マイナビニュース | テクノロジー | 計測機器 | ヘッドライン(2015)(1ページ目)

ヘッドライン

2015年12月24日(木)

キーサイト、92GSa/sで32GHz帯域幅を実現する任意波形発生器を発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は12月24日、92GSa/s、32GHz帯域幅を実現するモジュール型任意波形発生器「M8196A 任意波形発生器」を発表した。

[14:35 12/24]

はじめての無線組み込み機器設計 第6回 スペアナの種類と測定の基礎 その(1)

スペアナは、AC電力を測定する高感度な測定機なので、DC電圧を加えると壊れてしまったり、冬場の人体の静電気でも壊れたりしますし、たとえAC電圧でも限度を超えた過大入力でスペアナ自身の入力回路が歪み、測定信号に実際には含まれていない周波数成分があたかもあるように表示されてしまいます。

[08:00 12/24]

2015年12月22日(火)

オシロ+プローブ+ソフトのトータルソリューションを推進 - MDOシリーズでオシロのGame Changerとなったテクトロニクス

テクトロニクス社は12月9日、スペクトラムアナライザ機能を含む、最大6つの計測器機能を1台に統合できるミックスド・ドメイン・オシロスコープ(MDO)の最新シリーズとなる「MDO4000Cシリーズ」を発表したが、今後のMDOシリーズはどのような方向性に向かって進んで行くのか、米TektronixにてMainstrearm OscilloscopesのGeneral Managerを務めるChris Witt氏に話を聞いた。

[11:00 12/22]

2015年12月15日(火)

キーサイト、3相パワー機器の設計/試験に対応したパワー・アナライザを発表

キーサイト・テクノロジーは12月15日、パワー・アナライザ「IntegraVisionシリーズ」に新しいモデル「IntegraVision PA2203A 4チャネル・パワー・アナライザ」を追加することを発表した。

[10:38 12/15]

2015年12月14日(月)

【特別企画】エアコンや扇風機、交通手段である自動車に至るまで私たちの身の周りの騒音の低減を目指して - 東京大学生産技術研究所

空気の流れとそれにより発生する騒音の低減、およびエネルギー変換機器の研究に取り組む東京大学生産技術研究所 革新的シミュレーション研究センター 加藤千幸研究室。同研究室では、各種実験に用いる計測システムのデータ収集プラットフォームにナショナルインスツルメンツ(以下、NI )製品を利用している。特にシステム開発環境「LabVIEW」はプログラム開発の効率化に大いに役立っているという。

[10:00 12/14]

2015年12月10日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第5回 電波法の規制と技適 その(2)

EMI/EMCは電磁ノイズの法規制ですが、無線モジュールを組み込む・組み込まないに関係なく電波障害の原因になるので、電波法とは別に避けては通れない認証試験になります。

[10:00 12/10]

2015年12月09日(水)

テクトロ、高性能オシロスコープベースの6-in-1計測器「MDO4000Cシリーズ」

テクトロニクスは12月9日、スペクトラムアナライザ機能を含む、最大6つの計測器機能を1台に統合できる「MDO4000Cシリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープ」を発表した。

[12:33 12/9]

2015年12月02日(水)

ケースレー、タッチスクリーン搭載ベンチトップ電気化学測定システムを発表

ケースレーインスツルメンツは12月2日、グラフィカル・タッチスクリーンを搭載したベンチトップ電気化学測定システム「2450-EC型/2460-EC型」を発表した。

[13:32 12/2]

2015年11月30日(月)

【特別企画】1分子DNA電流計測システムの開発秘話に迫る - 大阪大学産業科学研究所

生物の遺伝情報を継承するDNAは、チミン(T)、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)という4つの核酸塩基で構成されている。その配列を解読することができれば、疾患の状態をDNAレベルで診断し、それぞれの人に最適な治療計画や投薬を行うテイラーメイド医療をはじめ、超高速なウイルス検査、正確な犯罪捜査などへの応用が可能になる。

[08:00 11/30]

2015年11月26日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第4回 電波法の規制と技適 その(1)

無線電波は勝手に使うと混信や誤作動などで社会システムが大混乱しますので、電波法という法律で利用用途に応じて、使用する周波数や送信出力が細かく制限されています。日本では総務省の電波監理局が周波数の割り当てや使用状況を監理しています。

[09:15 11/26]

2015年11月25日(水)

【特別企画】話題の高精度位置決めセンサ「SmartSCALE」が遂にお披露目- MECT2015 ブースレポート

超精密計測技術を用いた機器の製造・販売でモノづくりを支えているマグネスケール。同社は、2015年10月21日・24日の4日間にわたり開催された国内最大級の工作機械の展示会「メカトロテックジャパン2015(以下 MECT2015)」にて、まったく新しい発想から生まれた磁気スケールの新製品「SmartSCALE」の展示を実施した。

