「睡眠」最新記事一覧

睡眠関連グッズや睡眠時間に関する記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

阪急うめだ本店、美容アイテムを一堂に会する「Wellness&Beauty Life」開催

阪急阪神百貨店は9月27日~10月10日、阪急うめだ本店 各階にて健康的で美しい生活のためのアイデア&アイテムを紹介する「Wellness&Beauty Life」を開催する。期間中の10月7日・8日には、数々の健康に関するイベントを体験できる「SPECIAL2days CAMP」を実施する。

[17:14 9/25]

京都の景色に癒される人も! 日本在住の外国人にストレス解消法を聞いてみた

ストレス解消法は人によってさまざまだ。おいしいものを飲み食いしたり、スポーツで汗を流したり、好きな映画を見たり、ゲームやアプリに興じたり……。自身の趣味や嗜好に基づいたストレス発散方法はそれこそ無数にあるが、育った文化圏や地域によって何かしら傾向の違いのようなものはあるのだろうか。

[11:07 9/25]

「夏の冷え症」の傾向と対策を医師に聞く

9月に入りだいぶ日中の気温も穏やかになってきてはいるが、暑い屋外と涼しい室内という温度差の激しい場所への出入りを繰り返している人は少なくないはずだ。そんな状況下では「夏の冷え症」に陥る危険性がある。寒い冬に感じる冷えと、暑い夏に感じる冷えはどのように違うのだろうか。

[10:09 9/15]

9月以降に要注意の秋バテ対策として効果的な行動は?

セブン&アイ・ホールディングスはこのほど、「秋バテの自覚や対策に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は8月24日~27日、全国の10~50歳の男女500を対象にインターネットで実施したもの。夏から秋の変わり目で体調を崩した経験があるか尋ねたところ、71%が「ある」と回答した。気温が下がり始めたタイミングで不調を感じる人が多いことがわかった。

[14:17 9/14]

「秋バテ」でだるさを訴える人が増加中? - タイプ別の対策法とは

「ウーマンウェルネス研究会supported by Kao」はこのほど、「夏から秋の不調に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は6月13日~16日、20代~50代の男女858人を対象にインターネットで実施したもの。秋に不調を感じたことがあるか尋ねたところ、女性の41.1%、男性の36.7%が「ある」と回答した。

[15:06 9/12]

一日で休養にかける時間、睡眠以外で「0分」と答えた人の割合は?

日本リカバリー協会はこのほど、「ビジネスパーソンの休養に関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は8月21日~23日、20~60代までの働く男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。1日の中で足りないと感じる時間について尋ねたところ、59.7%が「休養、睡眠をとる時間」と回答した。

[15:45 9/11]

ハンモック美容室がお昼寝とハーブティーを楽しめるキャンペーン開始

美容室「Hammock Hair Salon COCONA(ハンモックヘアサロンココナ)」(東京都杉並区高円寺)はこのほど、「ハンモック×お昼寝推進キャンペーン」を開始した。同店は、カットからシャンプー、ヘッドスパといった施術をすべて、ハンモック上で行う美容室。ハンモックの快適さから、施術中に寝落ちする人も多いという。

[09:33 9/5]

【特別企画】眠ったのに「疲れが取れない」と答えた人は9割超! 質のよい睡眠をするために知っておくべきこととは?

いくらしっかりと寝ても、いざ目が覚めてみたら「あまり疲れが取れてない……」「なんだかスッキリしない」といった経験をしたことはありませんか? 今回は「睡眠」に関する悩みをもつモデルの斎藤克衣さんと一緒に、「IDC OTSUKA 新宿ショールーム」でスリープアドバイザーを務める井手さんを訪問しました。

[19:00 8/31]

KITTEで高反発マットレスを体験できるイベント開催--Qちゃんトークショーも

ライズTOKYOが展開するブランド「RISE(ライズ)」は9月1日~3日、高反発マットレス体験イベント「RISE 脳すいみん3DAYS」をKITTE(東京都千代田区)にて開催する。時間は11:00~20:00(初日のみ12:00から)。同イベントは、健康睡眠の大切さを多くの人に伝えるため、「秋の睡眠の日」である9月3日を含む3日間に開催するもの。

[15:16 8/29]

睡眠不足や冷えで肌が荒れてしまうメカニズムとは?

