「旅行レポート」最新記事一覧

実際に旅をして現地のグルメやホテル、アクティビティなどをレポートします

関連キーワード

ヘッドライン

2年ぶり! ディズニーシーのファッショナブル・イースターを楽しむ方法

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーシーのイースターイベントと、今春に華々しく登場したダッフィーのおともだち「ステラ・ルー」についてレポートします。

[11:00 4/25]

「エリック・カール展」でエリック来日--"はらぺこあおむし"達の優しい世界

6月25日には米寿(88歳)を迎えるアメリカ人の絵本作家エリック・カール氏。その大きくて温かそうな手は、『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』など数々の色あせることのない世界を紡いできた。そんなエリック氏の最新作も含めた、原画約160点の展覧会「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」が4月22日~7月2日、世田谷美術館で開催される。

[18:57 4/21]

ありえない!? 台湾まぜそば発祥店の"辛くない台湾まぜそば"がうまいわけ

新・名古屋メシとしてすっかり定着した感のある台湾まぜそば。唐辛子たっぷりの激辛ミンチ(通称"台湾ミンチ")をトッピングしてあるのが特徴だ。ところが、この元祖である「麺屋はなび」がなんと、「辛くない台湾まぜそば」を売り出すという。辛いからこその存在意義を自らひっくり返すようなまさかのアレンジ。果たしてその真意とは?

[11:30 4/21]

東急東横線の今と昔--東白楽~横浜を中心に廃線・廃駅を巡る旅

鉄道の廃線・廃駅と聞けば、多くの人は地方のローカル線で、採算がとれずに廃止になった路線を思い浮かべるのではないか。もし、東京と横浜という大都市間を結ぶ路線に廃線区間があると言えば驚くかも知れないが、実は渋谷駅と横浜駅の間、24.2kmを結ぶ東急東横線には複数の廃線区間が存在する。今回は、東横線の廃線・廃駅を探訪する旅へと出かけよう。

[11:00 4/19]

どこで見ればいい!? 変則的なディズニーイースターのパレード徹底攻略

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーランドで2017年4月4日から開始したディズニー・イースターのスペシャルパレード「うさたま大脱走!」のキャラクター停止位置をメインにレポートいたします。

[11:00 4/18]

愛知・岐阜のご当地ラーメン、ベトコンラーメンって何だ!?

ベトコンラーメン。全国の人には耳慣れないそんな名前のラーメンが、愛知県の北部、岐阜県を中心とした東海地方の一部に存在する。メニュー名を店名に冠した店もあり、店数は100軒を超えるとも言われているそうだ。特定の地域で普及しているという点から、一種のご当地ラーメンとも言えるだろう。「名古屋メシ」ではなく、「名古屋"よりちょっと北"メシ」とも言うべきこのベトコンラーメンを、今回は紹介しよう。

[11:30 4/17]

東京から80分! 信州の奥座敷「別所温泉」は花見も湯めぐりも好きなだけ

別所温泉は、信州最古と言われる歴史的な温泉地。玄関口の上田駅まで北陸新幹線で、東京駅から最速81分で到着できる。2016年の大河ドラマ「真田丸」の舞台になった上田城は花見名所で、夜桜ライトアップの送迎バスを出す宿も多数ある。気軽に利用できる足湯や共同湯からひとり旅歓迎の宿、高級宿までそろう別所温泉の魅力を紹介しよう。

[11:00 4/14]

ご当地パン祭りで2年連続優勝も! "大阪らしさ"の先に「たこ焼きパン」あり

大阪の味と言えば"こなもん"。県内には専門店が多数存在するだけでなく、お好み焼き味やたこ焼き味の土産菓子まで売られているが、最近ではなんとパンとのマリアージュまで楽しめるという。粉と粉の共演とは驚きだが、一体どんな商品なのだろうか。

[10:25 4/12]

陸の軍艦島か日本のマチュピチュか! 神秘なる中津・耶馬渓で穴場絶景を

大分県中津市の国指定名勝「耶馬渓(やばけい)」は、日本新三景や日本三大奇勝にも数えられる九州屈指の景勝地だ。だが、ここにはまだまだ人に知られていない穴場絶景やパワースポットが埋もれている。また、中津にはからあげなどのご当地グルメ、金色温泉など個性あふれる温泉宿や立ち寄り湯の施設も充実している。今回はそんな中津の魅力をたっぷり紹介しよう。

[11:00 4/10]

抹茶シロノワールはここだけ! コメダの秘密兵器「おかげ庵」があなどれない

いまや全国を席巻している名古屋発祥の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」(以下「コメダ」)。店舗数は740軒を突破し(2017年3月現在)、北は北海道から南は鹿児島まで、勢力を拡大している。お得なモーニングサービスやくつろげる空間づくりで、日本中の人々を魅了しているコメダだが、実はもう一つ、とっておきの秘密兵器がある。地元・名古屋以外ではほとんど知られていない「甘味喫茶 おかげ庵」だ。

[11:00 4/7]

TDLのディズニー・イースターが今年から変わった! "うさたま"って何者!?

