「Linux」最新記事一覧

Linuxに関する話題をお届けします

関連キーワード

ヘッドライン

ヴイエムウェア、VMware Fusion 10を発表

ヴイエムウェアは8月23日、今年10月を目処にVMware Fusionの次期アップグレードバージョン「VMware Fusion 10」および「VMware Fusion 10 Pro」を出荷すると発表した。同社は同製品が10年の節目のリリースになる記念すべきバージョンとしている。

[10:05 8/24]

2016年の国内システムソフトウェア市場規模は1.5%減の1728億9600万円 - IDC

IDC Japanは8月22日、2016年における国内システムソフトウェア市場規模実績と2021年までの市場規模予測を発表した。これによると、2016年の国内システムソフトウェア市場規模は2015年と比べて1.5%減の1728億9600万円であり、2016年から2021年における年間平均成長率(CAGR)は3.8%になるという。

[15:06 8/23]

Mono 5.2.0安定版登場 - 64ビットをデフォルト化

Monoプロジェクトは8月14日(米国時間)、「Mono 5.2.0 Release Notes|Mono」において安定版の最新バージョンとなる「Mono 5.2.0」の公開を伝え た。Windows版(32ビット版、64ビット版)、Mac OS X版、Linux版のバイナリが提供されている。

[09:14 8/17]

.NET Core 2.0登場

米Microsfot .NETエンジニアリングチームは8月14日(米国時間)、「Announcing .NET Core 2.0|.NET Blog」において、.NET Coreの最新版となる「.NET Core 2.0」のファイナルリリースを伝えた。

[08:48 8/17]

エレコム、Annapurna Labs製CPU採用のLinux搭載NAS新製品7シリーズ

エレコムは8月8日、Linux NASにおいて、独自の管理機能や拡張機能などを提供する新モデル7シリーズを8月下旬から2017年秋にかけて順次発売すると発表した。価格は6万4000円(税別)から。

[11:10 8/9]

よく使っているコマンドを調べる方法

fossBytesに8月4日(米国時間)に掲載された記事「How To List Your Most Used Commands In Terminal?」が、インタラクティブシェル「bash」において組み込みコマンドであるを使って、過去に入力したコマンドやよく入力していたコマンドを表示させる方法を紹介した。紹介されている方法はzshでも利用でき、それ以外のインタラクティブシェルを使っている場合は多少コマンドを変更する必要がある。

[15:39 8/8]

IoT×エッジコンピューティング分野で協業 - NTTデータなど3社

NTTデータとミラクル・リナックス、サイバートラストは8月7日、IoT分野における次世代ソリューションの実現に向けた技術開発・検証およびそれらのサービス確立を目的に協業を行うことで合意した。これにより、産業機器へのIoT導入で培ってきた実績とクラウド基盤構築、組み込みソフトウエア、セキュリティといった技術的優位性を生かし、まずはPKI(公開鍵基盤)を利用したコネクティッドカー向けIoTセキュリティソリューションを中心にした実証実験を、10月をめどに開始する。

[18:01 8/7]

GNU C Library 2.26公開 - Unicode 10.0.0サポート

8月2日(米国時間)、「GNU C Library 2.26 released [LWN.net]」において、GNU C Libraryの最新版となる「GNU C Library 2.26」の公開が伝えられた。GNU C LibraryはGNUシステムやGNU/Linuxシステムで広く使われているCライブラリ。今回、Unicode 10.0.0がサポートされた。

[14:00 8/6]

Microsoft、20年ぶりにWindowsコンソールのカラースキーム変更

Microsoftは8月2日(米国時間)、「Updating the Windows Console Colors|Windows Command Line Tools For Developers」において、20年ぶりにWindowsコンソールのカラースキームを変更したと伝えた。最初にカラースキームが策定された時代のディスプレイと現在のディスプレイは発色などが異なっており、一部のカラーが見にくくなっていた。こうしたカラーを見やすくするとともに、モダンなルック&フィールになるように変更されている。

[14:00 8/5]

Red Hat、Btrfsの採用を断念か - XFSベースに舵切り

Phoronixは8月2日(米国時間)、「Stratis Is Red Hat's Plan For Next-Gen Linux Storage Without Btrfs」において、Red Hatの複数の開発者から確認を取ったとして、同社がRed Hat Enterprise Linux (RHEL)におけるファイルシステム「Btrfs」の取り組みから手を引く可能性が高いと伝えた。同社はExt4への取り組みについても消極的になっており、XFSをベースとしながら新たなファイルシステムの開発を進める意向だと指摘している。

[10:30 8/4]

