「調査データ」最新記事一覧

マーケティングに関連する調査の結果をまとめました。

関連キーワード

ヘッドライン

日本においてVR/AR市場の成長を阻む要因は何か?

IDC Japanは10月19日、AR/VRの市場動向の最新調査に関する説明会を開催した。説明会では、世界と日本のAR/VR市場の最新調査結果に加え、AR/VRが抱える課題、ビジネスに与えるインパクトなどが紹介された。

[09:00 10/20]

会社経営者の5割超「基本給のマイナス査定は必要」

あしたのチームは10月17日、「基本給のマイナス査定」に関するインターネット調査の結果を発表した。同調査では、基本給のマイナス査定の実施有無、基本給のマイナス査定をしない理由などの実態を明らかにしている。

[12:45 10/17]

GitHubの利用、日本と世界の違いは?

GitHubは10月11日(米国時間)、「GitHub Octoverse 2017|Highlights from the last twelve months」において、2017年におけるGitHubの利用データを公開した。GitHubは現在、世界で多くのデベロッパーに活用されているホスティングプラットフォームの1つであり、日本のデベロッパーにも人気がある。日本のデベロッパーと世界のデベロッパーにおいて、利用傾向にどんな違いがあるのだろうか。

[12:00 10/16]

GitHubで使われているプログラミング言語トップ15

Githubは10月11日(米国時間)、「GitHub Octoverse 2017|Highlights from the last twelve months」において、2017年におけるGitHubの利用データを公開した。GitHubでは377個のプログラミング言語が使用されており、プルリクエスト数をベースにランク付けされている。最も使われている言語は何だろうか。

[10:29 10/16]

2017年Q2の法人向けストレージシステム売上額2位はIBM、1位は? - IDC調査

IDC Japanは10月11日、2017年第2四半期(4~6月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額実績を発表した。これによると、同期間における支出額は383億300万円であり、2016年第2四半期と比べて9.6%減になったという。

[10:14 10/12]

2017年9月の全国企業倒産状況 - 帝国データと商工リサーチの値を比較

10月10日、帝国データバンクと東京商工リサーチから2017年9月の全国企業倒産の集計結果が発表された。同年同月同期の倒産件数と負債総額は、帝国データの発表では648件/1043億7800万円、商工リサーチの発表では679件/1158億200万円となっている。

[10:30 10/11]

2016年「全国社長の出身大学」調査、トップ10は昨年と変わらず

東京商工リサーチは10月10日、2016年「全国社長の出身大学」調査の結果を発表した。同調査は、同社の企業データベース296万9431社(2016年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)のうち、公開された出身大学を集計したもの。

[17:00 10/10]

2017年2Q国内サーバ市場出荷額、第3位はIBM - 2位と1位は?

IDC Japanは10月10日、2017年第2四半期(4月~6月)の国内サーバ市場動向を発表した。2017年第2四半期の国内サーバ市場規模は1014億円で、前年同期から0.6%増加したほか、出荷台数は10万8600台となり、前年同期から3.3%減少したという。

[14:30 10/10]

SwiftとJavaが減少、その理由は? - 10月開発言語ランキング

2017年に入ってから、プログラミング言語「Swift」は2.3%のレーティング値を付けてトップ10入りしたものの、その後だんだんとポイントを下げて今回は16位につけた。SwiftとともにJavaも下落傾向にあるが、Tiobe SoftwareではこうしたSwiftとJavaの衰退の理由を、モバイルアプリの開発が個々のプログラミング言語を直接使うスタイルではなく、同時にiOSとAndroid向けのアプリを開発できるフレームワークに移っている点にあると指摘している。

[14:30 10/6]

パスワードを使い回しているユーザーは8割超 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月5日、パスワードの利用や管理の実態を調べる「パスワードの利用実態調査 2017」の結果を発表した。これによると、複数のWebサービスでパスワードを使い回しているユーザーが8割を超えることがわかったという。

[12:17 10/6]

音声アシスタントに言われたくないセリフ第1位は?

