「妊娠」最新記事一覧

妊娠初期症状や妊活に関する記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

2017年秋にまつわる名前ランキングが発表 - 1位は「和楓」

リクスタは9月21日、「2017年秋にまつわる名前ランキングベスト30」を発表した。「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「無料 赤ちゃん名づけ(Web)」において、詳細条件検索で「秋」を指定した際に表示される名前から、アクセス数の多い順にランキングを抽出(集計期間2016年9月1日~2017年8月31日。集計日2017年9月19日)。1位は「和楓」(ほのか)となった。

[10:14 9/22]

里帰り出産を選んだ人はどれくらい? 経験者が語るメリット&デメリット

出産を控えて、精神的にも肉体的にも苦労が多い女性にとって、頼れる実家があることは何よりも心強いことだろう。実際に里帰り出産で実家にお世話になりつつ、無事に子どもをうんだという人も多いのではないだろうか。今回は、小学生以下の子どもを持つ女性マイナビニュース会員169名に、「里帰り出産のメリット・デメリット」を聞いてみた。

[16:00 9/11]

後悔させない! 買って良かった&必要なかった育児用品を徹底調査

赤ちゃんを迎える際に必要な、育児グッズ。必要なものはそろえたい、でも不必要なものはなるべく購入せずに節約したい……という思いは、誰もが持っていることだろう。そこで今回は、小学生以下の子どもを持つ女性マイナビニュース会員103名に、買って良かった育児グッズと、買ったけれど必要なかった育児グッズをそれぞれ聞いてみた。

[16:30 9/6]

カフェインレスコーヒーの人気ランキング、スタバを抑えて1位になったのは?

妊娠・出産・育児サイトを運営するベビカムは9月4日、「カフェインレスコーヒー」に関する調査結果を発表。2017年7月19日~25日の期間に同サイト上で行われたもので、866名から回答を得た。最も人気だったのは、「ネスカフェゴールドブレンド カフェインレス」(ネスレ日本)となった。

[20:00 9/4]

マタニティブラは必要? - 22.5%が「不要」と回答した理由

大きくなってくるバストに合わせ、妊娠中に活用したいアイテムの一つ「マタニティブラ」。しかし出産経験のある女性から「必要ない」という声も聞く。そこで今回は、小学生以下の子どもを持つ女性のマイナビニュース会員169名に「マタニティブラは必要だと思いますか?」と尋ねてみた。

[20:00 8/30]

人気沸騰のおもちゃホルダーも! 展示会で発見した便利な育児グッズたち

世界4都市で行われている、ベビー・キッズのブランドを集めたインターナショナルな合同展示会「プレイタイム」。東京では8月22~24日の期間、2018年・春夏コレクションが開催された。約200ブランドにものぼる展示品の中で、編集部が注目した商品を紹介しよう。

[10:30 8/30]

ユニクロがついに発売! 新生児&マタニティ専用のアイテムが機能的すぎた

出産前後、何かとお世話になる機会が多いユニクロの商品。妊娠期にはブラトップやワンピース、赤ちゃんにはベビー服を活用していた人は多いと思うが、実はなかった"マタニティ専用アイテム"、そして生後0カ月から使える"産着"などの新ラインがついに登場した。プレス向けに開かれた新商品取材会の様子を早速紹介しよう。

[17:32 8/28]

妊活中の女性のうち「不妊治療」をしている人の割合は? - 2人不妊は●割

不妊治療netはこのほど、妊活に関する調査結果を発表。20~30代女性の10%以上は妊活を行っていたほか、30~40代の妊活中女性のうち、約20%は不妊治療に取り組んでいることが分かった。また、不妊治療経験者のうち、約75%は1人目の妊娠のために、不妊治療を開始したことも明らかになった。

[16:30 8/21]

子育てママが考える、理想の兄弟構成は?

キッズラインは8月3日、「兄弟構成に関する意識調査」の結果を発表。調査は2017年6月4日~13日の期間インターネット上で行われ、キッズラインを利用している子育て中のママ90名から回答を得たもの。最も人気があったのは「女の子(1人目)×女の子(2人目)」だった。

[10:46 8/3]

赤ちゃん名づけ、上半期ランキング1位は「心桜」 - トレンド"一昔前に回帰"

「無料 赤ちゃん名づけ」アプリなどを運営するリクスタはこのほど、「2017年赤ちゃん名づけ上半期トレンドベスト100」を発表。第1位は3年連続で「心桜」(こころ)ちゃんとなった。「桜のようにみんなから愛される優しい子に」などといった名づけの理由が寄せられている。

[16:20 7/18]

一人っ子のママのうち、二人目を考えている人の割合は?