DECENCIAはこのほど、「夏の生活習慣調査」の結果を明らかにした。同調査は8月3日~4日、20代~50代の女性543名を対象にインターネットで実施したもの。夏に寝苦しいと感じたり、暑くて目を覚ましたりした経験はあるか尋ねたところ、81%が「ある」と回答した。「ある」と回答した人に、夏は睡眠不足になると感じるか聞くと、79%が「感じる」と答えている。

[11:50 8/25]

アウトドア体験が睡眠に影響!? 快眠サイクルを整えるキャンプ開催

スペースキーが運営するアウトドアメディア「CAMP HACK」と、睡眠から人々の健康を考えるプロジェクト「世界睡眠会議」は9月30日~10月1日までの1泊2日で、『快眠サイクルを「整えるキャンプ」』を開催する。同イベントは、日常の乱れた生活リズムを自然のリズムに合わせることで、快眠につなげることを目的としたキャンプ。

[11:47 8/23]

低血圧は寝起きの悪さと本当に関係あるの?

「低血圧だから朝が苦手なんだよね」といった趣旨のコメントを、誰しも一度は見聞きした経験があるのではないだろうか。低血圧が原因と思われている不調はいろいろとあるが、実際のところ本当に低血圧と関係があるのだろうか。ウィメンズヘルスクリニック東京の知久正明医師にうかがった。

[10:37 7/28]

睡眠時間が減り、睡眠の質も低下する夏における快眠のコツとは

ドコモ・ヘルスケアはこのほど、「年間を通しての睡眠時間および、中途覚醒時間(就床中に目が覚めてしまった時間)」に関する調査結果を明らかにした。同調査は、同社のウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」を利用する男女2万6,302人の年間睡眠データ(2016年4月3日~2017年3月31日まで)をもとに算出したもの。

[09:00 7/23]

エアコンの温度設定、男女ともに快適に感じられるコツとは

ダイキン工業はこのほど、「夏の寝室でのエアコンの使い方」の調査結果を明らかにした。同調査は6月、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良)在住の同じ寝室で眠る20~79歳の夫婦300名(夫150名、妻150名)を対象にインターネットで実施したもの。

[11:19 7/20]

チョコレートは脳にいい? - フラバノールが記憶力に与える影響とは

仕事中に小腹が空いたとき、ちょっとした甘いものをつまむ人は多い。その際、「同じ糖分を摂取するならば、少しでも体によい方がいい」ということでチョコを選ぶ人もいるはずだ。カカオポリフェノールが含まれているチョコには、さまざまな健康効果があると言われている。

[11:15 7/12]

寝苦しい夜に実践したい、睡眠専門家お勧めの対策6つ

まだ7月の中旬だというのに、各地で真夏日を記録する日も多く、早くも夏バテ気味の人もいるのではないだろうか。夏を健康的に過ごすには、毎日の睡眠でしっかりと休養を取ることが肝要。本稿では睡眠専門家が提案する暑い夏を乗り切るためのヒントを紹介する。

[11:26 7/10]

「つけっぱなし派」VS「タイマー派」、多いのは? - 就寝時のエアコン調査

ダイキン工業はこのほど、「夏の寝室でのエアコンの使い方」についての調査結果を明らかにした。同調査は6月、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良)在住の20~79歳の男女1,000名を対象にインターネットで実施したもの。

[11:00 7/9]

睡眠時のエネルギー代謝の実態を解明-エネルギー消費は明け方から上昇

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構は、代謝量は時間経過と各睡眠ステージの影響を受けて変化し、エネルギー消費量と炭水化物酸化量は睡眠前半では下降し、目覚める直前に上昇することを発見したと発表した。

[10:00 7/3]

糖尿病だけじゃない! 「血糖値スパイク」は心の病を引き起こすことが判明

青春出版社はこのほど、溝口徹・著の新刊『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』を発売した。同書の著者である溝口医師は、栄養療法(オーソモレキュラー療法)を専門とする「新宿溝口クリニック」を、東京都新宿区に開設している。栄養療法とは、血液検査でそれぞれの体内栄養状態を分析し、その人に合った食事指導、サプリメントの処方を行うことで、根本的な治療を行うという治療方法であるという。

[11:31 6/30]

らでぃっしゅぼーや、就寝前に飲むジュース「やさいのいやし」発売

らでぃっしゅぼーやは6月26日、オリジナル野菜ジュース「やさいのいやし」の一般販売を開始する。会員には、6月19日から配送を開始した。同商品は、国産の野菜にリラックスサポート成分のL-テアニンとハーブエキスを追加した就寝前の飲用に適した野菜のジュース。