[09:56 11/25]

2015年11月20日(金)

キーサイト、オーディオアナライザの機能を拡張-Bluetooth機器の試験に対応

キーサイト・テクノロジーは11月19日、同社のオーディオアナライザ「U8903B」の機能を拡張し、新たにBluetooth機器のオーディオ試験に対するオプションの提供を開始したと発表した。

[08:00 11/20]

2015年11月12日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第3回 無線組込設計の課題と測定機器の種類

エンジニアは職人ですが、ベテランの職人は優れた道具を使いこなして早く正確に仕事をこなすことで周囲から尊敬され、信頼されます。無線組込機器設計における課題解決のために、エンジニアの強い味方として、道具=測定機器があります。では、そのような道具にはどのようなものがあり、どのように使いこなせば良いのでしょうか?

[09:00 11/12]

2015年11月05日(木)

SCIEX、ルーチン検査向けのQ-TOF型高分解能質量分析システムを発表

SCIEXは11月5日、Xシリーズ 質量分析プラットフォームの第一弾モデルとなる「X500R QTOF System(X500R)」を発表した。

[14:57 11/5]

2015年10月30日(金)

キーサイト、PXIeモジュール型50GHz対応ベクトルシグナルアナライザを発表

キーサイト・テクノロジーは10月29日、50GHzまでの周波数帯域に対応するPXIe型ベクトルシグナルアナライザ「M9393A」を発表した。

[09:30 10/30]

2015年10月29日(木)

キーサイト、ベクトル信号の生成/解析が可能なPXIeトランシーバを発表

キーサイト・テクノロジーは10月29日、ベクトル信号の生成および解析をPXI規格モジュール 4スロットで提供するフル校正済みの計測器モジュール「VXT PXIeベクトルトランシーバー M9420A」を発表した。

[17:42 10/29]

2015年10月23日(金)

キーサイト、DDR4の速度変化時コンプライアンス違反を捕捉可能なソフト発表

キーサイト・テクノロジーは10月22日、ロジックアナライザ向けにDDR4およびLPDDR4の速度変化に伴うコンプライアンス違反をファンクションレベルでテスト可能な機能を備えたメモリ解析ソフトウェア「B4661A」を発表した。

[08:00 10/23]

テクトロ、M-PHY 3.1/CTS3.1向けトランスミッタテストソリューションを発表

テクトロニクス社は10月22日、MIPI M-PHY 3.1仕様およびCTS(Conformance Test Suite)3.1向けに完全自動物理レイヤ・トランスミッタ・テスト・ソリューションを発表した。

[08:00 10/23]

2015年10月22日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第2回 電波・無線って何? 何を測定評価したらいいの?(2)

無線の周波数と波長の関係も重要な知識なので知っておきましょう。電磁波は1秒間に30万kmの距離を進みます(光も電磁波です)。地球を7周半する距離ですが、電磁波は周波数に関係なく1秒間に進む距離は同じという性質を持っています。

[10:00 10/22]

2015年10月16日(金)

【特別企画】精密計測機器 - 1年前に発表され話題を集めた「SmartSCALE」がMECT2015にて遂に登場

2015年10月21~24日 名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)にて、国内最大級の工作機械の展示会「メカトロテックジャパン2015(以下 MECT2015)」が開催される。日本のものづくりを支える技術が集結する今回のMECT2015で大きな注目を集めているブースがある。それが精密計測機器の製造・販売を行うマグネスケールだ。

[07:00 10/16]

2015年10月09日(金)

キーエンス、寸法測定の時間短縮事例集「寸法測定“超”時短辞典」を公開

キーエンスはこのほど、寸法測定・検査にかかる時間の短縮を実現した事例を集つめたウェブサイト「寸法測定“超”時短辞典」を公開した。

[14:27 10/9]

2015年10月08日(木)

はじめての無線組み込み機器設計 第1回 電波・無線って何? 何を測定評価したらいいの?(1)

今回の連載では、エンジニアが初めて無線組込み機器の設計をする際に必要な基礎知識や、評価方法のノウハウをお伝えします。具体的に組込み設計に必要な知識としては、無線技術知識と電波法規知識、そして計測の知識があります。

[10:00 10/8]

2015年10月05日(月)

キーエンス、拡大観察業務について学べる「顕微鏡入門ガイド」を公開

キーエンスはこのほど、拡大観察の用語や顕微鏡の基礎知識について学べるサイト「顕微鏡入門ガイド」を公開した。

[14:39 10/5]

2015年10月01日(木)

キーエンス、用途から正しい測定方法を学べるサイト「測り隊.com」を公開

キーエンスは10月1日、「厚み・外形・幅」などの「用途」から正しい測り方を学べるWebサイト「測り隊.com」を公開した。

[20:02 10/1]