KDDIは10月5日、全国の15歳~69歳の男女1000名を対象に実施した「日本人の音声操作に対する意識調査2017」の結果を発表した。音声アシスタントに言われたくないこと第1位は「何回同じことを聞くのですか?」だったという。

[10:44 10/6]

タグからわかる開発者が関心を持っている技術の傾向とは? - Stack Overflow

Stack Overflowは10月3日(米国時間)、「Mapping Ecosystems of Software Development - Stack Overflow Blog」において、同社のサービスで蓄積されたタグデータを分析して、タグ間の関連性を分析した結果を発表した。この結果からは、プログラマーや開発者がどのような技術に興味を持っているのかを知ることができ、参考になる。

[14:14 10/5]

国内企業社長の輩出率、全国第2位は山形県 - 第1位は?

東京商工リサーチは10月3日、2016年「全国社長の輩出率、地元率」調査の結果を発表した。同調査は、同社の企業データベース296万9431社(2016年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)のうち、公開された出身地を抽出・集計したもの。

[17:00 10/3]

ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」発表

ガートナー ジャパンは10月3日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表した。同ハイプ・サイクルでは、2017年時点の日本の情報通信技術(ICT)市場においてデジタル・ビジネスを実現する不可欠な要素として、ITリーダーが今押さえておくべき代表的な40のキーワード(テクノロジー、方法論、プラクティス、コンセプト)を選定し、国内におけるトレンドを示している。

[13:30 10/3]

AndroidとiOSの合計が前月からさらに増加 - 9月モバイルOSシェア

Net Applicationsから2017年9月のモバイルOSシェアが発表された。2017年9月はAndroidとWindows Phoneがシェアを増やし、iOS、Symbian、Java ME、BlackBerryがシェアを減らした。iOSにおいて、iPhoneがシェアを減らしたものの、iPadはシェアを増やしている。

[17:12 10/2]

Linuxシェア増加で5%に近づく - 9月OSシェア

Net Applicationsから2017年9月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年9月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。特にLinuxは8月と9月で大きくシェアを増やしており、この2カ月でシェアを2倍ほどまで増やしている。デスクトップ向けオペレーティングシステムのシェアがここまで大きく変動することは珍しい。

[16:11 10/2]

どの国、どの職種の開発者の年収が高い? - Stack Overflow

Stack Overflowは9月19日(米国時間)、「How Much Do Developers Earn? Find Out with the Stack Overflow Salary Calculator - Stack Overflow Blog」において、Stack Overflowの調査データから開発者の年収に関するデータを発表した。年収は開発者としての勤務年数によって左右されるほか、国ごとに大きな違いが現れることが示されている。

[17:30 9/24]

iOS 11、公開から2日で一気にiOS全体で6%超えのシェア獲得 - StatCounter

StatCounterは9月21日(米国時間)、「iOS 11 rockets to over 6% internet usage in just two days|StatCounter Global Stats」において、iOS全体のシェアにおいてiOS 11のシェアが2日間で6.2%に到達したと発表した。これは新しいバージョンへの移行速度としては驚異的な速さと説明。同時に、広告業界はかなり早い段階でこの影響を受けることになるだろうと指摘している。

[11:30 9/24]

2017年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」、第1位は?

米国マカフィーは9月19日(現地時間)、毎年発表している「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(McAfee Most Dangerous Celebrities)」の2017年版の結果を発表した。

[21:00 9/22]

2016年の標的型攻撃対策製品の国内市場規模は320億円に - IDC

IDC Japanは9月19日、国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場の2017年~2021年の予測を発表した。同社は同市場を標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場を特化型脅威対策製品市場と脅威インテリジェンスセキュリティサービス市場に分類しており、双方を合わせた市場規模は320億円となったという。

[10:35 9/20]

金持ち企業ランキング、第1位は? - 開始以来首位のファナック陥落

リスクモンスターはこのほど、第5回「金持ち企業ランキング」の調査結果を発表した。今回の第1位は信越化学工業が獲得し、第1回調査から第1位を保持してきたファナックは第3位に陥落した。

