「温泉・銭湯」最新記事一覧

温泉や銭湯にまつわる最新ニュースやレポート、ハウツー、アンケートなどを発信

関連キーワード

ヘッドライン

本日は銭湯日和 第27回 中央区のデザイナーズ銭湯と言えば「湊湯」--間接照明にこだわりサウナも

今回は久しぶりに中央区の銭湯を紹介したい。場所はJR・東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅から徒歩5分。隅田川にかかるにも程近い「湊湯」は2010年にリニューアルした、デザイナーズ銭湯のひとつだ。オフィスビルや中型のマンションが並ぶなか、玄関先は完全に風景に溶け込んでいる。素通りしかけた人が風呂屋と気づき、物珍しそうに踵を返す姿は何度も見かけた。

[06:00 9/15]

箱根温泉の定番観光はこう遊べ! 歴史はグルメと共に、最新ホテルで名湯を

箱根温泉郷は、東京から一番近い大温泉地。交通至便で「安近短」の旅行に最適なので、屈指の人気を誇っている。江戸時代には旧東海道の関所があった交通の難所で、今でも豊かな自然と歴史を感じる秀逸な観光地だ。今回は、8月にオープンした最新の温泉ホテル「はなをり」に滞在しながら、気軽に訪れることができる定番観光コースを紹介しよう。

[11:00 9/7]

「道後オンセナート 2018」プレオープン--蜷川実花等が魅せる18カ月

愛媛県松山市「道後温泉」は9月2日、4年ぶりとなるアートの大祭「道後オンセナート 2018」をプレオープンした。蜷川実花の特別参加作品など、2017年9月のプレオープンを皮切りに、2018年4月のグランドオープン、2019年2月のフィナーレまでの18カ月間、ホテルや街中に設置される作品と多様なイベントを組み合わせて展開していく。

[12:11 9/5]

本日は銭湯日和 第26回 深夜早朝もOK! 個性派銭湯「神田アクアハウス江戸遊」は便利に使える

この日、汗だくになりながら電車で向かったのは「神田アクアハウス江戸遊」だ。JR山手線「秋葉原」駅から徒歩8分。神田川にかかる昌平橋の近くで、御茶ノ水駅からも近い。こちらは東京浴場組合には加盟していないものの、都心の好立地と、都内組合加盟銭湯と同じ460円(2017年8月現在)、さらに、11時から翌朝8時までという長時間営業で、熱烈なファンも多い銭湯だ。

[06:00 9/1]

群馬は草津だけじゃない! 「四万温泉」で絶対行くべき温泉宿&グルメ

四万(しま)温泉は、草津温泉など名湯が多い群馬県の中でも断然オススメの温泉地。上信越高原国立公園内の豊かな自然環境を実感できる上に、開発が規制された温泉街の落ち着いた風情も魅力だ。「四万種類の病に効く」と言い伝えられ、源泉かけ流しの宿も多く、飲泉所もある。まさに保養に向いた温泉地で、日本で最初に国民保養温泉地に指定されたのも当然と納得できる温泉地である。

[11:00 8/10]

レトロいっぱいな蒲田を大行進! 銭湯で汗を流して観覧車のある屋上で一杯

こんにちは、イラストレーターのシラサキです。街歩き&グルメレポートの第2回。前回の四谷に続いて、マイナビニュース担当Mさんと「知らない街を歩いて、知らない店をのぞいてみよう!」をテーマに歩いてみたいと思います。さて今回はどちらにまいりましょうか?

[11:00 8/9]

ぜひ新日本三大民宿に! 下北半島「みやの」の最強グルメにノックダウン

「みやの」を知ったのは本当に偶然の出来事だった。下北半島へ雲丹取材に出掛ける際に、どこに宿泊してむつナイトをエンジョイするかで編集と盛り上がっていた時だった。むつ市内のビジネスホテルに泊まり、WiFiを切望としている取材陣と、なぜか夜の灯りが何もなさそうな佐井村を勧めてくるアテンドをお願いした青森県庁職員。……これは何かある。

[11:00 8/8]

