[14:04 1/23]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>ものづくり)

 トップへ
ものづくり産業に関わるすべての人たちに最新技術やビジネス情報を発信

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事