マイナビニュース | テクノロジー | エネルギー | ヘッドライン(2015)(1ページ目)

ヘッドライン

2015年12月28日(月)

北電と住友電工、大型蓄電システムの実証実験を開始

北海道電力(北電)と住友電気工業(住友電工)は12月25日、北海道勇払郡安平町の南早来変電所における大型蓄電システムの設置工事が完了し、同日より実証実験を開始したと発表した。

[16:24 12/28]

シャープ、福島県南相馬市と栃木県塩谷郡で太陽光発電所の商業運転を開始

シャープと芙蓉総合リースは12月28日、両社が出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラーが同日より福島県の「南相馬小高太陽光発電所」と栃木県の「シャープ塩谷第二太陽光発電所」の商業運転を開始したと発表した。

[12:20 12/28]

2015年12月24日(木)

NEDOら、1300℃の耐高温性能を有する産業/工業炉向け高効率熱交換器を開発

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、未利用熱エネルギー革新的活用技術研究組合(TherMAT)、および同組合の組合員である美濃窯業は12月24日、1300℃の耐高温性能を有し、産業/工業炉から廃棄される熱エネルギーを従来比3倍の性能で回収する高温用高効率熱交換器を開発、同月内に販売開始すると発表した。

[16:19 12/24]

2015年12月22日(火)

東京ガスと東京電力、スマートメーターを活用した自動検針の共同実証試験

東京電力と東京ガスは12月21日、2016年1月より、東京電力のスマートメーターおよびスマートメーターシステムを活用した東京ガスの検針業務の自動化に関する共同実証試験を開始すると発表した。

[10:27 12/22]

オリックス、米次世代大型蓄電池ベンチャー・UELに出資

オリックスは12月21日、米国の次世代大型蓄電池の研究開発・製造を手掛けるベンチャー・UniEnergy Technologies(UET)に対する出資を行ったと発表した。具体的な出資額が明らかにされていないが、UETは今回総額2500万ドルを調達しており、オリックスによる出資はその過半を占めるという。

[09:59 12/22]

2015年12月21日(月)

川崎重工、水や蒸気を用いずに低NOx燃焼が可能な水素燃焼技術を開発

川崎重工は12月21日、水や蒸気を用いずに低NOx燃焼が可能な水素専焼ドライ・ロー・エミッション(DLE)燃焼技術を開発し、ドイツで実施した燃焼試験において低NOx性能を確認したと発表した。

[12:46 12/21]

2015年12月11日(金)

産総研、ギ酸を用いて圧縮機を使わずに高圧水素を連続製造する技術を開発

産業技術総合研究所(産総研)は12月11日、圧縮機を用いないで、ギ酸から高圧水素を連続的に供給する技術を開発したと発表した。

[19:10 12/11]

京大、"座布団型"の有機半導体材料で太陽電池を低コスト・高効率化

京都大学は12月11日、独自に設計した座布団型構造をもつ有機半導体材料を開発し、これをp型バッファ層に用いることでペロブスカイト太陽電池の光電変換効率を向上させることに成功したと発表した。

[17:34 12/11]

2015年12月10日(木)

マクセル、小型リチウムイオン電池の大幅な高容量化を実現する技術を開発

日立マクセル(マクセル)は12月9日、従来品比約2倍のエネルギー密度を実現するリチウムイオン電池技術「ULSiON」を開発したと発表した。

[13:34 12/10]

2015年12月09日(水)

NEDO、CIS系薄膜太陽電池で世界最高となる変換効率22.3%を達成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月8日、ソーラーフロンティアとの共同研究を通して、銅、インジウム、セレンなどによる化合物を光吸収層とした太陽電池である「CIS系薄膜太陽電池」のセルにおいて変換効率22.3%を達成したと発表した。

[10:31 12/9]

東工大、太陽光発電の電力需給をバランスよく維持できる技術を開発

科学技術振興機構(JST)は12月8日、太陽光発電を大量導入する際に、信頼度付区間予測を用いて電力系統全体の需給をバランスよく維持できる基礎制御技術を開発したと発表した。

[10:11 12/9]

2015年12月07日(月)

京セラとTCLの合同会社、兵庫県姫路市にメガソーラー発電所を完成

東京センチュリーリース(TCL)と京セラが共同出資する京セラTCLソーラーは12月7日、兵庫県姫路市内の約9.9MW太陽光発電所「兵庫・姫路メガソーラー発電所」の完成にあたり、竣工式を行ったと発表した。

[16:45 12/7]

2015年12月03日(木)

IHI、石炭焚火力発電所でバイオマス混焼率25%を達成 - 2017年度に商用運転

IHIは12月2日、新日鐵住金の釜石製鐵所内エネルギー工場で、純国産木質ペレット燃料を用いて、熱量比率25%・重量比33%のバイオマス混焼による安定運転を達成したと発表した。

[18:07 12/3]

理研など、有機薄膜太陽電池の光エネルギー損失を無機太陽電池並みまで低減

科学技術振興機構(JST)と理化学研究所(理研)および京都大学(京大)は12月2日、新たに開発した半導体ポリマーを用いることで、有機薄膜太陽電池の光エネルギー損失を無機太陽電池並みまで低減することに成功したと発表した。

[15:01 12/3]

2015年12月02日(水)

ユーグレナ、国産バイオジェットディーゼル燃料の実用化計画を発表

ユーグレナは12月1日、横浜市、千代田化工建設、伊藤忠エネクス、いすゞ自動車、全日本空輸の協力のもと、2018年の稼働を目指したバイオジェットディーゼル燃料製造実証プラントを横浜市の京浜臨海部に建設し、2020年に向けた国産バイオジェットディーゼル燃料の実用化計画を推進していくことを発表した。

[12:02 12/2]

2015年11月30日(月)

カネカ、神戸ポートアイランドに再生・細胞医療の研究開発拠点を開設

カネカは11月30日、神戸ポートアイランドの神戸MI R&Dセンター内に、再生・細胞医療に特化した研究開発拠点を設置し、11月より本格的に活動を開始したと発表した。

