マイナビニュース | テクノロジー | 計測機器 | ヘッドライン(2016)(1ページ目)

ヘッドライン

2016年12月28日(水)

【特別企画】冬の鍋パーティー換気の極意、窓はできるだけ開けた方がいいのか?

冬の食卓の定番メニューと言えば“鍋”。この時期、忘新年会等で家族や友人たちと鍋を囲む機会も多いだろう。しかし、ただでさえ人が集まる空間で換気が気になっている人も多いのではないだろうか。また、参加者の中に喫煙者がいれば、室内の空気環境は大きく悪化してしまう。さらに、鍋からの蒸気や外気との温度差から部屋の窓ガラスが結露するといった懸念点もある。

[08:00 12/28]

2016年12月05日(月)

キーサイト、PXIeモジュール型計測器にサイズや性能の異なる3モデルを追加

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は12月5日、PXIeモジュール型計測器のラインナップに新たにサイズや性能の異なるPXIeシャーシ 3モデルを追加すると発表した。

[10:23 12/5]

【特別企画】「ANSYS AIM」体験で見えたデザインと解析の可能性 - 直感的に構造・流体解析を実現

新製品開発や設計の現場で使われる汎用エンジニアリングシミュレーションソフトウェアや、ソリューションシステムを提供しているANSYS(アンシス)。展開しているさまざまなツールの中でも、構造、流体、熱、電磁界の解析を一元化された環境で行えるよう最適化されたのが「ANSYS AIM」と呼ばれるシミュレーションソフトだ。

[08:00 12/5]

2016年12月01日(木)

テクトロニクス、体積抵抗率・表面抵抗率測定向けソリューションを発表

テクトロニクス(テクトロ)は12月1日、ASTM D257、IEC 60093などの規格に準拠した、高抵抗率測定向けソリューション「KICKSTARTFL-HRMA」を発表した。

[13:33 12/1]

2016年11月30日(水)

テクトロ、レーダ設計向けワイドバンド・シグナル解析ソリューションを発表

テクトロニクス社は11月30日、800MHzのリアルタイム取込帯域と、全帯域での2時間のストリーミング・ストレージ機能をワンソリューションで実現したワイドバンド・シグナル解析ソリューション「RSA7100A型」を発表した。

[13:44 11/30]

2016年11月17日(木)

日本NI、自動運転車の市場に向けたテストソリューションを公開

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は11月17日、自動運転車の市場に向けたテストソリューションの構成要素となる新技術のデモを実施したと発表した。10月25日~27日に米ミシガン州で開催された「Automotive Testing Expo(ATE) USA 2016」で公開された。

[12:09 11/17]

2016年11月16日(水)

オリンパス、工業製品洗浄市場向けコンタミネーション解析システムを発売

オリンパスは11月16日、自動車・航空部品の品質管理に必要な工業規格に対応したコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売すると発表した。

[13:02 11/16]

2016年11月15日(火)

レクロイ、自動車の研究開発強化に向け米国ミシガン州に研究拠点を開設

テレダイン・レクロイは、自動車の研究開発との連携強化に向けた組織「オートモーティブ・ソリューション・グループ」を立ち上げ、米国ミシガン州ファーミントン・ヒルズに拠点となる「オートモーティブ・テクノロジー・センター」を開設したと発表した。

[19:31 11/15]

2016年11月11日(金)

レクロイ、電源レールプローブ「RP4030」とSPMIデコードオプションを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは11月10日、電源レール・プローブ「RP4030」とMIPIシステム・パワー・マネージメント・インタフェースに対応したSPMIデコード・オプションを発表した。

[08:00 11/11]

2016年11月09日(水)

キーサイト、最大1.5THzのネットワーク/スペクトラム解析を実現

キーサイト・テクノロジーは11月9日、Virginia Diodes Inc.(VDI)と連携して、スウェーデンのチャルマース工科大学向けに、1.5THz測定システムを開発したと発表した。

[10:48 11/9]

2016年11月08日(火)