2015年09月28日(月)

ケースレー、パラメトリック・テストシステム用ソフトウェアをアップデート

ケースレーインスツルメンツは9月28日、同社のパラメトリック・テスト・システム「S530シリーズ」のシステム・ソフトウェアの最新版「KTE version 5.6」を発表した。

[16:30 9/28]

2015年09月14日(月)

ケースレー、簡単に充電状態を再現できるバッテリシミュレータを発売

ケースレーインスツルメンツは9月14日、ウェアラブルをはじめとしたモバイル系機器を中心に用いられるバッテリの性能テストやバッテリの充電状況によって異なる製品の動きなどを、開発時に手軽にテストすることを可能とするバッテリシミュレータ「2281S型」を発表した。

[16:37 9/14]

2015年08月28日(金)

ローデ・シュワルツ、生産ライン向け高速GNSSテスタを発売

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、GNSS受信機の生産テストの効率を上げ、試験時間の短縮を可能とするR&S SMBV100AベースのGNSSテスタ「R&S SMBV-P101」を8月24日に発売した。

[16:24 8/28]

2015年08月20日(木)

島津製作所、Wi-Fi通信に対応したポータブルガス濃度測定装置「CGT-7100」

島津製作所は8月20日、ポータブルガス濃度測定装置「CGT-7100」の販売を同日より開始すると発表した。

[16:43 8/20]

2015年08月17日(月)

キーサイト、無線通信の研究開発向けソフトウェア企業を買収

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は8月17日、無線通信の研究開発向けソフトウェアの大手サプライヤーであるAniteを約6億ドルで買収したと発表した。

[16:04 8/17]

2015年08月12日(水)

"ものづくり"の現場から - 広がるMATLAB/Simulinkの世界 第10回 高度複雑システムの故障の予兆を検出せよ - MATLABでSVMを構築したMHI

三菱重工業(MHI)は、大規模・複雑なシステムやソリューションを提供する企業である。そうした複雑なシステムには、精度の高い故障予兆・検出システムが求められているが、同社は、MATLAB/Simulinkを活用することで、その課題を見事に解決したという。

[11:08 8/12]

2015年07月22日(水)

テクトロと仏IRCICA、仏リール大に光/無線通信イノベーション・ラボを開設

Tektronixの日本法人であるテクトロニクス社は7月22日、Tektronixと仏IRCICA研究所(The Research Institute on Hardware-Software devices for Advanced Information and Communication)が、仏リール大学に光/無線通信イノベーション・ラボ「テクトロニクス・ヨーロッパ光/無線イノベーション・ラボ」を開設したと発表した。

[11:47 7/22]

2015年07月16日(木)

研究員を疲労から解放する電動マイクロピペットの使い勝手

実験や研究の際、機具の使い勝手が悪いと研究員に余分な負担がかかり、結果、実験精度が下がってしまうこといったことがある。今回取り上げる「ピペット」とは、少量の液体を吸い取り、計量や移動をさせるために用いる科学実験機具のことである。実験や研究で頻繁に登場し、微妙な作業を要するのが特徴だ。

[13:02 7/16]

2015年07月15日(水)

アドバンテストなど、スマホのバッテリー寿命テストソリューションを開発

アドバンテストは7月15日、同社のグループ会社であるW2BIがキーサイト・テクノロジーと共同でスマートフォン(スマホ)を中心としたモバイル端末テスト(User Equipment acceptance)向けバッテリー寿命試験ソリューションを開発したと発表した。

[16:52 7/15]

ローデ、85GHzまでの信号解析向けシグナルスペクトラムアナライザを発表

ローデ・シュワルツ・ジャパンは7月15日、同軸入力で最高周波数85GHzをカバーするシグナル・スペクトラム・アナライザ「R&S FSW85」を発表した。

[16:03 7/15]

2015年07月14日(火)

レクロイ、最大8.4kVの対地間最大定格電圧対応の高電圧差動プローブを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは7月14日、同社の高電圧差動プローブ「HVD3000シリーズ」に対地間最大定格電圧が2kVの「HVD3206」と8.4kVの「HVD3605」の2機種を追加したと発表した。

[18:24 7/14]

レクロイ、オシロスコープで他社製プローブなどを利用できるアダプタを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは7月14日、サードパーティ製のプローブや電流測定デバイスを同社のデジタル・オシロスコープで利用可能にするアダプタ「TPA10 TekProbeアダプタ」および「CA10電流センサ・アダプタ」を発表した。

[18:23 7/14]

2015年06月25日(木)

産総研など、世界最高水準の性能を持つ小型直流電圧標準器を開発

産業技術総合研究所(産総研)は6月24日、エーディーシーで、経時安定性と温度安定性がともに世界最高水準で、コンパクトな直流電圧標準器を開発したと発表した。

[15:08 6/25]

