「花粉症」最新記事一覧

花粉症に関する専門家監修のコラムや花粉症に悩む患者のコラムなどを紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

西洋ヒノキ花粉症と果実アレルギーの共通原因を同定 - 新薬開発に期待

北海道大学は、欧州で問題となっている西洋ヒノキ花粉症とモモや柑橘類に対する食物アレルギーの共通の原因物質が、植物界に広く存在する防御ペプチド(タンパク質)ファミリーであることを解明したと発表した。

[15:56 8/23]

外国人はどんな香りが好き? - 「金木犀の香り」「焼肉の匂い」

皆さんは、花や草木など身の回りのもので、どんな香りが好きだろうか? 香水やルームフレグランス、柔軟剤などで好きな香りに包まれると、不思議と気分が落ち着くものである。今回は、日本在住の外国人20名に「好きな香り」を聞いたので、理由とあわせて紹介しよう。

[21:36 3/24]

マスク姿が目立つ日本を外国人はどう思うのか - 「親切」「母国では躊躇」

インフルエンザウイルスや花粉対策との一環として、冬から春先にかけてはマスク姿の人が特に目立つ。ウイルスや花粉の脅威から、多少なりとも身を守れるマスクはありがたい存在である。また、近年はすっぴんを隠せるという理由で「伊達マスク」をする女性も増えてきており、季節を問わずにマスク姿の人を見かけるようになってきている。

[13:57 3/22]

まだ知らないの? 花粉症歴15年の患者が語る花粉対策5つ

こんにちは、トイアンナです。花粉症のみなさん、元気ですか? 私はヒノキとブタクサの花粉症にかかって早15年、毎年春と秋はくしゃみと涙に覆われています。そして昨年、イギリスへ移住。花粉ともおさらばよと思っていたら、なんとこの国にもシラカバの花粉が飛び交っており、1月から鼻水が止まりません。

[12:00 3/17]

花粉症に伴う受診を決めた理由--「自分に合った薬の処方」「不安になった」

「舌下免疫療法」という言葉を聞いたことがある花粉症の人も少なくないはずだ。2014年に公的医療保険の適用が始まったことや、対症療法にとどまらず花粉症を根本的に治せる可能性があることなどを受け、医師も推奨する治療法だ。自宅で治療可能な点がこの治療法のメリットの一つであるが、用いる薬は医療用医薬品で医師の処方なしには手に入れられない。

[11:05 3/16]

花粉症は2位! 冬から春にかけての不調で最も多い症状は?

保険ショップ「保険クリニック」はこのほど、「冬~春の体の困りごと」についてのアンケート結果を発表した。同調査は2月28日~3月3日、20~60歳の男女各300人を対象にインターネットで実施したもの。冬から春にかけて 体の困りごとはあるか尋ねたところ、男性の66.7%、女性の84.7%が何かしらの体調不良を感じていることがわかった。

[06:00 3/15]

花粉症患者が行う「2017年の花粉対策」の1位はマスク、費用0円の2位は?

日本気象協会によると、2017年は九州・四国・近畿・東海地方で2016年に比べて「非常に多く」の花粉が飛散すると見込まれている。ただ、その他の地域でも気温が高かったり、風が強かったりすれば一度に大量の花粉が飛んでくる可能性があるため、油断は禁物だ。

[11:21 3/14]

花粉症患者が経験したことがある花粉対策の1位はマスク - 2位は?

花粉症で困っている人は、常に花粉対策アイテムの最新情報を求めていると言っていいだろう。そして情報を収集するにあたり、「同じく花粉症で悩む人の意見」は信頼できるソースの一つとなりうるはずだ。

[11:16 3/9]

2017年、花粉症の人に出ている症状1位は?

アイスタットはこのほど、「花粉症に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査は2月24日、花粉症の症状があり、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・茨城県・栃木県・山梨県に住む20歳以上の300人を対象にインターネットで実施したもの。

[14:04 3/8]

花粉症の悲惨話を一挙紹介 - 「集中力散漫で誤って資料を削除し、徹夜」

花粉症によるアレルギー症状は時と場所を選んでくれない。気心の知れた友人との会話中ならまだしも、上司へのプレゼンテーション中や気になる人とのデート中にでも症状が出ようものなら……。考えただけでも恐ろしい。

[10:49 3/8]

花粉症の季節は「尿漏れ」が増える? 女性の尿漏れの原因と対策

ウーマンウェルネス研究会はこのほど、新コンテンツ「花粉の季節にくしゃみで気づく! 尿漏れの予防と対策」を公開した。

[16:05 3/6]

花粉症患者300名の悲痛な声を紹介 - 「涙目で接客」「目玉を取りたい」

今年もいよいよ花粉シーズン到来となった。スギ花粉の飛散が本格化するこれからの時期は、全国の花粉症患者が憂鬱になる季節でもある。そしてそのつらさは、花粉症ではない人に理解してもらえないことが往々にある。

[11:18 3/3]

花粉症で悩まされる症状は? - 「のどがかゆい、イガイガする」も

マイボイスコムはこのほど、「花粉症」に関する調査結果を発表した。同調査は2月1日~5日、10~50代以上の男女1万1,451名を対象にインターネットで実施したもの。

[11:13 3/2]

掃除機で上手に花粉対策 - エレクトロラックスが期間限定「花粉 ZERO Cafe」をオープン

エレクトロラックス・ジャパンが3月1日から3月4日までの4日間、東京・原宿で花粉症対策を提案する期間限定のカフェを開催中だ。3月1日の午前中には、一般営業に先駆けた報道関係者向けのオープニングイベントが行われた。