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーランドで4月4日から6月14日まで開催中の「ディズニー・イースター」について、思わず写真を撮りたくなるデコレーションや今年初登場したキャラクター「うさたま」のグッズなどを紹介します!

[18:46 4/5]

日帰りではもったいない! 西伊豆松崎温泉郷に春こそ行くべき6つの理由

西伊豆・松崎町の那賀川沿いは桜並木になっており、伊豆半島を代表する花見名所として知られている。隣接して花畑や松崎温泉の足湯があり、桜と花畑の絶景を一望できる。特に春、この西伊豆松崎温泉郷への旅をプッシュしたい6つの理由を、その楽しみ方とともに紹介しよう。

[11:00 4/5]

加古川はかつめしだけじゃない! 新「加古川ギュッとめし」は2度おいしい

おいしいものが満載の関西。このほど、兵庫県の加古川市に牛肉を使ったご当地グルメ「加古川ギュッとめし」が新登場した。加古川市は、兵庫県南西部に位置する街。なにが"ギュッと"めしなのか、その真相を味わいに、早速、加古川に行ってみた。

[10:30 4/3]

名古屋メシとは一味違う!? 三重で生まれた味噌カツに込められたこだわり

名古屋メシとして名高い「味噌カツ」。ボリューム満点のカツの上に、どろっとした味噌ダレをかけて味わう一品は、多くの人に愛されている。しかしお隣三重県にも、「三重発祥」の一味違う味噌カツがあることを、ご存知だろうか。津市の「カインドコックの家 カトレア」は、洋食への愛あふれるシェフが営むレストラン。味噌カツの誕生秘話からメニューへの思いまで、その繊細な味わいとともに紹介しよう。

[11:00 3/31]

東京から1時間半! 那須ハイランドパークは3歳未満の子連れでも楽しみ放題

自然や牧場、遊園地に温泉と、家族みんなで楽しめるリゾート地、栃木県・那須高原エリア。JR那須高原駅までは、東京駅から新幹線で約1時間と、都心から出掛けやすいのも魅力だ。中でも那須ハイランドパークは、遊園地の醍醐味・絶叫マシンだけでなく、3歳未満の子どもでも体験できるアトラクションが満載だ!

[10:30 3/31]

東京から日帰りも! 外秩父ハイキングはプラネタリウム+ご当地やきとりで

東京都内から電車で1時間ちょっとで行ける埼玉県の"外秩父"と呼ばれるエリアは、南関東で日帰りハイキングを楽しむには最適なエリアだ。奥秩父と異なり、この辺りの山は標高が1,000mに満たない低山が中心で、登山初心者や子ども連れのファミリーでも、比較的気軽に楽しむことができる。

[07:00 3/31]

土産の定番「東京ばな奈」、なぜ東京でバナナ? なぜ"ばな奈"??

東京土産の定番「東京ばな奈」。今や知らない人はいないほどメジャーな存在であるが、「なぜ東京でバナナ? 」と思う人は多いはず。もしかしたら、あまりに身近すぎて疑問すら抱いたことがない人もいるのでは。そこで、東京ばな奈をはじめとする銘菓を製造販売しているグレープストーンに話を聞いてみた。

[11:00 3/30]

眠らない街・六本木で眠れるホテル! 「レム六本木」は全方位から快眠に誘う

ホテルと眠りは切っても切り離せない。どのような施設においてもホテルである以上、"快眠追求"は共通のテーマであるが、ホテル名そのものが睡眠イメージというブランドが話題だ。その名も「レム(remm)」で、3月30日には六本木に5店舗目がオープンした。名前の通り、全力で快眠に誘ってくれるホテルである。

[07:00 3/30]

新宿から90分! 山梨県「石和温泉」で花見に激安信玄餅グルメに温泉三昧を

山梨県を代表する石和温泉は、駅周辺に50軒の宿が立ち並ぶ大温泉地。新宿から電車で約90分の距離にあり、大半の宿が駅から徒歩圏内と交通至便だ。笛吹市は桃の名産地で日本一の桃源郷として知られるが、実は桜も素晴らしく、春には温泉街自体が花見名所になる。そこで今回、自然もグルメも楽しめる、石和温泉の魅力を一挙に紹介しよう。

[10:47 3/29]

きっと誰もが二度見する! 「ジオ菓子」の衝撃の見た目と旨さで自然愛が萌芽

静岡県南伊豆町では、「風景を切り取ってお菓子にします」という唯一無二なコンセプトをもとに身近な景色が"菓子化"されているという。できあがった菓子の名前は、「縄状溶岩」「鉢窪山スコリア」「砂嘴」「伊豆石擬灰岩」と、およそ食べものとは思えない名前ばかりだが、どんな材料で何を目的に作られているのだろうか。

[11:00 3/28]

獺祭も朝から立ち飲み! 航空関係者も通う「角打 鍋島」は空港の中にある

航空関係者と話をしている時、「あのお店が全国の空港にもできればいいのに」という話が出てきた。"あのお店"とは、山口宇部空港国内線ターミナルビル2階に、ひっそりとお店を開く「角打 鍋島」のこと。世界にもファンを抱える山口の酒「獺祭」など、山口のおいしいものが朝からサクッと楽しめてしまう"罪なお店"なのだ。

