「日焼け」最新記事一覧

日焼け対策法などを紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

女性ホルモンの乱れ&骨粗しょう症を豆乳フォーで吹き飛ばせ!

「年齢を重ねると骨密度が低くなって、骨折しやすくなる」といった趣旨の話は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。ただ最近は、どうやら年配の人に限った話ではなく、若い人にも骨密度低下の魔の手が忍び寄っているようだ。

[11:11 6/15]

「老い」の原因は年齢のみならず! 紫外線による光老化の恐怖に迫る

ここ最近、ビジネスシーンで「見た目印象」が大切な要素として見直されている。「実年齢よりも若々しく見える方法」「なりたい自分になる方法」など、見た目印象を良くするためのセミナーやレッスンなども開催されており、今後もこのニーズはさらに高まっていきそうだ。

[10:24 5/19]

ハワイ航空券などが当たる映画「モアナと伝説の海」キャンペーン開始

ロート製薬は3月1日~4月30日、日やけ止め「スキンアクア」シリーズとディズニー映画「モアナと伝説の海」とのタイアップによる、ハワイアン航空で行く「『ぜーったい焼かない』キャンペーン」を実施する。

[09:52 2/15]

男性は女性のどこに目がいく? - 2位「目」

noUVはこのほど、「美肌に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査は2016年12月13日~14日、20~40代の日本人男女220名を対象にインターネットで実施したもの。

[16:29 2/14]

私もADHD! 第5回 キャラ変更を迫られる「眩しさ対策」

ADHD当事者で2児の母でもあるモンズースーさんが、ADHDの方の生活などを架空のOL・水谷真帆を通じて描く4コマ漫画連載「私もADHD! 」。今回は「光」に関するお話です。

[10:17 10/6]

湿度×紫外線からシミ悪化リスクがわかる「シミ・リバウンド指数」公開

日本気象協会はこのほど、資生堂が発表した「乾燥とシミ悪化因子の相関関係の知見」をもとに、「シミ・リバウンド指数」を開発した。9月15日より、同協会が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」で、シミ・リバウンド指数を提示している。

[10:01 9/16]

秋冬に美白ケアを中断すると、生涯で約66万円もムダになる!?

資生堂はこのほど、「秋冬美白意識に関する調査」の結果を発表した。同調査は7月31日~8月4日、全国の25歳~59歳の女性1,033名を対象にインターネットで実施したもの。

[19:26 9/15]

完熟ラ・フランスの秋限定酵素スムージー発売

IDEAはこのほど、「スムージーダイエット リミテッドエディション160酵素MIX(完熟ラ・フランス味)」を発売した。同社オンラインショップにて数量限定で販売。

[11:00 9/11]

日焼けサロンを外国人はどう考えているのか - 「直接ビーチへ」「すごい」

日本ではすっかり定着した日焼けサロンだが、外国人にはどう思われているのか、また、海外でも利用されているのだろうか。日本在住の外国人20人に聞いてみた。

[09:59 9/8]

外国人は日焼け対策をしてる? ‐ 「皮膚がん対策」VS「健康的に見える」

今回は、日本在住外国人20名に「日焼け対策」について調査を実施した。対策をしているかどうか、理由とあわせて紹介しよう。

[11:26 9/6]

外国人は日本の夏の暑さをどう感じたか - 「湿気が辛い」「肌が痛い」

日本は「夏は暑くて冬は寒い」という四季がはっきりと感じられる気候だ。ただ、もちろん日本以外の国にも季節の移り変わりはある。外国の四季は日本とどのように違うのか。

[10:00 9/6]

外国人が日本でしている熱中症対策は? ‐ 「日陰を歩く」「塩飴をなめる」

例年、夏になると日本では熱中症がニュースになる。今年も熱中症による累計搬送人数(2016年4月25日~8月28日総務省消防庁報告)は全国で4万人を超えた。そこで今回、日本在住の外国人20人に「日本の熱中症」に関する意識調査を実施した。

[13:30 9/5]

サングラスで失明する!? レンズの劣化リスクと適切な買い替え時期を知る

日中の外出のお供にサングラスを使用する人は多い。紫外線をカットしてくれ、日差しがきつい中でも視界を確保してくれる優れものだが、どうやら定期的に買い換えないといけないようだ。

[10:00 9/2]

夏の猛暑が招く"秋バテ"になりやすい人の生活習慣

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」はこのほど、「夏から秋の不調」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は6月24日~30日、20~50代の男女614名を対象にインターネットで実施したもの。

[10:44 8/16]

目の充血の原因と結膜下出血との見分け方を知る

朝の起きがけに鏡を見た際や、ずっとパソコンをいじっていてふと気がついたときに目が充血していた経験はないだろうか。ほとんどのケースで自然と症状が治まるため、本来ならば放置しておいても問題はない。

[10:30 5/17]

