「旅行レポート」最新記事一覧

実際に旅をして現地のグルメやホテル、アクティビティなどをレポートします

関連キーワード

ヘッドライン

京都の大学生御用達! 食堂「ハイライト」は量重視なおふくろの味で泣ける

今日のお昼はがっつり、おなかいっぱい食べたい! そんな期待に120%答えてくれるのが、食堂「ハイライト」だ。ハイライトは京都市内に5店舗を展開。そのほとんどが大学の近くに位置し、手頃な料金でボリュームたっぷりのメニューが食べられることから、学生の間では"第二学食"と呼ばれて親しまれている。

[11:00 5/30]

海風感じる伊東温泉の「星野リゾート 界 アンジン」で湯上がりビールを

週末の、昼に飲むビールほどうまい飲み物はない。そして、それは旅先になるとさらに魅力を増してくるものに違いない……。ということで今回訪れたのが、この春オープンした「星野リゾート 界 アンジン」だ。新幹線を使えば都心から1時間半という近さ、そしてオーシャンビューの温泉に入った後は、海風が感じられるデッキで、飲み放題の湯上がりビールが楽しめるときた。まさに週末の贅沢の極みといえる、この旅館の全貌を紹介しよう。

[11:30 5/26]

B級グルメがこんなにも!? 神楽坂はしっとり情緒と満腹注意の街だった

神楽坂と言えば坂道、そして"和情緒が漂う飲食店の街"という印象があるだろう。一見さんお断りの料亭など、若者には少々入り難い店も多い。しかし、昼間の神楽坂はB級グルメの宝庫であり、散策が楽しい街だということをご存知だろうか。そんな、意外な神楽坂を紹介しよう。

[11:00 5/18]

中野は食べ歩きも楽しいぞ! 名物通りの知られざる"顔"に会いに行こう

東京・中野と言えば「サブカル」である。中野は今や、日本文化に確固たる地位を得たサブカルチャー界において、"聖地"と称されるまでになっている。そんな中野を実際に駅を降りてみると、もっと違う"顔"が見てくるかも。商店街でB級グルメを探しつつ、歩いてみた。

[11:00 5/16]

多摩・高水三山ハイキングは、ここが東京であることを忘れさせてくれる

今回歩く高水三山ハイキングコースは、高水山(たかみずさん・759m)、岩茸石山(いわたけいしやま・793m)、惣岳山(そうがくさん・756m)という3つの山を縦走する、東京都の青梅・奥多摩エリアの人気ハイキングコースだ。ひとたび山道に分け入れば、ありのままに近い自然が保たれているのが最大の魅力。都内であることを忘れてしまいそうになる、その豊かな自然を一歩一歩、踏みしめてみよう。

[11:00 5/15]

ここは心が帰る場所! 京都・美山で知る日本の原風景を歩いて味わう

京都府の中央部に位置する南丹市美山町は、「かやぶきの里」として知られている。地井地区の北集落には50戸の内、38棟の民家に茅葺屋根が現存、平成5(1993)年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。年間約70万人が訪れる人気観光地で、近年は台湾などの訪日客にも人気だ。

[11:00 5/11]

幻の"半チャン"に鮮魚の立ち喰い寿司まで! 博多駅直結・新デイトスの魅力

JR博多駅筑紫口側(新幹線側)に直結する博多デイトス。博多名物やお土産はもちろん、「博多めん街道」や「博多ほろよい通り」など、グルメスポットがずらりと並ぶ人気の施設で、このほど8年ぶりに大型リニューアルが行われた。今回のリニューアルでは、地元で愛されている名店が続々出店。その地域で暮らしていなければなかなか味わうことのできない一品が、気軽に楽しめる。中でも、近々来福する予定がある方には、ぜひとも足を運んでほしい、2店を紹介しよう。

[11:30 5/10]