テクトロ、DisplayPortコンプライアンステストを短縮する新ソリューション

テクトロニクスは11月8日、従来のDisplayPortソリューションに比べて、コンプライアンス・テストの所要時間を大幅に短縮する、新しいDisplayPort Type-Cトランスミッタ・テスト・ソリューション「Opt. DP12 DisplayPort1.2ソース自動テスト・ソリューション」を発表した。

[15:26 11/8]

2016年11月07日(月)

テクトロ、ONFIフラッシュ・メモリ規格用テスト・ソリューションを発表

テクトロニクスは11月7日、ONFI(Open NAND Flash Interface)フラッシュ・メモリ規格用テスト・ソリューション「TEK-PGY-ONFI ONFIテスト・ソフトウェア(TEK-PGY-ONFIソフトウェア)」を発表した。

[16:02 11/7]

2016年10月26日(水)

ITとOTの融合には業界を超えた連携が重要 - NIDays 2016

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月26日、同社の「LabVIEW」を中心としたNIプラットフォームベースアプローチを活用した、最新システムや業界動向などを紹介するイベント「NIDays 2016」を開催。併せてプレス向け説明会を開催し、同社のIoTに向けた取り組みとして、他社との連携によるソリューション活用の紹介などを行った。

[18:28 10/26]

テクトロ、最大3kVの完全自動・高速ウェハレベルのテストシステムを発表

テクトロニクス(テクトロ)は10月26日、ケースレーのS540型パワー半導体テスト・システムを発表した。

[14:32 10/26]

2016年10月17日(月)

キーサイト、3Hz~110GHzまで1台で測定可能なシグナル・アナライザを発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は10月17日、最大解析帯域幅5GHzで110GHzまでの周波数カバレージを実現したシングル・アナライザ「N9041B UXA Xシリーズ」の販売を開始した。

[09:30 10/17]

2016年10月14日(金)

NI、IEEE 802.11ad対応新テストソリューションのテクニカルプレビュー版

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月14日、IEEE 802.11ad(WiGig)に対応した新テストソリューションのテクニカルプレビュー版を発表した。

[13:09 10/14]

2016年10月11日(火)

日本NI、Astronics Test Systemsと共同開発の航空宇宙分野向けPXI計測機器

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月11日、Astronics Test Systems(ATS)社が共同で開発したデジタルテスト計測器「Astronics PXIe-6943」、ルビジウムクロック発生器「Astronics PXIe-3352」、パルスパターン発生器「Astronics PXIe-1209」を発表した。

[16:24 10/11]

2016年10月06日(木)

ADLINK、エントリレベルのPXI/PXIeプラットフォームを発表

ADLINK Technologyは、PXI検査システムのスタートアップ・ユーザー向けのエントリレベルのPXIプラットフォーム「PXI-3930」およびPXI Express(PXIe)プラットフォーム「PXES-2301/PXIe-3935」の3製品を発表した。

[17:03 10/6]

2016年10月05日(水)

日本NI、テスト管理ソフト「NI TestStand」最新版を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は10月5日、テスト管理ソフトウェア「NI TestStand」の最新版「NI TestStand 2016」を発表した。

[15:00 10/5]

2016年09月29日(木)

キーサイト、802.11ad送受信テストソリューションの販売を開始

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は9月29日、802.11ad送受信テストソリューションの販売を開始すると発表した。

[16:08 9/29]

2016年09月15日(木)

アンリツ、光ネットワーク用測定器「MT1000A」用3波長OTDRモジュール

アンリツは9月15日、光ネットワーク用測定器「ネットワークマスタ プロ MT1000A(MT1000A)」の測定モジュールとして、新たに「OTDRモジュール(1310/1550/1625 nm SMF) MU100022A(MU100022A)」の販売を開始した。

[14:52 9/15]

2016年09月01日(木)