テクトロ、MIPI C-PHY TXの特性評価向けテストソリューションを発表

テクトロニクス社は6月25日、MIPI C-PHY物理レイヤのトランスミッタの特性評価/デバッグに向けたオシロスコープベースのテストソリューションを発表した。

[11:40 6/25]

2015年06月12日(金)

キーエンス、形状測定の基礎が学べる「ココが知りたい! 形状測定」を公開

キーエンスは、形状測定の用語や基礎技術が学べるサイト[「ココが知りたい! 形状測定」](http://www.keyence.co.jp/microscope/special/3dprofiler/keijou/?motive=TOPn)を公開した。

[12:19 6/12]

2015年06月11日(木)

TektronixとIEMN、0.4THzでのQAM-16 テラヘルツ無線通信を実現

Tektronixとフランス研究機関であるIEMN(Institut universitaire specialise en economie et en management)は、先端の信号符号化技術であるQAM-16とテラヘルツデバイスを使用し、400GHz(0.4THz)のデータ転送レートを持つ無線システムのデモを実現したと発表した。

[17:54 6/11]

2015年06月10日(水)

テクトロニクス、HDMI製品ラインアップにHDMXpressソフトウェアを追加

テクトロニクスは6月10日、HDMI製品ラインアップにHDMXpressソフトウェアを追加したと発表した。

[11:44 6/10]

2015年06月03日(水)

アジレント、最新ICP-MS「Agilent 7800」を発表 - 新自動化ツールを搭載

アジレント・テクノロジーは6月3日、ルーチン元素分析向けシングル四重極ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)「Agilent 7800」を発表した。

[12:31 6/3]

2015年06月01日(月)

キーサイト、最大100倍の高速化を実現するPXle測定アクセラレータを発表

キーサイト・テクノロジーは6月1日、FPGA処理カード「M9451A PXIe 測定アクセラレータ(M9451A PXIe)」を発表した。

[12:57 6/1]

2015年05月13日(水)

島津製作所、レーザー光を用いた高速応答ガスモニタ2機種を発売

島津製作所は5月13日、高速応答ガスモニタ「EGR-chaser 酸素濃度計測タイプ/二酸化炭素濃度計測タイプ」2機種を同日より発売すると発表した。

[17:07 5/13]

2015年05月12日(火)

テクトロニクス、計測器ネットワーク管理ソリューション「TekSmartLab」

テクトロニクスは5月12日、大学などのエンジニアリング実習室において基本計測器を迅速に設定し効率的に一元管理するための、計測器ネットワーク管理ソリューション、TekSmartLabを発表した。

[15:24 5/12]

2015年04月16日(木)

日本NI、8スロットのWindows Embedded 7搭載CompactDAQコントローラを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、8スロットを備えたCompactDAQコントローラ「NI cDAQ-9133」および「NI cDAQ-9135」を発表した。

[15:45 4/16]

2015年04月09日(木)

アジレント、MassHunter BioConfirmとMass Hunter Walkupの機能を拡張

アジレント・テクノロジーは4月9日、「MassHunter BioConfirm」および「Mass Hunter Walkup」の機能拡張版を発表した。

[11:57 4/9]

2015年04月08日(水)

レクロイ、微小電流測定向けに2種類の高感度電流プローブを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは4月7日、微小電流の測定用として2種類の高感度電流プローブ「CP030A」および「CP031A」を発表した。

[08:30 4/8]

キーサイト、最高クラスの波長再現性をもつ波長可変レーザ光源を発表

キーサイト・テクノロジーは4月7日、ライトウェーブ・メジャメント・システム「8164B」の新モジュールとして波長可変レーザ光源「81606A」を発表した。

[07:00 4/8]

2015年04月03日(金)

キーサイト、LTE-Advanced 8×8 MIMO測定ソリューションを発表

キーサイト・テクノロジーは4月3日、LTE-Advanced 8×8 MIMO測定ソリューションを発表した。

[16:31 4/3]

日本NI、Xeon搭載のPXI組込コントローラと高帯域シャーシを発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は4月2日、Intel Xeonプロセッサを搭載したPXI Express組込コントローラ「NI PXIe-8880」と、PCI Express Gen 3テクノロジを採用した18スロットシャーシ「NI PXIe-1085」を発表した。

[08:00 4/3]

キーサイトのPCIe 12ビット高速デジタイザ、掃引型光干渉断層法に対応

キーサイト・テクノロジーは4月2日、同社のPCIe 12ビット高速デジタイザ・モジュール「U5303A」が、高速データ処理技術を持つスイスYellowSysとの共同開発により、掃引型光干渉断層法(Swept Source Optical Coherent Tomography:SS-OCT)に対応するオプション(オプションSSO)の提供を開始すると発表した。

