マイナビニュース | テクノロジー | カーエレクトロニクス | ヘッドライン(2014)(1ページ目)

ヘッドライン

2014年12月26日(金)

InfineonとUMC、車載用アプリケーション向けパワー半導体の製造で提携

Infineon TechnologiesとUnited Microelectronics(UMC)は、車載用アプリケーション向けパワー半導体分野への製造パートナーシップの拡大を発表した。

[18:52 12/26]

2014年12月25日(木)

NEDO、カリフォルニアでEVの行動範囲拡大に向けた実証実験の事前調査を開始

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月24日、米・カリフォルニア州の北部都市圏で、電気自動車(EV)の行動範囲拡大を目的とした実証事業の事前調査を開始すると発表した。

[13:15 12/25]

マツダが語った「マツダスピリット」 - ワイヤハーネス設計を上流から下流まで一気通貫する「MAZDA Generative Flow」

2014年12月に名古屋と東京の2都市で開催されたメンター・グラフィックス・ジャパン主催の自動車業界向けのテクニカルフォーラム「IESF 2014」において、メンターが提供する「Capital」をハーネス開発のコアツールとして開発の上流から活用するフロー「MAZDA Generative Flow」の構築とマツダのエレキシステム開発の今後の取り組みについて、マツダの才上宗敏氏が講演を行った。

[11:30 12/25]

ルネサスは本当に復活できるのか!? - DevCon開催の仕掛け役 高橋恒雄CSMOが語った同社の過去、現在、未来

Renesas DevCon 2014レポートの作田会長に話を伺ったレポートの最後に、「DevConの仕掛け役に改めて話を伺う予定」と書いたが、その仕掛け人である高橋恒雄CSMOに日を改めてお話を伺ったので、Renesas DevConの総括としてこれをご紹介したいと思う。ちなみにインタビューそのものは10月後半に行ったのだが、筆者の都合でやや掲載が遅れてしまい、結果として時系列がややあっていない話も出てくるのはご容赦いただきたい。

[10:30 12/25]

2014年12月17日(水)

ルネサス、車載情報機器向けに最先端16nm FinFETを用いたSRAMを開発

ルネサス エレクトロニクスは12月16日、16nm世代プロセス以降の車載情報機器用SoC向けに新しい回路技術を開発したと発表した。

[09:00 12/17]

2014年12月15日(月)

年間売上高20億ドル規模の新半導体企業が誕生 - CypressとSpansionが経営統合に関する説明会を開催

既報の通り、Cypress SemiconductorとSpansionは経営統合を行うことを12月1日に発表、これに関するConference callを12月10日(米国時間)に行ったが、12月12日には日本の報道機関向けのConference callが特別に設けられた。そこでこの内容と、12月10日の本国向けConference callの内容をまとめてレポートしたい。

[11:30 12/15]

TIの「Hercules」マイコンが機能安全標準規格の認証を取得

Texas Instruments(TI)は12月12日、「Hercules」マイコンシリーズ「TMS570LS12x/11x」と「RM46x」が、ISO 26262:2011とIEC 61508:2010の各機能安全標準規格のASIL DとSIL 3の各レベルの安全度水準の関連要件について、TÜV SÜDの適合認証を取得したと発表した。

[10:26 12/15]

2014年12月12日(金)

OKIとXylon、ADASの設計受託市場参入を目指し技術提携契約を締結

沖電気工業(OKI)は12月11日、OKIグループの設計受託事業会社であるOKIアイディエス(OIDS)とFPGAデザインサービスを展開するXylonが、日本国内における自動車の先進運転支援システム(ADAS)の設計受託市場参入を目指し、11月12日に技術提携契約を締結したと発表した。

[15:22 12/12]

止まらないクルマのエレクトロニクス化にどう対応していくのか? - メンターが課題解決を提案するテクニカルフォーラムを開催

メンター・グラフィックス・ジャパンは12月5日、都内で、自動車をはじめとする輸送機器の設計開発にまつわる課題に応えるソリューションを提案するテクニカルフォーラム「Integrated Electrical Solutions Forum(IESF) 2014 Japan」を開催した。

[09:00 12/12]

2014年12月11日(木)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第67回 コネクテッドカーをよりセキュアにするNXP

オランダのNXP Semiconductorは、RF-IDやNFCなど個人認証をベースにしたセキュアなコネクションに力を入れてきた半導体メーカーである。日本市場に限れば、2013年における日本での売り上げの68%がカーエレクトロニクス分野だという。

[11:00 12/11]

2014年12月10日(水)

STとAutotalk、安全性とエコ運転を支援する車車間・路車間通信分野で協力

STMicroelectronicsとAutotalksは12月10日、V2X通信(V2V:車車間、V2I:路車間)チップセットの提供において協力すると発表した。

[16:25 12/10]

FTF Japan 2014 - Freescaleとエルイーテックの高信頼プロセッサソリューション

今年7月、Freescaleとエルイーテックは、高信頼プロセッサ・ソリューションの共同開発に関するプレスリリースを発表した。この話は以前にも触れているが、実はその際はいまひとつピンと来なかったのだ。幸いFTF Japan 2014のTechnology Showcase会場でエルイーテックがブースを出しており、ここで細かい話をお聞きすることが出来たのでご紹介したいと思う。

[11:00 12/10]

コベルコ科研とJARI、リチウムイオン2次電池の評価試験事業で協業

コベルコ科研と日本自動車研究所(JARI)は12月8日、2次電池の開発並びに協定規則R100.02 Part2の評価項目にも対応した2次電池の安全性評価事業において、11月1日付けで相互協力契約を締結したと発表した。

[10:12 12/10]

FTF Japan 2014 - フリースケール新社長が語った日本市場の未来

別記事の通り、12月4日にフリースケールセミコンダクタジャパンは都内で「FTF Japan 2014」を開催した。本来ならば10月6日に開催予定だったこのイベント、台風の影響で一度中止となり、12月に改めて開催されたものであるが、この間に大きな変更があった。というのは10月末日付で前社長のDavid Uze氏が退任したのである。そのため、今回のFTF Japanは新社長であるKenric Miller氏のお披露目という位置づけをも持つことになった。

[09:30 12/10]

2014年12月09日(火)

FTF Japan 2014 - クルマ、通信、セキュリティが創る「明日のインターネット(IoT)」

半導体大手メーカーFreescale Semiconductorの日本法人フリースケール・セミコンダクター・ジャパンは、12月4日に顧客向けの講演会兼展示会「Freescale Technology Forum Japan 2014(FTF Japan 2014)」を東京都港区高輪のホテルで開催した。本稿では、同イベントで実施された基調講演の概要をお届けする。

[15:04 12/9]

Vector、測定/キャリブレーションツール「CANape」の最新バージョンを発表

独Vector Informatikは、測定/キャリブレーションツール「CANape」の最新バージョン13.0を発表した。

[10:14 12/9]

SII、車載用コンビニエンスタイマ「S-35710」シリーズを発表

セイコーインスツル(SII)は12月8日、低消費電流で、相対時間の時間管理に適した車載用CMOSタイマIC「S-35710」シリーズを発表した。

[10:07 12/9]

2014年12月04日(木)

村田製作所、産業機器などの過酷な環境向けのジャイロコンボセンサを発表

村田製作所は12月3日、車載・産業機器など、過酷な環境での使用を目的としたジャイロコンボセンサ「SCC2000」シリーズを発表した。

[10:00 12/4]

2014年12月02日(火)

日立金属、高温環境下の特性に優れた車載用ソフトフェライトコア材料を開発

日立金属は12月1日、高温環境下の特性に優れた車載用ソフトフェライトコア材料「MB20B」を開発したと発表した。

[18:36 12/2]

2014年11月28日(金)

村田製作所、大電流・広帯域対応のLC複合型EMI除去フィルタを発表

村田製作所は11月27日、自動車、産業用電子機器、医療市場向けに、SMDタイプLC複合型のEMI除去フィルタ「BNX」シリーズを発表した。

[09:30 11/28]

ST、小型インバータ向けに自動車規格に準拠したSiCダイオードを発表

STMicroelectronicsは、自動車規格に準拠したSiCダイオードを発表した。

[09:04 11/28]

Microchip、高いノイズ耐性と堅牢性を備えたDSCファミリを発表

Microchip Technologyは、16ビットデジタルシグナルコントローラ(DSC)「dsPIC33EV」ファミリを発表した。

[09:01 11/28]

2014年11月27日(木)

トヨタ、ITSを活用した協調型運転支援システムを2015年の一部新型車に採用

トヨタ自動車は11月26日、高度道路交通システム(ITS)専用の無線通信を活用した協調型運転支援システムを、2015年に発売する予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense P」のオプションとして、日本国内向けの一部新型車に採用すると発表した。

[14:50 11/27]

トヨタ、2015年発売の新型車に次世代照明技術「LEDアレイAHS」を採用

トヨタ自動車(トヨタ)は11月26日、LEDの独立制御によって、より細やかな配光制御を可能とした次世代照明技術「LEDアレイAHS」を開発し、2015年に発売する新型車に採用すると発表した。

[14:23 11/27]

2014年11月26日(水)

自動車開発の品質とコストを最適化する「コネクテッドエンジニアリング」

EDA(Electronic Design Automation)の分野で30年以上の歴史があり、ワイヤハーネス分野の世界規模でのマーケットリーダーであるメンター・グラフィックスは、「コネクテッドエンジニアリング」をテーマに「IESF 2014 Japan」を開催する。

[10:30 11/26]

2014年11月25日(火)

SAP、VW、Shellがコネクテッドカーのパイロットプログラムを共同で実施

SAPはこのほど、ShellおよびVolkswagenと共同でコネクテッドカーとその周辺環境の相互作用を検証するという、共同イノベーションのパイロットプログラムを発表した。

[15:12 11/25]

2014年11月21日(金)

トヨタ、駐車場での安全・支援技術として2つの新技術を開発

トヨタ自動車は11月20日、駐車場での安全・支援技術として2つの新技術を開発したと発表した。

[10:37 11/21]

2014年11月20日(木)

Spansion、車載ボディ&クラスタ向けマイコンのラインアップを強化

Spansionは、自動車業界のグローバルな多種多様な要求に対応していくため、ARM Cortex-R5コアを搭載した車載向けマイコン「Spansion Traveo」ファミリの新製品として「S6J3110/120」シリーズ2品種を追加したと発表した。

[09:00 11/20]

イーソル、AUTOSARベース車載向けRTOSのプロフェッショナルサービスを開始

イーソルとTOPPERSプロジェクトは11月19日、イーソルがAUTOSAR仕様をベースとする次世代車載システム向けリアルタイムOS(RTOS)「TOPPERS/ATK2」を対象としたプロフェッショナルサービスの提供を開始したと発表した。

[09:00 11/20]

2014年11月19日(水)

エルナーと太陽誘電、車載・産業機器用コンデンサ事業で提携

エルナーと太陽誘電は11月17日、車載・産業機器用大型電気二重層コンデンサおよびリチウムイオンキャパシタ事業を加速させるため、資本業務提携を締結したと発表した。

[11:40 11/19]

2014年11月17日(月)

Microchip、車載対応USB2.0 4ポートハブコントローラを発表

Microchip Technologyは、USB2.0ハブコントローラ「UCH2」の新ラインアップとなる車載対応4ポートコントローラ「USB84604」を発表した。

[18:13 11/17]

フリースケール、OpenCLベースのADASシステム開発環境を提供開始すると発表

フリースケール・セミコンダクタ(フリースケール)は11月17日、OpenCL(Open Computing Language)ベースの車載開発環境の提供をまもなく開始すると発表した。

[13:44 11/17]

日立、新電池技術で電気自動車の走行距離を2倍に - 2020年頃に実用化

日立製作所は11月14日、電気自動車の走行可能距離を従来の2倍にする電池技術を開発したと発表した。

[11:43 11/17]

ST、製品の設計・開発期間を短縮するカーオーディオ用プロセッサを発表

STMicroelectronicsは11月14日、オーディオ用SoC「STA1052」をベースに開発されたカーオーディオ用プロセッサ「Accordo2」ファミリを発表した。

[10:00 11/17]

2014年11月14日(金)

ブリヂストン、センシングによりタイヤの摩耗状態を推定する技術を開発

ブリヂストンは11月14日、路面と接しているタイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するセンシング技術「CAIS(Contact Area Information Sensing)」のコンセプトに基づいて、タイヤの摩耗状態(残り溝の深さ)を推定する技術を開発したと発表した。

[17:45 11/14]

Spansion、車載向けシリアルフラッシュの動作温度範囲を125℃まで拡張

Spansionは、車載グレードのシリアルNORフラッシュメモリ「Spansion FL-S」ファミリの新製品として、動作温度範囲を125℃まで拡張した「S25FL128S/256S」2品種を発表した。

[16:49 11/14]

東京-名古屋「IESF 2014 Japan」開催-コネクテッドエンジニアリングでの開発手法

メンター・グラフィックスは、「IESF 2014 Japan」を12月2日(火)は名古屋で、12月5日(金)は東京で開催する。同イベントでは自動車業界における幅広いソリューションを紹介。ゲストスピーカーやパートナー各社の講演に加え、デモ展示なども行われる予定だ。