レクロイ、分解能10ビットで4GHz/40GSpsを提供する高精度オシロを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは9月1日、計測条件に合わせて垂直分解能を自動的に最適化し高分解能を提供するHD1024高精度テクノロジを採用した高精度オシロスコープ「HDO9000シリーズ」を発表した。

[11:46 9/1]

2016年08月30日(火)

テクトロ、初心者向け機能が充実の新パラメータ・アナライザを発表

テクトロニクスは8月30日、半導体デバイス、センサー、材料、パッシブ/アクティブ部品などの電気特性評価を行うパラメータ・アナライザ「ケースレー4200A-SCS(4200A-SCS)」および、4チャンネルIV/CVスイッチ・モジュール「ケースレー4200A-CVIV(4200A-CVIV)」を発表した。

[11:00 8/30]

2016年08月24日(水)

日本NI、教育用プラットフォームに制御モジュールを追加

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月24日、教育用プラットフォーム「NI ELVIS(Educational Laboratory VirtualInstrumentation Suite)」の製品ファミリに「NI ELVIS RIO Control Module(制御モジュール)」を追加すると発表した。

[12:36 8/24]

テクトロニクス、「今まで見えなかった信号」を可視化できるプローブを発売

テクトロニクスは8月24日、IsoVu光アイソレーション技術(IsoVu技術)を採用した初めての製品「TIVMシリーズ光アイソレーション型差動プローブ」の販売を開始すると発表した。

[11:00 8/24]

2016年08月18日(木)

キーサイト、高性能PXI/AXIeモジュール計測機器のラインアップを拡大

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は8月18日、高性能PXIおよびAXIeモジュール型計測器とリファレンスソリューションのラインナップを拡大すると発表した。

[11:59 8/18]

2016年08月09日(火)

アジレント、GC/MS向けのセルフクリーニングイオン源「JetClean」を発表

アジレント・テクノロジー(アジレント)は8月9日、同社のガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)向けに、装置性能悪化の原因となるマトリックス等の蓄積物を自動除去する機能を搭載したイオン源「Agilent JetClean セルフクリーニングイオン源」を発表した。

[10:31 8/9]

2016年08月05日(金)

日本NI、ハイエンドATEと同等のデジタル機能を実現するPXI製品を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月5日、デジタルパターン計測器「NI PXIe-6570」とパターンエディタ「NI Digital Pattern Editor」を発表した。

[11:46 8/5]

2016年08月04日(木)

日本NI、Massive MIMO対応アプリケーションフレームワークを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月4日、MIMO通信システムの試作に特化したソフトウェアリファレンスデザインとしては世界初となる、MIMOアプリケーションフレームワークを発表した。

[12:13 8/4]

キーサイト、高精度な低周波ノイズ測定が可能な1/fノイズ・RTN測定システム

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は8月4日、高速、高精度かつ、再現性が高い低周波ノイズ測定が可能な1/fノイズ・RTN測定システム「Advanced Low-Frequency Noise Analyzer(A-LFNA)」を発表した。

[10:20 8/4]

テクトロ、大型ディスプレイ採用で水平15div表示可能な新ベーシックオシロ

テクトロニクスは8月3日、ベーシック・オシロスコープの新製品「TBS2000」シリーズを発表した。

[08:00 8/4]

2016年08月03日(水)

日本NI、オープンアーキテクチャベースのターンキー方式HILシミュレーター

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月3日、オープンなモジュール式のアーキテクチャをベースに構築したターンキー方式のHILシミュレーターを発表した。

[16:55 8/3]

2016年08月02日(火)

NI、新たなチャンネルワイヤ機能を追加したLabVIEW 2016を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月2日、システム開発ソフトウェアNI LabVIEWの最新版「LabVIEW 2016」を発表した。

[11:36 8/2]

2016年07月29日(金)

直流電流をクランプ型センサで精密に測定できるポータブル電流計 - 産総研

産業技術総合研究所(産総研)は7月28日、60Aまでの直流電流をクランプ型センサで精密に測定できるポータブル電流計を開発したと発表した。

[10:31 7/29]

2016年07月19日(火)

