マイナビニュース | テクノロジー | 組み込み/IoT | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年11月24日(金)

コーポレートフォントのパッケージ化で"デザイン意識"を育みたい-タイププロジェクト代表、新プランの狙いを語る

企業イメージ、と一言で言っても、その内容は非常に多岐にわたる。企業のブランディング、つまり「個性」を表す手段として、昨今、国内で「フォント」への注目が高まりつつあるという。今回は、タイププロジェクト 代表取締役 鈴木功氏に、日本国内におけるコーポレートフォントの活用状況と、それを受けて法人向けのコーポレートフォント提供プランを行うに至った理由を伺った。

[12:00 11/24]

2017年11月22日(水)

ソフトバンク、芝大門エリアで5Gの実証実験を実施

ソフトバンクは、第5世代移動通信システム(5G)向け候補周波数帯のひとつである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得し、ZTEコーポレーションと協力して、東京都の芝大門エリアで5Gの実証実験を実施すると発表した。実験の開始は11月からの予定となっている。

[12:43 11/22]

2017年11月20日(月)

横河電機、IIoT用小型無線センサ「Sushi Sensor」開発 - 第1弾は振動・温度

横河電機は、プラント内のさまざまなデータを収集してIIoTを実現する、通信機能とセンサ機能が一体となった小型無線センサ「Sushi Sensor(スシ センサ)」を開発。その第一弾として、振動と温度の両センサを内蔵した無線センサを、2018年3月より国内で発売すると発表した。

[11:47 11/20]

2017年11月17日(金)

KDDI、セルラーLPWA対応のIoT向け超小型LTE-M通信モジュールを提供

KDDIは、3GPP標準規格のLTE-M(Cat.M1)に対応した、IoT利用に最適な超小型のLTE-M通信モジュール「KYW01」を、2018年1月より法人向けに提供を開始することを発表した。価格はオープン。

[09:24 11/17]

2017年11月16日(木)

KDDI、セルラーLPWA通信サービスを1月より開始 - 月額40円から

KDDIは11月16日、携帯電話網を活用したIoT向け通信技術であるセルラーLPWA通信サービス「KDDI IoT コネクト LPWA(LTE-M)」の提供を2018年1月より開始すると発表し、報道陣向けの説明会を実施した。

[18:59 11/16]

製品の品質検証を支援するサービスを提供するキヤノンITS - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、キヤノンの製品開発で培われたノウハウなどをベースとした品質検証サービスの紹介などを行っている。

[16:11 11/16]

マクニカ、デリバリーロボや初期費用ゼロのフレキシブル基板などを展示 - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」においてマクニカは、ものづくり現場におけるデリバリータスクを支援するロボット「Relay」や、ピュアアディティブ法を用いたフレキシブル基板「P-Flex」の展示などを行っている。

[13:06 11/16]

本格的なIoT時代に対応する新たなArmadilloを展示するアットマークテクノ - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、アットマークテクノは開発中であるArmadillo-440の上位互換モデル「Armadillo-640」を展示している。

[12:20 11/16]

NTT西日本など、LPWAによる産業廃棄物の収集効率化に向けた実証実験を開始

NTT西日本グループは、エックス都市研究所、シンク・アンド・アクト、NISSHAとの協力のもと、京都府が公募する「平成29年度スマート・センサー活用リサイクル促進モデル効果検証等事業」の事業者に採択されたことを発表した。

[12:19 11/16]

有毒ガス検知や火災検知を実現するNECのIoTソリューション - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」においてNECは、人間中心設計(HCD)のプロセスで設計・開発を行ったIoTソリューションの展示をしている。

[11:49 11/16]

バッテリレスの無線ソリューションで組込機器の新しい形を示す富士通 - ET 2017

2017年11月15日~16日にかけて神奈川県・パシフィコ横浜にて開催されている「ET/IoT Technology 2017」にて富士通ブースでは、「組込み機器の新しいカタチ」と題して、FRAM RFIDをさまざまな無線アプリケーションへと発展させる新技術などの展示を行っている。

[09:00 11/16]

多彩なIoTアプリケーションに採用される東芝の小型プロセッサ - ET 2017

2017年11月15日~16日にかけて神奈川県・パシフィコ横浜にて開催されている「ET/IoT Technology 2017」にて東芝ブースでは、「Arm Cortex-A9」搭載のアプリケーションプロセッサ「TZ2100 シリーズ」の採用事例を用いたデモ/展示などを行っている。

