「ポータブルプレーヤー」最新記事一覧

iPodやウォークマンなど音楽プレーヤー、マルチメディアプレーヤーのニュース、レビューなど。

関連キーワード

ヘッドライン

アイドルマスターとコラボしたオンキヨー「DP-X1A」 - ハイレゾ7曲付き

日本コロムビアは、「THE IDOLM@STER」とコラボレートしたオンキヨーブランドのハイレゾプレーヤー「DP-X1A」を発表した。ONKYO DIRECT、e☆イヤホン、コロムビアミュージックショップにて、3月2日11時から3月31日20時まで予約を受け付ける。製品の発送時期は5月下旬。価格は税別83,148円。

[14:51 2/23]

ポタ研2017冬レポート - オンキヨー「GRANBEAT」に海外からの試聴者も - JVCはウッドイヤホンじゃない謎のプロトタイプ

2月18日、東京・中野サンプラザにて、フジヤエービックが主催するポータブルオーディオイベント「ポタ研2017冬」が開催された。オンキヨーの高音質スマホ「GRANBEAT」をはじめ、発表されたばかりの新製品や未発表の参考出品を目当てに多数のファンが会場に集まっていた。

[17:49 2/18]

Astell&Kern、ステンレス製の超高級DAP「AK380SS」 - アンプ付きで約65万円

アユートは2月10日、Astell&Kernのポータブルプレーヤー「AK380SS」と、専用アンプモジュール「AK380 AMP SS」をセットにした「Astell&Kern AK380 Stainless Steel Package」の先行予約受付を開始した。発売は2月17日。価格はオープンで、直販価格は税込649,980円。世界で200セットの限定販売となる。

[11:00 2/10]

ソニー、スヌーピーと仲間たちのイラストを刻印した「ウォークマン S」

ソニーは2月9日、「ウォークマン S」にスヌーピーのイラストを刻印した「SNOOPY'S FRIENDS COLLECTION」をソニーストア限定で発売した。3月31日11時までの期間限定で取り扱う。

[16:14 2/9]

Astell&Kern、小型ハイレゾプレーヤー「AK70」の日本限定カラー

アユートは1月20日、Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」の日本限定色「トワイライトローズ」「ミラージュホワイト」を発表した。発売は1月27日。価格はオープンで、直販価格は税込65,980円。

[16:55 1/20]

上海問屋、7,999円のコンパクトな音楽プレーヤー

ドスパラは1月13日、同社運営の「上海問屋」にて、ポータブルプレーヤー「DN-914259」を発売した。価格は税込7,999円。

[16:22 1/13]

19,999円でDSD対応のハイレゾプレーヤー、上海問屋から

ドスパラは1月13日、同社運営の「上海問屋」にて、DSD対応のハイレゾプレーヤー「H6」を発売した。税込19,999円。

[16:21 1/13]

オンキヨーの開発者が語った、「ハイレゾスマホ」を作るワケ - 入門向きのコンパクトDAPも

オンキヨーとパイオニアが、片手で持てるコンパクトサイズのハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー(以下、ハイレゾDAP)をCES 2017で発表。高音質を徹底的にこだわり抜いたハイレゾスマホもベールを脱いだ。

[15:16 1/10]

超弩急プレーヤー「AK380」にステンレスモデル登場! 素材の違いで音は変わるのか - ポタフェス2016冬

12月17日・18日、東京・秋葉原でポタフェス2016冬が開催。Astell&Kernブースでは、超高級ハイレゾプレーヤー「AK380」のステンレスきょう体モデル、「AK380 SS」を参考展示していた。

[00:01 12/18]

スマホに加えて、Android搭載ポータブルプレーヤーを持つメリットとは - パイオニア「XDP-300R」を使って検証

スマホで音楽を聴くスタイルが定着してきたが、一方でポータブルオーディオプレーヤーをスマホと"2台持ち"するユーザーが増えつつあるようだ。Androidスマホの中にはハイレゾ再生に対応する端末もあるし、音楽再生はスマホで十分だと思うかもしれないが、別途音楽再生専用のオーディオプレーヤーを携えるとどんなメリットがあるのか。パイオニアの最新ハイレゾプレーヤー「XDP-300R」を例に考えてみよう。