[19:52 11/30]

NEDO、業務用燃料電池システム実用化に向けた新たな技術開発に着手

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月30日、水素利用の拡大に向け、数~数百kW級の業務用固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムの新たな実用化技術開発2テーマに着手すると発表した。

[18:07 11/30]

2015年11月12日(木)

富士通、火力発電所の設備異常検知システムを開発 - 東北電力で実証実験

富士通は11月12日、富士通研究所が開発した光ファイバー超多点温度センシング技術による火力発電所の設備異常検知システムを東北電力と共同で開発し、東北電力秋田火力発電所において実証実験を実施したと発表した。

[19:16 11/12]

日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発

日立製作所は11月12日、全固体リチウムイオン二次電池において放電性能の低下要因となる電池内の内部抵抗を低減する技術を開発したと発表した。

[18:36 11/12]

2015年11月09日(月)

GSユアサ、シリコン-硫黄電池の実用化に向けた技術を開発

GSユアサは11月9日、金属リチウムの負極材料と「硫黄-多孔性カーボン複合体」正極材料とを備えるリチウム-硫黄電池の充放電サイクル性能を飛躍的に高めることに成功したと発表した。

[18:22 11/9]

カネカ、次世代太陽電池研究などでベルギーのimecとの協力関係を強化

カネカは11月9日、次世代半導体や太陽光発電に関する研究開発を行うベルギーのimecと包括的な研究力関係を強化、拡大する3年間の契約を9月1日に締結したと発表した。

[13:51 11/9]

2015年11月04日(水)

ユニチカ、リチウムイオン電池の熱暴走を防ぐポリイミドワニスを開発

ユニチカは11月4日、リチウムイオン電池(LiB)の熱暴走対策に有効な耐熱性保護膜を簡便に形成できる技術を開発したと発表した。

[17:26 11/4]

2015年10月30日(金)

ADI、スマートグリッド送配電機器監視向けデータアクイジションSoCを発表

Analog Devices(ADI)は、スマートグリッドシステム内の送配電管理に使用する、保護、監視、および電力品質測定機器の性能改善向けに設計された、24ビット・データアクイジションSoC「AD777x」シリーズとして「AD7770」「AD7771」「AD7779」の3製品を発表した。

[15:59 10/30]

2015年10月29日(木)

IDTが語ったワイヤレス給電の普及戦略

IDTは、シリコンバレーで開催されたアジアおよび欧州の技術ジャーナリスト向けイベント「euroasiaPRESS」において、ワイヤレス給電の普及に向けた同社の戦略を語った。

[09:00 10/29]

2015年10月22日(木)

NEDO、高電圧耐性と低損失性を併せ持つ次世代パワーデバイス材料を開発

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月21日、情報通信研究機構(NICT)や東京農工大学、タムラ製作所らで構成される研究チームの成果として、次世代パワーデバイス材料「酸化ガリウムエピウェハ」を開発したと発表した。

[08:00 10/22]

ルネサス、ソフトウェアで各国の規格に対応可能なPLCソリューションを発表

ルネサス エレクトロニクスは10月21日、スマートメータやHEMS(Home Energy Management System)機器向けに、世界各国の規格などにソフトウェアの変更で柔軟に対応できる電力線通信(PLC:Power Line Communication)用ソリューション「PLCソフトモデムソリューション」を開発したと発表した。

[07:00 10/22]

2015年10月20日(火)

ホンダ、マーシャル諸島共和国でEVと太陽光発電対応AC普通充電器の実証実験

本田技研工業は10月19日、マーシャル諸島共和国において電気自動車「フィットEV」と太陽光発電に対応したAC普通充電器「Honda Power Charger」を導入した社会実証実験を同日より開始すると発表した。

[09:38 10/20]

2015年09月25日(金)

ベルギーimec、太陽電池関連の研究成果をEU PVSEC 2015にて一気に19件発表

9月14-18日に独Hambergで「第31回 欧州太陽光発電ソーラーエネルギー講演・展示会(European PV Solar Energy Conference and Exhibition:EU PVSEC 2015)(図1)、が開催され、講演会には77カ国から2500名を越える関係者が参加した。そのうち、半数が太陽電池研究者、4割が関連技術者だった。

[16:27 9/25]

2015年09月17日(木)

東大など、世界最高効率で実際の太陽光から水素を製造することに成功

東京大学は9月17日、高効率太陽電池の電力で水を電気分解するシステムを構築し、太陽光エネルギーの24.4%を水素に蓄える

[16:16 9/17]

2015年09月11日(金)

壊れた太陽光発電設備に注意 - JPEAが水害で被害を受けた場合の対処を公表

太陽光発電協会(JPEA)は9月11日、太陽光発電設備が水害によって被害を場合の対処に関する注意事項などをWebサイトを通じて公表した。

[17:32 9/11]

ダイキン工業、HFC-32単独冷媒に関する93件の特許を全世界に無償開放

ダイキン工業は9月10日、「HFC-32単独冷媒を用いた空調機の製造や販売に関する延べ93件の特許」を先進国はじめ全世界に同日から無償開放することを決定したと発表した。

[11:16 9/11]

2015年09月09日(水)

トヨタなど、神奈川県京浜臨海部における低炭素水素活用の実証プロジェクト

神奈川県、横浜市、川崎市と岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、トヨタタービンアンドシステムは9月8日、神奈川県の京浜臨海部を対象地域として「低炭素水素」を活用する実証プロジェクトについて、具体的な実証内容などの検討を開始すると発表した。

[09:00 9/9]

2015年09月04日(金)

横浜ゴムなど、バイオマスからイソプレンを合成 - 合成天然ゴムの原料

横浜ゴムは9月3日、理化学研究所(理研)、日本ゼオンとの共同研究により、バイオマスからイソプレンを合成することに成功したと発表した。

[11:48 9/4]

2015年08月21日(金)