本日は銭湯日和 第25回 出勤前のひとっ風呂にもってこい! 大田区「幸の湯」で黒くない天然温泉を

今回の湯は、大田区の「幸の湯」。毎日6時から営業している、都内では貴重な朝風呂のある銭湯だ。品川駅から京急線で15分、「糀谷」駅から徒歩5分の、住宅街の中にある。神奈川との県境や羽田空港も近い。

[06:00 7/28]

"コカ・コーラ"だらけの部屋が天然温泉のホテルに誕生! 部屋番号もCoke

神奈川県三浦市のリゾートホテル マホロバ・マインズ三浦は、創業25周年を記念した企画を展開している。その一環としてこのほど、「コカ・コーラ」をモチーフにした客室の販売を開始した。部屋中のありとあらゆるものが「コカ・コーラ」になっているだけでなく、部屋番号も「509(コーク)」としたこだわりの客室となっている。

[07:00 7/19]

喜多方ラーメンの穴場を巡る--裏磐梯は高原リゾートも湖畔の温泉も思う存分

裏磐梯高原は福島県の中でも特に素晴らしい観光スポットだが、飲食店はもちろん、コンビニもほとんどないのが唯一の欠点だ。そのため、西に隣接する喜多方市で喜多方ラーメンを食べてから、裏磐梯へ向かうことをオススメしたい。付近を代表する観光スポット「五色沼」を効率的に巡る方法を含め、裏磐梯の温泉の魅力を紹介しよう!

[11:00 7/18]

阪急バス、伊丹空港=有馬温泉の直通バス運行開始--所要時間30分/片道850円

阪急バスと阪急観光バスは7月28日より、現在運行中の高速バス「有馬急行線」(大阪(梅田)~有馬温泉)において、空路を利用して有馬温泉へ向かう人の利便性向上を図るため、新たに大阪国際空港(伊丹空港)経由便を新設する。これにより、大阪国際空港と日本三古泉・日本三名泉の有馬温泉が30分で結ばれる。

[12:02 7/14]

本日は銭湯日和 第24回 『昼のセント酒』でも愛された銭湯! 江戸川区「鶴の湯」には目玉が2つある

今日向かった銭湯は江戸川区の「鶴の湯」。江戸川区に「鶴の湯」は2軒あり、船堀の方の「鶴の湯」は2年くらい前に紹介したが、今回訪れたのは小岩の方。江戸川河川敷の方向に向かって、住宅街を進んでいったところにある。

[06:00 7/14]

スーパー銭湯ランキング2017・夏--東1位は埼玉県の、西1位は有馬温泉の

ニフティが運営する温浴施設情報専門サイト「@nifty温泉」はこのほど、今注目のスーパー銭湯を東日本、西日本のTOP10でランキングする「@nifty温泉 スーパー銭湯ランキング2017・夏」を発表した。同ランキングは「@nifty温泉」に掲載されている全1万1,776施設を対象に、各施設の詳細ページ閲覧数により決定している。

[06:30 7/12]

野趣あふれる天然滝の露天風呂! 秘湯「秋の宮温泉郷」は横手焼きそばと共に

秋の宮温泉郷は、秋田県南部の山間部にある秘湯。秋の紅葉名所として知られるが、夏だけ入れる天然の湯滝も近くにあり、夏場もオススメの温泉地だ。周辺には温泉が多く、温泉熱を利用した乳製品の工場もあり、ソフトクリームが絶品。日本三大盆踊りのひとつ「西馬音内盆踊り」も含め、秋田の夏期限定スポットの魅力を紹介しよう。

[11:00 7/5]

本日は銭湯日和 第23回 銭湯ファン界隈でも話題の「ひだまりの泉 萩の湯」に"都内最大銭湯"を実感

今回は2017年5月29日にリニューアルオープンした、話題の銭湯「ひだまりの泉 萩の湯」(東京都台東区)を紹介したい。萩の湯は、JR山手線「鶯谷」駅から徒歩4分ほど。2015年2月から長期休業に入っており、今回ビルごと建て直して、満を持しての新装開店になる。入り口に掲げられた「都内最大銭湯460円! 」の張り紙が自信を感じる。

[06:00 6/30]

