「医療コスト」最新記事一覧

医療・治療費や健康保険などにまつわる専門家監修のコラムを紹介。

関連キーワード

ヘッドライン

女性の負担は大きい!? 一生のうち生理にかかる日数とコスト

毎月、女性だけにやってくる「生理」。毎月3~7日間、心身ともに調子が下がったり、思うように体を動かせなかったりするだけでなく、生理用品を揃えるのに費用もかかります。「こんなの不公平!」とグチや文句のひとつもいいたくもなりますよね。生理があることで女性にどれだけの負担がかかっているか、数字にして見てみましょう。

[16:00 6/14]

厚生労働省が緊急提言! 麻酔を使った「無痛分娩」について

出産時の痛みを緩和できるという無痛分娩。選択肢の一つとして検討している女性は多いでしょう。しかし最近、無痛分娩で死亡事故が出ているという報道が相次ぎました。「無痛分娩は危険」という印象を受けた人もいるのではないでしょうか。

[17:00 6/9]

特定疾病と重大疾病は一緒? 紛らわしい保険用語をFPが解説

保険選びで失敗しないためには、数社の保険会社からパンフレットを取り寄せて比較するのがいいと言われます。でも、それぞれに違う言葉が使われている割には、保障内容は同じような気がすることもあって、混同してしまう人もいるのではないでしょうか?

[10:23 6/9]

契約者と被保険者と受取人の違いをFPに聞く

保険に加入しようと思い、いざ申し込みをする段階になって「契約者」「被保険者」「受取人」として誰の名前を書けばいいのかわからなくなった経験はありませんか? 生命保険や医療保険にはこれらの三者は必ず登場します。実はそれぞれに契約やお金に関する役割を担っているため、正しく理解しておくことが大切です。

[14:12 6/8]

保険料と保険金の違いをFPがわかりやすく解説

病気やケガで入院したとき、もしもの死亡のときなどに金銭面でサポートしてくれる生命保険や医療保険。保険会社に月々お金を払って、何かがあったらお金を受け取れる――。こんな保険のキホンは分かっているつもりでも、保険の説明書に書かれている保険料とか保険金、給付金などの用語を見ると、混乱してしまうなんてことはありませんか?

[10:20 6/7]

不妊治療経験者の3割が「家族から十分な協力を得られていない」と回答

不妊症・不妊治療専門の情報サイト「不妊治療net」はこのほど、「不妊治療における家族・親族からのサポート」に関する調査結果を発表した。同調査は2月13日~16日、20~50代の女性(不妊治療経験者109名、不妊治療未経験者250名)を対象にインターネットで実施したもの。

[17:36 5/11]

日本最高! イギリスで医者にかかって分かったこと

こんにちは、トイアンナです。以前に貧乏をしていた時期があって、夕飯がもやし→もやし→もやし、と悲しい食生活を送ったことがあります。当時を振り返って思い出すのは、同じくらいお金が無かった友人の言葉。「何があっても健康保険は払い続けろ」。

[12:00 5/1]

がん治療の医療負担額、半数は月額5万円以上 - 月額20万円以上の人も

楽天リサーチはこのほど、「『がん』治療に関する調査」の結果を発表した。同調査は2017年2月、ここ半年間に「がん」で医師の治療を受けた20~60代男女1,066人を対象にインターネットで実施したもの。ここ半年間に治療を受けた、がんの種類について尋ねたところ、「乳がん」「大腸がん」「前立腺がん」「胃がん」が多かった。

[14:50 4/4]

引受基準緩和型に無選択型…病気がちな人でも加入しやすい保険とは?

「持病や病歴があっても入れる保険がある」という話を聞いたことはないでしょうか。病気がちの人にとっては気になる話でしょうが、これは本当です。しかし、すぐに飛びついて加入して、後で大変なことになっては困ります。

[10:26 3/14]

持病があっても入りやすい限定告知型保険って何?

一般的に保険に加入する際は、医師の診査や健康状態の告知をしなければなりません。しかし、既往歴や持病などで身体に不安がある人にとっては、健康上のデリケートな質問に保険加入への"壁"を感じることがあるかもしれません。

[11:26 3/8]

引受基準緩和型保険とはどのような保険なのかをFPが解説

「引受基準緩和型保険」(または限定告知型保険)と呼ばれる保険をご存じでしょうか。「無選択型保険」のように無審査・無告知で加入することはできませんが、通常の保険に比べて告知項目が少なくて加入しやすいタイプの保険です。

[10:13 3/7]

無選択型保険のメリットとデメリットをFPが解説

保険のテレビCMなどで「持病があっても入れる」というフレーズを聞いた経験がある人も少なくないと思います。これは「無選択型保険」と言われるもので、病気の告知なしで入れる保険です。

[10:26 3/6]

経験して初めてわかった! 介護保険の申請方法と落とし穴

こんにちは、トイアンナです。唐突ですが、「介護保険」というキーワードをご存じですか? アラサー世代の方は、まだ若いし関係ないと思っているかもしれません。でもこの先、親や私たち自身もお世話になるであろう、とても頼りになるサービスです。

[17:00 3/2]

訪問看護の料金、医療保険と介護保険でどう違う?

