「携帯電話業界」最新記事一覧

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのほか、MVNOなど携帯電話に関わるモバイル通信の今を分析。各社の動向をレポートする。

関連キーワード

ヘッドライン

名刺アプリ「Sansan」が42億円の資金調達、2年後に1万社導入目指す

Sansanは8月7日、総額でおよそ42億円を、未来創生ファンドとDCM Ventures、Salesforce Venturesの三社から資金調達したと発表した。

[11:34 8/8]

ソフトバンク、新料金プランは作らず現行維持

ソフトバンクは7日、NTTドコモやKDDIが新たに導入したMVNO対策と見られる新料金プランの導入を現時点では行わない考えを明らかにした。

[21:39 8/7]

iPhone 8に答えあり、アップルが中国市場で苦戦するワケ

アップルの2017年第3四半期は好調だった。しかし、それは中国市場を除けばである。中国市場はしばらく振るわないが、何が原因なのだろうか。

[06:00 8/5]

iPadの売上低迷に歯止め、復活は本物か

アップルが米国時間8月1日に発表した2017年第3四半期決算では、iPadの販売台数の下げ止まりがハイライトの1つとなった。アップルはiPadの販売低迷に歯止めをかけ、復活させることができるのだろうか。

[11:42 8/4]

ドコモ、コマツらの新プラットフォーム「LANDLOG」は建設業をどう変えるか

コマツ、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムは4社共同で、建設業務における生産プロセスに関与するあらゆるモノをつなぐ新プラットフォーム「LANDLOG」を2017年10月から提供開始することを目指す。これにより建設業務はどのように変わるのだろうか。

[06:00 8/4]

アングル:アップルが中国で賭け、販売回復へ政府に「服従」

[上海/北京 1日 ロイター] - 米アップルが中国での収益回復を狙い、悪名高い中国政府の規制にも従順に従う姿勢を示している。スマートフォンのシェアが落ち、政府の承認を必要とするサービス事業を拡大する必要があるためだ。 アップルは先週末、中国のインターネット検閲をすり抜ける「VPN(仮想私設網)」アプリの一部について、中国市場での配信を停止した。また政治的に重要な貴州省に中国初の

[08:08 8/3]

"ひと味違う"が求められるMVNO、nuroモバイルの新サービスとは?

MVNO市場では、多くの事業者がNTTドコモの帯域を借りてサービスを提供する性質上、他とは違う個性を打ち出すことが求められている。ソニーネットワークコミュニケーションズによる「nuroモバイル」は8月1日に発表会を開催し、個性的なプランを打ち出してきた。

[13:00 8/2]

米アップル、4-6月は増収増益 iPhone販売が予想上回る

[1日 ロイター] - 米アップルが1日発表した第3・四半期決算(7月1日まで)はiPhone(アイフォーン)販売が予想を上回り、増収増益となった。 発表を受け、米株市場引け後の取引で株価は6%上昇し、最高値を更新した。 第3・四半期のアイフォーン販売台数は1.6%増の4103万台。ファクトセット・ストリートアカウントのアナリスト予想平均は4070万台だった。 ただ、

[07:01 8/2]

ファーウェイの世界戦略、切り札は「AIスマホ」か

7月27日、ファーウェイは2017年上半期の業績を発表し、スマートフォン端末などコンシューマー事業の売上は前年同期比で36%という大幅な伸びが明らかになった。日本を始め、アジアや欧州などで世界的にシェアを伸ばすファーウェイにとって、次の一手とは何なのか。

[06:00 8/2]

KDDI、新料金プランで予想できなかった2つのこと

KDDIは1日に開催した決算説明会の質疑で、新料金プランの現状について報告した。受付開始から半月で45万契約を突破。反応は当初予測どおりとしながらも、想定外のこともあったようだ。

[19:06 8/1]

米アップル、中国アップストアでVPNアプリの提供中止

[北京 30日 ロイター] - 米アップルは、同社の中国のアプリ配信サイト「App Store(アップストア)」で、インターネットの仮想プライベートネットワーク(VPN)用アプリの提供を止めると発表した。 中国でVPNを活用すれば、インターネット検閲を回避して当局がブロックしている海外サイトなどへのアクセスが可能になる。 中国では今年1月、当局が許可していない全てのVPNを禁止