[07:30 4/3]

アンリツ、テレダイン・レクロイ・ジャパンと光通信用計測器分野で協業

アンリツは4月1日、テレダイン・レクロイ・ジャパンとの間に日本国内における光通信用計測器の販売で協業することで合意したと発表した。

[07:30 4/3]

2015年03月31日(火)

キーサイト、5G向け空間電波伝搬特性測定ソリューションを発表

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は3月31日、次世代移動体通信(5G)向けの空間電波伝搬特性測定ソリューションを発表した。

[19:38 3/31]

2015年03月30日(月)

レクロイ、USB 3.1物理層自動コンプライアンス試験ソフトウェアを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、USB 3.1試験ソリューションの中核となる物理層の送信機/受信機用自動コンプライアンス試験パッケージを発表した。

[14:34 3/30]

レクロイ、リアルタイム・オシロ用PAM4信号解析ソフトウェアを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、リアルタイム・オシロスコープ用のPAM4信号を解析するソフトウェアを発表した。

[14:17 3/30]

レクロイ、次世代高速電気/光通信向けに最上位オシロスコープを刷新

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、次世代高速電気/光通信に向けて最上位オシロスコープのLabMasterシリーズとWaveMasterシリーズを刷新した。

[14:13 3/30]

テクトロニクス、帯域幅が70GHzのハイエンド・デジタルオシロを開発

テクトロニクス社は3月26日に東京・品川の本社オフィスで報道機関向けの説明会を開催し、アナログ帯域幅が最大70GHzのハイエンド・デジタルオシロスコープ「DPO70000SXシリーズ」を開発したと発表した。

[13:33 3/30]

2015年03月26日(木)

浜ホト、シーケンサ接続対応膜厚計「Optical NanoGauge」の新製品を発売

浜松ホトニクスは、インライン製造装置や検査装置への組み込みを容易にした膜厚計「Optical NanoGauge」の新製品「C13027」を発売した。

[10:18 3/26]

2015年03月25日(水)

宇都宮大など、任意の偏光を持つテラヘルツ光の解析法を開発

宇都宮大学と埼玉医科大学、早稲田大学などの共同研究グループは、任意の偏光を持つテラヘルツ光の解析法を開発した。

[17:36 3/25]

2015年03月24日(火)

TFFフルーク、ポケットサイズのネットワークテスタを発売

TFFフルークは、小型・軽量ポケットサイズのネットワークテスタ「LinkSprinter(リンク・スプリンター)」シリーズの提供を開始した。

[10:02 3/24]

2015年03月23日(月)

テクトロ、100GBASE-SR4用光テストソリューションを発表

テクトロニクス社は、100GBASE-SR4用光テスト向けに80C15型サンプリング・モジュールとクロック・リカバリ・オプションを発表した。

[11:39 3/23]

2015年03月20日(金)

ニコン、超解像度顕微鏡「N-STORM 4.0」を発表 - 撮像速度が従来比10倍に

ニコンは3月19日、ナノメートルレベルの動態観察に対応した超解像顕微鏡「N-STORM」の新製品、「N-STORM 4.0」の販売を2015年5月より開始したと発表した。

[11:52 3/20]

2015年03月19日(木)

キーサイト、東北大との共同研究を元に次世代メモリ測定システムを製品化

東北大学国際集積エレクトロニクス研究開発センター(CIES)とキーサイト・テクノロジーは、共同研究成果に基づき、キーサイトが次世代メモリの1つである「STT-MRAM」の測定システムを製品化すると発表した。

[17:12 3/19]

2015年03月17日(火)

キーサイト、パワーデバイス・アナライザ/カーブトレーサの機能を拡張

キーサイト・テクノロジーは、最新の半導体パワーデバイスの開発向けにパワーデバイス・アナライザ/カーブトレーサ「B1505A」の機能拡張を発表した。

[13:37 3/17]

2015年03月16日(月)

島津製作所、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売

島津製作所は3月16日、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売した。

[20:48 3/16]

2015年03月13日(金)

島津製作所、分光蛍光光度計「RF-6000」を発売 - クラス最高レベルのS/N比

島津製作所は3月12日、分光蛍光光度計「RF-6000」を発売した。

[11:22 3/13]

2015年03月12日(木)

キーサイト、省スペースかつ高速測定の衛星信号モニタリングシステムを発表

キーサイト・テクノロジーは、省スペースかつ高速測定可能な衛星信号モニタリングリファレンスソリューションを発表した。

[15:10 3/12]

キーサイト、MXE EMIレシーバのアップグレードオプションを発表

キーサイト・テクノロジーは、購入済みのMXE EMIレシーバを周波数レンジ44GHzまで拡張可能なアップグレードオプションを発表した。

[14:57 3/12]

