「Linux」最新記事一覧

Linuxに関する話題をお届けします

関連キーワード

ヘッドライン

マクニカ、C言語ベースのOPC-UAサーバSDKを提供開始

マクニカは10月19日、日本製OPC-UAサーバSDKの提供を開始すると発表した。新製品はC言語ベースのSDKであり、OPC-UA未対応の工作機器を中心とする産業機器に組み込むことで容易にOPC-UAサーバ機能の実装が可能になるという。

[15:20 10/20]

Windows 10 Fall Creators Update、注目の新機能・変更点まとめ

Microsoftは10月17日(米国時間)から、Windows 10の最新アップグレードバージョンとなる「Windows 10 Fall Creators Update」の提供を開始した。ユーザーへのアップデートは順次提供される見通し。Windows 10 Fall Creators Updateにはこれまでの開発成果が取り込まれており、注目の新機能が導入されている。

[10:00 10/19]

WPA2の脆弱性「KRACK」の3つの特徴と4つの軽減策 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月17日、公式ブログにおいて、Wi-Fi通信のセキュリティプロトコルであるWPA2の脆弱性「KRACK」がほぼすべてのWi-Fi通信可能な端末機器に影響するとして、注意を喚起した。

[11:00 10/18]

ルネサスの「RZ/G Linux プラットフォーム」、10年間超のサポートが可能に

ルネサス エレクトロニクスは、「RZ/G Linux プラットフォーム」をバージョンアップし、CIP SLTS(Super Long Term Support)Linuxカーネルに対応したことを発表した。これにより、ユーザは長期サポートを行う場合に年間数千万円単位でかかっていたメンテナンスコストを削減できるほか、ライフサイクルの長い機器へのLinuxの採用を期待できる。

[10:51 10/18]

DragonFly BSD 5.0登場

DragonFly BSDプロジェクトは10月16日(米国時間)、「DragonFlyBSD: release50」において、DragonFly BSDの最新版となる「DragonFly BSD 5.0」の公開を伝えた。x86_64版が提供されている。

[09:32 10/18]

Flashに脆弱性、アップデート推奨

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は10月16日(米国時間)、「Adobe Releases Security Updates」において、Adobe Flash Playerに脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されると、遠隔から攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要。

[16:42 10/17]

深刻なWPA2の脆弱性「KRACK」に関する基礎知識とは? - シマンテック

シマンテックは10月17日、公式ブログにおいて、先般発見された、Wi-Fi ネットワークの保護に使われている暗号化プロトコル「WPA2」の一連の脆弱性に関する基礎知識を紹介した。

[14:10 10/17]

使っていないSSH接続を自動的に切る方法

Tecmintは10月10日(米国時間)、「How to Disconnect Inactive or Idle SSH Connections in Linux」において、sshdの設定を変更して一定時間応答がなかった場合にコネクションを切断する方法を紹介した。記事では、/etc/ssh/sshd_configなどのsshd設定ファイルに設定を追加する方法を示している。

[11:00 10/13]

一定時間未操作でターミナルから自動ログアウトする方法

Tecmintは10月7日(米国時間)、「TMOUT - Auto Logout Linux Shell When There Isn't Any Activity」において、しばらく操作していないLinux上のターミナルから自動的にログアウトする方法を紹介した。rootでログインした状態のターミナルを放ったままにしておくと、席を立った際にほかのユーザーがターミナルを操作してシステムを破壊したり、マルウェアを設置したりといったことを簡単に行うことができる。自動ログアウトを設定することでこうした危険性を軽減できるとしている。

[18:00 10/11]

PyPy 5.9公開 - 高速Python実装系

PyPyチームは10月5日(米国時間)、「PyPy Status Blog: PyPy v5.9 Released, Now Supports Pandas, NumPy」において、PyPyの最新版となる「PyPy3.5 version 5.9」および「PyPy2.7 version 5.9」の公開を伝えた。PyPy3.5はPython 3.5シンタックスをサポートしたインタプリタ実装、PyPy2.7はPython 2.7シンタックスに対応したインタプリタ実装。なお、PyPy 3.5のインタプリタはまだベータクオリティとされている。

[10:11 10/10]

PostgreSQL 10が公開

PostgreSQLグローバルデベロップメントグループは10月5日(米国時間)、「PostgreSQL: PostgreSQL 10 Released」において、PostgreSQLの最新バージョンとなる「PostgreSQL 10」の公開を伝えた。Windows、macOS、Linux(Red Hat、Debian、Ubuntu、SuSEやおよびこれらファミリーディストリビューションなど)、FreeBSD、OpenBSDなど複数のオペレーティングシステムに対応している。

