「鉄道業界」最新記事一覧

JRや私鉄といった鉄道業界の今を分析。各社の動向をレポートする。

関連キーワード

ヘッドライン

インド高速鉄道、基幹システムは日本製中心に=JR東日本社長

[東京 8日 ロイター] - 東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020.T>の冨田哲郎社長は8日、フォーリン・プレスセンターでの会見で、インド高速鉄道計画について、信号や運行管理システムについては日本製を中心にする方向で交渉を進めていると述べた。 インド政府は2023年の完成が予定されているアーメダバードとムンバイを結ぶ高速鉄道計画において、雇用拡大や技術移転を図るため「メーク・イン・インディア」

[18:18 11/8]

多摩川の河川敷にオフィスが出現!? アウトドアにおける働き方改革の新提案

11月初頭に迎えた小春日和。東急田園都市線の二子玉川と二子新地の至近にある多摩川の河川敷で、ユニークな試みが行われた。広々とした河川敷で、野球でもなくバドミントンでもなく、ゴルフでもなく、ビジネスを行おうというのだ。

[08:00 11/8]

東急電鉄はなぜ池上線で「無料乗車イベント」を実施したのか

2017年10月9日(祝日・体育の日)、東急電鉄は、池上線に終日、無料で乗車できるというイベント「開通90周年記念イベント 10月9日池上線フリー乗車デー」を開催した。日常の利用客数が多い首都圏の大手私鉄で無料開放を行うということで注目を集め、当日の模様については多くの報道もなされた。

[15:00 10/30]

1964年の渋谷が3Dで甦る!? ノスタルジーとVRが融合したプロジェクト始動

東京の再開発が加速している。品川・田町地区、大手町地区、日本橋地区、上野・御徒町地区……以前取材させていただいただけでも、結構な数に上る。そして、やはり大がかりな再開発が進められている地区がある。東京の顔のひとつ、渋谷だ。

[08:00 10/27]

京王電鉄は「着席保証列車」の運転で何を狙うのか

ここ10年ほどの間に、大手私鉄で一種の流行となっているのが、通勤時間帯の座席指定制、つまり、いくばくかの追加料金を支払うことによって、座れることを保証する列車の設定である。

[13:30 10/18]

独自のローカル路線で地域活性と観光客増加を目指す東急池上線

東京急行電鉄池上線が、90周年を迎える。それにともない、東急、品川区、大田区など、池上線に関わる企業・自治体が記者説明会を開催。今後の池上線周辺における地域活性化や観光客誘致などについて、そのビジョンを披露した。

[09:30 9/8]

新幹線vs旅客機! 移動時間・快適さはどちらが上か? 出張族必見の検証記

“出張”を命ぜられるビジネスパーソンは多いことだろう。筆者もしばしば出張におもむくが、まれに移動手段をどうするか、悩むことがある。東京に勤めている筆者の場合、出張先が名古屋や大阪ならば、迷わず新幹線を選ぶ。

[08:00 8/18]

「青もみじ」は京都の秘策? 旅行ツアーに込めれた課題解決への期待

「青もみじ」。JR東海が今旅行商品として打ち出している。桜でも紅葉でもないこの時期の青もみじの魅力を知ってもらおうとしている同社。京都の現状と大きく関係しているのだ。なぜ今、このようなツアーを企画したのか? JR東海の思いを探る。

[14:32 5/26]

米サーベラス、西武株1700万株を売却へ 最大3.08億ドル=IFR

[香港 12日 ロイター] - 米プライベート・エクイティ(PE)会社のサーベラス・キャピタル・マネジメントが、西武ホールディングス<9024.T>の保有株を売却する予定だ。トムソン・ロイター傘下のIFRが12日報じた。売却総額は最大3億0800万ドルと見込まれている。 タームシートによると、サーベラスは1700万株の西武株を売却する。売却価格は、12日終値(2076円)に対しディスカウント率5

[18:59 1/12]

東武鉄道が日光を攻略してコンプリートしたいもの

東武鉄道が日光で傘下のホテルを増やしている。8月には地元の老舗ホテルを買収。そしてこのほど外資系高級ホテルを誕生させると発表した。日光地区の観光業を強化した先にどんな構想を描いているのだろうか。

[09:00 11/25]

JR九州の初値は3100円、「割安感や配当性向の高さを評価」

[東京 25日 ロイター] - きょう東証1部に新規上場したJR九州<9142.T>の初値は3100円となった。公開価格2600円を19.2%上回る水準。初値での時価総額は約4960億円。初値形成後はやや利益確定売りに押されている。 松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏は「JR3社と比べた割安感や配当性向の高さなどが個人投資家を中心に評価されている。公募価格を上回ったことで資金の回転

[10:03 10/25]

JR九州の公開価格は2600円、仮条件の上限 強い需要を反映

[東京 17日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)<9142.T>は17日、公開価格を1株当たり2600円に決定したと発表した。配当利回りの高さや、訪日観光客の強い伸びが安定した成長につながるといった見方が投資家の買い意欲を後押しし、仮条件(2400─2600円)の上限で決まった。 株式の売り出し規模は4160億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大の

[15:14 10/17]

JR九州の売出総額は最大4160億円、仮条件は1株2400─2600円

[東京 6日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)<9142.T>の新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件は、2400─2600円に決定した。6日提出の開示資料で明らかになった。株式の売出し規模は、仮条件の上限で試算すると4160億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる見通し。 想定売出価格は2450円だった。売出価格は、需給を勘案

[15:24 10/6]

秩父で新生! 西武鉄道の新たな挑戦

近年、西武鉄道の"秩父推し"がすごい。女優吉高由里子さんや作家の又吉直樹さんが出演したテレビCMをきっかけに、秩父という言葉を目にする機会が非常に増えた。今なぜ、西武鉄道は秩父を推すのか。秩父で何を成し遂げようというのか。

[11:08 9/21]

鉄道業界 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (経営・ビジネス>鉄道業界)

鉄道業界 トップへ
JRや私鉄といった鉄道業界の今を分析。各社の動向をレポートする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事