春の肌荒れの原因は「ストレス」と「紫外線」 - 友利新医師が対策を語る

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」はこのほど、「春の肌トラブル」についての調査結果を発表した。同調査は2月19日~22日、首都圏在住の20~50代女性842人を対象にインターネットで実施したもの。

[17:16 4/19]

パートナーのしみ・そばかす・しわが目立ってほしくないと思う女性は82%

大正製薬はこのほど、「男のUVケアに関する実態調査」の結果を発表した。同調査は3月16日~20日にかけて、20~50代の男女111人ずつ計888人を対象にインターネットで実施したもの。

[13:02 4/13]

脱毛は痛くない! 「正しい脱毛方法」のために知っておきたいこと4つ

面倒な自己処理から解放されるため、レーザーや光での脱毛を定期的に実施している女性も多いだろう。施術後は次の施術に備えての準備をしていく必要があるが、間違ったケアをしていると不要な「痛み」を招くこともある。

[10:00 3/29]

脱毛に必要な期間や回数を、医師解説のもとで種類別に比較!

近年は女性だけではなく、男性でも脱毛をする人が珍しくなくなってきた。その一方で、ツルツルの肌に憧れ「脱毛をしたいな」と思いながらも、最初の一歩がなかなか踏み出せずにいる人もいるだろう。

[10:30 3/28]

ブルーライトは「肌」にも危ない? 色素沈着をもたらす可能性が明らかに

ランコムはこのほど、スマホ・PCなどの画面から発生する「ブルーライト」が肌に及ぼす影響についての研究結果を発表した。

[14:12 2/26]

毛穴の開きに悩む営業女性必読! クレンジングはオイルでしっかりが基本

鼻の肌トラブルの代表例の一つといえる「毛穴」。鼻は顔の中心にあるだけに、その黒ずみや開き具合が気になる人も多いようだ。この難敵、どのように攻略すればよいのだろうか。

[09:30 2/10]

夏が終わっても紫外線対策に終わりナシ - 医師が教える「焼けない」コツ

夏休みはレジャーなど外で過ごす機会が多く、特に紫外線が気になる季節。だが。きちんと日焼け止めを塗っていたのに、なぜか日焼けしてしまったという経験がある人も意外に多いのではないだろうか。そして、夏の終わりと共に紫外線対策も終了……ではいけないのだ。

[09:28 9/3]

毎年約500人が命を落とす熱中症 - 症状で危険度を知って身を守ろう

6月に入り、梅雨入りを迎えた地域も出てきた。梅雨が明ければ本格的な夏シーズン到来となるが、夏になると気をつけないといけないのが熱中症だ。最悪の場合は死に至る熱中症だが、それまでにはいくつかの段階がある。その過程をきちんと理解しておこう。

[10:13 6/5]

くる病に影響する紫外線と「ビタミンD問題」、どう対処したらいい?

ここ数年、ママたちの間で「日光浴をすべきか、すべきでないか」というテーマが話題となっている。その発端は、骨が変形し、重度の場合は歩行困難などの症状が出る「くる病」が、乳幼児の間で増えているというニュースだ。

[14:13 6/4]

5月30日~31日は熱中症に注意! - 東京都・大阪・名古屋は「警戒」レベル

日本気象協会はこのほど、同協会が推進する「『熱中症ゼロへ』プロジェクト」を通じ、5月30日~31日に熱中症のリスクが高くなると見込まれる地域を明らかにした。

[13:09 5/29]

熱中症対策にかかった場所の1位は「屋外」、2割超がかかった意外な場所は?

キリンビバレッジはこのほど、全国の10~60代の男女を対象に実施した熱中症対策意識調査の結果を明らかにした。調査は5月2日~7日にかけて行い、4,966人から有効回答を得た。

[07:00 5/28]

紫外線が強くなる5月は、ビタミンCを賢く摂取して乗り切ろう

真夏同様、紫外線量が多いとされている5月。日焼け止めなどで紫外線防御をすることはもちろん、プラスαとして栄養面でも日焼け対策を考えることが必要となってくる。中でも着目してほしいのが、紫外線対策に効果的と言われるビタミンCだ。

[13:57 5/19]

ママの8割が「子供の目の紫外線ケア」が必要と回答 - 最も多いUV対策は?

サラウンドはこのほど、紫外線による影響が強いとされる子供(未就学児)を持つ、20~49歳の母親1,000人を対象に実施した「子供の紫外線ケア」の調査結果を明らかにした。調査期間は3月11日~13日。

[09:00 5/1]

美容外科監修の日本製サプリ「noUV」誕生

noUVは5月下旬、"飲む"日焼け止め「noUV(ノーブ)」を発売する。

[09:48 4/28]

美白効果を感じるアイテムや今夏、美白に投資した金額は? - 女子の美白事情

オレンジページくらし予報はこのほど、女性878人を対象に実施した「紫外線対策・美白に関するアンケート」の結果を明らかにした。調査期間は9月24日~25日。

[14:00 10/15]

日焼け バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>日焼け)

日焼け トップへ
日焼け対策法などを紹介。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事