[13:30 10/7]

SQL Server 2017、販売およびダウンロード開始

Microsoftは10月2日(米国時間)、「SQL Server 2017 on Windows Linux and Docker is now generally available|SQL Server Blog」において、SQL Serverの最新版となる「SQL Server 2017」の一般販売およびダウンロードを開始したと伝えた。SQL Server 2017はWindowsプラットフォームのみならずLinuxおよびDocker Enterprise Edition認証コンテナで実行することができる。

[08:46 10/4]

Dnsmasqに複数の脆弱性 - Google指摘

Googleは10月2日(米国時間)、「Google Online Security Blog: Behind the Masq: Yet more DNS, and DHCP, vulnerabilities」において、DNSソフトウェアパッケージ「Dnsmasq」に複数の脆弱性が存在すると伝えた。最新バージョンとなるDnsmasq 2.78ではこれら脆弱性は修正されており、Androidでは、同日に公開された月例パッチ「2017-10-01」でこれら脆弱性に対応している。

[15:43 10/3]

[Oracle OpenWorld]エリソン氏、機械学習で自動化を実現した「Autonomous Database」発表 - AWS Redshiftに対抗

米Oracleは10月1日、米サンフランシスコで年次イベント「Oracle OpenWorld 2017」を開幕した。初日夕方の基調講演に登場した経営執行役会長兼CTOのラリー・エリソン氏は次期データベース「Oracle 18c」、18cをベースとした「Oracle Autonomous Database Cloud」を発表、「世界初、そして唯一の完全自動化データベース」と紹介した。ライバルのAmazon Web Servicesのクラウド・データウェアハウス「Amazon Redshift」よりも低コストで高機能を実現すると胸を張った。

[11:30 10/3]

Linuxシェア増加で5%に近づく - 9月OSシェア

Net Applicationsから2017年9月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年9月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。特にLinuxは8月と9月で大きくシェアを増やしており、この2カ月でシェアを2倍ほどまで増やしている。デスクトップ向けオペレーティングシステムのシェアがここまで大きく変動することは珍しい。

[16:11 10/2]

ポートを調べるsockstatコマンドの使い方15選

Tecmintは9月28日(米国時間)、「15 Useful 'Sockstat Command Examples' to Find Open Ports in FreeBSD」において、ネットワークおよびソケットのデータを表示するsockstatコマンドの使い方を伝えた。sockstatコマンドはFreeBSDのコマンドで、ポートを開いているプロセスなどの情報を表示させることができる。

[10:33 10/2]

Microsoftがオープンソースサポートを強化、OSIのスポンサーへ

Open Source Initiative (OSI)は9月26日(フランス時間)、「Microsoft Makes it Official: Becomes Sponsor of Open Source Initiative|Open Source Initiative」において、MicrosoftがプレミアムスポンサーとしてOSIに参加することになったと発表した。Microsoftは2005年のMicrosoft Community License、2007年のMicrosoft Permissive LicenseですでにOSIと関わりを持っているが、今回の発表をもってより積極的にOSIとの関連を持つことになる。

[08:20 9/29]

【特別企画】オールフラッシュストレージに選ぶのは、「自動運転」搭載リムジンカー? 路線バス?

自動車業界では「自動運転(Autonomous)」を新しいキーワードとして、各社が実現に向けて技術開発を進めています。では、ストレージの自動運転はどこまで進んでいるのでしょうか?

[18:30 9/28]

サイオス、HAクラスタソフトの最新版「LifeKeeper for Linux v9.2」

サイオステクノロジーは9月28日、HAクラスタ・ソフトウェア「LifeKeeper for Linux」の最新版であるv9.2の受注・出荷を10月2日より開始すると発表した。新製品は、「AWSとの親和性向上」「Hyper Converged Infrastructure への対応」「SAPへの対応」が強化されている。

[12:29 9/28]

ディスクI/Oのレイテンシーを測定するiopingツールの使い方

nixCraftは9月21日(米国時間)、「How to find disk I/O latency with ioping monitoring tool on Linux|nixCraft」において、リアルタイムにディスクI/Oのレイテンシーをモニタリングするツールとして「ioping」を紹介した。iopingはネットワーク・レイテンシーをモニタリングするpingコマンドによく似たツール。簡単なコマンドでリアルタイムにディスクI/Oのレイテンシーをモニタリングすることができる。

[02:30 9/26]