[15:15 11/14]

ON Semi、車載向けLED用ドライバと電流コントローラを発表

ON Semiconductorは、車載照明アプリケーション向けにデュアルチャネルLEDドライバ「NCV78763」と、LED用電流コントローラ「NCV7691」を発表した。

[09:41 11/14]

2014年11月13日(木)

アルプス電気、キーレスエントリなどに向けたタクトスイッチを発売

アルプス電気は11月12日、同社が培ってきた機構設計技術や材料技術を生かして開発した形状や材質を最適化したメタルコンタクトと独自の接点密閉構造を組み合わせ、好フィーリングとIP6x相当の防塵性能と両立させたキーレスエントリやカーオーディオなどの車載製品向けタクトスイッチ「SKTHシリーズ」を発表した。

[17:25 11/13]

東芝、夜間の歩行者認識と静止障害物検知能力を向上させたプロセッサを発表

東芝は11月13日、次世代画像認識用プロセッサ「Viscont 4シリーズ」を開発し、第1弾としてカメラからの入力映像を処理し、自動車周辺の車線、車両、歩行者、標識などを認識する車載向けの画像認識用プロセッサ「TMPV7608XBG」を2015年1月からサンプル出荷し、2016年12月から量産を開始すると発表した。

[16:32 11/13]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第66回 ルネサスの制御マイコンRH850はソフト開発の負担を軽減

ルネサス エレクトロニクスが先日発表した、運転支援システムのニーズをオールインワンで提供するマイコンの狙いは、制御用のECUを簡単に作れるようにしたことにある。

[11:00 11/13]

2014年11月12日(水)

世界最大級の半導体産業イベント「SEMICON Japan 2014」 第2回 全て無料! 業界キーパーソンが集結する「SEMICON Japan Super THEATER」

2014年12月3~5日の3日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催される世界最大級の半導体産業イベント「SEMICON Japan 2014」。特に注目を集めているものが特別展「World of IoT」に関連したコンテンツが満載のカンファレンスイベント「SEMICON Japan Super THEATER」だろう。国内外のリーディング企業や研究機関に所属するトップエグゼクティブやエキスパートを招き、9つのテーマについて語り尽くす同カンファレンス。開催前に、その見所を紹介しよう。

[09:25 11/12]

2014年11月11日(火)

ZMPの車載データ送受信機とエイチアイの「UIコンダクター」が連携

ZMPとエイチアイは11月6日、ZMPの車載データ送受信機「カートモ UP PRO」とPC間で通信するためのライブラリをエイチアイの組み込みUIオーサリングツール「UIコンダクター(exbeans UI Conductor)」上で、使用することについて契約を締結し、共同でマーケティングを開始することで合意したと発表した。

[10:26 11/11]

"ものづくり"の現場から - 広がるMATLAB/Simulinkの世界 第9回 世界一の自動車開発を支える検証技術 - TTDCのモータHILS「次世代MotorBox」

いまや世界一の自動車メーカーとなったトヨタ自動車。そんな同社を牽引するのがエンジンとモータを組み合わせたHVだが、その開発には様々な機器の検証が必要となる。そんな多様なニーズに応えることを目指したソリューションを提供するのが「トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(TTDC)」だ。

[10:00 11/11]

アドバンテスト、研究開発から生産現場まで対応する無線温度ロガーを発表

アドバンテストは11月10日、自動車産業をはじめとするさまざまな産業の研究開発から生産現場までの温度評価用として無線温度ロガー「AirLogger WM1010」を発表した。

[09:00 11/11]

2014年11月10日(月)

QNX、車載システム向けOS「QNX OS for Automotive Safety」の発売を開始

加QNX Software Systemは2014年6月に「QNX OS for Automotive Safety 1.0」を発表したが、この製品が11月7日に発売開始された。これに併せて同日、都内でこの詳細についての説明会が開催されたので、その内容をお届けしたい。

[17:34 11/10]

TI、新DSPを搭載した車載向けプロセッサ2ファミリを発表

Texas Instruments(TI)は、同社のオートモーティブ・プロセッサ・シリーズ「Jacinto 6」に新たなプロセッサ「DRA75x」を追加し、「Jacinto 6 EP」ならびに「Jacinto 6 Ex」として提供すると発表した。

[15:28 11/10]

ZMP、自動運転車開発プラットフォーム車両「RoboCar MINIVAN」の販売を開始

ZMPは11月10日、市販のハイブリッドミニバンをベース車両とした「RoboCar MINIVAN」を発表し、同日より受注を開始すると発表した。

[13:59 11/10]

2014年11月07日(金)

ST、6軸慣性測定ユニット「ASM330LXH」を2015年Q1より量産と発表

STマイクロエレクトロニクス(ST)は11月7日、業界最小クラスのオートモーティブ・グレード準拠の6軸慣性測定ユニット「ASM330LXH」を発表した。

[16:17 11/7]

Infineon、安全性重視の車載アプリ向けデュアルセンサパッケージ製品を発表

Infineon Technologiesは、1個のセンサチップだけで電動パワーステアリングシステムの操舵トルクを高信頼性かつ高精度で検知することを可能とする「デュアルセンサパッケージ」を採用したリニアホールセンサならびに角度センサを発表した。

[10:00 11/7]

パラゴムノキに代わるタイヤに適用可能な天然ゴム資源は生まれるのか? - 事業の成長と持続可能な社会の構築の両立を目指すブリヂストン

ブリヂストンは10月31日、都内で会見を開き、パラゴムノキ由来の天然ゴムに代わる天然ゴム資源の研究に関する説明会を開催した。

[09:30 11/7]

2014年11月06日(木)

ZMPとHUG、自動車のデバッグやデータ収集など実験代行事業を共同展開

ZMPは11月4日、ハーツユナイテッドグループ(HUG)と業務提携および合弁会社の設立を行い、自動車業界向けのデバッグやデータ収集など実験代行に関する事業の共同展開を開始すると発表した。

[14:56 11/6]

ルネサス、次世代の自動運転システムを実現する1チップマイコンを発表

ルネサス エレクトロニクスは11月6日、自動車の運転支援システム実現に向け、センサ・フュージョン、ゲートウェイ、シャシーシステム用途の40nmプロセス採用32ビットマイコン「RH850/P1xシリーズ」のハイエンド版となる「RH850/P1x-Cシリーズ」を製品化したと発表した。

[12:31 11/6]

2014年11月05日(水)

ZMP、VisLab製ステレオビジョンシステムの販売を開始

ZMPは10月31日、イタリアのベンチャー企業VisLabが開発したステレオビジョンシステム「3DV-E」の販売を開始したと発表した。

[11:01 11/5]

田中貴金属、材料コストを半減できるスパークプラグ電極用白金チップを発表

TANAKAホールディングスは11月4日、田中貴金属グループの製造事業を展開する田中貴金属工業が、スパークプラグの外側電極材として、白金合金とニッケルをクラッド(異種金属接合)したチップを発表した。

[10:43 11/5]

2014年11月04日(火)

TI、低価格ADASアプリを実現可能なPoP採用SoCプロセッサファミリを発表

Texas Instruments(TI)は11月4日、エントリレベルからミドルレベルまでの自動車における先進運転支援システム(ADAS)アプリケーションの実現に向けた車載用SoCファミリとして「TDA3x」プロセッサファミリを追加したと発表した。

[14:42 11/4]

TUV、EV/PHV用充電設備の設置事業者認定を開始

TUV Rheinlandの日本法人であるテュフ ラインランド ジャパンは10月30日、「電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHV)用充電設備の設置事業者認定」を開始したと発表した。

[10:32 11/4]

ZMP、2チャネルのCANを同時接続可能な小型CAN-USBインタフェースを発表

ZMPは10月30日、2チャネルのCANをUSBでPCに同時接続可能な小型CAN-USBインタフェース「ZMP CAN-USB-Z」を発表した。

[10:31 11/4]

2014年10月31日(金)

シェフラー、日本法人の機能を強化- 栃木に新たな拠点を開設

シェフラーは10月29日、2015年5月に日本法人本社および研究開発施設を同市内で移転し、その後順次機能を強化していくと発表した。

[09:45 10/31]

京都マイクロ、「R-Car」用SoC内部バストラフィック計測ツールを発表

京都マイクロコンピュータは10月29日、ルネサス エレクトロニクスの統合コクピット向けソリューション第2世代「R-Car」シリーズのSoCに対応した、SoC内部バスのトラフィック計測ツールを発表した。

[09:40 10/31]

2014年10月30日(木)

三菱マテリアル、低摩擦性の自動車コネクタ端子用めっきを開発

三菱マテリアルは10月29日、連結子会社である三菱伸銅と共同で、電気的な接続信頼性を維持しながら端子挿入時の摩擦抵抗を低減した、自動車コネクタ端子用めっき「PICめっき」を開発したと発表した。

[18:38 10/30]

2014年10月29日(水)

ADI、0.5°maxの精度を実現した磁気角度センサ「ADA4571」を発表

Analog Devices(ADI)は、業界最高クラスの精度かつ最高クラスの速度を実現した磁気角度センサ「ADA4571」を発表した。

[16:08 10/29]

TDK、車載対応の積層セラミックコンデンサのラインアップを拡充

TDKは10月28日、車載対応で温度補償用NP0特性(150℃保証)CGAシリーズの積層セラミックコンデンサのラインアップを充実させ、定格電圧範囲(50~630V)と静電容量範囲(100pF~220nF)を実現したことを発表した。

[13:57 10/29]

TI、車載ヘッドライト・システム向けLEDマトリクス・マネージャを発表

Texas Instruments(TI)は、アダプティブ・ヘッドライト・システム向けに、完全集積型高輝度LEDマトリクス・マネージャIC「TPS92661-Q1」を発表した。

[13:04 10/29]

独VectorとBASELABS、ADASと自動運転に関わる製品・サービスを共同開発

独Vector InformatikとBASELABSは、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転の開発に関わる製品・サービスの共同開発を目的として提携関係を結ぶことで合意し、8月に調印が行われたと発表した。

[11:05 10/29]

ZMP、自動運転・高度運転支援技術開発向け全周囲環境認識パッケージを発表

ZMPは10月28日、車両に取り付けた4台の2次元レーザセンサで走行時の周辺車両を認識する、全周囲環境認識パッケージの販売を開始したと発表した。

[10:57 10/29]

"ものづくり"の現場から - 広がるMATLAB/Simulinkの世界 第8回 MATLAB/SimulinkのMBDツールでZynq-7000のコードを自動生成-マリモ電子工業

組込機器の高性能化要求は留まるところを知らない。しかし、それは裏を返せば開発の複雑さの増加、という問題を引き起こすこととなる。そんな中、MATLAB/Simulinkを用いたモデルベース開発(MBD)の手法を活用し、Zynq-7000を用いたベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)を短期間で開発した企業が、マリモ電子工業だ。同社の従業員76名というそれほど規模は大きくない会社だが、信州大学の超小型衛星「ShindaiSat」の開発にも関与するなど、ハードウェア、ソフトウェア双方で高い技術力を有する設計・開発企業だ。

[10:00 10/29]

2014年10月28日(火)

ダッソー・システムズがAKKAとのパートナーシップを発表

ダッソー・システムズは10月24日、テクノロジー・コンサルタント・グループであるAKKA Technologies(AKKA)との長期パートナーシップを発表した。

[12:16 10/28]

2014年10月25日(土)

Cadence、ISO 26262準拠の準備労力を半減するソリューションを発表

Cadence Design Systemsは10月22日(現地時間)、ISO 26262準拠の準備に必要とする労力を最大で50%削減する、自動車向け安全検証ソリューションを発表した。

[09:30 10/25]

2014年10月24日(金)

Freescale、車載インフォテインメント向け開発システム「SABRE」を発表

Freescale Semiconductorは10月21日(現地時間)、次世代のインフォテインメント、インストルメントクラスタ、カメラテレマティクス、リアシートエンタテインメントの設計において、車載グレードのEthernetコネクティビティを実現するハード/ソフトウェア開発システム「SABRE(Smart Application Blueprint for Rapid Engineering)」を発表した。

[17:55 10/24]

ホンダ、新安全運転支援システム「Honda SENSING」を発表

本田技研工業(ホンダ)は10月24日、新たな安全運転支援システム「Honda SENSING」を発表した。

[12:58 10/24]

2014年10月23日(木)

Freescale、小型統合型タイヤ空気圧モニタリングシステムを発表

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは10月23日、0.3gという軽量小型の統合パッケージタイヤ空気圧モニタリング・システム(TPMS)ソリューション「FXTH87ファミリ」を発表した。

[15:16 10/23]

ADI、デジタルオーディオ品質の車載バス技術搭載のトランシーバを発表

Analog Devices(ADI)は10月22日、オーディオやコントロールデータをクロックや電源とともにアンシールドのシングルツイストペアワイヤ上で配信することができるデジタルオーディオバス技術を搭載したトランシーバ「AD2410」を発表した。