熊本大と東邦金属、線径0.05mmの耐熱マグネシウム合金製ワイヤを開発

熊本大学は8月20日、東邦金属と共同で線径0.05mm(50μm)の耐熱マグネシウム合金極細ワイヤの製造技術を開発したと発表した。

[12:08 8/21]

2015年08月20日(木)

デンソー、バイオ燃料の実用化に向け熊本県に微細藻類の大規模培養実証施設

デンソーは8月19日、熊本県天草市に敷地面積は2万m2の微細藻類の大規模培養実証施設を建設し、2016年4月より稼働を開始すると発表した。同市の廃校の土地・施設を活用するという。

[10:35 8/20]

2015年07月29日(水)

横浜ゴムと東工大、バイオマスから合成ゴム原料を直接合成する触媒を開発

横浜ゴムと東京工業大学は7月29日、バイオマスであるセルロースから合成ゴムの原料であるブタンジェンを直接合成する触媒の開発に成功したと発表した。

[15:33 7/29]

2015年07月28日(火)

カネカ、ヘテロ接合の結晶シリコン太陽電池で変換効率24.5%を達成

カネカは7月28日、量産レベルである6インチ角の大面積ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池セルにおいて、変換効率として世界最高クラスとなる24.52%を達成したと発表した。

[13:35 7/28]

imecと蘭Holstが注力するフレキシブル薄膜エレクトロニクス - 16平方cmの薄膜ペロブスカイト太陽電池で変換効率11.9%を達成

ベルギーの半導体・エレクトロニクス研究機関imecは、2015年7月中旬、米国カリフォルニア州San Franciscoで開催された半導体製造装置・材料展示会「SEMICON WEST」の期間中に会場に隣接したホテルで「将来のスマートリビングのための材料とデバイスのイノベーション」をメインテーマに「imec Technology Forum(ITF)2015 USA」を開催し、その中で、スマートリビングの実現をめざして、オランダのエレクトロニクス応用研究機関Holst Centreと協業し、薄膜エレクトロニクスのIoTへの応用に力を入れていくことを明らかにした。

[09:00 7/28]

2015年07月27日(月)

工学院、世界最大級のソーラーカーレースWSC2015向け車両を公開(写真24枚)

工学院大学は7月24日、10月18日~25日の期間にてオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「ブリヂストン ワールドソーラーカーチャレンジ2015(WSC2015)」に参戦することを発表し、参戦に向けた新型車両「OWL(アウル)」の公開を行った。

[08:00 7/27]

2015年07月23日(木)

パナソニック、25年無償保証を実現した住宅用太陽電池モジュールを発表

パナソニック エコソリューションズは7月23日、25年のモジュール出力およびモジュール機器の無償保証を付与した太陽電池モジュール4製品を発表。併せて、同社の太陽電池モジュール生産拠点の1つである滋賀工場を報道陣に公開した。

[19:16 7/23]

京大など、アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電に成功

京都大学を中心とする研究グループは7月22日、アンモニアを直接燃料とした固体酸化物形燃料電池(SOFC)で、世界最大規模となる200W クラスの発電に成功したと発表した。

[10:30 7/23]

2015年07月21日(火)

トヨタと日野、燃料電池バスの走行実験を都内で実施へ

トヨタ自動車(トヨタ)と日野自動車(日野)は7月21日、7月24日~30日に東京都おいて燃料電池バス(FCバス)の実証実験を実施すると発表した。

[17:25 7/21]

NEDO、カナダ・オタワ市でスマートコミュニティ実証事業を実施

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月21日、カナダ・オンタリオ州オシャワ市、オシャワ電力(OPUC)と共同で、スマートコミュニティ実証事業を実施することで合意したと発表した。

[17:04 7/21]

2015年07月10日(金)

NEDO、アルミ系廃棄物から水素を抽出し発電するシステムの有用性検証を開始

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月10日、アルハイテックが朝日印刷より協力を得るかたちで、アルミ系廃棄物から水素を発生させ発電に利用するシステムの有効性検証に着手すると発表した。

[15:24 7/10]

産総研、単層CNTを電極材料に活用したマイクロキャパシタを開発

産業技術総合研究所(産総研)は7月7日、アルミ電解コンデンサと同等性能(作動電圧4V、静電容量30μF、充放電速度(緩和時定数)数ms)を実現しつつ、体積を1/1000に減らすことが可能な単層カーボンナノチューブ(CNT)集積化マイクロキャパシタを開発したと発表した。

[10:30 7/10]

2015年07月07日(火)

東大など、超伝導温度より遥かに高い温度で存在する超伝導電子を発見

東京大学は7月7日、銅酸化物高温超伝導体では、通常の超伝導体と異なり抵抗ゼロの超伝導温度よりも遥か高温から超伝導電子が生成されていることを発見したと発表した。

[09:00 7/7]

2015年07月06日(月)

シロアリ腸内の細菌がリグノセルロースの分解に寄与

理化学研究所は7月6日、シロアリ腸内の原生生物の細胞表面に共生する細菌がリグノセルロースの分解酵素を持ち、シロアリの効率的なリグノセルロース分解に役立っていることが分かったと発表した。

[18:53 7/6]

2015年07月01日(水)

トヨタ・日産・ホンダ、水素ステーションの普及に向けた支援策の内容を発表

トヨタ自動車(トヨタ)、日産自動車(日産)、本田技研工業(ホンダ)は7月1日、水素ステーションの整備促進に向けた支援策を発表した。

[18:26 7/1]

2015年06月30日(火)

NEDO、洋上風力発電向け多端子直流送電システムの開発に着手

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月30日、複数の洋上ウィンドアームから発電される電力を、複数の洋上変電所で集電・直流変換して、複数の陸上変電所へ送電する多端子直流送電システムの開発に着手すると発表した。

[15:42 6/30]

2015年06月25日(木)

JR東海、SiC素子を採用した新幹線車両用駆動システムの実用化に目処

東海旅客鉄道(JR東海)は6月25日、パワー半導体素子に次世代半導体である炭化ケイ素(SiC)を採用した新幹線車両用駆動システムを開発し、実用化の目処が立ったため、今後東海道新幹線への導入を検討していくと発表した。