現在、子どもを一人育てている最中で、二人目をどうしようかと考えている家庭もあるかもしれない。ぜひ二人目を授かりたいという人もいれば、欲しいけれど、何らかの事情で諦めざるを得ない、というケースもあることだろう。今回は、マイナビニュース会員のうち、一人っ子の母親である女性183名に、「二人目をつくる予定があるか」を聞いた。

[16:30 7/3]

子どもの名付け、夫婦の意見が対立したのはどんなこと?

この世に生を受けたわが子への、最初の贈り物である名前。その名付けにあたって、夫婦間で意見がぶつかり、困ってしまったという経験のある人もいるかもしれない。そこで今回は子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付け、夫婦で意見が合わないことはありましたか?」と聞いてみた。

[16:30 6/21]

子どもの名付け、みんなが重視したポイントは?

赤ちゃんを迎えるにあたって、パパ・ママが悩みに悩んでしまうのが、子どもの名付け。かわいい名前にしたい、成長への願いを込めたい、できれば画数にこだわりたい……大切にしたいことはたくさん出てくるだろう。そこで今回は、子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付けで重視したポイント」について聞いてみた。

[20:00 6/8]

子どもの名付け、「●●しておけばよかった!」と思うことは?

うまれてきた赤ちゃんにさまざまな思いを込めて付ける名前。子どものことを大切に考えるからこそ、どんな名前にするか悩んだり、名付け後に「もっとよく考えればよかった!」という思いに駆られたりすることもあるかもしれない。そこで今回は、子どもを持つ女性のマイナビニュース会員300名に「子どもの名付けで『●●しておけばよかった!』と思うことはありますか」と聞いてみた。

[16:30 6/5]

出産・子育てなどシーンに特化した「アカチャンホンポ」が北九州に登場

赤ちゃん本舗は6月30日、出産・子育てのシーンに特化したライフスタイル・ショップで編成する「アカチャンホンポ スマイル」の全国第1号店となる「アカチャンホンポ スマイル リバーウォーク北九州店」を商業施設「リバーウォーク北九州」内にオープンする。 営業時間は10時~21時。

[17:04 5/31]

妊娠中後期のつわりはつわりではない!? 産婦人科医に聞いた

妊娠初期には、多くの人が「つわり」を体験する。それは不快ながらも正常なもので、ある時期が過ぎれば自然に落ち着いてくる。しかし、妊娠中期~後期にも吐き気や食欲不振などが起こり、「またつわり!? 」と思っている人もいるのではないだろうか。実は、それにはつわりとは別の原因があるという。

[16:00 5/22]

妊娠初期にお酒やコーヒーを飲んでしまった! 赤ちゃんに影響はある?

妊娠に気付いた時は、多くの場合、すでに数週間が経っているもの。その間にお酒を飲んでしまい、冷や汗をかいている人は意外と多いのではないだろうか。また、毎朝飲んでいたコーヒーも、胎児に影響がありそうな気がして心配になるかもしれない。それらはおなかの赤ちゃんによくないものなのだろうか。また、どの程度なら飲んでも大丈夫なのだろうか。

[16:00 5/16]

産婦人科医が妊婦に運動を推奨するわけ--適度な運動の境界線は?

妊娠中の身体状態は、それ以前とは全く違うもの。自分だけの身体ではないし、これまでは何気なく行ってきたことでも「大丈夫かな? 」と心配になる人も多いだろう。特に運動は、健康のためにやった方がいいような気がしていても、ものによって赤ちゃんに何かしらの影響を及ぼしそうな気がするかもしれない。そこで今回、妊娠中にした方がいい運動、逆にしてはいけない運動について、順天堂大学医学部附属練馬病院産婦人科長の荻島大貴先生にうかがった。

[16:00 5/12]

陣痛タクシー登録でマタニティギフトを無料プレゼント--豪華すぎる中身とは

日本交通と日本交通の子会社であるJapanTaxiは5月11日、企業14社とともに「陣痛タクシープロジェクト」を発足。妊婦の通院時・陣痛時に慌てずタクシーを呼ぶことができるサービス「陣痛タクシー」の登録者全員に、哺乳瓶やオムツ、赤ちゃん用シャンプーや絵本などが入った「マタニティギフト」を無料でプレゼントする。

[11:30 5/12]

二人目を妊娠できない……二人目不妊・不育の原因とは?