[09:30 10/23]

2014年10月21日(火)

ローム、アイドリングストップ搭載車用マイコン向け汎用システム電源を開発

ロームは10月21日、HEVやEVをはじめとする自動車の電動パワーステアリング、燃料噴射装置などに使われる高機能な各種マイコンに最適なシステム電源「BD39001EKV-C」を発表した。

[18:30 10/21]

住友金属鉱山、2次電池用正極材料であるニッケル酸リチウムの増産を決定

住友金属鉱山は10月20日、2次電池用正極材料であるニッケル酸リチウムの生産設備の増強投資を決定したと発表した。

[15:11 10/21]

世界最大級の半導体産業イベント「SEMICON Japan 2014」 第1回 日本半導体業界の未来がここにある「SEMICON Japan 2014」

世界最大級の半導体産業イベント「SEMICON」。2014年は2月の韓国を皮切りに、世界8カ所にて開催中だ。そして、その最後を飾る「SEMICON Japan 2014」が、東京ビッグサイトにて2014年12月3~5日に開催される。テーマに「without limits」を掲げ、新たなイノベーションを生み出す場として生まれ変わろうとするSEMICON。その目指す方向と、今回の内容について主催者であるSEMIジャパンの代表、中村修氏に解説いただいた。

[07:30 10/21]

2014年10月20日(月)

Altera、AEC-Q100温度グレード2認定標準に完全準拠の電源SoCを発表

Alteraは10月16日(現地時間)、車載用半導体のストレステスト認定であるAutomotive Electronics Council(AEC-Q100)温度グレード2認定標準に完全準拠した電源SoC「Enpirion」を発表した。

[14:31 10/20]

2014年10月17日(金)

日産、EVを活用したエネルギーマネジメントの実証実験を10月から開始

日産自動車は10月16日、電気自動車「日産リーフ」と電力供給システム「LEAF to Home」を活用したエネルギーマネジメントの実証実験を10月より開始したと発表した。

[18:50 10/17]

未来館でスタートしたUNI-CUBβの有料レンタルサービスを実際に体験!

日本科学未来館では10月1日より、本田技研工業製の座乗型パーソナルモビリティ「UNI-CUBβ」の来館者向け有料レンタルサービスを開始。実際に体験ツアーに参加してUNI-CUBβに乗って見たので、その模様をお届けする。

[11:30 10/17]

Renesas Devcon 2014 - 展示会場で見た次世代ソリューション

Renesas Devconではテクニカルセッションと並行して、ソリューション展示会場で様々な展示を行っていた。これをいくつかご紹介したいと思う。

[11:00 10/17]

2014年10月16日(木)

ソニー、0.005luxでも撮影可能な車載カメラ向けCMOSイメージセンサを発表

ソニーは10月16日、星明かりよりもさらに暗い、闇夜に相当する低照度0.005ルクスの環境においても高画質なカラー映像の撮影を可能とする、世界最高クラスの感度を実現した車載カメラ向けCMOSイメージセンサ「IMX224MQV」を発表した。

[17:23 10/16]

イートン、Webベースの車載電子部品ソリューションポータル「AES」を発表

イートン エレクトロニクスは10月15日(米国時間)、Webベースの車載電子部品ソリューションポータル「Automotive Electronics Solutions(AES)」を中心とした車載電子部品向け販売強化戦略を発表した。

[16:21 10/16]

2014年10月15日(水)

ルネサス、シャシーシステム向けに車載用40nm 32ビットマイコンを発表

ルネサス エレクトロニクスは10月15日、電動パワーステアリング(EPS)やブレーキシステムなどのシャシーシステム向けに40nmプロセスを採用した車載用32ビットマイコン「RH850/P1xシリーズ」を製品化し、「RH850/P1M」のサンプル出荷を開始したと発表した。

[17:13 10/15]

2014年10月09日(木)

ルネサスは存続しなければいけない企業 - 作田会長に聞いたルネサスの現在

さて、だいぶ時間が経過してしまったが、「Renesas DevCon 2014」のレポート第2弾は、同社の作田久雄会長と鶴丸哲哉社長へのインタビューの結果をお届けしたい。このインタビューは複数の媒体のラウンドテーブル形式で、したがって似たような質問やその回答が重複することになった。そこで、ちょっと整理する形でインタビューの内容をお届けしたいと思う。

[10:00 10/9]

2014年10月07日(火)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第65回 欧州のクリーン化で世界を攻めるInfineon

「クルマをもっとクリーンに、安全に、スマートに」を標榜するInfineon Technologiesがクルマ用半導体で攻勢をかけている。現在、ルネサス エレクトロニクスに次いで世界第2位に位置するInfineonの2013年の販売シェアは、前年比0.5ポイント上げて9.6%に上がった。1位のルネサスは0.9ポイント下げて13.3%となり、その差が少し縮まったことになる。

[11:04 10/7]

2014年10月06日(月)

Spansion、3Dグラフィックエンジン内蔵の車載マイコンを発表

Spansionは、同社の提供するARM Cortex-R5コア採用車載向けマイコン「Traveo」シリーズに、新たに車載ディスプレイやダッシュボード向けに高機能・高性能ヒューマン・マシンインタフェース(HMI)「HyperBusインタフェース」を搭載したグラフィックマイコンシリーズを追加したと発表した。

[16:03 10/6]

2014年10月03日(金)

ST、車載アプリの電力効率を向上させる100V耐圧パワーMOSFETを発表

STMicroelectronicsは10月2日、低耐圧パワーMOSFET「STripFET F7」シリーズに、車載グレードに準拠した100V耐圧の「STH315N10F7-2/6」、および「STP315N10F7」3品種を追加したと発表した。

[12:33 10/3]

2014年10月02日(木)

メルセデス、新型Cクラスステーションワゴンを発表 - ニコがSPゲストで登場

メルセデス・ベンツは10月1日、都内で発表会を開き、6年ぶりにフルモデルチェンジを行ったメルセデス・ベンツ「Cクラスステーションワゴン」の販売開始を発表した。

[09:00 10/2]

NXP、セキュアコネクテッドカー向けにC2Xチップセットを供給開始

NXP Semiconductorsは9月30日、セキュアコネクテッドカー向けにC2Xチップセットの供給を開始すると発表した。

[09:00 10/2]

2014年10月01日(水)

Freescaleとアルプス電気、テレマティックス車載製品ラインアップを強化

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンとアルプス電気は9月30日、次世代テレマティクスおよび先進運転支援システム(ADAS)に向けた3種類の車載グレード対応のコネクティビティモジュールを発表した。

[18:42 10/1]

ホンダ、2015年のF1参戦に向けて開発中のパワーユニットを公開

本田技研工業(ホンダ)は10月1日、2015年のFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)への参戦に向けて、現在開発を行っているパワーユニットの画像を公開した。

[16:20 10/1]

2014年09月30日(火)

パイオニア、LTE通信モジュールを搭載したミラー型車載機器を開発

パイオニアは9月30日、車載機器として国内で初めてLTE通信モジュールを搭載した、クラウドサービスを活用する「ミラー型テレマティクス端末」を開発したと発表した。

[18:31 9/30]

"ル・マン"チャンピオンも登壇、車とエレクトロニクスの催事 - 千代田区

自動車産業とエレクトロニクス産業向けのイベント「Automotive Simulation World Congress 2014」、「ANSYS Electronics Simulation Expo 2014」(ともにアンシス・ジャパン株式会社 主催)が10月9日、10日の2日間に東京都千代田区のJPタワー ホール&カンファレンスで開催。基調講演には、ル・マン24時間 LM-GTE Pro クラス チャンピオンドライバー ジャンマリア・ブルーニ(Gianmaria Bruni)氏の登壇も予定されている。

[08:30 9/30]

2014年09月29日(月)

マクラーレン、アジア市場向けテーラーメイドモデル「McLaren 625C」を発表

マクラーレン・オートモーティブは、自社ブランドの地位向上を目指し、アジア市場向けとしては初のテーラーメイドモデルとなる「McLaren 625C」を発表した。

[14:13 9/29]

産総研、自動車用コネクタの小型・軽量化につながる評価装置を開発

産業技術総合研究所(産総研)は9月25日、銅板にスズメッキを施して製品化されている自動車ワイヤハーネス用コネクタの小型・軽量化のための評価装置を開発したと発表した。

[10:08 9/29]

2014年09月26日(金)

Intersil、eCallのバックアップ・バッテリ向けバッテリチャージャを発表

Intersilは、車載緊急通報(eCall)システムのリチウムイオン・バッテリの寿命延長を実現する4.1Vシングルセル・バッテリ・チャージャ「ISL78692」を発表した。

[15:01 9/26]

2014年09月25日(木)

ARM、DSP性能を従来より2倍高めた32ビットCortex-M7プロセッサを発表

ARMは、従来のARMベースMCUに比べ、DSP性能を2倍に高めた32ビットCortex-M7プロセッサを発表した。

[10:35 9/25]

2014年09月22日(月)

トヨタ、パリモーターショーにコンパクトクロスオーバーのコンセプトカーを出展

トヨタ自動車は、仏パリで10月2日~19日に開催される2014年パリモーターショー「Mondial de l'Automobile 2014」にコンパクトクロスオーバーのコンセプトカー「TOYOTA C-HR Concept」を出展すると発表した。

[11:00 9/22]

日産と佐川急便、100%電気トラックによる配送の実証実験を2カ月間実施

日産自動車と佐川急便は、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を、2014年の夏の間2カ月間にわたって行ったことを発表した。

[08:00 9/22]

2014年09月19日(金)

DMP、加CogniVueのコンピュータビジョン用画像処理LSIの取り扱いを開始

ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)は9月19日、カナダCogniVueのコンピュータビジョン用画像処理LSI「CV220x」の取り扱いを開始したと発表した。

[15:52 9/19]

ヤマト運輸、業務用電動アシスト自転車を用いた集配業務の効率化検証を計画

ヤマト運輸は9月18日、ヤマハ発動機とともに、産業競争力強化法に基づく新事業活動計画について、経済産業省および国土交通省の認定を受け、2014年10月1日より2015年8月末までの期間、業務用電動アシスト自転車を活用し、安全面や集配業務の効率化の検証を行う計画であることを発表した。

[12:50 9/19]

ローム、車載のECU保護に最適な高電圧タイプのツェナーダイオードを発表

ロームは9月18日、各種電子回路の定電圧用途や保護用途として使用されるツェナーダイオードに高電圧タイプの「UDZLV」シリーズを追加したと発表した。

[11:16 9/19]

2014年09月18日(木)

日産、約1万8000台のHV仕様のフーガ/シーマ/スカイラインをリコール

日産自動車は9月18日、同社の乗用車「フーガ」「シーマ」「スカイライン」ならびに三菱自動車ブランドで製造した「ディグニティ」の4車種で、2010年9月30日から2014年7月28日にかけて製造されたハイブリッド自動車(HV)、合計1万8525台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

[20:28 9/18]

レクサス、HS250h特別仕様車にツートーンレッドの内装色を追加設定

レクサス(トヨタ自動車)は、6月16日に発売した「HS250s」の特別仕様車「Harmonious Leather Interior II」に新しいインテリアカラーとして、ツートーンのレッドを採用した専用インテリアカラー「レッドスピネル」を追加し、11月3日より発売すると発表した。

[19:15 9/18]

2014年09月17日(水)

Qualcomm、フォーミュラEセーフティーカーの非接触給電技術説明動画を公開

Qualcommは、9月13日に開幕したフォーミュラEで使用されたBMW i3のメディカルカー、BMW i8のセーフティーカー、ならびにレースディレクターカーに用いられた同社の電気自動車用ワイヤレス給電(WEVC)技術「Qualcomm Halo」を紹介する動画を公開したことを発表した。

[19:42 9/17]

ユビキタスとミラクル・リナックス、車載向け組み込みLinuxで業務提携

ユビキタスとミラクル・リナックスは9月17日、自動車メーカーや機器メーカーを対象に、車載機器やIVI(In-Vehicle Infotainment)向けのソフトウェア販売から技術サポートまでワンストップで提供することを目的に業務提携したと発表した。

[16:50 9/17]

ラピス、次世代VICSサービス対応の超小型FM多重放送受信用LSIを開発

ラピスセミコンダクタは9月17日、2015年4月より開始予定の次世代VICS(Vehicle Information and Communication System)サービスに対応したFM多重放送受信用LSI「ML7154」を発表した。

[16:29 9/17]

インクリメントP、自動運転技術の公道実証実験ワーキンググループに参加

インクリメントPは9月17日、自動車の自動運転技術の実用化と市場創出を目的に、新しく発足された市街地での公道実証実験を実施するワーキングループ「アーバンドライブワーキンググループ」に参加することを発表した。

[13:34 9/17]

アルプス電気、車載用LTEモジュール「UMDZ」シリーズを発表

アルプス電気は9月16日、車載用高速データ通信に対応するLTEモジュール「UMDZ」シリーズを2015年度に製品化すると発表した。

[10:39 9/17]