[17:02 6/25]

2015年06月23日(火)

誰でも無償で基地局消費電力の予測が可能に - imecがモバイルネットワークの消費電力を最小化するパワーモデルを発表

ベルギーの独立系エレクトロニクス研究機関imecは、米国ニューヨーク州ニューヨーク市で6月18日(米国時間)に開催された「グリーンタッチ(Green Touch)」の最終成果報告イベントで、現在および将来(2020年まで)の携帯電話基地局の消費電力をきちんと予測できるパワーモデルを発表した。

[09:00 6/23]

2015年06月22日(月)

新潟県の南桑山油田に新規油層 - 生産量が現在の3倍に増加する可能性

国際石油開発帝石は6月22日、新潟県の南桑山油田で厚さ約24mの新規油層を発見したと発表した。

[18:23 6/22]

三菱電機、小田急車両でフルSiC適用VVVFインバータ装置の省エネ効果を実証

三菱電機は6月22日、営業運転中の小田急電鉄車両にて直流1500V架線対応の「フルSiC適用VVVFインバーター装置」の省エネ効果の検証結果を発表した。

[17:52 6/22]

丸紅など、福島県・小名浜の洋上にて7MWの風力発電設備の設置作業を開始

福島洋上風力コンソーシアムは6月22日、2012年3月に経済産業省より受託した「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」の第2期実証研究事業のうち、福島県・小名浜港における7MW油圧ドライブ型浮体式洋上風力発電設備の組立作業が完了し、実証研究実施海域への曳航・設置作業を開始する段階に移行したと発表した。

[14:34 6/22]

ラピス、バッテリ駆動の電動工具など向けリチウムイオン電池監視LSIを発表

ラピスセミコンダクタは6月22日、リチウムイオン電池で駆動するコードレス掃除機や電動工具などの電池保護システム用に、動作時消費電流を従来品比50%減となる25μA(@Typ.)に抑えた10セル対応のリチウムイオン電池監視LSI「ML5233」を開発したと発表した。

[12:49 6/22]

2015年06月18日(木)

東大、レアメタルのInを含まないフレキシブルCNT有機薄膜太陽電池を開発

東京大学(東大)は、カーボンナノチューブ(CNT)を用いて、レアメタルであるインジウム(In)を含まないフレキシブルな有機薄膜太陽電池を開発したと発表した。

[08:30 6/18]

古河電工、世界最高クラスの導電率を実現したCNT導体を開発

古河電工は6月16日、信州大学 カーボン科学研究所と共同で、世界トップクラスの導電率を実現したカーボン・ナノチューブ(CNT)導体の開発に成功したと発表した。

[08:00 6/18]

2015年06月17日(水)

本当にあった! 電池の充電を早くする「中間状態」 - 東大が存在を証明

東京大学(東大)は6月16日、これまで存在が不確かであった、電池の充電を早くする「中間状態」を人工的に作り出すことに成功したと発表した。

[18:59 6/17]

2015年06月16日(火)

リニアテクノロジー、2A昇降圧スーパーキャパシタ・チャージャを発売

リニアテクノロジーは6月16日、1個または直列接続された2個のスーパーキャパシタの充電でアクティブ・バランス調整を行う、入力電流を設定可能な双方向昇降圧スーパーキャパシタ・チャージャ「LTC3110」の販売を開始したと発表した。

[16:10 6/16]

Maxim、全狭帯域電力線通信ユーティリティ規格対応のPLCモデムSoCを発表

Maxim Integratedは6月15日(米国時間)、CENELEC A、ARIB、FCC周波数帯のG3-PLC、Prime、およびP1901.2規格に1チップで対応可能な電力線通信(PLC)モデムSoC「ZENO/MAX79356」を発表した。

[15:44 6/16]

日立製作所とスイスABB、日本での高圧直流送電事業に関する合弁会社を設立

日立製作所とスイスABBは6月15日、日本国内における高圧直流送電(HVDC)に関する合弁会社を設立することで合意したと発表した。

[13:52 6/16]

2015年06月15日(月)

STマイクロ、低レベル飽和電圧を特徴とした1200V耐圧IGBTを発表

STマイクロエレクトロニクスは、低い導通損失、および最大8kHzのスイッチング周波数で少ないターンオフ損失を同時に実現することで、無停電電源装置、太陽光発電システム、溶接機、産業用モータ・ドライブなどの電力変換効率を向上させる第3世代のトレンチゲート・フィールドストップ技術を採用した1200V耐圧IGBT「Sシリーズ」を発表した。

[18:22 6/15]

2015年06月11日(木)

電通大、燃料電池の発電時と同条件下で燃料電池触媒を観察することに成功

電気通信大学は6月10日、固体高分子形燃料電池触媒劣化について化学状態/物理状態の2次元同視野イメージングに成功したと発表した。

[11:04 6/11]

2015年06月09日(火)

NEDO、大規模水素エネルギー利用システム向け技術開発プロジェクトを開始

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月9日、海外の未利用エネルギーを利用して水素を製造・貯蔵・輸送し、日本国内での利用を目指す水素エネルギー利用システムの技術開発プロジェクトを開始すると発表した。

[15:59 6/9]

2015年06月05日(金)

NEDO、燃料電池自動車の本格普及に向けた研究開発プロジェクトに着手

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月5日、燃料電池自動車(FCV)の本格的な普及に向け、燃料電池の高性能化・低コスト化、生産性の向上の実現に向けた研究開発プロジェクトに着手すると発表した。

[17:42 6/5]

2015年06月02日(火)

LIXIL、東北大学と共同でゼロ・エネルギー・トイレ照明を開発

LIXILは6月2日、水洗トイレ便器へ給水する際の水流を活用して発電し、トイレ内の照明エネルギーを賄うゼロエネルギートイレ照明システムを開発したと発表した。

[17:08 6/2]

Infineon、韓国のIPM製造合弁会社を完全子会社化

Infineon Technologiesは、韓国LS Industrial Systemsと2009年に設立したインテリジェントパワーモジュール(IPM)の製造をてがける合弁会社「LS Power Semitech」の発行済み株式すべてを購入したことを発表した。

