「地方創生」最新記事一覧

安倍政権が掲げる地方創生。各自治体はこの地方創生に向け、各種施策を打っている。では、どのような施策があるのか、取材する。

関連キーワード

ヘッドライン

人口減にあえぐ地方自治体の手本になるか! 高知県・日高村の取り組み

人口減少により、税収が減少している地方自治体。多くの自治体がこの悩みを抱えている。そんななか、東京でイベントを開催し、知名度アップによる税収増、観光客呼び込み、定住者の確保を狙っている村がある。高知県・高岡郡日高村だ。

[08:00 11/14]

【特別企画】移住・定住をせずとも地域の仲間になる – ローカルジャーナリスト・田中輝美と『ソトコト』編集長・指出一正が語る「関係人口」とは

「移住・定住」とは異なる方法で地域と関わりが持つ「関係人口」という言葉をご存知だろうか。今回はいま注目が集まる「関係人口」について取り上げている書籍の著者である田中輝美さんと、「関係人口」にいち早く着目した雑誌『ソトコト』の編集長・指出一正さんにお話をうかがった。

[09:30 9/29]

独自のローカル路線で地域活性と観光客増加を目指す東急池上線

東京急行電鉄池上線が、90周年を迎える。それにともない、東急、品川区、大田区など、池上線に関わる企業・自治体が記者説明会を開催。今後の池上線周辺における地域活性化や観光客誘致などについて、そのビジョンを披露した。

[09:30 9/8]

異なるアプローチから生じたプログラミング教育2つの事例

東京・六本木にあるトークノートの会議室において、「『ICT教育最前線事例』に関する記者発表会」が開催された。学校法人や自治体、IT企業など、計4種類の事例が紹介された。それぞれの団体・企業に異なるアプローチがあり、興味深かった。

[09:00 7/10]

静かに広がりをみせる「クアオルト」に注がれ始めた企業の視線

「クアオルト」という言葉を耳にしたことがあるだろうか。これはドイツ語で、“治療・療養・保養のための滞在”を表す「クア」と、“場所・地域”を意味する「オルト」が合わさった語句。つまり、健康保養地・療養地のことをクアオルトと呼ぶ。

[11:59 6/16]

「青もみじ」は京都の秘策? 旅行ツアーに込めれた課題解決への期待

「青もみじ」。JR東海が今旅行商品として打ち出している。桜でも紅葉でもないこの時期の青もみじの魅力を知ってもらおうとしている同社。京都の現状と大きく関係しているのだ。なぜ今、このようなツアーを企画したのか? JR東海の思いを探る。

[14:32 5/26]

信州に新ヴィンヤード誕生! 海外ワインに対する“反転攻勢”の礎に

2012年頃から盛り上がっているワイン人気。過去にもワインブームは何回か起こっており、2012年から現在まで続くこのワイン人気は、“第7次ワインブーム”と呼ばれている。そして今回のブームは、あきらかに過去のものとは様相が異なる。

[12:50 5/1]

ネクスト「この世界の片隅に」はこうやって作る! 成功のカギとは

『シン・ゴジラ』や『君の名は。』など大ヒット作が次々に誕生した2016年の日本映画界。そんな中、異例のヒットとなったのが、片渕須直監督が漫画家こうの史代のコミックを原作としたアニメ『この世界の片隅に』だ。本作は、単館系作品ながらSNSなどでの口コミが広がり、異例のロングランヒット、興行収入は25億円を突破したという。社会現象にもなったこの大ヒットを支えたのが、クラウドファンディングである。

[10:00 4/24]

人口流出は食い止められるか? 夕張市と映画祭の挑戦

北海道の夕張市が財政破綻してから10年。国への借金返済のためにと、高い市民税や、ままならない公共サービスなどが住民の生活に影響を与えている。止まらぬ人口流出。危機感は“ゆうばりの再生”の象徴である映画祭にも。次世代にどう繋いでいくか。夕張市と映画祭の挑戦を追った。

[11:00 4/19]

“あの手この手”で観光客の誘客を! 松江市による“怪談”推し

日本政府観光局(JNTO)は、2016年の訪日外国人観光客、いわゆる「インバウンド観光客」が約2,400万人に達したと年初に発表した。訪日外国人観光客による経済効果も大きく、3兆7,000億円を超え、過去最高の水準に達している。