[08:30 11/16]

IoTをデバイスからクラウドまでトータルでサポートするローム/ラピス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、ローム/ラピスセミコンダクタは、IIoTをトータルでサポートするソリューションや、開発中のワイヤレス給電デバイスのデモなどを披露している。

[08:00 11/16]

47個の自社デバイスでヒト型ロボットを実現したST - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、STマイクロエレクトロニクスは、自社の半導体やMEMS47個を組み込んだヒト型ロボットの実働デモなどを行っている。

[07:30 11/16]

日本初公開となるRFSoCの実働デモを実施しているザイリンクス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、ザイリンクスは、日本初となるRFクラスのアナログ機能を統合したAll Programmable SoCである「Zynq UltraScale+ RFSoC」の実デバイスを用いたデモを公開している。

[07:00 11/16]

Cortex-M4/M0+のデュアルコアが使えるPSoC 6のデモを展示するサイプレス - ET 2017

2017年11月15日から17日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2017」「IoT Technology 2017」において、サイプレスは最新世代PSoCとなる「PSoC 6」に関する各種デモ展示のほか、車載マイコンやWICEDを活用した無線ソリューションのデモ展示などを行っている。

[06:30 11/16]

2017年11月14日(火)

複雑化するIIoTのセキュリティ - エッジからクラウドまで一貫して守る方法

産業分野で活用されるIoT、いわゆるIIoTでは、エッジデバイスにインテリジェンスが搭載されるようになり、クラウドや企業内部の別のシステムに接続され、シームレスなデータ活用が進む段階に至っている。

[07:30 11/14]

2017年11月13日(月)

コーポレートフォント導入を促進する契約プランを発表-タイププロジェクト

タイププロジェクトは13日、コーポレートフォントの年間契約プランを発表した。目的に応じて選べる20フォントの中から任意の4フォントを、10ライセンスまで使用可能な「ベーシック」と、ライセンス数無制限の「アドバンス」のふたつの年間契約コースで提供される。

[16:02 11/13]

2017年11月10日(金)

NEC、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを強化- 新製品4種を販売

日本電気(NEC)は8日、AIやIoTなど先進のICTを用いて、企業・産業の事業活動や都市運営などを大きく変革する「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」の加速に向け、これを実現する「NEC DXソリューション」を体系化し、新たに「集客施設価値向上ソリューション」、「鉄道オペレーション&メンテナンスソリューション」、AI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」、「NEC 映像分析基盤」の4種を製品化して販売活動を開始することを発表した。

[08:00 11/10]

64GB版iPhone Xの部品コストは370ドル - IHSの分解調査で判明

英国の市場調査会社であるIHS Markitは11月8日(英国時間)、Appleの最新スマートフォン「iPhone X」を分解してBOMコストを調べた結果、64GB NANDメモリ搭載モデル「A1865」では370.25ドルと見積もられることを発表した。

[07:00 11/10]

2017年11月09日(木)

NEC、スマートグラス+ARのピッキング支援ソリューションを開発

日本電気(NEC)は、スマートグラスとスマートウォッチを用いて、対象物から視線を外さずに操作可能な「ARmKeypad(アームキーパッド)」の新機能を用いて、製造や物流などの分野でピッキング業務をAR(拡張現実)で支援するソリューションを開発したことを発表した。

[14:23 11/9]

2017年11月07日(火)

凸版印刷、作業員の労務実態把握する製造業向けIoT可視化サービス提供

凸版印刷は建設業向けIoT可視化サービス「ID-Watchy」に、現場作業員の労務状況を分析できる機能を追加し、製造業向けサービスとして提供すると発表した。

[10:20 11/7]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第45回 ディープラーニングの基礎 - ミニバッチ学習

今回は、学習のテクニックの1つであるミニバッチ学習についてです。ミニバッチ学習を説明するために必要なバッチ学習、オンライン学習についてもご紹介します。

[09:00 11/7]

2017年11月06日(月)

2022年、スマートファクトリーの導入企業は2倍に - ゼブラ・テクノロジーズ、「製造業ビジョン調査2017」

ゼブラ・テクノロジーズは、製造業のテクノロジー活用に関する意識・実態調査「製造業ビジョン調査2017」の結果を発表し、報道陣向けの説明会を行った。調査結果によると、スマートファクトリーを導入する製造業者の数は、2022年までに2倍に増加する見通してあることが判明した。

