「PLM」最新記事一覧

グローバルなものづくりを支えるPLMの最新技術や製品情報を掲載

関連キーワード

ヘッドライン

建築設計/施工図がスマホで利用可能に - PLSやNVIDIAなど、BIM/CIM専用クラウドサービスを提供開始

建築分野で浸透・拡大を続けるBIMとCIM。ペーパレススタジオジャパン(PLS)は、この2つをコラボレーションする専用クラウドサービスの提供を開始した。同サービスは、NVIDIAの仮想GPUソリューションによって、iPhoneやandroidといった端末からも使用可能となる。これにより、コスト面での導入にあたる、障壁が下がることが期待される。

[12:05 9/15]

シーメンスPLM、11月に電気製造向け新製品をリリース - 半導体分野の成長に注目、Mentorとの統合を進めてソリューションを拡大

シーメンスPLMソフトウェアは、米国ボストンでアナリスト向けのイベント「Siemens Industry Analyst Conference」を開催したが、Mentor Graphicsとのシナジーへの期待に応える形で、機械系と電気系の開発、設計、製造プロセスの統合に触れる内容が多かった。

[09:00 9/15]

シーメンスPLM、業界別PLMソリューションを拡大 - 各業界のベストプラクティスで、デジタル化を推進

9月7日(米国時間)、米国ボストンで行われたSiemens Industry Analyst ConferenceでシーメンスPLMソフトウェアは、同社が持つ広範囲の製品ポートフォリオを活用し、個々の業界の事情に合わせて「デジタル化」、「デジタル・ツイン」を推進し、デジタルスレッドを実現するために、業界別のベストプラクティスを提供するソリューションを強化していくと同時に、これまではサポートしていなかった業界にも拡大していく方針を発表した。

[12:28 9/14]

シーメンス、日本国内で産業用IoT基盤の販売を拡大 - デジタル事業を推進

シーメンスは9月12日、同社のデジタル戦略に関する記者説明会を開催した。

[19:11 9/12]

NEC、PLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」を中国で販売開始

NECは11日、同社がグローバルで導入実績を有するPLM(Product Lifecycle Management)クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を、中国で販売開始したことを発表した。

[16:03 9/12]

なぜヤマハは、二輪車開発ソリューションとしてシーメンスPLMを選んだのか - CEOが語った採用に至る背景

9月6日(米国時間)、シーメンスPLMソフトウェアは、米国ボストンで行われた「Siemens Industry Analyst Conference」で、ヤマハ発動機が二輪車の開発用に3D CADソフト「NX」とPLMソフト「Teamcenter」を導入したことを発表した。

[11:00 9/12]

より良い都市環境はどうすれば実現できるのか? - スマートシティの実現に挑むPTC

近い将来、世界の人口の多くが都市部で生活するようになると言われている。しかし、そうした状況におけるより良い都市環境を実現するためにはさまざまな課題が存在しており、その解決に向け、スマートシティの実演を目指す動きが世界各地で進められている。PTCは、そうしたスマートシティへ実現を、プラットフォームを提供することで、支援しようとしている。

[09:00 9/11]

キヤノンITS、PLMを在宅勤務でも安全に活用できるクラウドサービスを提供

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)とPTCジャパンは8月24日、ものづくり企業における設計・開発業務をオフィスとは異なる自宅などでも、安全かつ安心してリモート環境として利用することを可能とするソリューション「スマートPLMサポートサービス」の提供を9月上旬より開始すると発表した。

[10:00 8/24]

シーメンス、自動車業界向けソフト開発&エンジニアリングソリューション

シーメンスPLMソフトウェアは、自動車製品への車載が急増している組込みソフトウェアに関する重要な開発課題を解決する、新しい自動車業界向け統合ソフトウェア・エンジニアリング・ソリューションを発表した。

[10:31 7/28]

ボーイングとダッソー・システムズがパートナーシップの拡大を発表

ダッソー・システムズは、ボーイングとパートナーシップを拡大したことを発表した。

[15:29 7/27]

シーメンス、「LMS Test.Lab 17」に効率性と生産性を向上させる新機能

シーメンスPLMソフトウェアは、実験ベースのエンジニアリング統合ソリューション「LMS Test.Lab」の新バージョンとして、「LMS Test.Lab 17」をリリースしたことを発表した。

[17:08 7/18]

シーメンス、STAR-CCM+新バージョンに設計探索機能と設計最適化機能を追加

シーメンスPLMソフトウェアは14日、同社のマルチフィジックスCFD(数値流体力学)シミュレーション/解析ソフトウェア「STAR-CCM+」の新バージョン12.04に、製品設計の探索と最適化を自動化する2つの新しい完全統合型機能を搭載したことを発表した。

[18:45 7/14]

進化するCAEシミュレーション - シームレスな連成解析がもたらす利点とは

シーメンスPLMソフトウェアは7月5日、同社が2016年に買収を発表したCD-adapcoの製品を中心としたカンファレンスを開催。同カンファレンスにおいて、CD-adapco製品管理担当シニア・バイスプレジデントを務めるジャン・クロード エルコラネリ氏が、CD-adapco製品の現状などの説明を行った。

[17:49 7/10]

NEC、PLM「Obbligato III」向け業種別テンプレートを販売

NECは6月20日、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソリューション「Obbligato III」の業種別PLMテンプレートを販売開始すると発表した。

[10:00 6/21]