2014年09月12日(金)

メルセデス、ミッキーモチーフのスマートEVを日本限定40台で発売(写真65枚)

メルセデス・ベンツ日本とウォルト・ディズニー・ジャパンは9月12日、メルセデス・ベンツの2人乗りのミクロコンパクトカー「Smart(スマート)」の電気自動車バージョン「smart fortwo electricdrive」に、ディズニーのキャラクターである「ミッキーマウス」をテーマとした特別仕様車「smart fortwo electric drive edition Disney」を日本限定で販売することを発表した。

[16:48 9/12]

マツダ、新型「デミオ」の予約販売を開始 - 新開発の「SKYACTIV」を採用

マツダは9月11日、新型「マツダ デミオ」の予約受注を開始すると発表した。

[15:33 9/12]

ZMP、3種類の衛星に対応しCANでデータ出力する車載GPSモジュールを発表

ZMPは9月10日、3種類の衛星に対応し、計測データをCANフォーマットで出力する車載GPSモジュール「ZMP Position-Z2」の販売を開始したと発表した。

[09:52 9/12]

2014年09月11日(木)

アウディ、「Audi A4/A4 Avant urban style edition」を500台限定で発売

アウディ ジャパンは9月10日、世界的なベストセラーで日本でも人気の高い「Audi A4」シリーズのエントリーモデル「Audi A4/A4 Avant 2.0 TFSI」および「quattro」モデル「Audi A4/A4 Avant 2.0TFSI quattro」にスタイリッシュな装備を追加した限定車「Audi A4/A4 Avant urban style edition」の発売を開始すると発表した。

[13:01 9/11]

メルセデス、「Gクラス」誕生35周年を記念した特別仕様車を発表

メルセデス・ベンツは9月10日、メルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル「Gクラス」の誕生35周年を記念して内外装に特別装備を採用した「G 63 AMG 35th Anniversary Edition」および「G 350 BlueTEC 35th Anniversary Edition」の注文受付を台数限定で開始したと発表した。

[10:00 9/11]

自動車/エレクトロニクスの設計に革新を――アンシスが技術イベントを開催

開発期間の短縮は、ものづくりにおける重大な課題として現在も存在し続けている。これを解決するうえで大きな“鍵”になるのは、試作品による実機検証をいかにして削減するかということだ。ソリューション・ベンダーとしての同社のビジョン、注力分野、さらには同社のソリューションを理解するための格好の場となる同社主催イベントについて紹介する。

[08:00 9/11]

2014年09月10日(水)

光岡と伊勢丹、コラボカー「ヒミコ クレイジータイマー」を発売(写真40枚)

光岡自動車は9月10日、伊勢丹とコラボレーションした特別仕様車「Himiko CRAZY TIMER(ヒミコ クレイジータイマー)」を20台限定で販売すると発表した。

[14:59 9/10]

アウディ、330台限定の「Audi A1 Sportback admired2 limited」を発売

アウディ ジャパンは、同社のプレミアムコンパクトカー「Audi A1」の5ドアモデル「Audi A1 Sportback」をベースに、S lineエクステリアなどを含めたパッケージを装着した「Audi A1 Sportback admired2 limited」を330台の限定モデルとして9月10日より発売すると発表した。

[09:30 9/10]

トヨタ、カムリをマイナーチェンジ - 安全装備オプションを拡充

トヨタ自動車は9月9日、カムリをマイナーチェンジしたことを発表した。

[09:00 9/10]

ジャガー、新開発のモジュラー車体構造を採用した「ジャガーXE」を発表

ジャガー・ランドローバーは、英ロンドンのアールズコートで開催したイベントにおいて、アルミニウムを多用したほか、新たに開発したモジュラー車体構造を初めて採用した「ジャガー XE」を公開した。

[09:00 9/10]

2014年09月09日(火)

BMWJ、新型MINI CROSSOVERを発表 - ディーゼル・エンジン搭載モデルを導入

ビー・エム・ダブリュー(BMWJ)は、4ドアSUVモデルMINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)をモデルチェンジし、MINIとして国内で初めてとなるクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したモデルをラインアップに追加したと発表した。

[21:27 9/9]

ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内10万台販売を達成 - マツダ

マツダは9月9日、「SKYACTIV技術」を用いたディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載した自動車の国内販売台数が同日、2012年2月の「マツダ CX-5」の市場投入以降の累計で10万台を突破したと発表した。

[19:31 9/9]

住友電工子会社、メキシコに焼結製品の製造・販売会社を設立

住友電工は9月8日、子会社の住友電工焼結合金が、焼結製品製造・販売の新たな拠点として、メキシコにSumitomo Electric Sintered Components Mexico, S.A. de C.V.を設立したと発表した。

[16:55 9/9]

BMWJ、「MINI Paceman」を刷新 - クリーン・ディーゼルエンジンを搭載

ビー・エム・ダブリュー(BMWJ)は、プレミアム・コンパクト・セグメントのスポーツ・アクティビティ・クーペ「MINI Paceman(ペースマン)」をモデル・チェンジし、クーペ・モデルにクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したモデルをラインアップに加えたことを発表した。

[10:37 9/9]

セントラル硝子とSaint-Gobain、インドネシアに自動車ガラス合弁会社を設立

セントラル硝子は9月5日、Saint-Gobainとインドネシアにおいて自動車用ガラス製造販売会社を合弁で設立することについて基本合意に至ったと発表した。

[09:51 9/9]

2014年09月08日(月)

トヨタ、ITS世界会議に先立ち、自動運転技術の開発状況について公表

トヨタ自動車は9月5日、米国ミシガン州で9月7日より開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に先立ち、安全運転支援に向けた自動運転技術に関して、高度運転支援システムと要素技術の開発状況を公表した。

[14:38 9/8]

ホンダ、ITS世界会議で最新のコネクティッドカー技術と自動運転技術を公開

本田技研工業(ホンダ)は9月5日、米国ミシガン州デトロイトで9月7日~11日に開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に出展し、自動運転による高速道路上での合流・分岐・車線変更など、最新のコネクティッドカー技術(ネット接続型自動車技術)と自動運転技術のデモンストレーションを行うと発表した。

[14:35 9/8]

トヨタ、米国の先進安全技術研究センターに3500万ドルを新規投資

トヨタ自動車は9月4日、米国ミシガン州のToyota Technical Center(TTC)内に設置されている先進安全技術研究センター(Collaborative Safety Research Center:CSRC)において、より安全で信頼できる交通手段の確立を目的に、先進安全技術の研究の取り組みを大幅に強化するため、新規で3500万ドルを投資すると発表した。

[14:33 9/8]

2014年09月05日(金)

テスラ、新サービスセンターを開設 - 新EV「モデルS」日本仕様試乗会も実施

米国に本社を置く電気自動車のスーパーカー・高級車メーカーであるテスラモーターズの日本支社テスラモーターズジャパンは9月2日、最新モデル「モデルS」の日本での納車が同月8日より開始するのに先立ち、ショールーム機能も併せ持つ新サービスセンター「テスラ サービスセンター+(プラス)」を横浜にオープン。プレス向けにモデルS日本仕様車の試乗会を兼ねたセンターの内覧会を実施したので、その模様をお届けする。

[15:15 9/5]

2014年09月04日(木)

WHILL、次世代パーソナルモビリティ「WHILL Model A」を9月より発売

WHILLは、車いす型の次世代パーソナルモビリティ「WHILL Model A」の販売を2014年9月より開始すると発表した。

[16:02 9/4]

富士通テン、1/2.7型の大型CMOSセンサ搭載のドライブレコーダ2機種を発表

富士通テンは9月3日、カーナビゲーションブランド「ECLIPSE」から一般車両向けドライブレコーダとして、カメラ・本体分離型の「DREC4000」と、カメラ・本体一体型の「DREC200」2機種を発表した。

[12:40 9/4]

価値ある1バイトをどうやって提供するのか? -Renesas DevCon 2014 基調講演

ルネサス エレクトロニクスは9月2日、都内にて「Renesas DevCon Japan 2014」を開催した。なぜこの時期に、という話はまた改めてご紹介するとして、まずは基調講演の内容をお届けしたいと思う。

[11:50 9/4]

2014年09月03日(水)

TI、緊急通報システムなど向け車載用Class-Dオーディオアンプを発表

Texas Instruments(TI)は9月2日、緊急通報システムやインスツルメンツクラスタシステム向けに、ロードダンプ保護と診断機能を1チップに統合した車載用Class-Dオーディオアンプ「TAS5421-Q1」を発表した。

[09:30 9/3]

2014年09月02日(火)

スポーティなコンパクトステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」 - VGJ

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は9月2日、同社のコンパクトステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」に、さらにスポーティな「ゴルフ ヴァリアントR-Line」を追加設定として販売を開始したと発表した。

[15:14 9/2]

キャタピラー、リアビューカメラ搭載のダンプトラック「770G」を発売

キャタピラージャパンは、採石・鉱山における原石運搬のほか、土木工事などで活躍するダンプトラック「770G」の発売を開始したほか、同時に姉妹機「772G」の受注も開始したと発表した。

[14:42 9/2]

トヨタ、エスティマ/エスティマハイブリッドを改良-全車にS-VSCを標準装備

トヨタ自動車は9月2日、「エスティマ」ならびに「エスティマハイブリッド」の一部改良を実施するとともに、特別仕様車「VERY Edition」を新たに設定し、同日より販売を開始したと発表した。

[14:29 9/2]

トヨタ、2代目の軽商用車「ピクシス トラック」を発表 - 燃費19km/Lを実現

トヨタ自動車は9月2日、軽商用車「ピクシス トラック」をフルモデルチェンジし、同日より販売を開始したと発表した。

[14:12 9/2]

トヨタ、マークXの一部改良を実施 - 駐車空間認識機能などの適用車種を拡大

トヨタ自動車は9月1日、同社の「マークX」を一部改良するとともに、特別仕様車「250G "Yellow Label(イエローレーベル)"」、「250G Four "Yellow Label"」、「250G "Sパッケージ・Yellow Label"」を設定し発売を開始したと発表した。

[13:57 9/2]

トヨタ、FCV向け高圧水素タンクの「登録容器製造業者」としての認可を取得

トヨタ自動車は、高圧ガス保安法により定められているガス系燃料タンクの内、燃料電池自動車(FCV)用高圧水素タンクに関して、自主検査により製造することができる「登録容器製造業者」として、経済産業大臣の認可を取得したと発表した。

[13:35 9/2]

2014年09月01日(月)

Freescale、民生・車載製品向けにワイヤレス充電ソリューションを発表

Freescale Semiconductorは9月1日、民生および車載アプリケーションをターゲットとするプログラミング可能なワイヤレス充電ICとそれに対応するリファレンスデザインを発表した。

[16:26 9/1]

2014年08月29日(金)

日本モレックス、自動車配線などの過酷環境向けに防水接続システムを発表

日本モレックスは、自動車配線など過酷環境での使用が想定される用途に向けて、高信頼性とコスト競争力を両立させた防水接続システム「ML-XT」を発表した。

[17:19 8/29]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第64回 画像合成・認識・視点変換・座標変換を搭載したADASチップをルネサスが実現

クルマの先進運転支援システムADASの最終目標は自動運転だろう。その時は、運転免許証は意味を持たなくなり、自動車学校は廃校になる。警察の仕組みが変わり、クルマ情報のサービスプロバイダが活躍する。個人がクルマを持つのではなく、いつでもどこでもクルマを借りられるレンタカーシステムが中心になるかもしれない。自動運転車は、技術的に力ずくで開発すればできるだろうが、上で述べた社会的な問題が山積しており実現する日はそれほど近くない。技術はむしろ、コスト的に見合う方法で、しっかり築いていけばよい。このような状況で、ルネサスエレクトロニクスは、ADASシステムに向けた新しいシステムLSIを発表した。

[11:00 8/29]

2014年08月28日(木)

ルネサス、自動車の周辺環境を画像で認識できるADAS向けSoC製品を発表

ルネサス エレクトロニクスは8月28日、ドライバの見落とし防止により道路や駐車場における事故の減少や自動運転の実現に向けた製品として、自動車の周辺環境の画像認識機能を組み込んだSoC「R-Car V2H」を発表した。

[12:54 8/28]

TI、AEC-Q100取得済みの車載・産業向け高電圧動作LDO製品17品種を発表

Texas Instruments(TI)は8月26日、車載規格AEC-Q100認証取得済みの、車載や産業向け高電圧動作LDO(低ドロップアウト)製品17品種を発表した。

[09:30 8/28]

2014年08月27日(水)

ルネサス、HEV/EV用モータ制御向けに40nmマイコンを発表

ルネサス エレクトロニクスは8月27日、ハイブリッド電気自動車/電気自動車(HEV/EV)用モータ制御向けに40nmプロセスを採用した車載用32ビットマイコン「RH850/C1x」シリーズ2品種を発表した。

[18:28 8/27]