本日は銭湯日和 第22回 忙しない東京時間をリフレッシュ! 四ツ谷「若葉湯」は心が落ち着く場所

この日訪れたのは、新宿区にある「若葉湯」である。JR中央線「四ツ谷」駅から歩いて10分。若葉という名の町にあり、新宿通りから一本入ったこのあたりは寺院が多く、閑静な住宅街になっている。四ツ谷には若葉湯の他に「塩湯」という銭湯があり、数は少ないながらも一風変わった銭湯体験が味わえる。

[06:00 6/16]

有馬温泉「炭酸煎餅」は本当に炭酸味!? 手焼きで変わる伝統の味

かの『枕草子』で三名泉にもカウントされているほど長い歴史を持つ有馬温泉には、泉質の異なる数種の源泉が湧いている。そのうちのひとつが日本では珍しい炭酸泉で、温泉として楽しまれている他、有馬発祥の炭酸飲料であるサイダーにも活用されている。のみならず、なんと炭酸泉が焼き菓子にまで利用されていたことをご存じだろうか?

[10:27 6/14]

記憶に残る宿のスペシャリテ 第8回 熊本地震から完全復活! 黒川温泉「黒川荘」で知る"肥後もっこす"の力

2016年4月14、16日の両日、熊本県から大分県を中心とする地域で2度も震度7という巨大地震が襲った。熊本を代表する景勝地・阿蘇地域は壊滅的な被害を受け、群発する地震による不安感が影響し、人気温泉地の黒川温泉とて風評被害に見舞われ、大変な苦労をされたと聞く。震災からちょうど1年が経過した2017年4月14日、黒川温泉へ慰問を兼ねて訪ねた。

[06:00 6/13]

温泉だけじゃない! 湯河原温泉でホタルの幻想世界に激安ご当地グルメな旅を

神奈川県・湯河原温泉は名前の通り、河原で温泉が湧く様子が万葉集に唯一歌われた、日本屈指の歴史と伝統を誇る温泉地。奥湯河原地区を中心に、高級宿が多いのも特徴だ。今回は、源泉かけ流しの旅館も多く、四季の風情も素晴らしい、湯河原温泉の魅力を紹介しよう。

[11:00 6/9]

日本で最も豊かな隠れ里、熊本・人吉球磨「田園シンフォニー」の旅を

熊本の人吉・球磨と言うと、観光列車の旅、酒好きなら球磨焼酎を思い浮かべる人が多いだろうか。今回は、司馬遼太郎に"日本でもっとも豊かな隠れ里"と称された人吉・球磨をシンフォニーを奏でながら走る、くま川鉄道の観光列車「田園シンフォニー」の魅力とともに、沿線の見所などをたっぷり紹介しよう。

[11:00 6/8]

さくらんぼ狩りにプルプルわらび餅! 山形・蔵王温泉だからできるグルメ旅

山形を代表するグルメと言えば蕎麦だが、夏は全国屈指の生産量を誇る「さくらんぼ狩り」が主役だ。最高級品種の佐藤錦も食べ放題で、多額の交通費を掛けても毎年行きたくなる。実は「わらび餅」も絶品で、夏季限定の「かき氷」は、場所によっては最高5時間待ちになることも。そんな山形を代表する蔵王温泉で、山形を代表する夏のグルメを満喫する旅を紹介しよう。

[11:00 6/6]

日本最初のサイダーを求めて! 「有馬サイダー」の強烈さは一口目で分かる

ここ数年、ご当地の味を楽しめる「地サイダー」なるものが人気だが、ユニークな素材との組み合わせを堪能する一方で、原点に立ち返ってみるのもまたオツなもの。日本最初のサイダーと言われる、兵庫県有馬温泉生まれの「有馬サイダー」の復活を目指して作った「ありまサイダーてっぽう水」で、その味を確認してみてはいかが?