[09:57 6/21]

フィギュア・羽生結弦のクリアファイルがもらえるキャンペーンがスタート

西川産業(東京西川)は6月23日~7月31日、同社の冷感寝具全11ブランドを対象に、「東京西川 COOL SLEEP キャンペーン」を開催する。昨年に引き続き、同キャンペーンのイメージキャラクターはフィギュアスケーター・羽生結弦選手が務めるという。

[10:56 6/20]

医学博士が監修した『読むだけで深~い眠りにつける10の話』が発売

あさ出版は6月15日、菊地克仁著・白川修一郎監修の『読むだけで深~い眠りにつける10の話』を刊行した。同社は5月1日~7日に、10~80代の男女計600人を対象に睡眠事情についてのアンケートを行った。「いまの睡眠状況に満足しているか」という問いに対しては、60.8%が「満足していない」と答えている。

[08:00 6/17]

生理前・生理中に眠くなるのはなぜ? 原因と対処法を医師が解説

生理前や生理中になると、夜に十分な睡眠をとっていても日中に眠くなるという女性の声をよく聞きます。なぜこの時期には、多くの女性がいつもより眠気を感じるのでしょうか? 原因と対策をお伝えします。生理前や生理中に眠気が強くなるという現象には、ホルモンバランスの変動が関係していると考えられます。

[16:00 6/13]

メタボ体形で睡眠が6時間未満だと、心疾患や脳卒中リスクが2倍になる!?

私たちは基本的に毎日睡眠をとる。人によっては8時間以上も寝ており、単純に人生の約3分の1を睡眠に充てている計算になる。私たちの脳を正常に働かせるために欠かせない睡眠だが、その時間が短いとさまざまな疾病のリスクを招く可能性があるようだ。

[10:46 6/13]

脳卒中リスク低減や睡眠改善効果も? - 結婚が健康に与える影響とは

国勢調査を分析している国立社会保障・人口問題研究所によると、2015年時点で50歳まで未婚の日本人男性は23.37%、女性は14.06%だったという。結婚にはさまざまなメリットとデメリットが付きまとうため、結婚する・しないは個人の自由だ。

[11:17 6/2]

大谷翔平の直筆サイン入りグッズが当たるキャンペーンを開催 - 西川産業

西川産業(東京西川)は6月1日~7月31日、北海道日本ハムファイターズ所属の大谷翔平選手の直筆サイン入りグッズなどが当たる「GOOD SLEEP, BIG DREAM! キャンペーン」を、全国の百貨店、専門店、家具店等、[エアー]取扱店舗で実施する。

[12:59 5/30]

ある朝突然、指が動かなくなった…! 10年戦ったうつから復帰するまでの話

こんにちは、トイアンナです。私が人生で初めてうつになったのは、10代のころ。当時は学生で、世相を見れば「キレる17歳」「神戸連続児童殺傷事件」など物騒なキーワードが飛び交い、学級崩壊やイジメも大流行していました。

[07:00 5/26]

7割の働くママが「復職前と比べて復職後は睡眠不足」と回答

オイシックスはこのほど、「出産後の復職(就職)による親子の睡眠の変化」の調査結果を発表した。同調査は4月12~19日、1都3県の25~44歳の母親869名を対象にインターネットで実施したもの。働いているママ387名を対象に、復職前と比べて、寝不足を感じることがあるか尋ねたところ、71.6%が「感じる」「時々感じる」と回答した。

[17:59 5/9]

五月病の症状と対処法に迫る!

新年度になり1カ月が経過した。毎年この時期になると「五月病」という言葉を聞くようになるが、その実態を問われると解答に困る方も多いのではないだろうか。以前は新入生や新入社員に特有と思われていた五月病だが、昨今では中高年にも起こるという。今回は五月病の実態とその解決策に着目する。

[10:14 5/9]

ガーミン、普段遣いできるウェアラブルデバイス - アスリート向けからキッズ向けまで

ガーミンジャパンは4月25日、ウェアラブルデバイス(4製品)を発表した。同社は過ぐる4月1日に、米Garminの国内販売会社だった「いいよねっと」を統合しており、発表会では新生ガーミンジャパンとしてのビジネス展開も説明。また、道端カレンなどブランドアンバサダーも会場に駆けつけた。

[18:18 4/26]

睡眠 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>睡眠)

睡眠 トップへ
睡眠関連グッズや睡眠時間に関する記事を掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事