[12:10 6/2]

2015年05月29日(金)

岡山大、光合成で太陽光をエネルギーに変換するタンパク質の構造を解明

岡山大学は5月29日、光化学系Iというタンパク質複合体の構造を解明したと発表した。

[10:00 5/29]

2015年05月28日(木)

デンソー、超小型EVを活用した電源ネットワークシステムを運用開始

デンソーは5月28日、超小型電気自動車(超小型EV)を活用した独立電源ネットワークシステム「Pico Grid System」を開発し、同システムを使った構内移動の運用を愛知県安城市の安城製作所で開始したと発表した。

[17:58 5/28]

2015年05月27日(水)

大成建設、消費電力を従来比64%削減できる次世代型植物工場ユニットを開発

大成建設とスタンレー電気は5月26日、「超省エネタイプの次世代型LED植物工場ユニット」を開発したと発表した。

[12:16 5/27]

2015年05月25日(月)

三菱商事と東京電力、カタール電力・水力公社と25年の長期契約に合意

三菱商事と東京電力は5月25日、2社による共同出資会社K1 Energyとカタール電力・水力公社(KAHRAMAA)との間で25年間の長期売電・水契約を締結したと発表した。

[13:52 5/25]

2015年05月22日(金)

IHIなど、バイオ燃料用微細藻類の屋外大規模に成功 - 事業化に向け前進

IHI、神戸大学、ちとせ研究所らは5月21日、バイオ燃料用微細藻類(ボツリオコッカス)の屋外大規模培養に成功したと発表した。

[11:47 5/22]

2015年05月19日(火)

バイコー、小型/高効率絶縁型DC-DCコンバータ電源 「DCMシリーズ」を発表

バイコージャパンは、独自のスイッチング技術に放熱性と高密度化に優れたパッケージング技術「ChiP(Converter housed in Package)」を組み合わせた小型・高効率絶縁型DC-DCコンバータ電源「DCMシリーズ」を発表した。

[19:22 5/19]

NIMSなど、超電導研究の「失敗例」を公開 - 無駄を避ける貴重なデータ

物質・材料研究機構(NIMS)は5月18日、東京工業大学の細野秀雄 教授らとともに、超電導物質の探索に関して、超電導特性を示さなかった「失敗例」を含む共同研究の結果を公開した。

[13:47 5/19]

トヨタ、白金の劣化プロセスをリアルタイムに観察する手法を開発

トヨタ自動車(トヨタ)は5月18日、ファインセラミックスセンター(JFCC)と共同で、燃料電池(FC)の触媒として用いられる「白金」の劣化をリアルタイムで観察できる手法を開発したと発表した。

[10:11 5/19]

2015年05月14日(木)

Microchip、小型のデジタル電源を実現できる電源制御DSP製品を発表

Microchip Technologyは5月12日(米国時間)、デジタル電源制御に特化した16ビットDSP「dsPIC33EP「GS」ファミリ」を発表した。

[09:30 5/14]

2015年04月16日(木)

新日鐵住金のチタン箔、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」に採用

新日鐵住金は4月16日、燃料電池内の基幹部品における腐食環境に対して優れた耐食性を有する特殊圧延チタン箔の製造方法を開発、トヨタ自動車が販売する燃料電池自動車「MIRAI」の燃料電池スタック内のセルを構成する部品として採用されたことを明らかにした。

[17:37 4/16]

鉄道総研など、超電導フライホイール蓄電システムの試運転を開始

鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は4月15日、クボテック、古河電気工業、ミラプロおよび山梨県企業局と開発を進めてきた次世代の大容量蓄電システムとして期待される「超電導フライホイール蓄電システム」の実証機を完成させ、試運転を開始したと発表した。

[16:17 4/16]

東電と中部電、燃料調達と火力発電の新会社設立 - LNG調達量は世界最大級に

東京電力(東電)と中部電力(中部電)は4月15日、燃料上流・調達から発電までのサプライチェーン全体に係る包括的アライアンスを実施する新会社JERAを4月30日に設立すると発表した。

[13:38 4/16]

住友電工、400MPa級超の高強度超電導線の開発に成功

住友電気工業(住友電工)は4月15日、従来250~270MPa級の許容引張り強度を有していた高強度ビスマス系高温超電導線材の引張り強度を強化し、400MPa級超へと引き上げることに成功したことを発表した。

[08:00 4/16]

三菱重工、ギニア共和国よりガスタービン発電機3ユニットを受注

三菱重工業は、同社グループのPWパワーシステムズ(PWPS)が米国を拠点とする事業開発会社であるMiami Capital Holdingより、ギニア共和国向けガスタービン発電機「FT8 MOBILEPAC」3ユニットを受注したと発表した。

[07:00 4/16]

2015年04月15日(水)

ローム、1200V/300A定格のフルSiCパワーモジュールを開発

ロームは4月15日、産業機器や太陽光発電パワーコンディショナーなどのインバータやコンバータ向けに1200V/300A定格のフルSiCパワーモジュール「BSM300D12P2E001」を開発したと発表した。

[18:23 4/15]

LIXIL、住宅向け太陽光発電システム機器の無償保証を15年に拡充

LIXILは4月15日、同社が提供する太陽光発電システム機器の保証を、15年間の無償保証に拡充すると発表した。

[13:59 4/15]

2015年04月10日(金)

日本の屋根を最も知っているからできること - シャープの太陽光パネル生産拠点「堺太陽電池工場」を見る

シャープが、大阪府堺市の堺太陽電池工場の様子を公開した。同社のソーラー事業の中核拠点のひとつであり、報道関係者に同工場が公開されるのは初めてのことだ。

[16:21 4/10]

2015年04月09日(木)

富士通など、フィリピンでICTを活用した電動三輪タクシーサービスを実証へ

富士通とGlobal Mobility Service(GMS)は4月9日、フィリピンでのICTを活用した電動三輪タクシーの普及に向けて、サービス拡充のための実証を開始すると発表した。