[08:41 7/31]

米スプリント、CATV大手チャーターに合併提案=関係筋

[28日 ロイター] - 関係筋によると、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリントが、米ケーブルテレビ(CATV)大手チャーター・コミュニケーションズに合併を提案した。 スプリントは米携帯電話大手TモバイルUSとの合併以外の選択肢を模索している。 関係筋によると、ソフトバンクは、同社の傘下に入る新会社の設立を含めた提案を

[07:41 7/31]

孫正義育英財団が本格始動、孫代表「お互い刺激し合って」

[東京 28日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長が私財を投じて設立した育英財団が本格始動した。26日に8歳から26歳までの96人の支援を決定。今後1年にわたり支援金を給付するとともに、支援人材同士の交流の場を無償で提供する。 孫正義代表はきょう開かれた支援施設の開設セレモニーで、選ばれた会員に向けて「場が人を育てる。自分を刺激してくれる人と巡り合うことによって、お

[20:42 7/28]

アップル、旧型アイポッドの生産終了 タッチ2モデルに絞る

[27日 ロイター] - 米アップルは27日、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の旧型シリーズ「シャッフル」と「ナノ」の生産を終了すると発表した。同社の音楽プレーヤーのなかでも「アップル・ミュージック」から音楽配信が受けられない最後の2機種となっていた。 2シリーズはともに、創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が2001年に投入した初代アイポッドの後継機で、「iTunes(

[10:32 7/28]

ドコモ、秋冬モデルで「docomo with」に1、2機種追加へ

NTTドコモの新料金プラン「docomo with」が好調のようだ。ドコモの吉澤和弘社長が27日に行われた決算会見で、秋冬モデルで対象機種を1、2機種追加する考えを明らかにした。

[19:50 7/27]

好調続いたドコモに何が? 1Q決算で営業利益が減ったワケ

近年、好決算を出し続けていたNTTドコモに変化が訪れた。ドコモが27日に発表した2017年度第1四半期決算では、営業収益が1兆1,367億円で前年同期比2.5%増だったものの、営業利益は2,783億円と同7%減少した。ドコモに何が起きたのか。

[18:36 7/27]

子供とシニアを重視、独自路線を進むトーンモバイルの戦略

"格安"な料金で人気を博し、大手キャリアからユーザーを奪って急成長しているMVNO。そうした中にあって、ハードからソフトまでを自社で手掛け、子供やシニアをターゲットにするなど、独自色を打ち出して販売拡大を進めているのが、カルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のトーンモバイルだ。同社があえて他社とは一線を画す戦略を取る理由はどこにあるのか。

[12:06 7/27]

フードデリバリーサービスにあらず、「LINEデリマ」が目指す最終形態

LINEは26日、「LINEデリマ」を開始した。LINEの中からデリバリーサービスの注文や決済が行えるサービスだが、「LINEショッピング」でオンラインからオフラインへの送客(O2O)戦略を進めるLINEが、デリバリービジネスに進出する理由はどのようなものだろうか。

[11:36 7/27]

重要指標が初の減少、好決算続くLINEが残した一抹の不安

LINEが26日に公表した2017年12月期第2四半期決算(4-6月)は、営業収益が504億7400万円で前年同期比32%増、四半期純利益は89億1700万円同で約2.9倍と好調だった。ただし、主要4カ国の月間アクティブユーザー数が初の減少に転じ、先行きに不安を残す結果ともなった。

[19:48 7/26]

アドバンテスト、4─6月期営業利益は61%減 中国スマホ在庫調整で

[東京 26日 ロイター] - アドバンテスト<6857.T>が26日発表した2017年4─6月期(第1四半期)の連結業績(国際基準)は営業利益が前年同期比61.2%減の22億円だった。中国のスマートフォン在庫調整の影響で関連する半導体メーカー向けの試験装置の新規需要が伸び悩んだ。 18年3月期通期は営業利益が前年比29.4%増の180億円とする従来予想を据え置いた。トムソン・ロイターがまとめた

[16:30 7/26]

