「保育園」最新記事一覧

待機児童問題も含め、保育園にまつわる最新情報やコラム、レポートを紹介

関連キーワード

ヘッドライン

栗生ゑゐこの「幼子マンガ」 第16回 突然繰り出される謎のキャラ

幼子姉妹を育てるイラストレーターの栗生ゑゐこさんが、食いしん坊の2歳児みーちゃん、甘えん坊の5歳児おねえちゃんと過ごす日常を、4コママンガで綴っていく本連載。今回のタイトルは「謎のキャラ」です。

[15:30 10/17]

てぃ先生に聞く、保育士の本当の気持ち 第4回 保育園、勉強面でのフォローは必要?

働くママ・パパにとって、とってもありがたい"保育士"の存在。できれば良い関係を築きたいと思いながらも、その関係性に不安を感じることもありますよね。この連載では、保育園の日常をつぶやいたツイッターが話題の男性保育士「てぃ先生」に、保育士としての"本音"を伺っていきます。4回目は保育園における勉強面の不安についてインタビューしました。

[18:00 10/16]

てぃ先生に聞く、保育士の本当の気持ち 第3回 もし子どもができたら、園には何歳から預けたいですか?

働くママ・パパにとって、とってもありがたい"保育士"の存在。できれば良い関係を築きたいと思いながらも、その関係性に不安を感じることもありますよね。この連載では、保育園の日常をつぶやいたツイッターが話題の男性保育士「てぃ先生」に、保育士としての"本音"を伺っていきます。3回目は保育園の預け時期や、家族で過ごす時間に対する考え方についてお聞きしました。

[08:30 10/14]

専業ママの9割以上が「今後働きたい」「働かなければならない」と回答

ママ向け情報サイト「ママスタジアム」を運営するインタースペースは10月10日、「こそだて家族の働き方」に関する調査結果を発表。専業ママ190名、働くママ284名、産休育休中の女性92名に、子育て期間中に働くことについての考えや、働き方の変化などについて尋ねた。

[16:57 10/10]

てぃ先生に聞く、保育士の本当の気持ち 第2回 保育園見学で見るべきポイント - 園の"実力"が分かるのはココ!

保育園の日常をつぶやいたツイッターが話題の男性保育士「てぃ先生」に保護者の疑問をぶつけ、保育士としての"本音"をお話しいただく本連載。保活が本格化し始めるなか、保育園見学を始めている人も多いのではないでしょうか。今回は、見学の際にチェックしておきたいポイントについてインタビューしました。

[20:00 10/2]

たきれいさんが綴る『保育園児くもくんの連絡帳』 第3回 笑いあり、涙あり

保育園に提出する「連絡帳」をイラストで描いた投稿がInstagramで話題の「たきれい」さん。家族や保育園での子どもたちの様子をつづった初の書籍『保育園児くもくんの連絡帳』(KADOKAWA/税別1,000円)がこのほど発売されました。書籍の発売を記念して、マイナビニュースでは掲載されている4コマ漫画を少しだけご紹介します。

[10:30 10/1]

秘密はトイレに! "言った・言わない問題"を防ぐ、夫婦のスケジュール共有法

「今日は帰りが遅いから」「えっ!? そんな急に言われても」「前に言ったよ!」……。朝から繰り広げられる夫婦間のこんなやり取りほど、不毛なものはありません。今回は、"言った・言わない問題"を解決するためにオススメな、100均カレンダーを使ったスケジュール共有法をお伝えします。

[08:00 9/30]

自治体別、子育て満足度ランキング - 関東編の1位は「群馬県」

ミキハウスはこのほど、「2017年 都道府県別 パパ・ママ目線による子育て満足度調査~関東編~」を発表。最も満足度が高かったのは「群馬県」で、評価項目のうち、「子育て支援」「コミュニティ」「治安、安全・安心」「自然環境」「金銭面」で1位となった。

[12:40 9/29]

ハウステンボス、「ハウステンボス保育園」開設--地域住民も利用可能

ハウステンボスは10月1日、同社が運営するテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)に、内閣府認定の企業内保育所である「ハウステンボス保育園」を開設する。ハウステンボスグループ従業員だけでなく、テナント企業勤務者や地域住民も利用できる。

[13:00 9/28]

てぃ先生に聞く、保育士の本当の気持ち 第1回 子育ては「うちはこうだから」でいい

働くママ・パパにとって、とってもありがたい"保育士"の存在。できれば良い関係を築きたいと思いながらも、その関係性に不安に感じることもありますよね。この連載では、保育園の日常をつぶやいたツイッターが話題の男性保育士「てぃ先生」に、保育士としての"本音"を伺っていきます。1回目は、てぃ先生の活動や、保育や子育て観についてインタビューしました。

[10:30 9/25]