「ひとり目の子供はうまれたのに、ふたり目がなかなかできない……」。そんな悩みを抱える夫婦も実は少なくない。子どもは"授かりもの"とは言え、一度は自然にできたのに、どうしてできなくなってしまうことがあるのだろうか。また、その対処法はあるのだろうか。順天堂大学医学部附属練馬病院産婦人科長の荻島大貴先生にうかがった。

[16:00 4/28]

産院選びのポイントは? 「近さ」以外にも大事なこと

妊娠が分かったら、まず取り組みたいのが産院選び。出産時だけでなく、出産の前後も何かとお世話になる場所だけに、「失敗したくない!」と思う人も多いだろう。そこで今回は、子どもを持つ女性マイナビニュース会員301名に、「産院を選ぶときに重視したポイント」を聞いてみた。

[16:30 4/25]

流産は誰にでも起こる--繰り返す「習慣流産」とは? 妊活はいつからOK?

おなかの赤ちゃんにはすくすくと育ってほしいもの。しかし、時として流産は起こってしまう。それは自然なことではあるが、何度も繰り返してしまう場合にはどうしたらいいのだろうか。また、流産後の妊活再開に適切な時期はあるのだろうか。順天堂大学医学部附属練馬病院産婦人科長の荻島大貴先生にうかがった。

[16:00 4/11]

妊産婦で死亡例「オウム病」って何? - 症状と予防法

オウム病による妊産婦の死亡例が報告されたという報道が出ている。免疫力が低下しやすい妊婦は、さまざまな病気や感染症に気をつける必要があるが、そもそも、オウム病とはどのような病気なのか、そして、予防対策としてどのようなことができるのだろうか。

[14:16 4/11]

出産するならどこ? 総合病院、個人の産院、助産院のメリット・デメリット

子どもができて、最初に悩むのが「どこで出産するのか」という問題。医師の評判や設備の充実度、それに食事などのサービス面が行き届いているかなど、チェックすべき項目はたくさんあるだろう。今回は、子どもを持つ女性マイナビニュース会員301名に、自分が子どもをうんだ産院について聞いてみた。メリット・デメリットと感じた点も合わせて紹介しよう。

[16:30 4/10]

産院を選ぶときに重視しておけばよかったと思うポイント、1位は?

出産前に十分なリサーチを重ねたつもりでも、実際にその産院に入院してみると、さまざまなことで不満を感じてしまう、ということはあり得るだろう。中には出産後に、よりよい産院の評判を聞き、後悔の念にかられた人もいるかもしれない。今回は、子どもをもつ女性マイナビニュース会員301名に、「産院を選ぶときに重視しておけばよかったと思うポイント」を聞いた。

[10:30 4/4]

妊娠中、医師に聞きたくても聞けなかったことは?

ベビカムはこのほど、「妊娠中の医師とのコミュニケーション」についてのアンケート結果を発表。妊婦検診や入院中(出産時含む)など、医師に聞きたかったのに聞けなかったことがある女性は26%いて、その内容としては、「胎児への不安」「ママの体調」「治療・薬について」などが挙がった。

[20:00 4/3]

東京・二子玉川にオープン! 世界初の「エルゴベビーストア」って何?

妊娠中の女性であれば、購入を検討している人も多いであろうベビーキャリア(抱っこひも)。その大人気ブランド「エルゴベビー」の専門店が3月15日、東京・二子玉川の「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」内にオープンした。アメリカ・ハワイ州で創業したブランドであるものの、同ブランドのみを取り扱う店舗は過去になかった。新しい店舗には、どのような工夫が凝らされているのだろうか。早速紹介しよう。

[17:30 3/15]

妊娠中の女性が感じる"美容の危機"、最も多かったのは?

シャルレは2月14日、「妊娠・出産を機に直面する美容面でのリスク」をテーマにした調査結果を発表。妊娠中の女性が直面する美容面の危機として最も多かった回答は「太ももが太くなった」だった。

[16:30 2/15]

東京都、新年度予算案を発表 - 待機児童対策、子育て支援の具体的な内容は?

東京都は1月25日、平成29年度の予算案を発表。待機児童解消に向けた取り組みに1,381億円を計上し、年度中に、認可保育所や認証保育所などの保育定員1万8,000人分の確保を目指す。

[17:57 1/25]

妊娠中に「赤ちゃんだけでなく、自分も気遣ってほしい」と感じた瞬間は?

今回は、小学生までの子どもを持つ女性215名に、「妊娠中、『赤ちゃんだけでなく、自分も気遣ってほしい』と感じたことはありますか?」と聞いてみた。

[20:00 1/24]

妊娠 バックナンバー

このキーワードについて (ライフスタイル>妊娠・子育て>妊娠)

妊娠 トップへ
妊娠初期症状や妊活に関する記事を掲載。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事