DELL EMCがSDS製品「ScaleIO」を解説 - DX時代に向けたデータ対応

デルとEMCジャパンは9月22日、SDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)に関する記者説明会を開催した。説明会では、SDS市場と同社のブロックストレージベースのSDS製品「ScaleIO」を中心に、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に向けたデータ対応について解説した。

[07:00 9/25]

Java 9 SE公開 - 3年半ぶりのメジャーアップグレード

Oracleは9月21日(米国時間)、「Java SE - Downloads|Oracle Technology Network|Oracle」において、Javaの最新版となる「Java SE 9」の提供を開始した。Java 9 SEは3年半ぶりのメジャーアップグレードバージョン。Java 9はこれまでのバージョンと比較してモジュール関連の機能が大幅に強化されているほか、さまざまな新機能が導入されている。

[15:30 9/24]

Microsoft Azure向けUbuntuカーネル、提供開始

Canonicalは9月21日(米国時間)、「Microsoft and Canonical Increase Velocity with Azure Tailored Kernel|Ubuntu Insights」において、Microsoft Azureチームとの協力の下、Ubuntu 16.04 LTS on Microsoft Azure向けのUbuntu CloudイメージにおいてAzure向けに設定されたUbuntuカーネルがデフォルトで動作するようになったと伝えた。この新しいカーネルはUbuntu 16.04 LTSのサポートライフの期間において他のUbuntuカーネルと同じレベルのサポートとセキュリティメンテナンスが提供されると説明がある。

[13:30 9/24]

Sambaに複数の脆弱性 - US-CERT

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は9月20日(現地時間)、「Samba Releases Security Updates|US-CERT」において、Sambaに複数の脆弱性が存在すると伝えた。対象の脆弱性を悪用されると攻撃者によって機密情報を窃取される危険性があり注意が必要。

[17:00 9/22]

AWS、「EC2」と「EMS」の課金を時間単位から秒単位に

米Amazon Web Servicesは9月17日(現地時間)、10月2日より仮想マシン「EC2」とブロックストレージ「EBS」の課金単位を時間から秒に変更すると発表した。1秒当たりの請求は、Amazon EMRとAWSバッチにも適用される。

[16:18 9/19]

GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

GitHubは9月12日(米国時間)、「Introducing Atom-IDE · GitHub」において、Facebookとの協力の下、コードエディタ「Atom」に統合開発環境(IDE)が実現しているような機能を導入するためのオプションパッケージ「Atom-IDE」を発表した。今回発表されたバージョンではコンテキストを考慮した自動補完機能に加え、ナビゲーション機能、アウトラインビュー機能、フォーマット機能などが実装されている。

[08:37 9/15]

ユビキタス、Linux/Android高速起動ソリューションの最新版を10月発売

ユビキタスは、Linux、Androidシステムの高速起動ソリューション「Ubiquitous QuickBoot」(以下、QuickBoot)の最新版「Ubiquitous QuickBoot Release 2.0」(以下、QuickBoot R2.0)のSDKを、Lite、Pro、Automotiveの3つのエディションとしてラインナップ化し、10月より発売することを発表した。

[15:41 9/13]

日本IBM、業界横断のブロックチェーン構築を支援する基盤をPaaSで提供

日本IBMは9月7日、都内で記者会見を開き、複数の企業や団体でブロックチェーンネットワークを迅速に構築できるよう、Linux Foundationが提唱するブロックチェーンのフレームワーク「Hyperledger Fabric 1.0」を基盤に採用するIBM Cloudのフルマネージドサービス「IBM Blockchain Platform」の国内における提供を10月から開始すると発表した。

[10:30 9/8]

Linux、Windows 10が増加 - 8月OSシェア

Net Applicationsから2017年8月のデスクトップOSシェアが発表された。2017年8月はLinuxがシェアを増やし、WindowsとMacがシェアを減らした。Linuxが徐々にシェアを増やしている一方、Macは徐々にシェアを減らしており、今後、LinuxとMacの順位が逆転する可能性もある。

[10:38 9/4]

色付きcatコマンド「ccat」を使う方法

nixCraftに8月30日(米国時間)に掲載された記事「How to colorizing cat command output or files using ccat app on Linux or Unix system|nixCraft」が、catの出力にシンタックスハイライトを追加できるコマンド「ccat」について伝えた。ccatは、Linux、Mac、*BSD(FreeBSD、OpenBSD、NetBSD)などのオペレーティングシステムに対応したコマンドで、複数のプログラミング言語のフォーマットに対応している。

[11:42 9/1]

Linux バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (企業IT>開発/エンジニア>Linux)

Linux トップへ
Linuxに関する話題をお届けします

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事