マイナビニュース | テクノロジー | ものづくり

関連キーワード

イチオシ記事

HPE、製造工場でのアプリ導入を大幅に簡素化するプラットフォームを発表

日本ヒューレット・パッカードは、米ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)が、製造工場におけるアプリケーションの導入を大幅に簡素化し、従来型アプリケーションによる運用とスマートファクトリーアプリケーションによる運用の統合を可能にする新しいプラットフォーム「Express App Platform - Manufacturing」をリリースしたことを発表した。現在、ヨーロッパ、中東、アフリカ各地のHPEから販売されており、グローバルでの販売開始は2017年末を予定している。

[18:18 10/20]

新着記事

一覧

PTC、ThingWorx Studioをアップデート-高い没入感を生み出すAR体験を提供

米PTCは、同社のARテクノロジーであるThingWorx Studioについて、デジタルコンテンツを一般的な物体や面に配置する機能を大幅に向上させ、AppleのARKitおよびGoogleのARCoreに対応したアップデートを発表した。

[15:54 10/20]

三菱マテリアル、中国のテクニカルセンタをリニューアルオープン

三菱マテリアルの加工事業カンパニーは、中国国内の切削加工ユーザーに対する技術サポート強化を目的に、中国天津市の「天津テクニカルセンタ」を移転し、設備を拡充の上、リニューアルオープンし、稼働を開始したと発表した。

[12:27 10/20]

新着記事

一覧

MathWorks、MATLAB/Simulinkの最新版「Release 2017b」を発表

MathWorksは、エンジニアや研究者が簡単にモデルの設計・学習・配布を行えるようになるディープラーニングの新機能を追加した、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新リリース「Release 2017b(R2017b)」を発表した。

[12:02 10/20]

Adobe MAX 2017 基調講演レポート - Creative Cloudに4つの新製品、Adobe Senseiの未来にも言及

10月18日から20日(太平洋夏時間)にかけての3日間、米ネバダ州ラスベガスにおいて、Adobe Systems主催のクリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2017」が開催されている。本稿では、初日の基調講演の模様をお届けする。

[10:34 10/20]

「圧倒的、使用感。」で切削作業を効率化する三菱マテリアル - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、三菱マテリアルは、溝入れ突切りバイト「GWシリーズ」や、高硬度鋼加工用エンドミル「IMPACT MIRACLE シリーズ」などの展示を行っている。

[17:40 10/19]

最新の切削工具でIoT時代のニーズに応える京セラ - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、京セラは高能率刃先交換式ドリル「マジックドリル DRV」などの、新技術・新開発の最新切削工具を出展している。

[13:49 10/19]

「つなげる技術」でスマートファクトリー化を実現するオークマ - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、オークマは、スマートファクトリー化をすすめるための、IoTサービス「Connect Plan」や次世代型超複合加工機などの展示を行っている。

[13:39 10/19]

モノのデザイン 第25回 ルックスはそのままに機能を再設計 - パナソニック ロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RS800」(後編)

パナソニックから10月30日に発売される「RULO MC-RS800」(ルーロ)。2015年3月に初代が発売され、2代目を経た同社のロボット掃除機の最新機種だ。3代目となる新モデルでは、中身の構造を根本から設計し直すなど、大幅な刷新が図られている。後編では、デザイン関連のこだわりを聞いた。

[13:03 10/19]

PTC、AR開発プラットフォームVuforiaの新バージョン「Vuforia 7」を発表

PTCは10月2日、AR(拡張現実)開発プラットフォームであるVuforiaの新バージョン「Vuforia 7」を発表した。新バージョンでは、デジタルコンテンツをより多くの種類のオブジェクトや環境に配置する機能が進化しているのに加え、さらに高度なAR体験をより多くの携帯端末で利用することが可能となった。

[11:37 10/19]

最新テクノロジーでものづくりを支援するアマダ - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、アマダは、「最新テクノロジーによる全工程視点でのモノづくり提案」というテーマで、展示を行っている。