将来、両親が付き添いを必要とするようになったら…。自身の仕事と家庭があるうえに、親の面倒を見るのは「正直難しいのでは」と不安になりますね。実際に「そのとき」がきても困らないために、訪問看護について知っておきましょう。

[11:14 3/2]

口は命の入り口です 第3回 むし歯の放置は命に関わる!? 疲れたビジネスパーソンは特に危ない理由

皆さん、「冷たい水が時々しみる」程度なら「むし歯を放っておいても大丈夫」と思っていませんか? むし歯があるとわかっていても「通院の時間がないから」「痛くないから」と何年も放置してしまう方がいます。

[07:00 2/8]

2016年、医師が注目した医療界のニュースは? - 4位「大隅氏にノーベル賞」

メドピアはこのほど、「2016年、最も注目した医学・医療界のニュース」を発表した。同企画は11月30日~12月6日、医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」会員医師4,378人を対象にインターネットで実施したもの。

[12:00 12/31]

治療に介護と何かとお金がかかる老後のための資金、いくら貯めている?

老後資金は仕事を退職した後のセカンドライフを充実させるために大切な資源だ。特に超高齢社会の日本は平均寿命が長いため、若いうちからコツコツと備えておく必要がある。

[10:00 12/30]

老後資金、毎月どう貯めてる? - 「シャンプーはサンプル」「酒を飲まない」

厚生労働省が発表した「平成27年簡易生命表」によると、日本人男性の平均寿命は80.79歳、同じく女性の平均寿命は87.05歳となっている。仮に60歳で定年退職したと仮定すると、単純計算してそこから男性は約20年、女性は25年以上も生きることになる。

[10:30 12/29]

眼瞼下垂の手術タイプや保険適用の診断目安を眼科医に聞く

まぶたが瞳孔や角膜にかかり、視界を遮ってしまう疾病の「眼瞼下垂(がんけんかすい)」。命に直結する危険性は少ないため、喫緊の病として対応する必要はないかもしれないが、見た目を気にして治療を望む人も多い。

[10:39 11/9]

RSウイルス感染症で重症化しやすい子の特徴や予防のために親がすべきこと

秋から冬にかけて感染者が急増するRSウイルス感染症。「秋のインフルエンザ」と表現してもおかしくないほどの感染力の強さで、乳児を死に至らしめる肺炎を併発することもある。

[10:26 10/25]

死亡例もあるRSウイルス感染症の症状や原因、合併症の頻度を医師が解説

毎年秋ごろになると患者が増えだしてくる「RSウイルス感染症」という病気をご存じだろうか。主な患者は乳児が多いため、若年層にはあまりなじみがない疾患かもしれないが、実は最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい感染症なのだ。

[09:49 10/24]

乳がんのステージ・生存率・治療法について - 乳腺外科医が解説

日本人女性の約12人に1人が生涯において患うといわれている「乳がん」。小林麻央さんをはじめ、著名人がブログなどで自身の経験を伝えてくれることで、乳がんの早期発見の大切さを実感している女性も多いはずだ。

[16:58 10/11]

介護保険料の支払いはいつから? 計算・納付方法は?? - FPが解説

40歳になったら加入しなければならない公的介護保険。同じ公的保険制度でも、就職したときからずっと払い続けている健康保険や厚生年金の保険料は異なり、40歳になって突然保険料の支払いが発生します。

[12:22 9/21]

今さら聞けない保険の種類と選び方

「保険に入りたいけど商品がたくさんあって何がどう違うのかわからない」そんな声をよく耳にします。保険にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。

[10:52 9/14]

歯列矯正にかかる費用や期間は? - 歯科医師に聞く

美しい歯並びには誰しもあこがれるもの。そして、美しい歯並びにするための手段としては歯列矯正がある。歯列矯正には費用も時間もかかるイメージがあるかもしれないが、具体的にどれくらいになるのかは知っているだろうか。

[10:41 9/13]

不妊治療にかかった費用、55%が「100万円以上」 - 「500万円以上」も

ジネコはこのほど、「不妊治療の実態調査」の結果を発表した。同調査は7月5日~22日、不妊治療経験者813名を対象にインターネットで実施したもの。

[15:11 9/9]

医療保険・死亡保険を比較する際のポイントって?

「保険に入りたいけど何をどう選んでいいかわからない」……。そんなお悩みはありませんか? たしかに世の中には保険商品があふれていて、保険の商品カタログを見比べても、何をどう判断すればいいかわからなくなるのもうなずけます。

[12:00 9/5]

クローズアップ現代+の「新薬高騰が医療を殺す?」特集で視聴者が侃侃諤諤

NHKは7月13日、「あなたはどう考えますか~新薬高騰が医療を殺す?~」と題したクローズアップ現代+を放映。一部の高額な新薬が保険適用されることが日本の医療財政破綻につながる可能性を含め、「薬とカネ」の問題を紹介した。

[13:11 7/14]

人間ドックを受けたことがない人は約半数、その理由は?

アイスタットはこのほど、「人間ドックに関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査年6月30日、アイブリッジが運営する懸賞サイト「フルーツメール」に登録している30~79歳の会員300人を対象に、インターネットで実施したもの。

[14:27 7/11]

不妊治療の費用は助成金でカバー! 対象者や申請方法を理解しよう

子どもを望む夫婦にとって一つの選択肢となる不妊治療。その治療費は大きな負担ですが、そんな人たちをサポートするための助成制度があります。助成金の内容や金額は自治体によって異なり、東京都在住の場合は「東京都特定不妊治療費助成」を申請すれば、助成金をもらうことができるとご存じでしたか?

[11:30 6/27]

医療コスト バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>医療コスト)

医療コスト トップへ
医療・治療費や健康保険などにまつわる専門家監修のコラムを紹介。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事