[10:06 6/6]

本日は銭湯日和 第21回 生まれ変わった台東区「天然温泉 湯どんぶり栄湯」で露天風呂を思う存分

今回は5月15日に天然温泉としてリニューアルしたばかりの銭湯を紹介したい。その名も「天然温泉 湯どんぶり栄湯」。東京メトロ日比谷線「三ノ輪」駅より徒歩10分。住所は台東区日本堤となり、いわゆる山谷と呼ばれていた労働者の街で、マンガ『あしたのジョー』の舞台としても有名(すぐ近くにジョーの像が立っており、町おこしに一役買っている)だ。

[06:00 6/2]

箱根旅行は「あじさい電車」と共に! 温泉+グルメ+鉄道+絶景を全部一日で

6月中旬から7月中旬頃にかけて、箱根の山を登る箱根登山鉄道の沿線は、紫陽花(あじさい)の花で彩られ、この季節の箱根登山鉄道は「あじさい電車」の愛称で親しまれている。今回は「あじさい電車」に乗って、梅雨時の箱根路を散歩しよう。

[10:30 5/29]

海風感じる伊東温泉の「星野リゾート 界 アンジン」で湯上がりビールを

週末の、昼に飲むビールほどうまい飲み物はない。そして、それは旅先になるとさらに魅力を増してくるものに違いない……。ということで今回訪れたのが、この春オープンした「星野リゾート 界 アンジン」だ。新幹線を使えば都心から1時間半という近さ、そしてオーシャンビューの温泉に入った後は、海風が感じられるデッキで、飲み放題の湯上がりビールが楽しめるときた。まさに週末の贅沢の極みといえる、この旅館の全貌を紹介しよう。

[11:30 5/26]

本日は銭湯日和 第20回 銭湯マニアも虜にする大田区「明神湯」--面構えから女将さんの笑顔まで完璧

今回紹介するのは大田区の「明神湯」。銭湯が好きなら是非一度は訪れておきたい、とっておきの銭湯だ。銭湯に行く時、さまざまな部分に魅力を見て・感じると思う。不粋にもそれらをあえて点数化するなら、明神湯は東京で一番の銭湯だと、筆者は思っている。

[09:38 5/12]

老舗銭湯をDJと楽しむ「ダンス風呂屋」開催--風呂ジェクションマッピングも

今年1月に東京・台東区で行われた前代未聞のDJイベント「ダンス風呂屋」が6月14日、大好評につき再び開催されることが決定。明治初期に創業された由緒ある銭湯をダンスフロアに、ワイヤレスヘッドホンを使ったサイレントフェスシステムで音楽に浸れる新感覚イベントだ。今回も男湯と女湯の2ステージ制で、風呂とフロアがアツく沸くこと間違いなし!

[07:00 5/9]

マルカン"10段ソフト"復活! 南花巻温泉峡・大沢温泉で宮沢賢治を訪ねる

温泉が多い岩手県花巻市の中でも、大沢温泉は宮沢賢治ゆかりの宿として知られている。花巻市は「わんこ蕎麦」発祥の地。賢治愛用の蕎麦屋もあるが、B級グルメの世界では、復活した10段ソフトクリームを出す食堂が話題になっている。温泉やB級グルメを満喫し、宮沢賢治に思いを馳せるのに最適な、南花巻温泉峡・大沢温泉の魅力を紹介しよう。

[11:00 5/2]

記憶に残る宿のスペシャリテ 第7回 全部"花ちゃん"の言うとおり! 美ケ原温泉「旅館すぎもと」は個性が踊る

長野県松本市・美ヶ原温泉「旅館すぎもと」には、筆者が過ごす至福の流れがある。このように記すと、敷居の高い宿に思われるかもしれないが、常連客の多い、気さくな旅館である。和食の文化を追求する宿で構成される「日本 味の宿」という全国組織で中心的存在の宿だからであろうか、同業者の来訪も多い。

[11:00 4/26]

本日は銭湯日和 第19回 東京には花屋兼業の銭湯がある--豊島区「前田湯」は入り口でメルヘン気分

池袋を中心に東京23区の西北に位置する豊島区。今回は、その池袋駅から徒歩圏内の銭湯を紹介したい。大まかにいって駅から15分以内の間に6~7軒の銭湯があり、これはその他の副都心・新宿や渋谷と比べても圧倒的に多い(サウナは除く)。最も近いのは徒歩5分、商店街内にある「平和湯」なのだが、ここで取り上げるのは「前田湯」、徒歩15分の住宅地内の銭湯だ。

[06:00 4/21]

温泉・銭湯 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (旅と乗りもの>レジャー>温泉・銭湯)

温泉・銭湯 トップへ
温泉や銭湯にまつわる最新ニュースやレポート、ハウツー、アンケートなどを発信

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事