[12:46 11/6]

2017年11月02日(木)

東北大、犬の"やる気"を測るサイバースーツ開発 - 災害救助の現場で活用

東北大学は11月1日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として開発した「犬の情動をリアルタイム推定するサイバースーツ」(以下、サイバースーツ)を公開した。

[12:25 11/2]

2017年11月01日(水)

TED、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon」を大幅拡充

東京エレクトロンデバイス(TED)は、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」に、新たに11種類機能を追加するとともに、提供メニューを刷新したことを発表した。

[16:04 11/1]

2017年10月31日(火)

タイムズレスキュー、クルマ×IoT基盤の実証実験に参画

タイムズレスキューは10月31日、総務省が実施する「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な社会の実現に向けた実証実験」に、2017年12月より「カーモビリティ分野」において参画することを発表した。

[11:03 10/31]

2017年10月30日(月)

ネットワークに接続するIoT機器、2030年には1250億台へ - IHS予測

英IHS Markitが10月24日(英国時間)、世界中のネットワークに接続されたIoT機器の数は、2017年では約270億個だが、それが2030年には1250億個に増加するとの予測結果を発表した。

[12:32 10/30]

2017年10月27日(金)

世界の有機ELパネルの生産能力は今後5年間で4倍以上に増加へ - IHS

英国に本拠を置く市場動向調査会社IHS Markitは 10月24日(英国時間)、有機ELの2022年における全世界生産能力は2017年の4倍以上に増加するとの予測を発表した。

[08:00 10/27]

2017年10月26日(木)

STとObjenious、LoRaネットワーク対応IoTノードの開発促進に向け協力

STマイクロエレクトロニクスと、Objeniousは、LoRaネットワークに接続するIoTノードの拡大を推進するために協力することを発表した。

[14:28 10/26]

2017年10月23日(月)

ついに正式リリース、UI/UXの作成に特化した「Adobe XD CC」 - Adobe MAX 2017

本稿では、Adobe Systems主催のクリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2017」中に行われたセッションや関係者からの聞き取りなどを元に、このAdobe XD CCの最新動向や今後の展望などについてレポートする。

[15:40 10/23]

京大など、広域系Wi-RANシステムによる多地点広域データ伝送試験に成功

京都大学は、同大情報学研究科の原田博司教授、日立国際電気の加藤数衞技師長らの研究グループが、IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステム用無線機による無線多段中継伝送を用い、3段・分岐有という構成で総中継距離75.0km、単区間最大距離27.8kmでの5拠点同時中継データ伝送試験に成功したことを発表した。

[10:58 10/23]

2017年10月19日(木)

日本HP、ケーブル1本接続するだけで没入型VR体験ができるヘッドセット発売

日本HPは、マイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応するヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)」を発売した。 同社オンラインストア[HP Directplus](http://www.hp.com/jp/directplus_personal)およびHP Directplusコールセンターで購入することができる。

[11:38 10/19]

2017年10月17日(火)

遺伝子解析からビッグデータ解析まで、すべてのデータ処理を加速させるFPGA - ソフトウェアの会社へと変貌するXilinx

Xilinxの日本法人であるザイリンクスは10月17日、東京にてソフトウェアアプリケーション開発者やエンベデッドソフトウェア開発者、ハードウェア開発者が、同社開発チームやパートナー、ユーザーコミュニティと直接交流することを提供する場「ザイリンクス開発者フォーラム 2017(XDF 2017)」を開催した。

[17:10 10/17]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第44回 ディープラーニングの基礎(3) - 回帰・2クラス分類・多クラス分類の出力層

今回は、「回帰」、「2クラス分類」、「多クラス分類」におけるディープラーニングの出力層の違いについて解説したいと思います。独自のネットワークを設計する際は、注意しておきたいポイントとなります。

[11:00 10/17]

2017年10月13日(金)

ミズノ、耳たぶにつける脈拍計「MiKuHa」のプロトタイプを発表

ミズノは、耳たぶに装着する脈拍計「MiKuHa(ミクハ)」の開発を進め、プロトタイプを完成させたことを発表した。

[13:53 10/13]

2017年10月12日(木)

