「貯蓄」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

「1,000万円以上」貯蓄がある既婚世帯はどのくらい?

楽天は6月28日、「家計の管理」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は6月2日~4日、配偶者と同居している全国の30~40代男女400名(30代男女各100名、40代男女各100名)を対象として、楽天リサーチによるインターネットリサーチによって行われた。

[10:00 6/29]

1世帯当たりの平均貯蓄額、1,033万円 - 国民生活基礎調査

厚生労働省は6月27日、2016年の「国民生活基礎調査」の概況を発表した。それによると、2015年の1世帯当たりの平均貯蓄額は1,033万円、1世帯当たり平均所得金額は全世帯では前年比7,000円増の545万8,000円と2年連続で増加した。

[15:03 6/28]

夏のボーナス、貯蓄と消費の割合はどれが正解?

ボーナス時期がやってきました。毎月の給料とは違う特別な収入だからこそ、ワクワクするのも無理はありません。しかし、使うだけではなく貯めることも大切です。

[18:30 6/15]

既婚男性の貯金ペース、年間の平均額は?

パートナーエージェントは6月9日、「既婚男性のお小遣い事情」の結果を発表した。同調査は5月16~17日、30~49歳の既婚男性2,200名を対象に、インターネット調査で行われた。これによると、1カ月のお小遣いは平均4万700円。また、1年間の貯金ペースは平均51万1,028円となった。

[16:35 6/9]

【特別企画】【新社会人へアドバイス!】収入が増えたから……の油断が命取り!? 社会人経験者が 1年目の頃を振り返り気付いたこととは

「あれ? 収入が増えたはずなのに、お金が貯まっていない……」。こんな経験をしたことはありませんか? 今回は2017年4月から社会人2年目になる NさんとTさん、3年目のKさんとMさんに、社会人1年目を振り返っていただきながら、生活やお金の面での変化についてお話を伺いました。

[12:00 6/1]

年収300万円からでも貯まる貯蓄1,000万円への道 第56回 「365日貯金」のススメ

家計のやりくりの取材をしていて、以前から感じたいたことは、お金がたまらない残念な人は、とにかく言い訳が多いこと。そう感じているのは私だけではなく、他の人からも同じような話を聞くことがしばしばあります。

[08:00 6/1]

ズボラさんでもお金が貯まる! 貯金簿のススメ

ズボラさんにオススメしたいのが、家計簿ではなく、貯金簿という考え方。貯金簿をつけるだけで、貯金額も右肩上がりに!? 今回は、貯金簿についてご紹介しましょう。

[12:30 5/25]

アニコム損保、LINEでペット保険の保険金請求ができるサービスを開始

アニコム損害保険は5月17日、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用したペット保険の新サービス「保険金請求サービス」を開始した。

[15:51 5/18]

2016年の世帯貯蓄、過去最高の1,820万円に - 勤労者世帯の貯蓄は減

総務省は5月16日、「家計調査報告(貯蓄・負債偏) 2016年平均結果速報(2人以上の世帯)」を発表した。2人以上の世帯における1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は前年比0.8%(15万円)増の1,820万円。増加は4年連続となり、過去最高を更新した。

[16:52 5/17]

食費を月2万円台に抑えられる人の特徴

「食費2万円台」とは、基本的にお米代やお酒代、外食費等を抜いた純粋な自炊費。4人家族で食費2万円台はすばらしい節約ぶりです。そうとはいえ、実は親族から野菜など食材をもらっている、物価が安い地域に住んでいるといったちょっとしたカラクリも存在しています。

[08:00 5/17]

クレジット・デビット・電子マネーの違いって? - 使い分けで家計管理も

日常のお金の決済方法が、どんどん多様になってきています。利便性、安全性、オトク度、管理のしやすさ……。それぞれの特徴を正しく知って上手に使い分ければ、家計管理に役立ちムダ遣い防止にもなります。

[07:30 5/12]

社会人1年目の貯蓄額は平均43万円 - 30歳時点の目標額は?

ソニー生命保険は5月9日、「社会人1年目と2年目の意識調査」の結果を発表した。調査は3月27日~4月5日、この春から働き始めた、あるいは就職してから1年が経過した20~29歳の男女を対象にインターネットで行われ、1,000名の有効サンプル(社会人1年生の男女各250名、社会人2年生の男女各250名)を集計した。

[14:09 5/10]

使い方別・得するネット銀行の選び方

ネット銀行というと、「金利が有利でコストが安いけど、ちょっと使いづらいかも」と思っている人もいるのでは? 面倒だからと使っていないあなたは、もしかして損をしているかもしれません。使い方によって便利におトクに使えるケースもあるので、どんな使い方ができるのかまずはチェックしてみましょう。

[07:30 5/10]

世帯当たり貯蓄額平均は1,274万円 - 金額別では「貯蓄0円世帯」が最多に

明治安田生命保険はこのほど、「家計」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は4月3日~10日、有効回答は20~79歳の既婚者1,618人。

[18:40 5/9]

高齢者のくらし向き、3年前より「悪くなった」が35% - 理由は?