[22:51 3/1]

花粉によるアレルギー症状が肩こり・腰痛につながる? 原因と解消法を知る

ピップはこのほど、呼吸器内科医で池袋大谷クリニックの院長・大谷義夫氏による講演会を実施。大谷氏は、春から初夏にかけて起こりやすいとされる花粉症などのアレルギー症状が原因のこりについて解説した。

[16:35 3/1]

目がかゆい原因は花粉以外にもあり - 目のかきすぎは白内障につながる恐れ

今年もまた花粉の季節がやってきた。例年3月はスギ花粉が原因の花粉症に悩む人が爆発的に増える。花粉症を発症すると、強烈な目のかゆみやあふれ出る涙などに悩まされる。

[10:25 3/1]

84%が知らなかった! 花粉を除去する住宅の「換気口・フィルター機能」とは

CoLife(コーライフ)はこのほど、「換気口フィルターに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は2月13日~18日、30代~60代の男女2,000名を対象に、インターネットで実施したもの。

[17:34 2/23]

人工知能が花粉対策グッズを勝手にプレゼントするキャンペーンを開催中

ロート製薬はこのほど、花粉対策専用人工知能を使った花粉対策グッズプレゼント企画「ロートアルガード ロト」を開始した。期間は3月9日まで。

[11:43 2/20]

どんなマスクがあったら欲しい? - 「口臭測定ができる」も

プラネットはこのほど、「マスクに関する意識調査」の結果を明らかにした。同調査は2016年12月22日~2017年1月13日、ネットリサーチ「DIMSDRIVE」のモニター3,433人を対象にインターネットで実施したもの。

[15:54 2/15]

花粉の季節、アイメイクが崩れた経験がある女性の割合は?

参天製薬はこのほど、「花粉症とメイク」に関する調査結果を発表した。同調査は1月11日~13日、花粉症で20~40代の働く女性500名を対象にインターネットで実施したもの。

[10:04 2/7]

キュートな表情に注目! 広瀬すず出演「新コンタック600PLUS」CM放映開始

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンは2月6日、女優の広瀬すずさんを起用したコンタックブランドの鼻炎内服薬「新コンタック600PLUS」の新CMを全国で放映開始する。

[14:29 2/3]

花粉シーズンだって美しく! マスクでも魅力的に見えるアイメーク術とは?

資生堂はこのほど、2017年の花粉シーズンに向けて「快適に過ごすヒント」を公開した。

[17:24 1/31]

花粉症を実感している子供がのどにかゆみを感じやすい果物は?

ロート製薬はこのほど、「子どもの花粉症調査」の結果を明らかにした。同調査は2016年11月15日~20日、0歳~16歳の子どもを持つ親1,872人(その子ども2,835人)を対象に、インターネットで実施したもの。

[11:35 1/25]

"花粉の時期あるある"を調査 - 「ティッシュを鼻に詰めて仕事」は6割

資生堂はこのほど、「女性の"花粉の時期あるある"」に関する調査結果を発表した。同調査は2016年10月25日~27日、全国の20~30代の働く女性1万人を対象にインターネットで実施したもの。

[16:22 1/24]

JINS、11~15歳向けの花粉症対策メガネ「JINS 花粉CUT JUNIOR」発売

ジェイアイエヌは1月26日、アイウエアブランド「JINS」より、11~15歳を対象にしたジュニアモデル「JINS 花粉CUT JUNIOR」と、より自然な見た目に仕上げた花粉症対策メガネ「JINS 花粉CUT SLIM」を発売する。

[11:00 1/24]

花粉症患者の2割が受診前に市販薬を使用 - 理由は「受診する時間がない」

QLife(キューライフ)はこのほど、「花粉症患者の受療・市販薬使用実態」を発表した。同調査は2016年12月7日~13日、2016年春シーズンに1回以上医療機関を受診した患者1,000名を対象にインターネットで実施したもの。

[09:00 1/17]

充電式花粉ブロッカー「呼吸らくちんマスク」発売

サンコーはこのほど、「充電式花粉ブロッカー『呼吸らくちんマスク』」を発売した。

[16:21 12/21]

秋の花粉症、予防&症状緩和のために使える対策まとめ

今や「国民病」とも呼べる花粉症は、春だけのトラブルではないということがだいぶ知られるようになってきた。季節の変わり目にくしゃみや鼻水が出て「風邪かな? 」と思ったら、花粉症だったというケースも多いようだ。

[10:21 10/11]

ふとんの「外干し」ができない理由は? ‐ 「花粉の付着を避ける」は約4割

プラネットはこのほど、寝具に関する意識調査の結果を発表した。同調査は3月23日~4月1日、インターワイヤーが運営するネットリサーチ「DIMSDRIVE」モニター4,002人を対象にインターネットで実施したもの。

[11:00 5/2]

花粉症の悲惨体験一挙公開 - 「キスの前に鼻が垂れる」「鼻づまりで窒息」

「今日は待ちに待ったあの子との初デート。バシッと決めよう……ハッ、ハックション! 」。花粉によるアレルギー症状がひどい人は、これと似たようなシチュエーションに遭遇した経験が幾度となくあるだろう。

[10:00 4/1]

花粉症 バックナンバー

2017年
2016年
2015年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>花粉症)

花粉症 トップへ
花粉症に関する専門家監修のコラムや花粉症に悩む患者のコラムなどを紹介。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事