2015年03月11日(水)

キーサイト、USB3.1やDDR4などの信号解析に向けたデジタルオシロを発売

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は3月9日、USB3.1インタフェースやDDR4インタフェース、PCI-Express Gen4、MIPI Gear4などの信号解析に向けたデジタル・オシロスコープ「Infiniium Vシリーズ」の販売を開始したと発表した。

[14:57 3/11]

2015年03月09日(月)

ダイナミックレンジの拡大で測定時間を約10分の1に短縮 - キーサイトがハイエンド・ベクトル・ネットワーク・アナライザを発売

キーサイト・テクノロジーは3月6日、ダイナミックレンジを従来品に比べて拡大したベクトル・ネットワーク・アナライザ「E5080A ENAシリーズ」を発売した。同社の普及価格帯向けベクトル・ネットワーク・アナライザ「ENAシリーズ」の最上位品に相当する。ENAシリーズではこれまで、「E5071C/E5072A」が最上位品だった。

[10:30 3/9]

テクトロニクス、小型軽量で安価なベクトル信号発生器を発売

テクトロニクス社は3月4日、本体寸法が幅21cm×高さ11cm×奥行き35cmと小さく、本体質量が5.4kgと軽いRFベクトル信号発生器(RF VSG)「TSG4100Aシリーズ」を発売した。主に、無線通信システムの基地局用モジュールや基地局用電子部品、端末用モジュールや端末用電子部品などの評価に使用する。

[10:00 3/9]

2015年03月06日(金)

キーサイト、テスト時間10分の1に短縮するネットワーク・アナライザを発売

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は3月6日、テスト時間を従来の10分の1に短縮するE5080A ENAベクトル・ネットワーク・アナライザの販売を同日より開始すると発表した。

[12:11 3/6]

2015年03月04日(水)

キーサイト、6.5桁および7.5桁の次世代高性能デジタルマルチメータを発表

キーサイト・テクノロジーは、Truevoltシリーズ デジタルマルチメータとして、6.5桁品「34465A」と7.5桁品「34470A」を発表した。

[14:26 3/4]

2015年03月02日(月)

オリンパス、工業用顕微鏡「DSXシリーズ」を3年ぶりにモデルチェンジ

オリンパスは3月2日、工業用顕微鏡「デジタルマイクロスコープ DSXシリーズ」を3年ぶりにモデルチェンジし、「DSX510」、「DSX510i」、「DSX110」の3機種を同日より発売すると発表した。

[12:47 3/2]

2015年02月25日(水)

日本NI、変電所のモニタリング向け「NI Grid Automation System」を発表

National Instruments(NI)は2月25日、変電所・送電網・配電網のモニタリングアプリケーションに特化した「NI Grid Automation System」を発表した。

[21:01 2/25]

島津製作所、SCREEN HDの高速3D細胞スキャナを販売開始

島津製作所は2月25日、SCREEN HDが製造する高速3D細胞スキャナ「Cell3iMager」シリーズに関して国内販売契約を締結し、製薬市場やアカデミア市場に向けた販売を開始したと発表した。

[13:35 2/25]

モータ・ドライブの研究/開発に求められる多角的な解析を1台で実現 - デジタルからメカニカルまでサポート可能なモータ・ドライブ・アナライザ

テレダイン・レクロイは、最先端のモータ・ドライブの研究/開発に求められる多角的な解析を1台でこなすモータ・ドライブ・アナライザを発表しました。このモータ・ドライブ・アナライザは、すべてのブロックの評価を1台でこなすことができます。

[09:00 2/25]

2015年02月24日(火)

キーサイト、BERT用の調整可能なISI機能オプションを発表

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは2月23日、高性能BERT「J-BERT M8020A」用の調整可能な符号間干渉(Internal Symbol Interference:ISI)機能オプションを発表した。

[12:46 2/24]

2015年02月20日(金)

ローデ・シュワルツ、TDD/FDD LTEミクスドキャリアアグリゲーションを検証

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、TDDとFDDを組み合わせるキャリアアグリゲーションモードを用いて、さまざまな周波数バンドを組み合わせた検証試験を実施したと発表した。

[09:00 2/20]

2015年02月19日(木)

高速なDDRメモリ搭載システムの設計/開発を強力にサポート - 不良解析作業の効率化を実現するDDRデバック・ツールキット

テレダイン・レクロイは、DDRメモリのコンプライアンス試験ソリューションに加えて、DDRデバック・ツールキットを提供し、豊富なデバッグ機能によりDDRを用いたシステムの設計/開発を強力にサポートします。

[11:00 2/19]

2015年02月18日(水)