キーサイト、ネルセシアンCEOがアジレントから分割後初めての来日 - 「日本では5Gがチャンス」

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は7月14日~15日、東京・丸の内にてプライベートイベント「Keysight World 2016」を開催した。今回、同イベントの開催に合わせて、米国本社から来日したロン・ネルセシアン 社長兼CEOにインタビューする機会を得た。

[13:00 7/19]

オリックス・レンテック、10GbE対応パケットキャプチャ装置をレンタル開始

オリックス・レンテックは7月14日、東陽テクニカ製の高速通信データ解析装置「Synesis Portable 10G」のレンタルサービスを開始したと発表した。

[07:00 7/19]

2016年07月15日(金)

NIMS、真空やイオン化を必要としない新たな質量分析法を開発

物質・材料研究機構(NIMS)は7月14日、従来法とはまったく異なる質量分析法「流体熱力学質量分析(Aero-Thermo-Dynamic Mass Analysis:AMA)」の開発に成功したことを発表した。

[15:23 7/15]

2016年07月13日(水)

日本NI、従来比5倍の帯域幅と33%の設置面積削減を実現した第2世代VSTを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は7月13日、ベクトル信号トランシーバ(VST)の第2世代品として「NI PXIe-5840」を発表した。

[14:59 7/13]

2016年07月12日(火)

キーサイト、5G候補波形の校正・信号作成/解析用ソフトウェアを発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は7月12日、5G候補波形の校正、信号作成、信号解析用のオールインワンソフトウェア「5G広帯域信号 最適化ソフトウェア」を発表した。

[10:59 7/12]

2016年07月08日(金)

日本NI、測定感度が10fA/電圧出力が最大200VのSMU「NI PXIe-4135」

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は7月7日、測定感度が10fA、電圧出力が最大200VのSMU「NI PXIe-4135」を発表した。

[12:54 7/8]

2016年06月30日(木)

【特別企画】夏本番! BBQだ! ビールだ! 飲み物をてっとり早く冷やす方法は!? 流体解析で徹底検証

夏がやってきた! 夏といえば……そう、ビールが一番おいしく飲める季節である! 特にキャンプやBBQ、花火大会など野外で飲む機会も増えることだろう。そんなとき課題になるのがビールの「冷やし方」ではないだろうか。今回はそんなぬるくなってしまったビールをてっとり早く冷やす方法について検証したい。

[09:00 6/30]

2016年06月28日(火)

産総研、1000℃付近の高温域で高精度に温度測定できる白金抵抗温度計を開発

産業技術総合研究所(産総研)は6月27日、1000℃付近の高温域で高精度に温度測定ができる白金抵抗温度計を開発したと発表した。

[08:00 6/28]

2016年06月24日(金)

NTTドコモが進める2020年に向けた5G開発の現状 - Keysight 5G AKIBA Summit 2016

キーサイト・テクノロジーは2016年6月10日、5Gの実用化に向けた最新の技術動向や開発に向けた計測器/手法などの紹介を行うイベント「Keysight 5G AKIBA Summit 2016」を開催。基調講演に登壇したNTTドコモが、2020年のサービスインに向けた開発ロードマップを示した。

[08:00 6/24]

2016年06月23日(木)

オリックス・レンテック、熱設計に活用できる小型測定器のレンタルを開始

オリックス・レンテックは6月22日、山洋電気の「San Aceエアフローテスター」のレンタルサービスを開始すると発表した。

[21:08 6/23]

2016年06月17日(金)

TED、高精度・高速計測が可能な光コム方式の三次元形状測定器を販売開始

東京エレクトロンデバイス(TED)は6月16日、光コム方式の三次元形状測定器「OPTED」の販売を開始したと発表した。

[12:09 6/17]

2016年06月14日(火)

アジレント、トリプル四重極ICP-MSの新製品 - 感度2倍、ナノ粒子にも対応

アジレント・テクノロジー(アジレント)は6月14日、トリプル四重極ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)の新モデル「Agilent 8900」を販売開始したと発表した。