[10:30 3/28]

東京から1時間45分! 伊豆高原が「何かとお得な観光地」と言えるわけ

温泉で有名な静岡県伊東市の南部、大室山一帯は伊豆高原と呼ばれ、魅力的な温泉宿や観光スポットが点在している。花見名所として知られる桜並木や「さくらの里」もあり、桜の見頃とともに本格的な観光シーズンを迎える。今回は、緑豊かな別荘地としても知られる伊豆高原を満喫できる、温泉宿と観光スポットを一挙に紹介しよう。

[11:00 3/27]

大磯「旧吉田茂邸」が4/1公開--豪壮な建築を再現した首相邸はここに注目

4月1日より、神奈川県大磯町の旧吉田茂邸の一般公開が開始される。吉田茂元首相(1878~1967年)は、戦後の混乱期に通算5期にわたり首相を務め、日本の戦後復興の礎(いしずえ)を築いた人物だ。その吉田茂が、昭和19(1944)年頃から亡くなった昭和42(1967)年までを過ごしたのが大磯の旧吉田茂邸である。

[11:00 3/24]

お伊勢参りの食べ歩きはこれが正解! 地元ゆかりの名店6選

伊勢神宮にお参りしたら、楽しみたいのが食べ歩き! 周辺の「おはらい町」や「おかげ横丁」には、美し国(うましくに)三重の名にふさわしいグルメスポットがあふれているが、中でも紹介したいのが、地元三重ならではの自慢の味だ。伊勢市の在住経験もある筆者が、絶対外さない6店を紹介しよう。

[11:30 3/23]

シンプル×上質! カプセルホテル「ナインアワーズ北新宿」に泊まりたい

カプセルホテルが進化を続けている。「ナインアワーズ」は、デザインを重視し、女性も安心して利用できるような空間を取り入れた新世代型カプセルホテルだ。京都、成田空港、仙台に続く4店目として、3月22日には北新宿店が都内で初めてオープン。「都市型の新しい宿泊スタイルを作りたい」という「ナインアワーズ」の内側を紹介しよう。

[06:00 3/22]

「ほぼ新宿のれん街」で"最高のひとり酒"をするなら? 全7店の一押しを紹介

3月17日、飲食店7店舗からなる「ほぼ新宿のれん街」が誕生した。新しいはずなのに、ずっと前からここにあったんじゃないかと思わせてくれるような、日本の古き良き文化が佇んでいる。そんなお店にフラッと立ち寄った時の、「ひとり酒にこれがあれば最高だな」という1品+1酒を、全7店舗味わってみた。

[10:09 3/18]

レゴランド・ジャパン、一足先に行ってきました! - ママライターが徹底紹介

2017年4月1日、名古屋に「LEGOLAND Japan」(レゴランド・ジャパン)がオープンする。7つの異なるエリアでさまざまなLEGOの世界が体感でき、40を超えるアトラクションやショーが楽しめる期待の新テーマパークだ。今回、施設の内容やお勧めのアトラクション、小さい子ども連れでも楽しめる工夫について、ママ的視点でリポートする。

[06:00 3/18]

京都は桜が良く似合う! 歴史や絶景とともに味わえる花見名所7カ所巡り

間もなく到来する桜シーズン、多くの人が花見に出かけると思う。毎年、同じ花見スポットという人も多いかもしれないが、今年は古都・京都へ花見に出かけてみてはいかがだろうか。古寺社の境内や、紅殻格子の家々が建ち並ぶ古都の景色の中に咲く桜の風情は、ひと味もふた味も違う。今回は、京都の桜の名所7カ所の見所と鑑賞のポイントを案内しよう。

[11:00 3/17]

何かとおいしい工場見学! すぐ行ける「味の素 川崎工場」は体験が目白押し

うま味。今では「UMAMI」という言葉で世界に知られるようなった日本発の味覚だ。では、そのうま味の正体とは? 身近であるゆえに、「分かるんだけど何て言うか……」という人も多いのではないだろうか。そんなうま味の歴史から味わい方まで、"おいしい体験"を通じて学べる工場が、都内からアクセスしやすい場所にある。

[11:00 3/15]

山口銘菓「巌流焼」「おそいぞ武蔵」の誕生秘話がなんだか素敵!

宮本武蔵と佐々木小次郎がなぜ決闘するに至ったかを知らない人でも、「武蔵がわざと決闘に遅れた」という伝説は耳にしたことがあるだろう。決闘の地とされているのは巌流島。闘いから約400年の時を経た今、この島が浮かぶ山口県下関市では、武蔵を待ちわびる小次郎の気持ちを代弁するかのような和菓子にお目にかかることができる。

[10:30 3/15]

旅行レポート バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (旅と乗りもの>レジャー>旅行レポート)

旅行レポート トップへ
実際に旅をして現地のグルメやホテル、アクティビティなどをレポートします

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事