「酒を売る犬 酒を造る猫」って何!? 新潟の歴史ある酒蔵の愛ある計らい

「酒を売る犬 酒を造る猫(Dog sell sake, Cat make Sake)」のキャッチーな商品名とともに、酒の席に隣り合って座る1匹と1頭が描かれたラベルの日本酒が話題となっている。製造元は新潟県の宝山酒造。明治18(1885)年創業の歴史ある酒蔵だ。その5代目となる蔵元、渡邉桂太さんが、東京農業大学の同級生である若松秀徳さんとともに造り上げた初めてのお酒こそ、件の一本なのである。

[11:00 5/5]

船を模したスターバックスも! 新しくなった神戸「メリケンパーク」を行く

神戸を代表する風景として、よく知られているのが「神戸ベイエリア」だ。4月5日には「メリケンパーク」がリニューアルし、さらに4月21日には、西日本最大級となる「スターバックスコーヒー 神戸メリケンパーク店」もオープンした。今回、そんなメリケンパークの魅力をお伝えしよう。

[11:00 5/4]

マルカン"10段ソフト"復活! 南花巻温泉峡・大沢温泉で宮沢賢治を訪ねる

温泉が多い岩手県花巻市の中でも、大沢温泉は宮沢賢治ゆかりの宿として知られている。花巻市は「わんこ蕎麦」発祥の地。賢治愛用の蕎麦屋もあるが、B級グルメの世界では、復活した10段ソフトクリームを出す食堂が話題になっている。温泉やB級グルメを満喫し、宮沢賢治に思いを馳せるのに最適な、南花巻温泉峡・大沢温泉の魅力を紹介しよう。

[11:00 5/2]

大人の休日は谷根千で決まり! 東京・昭和のほろ酔い散歩は満腹にご注意を

春らんまんなこの季節、晴れた休日はいつもよりもゆったりと時間が流れていくもの。そんな日は、自由で気ままな大人の散策をしてみてはいかがだろうか。東京にいながら普段と違った道行きを楽しめるエリア、「谷根千(谷中・根津・千駄木)」を紹介しよう。

[11:00 5/1]

電車の運転体験が充実しすぎ! 子鉄でなくとも大興奮の駅近「東武博物館」

子どもとのお出掛け先として活用したい博物館。自然科学や歴史などをテーマにした物もあるが、小さい子どもでも楽しめる施設を探すのは難しいことが多いかもしれない。そこでオススメしたいのが、東武鉄道が運営する「東武博物館」。12両にも及ぶ実物車両に加え、鉄道のジオラマや運転体験、SLショーなど、体験型の展示が充実している。その魅力的な内容を、早速紹介しよう。

[06:30 5/1]

地元の人はここに行く! 伊勢志摩の"旬"を詰め込んだ漁協直営食堂の魅力

豊富な海の幸に恵まれている三重県の伊勢志摩地方。伊勢海老やあわび、それに、魚介類がたっぷりのった海鮮丼を食べたいと思ったら、訪れてほしい場所がある。それは、県内で唯一漁協が直営している食堂「四季の海鮮 魚々味」(鳥羽市堅神町)だ。提供される魚介類は、もちろんいずれも新鮮で、しかも安い! 漁協の心意気が感じられる、"旬"が詰め込まれた自慢のメニューを紹介しよう。

[11:30 4/28]

「渋谷キャスト」開業! クリエイティブが集い・ぶつかり・生まれる空間の全貌

「遊ぶ、働く、住む」が有機的につながった複合施設「渋谷キャスト」が、4月28日に開業する。渋谷・原宿・青山・表参道という高感度なエリアに面した立地を生かし、"クリエイティブ"が集い、ぶつかり、生まれる空間を通じて、渋谷がまた新しい街へと変革する。未来の渋谷をつくる、渋谷キャストから始まる新しい体験・暮らし・風景を紹介しよう。

[05:30 4/28]

池袋から30分! 試飲もできるコカ・コーラ多摩工場は親子共に楽しみ所が満載

近年、家族連れはもちろん、カップルや友達どうしでのお出掛けに人気の工場見学。今回は、「コカ・コーラボトラーズジャパン 多摩工場」にお邪魔してきました。普段見慣れた飲料が作られる現場では、新たな発見がたくさん! 早速紹介しましょう。

[11:30 4/27]

東京駅・グランスタで第2期開業! 年商約25億円を目指す全21店のオススメは?