[16:35 6/14]

2016年06月08日(水)

島津製作所、高速液体クロマトグラフ質量分析計のミドルエンドモデル発表

島津製作所は6月7日、高速液体クロマトグラフ質量分析計「LCMS-8045」を発表した。

[11:35 6/8]

2016年05月25日(水)

テクトロ、アナログ/任意/デジタルを統合した3in1波形ジェネレータを発表

テクトロニクス社は5月25日、アナログ、任意波形、デジタルパターンのジェネレータを統合した3in1の波形ジェネレータ「AWG4000シリーズ」を発表した。

[18:02 5/25]

2016年05月16日(月)

キーサイト、オシロスコープ用CXPIトリガー・デコードオプションを発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は5月13日、オシロスコープInfiiniiVision 3000T Xおよび4000Xシリーズ用のCXPI(Clock Extension Peripheral Interface)トリガー・デコードオプションを2016年7月より発売すると発表した。

[12:24 5/16]

2016年05月12日(木)

島津製作所、S/N比3万:1の赤外顕微鏡 - 不良箇所を最大20カ所自動認識

島津製作所は5月12日、30000:1のS/N比で測定が可能な赤外顕微鏡「AIM-9000」を発売したと発表した。

[13:54 5/12]

2016年04月22日(金)

阪大など、X線ナノビームの集光スポットサイズを自在に制御することに成功

大阪大学(阪大)、北海道大学、理化学研究所は4月22日、ビームサイズを自由自在に制御できるX線ナノビームの形成に成功したと発表した。

[18:43 4/22]

2016年04月20日(水)

島津製作所、紫外可視分光光度計を発売 - 測光繰り返し精度/迷光性能が向上

島津製作所は4月20日、紫外可視分光光度計「UV-1850」を発売したと発表した。

[19:32 4/20]

2016年04月12日(火)

テクトロ、DUTとオシロの光絶縁を可能にする新技術を発表

テクトロニクスは4月12日、電気-光センサを使用したDUT(Device Under Test)とオシロスコープの完全なガルバニック絶縁を可能にした新技術「IsoVu」を発表した。

[12:12 4/12]

2016年04月11日(月)

NIの社長兼CEO・Dr. Truchardが来日 - 「LabVIEW」は計測業界のiOSを目指す

National Instruments(NI)は今年、設立40週年を迎えた。また、同社の計測ソリューション「LabVIEW」も発表後30周年ということで、2016年はNIにとってまさしく節目の年といえる。そんな節目の年に同社の社長兼CEOのDr. James Truchard(Dr. Truchard)が来日。文字通りNIの生き字引きである同氏はこれまでの歩みを振り返りつつNIの今後の方向性について語った。

[16:10 4/11]

キーサイト、光パワー+17dBm超のハイパワー波長可変レーザー光源モジュール

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は4月11日、ハイパワー波長可変レーザー光源モジュール「81602A」および「8160xAファミリー波長可変レーザーモジュール」の新しい波長オプションを発表した。

[12:14 4/11]

2016年04月08日(金)

キーサイト、柔軟性に優れたモジュール型無線機テスト用ソリューション

キーサイト・テクノロジーは4月8日、公共/業務用無線から航空宇宙通信/軍事通信まで対応可能なアナログ/デジタル無線機テスト・リファレンスソリューションおよびM9560A 無線機テスト用オーディオライブラリを発表した。

[14:32 4/8]

2016年04月07日(木)

レクロイ、タブレット感覚で操作可能なデジタルオシロを発表

テレダイン・レクロイは4月7日、デジタル・オシロスコープの新製品「WaveRunner 8000シリーズ」を発表した。

[06:00 4/7]

2016年04月06日(水)

成長はNIのDNAの一部 - 日本NIの新代表が語ったこれからの戦略

日本ナショナル・インスツルメンツ(日本NI)は4月5日、記者会見を行い、4月1日付で新たに代表取締役に就任したコラーナ マンディップ シング氏が今後の抱負などを語った。