[15:30 9/19]

nginxが増加も、全体は横ばい傾向 - 9月Webサーバ調査

インターネットサービス企業のNetcraftは9月11日(米国時間)、「September 2017 Web Server Survey|Netcraft」において、2017年9月のWebサーバのシェア調査の結果を伝えた。9月はnginxが順調にシェアを伸ばしており、コンピュータの台数換算で49,900台増加させ22.2%のシェアに到達した。Microsoft IISのコンピュータ台数のシェアが22.5%であるため、同様の傾向が続いた場合は、nginxのコンピュータの台数がMicrosoft IISの台数を超える可能性が出てきている。

[12:45 9/13]

最も成長しているプログラミング言語は? - Stack Overflow

Stack Overflowは9月6日(米国時間)、「The Incredible Growth of Python - Stack Overflow Blog」において、所得の高い国においてはプログラミング言語「Python」の成長が明らかに他のプログラミング言語よりも高い傾向にあると伝えた。また、所得が低い国においてもPythonは成長しているという。

[07:30 9/11]

9月TIOBEプログラミング言語ランキング、落ちるビッグ3・Java、C、C++

TIOBEプログラミング言語ランキングにおいて、Java、C、C++が15年以上にわたり1位から3位までを独占してきたが、状況が変わりつつある。最近、これらビック3は大きくシェアを減らしており、4位以下のC#とPythonとの差が狭まりつつあるのだ。TIOBE Softwareは現在は単一のプログラミング言語でシステムを開発するといったケースは珍しくなっており、結果としてインデックス値がそれぞれのプログラミング言語に分散する傾向が現れているという。

[06:30 9/10]

国内外付型エンプラストレージ市場、産業別予測は上位3分野がマイナス成長

IDC Japanは9月7日、国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の主要産業分野別の実績と予測を発表した。これによると、2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額は前年比8.9%減の1830億5000万円となり、支出額に占める上位5つの主要産業分野の割合は、同2.3ポイント減の75.1%となったという。

[16:30 9/7]

混雑環境でのスマホの動画視聴品質、3大キャリアとMVNOでどう違う?

ICT総研は9月6日、混雑環境におけるスマートフォン動画視聴品質調査の結果を発表した。同調査は、同時接続によるネットワーク混雑状況における動画視聴品質および通信速度の実態を把握することを目的としたもの。

[17:30 9/6]

国内企業のIoT利用率、組立製造や運輸/運輸など大手を中心に向上 - IDC

IDC Japanは9月5日、国内IoT(Internet of Things)市場の企業ユーザー動向調査の結果を発表した。これによると、国内企業のIoT利用率は6.0%となり、組立製造、運輸/運輸サービス、公共/公益の大手企業を中心に、IoTの利用率は継続的に向上しているという。

[16:00 9/6]

AWSのCDN「Amazon CloudFront」、この1カ月で利用が急増

Q-Successは9月4日(ドイツ時間)、「Usage Statistics and Market Share of Amazon CloudFront for Websites, September 2017|Web Technology Surveys」において、リバースプロクシを使っているWebサイトにおいて、Amazon CloudFrontのシェアが6.1%を突破したと伝えた。これはWebサイト全体の0.5%に相当する。Amazon CloudFrontは過去1年間でシェアを徐々に伸ばしていたが、ここにきて一気にシェアを増やしたことになる。

[06:37 9/6]

国内企業向けモバイルセキュリティ市場、 前年比16.4%増の65億円- IDC

IDC Japanは9月5日、国内企業向けモバイルセキュリティ市場の予測を発表した。これによると、同市場の規模は前年比16.4%増の65億円だったという。同市場の2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.7%で、市場規模8売上額ベース)は2016年の65億円から、2021年には130億円に拡大すると予測している。

[15:30 9/5]

検討している格安SIM、iPhoneユーザー1位はY!mobile - Android1位は?

MMD研究所は9月4日、15歳から59歳のスマートフォンを所有し、格安SIMを検討している男女1072人(iPhone551人、Android521人)を対象に実施した「格安SIM検討者の意識調査」の結果を発表した。

[18:00 9/4]

調査データ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (企業IT>マーケティング>調査データ)

調査データ トップへ
マーケティングに関連する調査の結果をまとめました。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事