いつもの通勤路を旅するように歩ける空間に。東京駅内の「グランスタ丸の内」「グランスタ」新エリア第2期が、4月27日に開業する。23店舗が開業した2016年7月の第1期に続く第2期では、新業態店舗を含む21店舗が誕生。今回、第2期の全21店舗に着目し、オススメの限定商品や見所を紹介しよう。

[05:00 4/27]

記憶に残る宿のスペシャリテ 第7回 全部"花ちゃん"の言うとおり! 美ケ原温泉「旅館すぎもと」は個性が踊る

長野県松本市・美ヶ原温泉「旅館すぎもと」には、筆者が過ごす至福の流れがある。このように記すと、敷居の高い宿に思われるかもしれないが、常連客の多い、気さくな旅館である。和食の文化を追求する宿で構成される「日本 味の宿」という全国組織で中心的存在の宿だからであろうか、同業者の来訪も多い。

[11:00 4/26]

2年ぶり! ディズニーシーのファッショナブル・イースターを楽しむ方法

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーシーのイースターイベントと、今春に華々しく登場したダッフィーのおともだち「ステラ・ルー」についてレポートします。

[11:00 4/25]

「エリック・カール展」でエリック来日--"はらぺこあおむし"達の優しい世界

6月25日には米寿(88歳)を迎えるアメリカ人の絵本作家エリック・カール氏。その大きくて温かそうな手は、『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』など数々の色あせることのない世界を紡いできた。そんなエリック氏の最新作も含めた、原画約160点の展覧会「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」が4月22日~7月2日、世田谷美術館で開催される。

[18:57 4/21]

ありえない!? 台湾まぜそば発祥店の"辛くない台湾まぜそば"がうまいわけ

新・名古屋メシとしてすっかり定着した感のある台湾まぜそば。唐辛子たっぷりの激辛ミンチ(通称"台湾ミンチ")をトッピングしてあるのが特徴だ。ところが、この元祖である「麺屋はなび」がなんと、「辛くない台湾まぜそば」を売り出すという。辛いからこその存在意義を自らひっくり返すようなまさかのアレンジ。果たしてその真意とは?

[11:30 4/21]

ついにオープン! 銀座最大級の巨大施設「GINZA SIX」ってどんなところ?

2016年3月31日にオープンした「東急プラザ銀座」、同年9月24日にオープンした「銀座プレイス」に続き、銀座エリアに新たなランドマークが誕生する。3月20日にオープンした「GINZA SIX」は、銀座6丁目の2街区を丸ごと使ったエリア最大級の大型施設だ。今回は、開業に先駆けてその中身の一部を紹介しよう。

[04:00 4/20]

東急東横線の今と昔--東白楽~横浜を中心に廃線・廃駅を巡る旅

鉄道の廃線・廃駅と聞けば、多くの人は地方のローカル線で、採算がとれずに廃止になった路線を思い浮かべるのではないか。もし、東京と横浜という大都市間を結ぶ路線に廃線区間があると言えば驚くかも知れないが、実は渋谷駅と横浜駅の間、24.2kmを結ぶ東急東横線には複数の廃線区間が存在する。今回は、東横線の廃線・廃駅を探訪する旅へと出かけよう。

[11:00 4/19]

どこで見ればいい!? 変則的なディズニーイースターのパレード徹底攻略

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーランドで2017年4月4日から開始したディズニー・イースターのスペシャルパレード「うさたま大脱走!」のキャラクター停止位置をメインにレポートいたします。

[11:00 4/18]

愛知・岐阜のご当地ラーメン、ベトコンラーメンって何だ!?