オシロを使ったモータ・ドライブの解析手法がわかるセミナーが3月6日に開催

テレダイン・レクロイ・ジャパンは商用電源の入力から高速のコントローラのデジタル信号まで幅広い信号を計測の対象とする必要があるモータ・ドライブの解析手法を学ぶことができるセミナー「パワエレ効率化を支援するモータ・ドライブ解析テクニカル・セミナー」を3月6日、東京都・千代田区竹橋のパレスサイドビルにて開催する。

[09:30 2/18]

2015年02月17日(火)

日本NI、CERNと協力してLinux 64ビット版に対応するLabVIEWを開発

National Instruments(NI)は、欧州原子核研究機構(CERN)との共同研究について発表した。

[19:32 2/17]

キーサイト、「GoldenGate 2015」の新機能を発表

キーサイト・テクノロジーは2月17日、大規模RFIC回路デザイン用のシミュレーションソフトウェア「GoldenGate 2015」について新機能の追加と機能拡張を発表した。

[18:55 2/17]

2015年02月10日(火)

レクロイ、モータドライブ解析用オシロスコープ「MDA800」シリーズを発表

Teledyne LeCroyの日本法人であるテレダイン・レクロイ・ジャパンは2月9日、モータドライブ解析用オシロスコープ「MDA800」シリーズを発表した。

[11:24 2/10]

2015年02月09日(月)

キーサイト、第4世代1/f雑音測定システムを発売 - 0.03Hzの超低周波に対応

キーサイト・テクノロジーは2月6日、1/f雑音測定システムの第4世代品「E4727A 1/fノイズ・RTN測定システム」を発売した。1/f雑音やランダムテレグラフ雑音(RTN)などの、低い周波数で支配的になる雑音の大きさを測定するシステムである。

[13:38 2/9]

2015年02月06日(金)

ローデ、DOCSIS 3.1対応のマルチチャネル放送信号発生器を発表

ローデ・シュワルツ・ジャパンは2月6日、DOCSIS 3.1に対応したマルチチャネル放送信号発生器「R&S CLGD」を発表した。

[15:29 2/6]

2015年02月04日(水)

キーサイト、「EMPro 2015.01」と「ADS 2015」を発表

キーサイト・テクノロジーは2月4日、3次元電磁界解析シミュレーション・ソフトウェア「EMPro」と「Advanced Design System(ADS)」の最新版を発表した。

[15:16 2/4]

2015年02月03日(火)

キーエンス、「nano tech 大賞」を受賞

キーエンスは、1月28日~30日に東京ビッグサイトで行われた「nano tech2015 (第14回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」において、「nano tech大賞」を受賞した。

[10:06 2/3]

2015年02月02日(月)

アンリツ、TD-LTE CAのRF/RRMコンフォーマンステストケースでGCF認証を取得

アンリツは1月28日、LTE-AdvancedのTD-LTEキャリアアグリゲーション機能の検証を可能とするRF/RRMコンフォーマンステストケースにおいて、80%以上のGCF認証を取得し、GCFが要求しているTDD LTE-Advanced端末の認証開始条件を達成したと発表した。

[13:27 2/2]

ローデ、HDMI 2.0で6Gbps対応のビデオテスタオプションボード2品種を発表

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、ビデオテスタ「R&S VT」シリーズの新オプションとして、HDMI RX/TX CTS用モジュール「R&S VT-B2362」、およびHDMI/MHL TDAモジュール「R&S VT-B2380」を発表した。

[12:54 2/2]

2015年01月30日(金)

キーサイト、高精度パワー測定と高分解能オシロを統合した計測器を発売

キーサイト・テクノロジーは1月30日、高精度なパワー測定と高分解能のデジタルオシロスコープ(デジタルオシロ)を統合した計測器「Keysight IntegraVision パワー・アナライザ PA2201A」を発売した。

[11:04 1/30]

2015年01月29日(木)

レクロイ、デジタルオシロ「WaveSurfer3000」シリーズの機能などを強化

テレダイン・レクロイ・ジャパンは1月29日、デジタルオシロスコープ「WaveSurfer 3000」シリーズの機能とデバッグ能力を強化したと発表した。

[11:00 1/29]

2015年01月27日(火)

NEC、エボラ対策でアフリカ2カ国に赤外線サーモグラフィを納入

NECは1月27日、エボラ出血熱対策への支援として、赤外線サーモグラフィをコートジボワール共和国に4台、ガーナ共和国に5台を納入したと発表した。

[18:04 1/27]

2015年01月26日(月)

三菱電機、シーケンサ・表示器の製造拠点を統合 - 製品競争力の向上目指す

三菱電機は1月26日、シーケンサー・表示器および関連製品の開発・製造拠点を2015年4月に統合すると発表した。

[13:41 1/26]

2015年01月22日(木)