ジー・エフはこのほど、「シニア・高齢者のくらし向きと長寿社会に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2月23日~24日、有効回答は65歳以上の個人2,000人。

[06:30 5/1]

上京した子供への仕送り、年間平均109万2,240円に

グローバル・リンク・マネジメントはこのほど、「上京時の住環境・仕送りに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2017年2月4~5日、有効回答は状況経験のある子供を持つ親400人。

[10:30 4/30]

新社会人の初任給予定額は19万円 - 東日本と西日本で1万円以上の差

三井ダイレクト損害保険はこのほど、「新社会人」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は3月28日~31日、調査対象は1カ月に1度以上車を運転する新社会人(18歳~29歳の2017年4月に初めて社会人になった人)で、有効回答は300人。

[10:00 4/29]

将来の年金受給、85.8%が「不安」

マイボイスコムは4月26日、第8回「個人年金に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査期間は3月1日~5日、有効回答は10代以上の個人1万1,182人。

[15:05 4/26]

外食ランチ代を節約するコツ

夕食を自炊に切り替えてお昼のランチをお弁当にするだけでもかなり出費を抑えることはできますが、弁当を作る時間的余裕がないくらい忙しい人や日中は営業の外回りなどで外食しがちな人も多いはずです。そこで今回はランチの外食費を抑える情報をご紹介します。

[07:30 4/26]

社会人になったら"金融リテラシー"も身につけよう!

「日本人は、お金のことを真正面から語ることをはばかる文化を持つ」といわれることもあり、教育を受けていない人がほとんどです。とはいえ、人生はお金と無縁ではいられません。そこでデータをもとに日本人の"金融リテラシー"の現実を知り、お金との付き合い方を考えてみましょう。

[07:30 4/25]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第37回 老後破産を回避するお金の「読み書き能力」

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[14:49 4/24]

どこでどんな商品を選べばいい? - ビギナー向け積み立て投資の始め方

昨年後半からようやく上昇基調に乗ってきた株式相場。これまで投資にちゅうちょしていた人も、このところの上昇相場を興味を持って眺めているのではないでしょうか。そのような人は少額から手軽に投資できる積み立て投資から始めることをおすすめします。

[07:30 4/20]

初任給、20代~30代男性の34.8%が「全て使った」

DeNAトラベルは4月18日、「初任給の使い道」に関する調査結果を発表した。調査期間は4月4日~7日、有効回答は初任給をもらったことがある20歳以上の個人324人。

[17:45 4/18]

finbee、GPS連動で目的地に近づくと自動的に貯金できるサービスを追加

ネストエッグが提供する自動貯金サービスアプリ「finbee(フィンビー)」は4月18日、スマートフォンのGPS機能と連動して貯金ができる「チェックイン貯金」の提供を開始した。

[16:50 4/18]

新社会人必見! 給与天引きの上手な使い方

初めてもらうお給料に心躍らせる人も多いのでは? 入ってきた給料から先取りで貯蓄分を差し引き、貯蓄分はなかったものとして残りのお金で生活をする。この給与天引きによる「先取り貯蓄」こそ、新社会人の方にオススメの貯蓄法なのです。

[07:30 4/14]

新社会人に聞いた初任給の使い道、2位に「預貯金」 - 1位は?

ポレポレは4月13日、2017年度の新社会人を対象とした「初任給」に関する意識・実態調査の結果を発表した。調査期間は3月29日~31日、対象は2017年4月に新社会人となった大学生・大学院生で、有効回答は718人。

[16:02 4/13]

東京都民の世帯年収、「200~300万円未満」が13.4%で最多

東京都は3月29日、2016年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果(速報)を発表した。

[17:00 3/30]

子供の教育資金として準備する金額、平均518万円に

日本FP協会は3月29日、「働く女性のくらしとお金に関する調査」の結果を発表した。ネットエイジアの調査協力のもと、2月15日~20日の期間に実施。対象は全国の20代~50代の就業女性で、有効回答数は1,200名。

[15:54 3/29]

1年間の貯蓄増加額は平均37.4万円 - 「増やせなかった」も36%

ジェーシービーは3月29日、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2017」の結果を発表した。調査は2月15日~20日、全国の20歳~69歳の男女1,000名を対象にインターネットで行われた。

[12:27 3/29]

年収300万円からでも貯まる貯蓄1,000万円への道 第52回 老後のお金についてマジで考える

家計のやりくりの取材をしていて、以前から感じたいたことは、お金がたまらない残念な人は、とにかく言い訳が多いこと。そう感じているのは私だけではなく、他の人からも同じような話を聞くことがしばしばあります。

[08:00 3/29]

貯蓄 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (マネー>家計>貯蓄)

貯蓄 トップへ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事