「生理」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

これも女性ホルモンの力? "一目惚れさせる力"を高める可能性がある時期とは

月に1回くらいのペースで、「自分の一番キレイな顔」が現れることを経験している女性は少なくないのではないだろうか。「そんなことはありえない」と思いつつも、その日は何となく、街で感じる「人の視線」がいつもと違う気がしないだろうか。

[11:00 8/22]

アンチエイジングの源・ミネラル不足が招く「おブスなサイン」

夏になると、よく耳にする栄養素「ミネラル」。5大栄養素の一つ・ビタミンと並んで「大切なもの」という認識はあっても、具体的にどんな働きをするもので、なぜ人間の体に必要なのか、肝心なところがぼんやりしている人も少なくないのではないだろうか。

[16:04 8/18]

夏の生理中もムレ知らず? サマーカラーの布ナプキンセット3種発売

シー・コネクトが運営する女性用オーガニック布ナプキン通販サイト「nunona(ヌノナ)」はこのほど、サマーカラーの布ナプキンセットの販売を開始した。

[12:05 7/8]

乳がんや子宮頸がんも! 30代女性が気をつけたい病気とは

仕事での責任が重くなる上に、結婚や出産を経験する人も増える30代。充実している反面、たまった疲れやストレスが体に出やすい時期でもあります。予防や早期発見のために、30代の女性がなりやすい病気について知っておきましょう。

[17:00 6/28]

若いからって油断禁物! 20代女性が気をつけたい病気とは

20代は、体の機能も若く体力に満ちた時期。しかし、決して病気と無縁というわけではありません。若い女性の場合、知識がないためにトラブルや病気を見過ごして重症化することも多いので、特になりやすい病気の基礎知識だけでも身につけておくことが大切です。

[12:00 6/28]

ピルを飲んでいれば、コンドームで避妊しなくていい? ‐ 婦人科医に聞いた

通常であれば1カ月に1回、女性に訪れる生理。生理前を含めると、1週間前後は生理に伴う不調に悩まされているという人も多いだろう。今回は、ピルや生理にまつわる疑問について、婦人科の船曳美也子医師にお聞きした。

[17:00 6/27]

生理前に性欲が高まるのはなぜ? 生理中「しても」いい? ‐ 婦人科医に質問

生理前・生理中の女性の体には、肉体的にも精神的にもさまざまな変化が起こっている。今回は婦人科の船曳美也子医師に、生理にまつわる疑問や誤解についてお聞きした。

[18:00 6/24]

生理中でも妊娠するってホント? - 生理の疑問について婦人科医に聞いた

男性はもちろん、実は女性にとっても不可解なことが多いのが生理。今回は、誤解しがちな生理の疑問について、婦人科の船曳美也子医師にお聞きした。正しい知識を学んでみよう。

[17:00 6/23]

不妊リスクと向き合う! 「ブライダルチェック」って何をするの?

女性向けのメディアや友人同士の会話で「ブライダルチェック」という言葉を耳にしたことはありませんか? 今回は、その検査内容やメリットについて詳しくお伝えします。

[17:00 6/22]

やせたいのに食べちゃう! 生理前や生理中でもダイエットできる?

それまで順調にダイエットを続けていたのに、生理が近づくと食欲が急に増して、挫折してしまったことはありませんか? この時期における女性の体の状態を理解した上で、できる限り体重を増やさない方法を考えてみましょう。

[17:00 6/20]

若い女性に急増している性感染症、「梅毒」ってどんな病気?

「梅毒」という病気を知っていますか? 日本では2011年頃から、若い世代、特に女性の間で感染が増えています。この機会に、梅毒とはどんな病気で、予防のためにはどんなことに気をつければいいか知っておきましょう。

[17:00 6/17]

生理トラブルが改善、やせた! 美人女医が実体験から語る「生姜」の効能とは

岩下食品は6月14日~7月13日、同社商品「岩下の新生姜」を使ったコラボメニューが楽しめる「岩下の新生姜ミュージアムCAFE in 渋谷」を東京都の渋谷ロフト2階・渋谷シティラウンジにて期間限定でオープン。このほど、オープニングセレモニーを開催した。

[11:59 6/17]

ツボで速効! - 虎の巻 第4回 腰痛を緩和させたい時に自分で試せるツボ5つ

こんにちは、鍼灸師の片山愛子です。今回は「この腰の痛さ、いつまで続くの? 」という慢性的な腰痛が続くときにセルフケアしていただきたいツボをご紹介します。

[11:00 6/16]

生理中や排卵日前後はダブルパンチも? 「気圧低下」が引き起こす頭痛とは

第一三共ヘルスケアはこのほど、気圧変化の予測から頭痛への警戒度を知らせるサービス「頭痛注意報 by ロキソニンSプレミアム」をロキソニンSのブランドサイトにて開始した。期間は6月30日まで。

[15:34 6/15]

拒食症に過食症……摂食障害を取り巻く現状と日本に求められる支援体制

摂食障害に苦しむ人やその家族をサポートすることなどを目的とした「日本摂食障害協会」の設立発表会がこのほど、東京都内で開催された。

[07:30 6/14]