[09:45 10/19]

超硬工具の再研磨も可能にする修正装置を展示する光洋機械工業 - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、光洋機械工業は、参考出展として、工具研削用メタルボンド砥石修正装置「EDT100」の実機デモを行っている。

[08:30 10/19]

ジグ研削盤で30°以上のテーパー研削を可能とした三井精機工業 - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、三井精機工業は、高精度ジグ研削盤「J350G」の新機能ならびに、第3世代に位置付けられる5軸制御立形マシニングセンタ「Vertex55X III」のデモ展示を行っている。

[08:30 10/19]

匠の技を活かすプロ仕様の研削盤を展示するジェイテクト - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、ジェイテクトはIoEソリューション「JTEKT-SignalHop」や、匠の技を活かすプロ仕様と銘打った CNC汎用円筒研削盤「GE3Pi-25 PRO」の展示などを行っている。

[08:30 10/19]

ワイヤ放電加工機でEVの高性能化を支援する三菱電機 - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、三菱電機は、発表したばかりの油加工液仕様中形ワイヤ放電加工機「MX2400」のデモなどを行っている。

[08:00 10/19]

機械学習によるAI活用で、高精度加工を実現するファナック - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、ファナックは、同社が強力に推進しているIoTにより製造の最適化を実現する「FIELD system」の紹介のほか、将来の加工機に搭載されていくことになる機械学習によるAI熱変位補正機能や超精密マシニング系ナノ加工機「FANUC ROBONANO α-NMiA」といった最新技術や装置の紹介を行っている。

[07:30 10/19]

工場の離れた場所からUSB経由で補正値入力を可能にする村田機械 - MECT2017

2017年10月18日から21日にかけて愛知県のポートメッセ名古屋にて開催されている西暦奇数年における国内最大規模の工作機械展「メカトロテックジャパン2017(MECT2017)」において、村田機械は最新製品として、正面型CNCターニングセンサ「MD120」の新バージョンとなる「MD120II」や、平行2軸型CNC旋盤「NW35」の実機展示を行っている。

[07:00 10/19]

公差って何?これだけは知っておきたい3D CAD知識 第20回 3D CADに実装されているチュートリアルを活用しよう!

身の回りにあるものの多くは誰かがCADというツールを使って設計したものです。本連載では、ものづくりに興味があるCAD初心者に向けて「CADとは何か」というところから、CADを扱うときに頻出する専門用語など、CADの基本知識を解説していきます。

[12:58 10/18]

Formlabs、歯列矯正器具完成までの時間を短縮した3Dプリント用レジンを発表

Formlabsは、歯列矯正装置の歯列矯正器具に使用するデスクトップ3Dプリント用の長期使用向け生体適合性レジン「Dental LT Clear」および、サージカルガイドのプリント時間を最大50%短縮した「Dental SG」を発表した。

[10:21 10/18]

BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加

日立製作所は10月17日、IoTプラットフォーム「Lumada」の産業向けソリューションコアを2件追加し、2017年11月より提供を開始すると発表した。

[09:00 10/18]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第132回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(72)HTML5

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 10/17]

モノのデザイン 第24回 ルックスはそのままに機能を再設計 - パナソニック ロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RS800」(前編)

パナソニックから10月30日に発売される「RULO MC-RS800」(ルーロ)。2015年3月に初代が発売され、2代目を経た同社のロボット掃除機の最新機種だ。3代目となる新モデルでは、中身の構造を根本から設計し直すなど、大幅な刷新が図られている。

[09:00 10/17]

熱可塑性CFRPによる自動車用シャシーの製作に成功- 軽量化の低コスト実現へ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、新構造材料技術研究組合(ISMA)の組合員である名古屋大学(名大)ナショナルコンポジットセンター(NCC)と、熱可塑性樹脂と炭素繊維を混練するLFT-D((Long Fiber Thermoplastics-Direct))工法を用いることで、熱可塑性CFRP(炭素繊維強化プラスチック)のみによる自動車用シャシーの製作に成功したことを発表した。