Silicon Labs、カーラジオシステム向けグローバルレシーバICを発表

Silicon Laboratories(Silicon Labs)は8月26日、要求の厳しいカーラジオシステム向けに最高クラスのAM/FM、およびHD Radio/DAB/DMBなどデジタルラジオを提供する車載チューナIC「Si4790x」ファミリを発表した。

[09:30 8/27]

2014年08月26日(火)

図研エルミックとルネサス、車載Ethernet用ミドルウェアを共同開発

図研エルミックとルネサス エレクトロニクスは8月25日、自動車用Ethernet AVB通信を実現するためのソフトウェアを共同開発したと発表した。

[11:05 8/26]

2014年08月22日(金)

K2L、主要車載バスに対応してテスト・検証機能などを統合したATSを発表

K2Lは8月21日、すべての主要な車載バスシステムに対応し、レストバスシミュレーション、デバイスシミュレーション、システム開発中のテスト、ラピッドプロトタイピングなど、テストとシミュレーションに関するすべてのタスクを1つのハードウェアおよびソフトウェアツールでサポートしたATSを発表した。

[13:40 8/22]

TI、車載インフォテインメントと充電環境を向上させるアナログ製品を発表

Texas Instruments(TI)は8月20日、インフォテインメントやドライビング体験を向上させる、車載向けの高性能電力管理、SuperSpeed USBやロジックなどの7製品と車載インフォテインメントシステムを強化するPMIC(電源管理IC)、より快適で便利な接続体験を実現する車載向けUSB 3.0デバイス、フリーポジショニングのQi規格準拠ワイヤレスパワートランスミッタを発表した。

[13:14 8/22]

2014年08月19日(火)

アイシン精機、電子システム開発体制強化のため九州と東京に開発拠点を設置

アイシン精機は、自動車の電子システム開発体制を強化するため、北九州市と東京都内にそれぞれ開発拠点を設置すると発表した。

[09:46 8/19]

2014年08月18日(月)

NEDO、SiCパワー素子の自動車・鉄道車両向け応用システム開発を加速

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月15日、パワーエレクトニクス分野における日本の技術的優位性の確保と適用拡大を目指し、新たなテーマを開始すると発表した。

[17:01 8/18]

2014年08月08日(金)

サイバネット、自動車照明設計プラットフォームの国内販売を開始

サイバネットは8月7日、電子設計自動化(EDA)と設計資産(IP)を手がけるSynopsysの自動車証明設計プラットフォーム「LucidShape」の国内販売を開始したと発表した。

[10:07 8/8]

2014年08月06日(水)

デンソー、車載半導体回路の開発を行う東京事業所を開所

デンソーは8月6日、車載半導体回路の設計開発を行う東京事業所(東京都港区)を7月に設置し、開所式を行ったと発表した。

[17:52 8/6]

Intersil、大電流回路向け55V高効率降圧コントローラを発表

Intersilは8月5日、3Aハイサイド/ローサイドドライバ内蔵の55V同期整流型降圧コントローラ「ISL78268」を発表した。

[13:28 8/6]

2014年08月01日(金)

パナソニックとTesla Motors、EV向け大規模電池工場での協力に合意

パナソニックと米Tesla Motorsは7月31日、米国において「ギガファクトリー」と呼ばれる大規模電池工場の建設に関して協力することで合意したと発表した。

[09:30 8/1]

2014年07月30日(水)

TDK、車載向け3端子貫通フィルタを発表 - 最大10Aの大電流にも対応

TDKは7月29日、自動車の急速な安全性能、およびICT機能の進化に貢献するべく、車載向け3端子貫通フィルタを発表した。

[18:30 7/30]

SII、ウォッチドッグタイマリセット内蔵LDOボルテージレギュレータを発表

セイコーインスツル(SII)は7月29日、動作温度125℃を実現した車載用ウォッチドッグタイマリセット内蔵のLDOボルテージレギュレータ「S-19500/19501」シリーズを発表した。

[18:23 7/30]

パナソニック、EV・PHEV充電用充電スタンド「ELSEEV mine」(Mode3)を発売

パナソニックは7月30日、住宅などのプライベートエリアでの使用に適したEV・PHEV充電スタンド「ELSEEV mine」(Mode3)を2014年8月1日より発売すると発表した。

[12:08 7/30]

2014年07月29日(火)

トヨタ、レクサスブランド初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発表

トヨタ自動車は7月29日、LEXUS(レクサス)として初となるコンパクトクロスオーバーSUV「NX」を開発し、全国で発売を開始したと発表した。

[18:38 7/29]

アルプス電気、車載向けのタクトスイッチ静音ミドルストロークタイプを発表

アルプス電気は7月29日、車室内の操作に最適な、車載向けのタクトスイッチ静音ミドルストロークタイプ「SKST」シリーズを発表した。

[17:44 7/29]

2014年07月25日(金)

ZMP、ADAS開発向け単眼カメラによる汎用画像認識システムを販売開始

ZMPは7月24日、単眼カメラによる汎用画像認識システム「RoboVision Single」の販売を開始したと発表した。

[09:00 7/25]

2014年07月24日(木)

Microchip、車載システム向けMOST ToGoリファレンスデザインを発表

Microchip Technologyは7月22日(米国時間)、MOSTテクノロジの習得から車載インフォテインメントシステムへの実装までの負担を軽減するMOST ToGoリファレンスデザインとして、MOST150 cPhy MOST ToGo評価用キット「B20001」と、MOST50 ePhy MOST ToGo評価用キット「B20004」の2種類を発表した。

[17:24 7/24]

2014年07月23日(水)

三菱電機、自動車用パワー半導体モジュール「J1」シリーズを拡充

三菱電機は7月22日、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)用モータのインバータ駆動に用いるパワー半導体モジュール「J1」シリーズの新製品として、高電圧バッテリに対応した300A/1200Vの「CT300CJ1A120」と小容量インバータに対応した300A/650Vの「CT300CJ1A060」を発表した。

[10:00 7/23]

2014年07月22日(火)

ZMP、自動運転技術・ADAS開発向け全周囲センシングパッケージを発表

ZMPは7月17日、自動運転技術や、先進運転支援システム(ADAS)開発向けに、4台のレーザレンジセンサを使用してクルマの全周囲360度をセンシングする「全周囲センシングパッケージ」を発表した。

[09:00 7/22]

2014年07月18日(金)

幅広い分野での活用が進むGPU - GTC Japan 2014基調講演

7月16日、東京ミッドタウンで「GTC(GPU Technology Conference)」が開催された。今年の参加者は1700人を超え、昨年を200人あまり上回る盛況である。今年のGTCでは、NVIDIAフェローのDavid Kirk氏が基調講演を行った。Kirk氏は1997年から2009年まで同社の主席研究員を務め、現在のGPUの興隆をもたらしたグラフィック技術の開発を主導した人である。現在は特別研究員という肩書で、自分の興味のある研究を行っているという。

[12:29 7/18]

2014年07月17日(木)

ランボルギーニ、革新的な技術を注ぎ込んだ「ウラカンLP610-4」を日本で披露

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは7月17日、都内で同社のラグジュアリー・スーパースポーツカー「ランボルギーニ・ウラカン LP 610-4」を国内で初披露した。

[21:58 7/17]

2016年末までに高速道路上での自動運転を可能にする技術を実用化 - 日産

日産自動車は7月17日、現在開発を進めている自動運転技術の投入スケジュールを明らかにした。

[14:45 7/17]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第63回 クルマ用組み込みシステムのすべてを設計できるMentorのツール

Mentor Graphicsが7月9日に発表したドイツXSeの買収は、Mentorの持つ組み込みシステム開発用のツールと、XSeのハードウェア開発ツールを組み合わせて、クルマのECUやエレクトロニクスシステムのかなりの部分を設計・検証できるが、7月17日にはクルマも含めた、ヘテロジニアスのマルチコア組み込みシステムの開発向けソリューションも発表した。

[10:00 7/17]

さあ、すごい未来を世界に見せよう! - NVIDIA、GTC Japan 2014を開催

NVIDIAは7月16日、都内で同社GPUに関するカンファレンス「GPU Technology Conference Japan 2014(GTC Japan 2014)」を開催した。基調講演には、同社FellowのDavid Kirk氏が、GPUに関する最新トピックスならびにGPUを活用して切り開かれる未来の姿の説明を行った。

[00:00 7/17]

2014年07月11日(金)

メルセデス、7年ぶりにフルモデルチェンジした「Cクラス」を日本市場に投入

メルセデス・ベンツ日本は7月11日、7年ぶりにフルモデルチェンジを行った「Cクラス」を日本市場に投入することを発表した。

[17:54 7/11]

フィリップス、自動車ヘッドライト用HIDバルブ2品種を発表

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは7月10日、自動車ヘッドライト用HIDバルブ「Philips Ultinon HID 6200K/6700K」2品種を発表した。

[16:38 7/11]

2014年07月10日(木)

Mentor、カーエレ向けプラットフォームなどを展開する独メーカーを買収

Mentor Graphicsは7月9日、自動車システムアーキテクチャおよびハードウェアのリファレンスプラットフォームを展開する独XS Embedded(XSe)を買収したと発表した。

[09:30 7/10]

2014年07月08日(火)

SIM-Drive、ガソリンエンジン車を超す性能のEV開発を開始

SIM-Driveは7月7日より、ガソリンエンジン車を超す性能を有する電気自動車(EV)の開発を開始したことを発表した。

[13:34 7/8]

2014年07月07日(月)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第62回 後発組としてニッチを狙うMaxim

カーエレクトロニクスの後発組の米国メーカーでさえ、アナログメーカーならでは実現できる製品を狙い、参入機会をうかがっている。米Maxim Integratedは、高速データレートのSerDesを使ったADASシステムや、デジタルラジオやテレビのモデム機能をソフトウェアだけで変えられるSDR、スリープモードを駆使するキーレスエントリ、など、すきま市場を狙う。

[12:14 7/7]

2014年07月04日(金)

産総研、触媒の性能を維持して白金族使用量を50%低減する調製法を開発

産業技術総合研究所(産総研)は7月3日、ディーゼル排ガス酸化触媒に含まれる白金族の使用量低減に有効な触媒調製法として、表面ポリオール還元法を開発したと発表した。

[14:21 7/4]

2014年07月03日(木)

エルナー、車載向けハイブリッドアルミ電解コンデンサを開発

エルナーは、車載市場向けにアルミ電解コンデンサと導電性高分子コンデンサの長所を合わせ持つ表面実装タイプの導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサを開発したと発表した。

[13:40 7/3]

ZMP、Intel製CPUを搭載した自動運転用コントローラ「IZAC」を開発

ZMPは7月2日、Intel製CPUを搭載した自動運転用コントローラボックス「IZAC(Intel ZMP Autonomous Controller)」を開発したと発表した。9月よりテスト販売を開始する。

[11:02 7/3]

2014年07月02日(水)

日亜化学、車載ヘッドアップディスプレイ用半導体レーザーを発表

日亜化学工業は、車載ヘッドアップディスプレイ用途向けに青色ならびに緑色の半導体レーザーを製品化することを決定したと発表した。

[16:08 7/2]

三菱電機、EV/PV/商用の電力を混ぜて使えるパワコンをモニター販売開始

三菱電機は7月1日、電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)、商用の3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナ「SMART V2H」4機種を製品化し、モニター販売を7月31日より開始すると発表した。

[10:00 7/2]

SII、鉛バッテリの電圧を直接検出できる高耐圧ボルテージディテクタを発表

セイコーインスツル(SII)は7月1日、自動車のECUの電源として用いられている12V鉛バッテリの電圧を直接検出することが可能な125℃動作の36V高耐圧ボルテージディテクタ「S-19110シリーズ」を発表した。

[09:30 7/2]

2014年06月30日(月)

ZMPなど、名古屋で自動運転の公道実証実験を2014年度中に実施

ZMPは6月27日、アイサンテクノロジー、名古屋大学大学院 情報科学研究科の武田一哉研究室と連携して、自動車の自動運転の公道実証実験を名古屋市で平成26年度中に実施すると発表した。

[10:20 6/30]

2014年06月26日(木)

日産、バーチャルスポーツカーのフルサイズモデルを公開

日産自動車は6月25日、近未来のハイパフォーマンスカーの可能性を示すバーチャルスポーツカー「日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」のフルサイズモデルを、26日に開催される英国のモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」にて公開すると発表した。

[19:07 6/26]

トヨタ、2014年度内にセダンタイプの燃料電池自動車を700万円程度で発売

トヨタ自動車は6月25日、セダンタイプの燃料電池自動車(FCV)を、日本で2014年度内に発売することを発表した。

[18:54 6/26]

いすゞとユーグレナ、次世代バイオディーゼル燃料の実用化研究契約を締結

いすゞ自動車とユーグレナは6月25日、微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)由来の次世代バイオディーゼル燃料の実用化に向けた共同研究契約を締結し、「DeuSEL(デューゼル)プロジェクト」としてスタートすることを発表した。

[17:30 6/26]