ベトコンラーメン。全国の人には耳慣れないそんな名前のラーメンが、愛知県の北部、岐阜県を中心とした東海地方の一部に存在する。メニュー名を店名に冠した店もあり、店数は100軒を超えるとも言われているそうだ。特定の地域で普及しているという点から、一種のご当地ラーメンとも言えるだろう。「名古屋メシ」ではなく、「名古屋"よりちょっと北"メシ」とも言うべきこのベトコンラーメンを、今回は紹介しよう。

[11:30 4/17]

東京から80分! 信州の奥座敷「別所温泉」は花見も湯めぐりも好きなだけ

別所温泉は、信州最古と言われる歴史的な温泉地。玄関口の上田駅まで北陸新幹線で、東京駅から最速81分で到着できる。2016年の大河ドラマ「真田丸」の舞台になった上田城は花見名所で、夜桜ライトアップの送迎バスを出す宿も多数ある。気軽に利用できる足湯や共同湯からひとり旅歓迎の宿、高級宿までそろう別所温泉の魅力を紹介しよう。

[11:00 4/14]

ご当地パン祭りで2年連続優勝も! "大阪らしさ"の先に「たこ焼きパン」あり

大阪の味と言えば"こなもん"。県内には専門店が多数存在するだけでなく、お好み焼き味やたこ焼き味の土産菓子まで売られているが、最近ではなんとパンとのマリアージュまで楽しめるという。粉と粉の共演とは驚きだが、一体どんな商品なのだろうか。

[10:25 4/12]

陸の軍艦島か日本のマチュピチュか! 神秘なる中津・耶馬渓で穴場絶景を

大分県中津市の国指定名勝「耶馬渓(やばけい)」は、日本新三景や日本三大奇勝にも数えられる九州屈指の景勝地だ。だが、ここにはまだまだ人に知られていない穴場絶景やパワースポットが埋もれている。また、中津にはからあげなどのご当地グルメ、金色温泉など個性あふれる温泉宿や立ち寄り湯の施設も充実している。今回はそんな中津の魅力をたっぷり紹介しよう。

[11:00 4/10]

抹茶シロノワールはここだけ! コメダの秘密兵器「おかげ庵」があなどれない

いまや全国を席巻している名古屋発祥の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」(以下「コメダ」)。店舗数は740軒を突破し(2017年3月現在)、北は北海道から南は鹿児島まで、勢力を拡大している。お得なモーニングサービスやくつろげる空間づくりで、日本中の人々を魅了しているコメダだが、実はもう一つ、とっておきの秘密兵器がある。地元・名古屋以外ではほとんど知られていない「甘味喫茶 おかげ庵」だ。

[11:00 4/7]

TDLのディズニー・イースターが今年から変わった! "うさたま"って何者!?

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回は、東京ディズニーランドで4月4日から6月14日まで開催中の「ディズニー・イースター」について、思わず写真を撮りたくなるデコレーションや今年初登場したキャラクター「うさたま」のグッズなどを紹介します!

[18:46 4/5]

日帰りではもったいない! 西伊豆松崎温泉郷に春こそ行くべき6つの理由

西伊豆・松崎町の那賀川沿いは桜並木になっており、伊豆半島を代表する花見名所として知られている。隣接して花畑や松崎温泉の足湯があり、桜と花畑の絶景を一望できる。特に春、この西伊豆松崎温泉郷への旅をプッシュしたい6つの理由を、その楽しみ方とともに紹介しよう。

[11:00 4/5]

旅行レポート バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (旅と乗りもの>レジャー>旅行レポート)

旅行レポート トップへ
実際に旅をして現地のグルメやホテル、アクティビティなどをレポートします

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事