米アップル、特許侵害で損害賠償命令 大学に5.06億ドル支払い

[25日 ロイター] - 米ウィスコンシン州マディソンの連邦地裁は24日、ウィスコンシン大学マディソン校の特許ライセンス部門が所有する特許を侵害したとして、米アップルに5億0600万ドルの支払いを命じた。 プロセッサー技術に関連するこの特許を巡っては、ウィスコンシン大学側が2014年、一部のiPhone(アイフォーン)で使用されているプロセッサーが、同校の教授と学生が1998年に

[11:02 7/26]

米アップルCEO、国内3工場建設をトランプ氏に約束=WSJ

[25日 ロイター] - 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)がトランプ大統領に、米国内3カ所の大規模工場建設を約束したと報じた。 WSJによると、大統領は同紙との25日のインタビューで「(クック氏と)話をした。彼は3つの大規模工場を約束した」と述べた。 アップルのコメントは取れていない。 (※原文記事など関連情報は

[07:43 7/26]

アプリ時代の先を見据えたLINEのアカウント戦略

今やLINEの事業戦略の核は「アカウントビジネス」だという。特にビジネスにおいて、LINEのアカウントを利用することは大きな意味を持つことになる。それは一体どういうことだろうか?

[06:00 7/26]

LINEショッピングはネットとリアルを繋ぐ架け橋になれるか

オンラインとオフラインを繋ぐ存在になりたいというLINEの新サービス「LINEショッピング」。そのためにどのような仕掛けを用意しているのだろうか。前回に引き続き、LINEでコマース事業とO2O戦略を担当する藤井英雄執行役員にお話を伺った。

[06:00 7/25]

LINEショッピングが単なるウェブショップではない理由

LINEの「LINEショッピング」は、これまでのネットショップとはかなり方向性が違うサービスだ。LINEでコマース事業とO2O戦略を担当する藤井英雄執行役員に聞いた話をもとにLINEショッピングの特性に迫る。

[07:00 7/24]

アプリDL不要の「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」はアップルのビジネスを阻害するか

ヤフーは、HTML5とクラウドを活用するブラウザゲームのプラットホーム、「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」を開始した。アプリのダウンロードなしでスマホからゲームが楽しめるが、そのことがアップルのビジネスに影響を与えるだろうか。

[14:39 7/20]

米クアルコム、4-6月は減収減益 アップルとの法廷闘争響く

[19日 ロイター] - 米通信用半導体大手クアルコムの第3・四半期(6月25日まで)決算は、特許などを巡るアップルとの法廷闘争が響き、減収減益となった。決算発表を受け、19日の米株市場引け後の取引でクアルコム株は2.3%安の55.40ドル。 クアルコム帰属の純利益は前年同期比40%減の8億6600万ドル(1株当たり0.58ドル)。 ただ、特別項目を除く1株利益

[07:18 7/20]

アップル委託業者4社、反トラスト法違反でクアルコムを提訴

[19日 ロイター] - 米アップル向けに「iPhone(アイフォーン)」などの組み立てを行う委託業者4社は18日、米通信用半導体大手クアルコムが反トラスト法に違反しているとして同社を提訴した。 提訴したのは鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>、緯創資通(ウィストロン)<3231.TW>、仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)<2324.TW>、

[18:58 7/19]

コマツ・ドコモなどが建設の生産性向上で協業、合弁会社設立へ

[東京 19日 ロイター] - コマツ<6301.T>、NTTドコモ<9437.T>、SAPジャパン、オプティム<3694.T>の4社は19日、すべてのモノがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)技術を活用して建設業の生産性向上を後押しする新サービスを始めることで合意したと発表した。 建設生産プロセスを「見える化」することで、建設現場の人手不足に対応するほか、安全性の

[15:44 7/19]

アップル、大中華圏の統括責任者を指名 ローカライズ推進へ

[北京 19日 ロイター] - 米アップルは19日、新設した大中華圏の統括責任者のポストに同社で無線技術事業に長年携わってきたイザベル・ゲ・マヘ氏を指名した。 ゲ・マヘ氏は、アップル製品のローカライズや、中国で導入された外国の情報技術(IT)企業に対する新たなサイバーセキュリティー規制への対応を急ぐ大中華圏チーム全体を指揮する。 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は声明で

[14:00 7/19]

携帯電話業界 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (経営・ビジネス>携帯電話業界)

携帯電話業界 トップへ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのほか、MVNOなど携帯電話に関わるモバイル通信の今を分析。各社の動向をレポートする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事