道路の危険を素早く検出 - TI、車載レーダー向けAFEセンサ技術を発表

Texas Instruments(TI)は、ADAS(先進運転支援システム)向け4チャネル内蔵ベースバンド・レシーバAFE製品「AFE5401-Q1」を発表した。

[16:05 6/26]

Spansion、CAN-FD搭載車載マイコンのサンプル出荷を開始

Spansionは、同社マイコン「Spansion Traveoファミリ」の第2弾となり、車載ネットワーク向けのCAN-FDを搭載したCortex-R5マイコン「S6J3110シリーズ」のサンプル出荷を開始したと発表した。

[14:08 6/26]

2014年06月20日(金)

カギはmW単位の節約 - CANバスの効率向上で実現できる自動車の燃費向上

一般的な乗用車にとって唯一のエネルギー源は燃料タンク内に残っている燃料なので、自動車メーカーは燃費とCO2排出量を改善することを目的として、エレクトロニクスを含むあらゆる自動車システムでエネルギーの節約を追求しています。性能と安全性を向上させ、買い手にとって魅力的な新機能を採用するために、自動車に搭載される電子システムの数が増加を続けている現状で、各ECUで少しのエネルギーを節約するだけでも、燃費が大きく向上する可能性があります。

[11:00 6/20]

NIMS、狙った摩擦係数の材料を高効率で生み出す手法を創出

物質・材料研究機構(NIMS)は6月18日、狙った大きさの摩擦を有する摩擦材料の開発において、従来にない高効率な方法を創出したと発表した。これにより、エネルギーのロスを削減する低摩擦材料や、高性能ブレーキに必要な高摩擦材料など、目的に応じた摩擦係数を持つ材料の開発を加速できるという。

[09:30 6/20]

2014年06月18日(水)

トヨタ、テレマティクスサービスを一新 - 2014年夏より対応ナビを提供

トヨタ自動車は6月18日、これまで提供してきたテレマティクスサービス「G-BOOK」を一新し、新たなテレマティクスサービス「T-Connect」を提供すること、ならびにT-Connectに対応したナビゲーションシステム(T-Connectナビ)を2014年夏以降に提供していくことを発表した。

[17:22 6/18]

アルパインと富士通テン、車載プラットフォームの共同開発で合意

アルパインと富士通テンは6月18日、製品競争力の向上を目的として、車載プラットフォームの共同開発を行うことで基本合意に達したと発表した。

[16:58 6/18]

レクロイ、CAN FDレートトリガ/デコードソリューションを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは6月18日、自動車試験ツールのラインアップとして、CANフレキシブル・データ・レート(FD)トリガ/デコードソリューション「CAN FDbus TD」を発表した。

[13:55 6/18]

2014年06月17日(火)

ウェーブフロント、点火プラグの放電現象が解析できる解析ソフトを発表

ウェーブフロントは、ガソリンエンジンやガスエンジンにおいて使用される点火プラグの放電現象を解析可能なソフトウェアを開発し、販売を開始したと発表した。

[15:58 6/17]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第61回 新自動車用マイコン「Traveo」で富士通の強みを発揮するSpansion

Spansionが自動車用マイコンに力を入れ始めた。リアルタイムOS(RTOS)で走るARM Cortex-Rシリーズをコアとするマイコンだ。Spansionが今回発表したマイコンはデュアルコアで、自動車内の2つのモータを1チップで制御しようというもの。作動するモータ1個につき1個のECUが必要だが、このマイコンを使えば2個のモータを1個のECUで動かすことができる。

[12:00 6/17]

2014年06月16日(月)

NXP、C2X市場向けにデュアルラジオマルチバンドRFトランシーバを発表

NXP Semiconductorsは、C2X(Car-to-X)市場向けに「RoadLINK」シリーズとして、デュアルラジオマルチバンドRFトランシーバ「TEF510x」を発表した。

[12:52 6/16]

2014年06月13日(金)

ベクター・ジャパン、遠隔地の車両への診断アクセスが可能な診断ツールを発表

独Vector Informatikの日本法人であるベクター・ジャパンは、同社の診断ツール「Indigo」が、バージョン4.0より世界中の車両に対してダイレクトかつインタラクティブな診断アクセスを行うことが可能になったと発表した。

[14:32 6/13]

TI、エントリ~中級クラスの車載製品向けプロセッサを発表

Texas Instruments(TI)は6月12日、エントリ~中級クラスの車載インフォテインメント製品向けに、Jacinto 6プラットフォームSoC「DRA72x」を発表した。

[09:00 6/13]

2014年06月12日(木)

サッカー経験はないけど、本田選手の「無回転シュート」を蹴ってみたい。

僕が注目するのはやっぱり日本のエース・本田圭佑である。2010年の南アフリカ大会で本田が見せた「無回転シュート」は今でも語り草だ。ゴール手前の不規則な変化は、テレビで見ていてもはっきりわかるほどすごかった。それでふと思ったのだけど、あの無回転シュートって、原理はどうなっているのだろうか。

[10:00 6/12]

2014年06月11日(水)

マツダ、排気量1.5Lのクリーンディーゼルエンジンを開発 -新型デミオに搭載

マツダは6月10日、同社の「スカイアクティブ テクノロジー」を採用した、排気量1.5L(1.497L)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を開発したこと、ならびに新型「マツダ デミオ」に同エンジンを搭載することを発表した。

[20:33 6/11]

ON Semi、Aptina Imagingを約4億ドルで買収 - イメージセンサ事業を拡大

ON Semiconductorは、車載・産業市場向け高性能CMOSイメージセンサを手掛けるAptina Imagingを約4億ドルで買収することで最終合意を締結したと発表した。

[11:36 6/11]

富士通研、広角カメラに対応した車線逸脱警報の技術を開発

富士通研究所は6月10日、ドライブレコーダとして、車両に搭載される広角カメラに適用可能で安全運転を支援する車線逸脱警報の技術を開発したと発表した。

[10:40 6/11]

2014年06月10日(火)

NTTドコモ、Teslaの日本向け「モデルS」にM2Mプラットフォームを提供

NTTドコモは6月10日、Tesla Motors(テスラ)が2014年夏以降に日本で納車する電気自動車(EV)「モデルS」に、docomo M2Mプラットフォームおよびデータ通信回線を提供する契約を締結したと発表した。

[15:38 6/10]

TI、車載コネクティビティ製品ファミリ「WiLink 8Q」の量産出荷を開始

Texas Instruments(TI)は、同社の車載グレードのワイヤレス・コネクティビティ向けデバイス「WiLink 8Q」の量産出荷を開始したと発表した。

[14:31 6/10]

SII、カーナビなど車載向けSENSE端子付きボルテージディテクタを発表

セイコーインスツル(SII)は6月9日、カーナビゲーションやカーオーディオなど、車載機器での電圧監視およびCPUリセットの信頼性を向上させる、車載用SENSE端子付きボルテージディテクタ「S-1910x」シリーズを発表した。

[10:03 6/10]

2014年06月09日(月)

トヨタとパナソニック、クルマと家電をつなぐサービスを2014年後半に提供

トヨタ自動車とパナソニックは6月9日、スマートモビリティ社会の実現に向け、クルマと家電をつなぐサービスを早ければ2014年後半にも提供することを発表した。

[15:11 6/9]

QNXとRightware、再構成可能なデジタル計器クラスタを発表

QNX Software Systemsと車載ユーザーインタフェース(UI)向け設計ツールを扱うRightwareは6月4日、QNXのテクノロジコンセプトカーに搭載する再構成可能なデジタル計器クラスタを発表した。

[11:23 6/9]

Infineon、2枚の垂直ホールプレートを搭載したホールセンサを発表

Infineon Technologiesは、2枚の垂直ホールプレートを搭載したホールセンサ「TLE4966V」を発表した。

[11:20 6/9]

デンソー、車載電子制御システムの故障診断サービスを提供する米企業を買収

デンソーは6月6日、北米における故障診断サービス事業を拡充するため、同地域で車載電子制御システムの故障診断サービスを提供するEASE Simulationの発行済み株式の72%を取得して同社を買収したと発表した。

[11:01 6/9]

2014年06月06日(金)

QNX、車載音響ミドルウェア「QNX Acoustics for Voice 3.0」を発表

QNX Software Systemsは6月4日、車載音響ミドルウェア「QNX Acoustics for Voice 3.0」を発表した。

[11:52 6/6]

QNX、ISO 26262認証が必要な車載システム向けに新OSを発表

QNX Software Systemsは6月4日、ISO 26262認証が必要な車載システム向けに「QNX OS for Automotive Safety 1.0」を発表した。

[10:25 6/6]

2014年06月05日(木)

Intersil、自動車の安全性を向上させるビデオプロセッサを発表

Intersilは、アナログ/デジタル・ビデオ入力のほか、スケーラ/デインタレーサ機能、イメージ・エンハンス機能、オン・スクリーン・ディスプレイ(OSD)機能を1チップに集積したハードウェアベース・ソリューションとして、次世代LCDビデオ・プロセッサ「TW8836」を発表した。

[10:50 6/5]

Intersil、車載アラウンドビュー向けマルチチャネル・ビデオデコーダを発表

Intersilは、車載アラウンドビュー・システム向けに、アナログ・ビデオエンコーダを内蔵した4チャネル・アナログ・ビデオデコーダ「TW9966」を発表した。

[10:28 6/5]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第60回 トヨタグループが開発を進めるSiCパワー半導体とは何か?

トヨタ自動車がSiCトランジスタを開発していることを明らかにした。トヨタとデンソー、豊田中央研究所の3社による共同開発だ。これまではデンソーが積極的にSiCパワーMOSFETとSBD(ショットキバリアダイオード)を開発してきたが、トヨタがSiCパワー半導体を開発していることを公表したのはこれが初めてである。豊田中研とデンソーは基礎研究で先行し、2007年からトヨタも参加したという。

[10:00 6/5]

2014年06月04日(水)

STと中国Changan、車載技術において提携し共同研究所を設立

STMicroelectronicsと中国Changan Automobileは、戦略的パートナーシップを締結し、Changan Automotive Engineering/Global Research Institute内にChangan-ST車載エレクトロニクス共同研究所(Changan-ST Automotive Electronic Joint Laboratory)を設立すると発表した。

[17:31 6/4]

ST、非常時に緊急サービスへの連絡を可能にする車載用加速度センサを発表

STMicroelectronicsは6月3日、±24gの検出範囲を実現すると同時に、AEC-Q100に準拠した3軸加速度センサ(デジタル出力)「AIS3624DQ」を発表した。

[14:31 6/4]

2014年06月03日(火)

浪越エレと神戸高専、HEV車並の燃費を実現する高効率エンジンの開発に着手

浪越エレクトロニクスと神戸市立工業高等専門学校(神戸高専)は、高効率化を図ることで従来エンジン以上の低燃費が期待できる次世代エンジンの開発を開始したと発表した。

[12:42 6/3]

2014年06月02日(月)

Maximの車載バッテリーセル監視IC、日産「PATHFINDER」ハイブリッドに搭載

Maxim Integratedは、日産自動車の北米向けSUV「Pathfinder」ハイブリッドに車載用バッテリーセル監視ICが採用されたと発表した。

[10:17 6/2]

2014年05月30日(金)

ST、フルデジタルを実現した車載用パワーアンプを発表

STMicroelectronicsは、デジタル音声信号入力と自己診断プロセッサを備えたフル・デジタル・アーキテクチャの車載用パワー・アンプ「FDA2100LV」を発表した。

[16:11 5/30]

2014年05月29日(木)

着実に進化中! - 未来館でUNI-CUBβと3代目ASIMOの実証実験ダブル実施

日本科学未来館(未来館)では4月18日より、本田技研工業(ホンダ)が開発した座乗型のパーソナルモビリティの改良型「UNI-CUBβ」を用いた、科学コミュニケーターによる展示フロア巡回を実施中だ。今回は、その模様などをお届けしたい。

[10:03 5/29]

2014年05月26日(月)

日産、スカイラインにターボチャージャー付2.0Lガソリンエンジン車を追加

日産自動車は5月26日、同社の「スカイライン」に高出力・低燃費・軽量なターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した「スカイライン 200GT-t(次世代ターボ車)」を追加したと発表した。

[16:45 5/26]

2014年05月22日(木)

スバル、軽乗用車「スバル ステラ」に特別仕様車4モデルを追加

富士重工業(スバル)は5月22日、同社の軽乗用車「スバル ステラ」に「G」、「GS」、「カスタムR type S」、「スマートアシスト α」の4モデルの特別仕様車を設定したと発表した。

[20:21 5/22]

ホンダ、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」に特別仕様車を設定

本田技研工業(ホンダ)は5月22日、同社のスポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」に特別仕様車「α・Dressed label III」を設定したと発表した。

[19:37 5/22]

三菱自動車、「デリカD:5」の内装の質感を向上させた特別仕様車を発売

三菱自動車は5月22日、同社のミニバン「デリカD:5」に、内装の質感を向上させながらも価格を249万円弱からとした特別仕様車「M-Limited」を設定したことを発表した。