たきれいさんが綴る『保育園児くもくんの連絡帳』 第2回 保育園での生活

保育園に提出する「連絡帳」をイラストで描いた投稿がInstagramで話題の「たきれい」さん。家族や保育園での子どもたちの様子をつづった初の書籍『保育園児くもくんの連絡帳』(KADOKAWA/税別1,000円)がこのほど発売されました。書籍の発売を記念して、マイナビニュースでは掲載されている4コマ漫画を少しだけご紹介します。

[10:30 9/24]

子どもを保育園に預ける親が「もしもの時」のためにしておきたいこと

「母親1人で育児を背負い込むのではなく、保育園を中心に"周囲にいる愛情のある大人たち"と連携を組む育て方もあるのでは?」と提案する、育休後コンサルタントの山口理栄さん。今回は、親が世間とつながることで、さらに保育園に預ける罪悪感を払拭する方法について伺った。

[10:30 9/20]

子どもを子ども扱いしない!? 「オトナな保育園」こと茶々保育園の教育法

「オトナな保育園」をコンセプトに掲げる保育園をご存じだろうか。関東近県に14園を展開する「茶々保育園グループ」は、"公園の中にある保育園"や"カフェ併設の保育園"など、今までにない発想を盛り込んだ保育園を運営している。今回は、今年4月に開園した「茶々とどろき保育園」を訪問し、"これから必要な保育とは何か"を取材した。

[06:00 9/20]

たきれいさんが綴る『保育園児くもくんの連絡帳』 第1回 くもくん誕生!

保育園に提出する「連絡帳」をイラストで描いた投稿がInstagramで話題の「たきれい」さん。家族や保育園での子どもたちの様子を綴った初の書籍『保育園児くもくんの連絡帳』(KADOKAWA/税別1,000円)がこのほど発売されました。書籍の発売を記念して、マイナビニュースでは掲載されている4コマ漫画を少しだけご紹介します。

[10:30 9/17]

専業主婦でもワーママでも子どもを預けられるのが理想--保育園の本当の意義

「子どもを預けて働くなんて、子どもがかわいそう」。そんな言葉に傷ついてしまった母親は、少なくないかもしれない。子どもを保育園に預けることは、本当に"かわいそう"なのか。また、どうすれば自分の心の中の「本当は家にいて、もっと子どもと一緒にいるべき」という気持ちに折り合いを付けることができるのだろうか。「育休後コンサルタント」として、ママたちのサポートを行っている山口理栄さんにお聞きした。

[10:30 9/16]

全国で待機児童数が最も多い自治体は? - 東京都の27市区で100人以上

厚生労働省はこのほど、全国の待機児童の状況などをまとめた「保育所等関連状況取りまとめ」(2017年4月1日時点)を発表。待機児童数は前年比2,528人増の2万6,081人となった。待機児童のいる市区町村は、前年から34増加して420市区町村。最も多かったのは「世田谷区」(861人)だった。

[11:32 9/5]

保育園・幼稚園で「必要ない」と感じるルールは?

子育てで多くの人が頼りにしている、保育園と幼稚園。先生たちにはいくら感謝の気持ちを伝えても足りないほどお世話になっているが、一方で「これって本当に必要?」と感じる園の文化やルールも存在しているようだ。そこで今回は、マイナビニュース会員のうち、子どものいる女性130名に「保育園・幼稚園で不要だと感じるルールはありますか?」と尋ねてみた。

[07:30 8/26]

千葉県の待機児童数、327名増加 - 市川市、習志野市、浦安市などで多く

千葉県はこのほど、平成29年4月1日現在の保育所入所待機児童数を発表。待機児童数は前年同時期の1,460名から327名増加し、1,787名となった。待機児童が50名以上の自治体についても、市川市(576名)や習志野市(338名)をはじめとして、8市から9市に増えている。

[16:58 8/8]

東京都で待機児童数が多い自治体は? - 2017年4月1日時点

東京都はこのほど、「都内の保育サービスの状況について」を発表。2017年4月1日時点で、都内の待機児童数は8,586名(前年比120名増)になったことを明らかにした。なお2017年から、預け先が見つからず、やむを得ず育児休業を延長した保護者の子どもも待機児童として扱っている。

[16:36 7/31]

保育園に入りやすくなるかも!? 東京23区で保育士の待遇がよくなった自治体

待機児童の解消を目指して保育園の新設が進む中、保育士確保のためにさまざまな待遇改善策を施す動きが東京23区で進んでいる。国や都の補助事業を活用するほか、独自に手当を拡充したり特典を設けたりする内容だ。今年度予算に独自事業を組み込んだ自治体に話を聞いた。

[06:30 7/27]

ママ・パパが、夏休みに最もストレスを感じることは?