[07:00 4/6]

2016年04月05日(火)

日本NI、半導体テスト向けテスト管理用ソフトをリリース

日本ナショナルインスツルメンツは4月5日、半導体テスト向けテスト管理用ソフトウェア「TestStand Semiconductor Module」を発表した。

[20:44 4/5]

テクトロ、4K配信への移行を支援するHEVCテスト・ソリューションを発表

テクトロニクスは4月5日、ケーブルテレビ事業者などの4Kへのスムーズな移行を支援する、MTS4000型MPEGテスト・システムとMTS4SAV3テスト・プラットフォームのためのHEVCテスト・ソリューションを発表した。

[15:19 4/5]

テクトロ、NBASE-T対応自動コンプライアンス・テスト・ソリューション

テクトロニクスは4月4日、NBASE-T仕様と最新のIEEE 802.3bz規格に対応した自動コンプライアンス・テスト・ソリューションを発表した。

[15:04 4/5]

キーサイト、最小100pAレベルの微小電流を測定できる新アナライザを発表

キーサイト・テクノロジーは4月5日、ローパワーデバイス評価用の新しいカテゴリの計測器としてデバイス電流波形アナライザ「CX3000シリーズ」を発表した。

[13:36 4/5]

2016年03月30日(水)

東陽テクニカ、非接触式の自動車ホイール/エンジン挙動計測システムを発売

東陽テクニカは3月30日、米EZ Metrologyの自動車ホイール/エンジン挙動計測システム「EZ Motion2」を4月1日より販売すると発表した。

[18:43 3/30]

アンリツ、狭帯域での測定性能を重視したスペアナを発表

アンリツは3月30日、スペクトラムアナライザの新製品「シグナルアナライザ MS2840A(MS2840A)」を発表した。

[18:11 3/30]

ローデ・シュワルツ、ゾーン・トリガ機能を新搭載したデジタルオシロ

ローデ・シュワルツ・ジャパンは3月30日、研究開発向けデジタル・オシロスコープの新製品「R&S RTO2000」を発売した。

[15:00 3/30]

2016年03月29日(火)

テクトロ、ハイブリッドSDI/IPメディア解析プラットフォームを発表

テクトロニクスは3月29日、ハイブリッドSDI/IPメディア解析プラットフォーム「Prism」を発表した。

[18:06 3/29]

2016年03月24日(木)

アンリツ、1台の無線テスタでLTE 4x4 MIMO 2CCs評価を実現

アンリツは3月24日、ラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」用LTE 4x4 MIMO DL測定ソフトウェアとLTE-Advanced DL CA 5CCs測定ソフトウェアの販売を同日より開始すると発表した。

[18:21 3/24]

2016年03月23日(水)

テクトロ、IoTにおける課題を解決するリアルタイムスペアナ2製品を発表

テクトロニクスは3月23日、USBリアルタイム・スペクトラム・アナライザの新製品「RSA5000シリーズ(RSA500)」「RSA600シリーズ(RSA600)」を発表した。

[12:00 3/23]

2016年03月17日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第12回 最終章(まとめ) 無線組込み機器設計の手順

今回が連載の最終回になります。はじめて無線組込み機器の設計をするエンジニアの皆さんが、現場で自信を持って設計作業を進めるために必要な基礎知識を、連載第1回から無線技術知識、電波法規知識、そして計測の知識に分類してお伝えしてきました。最終回では、設計開発から製造出荷後の品質保証までの仕事の流れに沿って、無線組込み機器設計の手順を紹介します。

[08:00 3/17]

2016年03月16日(水)

テクトロ、信号損失を最小限に抑制するオシロスコープ用プローブの新製品

テクトロニクスは3月16日、オシロスコープ用プローブの新製品「P7700シリーズTriModeプローブ(P7700シリーズ)」を発表し。

[12:00 3/16]

2016年03月07日(月)