Ubuntu on Windows 10とネイティブLinux、CPU性能のベンチマーク結果が公開

Phoronixは8月1日(米国時間)、「Windows 10 WSL CPU Scaling Performance vs. Linux」において、Windows 10の「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の機能を使って動作するUbuntuと、ネイティブに動作するUbuntu 17.04、Fedora 26、Clear Linux、CentOS 7のベンチマーク結果を掲載した。ベンチマークの狙いは、マルチコアプロセッサにおけるCPU処理のスケールの違いを確認することだという。

[12:00 8/3]

【特別企画】開発作業を劇的にスピードアップ!! 物理データのコピーが不要な管理機能

Tintri SyncVMのコピーデータ管理機能を使用して、SLAの短縮とDevOpsへの移行の迅速化を成功させたティントリのお客様の例をご紹介します。

[07:30 8/3]

Linuxが増加 - 7月OSシェア

Net Applicationsから2017年7月のデスクトップOSシェアが発表された。7月はWindowsとMacがシェアを減らしてLinuxがシェアを増やした。バージョン別に見ると、WindowsではWindows 7、Windows Vista、Windows XPのシェアが減少し、Windows 10とWindows 8.1、Windows 8のシェアが増加した。より新しいバージョンが増加する傾向を見せている。

[20:00 8/2]

WikiLeaks、またもやCIA開発のハッキングツールを公開

fossBytesに7月28日(米国時間)に掲載された記事「3 Linux & macOS Hacking Tools Developed By CIA Exposed: Achilles, Aeris, SeaPea」が、WikiLeaksから米中央情報局(CIA)のプロジェクト「Imperial」の下で開発したと見られる3つのマルウェア「Aeris」「Achilles」「SeaPea」に関する情報が公開されたと伝えた。WikiLeaksはこれまでにVault 7と称して、CIAが開発に関与したとされるマルウェアの情報公開を続けている。

[11:30 8/1]

Skypeの代替OSSソフトの安定版「Ring 1.0」登場

It's F.O.S.S.に7月29日(米国時間)に掲載された記事「Free and Open Source Skype Alternative Ring 1.0 Released!」が、Skypeの代替ソフトウェアとして「Ring」を紹介した。Ringはオープンソース・ソフトウェアとして開発されているクロスプラットフォームのメッセージングアプリケーション。

[11:00 8/1]

Windows Subsystem For Linux、この秋に正式版へ

Microsoftは7月28日(米国時間)、「Windows Subsystem for Linux out of Beta!|Command Line Tools For Developers」において、今年の秋に公開が予定されている次期アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」において「Windows Subsystem for Linxu」が正式な機能として出荷されると伝えた。Windows 10 Insider build 16251ですでにベータとしてのマークは外れている。

[16:30 7/31]

オラクル、オンプレミスとクラウドのAPIを統合管理できるクラウドサービス

日本オラクルは7月28日、API管理をクラウド型で提供するソリューション「Oracle API Platform Cloud Service」の提供開始を発表した。新ソリューションは、APIのライフサイクル全体において画面操作で管理する環境を提供する。

[13:55 7/31]

Linuxシステム管理者が知るべき20のコマンド

Opensource.comは7月26日(米国時間)、「20 Linux commands every sysadmin should know|Opensource.com」において、Linux管理者が知るべきコマンド20を紹介した。アプリケーションが動作しなくなった時、オペレーティングシステムの調子が悪いときにこうしたコマンドを使って問題を調べることができるとしている。

[12:00 7/28]

8年ぶりに最新版、GNUstep live CD 2.5登場

7月25日(協定世界時)、約8年ぶりにGNUstepの最新版となる「GNUstep 2.5」が公開された。GNUstepはOPENSTEPおよびCocoaフレームワークのフリー実装系。公開されたイメージはLiveCDの形式で提供されている。ウィンドウマネージャとしてWindow Makerが採用されているほか、アプリケーションデザイン環境としてGormなどが含まれている。

[10:00 7/28]

カスペルスキー、法人向けLinux用セキュリティ製品の最新版

カスペルスキーは7月26日、法人向けLinux用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux」の最新英語版(バージョン:10.0.0.3458)の提供を開始した。価格は最小構成の10クライアントで3万2400円(税別)~、Linuxベースのワークステーションおよびファイルサーバーを利用している法人を対象とし、パートナー企業経由で販売する。

[17:56 7/26]

LinuxサーバをGoogleのTCP BBRで高速化する方法

もし新しい技術を好み、かつ、Linuxサーバの高速通信に興味があるなら、Googleが内部で開発を進めてきたとされてる新しいTCP輻輳制御アルゴリズムのBBRは試してみる価値があるかもしれない。7月21日(米国時間)、Nixcraftに掲載された記事「Increase your Linux server Internet speed with TCP BBR congestion control - nixCraft」が最近のLinuxカーネルでTCP BBRを有効にする方法を伝えた。