アクトインディが運営するおでかけ情報サイト『いこーよ』は7月12日、夏休みについてのアンケート調査結果を発表。アンケートは、2017年5月1日~6月5日の期間、同社のサイト上で行い、子どもを持つ親743名から回答を得たもの。夏休み中に親が感じるストレスや、子どもに期待することなどを尋ねている。

[16:30 7/12]

東京23区、自治体によるベビーシッター事業広がる - 認可保育園と同額で

待機児童解消のための緊急的な対応策として、家庭にベビーシッターを派遣する「居宅訪問型保育事業」を利用する動きが、東京23区で広がりつつある。これまでは主に重度障害児に限定していた同事業の対象を、希望する保育園に入れなかった0~2歳児にも広げることで、施設が整備できるまでの間の受け皿にしたい考えだ。待機児童向けに事業を始めた区の担当者に話を聞いた。

[06:30 6/28]

成田空港、空港内保育ルームを拡張--2018年4月より施設面積・定員を倍増

成田国際空港は5月25日、空港内保育ルーム「たんぽぽ」を2018年4月に拡張オープンすることを発表。たんぽぽは2004年のオープン以来、空港スタッフを対象に保育サービスを提供してきたが、今回、最大利用定員を59人増やし105人まで対応する施設となる。

[07:30 6/4]

東京都世田谷区の待機児童数は861名に - 6年ぶりに前年度を下回る

東京都世田谷区は6月1日、平成29年4月時点の待機児童数を発表した。前年度は全国で最も多い1,198名の待機児童数を出していた同区。今年度は337名減の861名となった。6年ぶりに前年度の数値を下回った一方、同区の保坂展人区長は「待機児童が相当数いる現実は変わらない」とコメントしている。

[17:48 6/1]

東京都豊島区、待機児童ゼロを達成 - 認可事業のベビーシッターなどが奏功

東京都豊島区は、平成29年4月1日時点で、待機児童ゼロを達成したと発表した。同区では、平成28年度中に認可保育所10園を新設し、認証保育所2園、小規模保育所1園を認可保育所へ移行。待機児童を対象とした認可事業としてのベビーシッター派遣(居宅訪問型保育事業)にも取り組み、699人分の保育定員を新たに確保していた。

[11:56 5/25]

東京都杉並区が「保育緊急事態宣言」を解除 - 待機児童は29名に

東京都杉並区は5月22日、「すぎなみ保育緊急事態宣言」を解除した。同宣言は、平成28年4月時点で、平成29年4月の保育所入所待機児童が560名を超えることが見込まれたため出されていたもの。区立公園などを活用した保育所の整備を進めてきた結果、平成29年4月の待機児童が29名となった現状などを受けて、解除に至った。

[11:34 5/23]

梅雨時期も楽しめる! 未就学児から遊べるイギリス製のゲーム&パズル4つ

教育玩具の輸入・開発・販売などを手がけるボーネルンドはこのほど、イギリスで45年以上、紙製のパズルやゲームをつくり続けているオーチャード・トーイ社から輸入した商品の販売を開始。ボードゲームやパズル遊び、それに英語学習用アイテムなど、梅雨時期に室内で楽しめる商品を提案している。

[10:30 5/21]

ママ友LINEで陥りがちな3つのトラブル、対処法は? 便利な機能と会話のコツ

最近は、ママ友との連絡もLINEという人が多いはず。グループLINEのトークについていけない、そもそもつながりたくなかった……など、ママ友トラブルのきっかけになることも増えてきている。ママ友とのLINEのやりとりで、トラブルにあわないためにはどうすればいいのか。うまく使うコツやLINEの設定方法について解説しよう。

[17:00 5/19]

幼児期の習い事にかける費用の相場は?

周りが始めているから通わせたほうがいいのかなぁ……と悩んでしまう習い事。特に幼児期は、その必要性について考えてしまいますよね。そこで今回は、子どものいるマイナビニュース会員300名を対象として、「幼児期の習い事」についてのアンケートを実施。幼児期に通わせていた(もしくは現在幼児期で通わせている)習い事の数や、月間の費用について聞きました。

[12:00 5/19]

幼児期に「通わせてよかった!」と思う習い事 - 「英語」は2位、1位は?

昨今の少子化の現状を反映してか、以前と比べ幼いうちからの習い事や幼児教育は、より盛んになっているような印象を受ける。習い事の種類も、一昔前では考えられないくらいに多様化しているようだ。今回は、子どもをもつ男女マイナビニュース会員300名に、「幼児期に通わせていた習い事」を聞いてみた。

[06:30 5/17]

保育園 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ライフスタイル>妊娠・子育て>保育園)

保育園 トップへ
待機児童問題も含め、保育園にまつわる最新情報やコラム、レポートを紹介

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事