アンリツ、Thunderboltレシーバ・テストソリューションを開発

アンリツは、同社のシグナル・クオリティ・アナライザ「MP1800Aシリーズ」とGranite River Labs(GRL)が開発したMP1800A用キャリブレーション/レシーバ・テスト・ソフトウェア「GRL-TBT3-RXA」によるThunderboltレシーバ・テストソリューションを開発したことを明らかにした。

[19:21 3/7]

島津製作所、誘導結合プラズマ質量分析計「ICPMS-2030」発売

島津製作所は3月7日、誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)「ICPMS-2030」を発売したと発表した。

[14:36 3/7]

2016年03月03日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第11回 フィールド・トラブルの原因究明

設計が完了して製品を出荷した後、フィールドで故障や誤作動などのトラブルが発生すると、原因の切り分けと対策が急務になります。無線組込み機器の場合は外来環境ノイズや自分以外の無線電波などの影響が原因となることが多いので、観測には通常はスペアナなどの測定機器を使用しますが、時々散発的に通信障害や誤作動が発生する場合は原因の発見や特定が難しくなります。

[08:00 3/3]

2016年02月29日(月)

キーサイト、RFシミュレーション/回路生成ソフト「Genesys 2015」を発表

キーサイト・テクノロジーは2月29日、RFシミュレーション/シンセシス(回路生成)ソフトウェア「Genesys 2015」最新版を発表した。

[20:13 2/29]

2016年02月22日(月)

ADIとCP、食品や薬品などの成分分析ができるIoTプラットフォームを共同開発

米アナログ・デバイセズ(ADI)と米Consumer Physics(CP)は2月18日(現地時間)、食品、植物、薬品、化学物質、人体、その他さまざまな物質を包含する液体および固体の分析を可能にする、個人および産業向けのIoTプラットフォームを共同開発していくことを発表した。

[11:56 2/22]

2016年02月18日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第10回 机上での無線組込み設計評価 その(2)

近接界プローブはノイズの発生源を特定するために、探索の用途で主にスペアナに接続されて使用されます。認証サイトの3m法や10m法の試験で不合格になった場合に、問題のノイズが製品のどの箇所から発生しているのか、実験室の机上で探索作業を行って、原因となる箇所や部品を特定することができます。

[07:00 2/18]

2016年02月15日(月)

キーサイト、Xシリーズ シグナルアナライザを刷新-全機種タッチ操作に対応

キーサイト・テクノロジーは2月15日、同社のシグナルアナライザ「Xシリーズ」を刷新し、全機種にマルチタッチユーザーインタフェース(UI)などを搭載した新ラインアップを発表した。

[16:27 2/15]

2016年02月08日(月)

キーサイト、リアルタイムオシロ用クロストーク解析アプリケーション

キーサイト・テクノロジーは2月8日、リアルタイムオシロスコープ用のN8833Aおよび N8833Bクロストーク解析アプリケーションを発表した。

[22:08 2/8]

2016年02月05日(金)

キーサイト、マルチチャネルBERTソリューション「M8030A」を発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は2月5日、14スロットAXIeメインフレームをベースとした、マルチレーンテスト用のビットエラーレートテスト(BERT)ソリューション「M8030AマルチチャネルBERT」を発表した。

[17:34 2/5]

2016年02月04日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第9回 机上での無線組込み設計評価 その(1)

設計開発した無線組込み機器を製品として出荷する為には、電波法の技適規制値や、EMI/EMCノイズ規制値をクリアしなければなりませんが、試験は公的に認可を受けている認証サイトに設計開発した製品を持ち込んで、有償で評価試験を行います。

[08:00 2/4]

ZMP、センチオーダーの位置計測が可能なシステムの最新ソフトウェアを発売

ZMPは2月3日、センチオーダーの位置計測が可能な高精度位置計測システム「RTK Position-Z」の最新ソフトウェアをリリースしたと発表した。

[07:00 2/4]

2016年02月02日(火)