[19:26 5/22]

日産、「フェアレディZ ロードスター」の日本モデルの受注を9月末で終了

日産自動車は5月22日、「フェアレディZ」の2シーターオープンモデル「ロードスター」の日本モデルの生産を2014年9月末受注分をもって終了すると発表した。

[19:07 5/22]

産総研、シリカから有機ケイ素原料テトラアルコキシシランを効率的に合成

産業技術総合研究所(産総研)は5月20日、自動車用部材や太陽光発電用部材などさまざまな用途に使用される有機ケイ素材料の原料として有望なテトラアルコキシシランを、効率的に製造する技術を開発したと発表した。

[14:34 5/22]

自動車部品などへの応用に期待 - 横浜市大が有機物の超弾性現象を発見

横浜市立大学は5月19日、有機物による超弾性現象(有機超弾性)を発見したと発表した。

[14:30 5/22]

2014年05月21日(水)

マツダ、25台限定の「ロードスター25周年記念車」を発売

マツダは5月20日、2014年のニューヨーク国際自動車ショーにて公開した「Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition」の国内仕様となる特別仕様車「ロードスター25周年記念車」の商談予約を、専用Webサイトにて5月27日の20時より開始すると発表した。

[19:46 5/21]

BMW、ミドルクラス4ドアクーペ「ニューBMW 4シリーズ グランクーペ」を発表

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月21日、クーペ(2ドア)、カブリオレに続く、BMW 4シリーズの第3弾モデル「ニューBMW 4シリーズ グラン クーペ」の販売を6月21日より開始すると発表した。

[19:27 5/21]

東芝、小型カメラモジュールに実装可能な画像認識用LSIを発表

東芝は5月19日、画像認識用LSI「Visconti2」シリーズの新製品として、小型かつ低消費電力で、小型カメラモジュールへの実装が可能な「TMPV7502XBG」を発表した。

[11:01 5/21]

トヨタなど、HV向けSiCパワー半導体を開発 - 1年以内の走行実験を計画

トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所(豊田中研)の3者は5月20日、次世代半導体のSiCを用いたハイブリッド車(HV)向けパワー半導体を開発したことを発表した。

[09:30 5/21]

2014年05月20日(火)

Freescaleなど、ADASビジョン・アプリ向け開発エコシステムを提供

Freescale Semiconductorは5月20日、次世代の車載用ビジョンアプリケーションの開発の高速化および簡略化に向け、NeusoftおよびGreen Hills Softwareと包括的な高度運転支援システム(ADAS)の開発エコシステムの形成に向け協業を行っていることを発表した。

[11:40 5/20]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第59回 小型モータ駆動用のパワー半導体に特化するON Semiconductor

自動車用のモータといえば電気自動車を頭に浮かべる人が多いと思うが、実際のクルマに搭載されている小型モータの数は高級車で80~90個、ミッドレンジ/SUVで40~50個、軽/コンパクトカーでさえ30~40個にもおよぶ。そうしたクルマのモータ市場を狙った部品ビジネスを展開している半導体メーカーがある。旧三洋電機の半導体部門を買収したON Semiconductorだ。

[09:45 5/20]

2014年05月19日(月)

ザイン、1600万画素対応カメラ向け画像処理用LSIの量産出荷を開始

ザインエレクトロニクスは5月16日、1600万画素対応カメラ向けの画像処理用LSI(ISP:Image Signal Processor)「THP7312」の量産出荷を開始したことを発表した。

[12:13 5/19]

ローム、AEC-Q100対応の車載向けLDO「BD4xxMx」シリーズ16品種を発表

ロームは5月16日、自動車のボディパワートレイン系マイコンの電源に最適なLDO「BD4xxMx」シリーズ16品種を発表した。

[09:41 5/19]

2014年05月16日(金)

FSL、ドライバーの安全確認を支援する接近物検知ライブラリを提供開始

富士通セミコンダクター(FSL)は5月15日、車載カメラの画像を解析して自車に接近する他の車両や人などの物体を検知する機能をグラフィックスSoC用ソフトウェア「接近物検知ライブラリ」として製品化したと発表した。

[15:06 5/16]

2014年05月15日(木)

TI、車載用1チャネル/2チャネル・ゲート・ドライバファミリを発表

Texas Instruments(TI)は、伝搬遅延時間15ns未満を実現したAEC-Q100車載規格認証済みの1チャネル/2チャネル内蔵のゲート・ドライバファミリ「UCC275xx-Q1」を発表した。

[15:22 5/15]

TI、次世代の車載用LEDドライバ製品を発表

Texas Instruments(TI)は、フロントライト向けの2チャネルのスイッチングLEDドライバ製品「TPS92630-Q1」と、単一LEDの短絡検出機能を内蔵した複数のテールライト向け製品「TPS92602-Q1」を発表した。

[15:07 5/15]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第58回 ダイナミックレンジ120dBの1280×1080画素CMOSセンサチップ - OmniVision

CMOSイメージセンサの米国ファブレス半導体メーカー、OmniVision Technologiesがクルマ用のカメラ市場に本格的に参入する。クルマに搭載するカメラの仕様として、ダイナミックレンジが120dBと広く、かつ130万画素のビデオを60fpsの速度で撮影きるCMOSイメージセンサOV10640と、映像をストリーム処理するイメージプロセッサOV490を開発、6月にサンプル出荷する。

[11:00 5/15]

アドバンテスト、TPMS用MEMSセンサ試験向けに「V93000」のテストセルを発表

アドバンテストは5月14日、中国車載市場向けタイヤ空気圧監視システム(TPMS)に搭載されるMEMSセンサの最終テスト用にテストシステム「V93000」プラットフォームのテストセルを発表した。テストセルはOSATを含む複数の顧客施設で生産稼働中という。

[09:30 5/15]

2014年05月14日(水)

BMW、BMW 3シリーズ セダンに特別パッケージ「スマート・クルーズ」を設定

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月13日、同社の中核モデルである「BMW 3 シリーズ セダン」に、特別パッケージ「スマート・クルーズ」を設定したと発表した。

[09:30 5/14]

アウディ、レーザーハイビーム搭載車「Audi R8 LMX」を発表 -世界限定99台

アウディは5月9日、出力419kW(570hp)で0-100km/h加速が3.4秒のレーザーハイビーム搭載量産車両「Audi R8 LMX」を発表した。

[09:00 5/14]

2014年05月13日(火)

産総研、透明時の可視光透過率が70%以上の調光ミラーを開発

産業技術総合研究所(産総研)は5月12日、透明状態での可視光透過率が70%を超える調光ミラーを開発したと発表した。

[18:27 5/13]

ST、スマートなボディ制御向けに価格競争力のある車載用小型マイコンを発表

STMicroelectronicsは5月12日、小型かつ価格競争力のある車載用8ビットマイコン「STM8AF6223/6226」を発表した。

[09:55 5/13]

2014年05月12日(月)

スバル、「トレジア」の燃費性能の向上/内外装のリフレッシュを実施

富士重工業(スバル)は5月12日、「スバル トレジア」に燃費性能の向上と内外装のリフレッシュを図る改良を施し、2014年5月30日より発売すると発表した。

[17:55 5/12]

トヨタ、「ラクティス」をマイナーチェンジ - 新開発の1.3Lエンジンを採用

トヨタ自動車は5月12日、ラクティスのマイナーチェンジを行ったと発表した。

[17:44 5/12]

JVCケンウッド、最低被写体照度0.9ルクスのリアビューカメラ2機種を発表

JVCケンウッドは5月12日、ケンウッドブランドより、最低被写体照度0.9ルクスの暗視能力で、視認性の高い後方確認をサポートするカーナビゲーション用のリアビューカメラ「CMOS-320/220」2機種を発表した。

[17:16 5/12]

オムニビジョン、車載向けBSI技術採用CMOSイメージセンサなどを発表

OmniVision Technologiesの日本法人であるオムニビジョン・テクノロジーズ・ジャパンは5月12日、自動車業界向けに裏面照射技術(BSI)を採用したCMOSイメージセンサ「OV10640」およびHDRコンパニオンプロセッサ「OV490」を発表した。

[16:51 5/12]

2014年05月09日(金)

ダイハツ、軽乗用車5車種に特別仕様車「スマートセレクション」を設定

ダイハツ工業は5月8日、同社が発売している軽乗用車5車種に特別仕様車「スマートセレクション」を設定したほか、「ムーヴ」「ムーヴ コンテ」に特別仕様車「VS」グレードを設定したと発表した。

[12:53 5/9]

BMW、BMW 6シリーズに「ドライビング・アシスト・プラス」などを標準装備

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月8日、同社のプレミアム・ラ グジュアリー・モデルであるBMW 6シリーズ クーペ、カブリオレ、および、グラン クーペの運転支援システムの装備内容を拡充すると発表した。

[10:38 5/9]

オーテック、「セレナ」の特別仕様車「ライダー ブラックラインZZ」を発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは5月8日、 「セレナ」の「ライダー」シリーズに特別仕様車「ライダー ブラックライン ZZ」を設定し発売を開始したと発表した。

[10:28 5/9]

日産、インドネシアで2つ目となる工場を開設 - 同国で年産25万台体制を構築

日産自動車は5月8日、インドネシア・プルワカルタに同国で2つ目となる生産工場を開設したと発表した。

[10:19 5/9]

2014年05月08日(木)

トヨタ、ポルテの特別仕様車「 F"a la mode"」の販売を開始

トヨタ自動車は5月8日、ポルテに特別仕様車「 F"a la mode"」を設定し、発売を開始したと発表した。

[17:50 5/8]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第57回 カメラの映像処理がクルマの安全技術を握る

将来、クルマに搭載されるカメラの数は現在の1~2個から5~6個に増えるだろう。米国で2014年4月1日から販売される新車にはバックモニターカメラの設置が法律で義務付けられるようになった。クルマの真上から見ているような視点から駐車を支援するサラウンドビューモニターなどのシステムには通常4個のカメラを使うが、この機能が高級車からコンパクトカーにまで普及してきた。カメラ搭載台数の増加傾向は間違いない。

[10:00 5/8]

2014年05月07日(水)

トヨタ、オーリスやiQに新ネッツ店誕生10周年記念の特別仕様車を設定

トヨタ自動車は5月7日、チャネル再編成にともなう新ネッツ店誕生10周年を記念し、オーリス特別仕様車150X"Blackish Lounge"および、iQ特別仕様車130G"レザーパッケージ・グランブルー"、130G MT"レザーパッケージ・グランブルー"を設定し、全国のネッツ店を通じて発売を開始したことを発表した。

[20:28 5/7]

インテル、ロボットメーカーのZMPへ投資 - 自動運転技術の開発を支援

ヒト型ロボットやロボットカーなどを手掛けるZMPは5月7日、インテルの投資部門インテルキャピタルからの投資を受けたことを発表した。

[17:50 5/7]

2015年3月期は売上高2兆円に向けた足がかりの年 -京セラの2014年3月期決算

京セラは5月7日、都内で同社が4月28日に発表した決算の内容についての説明会を開催し、ソーラーエネルギー事業が業績に貢献したことや、次年度の携帯通信端末向け部品事業の拡大を目指すことなどを明らかにした。

[16:35 5/7]

2014年05月02日(金)

Spansion、車載用NOR型/NAND型フラッシュメモリ6品種を発表

Spansionは5月1日、フラッシュメモリ製品ポートフォリオに車載用NOR型/NAND型フラッシュメモリ各3品種、合計6品種を追加したと発表した。

[15:26 5/2]

ボルボとポールスター、初の共同開発コンプリートカーを発表

ボルボ・カー・ジャパンは5月1日、ボルボとポールスターが共同開発した初のコンプリートカー「S60/V60 Polestar(特別限定車)」の予約注文受付を開始したと発表した。

[09:33 5/2]

ボルボ、スウェーデン・イェーテボリ市の公道で自動運転の実証実験を実施

ボルボ・カーズ・グループは4月30日、スウェーデン・イェーテボリ市の公道で自動運転の実証実験を実施したと発表した。

[09:30 5/2]

Xilinx、車載向けにAEC-Q100規格に準拠したFPGA「XA Artix-7」を発表

Xilinxは、「All Programmable Artix-7 FPGA」ファミリを拡張させ、車載向けにAEC-Q100規格要件をクリアした「XA Artix-7」を発表した。

[09:00 5/2]

2014年04月28日(月)

メルセデス・ベンツ、軍用車両などの技術を採用した「G 63 AMG 6×6」を発売

メルセデス・ベンツ日本は4月25日、同社の最高級クロスカントリービークル「Gクラス」に六輪駆動のドライブトレインを搭載し、オフロード性能を高めた特別仕様車「G 63 AMG 6×6」を開発、日本向けに2014年の生産枠として5台を確保し、2014年8月31日までの期間限定で注文の受付を開始したと発表した。

[09:56 4/28]

2014年04月25日(金)

三菱自動車、コンパクトSUV「RVR」の一部改良を実施

三菱自動車は4月25日、同社のコンパクトSUV「RVR」に、燃費性能や内外観の質感向上などの改良を施して販売することを発表した。

[20:28 4/25]