シーメンスPLM、3D CAD「Solid Edge」の最新版「ST10」を国内向けに発表

シーメンスPLMソフトウェアは6月19日、都内で同社の3D CADソフトウェア「Solid Edge」の最新バージョンとなる「Solid Edge ST10」を国内向けに提供を開始するに当たって、メディア向け説明会を実施。新規に搭載された機能や強化された機能の説明などを行った。

[17:36 6/19]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 5/16]

ダッソー、都市計画ソリューション「3DEXPERIENCity」の国内提供を計画

ダッソー・システムズは22日、2017年の事業戦略に関する記者説明会を開催。その中で、2017年4月より国内において、都市計画ソリューション「3DEXPERIENCity」を開始すること等を発表した。

[08:00 3/23]

PTCなど、工場へのIoT導入を支援するスターターパッケージを提供

日本システムウエア(NSW)、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカード(HPE)の3社は23日、ファクトリーIoT用ハードウェアとして最適化された「HPE Edgeline」と、PTCのIoTプラットフォーム「ThingWorx」をパッケージ化した「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」の提供を開始した。

[15:54 2/23]

PTC、PTC FlexPLMソフト向けコンセプトマネジメント用アプリを発表

米PTCは、PTC FlexPLMソフトウェア向けのコンセプトマネジメント用アプリケーションを1月15日に発表した。

[13:13 1/27]

シーメンスのメンター買収はエレクトロニクス業界に何をもたらすのか?

既報のとおり、独シーメンスはEDAベンダのMentor Graphicsを買収することを11月に発表した。シーメンスはPLMソフトウェア事業部(いわゆるシーメンスPLMソフトウェア)を有しており、Mentorはここに組み込まれることとなる。シーメンスがMentorを買収する意図はどこにあるのか、シーメンスPLMならびにメンターのこれまでの動きから推測したい。

[10:00 12/29]

SAP、S/4HANAの最新版「1610」を提供開始 - SAP SCMから機能移植

SAPジャパンは11月17日、次世代ERPビジネススイートの最新版「SAP S/4HANA 1610」を提供開始した。最新版では、サプライチェーンの機能統合が行われるとともに、SAP Fiori 2.0の採用によりユーザー・インタフェースが進化している。

[11:48 11/18]

独シーメンスがMentor Graphicsを買収 - 買収額は約45億ドル

独Siemens(シーメンス)とMentor Graphicsは11月14日(独時間)、シーメンスがMentorを買収することで合意したと発表した。

[21:13 11/14]

サイバネット、3次元公差マネジメント・ツールの最新版「CETOL 6σ 9.0」

サイバネットシステムは8月8日、同社のグループ会社である米Sigmetrix(シグメトリックス)が開発・販売・サポートする3次元公差マネジメント・ツールであるCETOL 6σ(シーイートール シックスシグマ)の最新バージョン「CETOL 6σ 9.0」の、Creo Parametric版および、SOLIDWORKS版を2016年8月上旬から販売開始すると発表した。

[12:14 8/9]

国内EAソフト市場は2020年に5853億9500万円へ - IDCが予測

IDC Japanは7月21日、「国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測」を発表した。これによると、2015年の国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場は前年比3.4%増の4791億4300万円となり、2015年から2020年にかけて年間平均成長率(CAGR)は4.1%で成長を続け、2020年の市場規模は5853億9500万円と予測している。

[15:23 7/22]

日本オラクル、2017年度のハードウェア事業の戦略を説明

日本オラクルは7月5日、2017年度のハードウェア事業に関する戦略説明会を開催した。ハードウェア事業の平成28年度第4四半期の売上はサン買収以来最高の74億円を達成しており、2017年度もさらなる成長を目指す。

[09:30 7/6]

エリクソンはなぜダッソーのプラットフォームを大規模導入するのか? - ダッソーのハイテク部門VPに聞く

仏Dassault Systems(ダッソー)は4月、通信機器大手のエリクソンがダッソーの3Dエクスペリエンスプラットフォームを採用したと発表した。エリクソンは既存プラットフォームやシステム群を3Dエクスペリエンスプラットフォームに置き換えることになる。初年度だけで推定数千万ドル規模と報じられているこのビッグディールが成立した背景について、ダッソーのハイテク部門を率いるオリビエ・リベ氏に話を聞いた。

[06:00 6/15]

シーメンスPLMの3D CAD「Solid Edge ST9」、DropBoxでデータ共有が可能に

シーメンスPLMソフトウェア(シーメンスPLM)は6月13日、3D CAD Solid Edgeの最新版「Solid Edge ST9」の記者説明会を開催した。

[07:00 6/14]

過去・現在・未来のあらゆるデータの管理を目指すシーメンスPLM

シーメンスPLMソフトウェアは6月9日、都内でプライベートカンファレンスを開催。同カンファレンスにて、同社のCAD/CAM/CAE統合ソリューション「NX」の次世代バージョンである「11」に向けた機能の概要などについての説明が行われた。

[08:00 6/10]

2015年の国内EA市場は2020年に3兆3435億6800万円達成 - IDC

IDC Japanは6月7日、国内EA(Enterprise Applications)ソリューション市場産業分野別予測を発表した。これによると、2015年の国内EAソリューション市場は3兆3435億6800万円となり、うちPLMソリューション市場が53.8%を占め、業績が好調な自動車産業などの需要で市場規模は1兆7976億1100万円となった。

[15:02 6/8]

Aras、InnovatorとCATIAの連携が可能となるコネクタソリューションを発表

Arasとエリジオンは2月29日、「Elysium xPDM for Aras」を発表した。

[11:12 3/1]

PLM バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (テクノロジー>ものづくり>PLM)

PLM トップへ
グローバルなものづくりを支えるPLMの最新技術や製品情報を掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事