[16:01 4/9]

2015年04月07日(火)

田中貴金属、イットリウム系超電導線材用材料の専用生産ラインを構築

TANAKAホールディングは4月6日、田中貴金属グループの製造事業を展開する田中貴金属工業が、2015年4月から、イットリウム系超電導線材用の銅配向金属基板の専用生産ラインを構築し、量産体制を確立したことを発表した。

[19:49 4/7]

東芝、府中事業所内に水素エネルギー研究開発センターを開所

東芝は4月6日、府中事業所内に水素エネルギー研究開発センターを開所したと発表した。同社グループは2020年度に水素関連事業で売上高1000億円を目指しており、今回はその一環となる。

[11:13 4/7]

2015年04月06日(月)

東大など、次世代電池候補となるナトリウムイオン電池のマイナス極を開発

東京大学(東大)などは、リチウムなどの希少元素を使用しない次世代電池の候補であるナトリウムイオン電池のマイナス極を開発したと発表した。

[18:01 4/6]

ダイソン、米ミシガン州の電池技術ベンチャーに約18億円を出資

ダイソンは4月6日、米ミシガン州のベンチャー企業で全固体電池の開発を行っているSakit3に1500万ドル(約18億円)を投資すると発表した。

[11:57 4/6]

2015年03月24日(火)

NXP、Qi対応5Vワイヤレス充電トランスミッタ用リファレンスデザインを発表

NXP Semiconductorsは、ワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)1.1 Qi仕様に対応した5V低消費電力Qi準拠ワイヤレス充電トランスミッタ向けリファレンスデザインを発表した。

[13:14 3/24]

ラピス、Wi-SUNに最適なCPU内蔵型1チップ無線通信LSIを開発

ロームグループのラピスセミコンダクタは3月24日、家庭の省エネ化に向け導入が進むスマートメータやHEMS機器に対応した無線通信LSI「ML7416」を開発したと発表した。

[12:54 3/24]

2015年03月23日(月)

旭化成とFDK、リチウムイオンキャパシタの合弁事業を解消

旭化成とFDKは、リチウムイオンキャパシタの合弁事業を解消することに合意した。

[13:10 3/23]

2015年03月20日(金)

富士通など、M2M技術を活用した建物のエネルギーマネジメントを実証

富士通、OKI、日本大学(日大)、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)は3月20日、M2M技術を活用した住宅・公共施設などのスマートコミュニティにおけるエネルギーマネジメントの実証実験の結果を発表した。

[15:09 3/20]

東北大、クロムに7つの水素を結合させることに成功

東北大の研究グループは、水素と結合しにくいと考えられてきたクロムに7つの水素が結合した水素化物の合成に成功した。

[09:00 3/20]

計測技術研究所、燃料電池(蓄電池)評価対応大容量直流電子負荷装置を販売

計測技術研究所は、燃料電池(蓄電池)評価に対応した大容量直流電子負荷装置の販売を開始した。

[08:00 3/20]

2015年03月18日(水)

東芝、スコットランドでの大規模水素実証実験に参画 - 「水素EMS」を提供

東芝は3月18日、英国スコットランド・ファイフ州で2020年まで実施される、大規模水素実証試験に参画すると発表した。

[18:36 3/18]

2015年03月16日(月)

京大と不二製油、「大豆ルネサンス」の実現に向け産学連携講座を開設

京都大学(京大)と不二製油は3月16日、大豆に関する新しい加工方法、健康成分の強化法などの開発に向け産学共同講座「『不二製油』大豆ルネサンス講座」を京大宇治キャンパス内に設置すると発表した。

[19:24 3/16]

2015年03月13日(金)

TI、Fly-Buck機能搭載の65V同期整流降圧コンバータを発表

Texas Instruments(TI)は、最大15Wの絶縁型電源機能を提供するFly-Buck機能搭載の65V同期整流降圧コンバータを発表した。

[09:30 3/13]

2015年03月12日(木)

Infineonとパナソニック、ノーマリオフGaNパワーデバイスの開発で合意

Infineonとパナソニックがノーマリオフ600VGaNパワーデバイスの開発で合意した。

[15:13 3/12]

IDT、充電時間を短縮し熱特性を改善するワイヤレス給電レシーバICを発表

IDTは、充電時間を短縮し熱特性を改善する超小型ワイヤレス給電レシーバIC「P9027」を発表した。

[14:59 3/12]

2015年03月10日(火)

東芝燃料電池システム、山口県周南市で純水素型燃料電池の実証実験を開始

東芝燃料電池システムは3月9日、山口リキッドハイドロジェン、長府工産、岩谷産業と共同で、同社が開発した次世代型の純水素型燃料電池の実証試験を開始すると発表した。

[08:00 3/10]

日本ユニシスなど、EVオーナー向けに全国の充電施設が検索できるアプリ

トヨタメディアサービス、豊田自動織機、日本ユニシスは3月9日、スマートフォンで全国の充電器施設の情報が検索できるアプリ「全国EV・PHV充電マップ」を同日より提供すると発表した。

[07:00 3/10]

2015年03月09日(月)

ユーグレナ、バングラデシュでユーグレナ入り食品事業の市場調査を来月開始

ユーグレナは3月9日、国際協力機構(JICA)が行う2014年第一回協力準備調査(BOPビジネス連携促進)としてバングラデシュでの「ユーグレナ・クッキー事業準備調査」が採択されたと発表した。

[14:54 3/9]

産総研、光電極を用いた酸化剤と水素の効率的な製造方法を開発

産総研は、光電極を用いた酸化剤と水素の効率的な製造方法を開発した。

[13:50 3/9]

Mentor、パワーエレクトロニクス技術のコンソーシアム「CPES」に加盟

Mentor Graphicsは、パワーエレクトロニクス技術のコンソーシアム「CPES」に加盟したことを発表した。

[13:32 3/9]