[09:00 3/31]

【特別企画】ナビゲーターは雑誌『ソトコト』編集長、ゲストは三上亜希子氏等 - ローカルで私らしく"働く・暮らす"を考えるイベントが東京で開催

来たる2017年2月11日、岩手県・岩泉町が主催するイベント「山の仕事、町の仕事ナイト」が開催される。雑誌『ソトコト』の指出編集長をナビゲーターに迎え、実際に岩泉町へ移住して自分らしく働いている方とトークセッションを行う。

[11:30 1/18]

【特別企画】ソトコト編集長に聞く、移住に関するよくある誤解 - 「仕事がない? コミュニティに入りづらい?」(後編)

ここ2、3年で「地方移住」に対する関心が高まりつつある。今回は、注目の集まる「地方移住」の実情や魅力について、地方をテーマにした企画などを特集する月刊誌『ソトコト』の編集長にインタビューした。

[15:14 1/13]

【特別企画】ソトコト編集長に聞く、移住に関するよくある誤解 - 「仕事がない? コミュニティに入りづらい?」(前編)

ここ2、3年で「地方移住」に対する関心が高まりつつある。今回は、注目の集まる「地方移住」の実情や魅力について、地方をテーマにした企画などを特集する月刊誌『ソトコト』の編集長にインタビューした。

[11:42 1/6]

ポケモンGO、20億円の価値があった石巻復興「ラプラス」

被災地復興を目的に、宮城県と「ポケモンGO」が同県石巻市を舞台に実施したイベントが、期間中に約10万人の観光客を集め、経済効果は20億円程度にのぼったことがわかった。

[19:01 12/20]

国内唯一の財政破綻自治体「夕張市」の浮上策とは?

2006年初夏、耳を疑うようなニュースが駆け巡った。北海道・夕張市の財政破綻が明るみになり、マスコミが報道を過熱させたからだ。それまで、自治体が財政破綻するなど、考えてみたこともなかった。だが、それは現実となった。あれから、およそ10年……、夕張市はどうなっているのだろうか。

[08:00 12/9]

JALの「どこかに」行ける航空券、ワクワク感で話題を呼べるか

日本航空(以下、JAL)と野村総合研究所は、通常の半分以下のマイルで、羽田空港からJALグループの直行便が出ている、日本各地の「どこか」の空港に行けるサービスを共同開発した。思いがけない地域への旅行体験ができるワクワク感が話題を呼びそうだ。

[17:31 11/30]

東武鉄道が日光を攻略してコンプリートしたいもの

東武鉄道が日光で傘下のホテルを増やしている。8月には地元の老舗ホテルを買収。そしてこのほど外資系高級ホテルを誕生させると発表した。日光地区の観光業を強化した先にどんな構想を描いているのだろうか。

[09:00 11/25]

VR空間にスマホ画面を表示? ソニー・ミュージックの風変わりな挑戦

現在入手できる本格VRデバイスとしては最も高いコストパフォーマンスを誇るPlayStation VR。“没入感”が売り物だが、あのヘッドセットを着けて仮想現実の世界に入ると、現実との接点を失ってしまいそうな不安感もある。実際問題として、スマホもチェックできないとすれば大事な連絡などを見逃しかねない。このように没入感はVRの長所でもあり課題でもあるわけだが、その解決策を提示するのがソニー・ミュージックエンタテインメントだ。

[09:00 11/15]

東京が再び“水の都”に!? カギを握る“かわてらす”とは

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、急速に変化を遂げている東京の街並み。そんな中、東京都内の水辺にもある変化が起きている。

[09:00 8/24]

離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは

長崎県といえば、ちゃんぽんや、カステラなどといった名産品が有名。最近は軍艦島などの観光地も有名になった。古来から半島に最も近い位置にある長崎県は、文化的な交流が盛んな先進地域だった。しかし別の顔も持つ。約600、全国で最も多くの島を抱える長崎県。それゆえ農水産資源に恵まれている一方で、輸送時間やコストの問題は深刻だ。そんな問題解決にヤマトグループが乗り出した。

[09:00 7/29]

地方創生 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (経営・ビジネス>地方創生)

地方創生 トップへ
安倍政権が掲げる地方創生。各自治体はこの地方創生に向け、各種施策を打っている。では、どのような施策があるのか、取材する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事