キーサイト、周波数レンジが20Hz~3.6GHzのEMIレシーバを発表

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは1月21日、周波数レンジが20Hz~3.6GHzのMXE EMIレシーバ「N9038A」を発表した。

[12:54 1/22]

テクトロ、USB 3.1の統合コンプライアンスソリューションを発表

テクトロニクス社は1月21日、最新のUSB規格に対する設計検証を素早く実行し、最小のコストで製品をいち早く市場に投入するためのUSB 3.1の統合テストソリューションを発表した。

[12:45 1/22]

DMMと超高分解能オシロを融合させた多機能計測器をケースレーが開発

ケースレーインスツルメンツは1月22日、デジタル・マルチメーター(DMM)と超高分解能デジタル・オシロスコープ(超高分解能デジタルオシロ)の両方の機能を備えた計測器「DMM7510型 7.5桁グラフィカル・サンプリング・マルチメータ」を販売すると発表した。7.5桁のDMMと1Mサンプリング/秒の18ビット・デジタルオシロを内蔵しており、DMMによる静的な信号測定と、デジタルオシロによる動的な波形観測を同時に実行できる。価格(税別)は47万8000円である。

[12:11 1/22]

2015年01月20日(火)

キーサイト、プレシジョンLCRメータの低価格モデル「E4980AL」を発表

キーサイト・テクノロジーは1月20日、プレシジョンLCRメータの低価格モデル「E4980AL」を発表した。

[18:15 1/20]

2015年01月19日(月)

ケースレー、自動テストアプリケーションに最適なハイパワーDC電源を発表

ケースレーインスツルメンツは、出力850WのハイパワーなDC電源「2268」シリーズを発表した。

[18:47 1/19]

キーサイト、ハイパワーDCアプリケーション用ラック・システム電源を発表

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは1月19日、ハイパワーDCアプリケーション用ラック・システム電源を発表した。

[18:42 1/19]

2015年01月15日(木)

ルネサスの「R-Carシリーズ」のシステムボードにセガの「テレビーナ」が採用

セガは1月14日、知育エンターテインメントサービス「テレビーナ」が、ルネサス エレクトロニクスの車載情報端末向けSoC「R-Carシリーズ」への搭載が決定したと発表した。

[11:35 1/15]

日立ハイテク、電子部品のめっき膜厚を迅速を測定する蛍光X線膜厚計を発表

日立ハイテクノロジーズは1月14日、分析計測装置を製造販売している100%子会社日立ハイテクサイエンスが、直径100μm以下の微小部のめっき膜厚や組成を、迅速・安全・容易に検査する蛍光X線膜厚計「FFT150/FT150h/FT150L」を開発し、販売を開始したと発表した。

[11:19 1/15]

2015年01月14日(水)

JFEスチールなど、世界最高精度0.01%レベルの炭素定量分析を実現

JFEスチール、NEDO、ISMAは1月14日、鉄鋼材料に含まれる炭素の含有量を定量的に分析にできる装置「FE-EPMA」を改良し、世界最高精度となる0.01%レベルまで分析精度を高めることに成功したと発表した。

[17:59 1/14]

島津製作所、マレーシアに新販社を設立 - 2016年には新工場も稼動開始

島津製作所は1月13日、マレーシアに新会社「Shimadzu Malaysia Sdn. Bhd.(SML)」を設立したと発表した。

[13:16 1/14]

2015年01月13日(火)

キーサイト、トリガーの設定操作を簡単にした普及帯デジタルオシロを発売

キーサイト・テクノロジーは1月9日、普及価格帯のデジタル・オシロスコープ(デジタルオシロ)「InfiniiVision 3000T X-シリーズ」の販売を始めたと発表した。これまで販売してきた普及価格帯のデジタルオシロ「InfiniiVision 3000Xシリーズ」の機能強化版に相当する。機能が強化されたにもかかわらず、同程度の価格を実現した。

[10:00 1/13]

2015年01月09日(金)

テクトロ、入門レベルの任意波形/ファンクションジェネレータを発表

テクトロニクス社は1月7日、教育現場や汎用の電子機器のテスト用に高いコストパフォーマンスを備えた、入門レベルの任意波形/ファンクションジェネレータ「AFG1022型」を発表した。

[12:46 1/9]

2015年01月06日(火)

ゼロからはじめる「Cloud Testing Service」 第8回 結果の詳細な分析

前回でファンクション試験を実施した際に、その結果をダイレクトに見たり、設定を変更したり出来るPattern Viewerをご紹介しましたが、これは慣れれば見やすいという方もいらっしゃいますが、多くの人はロジックアナライザーなどでこうした波形を確認するのに慣れていますから、やはり抵抗を感じる人は多いでしょう。そうしたケースで便利なのが、アナリシスIPの1つとして提供される「ロジックアナライザーIP」です。

[10:00 1/6]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事