[17:02 10/16]

「SOLIDWORKS 2018」、11月より国内販売 - トポロジー最適化を実装

ソリッドワークス・ジャパンは10月13日、日本国内での「SOLIDWORKS 2018」の販売を、11月1日から開始すると発表した。

[15:08 10/16]

ピクトグラムやポスターなどから東京五輪を一覧できる展示会を開催 - パナソニック

2020年開催のオリンピック・パラリンピック東京大会でオフィシャルスポンサーを務めるパナソニックが10月14日~12月9日まで、東京・有明にあるパナソニックセンター東京で「The Passions~みんなの熱が未来をつくる~」と題した特別企画展を開催する。

[11:51 10/16]

パナソニックらが「次の100年」をベンチャーと考える場「100BANCH」

渋谷駅南口からすぐという好立地にある3階建てのビル。ここには複数のベンチャー企業、グループが集い、それぞれ実現したい企画に取り組んでいる。彼らがあつまる施設の名称は「100BANCH」。パナソニックが2018年に100周年を迎えることを契機に、ロフトワーク、カフェカンパニーが参画したことで生まれた「場」だ。

[15:20 10/13]

製薬業界の丸ごとAI化を目指す取り組みが日本でスタート - VINAS Users Conference 2017

ヴァイナスは10月12日~13日にかけて、都内で同社のユーザー会である「VINAS Users Conference 2017」を開催。基調講演には、京都大学大学院医学研究科の奥野恭史 教授が登壇。「AI創薬の現状と可能性」と題し、同氏が代表を務める創薬コンソーシアムの取り組みを中心に、スーパーコンピュータ(スパコン)や人工知能(AI)などの先端計算技術の創薬への適用に向けた可能性についての紹介を行った。

[07:00 10/13]

時局にあったサポートで、カスタマの最適なパートナーを目指す - VINAS Users Conference 2017

ヴァイナスは10月12日~13日にかけて、都内で同社のユーザー会である「VINAS Users Conference 2017」を開催。初日、開催に際し、挨拶に登壇した同社代表取締役社長の藤川泰彦氏は、「次世代の最適設計とCAEの運用課題に応えるヴァイナスのソリューション」と題し、近年のCAEに対するニーズや、そうした動きに対応するべく進めている自社の取り組みの紹介などを行った。

[17:52 10/12]

ダッソー、インドVECVが「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を採用したと発表

ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は、ムンバイで開催された「3DEXPERIENCE Forum 2017」において、ボルボ・グループとアイシャー・モーターズの合弁会社であるインドのVE コマーシャル・ビークルズ(以下、VECV)が、ダッソーが提供する3DEXPERIENCEプラットフォームを採用したことを発表した。

[12:23 10/12]

ダッソー、「SIMULIA」次期アップデートは2018年第一四半期に - 最新の製品動向を紹介

ダッソー・システムズは10月11日、同社の解析ソフトウェア「SIMULIA」の年次ユーザーイベント「2017 SIMULIA Community Conference Japan」を開催。その中で、同製品の近況報告として、直近の製品ポートフォリオの紹介が行われた。

[09:00 10/12]

ダッソー、米エクサの買収を発表- 3DEXPERIENCEプラットフォームの強化へ

ダッソー・システムズは9月28日、米エクサ・コーポレーション(以下、エクサ)を買収する最終的な合併契約に調印したことを発表した。

[13:52 10/11]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>ものづくり)

 トップへ
日本の製造業の根幹に存在する「ものづくり」。そんな製造業の第一線で活躍するエンジニアたちに、シミュレーションや3Dプリンタ、3D CADの活用などで大きく変わろうとしている現場の情報や技術トレンド、ホットなニュースをお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事