三菱自動車、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」の一部を改良

三菱自動車は4月25日、同社のプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」に、SUVの力強さをさらに強調する外観や機能装備の充実などの改良を施して販売することを発表した。

[20:19 4/25]

日産、アフリカ・ナイジェリアで自動車の生産を開始

日産自動車は4月25日、新ナイジェリア自動車政策発効後、大手自動車メーカーとして初めてナイジェリアで自動車生産を開始したと発表した。

[19:35 4/25]

ボルボ、「V40シリーズ」として初めての特別限定車を発売

ボルボ・カー・ジャパンは、同社の「V40シリーズ」として初めてとなる2つの特別限定車「V40 T4 Sports」および「V40 Cross Country T4 Nordic」を設定し、それぞれ200台の限定で販売を開始したと発表した。

[09:00 4/25]

2014年04月24日(木)

フォード、コンパクトSUV「フォード・エコスポーツ」の発売を5月より開始

フォード・ジャパンは、同社がグローバル・プロダクトとして世界展開するコンパクトSUV「フォード・エコスポーツ」を2014年5月31日より発売開始することを発表した。

[18:30 4/24]

メルセデス・ベンツ、「Eクラス」の一部モデルの標準装備内容などを見直し

メルセデス・ベンツは4月24日、同社の中核モデル「Eクラス」の「E300/E350/E350 BlueTEC」の装備内容を充実させたことを発表した。

[17:30 4/24]

日産、小型商用車「NV200バネット」に新グレード「プレミアムGX」を追加

日産自動車は4月24日、同社の小型商用車「NV200バネット」に新グレードのバン「プレミアムGX」を追加したことを発表した。

[17:00 4/24]

日立化成、アイドリングストップ車向け次世代鉛バッテリ技術を開発

日立化成は4月23日、アイドリングストップシステム車向けに、容量・耐久性を高める次世代鉛バッテリ技術を開発したと発表した。

[15:39 4/24]

Freescale、車載インストルメント・クラスタ向けマイコンを発表

Freescale Semiconductorは、車載インストルメント・クラスタ向けに3コア1チップソリューションマイコンファミリ「MAC57D5xx」を発表した。

[15:05 4/24]

光岡自動車と三越、三越オリジナル限定車「ビュート ミヤビ」を発表

光岡自動車は4月23日、日本橋三越本店とコラボレーションカー「Viewt(ビュート)」の三越オリジナル限定車「Viewt MIYABI(ビュート ミヤビ)」を4月25日より20台限定で発売すると発表した。

[09:00 4/24]

2014年04月23日(水)

光岡自動車、9月で「オロチ」の生産を終了 - 限定5台の特別仕様車を発売

光岡自動車は4月23日、同社のフラッグシップカー「オロチ」を2014年9月までに5台行い終了すること、ならびに最終生産仕様として5台限定の特別仕様車「ファイナル オロチ」を4月25日より発売することを発表した。

[19:39 4/23]

TI、車載機器のスマートフォン制御を実現するワイヤレスマイコンを発表

Texas Instruments(TI)は4月22日、スマートフォン制御や、有線接続リンクの代替などといった新たな車載アプリケーション向けに、コネクティビティを供給するワイヤレスマイコンとしてSimpleLink Bluetooth low energy「CC2541-Q1」を発表した。

[19:07 4/23]

2014年04月22日(火)

メルセデス、「Aクラス」に可変トルク配分型四輪駆動システム搭載車を追加

メルセデス・ベンツ日本は4月22日、同社のスポーツコンパクト「Aクラス」のハイパフォーマンスモデル「A 250 SPORT」に可変トルク配分型四輪駆動システム「4MATIC」を搭載した「A 250 SPORT 4MATIC」の販売を開始したと発表した。

[16:01 4/22]

スバル、サスペンションダンパー特性などを改良した「SUBARU BRZ」を発表

富士重工業(スバル)は4月22日、フロント&リヤサスペンションダンパーのフリクション特性や減衰力特性のチューニングを行い、乗り心地の質感を向上させた改良版「SUBARU BRZ」を2014年6月27日より発売すると発表した。

[14:13 4/22]

トヨタ、新開発エンジンで燃費25.0km/Lを達成した改良版「ヴィッツ」を発売

トヨタ自動車は4月21日、ハイブリッド自動車の開発で培った燃焼技術を生かした高熱効率・低燃費の新開発1.3Lエンジンを採用することで走行燃費25.0km/Lを実現したマイナーチェンジ版「ヴィッツ」を発表した。

[13:56 4/22]

TI、ADAS向け製品を拡張するビジョンソフトウェア開発キットを発表

Texas Instruments(TI)は4月21日、柔軟なフレームワーク、ハードウェアデバイスドライバ群の包括的な組み合わせ、および使いやすい開発ツール群を提供するビジョンソフトウェア開発キット(ビジョンSDK)を発表した。

[13:14 4/22]

2014年04月21日(月)

スズキ、北京モーターショーでCセグメントセダンのコンセプトモデルを発表

スズキは4月20日、北京国際モーターショーにて、Cセグメントセダンのコンセプトモデル「Concept ALIVIO」および、コンパクトSUVのコンセプトモデル「iV-4」を公開した。

[16:35 4/21]

ホンダ、ハイブリッドシステム搭載「RLX」を北京モーターショーにて公開

本田技研工業(ホンダ)は4月20日、同社中国現地法人の本田技研工業(中国)投資が、北京モーターショーにてハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載した「RLX」を、中国で初めて公開したと発表した。

[15:26 4/21]

ホンダ、中国向けコンセプトモデル「Concept B」を北京モーターショーで公開

本田技研工業(ホンダ)は4月20日、同社中国現地法人の本田技研工業(中国)投資が、北京モーターショーにて2年後に発売予定の量産車の方向性を示すコンセプトモデル「Concept B」を公開したと発表した。

[15:19 4/21]

LEXUS、北京モーターショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発表

LEXUSは4月20日、北京モーターショーにて、新型コンパクトクロスオーバーSUV「NX」を発表した。

[14:07 4/21]

トヨタ、北京モーターショーで新型「カローラ」と新型車「レビン」を公開

トヨタ自動車は4月20日、北京モーターショーにて合弁パートナーである一汽トヨタ自動車販売および広汽トヨタ自動車らと共に、主力車種およびコンセプトカー計38台を出展したと発表した。

[13:19 4/21]

日産、中国市場向けエントリーカーとしてヴェヌーシア「R30」を発表

日産自動車の中国での合弁会社乗用車部門である東風日産乗用車(東風日産)は4月20日、北京モーターショーにて同社の新しいブランドであるヴェヌーシアの4車種目「R30」を初公開した。

[12:44 4/21]

日産、北京モーターショーでコンセプトカー「Lannia Concept」を公開

日産自動車は4月20日、1980年代以降に生まれた中国の若者たちのライフスタイルに合わせたコンセプトカー 「Lannia Concept(ラニア・コンセプト)」を北京モーターショーにて公開した。また、NISMOブランドの中国進出も合わせて発表した。

[12:32 4/21]

BMW、日本では45台限定の「MINI John Cooper Works Black Knight」を発売

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は、「MINI John Cooper Works Crossover」および「MINI John Cooper Works Paceman」の両モデルに、特別なマット・ブラックのボディー・カラー「フローズン・ブラック」を採用した「MINI John Cooper Works Black Knight(ブラック・ナイト)」を、日本全国45台限定で販売を開始した。

[10:35 4/21]

2014年04月18日(金)

NEC、雑音が多くても快適なカーナビ操作を実現する雑音除去技術を開発

NECは4月18日、自動車走行中の雑音が多い環境下においても、音声による快適なカーナビ操作が可能な雑音除去技術を開発したと発表した。

[17:37 4/18]

スバル、ニューヨーク国際自動車ショーにて新型「アウトバック」を発表

富士重工業(スバル)は4月18日、米国ニューヨークにて開催されている「ニューヨーク国際自動車ショー」において、新型「アウトバック」(米国仕様車)を公開した。

[12:40 4/18]

ホンダ、改良版「フリード」シリーズを発表 - UVカットガラスなどを装備

本田技研工業(ホンダ)は4月17日、「フリード」シリーズをマイナーモデルチェンジしたことを発表した。

[11:16 4/18]

ランドローバー、「ディスカバリー・ビジョン・コンセプト」を公開

ジャガー・ランドローバーは、「ディスカバリー・ビジョン・コンセプト(Discovery Vision Concept)」を「ニューヨーク国際オートショー」にて公開した。

[11:16 4/18]

ホンダ、ニューヨークオートショーにて新型セダン「TLX」を発表

本田技研工業(ホンダ)の米国法人アメリカン・ホンダモーターは4月16日(米国時間)、「ニューヨークオートショー」において、ミドルサイズラグジュアリーセダンの新型「TLX」の量産モデルを発表した。

[10:16 4/18]

日産、3つのレーダーシステムなどを搭載した新型「ムラーノ」を公開

日産自動車は4月16日、米国にて開催されている「ニューヨーク国際自動車ショー」にて新型「ムラーノ」を公開した。

[09:52 4/18]

2014年04月17日(木)

京セラコネクタ、車両の軽量化が図れるアルミ電線対応の分岐コネクタを発表

京セラは4月17日、カーナビやETC、ドライブレコーダなどの車載アフターパーツ用電源分岐コネクタ「9215」シリーズにアルミ電線に対応した製品を追加したと発表した。

[18:50 4/17]

マツダ、「MX-5(マツダロードスター)」の誕生25周年記念の特別仕様車を公開

マツダは4月16日、「Mazda MX-5(日本名:マツダロードスター)」の誕生25周年を記念した特別仕様車「Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition」を、「ニューヨーク国際自動車ショー」において世界初公開したと発表した。

[09:00 4/17]

スバル、EyeSight(ver.3)を搭載した新型スポーツツアラー「LEVORG」を発表

富士重工業(スバル)は、操舵支援機能を搭載した独自の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を初めて搭載した新型スポーツツアラー「スバル LEVORG(レヴォーグ)」を、2014年6月20日より発売すると発表した。

[09:00 4/17]

ダイハツ、小型ガソリンエンジン車「ブーン」で燃費27.6km/lを達成

ダイハツ工業は、小型乗用車「ブーン」のマイナーチェンジモデルに「e:Sテクノロジー」を一部採用することで、従来車比で20%の燃費向上(2WD車)となる燃費27.6km/lを達成したことを発表した。

[09:00 4/17]

パッソのエンジンを改良し、27.6km/lの低燃費を実現 - トヨタ

トヨタ自動車は、パッソをマイナーチェンジし、1.0L・2WD車(除くX "V package")でガソリンエンジンの燃費27.6km/l(CO2排出量:84g/km)を実現したことを発表した。

[09:00 4/17]

2014年04月16日(水)

東京・お台場の未来館、4月18日よりパーソナルモビリティの運用を開始

東京・お台場にある日本科学未来館は4月15日、2014年4月18日よりホンダのパーソナルモビリティ「UNI-CUB」の進化版である「UNI-CUBβ」の運用を開始すると発表した。

[12:55 4/16]

Freescale、インテリジェンス・バッテリ・センサとQorIQ新製品を発表

米Freescale Semiconductorは米テキサス州ダラスにて4月8日~10日にFTF(Freescale Technology Forum)を開催し、これに合わせて多くの新製品を発表したが、この中でインテリジェンス・バッテリ・センサとQorIQの新製品に関する説明が4月14日に日本法人であるフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンにて開催された。

[11:04 4/16]

TED、AEC-Q100準拠のカーナビ用拡張I/O LSI「TE7740RPF」を発表

東京エレクトロン デバイス(TED)は4月15日、車載用ICの業界標準規格であるAEC-Q100に準拠した拡張I/O LSI「TE7740RPF」を発表した。

[10:44 4/16]

2014年04月15日(火)

Microchip、AEC-Q100認証取得済みの車載グレードモータドライバを発表

Microchip Technologyは4月14日、低コストで多くの機能を統合した車載グレードのAEC-Q100認定取得済みモータドライバ「MCP8063」を発表した。

[11:22 4/15]

2014年04月11日(金)

ジャパンディスプレイ、インパネに特化した12.3型異形状液晶モジュール量産

ジャパンディスプレイは4月11日、インストルメントパネルに特化した車載向け12.3型異形状液晶モジュールの量産を開始すると発表した。

[19:23 4/11]

マツダ、新型「Mazda6/Mazda3」の中国での生産を開始 - 5月より中国で発売

マツダは4月11日、中国南京市の「長安マツダ汽車(CMA)」にて、新型「Mazda3Axela昂克赛拉(Mazda3Axela、日本名:マツダ アクセラ)」の生産開始記念式典を実施したほか、4月9日にも長春市の「一汽乗用車(FCC)」にて、新型「Mazda6Atenza阿特兹(Mazda6Atenza、日本名:マツダ アテンザ)」の生産開始記念式典を実施したと発表した。

[18:35 4/11]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事