NVIDIA、リアルな物理現象で開発モデルを確認できるVR環境の試用申込開始

ドイツのNVIDIAは、限られた数の設計者および開発者を対象に、インテリジェントバーチャルリアリティープラットフォーム、NVIDIA Holodeckのアーリーアクセスの申し込み受付を開始したことを発表した。

[12:58 10/12]

2017年10月11日(水)

インフォコムと帝人、センシングデバイス内蔵「スマート消防服」を共同開発

インフォコムは、帝人が「消防機能向上への取り組み」の一環として開発した「スマート消防服」に内蔵するセンシングデバイスを、同社と共同開発したことを発表した。

[08:00 10/11]

2017年10月04日(水)

CEATEC 2017 - 4つのスマート分野にフォーカスするLattice

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてLattice Semiconductorは、4つのスマート領域(スマートホーム、スマートシティ、スマートファクトリー、スマートカー)に向けた半導体ソリューションの紹介を行っている。

[09:00 10/4]

CEATEC 2017 - ファナック、「なんでも接続」で工場をインテリジェント化

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてファナックは、「なんでも接続」をキーワードとする、同社外の製品も接続可能な製造業向けIoTオープンプラットフォーム「FIELD system」の展示を行っている。

[08:00 10/4]

CEATEC 2017 - 5Gのある日常を提案するau

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてauは、来たる5G時代に合わせ「BE THE NEW. あたらしい日々を。au 5Gと。」というテーマで、コミュニケーション、ソサイエティ、エンターテイメントという3つの分野での5G技術を用いた技術の展示を行っている。

[07:30 10/4]

2017年10月03日(火)

CEATEC 2017 - カスタマニーズに対応するソリューションの提案を目指すソシオネクスト

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてソシオネクストは、カスタマの実現したいニーズの支援を目指す提案型半導体メーカーの実現に向けた各種ソリューションの展示デモを行っている。

[20:17 10/3]

CEATEC 2017 - センサと無線のコラボで新たなソリューションを創出するローム

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてロームは、センサと無線のコラボレーションを掲げ、さまざまなユーザーに向けた活用事例をソリューションとして展示している。

[19:43 10/3]

NTT Com・ローム・沖創工が協力し、IoTソリューションを提供開始

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、ロームおよび沖創工と協業し、無線通信規格「EnOcean」対応センサーやIoT Platform「Things Cloud」を用いた、IoTソリューションの提供を開始すると発表した。

[11:10 10/3]

CEATEC 2017 - 共創をテーマに新たな社会の創造を目指すパナソニック

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてパナソニックは、「共創」をキーワードに、「Smart Life Experience」、「Smart Connected Solution」、「Technology」をテーマとした展示を行っている。

[10:00 10/3]

CEATEC 2017 - 8Kで新たな映像表現の実現を目指すシャープ

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてシャープは、人に寄り添うIoTを具現化する「AIoTワールド」と、8Kエコシステムを具現化する「8Kワールド」の2つをメインテーマに、先端商品や技術、サービスなどの紹介を行っている。

[09:30 10/3]

CEATEC 2017 - 未来の自動車の光を支える小糸製作所

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてKOITO(小糸製作所)は、「光」を基本テーマとし、2020 年代以降に訪れるであろう自動運転車が実現するスマートモビリティ社会に向けた自社の製品・技術の紹介を行っている。

[08:00 10/3]

CEATEC 2017 - 繋ぎ続けることで未来の創出を目指すOKI

2017年10月3~6日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2017」にてOKIは、「繋ぎ続けて創る未来」をテーマに、ネットワークのつながることで生み出される新たなサービスの紹介などを行っている。

[07:00 10/3]

2017年09月29日(金)

スマホの過熱を防止する、電気熱量効果を利用した冷却デバイス開発 - UCLA

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と非営利の研究開発組織SRI Internationalは、スマートフォンやノートPCの過熱防止に使える薄型・フレキシブルな冷却デバイスを開発した。

[11:56 9/29]

OKI、映像圧縮化技術+画像センシング技術搭載の映像IoTシステムを販売開始

沖電気工業(OKI)は、H.264符号化形式の高画質映像データを最大1/10に圧縮する映像配信の効率化技術と、顔認識・物体認識などの画像センシング技術を搭載した、映像IoTシステム「AISION(アイシオン)」を、10月2日より販売開始することを発表した。

[10:33 9/29]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事