IDT、モバイル機器向けワイヤレス給電技術「Wireless PowerShare」を発表

IDTは、モバイル機器をワイヤレスで相互に充電できる「Wireless PowerShare」技術を発表した。

[13:24 3/9]

IDT、中型の電子機器向けにワイヤレス給電チップセットを発表

IDTは、タブレットやファブレットなど中型の電子機器の機能を拡張するワイヤレス給電チップセットを発表した。

[10:00 3/9]

2015年03月04日(水)

MediaTek、マルチモード・ワイヤレス充電チップセット「MT3188」を発表

MediaTekは、マルチモードワイヤレス充電用チップセット「MT3188」を発表した。

[17:13 3/4]

STなど、無負荷時消費電力ゼロのプラグイン充電器プラットフォームを発表

STMicroelectronicsとFlextronicsは、STのマルチモード対応電力制御用ICを搭載するプラグイン充電プラットフォームを開発した。

[14:11 3/4]

GSユアサ、産業用途向けに高入出力リチウムイオン電池モジュールを発売

GSユアサは、産業用途向けに高入出力タイプの新型リチウムイオン電池モジュール「LIM25Hシリーズ」を発売した。

[13:48 3/4]

2015年02月25日(水)

日本NI、変電所のモニタリング向け「NI Grid Automation System」を発表

National Instruments(NI)は2月25日、変電所・送電網・配電網のモニタリングアプリケーションに特化した「NI Grid Automation System」を発表した。

[21:01 2/25]

2015年02月24日(火)

芝浦工大、廃棄機器からレアメタルなどを効率よく回収する技術を開発

芝浦工業大学は2月24日、廃棄された小型機器から金属類を効率よく回収する技術を開発したと発表した。

[16:34 2/24]

2015年02月23日(月)

シャープ、蓄電池の容量が従来比2倍の「クラウド蓄電池システム」を発表

シャープは2月23日、従来機からハイブリッドパワーコンディショナの定格出力と、リチウムイオン蓄電池の容量を増強した「クラウド蓄電池システム」を発売すると発表した。

[15:34 2/23]

2015年02月19日(木)

住友電工、太陽光発電システムと連携できる高効率家庭用蓄電池を発表

住友電気工業(住友電工)は2月19日、太陽光発電システムの自立出力と連携が可能な高効率家庭用蓄電池「POWER DEPO II」を発表した

[16:28 2/19]

芝浦工大、世界最高水準の処理能力を持つ酸分離用シリカ逆浸透膜を開発

芝浦工業大学(芝浦工大)は2月19日、世界最高水準の処理能力を持つ酸分離用シリカ逆浸透膜を開発したと発表した。

[15:35 2/19]

ローデ、LANポートを搭載した3パスダイオードパワーセンサを発表

ローデ・シュワルツ・ジャパンは2月16日、LANポートを搭載した3パスダイオードパワーセンサ「R&S NRPxxSN」シリーズ3機種を発表した。

[13:12 2/19]

2015年02月18日(水)

ラピス、最大16セルの多段接続に対応したリチウムイオン電池監視LSIを開発

ラピスセミコンダクタは2月17日、蓄電システムなどのリチウムイオン電池監視システムを小型化できると同時に、最大16セルの多段接続に対応したリチウムイオン電池監視LSI「ML5239」を発表した。

[18:07 2/18]

カネカ、スレート瓦専用太陽電池に多結晶シリコンタイプを追加

カネカは2月18日、一般住宅向けスレート瓦専用太陽電池に多結晶シリコンタイプをラインアップに追加し、販売を開始したと発表した。

[18:01 2/18]

村田製作所、Wi-SUN認証920MHz帯無線通信モジュールを3月から量産開始

村田製作所は2月17日、920MHz帯無線通信モジュールのアンテナ内蔵タイプ「LBAA0ZZ1BR」とアンテナ外付けタイプ「LBAA0ZZ1BS」において、Wi-SUN Allianceが発行する国際無線通信規格「Wi-SUN」に準拠した認証を取得したと発表した。3月から量産を開始する。

[17:56 2/18]

2015年02月17日(火)

Infineon、低スイッチング周波数に最適化された低飽和電圧のIGBTを発表

Infineon Technologiesは、50Hz~20kHzの低スイッチング周波数に特化して最適化された低飽和電圧のIGBT「L5」ファミリを発表した。

[20:21 2/17]

トヨタなど3社、水素ステーションの整備促進に向けた共同支援に合意

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業の自動車メーカー3社は2月12日、燃料電池自動車用の水素ステーションの整備促進に向けた支援策を検討し、共同で取り組むことに合意したと発表した。

[19:58 2/17]

カネカ、GSSG肥料「カネカ ペプチド」を販売開始 - 5年後に売上100億円

カネカは2月17日、農業分野向け酸化型グルタチオン(GSSG)を生産し、2015年春を目標に「カネカ ペプチド」として業務用販売を開始すると発表した。

[18:14 2/17]

2015年02月16日(月)

大林組、技術研究所でスマートエネルギーシステムの運用を開始

大林組は2月16日、東京都綾瀬市の技術研究所においてスマートエネルギーシステムを完成させたと発表した。

[16:16 2/16]

2015年02月13日(金)

ST、EV車や太陽光システムなど向けに1200V耐圧のSiCパワーMOSFETを発表

STMicroelectronicsは2月10日、広範な用途向けにワイドバンドギャップを有し、高い電力効率と信頼性を特徴とするSiCパワーMOSFET「SCT20N120」を発表した。

[09:00 2/13]

2015年02月06日(金)

東大、鉄カルコゲナイドが超伝導現象を示す温度の大幅な上昇に成功

東京大学は2月3日、鉄カルコゲナイドが超伝導状態へと変化する温度(臨界温度)を、従来の15K(-258℃)と比較して1.5倍の23K(-250℃)に上昇させることに成功したと発表した。

[15:42 2/6]