[12:00 11/18]

e☆イヤホン、世界で300台限定のハイレゾプレーヤー「OPUS#1 LIMITED」

e☆イヤホンは、ポータブルプレーヤー「OPUS#1 LIMITED」を11月18日から販売開始する。価格は税込99,800円。世界で限定300台の特別モデルだが、うち50台をe☆イヤホンが取り扱う。

[16:28 11/11]

1万円台の小型ハイレゾプレーヤー「FiiO X1 2nd generation」

オヤイデ電気(小柳出電気商会)は11月11日、コンパクトなエントリー向けハイレゾプレーヤー「FiiO X1 2nd generation」を発表した。発売は11月18日。価格はオープンで、推定市場価格は16,000円前後(税別)。カラーはブラックとシルバーの2色。

[12:00 11/11]

オンキヨー「DP-X1A」とパイオニア「XDP-300R」、注目プレーヤーを聴き比べ - 秋のヘッドフォン祭 2016

10月22日・23日、東京・中野サンプラザで秋のヘッドフォン祭 2016が開催。11階のオンキヨー&パイオニアイノベーションズブースでは、新作のハイレゾプレーヤー2機種や、開発中の開放型ヘッドホンを出品していた。

[21:23 10/22]

パイオニア、デュアルDACになったハイレゾプレーヤー「XDP-300R」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月14日、パイオニアブランドのハイレゾプレーヤー「XDP-300R」を発表した。発売は10月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は税別69,800円前後。カラーはブラックとシルバーの2色。

[21:43 9/14]

オンキヨー、ハイレゾプレーヤー「DP-X1A」 - 大ヒット機がさらに高音質に

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月14日、オンキヨーブランドのハイレゾプレーヤー「DP-X1A」を発表した。価格はオープンで、推定市場価格は税別79,800円前後。なお、IFA2016で公開された「次世代モデル」「小型高音質モデル」の2機種とは別のモデルとなる。

[21:07 9/14]

ソニーの逆襲が始まった - 約30万円の黄金ウォークマン「WM1Z」「WM1A」を聴く

海外メーカー製デジタル・オーディオ・プレイヤー(DAP)が勢いに乗る昨今だが、ポータブルオーディオの元祖たる「ウォークマン」が手をこまねいて見ているわけはない。今回発表された新フラッグシップ「NW-WM1Z」と、「NW-WM1A」は、基板デザインなどベース部分は共通だが、シャーシなど物量の部分と細部の作り込みが異なる。これが、かなりの気合いを感じられる製品なのだ。

[12:00 9/9]

ソニー、30万円オーバーの銅製ウォークマン「WM1Z」を国内投入

ソニーは9月8日、ハイレゾ対応ウォークマンの新フラッグシップとして、「WM1」シリーズ2機種を国内発表した。発売は10月29日で、価格はオープン。推定市場価格は銅製の「NW-WM1Z」が300,000円前後、アルミ製の「NW-WM1A」が120,000円前後(いずれも税別)。

[13:00 9/8]

パイオニア、デュアルDAC搭載の小型ハイレゾプレーヤー - IFA2016で展示

ドイツ・ベルリンで開催中の家電イベント「IFA2016」にて、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが未発表のハイレゾポータブルプレーヤーを参考出品している。ここでは、パイオニアの小型ハイレゾプレーヤーと「XDP-100R」の後継製品についてレポートする。

[08:00 9/6]

オンキヨーの次世代ハイレゾプレーヤー、IFA2016でプロトタイプを目撃!! - スマホ的な機能を搭載しそうな気配がぷんぷん漂う

ドイツ・ベルリンで開催中の家電イベント「IFA2016」にて、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが未発表のハイレゾポータブルプレーヤーを参考出品している。その仕様はごく一部しか公開されていないが、現地で撮影した写真と関係者の話をもとに、どのような製品となるか考えてみたい

[08:07 9/3]

パイオニア、IFAで小型かつ高音質な新ハイレゾプレーヤーを公開

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、ドイツ・ベルリンで9月2日(現地時間)から開催される家電見本市「IFA2016」にて、パイオニアブランドの新たなハイレゾポータブルプレーヤーを参考出品すると発表した。」