[14:33 7/24]

Microsoft、C++技術で.NET Core 2の高速化実現

Microsoftは7月20日(米国時間)、「Profile-guided optimization in .NET Core 2.0|.NET Blog」において、.NET Core 2.0で採用されている高速化技術「PGO (Profile-Guided Optimization )」について伝えた。この技術はC++コンパイラでより最適化されたコードを生成するために使われているネイティブコンパイラ技術。.NET Core 2.0にも同様の技術が適用されており、すべてのユーザーは特定の処理をすることなくこの高速化技術の恩恵を受けていると説明している。

[16:00 7/22]

PHP向けSQL Serverドライバ最新版、Windows/macOS/Linuxに対応

Microsoftは7月18日(米国時間)、「Microsoft Drivers v4.3.0 for PHP for SQL Server released!|SQL Server Blog」において、「Microsoft Drivers 4.3 for PHP for SQL Server」の公開を伝えた。このドライバはPHPアプリケーションからSQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL DWへのアクセルを可能にするソフトウェアで、Windows版、macOS版、Linux版が提供されている。

[15:30 7/20]

Remix OS、コンシューマ向けの開発を停止

Remix OSの開発チームは7月17日(米国時間)、Facebookに掲載したメッセージにおいて、コンシューマ向け「Remix OS」に関連したプロダクトの開発および提供を停止すると発表した。開発チームではRemix OSは熱狂的な人気で迎えられ、最近では企業からの取り合わせが殺到しており、開発リソースを企業向けの開発に注力することにしたと説明。これに合わせて、コンシューマ向けRemix OS関連プロダクトの提供を停止すると伝えた。

[14:00 7/20]

SQL Server 2017 RC1登場、Linux正式サポートへ向け前進

Microsoftは7月17日(米国時間)、「First release candidate of SQL Server 2017 now available|SQL Server Blog」において、次期SQL Serverリリースへ向けた初の準備リリースとなる「SQP Server 2017 Release Candidate 1 (RC1)」の公開を伝えた。RC1が公開されたことは、次期SQL Serverに必要となる新機能の開発がほぼ完了したことを意味している。Microsoftはこの新しいバージョンについて「Windows、Linux、Dockerコンテナに業界最高レベルの性能と安全性を提供する」と説明している。

[16:50 7/18]

東芝デジタルソリューションズ、「EdgeX Foundry」に加入

東芝デジタルソリューションズは7月18日、IoTソリューションの普及を加速するオープンソースプロジェクトである「EdgeX Foundry」に、日本企業として初めて加入したと発表した。

[14:37 7/18]

ベリタス、OpenStackに加えコンテナ向けSDSソリューションを提供

ベリタステクノロジーズは7月14日、コンテナ化向けのSDS(ソフトウェアディファインドストレージ)ソリューション「Veritas HyperScale for Containers」 の提供を開始した。これにより、同社のSDSソリューションのラインアップは、同製品に加えて、ミッションクリティカルなアプリケーション、非構造化データ、OpenStackと4つそろったことになる。

[11:11 7/18]

LinuxノートPC調査、ディストロ第1位とPCメーカー第1位は?

fossBytesに7月10日(米国時間)に掲載された記事「Linux Laptop Survey Reveals The Most Popular Linux Laptop Brands, Distros, & Other Details」が、Phoronixが行ったノートPCでLinuxを使っているユーザーを対象とした調査結果を紹介した。3万を超えるレスポンスを集計したとしており、興味深い結果が掲載されている。

[13:41 7/12]

Microsoft、Windows StoreでUbuntuを提供開始 - SUSEとFedoraもまもなく

米Microsoftは7月10日(現地時間)、Windows Storeにおいて、Linuxディストリビューション「Ubuntu」を無償で提供開始したことを明らかにした。「Windows 10 Insider Preview」Build 16215以降の環境に導入することが可能。

[17:00 7/11]

世界のブラウザから - WebKitエンジンの軽量ブラウザ「Midori」

今回、紹介するブラウザは、レンダリングエンジンにWebKitを採用する「Midori」である。名前の由来は、日本語の「緑色」であり、イメージカラーとして緑が使われている。ツールキットには、GTK+2を使用している。もちろん、オープンソース体制にて、開発が進められている。まずは、ダウンロード・インストールから始めよう。

[16:14 7/11]

Linux バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (企業IT>開発/エンジニア>Linux)

Linux トップへ
Linuxに関する話題をお届けします

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事