群馬大など、リチウムイオン電池の電池電極反応に寄与する電子軌道を解明

群馬大学、京都大学、高輝度光科学研究センター(JASRI)は2月4日、米国ノースイースタン大学と共同で、大型放射光施設SPring-8の高輝度・高エネルギーの放射光X線を用いてリチウムイオン2次電池の正極材料に使われているマンガン酸リチウムにおけるリチウムイオン挿入の電池電極反応に寄与する電子軌道の正体を明らかにしたと発表した。

[15:28 2/6]

2015年02月05日(木)

三菱重工、油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備の実証実験を開始

三菱重工は2月5日、油圧ドライブ式大型洋上風力発電設備の陸上実証試験を英国ハンターストンで開始したと発表した。

[13:05 2/5]

2015年02月04日(水)

NEDO、MEMSセンサーネットワークによる省エネ効果の実験結果を発表

NEDOは2月4日、新開発のグリーンMEMSセンサーを用いたネットワークシステムを構築し、その導入によって10%以上の省エネ効果を得ることができたと発表した。

[17:43 2/4]

世界一周飛行を目指すソーラー・インパルス2にバイエルマテリアルの断熱材

バイエル マテリアルサイエンス(バイエルマテリアル)はこのほど、「ソーラー・インパルス2」のに、同社が開発したハイテク素材が使用されていると発表した。

[12:50 2/4]

2015年02月03日(火)

NICT、宅内無線ネットワーク用Wi-SUN規格に準拠した無線機の実装に成功

情報通信研究機構(NICT)は1月30日、Wi-SUNアライアンスが策定するHAN用Wi-SUNプロファイルの無線機の実装に成功したと発表した。

[10:00 2/3]

2015年02月02日(月)

JNC、リチウムイオンバッテリ用セパレータの製造設備を竣工

JNCは1月29日、子会社であるJNC石油化学の市原製造所内において、リチウムイオンバッテリ用セパレータの製造設備の竣工式を開催したと発表した。

[13:15 2/2]

2015年01月30日(金)

トヨタ、SiCパワー半導体搭載HVの公道走行試験を開始へ

トヨタ自動車(トヨタ)は1月29日、PCUにSiCパワー半導体を搭載したHVの試作車を開発し、2015年2月より約1年間、豊田市を中心に公道での走行試験を行うと発表した。

[11:21 1/30]

2015年01月28日(水)

ゲノム解析技術を活かし新潟の農産物を高付加価値化 - 電通など

電通、新潟市、Genomediaは1月28日、農業を起点とした地方創生に向けた「農産物高付加価値化プロジェクト」の始動を発表した。

[17:36 1/28]

GSユアサ、リチウム電池一体型太陽光発電用パワーコンディショナを発表

GSユアサは1月27日、災害に強く環境負荷の小さい地域づくりやエネルギーコスト削減に最適なリチウムイオン電池一体型の太陽光発電用パワーコンディショナ「パワーソーラー III」を発表した。

[10:21 1/28]

TransphormとFSL、電源用GaNパワーデバイスの量産を開始

Transphormとトランスフォーム・ジャパン、富士通セミコンダクター(FSL)は1月27日、福島県会津若松市にあるFSLグループのCMOSプロセス互換150mmウェハ製造ラインにおいて、電源用窒化ガリウム(GaN)パワーデバイスの量産を開始したと発表した。

[10:11 1/28]

2015年01月26日(月)

三菱マテリアル、埼玉県本庄市でバイオマスのバイオガス化実証試験を実施へ

三菱マテリアルは1月26日、食品系廃棄物や下水汚泥などのバイオマスを原料としたメタン発酵によるバイオガス化実証実験を、埼玉県本庄市の小山川水循環センター内で実施すると発表した。

[15:46 1/26]

2015年01月22日(木)

住友化学、UDCと印刷法による有機EL照明技術でライセンス契約を締結

住友化学は1月22日、米Universal Display(UDC)から印刷法を適用した有機EL照明デバイスに関する技術のライセンス供与を受けることで合意し契約を締結したと発表した。

[17:03 1/22]

2015年01月16日(金)

NEDO、タイ工業省と廃棄物処理分野での協力に合意

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月16日、タイ工業省と廃棄物処理分野の計画策定などに係る協力を進めていくことで合意し、協力合意書を締結したと発表した。

[20:15 1/16]

2015年01月14日(水)

日立マクセル、ウェアラブル機器向けにリチウムイオン電池製品を拡充

日立マクセルは1月13日、小型高出力の角形リチウムイオン電池「ICP382230AQS」の量産開始、および厚さ0.4mmのシート状リチウムイオン電池「045050/042550」2タイプのサンプル出荷開始を発表した。

[16:41 1/14]

2015年01月09日(金)

MHPS、カナダ向けGTCC発電設備を受注

MHPSは1月9日、カナダ・キャピタルパワー/エンマックスが建設する出力各50万KW超のジェネシー発電所4、5号機向けGTCC発電設備を受注したと発表した。

[16:14 1/9]

トヨタと日野、新燃料電池システム搭載のバスを営業運行向けに提供

トヨタ自動車と日野自動車は1月8日、新しい燃料電池システム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を搭載した燃料電池バス(FCバス)を開発し、1月9日から愛知県豊田市内を走る路線バス「とよたおいでんバス」の営業運行向けに提供すると発表した。

[16:04 1/9]

日本アジアグループ、滋賀県近江市にメガソーラー発電所が完成

日本アジアグループは1月9日、傘下のJAG国際エナジーが滋賀県近江市に「東近江ソーラーウェイ」を完成させたと発表した。

[13:59 1/9]

2015年01月08日(木)

相馬光学、ソーラシミュレータの評価が可能な太陽分光放射計を発表

相馬光学は1月7日、太陽分光放射計「S-2440 model II(ひだまりmini)」を発表した。1月より発売する。

[10:58 1/8]

ローム、IoTやスマートメータ向け汎用Wi-SUNモジュールの販売を開始

ロームは1月7日、M2MやIoT、スマートメータをはじめとするスマートコミュニティ構築に最適な国際無線通信規格「Wi-SUN」に準拠する汎用無線通信モジュール「BP35A1」の量産およびインターネットでの販売を開始したと発表した。

[10:30 1/8]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事