[20:54 9/1]

オンキヨー、IFAでハイレゾプレーヤー「DP-X1」の後継機&小型モデルを出品

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月1日、ドイツ・ベルリンで開催される家電見本市「IFA2016」にて、オンキヨーブランドの新たなハイレゾポータブルプレーヤー2機種を参考出品すると発表した。

[20:51 9/1]

e☆イヤホン、高コスパの携帯オーディオプレーヤーとポタアン

e☆イヤホンは12日、中国Shanling Digital Technology Development製のデジタルオーディオプレーヤー「M5」と「M2」、ポータブルヘッドホンアンプ「H1」を発表した。8月18日に発売し、価格は14,980円から(税込)。

[20:04 8/12]

ソニー、ディズニーキャラクターを刻印したウォークマン Sを期間限定で発売

ソニーは8月3日、「ウォークマン S」の限定モデルとして「Disney Characters Story Travel Collection」をソニーストア限定で発売した。10月4日11時までの期間限定で取り扱う。

[16:35 8/3]

Astell&Kern第3世代のAK380/320/300がUSBデジタル出力に対応

アユートは7月27日から、Astell&Kernの第3世代ポータブルプレーヤー「AK380」「AK320」「AK300」をUSBデジタル出力対応にするファームウェアアップデートを順次開始する。

[13:33 7/27]

「NARUTO」とコラボしたハイレゾウォークマンとヘッドホン

ソニーは7月21日、アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」とコラボレートしたハイレゾ対応ウォークマン「NW-A25HN」「NW-A25」、ヘッドホン「h.ear on」(MDR-100A)をソニーストア限定で販売開始した。8月31日11時までの期間限定で取り扱う。

[16:04 7/21]

デュアルDAC構成&バランス接続対応で約5万円のハイレゾプレーヤー

e☆イヤホンは、Luxury&precisionブランドのハイレゾポータブルプレーヤー「Luxury&precision L3」を7月16日から先行販売する。価格は税込49,800円。

[17:37 7/13]

Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず

AK70というデジタルオーディオプレイヤー(DAP)は、2015年5月発売「AK Jr」の後継に位置付けられる製品だ。ただし、その意味合いは強化版・改良版ではなく、Astell&Kernというシリーズにおける最初心者向けの次世代機、と理解したほうが現実に近い。

[08:00 7/2]

Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円

アユートは、Astell&Kernのハイレゾポータブルプレーヤー「AK70」とイヤホン「AK T8iE」の発売日を7月15日に決定した。価格はオープン。直販価格はAK70が69,980円、AK T8iEが税込129,980円(いずれも税込)。

[11:00 7/1]

Astell&Kernがテスラ技術イヤホン「AK T8iE MkII」とハイレゾDAP「AK70」を発表、その見どころは?

アユートは、6月21日の新製品発表会でカナル型イヤホン「AK T8iE MkII」とデジタルオーディオプレーヤー「AK70」を披露。いずれもポータブルオーディオの分野で勢いに乗るAstell&Kernブランドに属し、先代モデルを引き継ぐ次世代的ポジションの製品ではあるが、なかなかどうして、魅力的な仕上がりだ。その見どころについて、レポートしてみよう。

[16:11 6/23]

欲しかった機能を全方位カバー、Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK300」を試聴

スマホをプレーヤーに、外出先で音楽を楽しむスタイルが定着してきた。一方で、音楽再生に没頭し、バッテリーを消耗した経験を持つ方も少なくないと思う。だからこそ音楽再生はスマホに任せずに、専用のポータブルプレーヤーを活用したい。折しも、ハイレゾ対応プレーヤーに、いま魅力的な製品が次々と登場している。Astell&Kernの「AK300」も注目すべき新製品のひとつだ。

[13:32 6/22]

ポータブルプレーヤー バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>サウンド / オーディオ>ポータブルプレーヤー)

ポータブルプレーヤー トップへ
iPodやウォークマンなど音楽プレーヤー、マルチメディアプレーヤーのニュース、レビューなど。

人気記事

一覧

新着記事