テクトロ、新たなブランド戦略を策定 - 24年ぶりにロゴマークを刷新

テクトロニクス社は2月2日、米国本社の創立70周年(1946年2月2日創立)を機に新たなブランド戦略を策定したほか、併せて24年ぶりに企業ロゴを刷新したことを明らかにした。

[15:36 2/2]

2016年02月01日(月)

キーサイト、M8195A 65GSa/s任意波形発生器のアナログ帯域幅を25GHzに拡大

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は2月1日、M8195A 65GSa/s任意波形発生器(AWG)のアナログ帯域幅を20GHzから25GHzに拡大したことを発表した。

[18:06 2/1]

2016年01月29日(金)

キーサイト、ADSチャネルシミュレータ用のPAM-4機能を発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は1月28日、近日リリース予定のAdvanced Design System(ADS) 2016でADSチャネルシミュレータ用の4値パルス振幅変調 (PAM-4)機能に対応すると発表した。

[05:30 1/29]

キーサイト、ADS用の新SI/PIソリューションを発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は1月28日、シグナルインテグリティ(SI)およびパワーインテグリティ(PI)に取り組むエンジニアに向けた電磁界(EM)解析ソフトウェアソリューション「SIPro」と「PIPro」の販売を2月より開始すると発表した。

[05:00 1/29]

2016年01月28日(木)

日本NI、オールインワン計測器「VirtualBench」の新バージョンを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は1月28日、ソフトウェアベースのオールインワン計測器「VirtualBench」の新バージョンを発表した。

[16:57 1/28]

2016年01月27日(水)

ケースレー、「2380シリーズ・プログラマブルDC電子負荷ファミリ」を発表

ケースレーインスツルメンツは1月27日、パワー・テスト/測定ソリューション「2380シリーズ・プログラマブルDC電子負荷」を発表した。

[16:13 1/27]

2016年はIoTとデータの爆発的増加が主要テーマに - NIが技術トレンドを分析

National Instruments(NI)の日本法人である日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は1月26日、同社3回目となる年次レポート「NIトレンドウォッチ2016」を発表した。

[10:00 1/27]

2016年01月21日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第8回 アナログ変調信号とデジタル変調信号

製品に組み込む無線モジュールの機種選定をする場合、エンジニアは複数のベンダーから無線モジュールを取り寄せて、単に価格が安いだけではなく、価格・性能比を評価しなければなりませんが、比較評価の重要な項目に変調精度の評価があります。

[08:00 1/21]

2016年01月18日(月)

産総研、常温で微弱なテラヘルツ波パワーを測定できる高感度センサーを開発

産業技術総合研究所(産総研)は1月18日、常温で微弱なテラヘルツ波パワーを高感度で測定できるセンサーを開発したと発表した。

[18:46 1/18]

【特別企画】アクティブラーニングで育てる、独創的な人材 - 「大阪大学 e-square」の教育とは

独創的な人材を発掘するための教育に取り組む「大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー」(通称:e-square)では、実践型教育プログラムの一環としてナショナルインスツルメンツ(NI)の「LabVIEW」を採用した授業を2014年度より開講している。学生自らが能動的に学ぶ“アクティブラーニング”の場を提供し、企業の現場で役に立つ実践的なプログラミングと制御の基礎知識を身につけることが目的だ。

[10:00 1/18]

2016年01月14日(木)

ケースレー、パワーデバイスの特性評価に適したSMUの新製品を発表

ケースレーインスツルメンツ(ケースレー)は1月14日、パワーデバイス/モジュールの特性評価に適したソースメータ(SMU)の新製品「2461型」を発表した。

[19:12 1/14]

2016年01月07日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第7回 スペアナの種類と測定の基礎 その(2)

無線組込み機器設計ではスペアナなどの測定機器が活躍しますが、測定機器はスペアナに限らず、その測定原理や測定方法を知らないと、間違った値を測定してしまうことがあり、製品設計時の品質・性能評価はもとより法規制評価や開発期間にも重大な悪影響を与えます。

[08:00 1/7]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事