臭い・かゆみ・ムレの三重苦に勝つ! 夏のデリケートゾーンケア攻略法

ひと昔前まで「欧米人の常識」だったデリケートゾーンケアも、ここ数年でようやく日本人女性にとっても大きな関心ごととなってきた。なんと66%の女性が、1カ月に1回以上もデリケートゾーンに何らかのトラブルや違和感を覚えているというデータがあるそうだ。

[10:00 6/11]

卵巣が"沈黙の臓器"と呼ばれる理由 - 卵巣がんの怖さを知ろう

卵子を育て、排卵するという重要な役割を担う卵巣。その卵巣にできる悪性の腫瘍(しゅよう)が、「卵巣がん」です。卵巣がんは、初期には症状が出にくく、かなり進行した頃に発見されることが多いという特徴があり、女性にとっては怖い病気の一つと言えます。

[17:00 6/9]

子宮がシクシク痛むのは病気のサイン? ‐ 子宮筋腫と子宮内膜症の違いとは

子宮は、お腹のおへその下の方の、ちょうど足の付け根の少し上あたりの場所にあります。生理中でもないのに子宮やその周辺に痛みを感じたら、どんな原因が考えられるのでしょうか。

[17:00 6/8]

彼氏に指摘されたらショック! デリケートゾーンの臭いの原因と対策

女性にとって、体の臭いは気になるものです。特にデリケートゾーン(陰部)の臭いについては、異性に指摘されて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。今回は、女性のデリケートゾーンの臭いの原因や対処法についてお話しします。

[16:00 6/6]

エコノミークラス症候群だけじゃない! 災害時に気をつけたい女性の病気

2016年4月に発生した熊本地震の被災地では、「エコノミークラス症候群」が多発し、大きな問題になりました。大災害が起こると、長期にわたって避難所生活や車中泊を余儀なくされる場合があり、そのような状況下では、さまざまな健康への影響が懸念されます。

[16:00 6/3]

災害時にも必要不可欠! 女性の必需品「生理用品」の基本

女性にとって、生理用品は毎月使う生活必需品。しかし、生理のときに出る経血を吸収処理するものという性質上、男性がいる前では話題にしづらいため、その必要性を正しく理解していない男性もいるようです。

[17:00 6/2]

生理中の全経血量は栄養ドリンク何本分? ‐ 生理に対する男性の認識を調査

女性用布ナプキンを扱う通販サイト「nunona」はこのほど、「男性が考える女性の生理」についての調査結果を発表した。同調査は5月2日~10日、20~30代の男性107人を対象にインターネットで実施したもの。

[17:00 6/1]

深田恭子がぽっちゃり!? 男子がスリムな女子を「ぽっちゃり扱い」する理由

こんにちは、トイアンナです。今回は、「男性はなぜスリムな女性までぽっちゃり扱いするのか」について、深堀してお伝えします。

[16:00 6/1]

生理中の漏れ対策に! 米国製月経カップ「スクーンカップ」が日本でも発売

スクーンジャパンはこのほど、医薬品医療機器等法に基づく月経用カップとして、米国製「スクーンカップ」の販売を日本で開始した。

[16:18 5/30]

96歳・現役女医"梅ちゃん先生"が教えてくれた、死を恐れずに生きるヒント

KADOKAWAはこのほど、96歳にして現役医師である梅木信子先生の著書『ひとりは安らぎ感謝のとき』(1,000円・税別)を発売。今回は梅木先生にお会いし、"毎日の暮らしの中に幸福を見つける"心の持ち方を教わってきた。

[09:00 5/25]

生理・PMSに関する女子のホンネよ、全国の男子に届け!

女性に毎月訪れる試練、その名は月経。本来は妊娠をするためのハッピーな機能のはずなのですが、腹痛やだるさに加え、気持ちが不安定になるなどのネガティブなおまけが付いてくるのも事実です。

[16:00 5/20]

生理中も女性ホルモンに振り回されない! ピルのメリットとデメリット

正しく服用すれば、99.9%もの高い避妊効果を発揮すると言われるピル。使ってみたいと思いながらも、「周囲の友達がみんなコンドームを使っている」「副作用が気になる」などの理由から、思いとどまっている女性も多いのではないでしょうか。

[16:00 5/18]

避妊率99.9%なのにピルが普及していない理由 ‐ ピルの基礎知識と誤解

ピルは、正しく服用すれば99.9%もの高い避妊効果がある経口避妊薬です。中でもホルモン量を低くした「低用量ピル」は、副作用の少ない安全な避妊法として世界中で使われています。

[16:00 5/17]

ツボで速効! - 虎の巻 第1回 辛い生理痛を今すぐどうにかしたいときのツボ

一言で「生理痛」といっても、症状や痛みの場所・程度は千差万別です。今回は婦人科疾患に使えるツボを紹介します。ツボへの刺激で「とにかく今! 」のセルフケアをしましょう。

[10:30 5/16]

女性ホルモンのバランスを改善! 女性特有の不調に着目したスタジオが登場

野村不動産ライフ&スポーツは6月1日、女性専用スタジオ第1号店となる「メガロス ルフレ 恵比寿」(東京都渋谷区)をオープンする。

[11:00 5/14]

生理 バックナンバー

2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2013年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>女性の悩み>生理)

生理 トップへ
生理痛や生理不順など、生理に関する記事を掲載。生理が遅れる原因や生理周期に関するコラムも。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事