「インターネット業界」最新記事一覧

ソフトウェア開発やクラウド、Eコマースなどインターネットを基盤にビジネス展開を図る企業を分析。業界動向をリポートする。

関連キーワード

ヘッドライン

“釣られた魚”の心境!? 「クリックベイト」記事対策の現状

ニュース配信アプリが、その存在感を強めている。かくいうマイナビニュースもこうした複数のアプリ事業者と提携し、コンテンツ配信に協力してもらっている。しかし、ますます勢いをみせるニュース配信アプリだが、課題も少なからずある。

[09:00 5/26]

ソフトバンク、ブラジル配車サービス99に1億ドル出資

[サンパウロ 24日 ロイター] - ブラジルで配車サービスを手掛ける「99」は24日、ソフトバンクグループ<9984.T>が1億ドルを同社に投資することで合意したと発表した。今回の投資ラウンドでの総資金調達額は2億ドルを超えた。 99の広報担当者は、ソフトバンクが保有する持ち分がどの程度の規模に上るのかは明らかにしなかった。投資は今後、ブラジルの独占禁止当局である経済擁護行政委員会(CADE)

[11:14 5/25]

マイクロソフト、情報セキュリティー会社を1億ドルで買収=報道

[エルサレム 24日 ロイター] - 米マイクロソフトがサイバーセキュリティー会社ヘクサダイトを1億ドルで買収することで合意した。イスラエルの経済紙カルカリストが24日、ウェブサイトで報じた。 ヘクサダイトはボストンを本拠とし、イスラエルに研究開発センターを持つ。サイバー攻撃への対応を自動化する技術を提供し、同社によると、こうした技術は企業の生産性向上とコスト削減に役立つという。

[09:27 5/25]

ソニー、今期の営業利益5000億円に強気なワケ

平井一夫社長体制として2回目の中期経営計画となる「第二次中期経営計画」では、最終年度となる2017年度の経営数値目標として、ROE10%以上、営業利益5000億円以上を掲げているソニー。平井一夫社長が、2017年5月23日に行った経営方針説明は、ソニーの復活が力強い歩みとなっていることを示すものになった。

[18:31 5/24]

グーグルが「Android Go」で新興国開拓を進める理由

グーグルが年次開発者会議「Google I/O」で発表した「Android Go」は新興国向けの軽量版スマホOSだ。新興国向けのOSを出したのはなぜなのか。アップルと戦略の違いにも触れつつ考察する。

[10:14 5/23]

欧州委、グーグルの競争法違反の有無を数カ月内に判断

[オックスフォード 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は、米アルファベット傘下グーグルがオンライン検索などの分野で独占的な立場を乱用しているかどうかについて、今後数カ月以内に判断を下す。 欧州委のチーフ・コンペティション・エコノミストのトマソ・バレッティ氏が22日、英オクスフォード大で開かれた競争法・競争政策に関する会合で明らかにした。 グーグルは

[09:15 5/23]

ソフトバンク10兆円ファンドが初回クロージング、投資対象など明らかに

ソフトバンクグループは22日、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が大規模な初回クロージングを完了し、930億米ドル超の出資コミットメントを得たと発表した。日本円換算で10.4兆円の資金を集めたことになる。

[14:14 5/22]

ソフトバンクGが10兆円ファンド設立、IT分野の成長後押しへ

[東京 21日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は20日、世界規模でテクノロジー分野に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の初回出資が完了したと発表した。総額は930億ドル超(約10兆4000億円)となり、今後6カ月間で1000億ドルまで引き上げる。あらゆるものをインターネットでつなぐIoTや人工知能、ロボティクスなど先端技術に投資することで、緩やかなグループを形成、

[11:11 5/21]

ソフトバンク、「ビジョン・ファンド」の出資募集完了を20日発表

[19日 ロイター] - ソフトバンク・グループ<9984.T>の孫正義社長は、ハイテク投資ファンド「ビジョン・ファンド」を巡り、20日に出資募集の完了を発表する見通しだ。サウジアラビアの政府系ファンドやアップルが出資の意向を示しており、調達総額は1000億ドルに上る可能性がある。 今後は投資先が焦点になるが、孫社長に近い筋によると、社長は卓越した技術を発掘できるディールメーカー

[16:23 5/19]

米フェイスブックがMLBをライブ配信、19日から週1試合

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 交流サイト大手の米フェイスブックは18日、米大リーグ(MLB)と今シーズンの20試合をライブ配信することで合意したと発表した。 19日から1週間に1試合をストリーム配信する。米国のフェイスブックのユーザーは誰でも視聴できる。 米国のインターネット企業は相次いでスポーツ番組のライブ配信に動いている。ツィッターは先に米女子

[12:22 5/19]

ソフトバンク、インド電子決済ペイティーエム親会社に14億ドル出資

[ムンバイ 18日 ロイター] - ソフトバンクはインドの電子決済サービス「ペイティーエム」を運営するワン97コミュニケーションズに14億ドルの投資を行った。ソフトバンクは出資によりペイティーエムに取締役を送り込む予定で、アジア第3位の経済規模を持つインドでユーザー基盤の拡大を目指す。 ソフトバンクとペイティーエムはともに詳細は明らかにしていないが、関係筋によるとソフトバンクはワン97

[05:07 5/19]

2017年は音声アシスタントデバイス元年に! 普及・定着なるか

米グーグルが音声アシスタントスピーカー「Google Home」を日本国内で販売すると発表した。国内では今夏にもLINEが同様のデバイスの発売を予定しているなど、2017年を音声アシスタントスピーカー元年と見る向きも多い。

[20:08 5/18]

夏目幸明の"スッキリする"カイシャの話 第8回 飲み会で話したい! うっかりミスの社名

経済ジャーナリスト夏目幸明がおくる連載。巷で気になるあの商品、サービスなどの裏側には、企業のどんな事情があるのか。そんな「気になる」に応え、かつタメになる話をお届けしていきます。

[10:00 5/17]

タブレットに明日はあるのか - 縮小する市場に求められるもの

IDCが公表した2017年第1四半期のタブレット市場調査の結果は、市場が縮小していることを改めて示すものとなった。この先、タブレットには明るい未来はないのだろうか。

[07:00 5/14]

ソフトバンクG、中国配車サービス大手に約5500億円出資

[東京 12日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は中国の配車サービス最大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)に約5500億円出資した。 同社は10日に開示した決算短信で「4月17日付で海外子会社が総額50億ドル(約5500億円)を出資することで合意した」と明らかにしていたが、広報担当者によると、すでに出資を完了したという。滴滴出行は出資後も子会社・関連会社には該当しない。

[18:59 5/12]

「新R25」が6月創刊、サイバーエージェントがR25受け継ぎ新会社

サイバーエージェントは、「新R25」を6月中旬に創刊すると発表した。リクルートが運営していた「R25」を受け継いだもの。若手ビジネスパーソンを対象に、"世の中のいま"をわかりやすく届けることを目指す。

[13:47 5/12]

ソフトバンク出資のワンウェブ、インテルサットとの合併不透明=関係筋

[10日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブと衛星サービス会社インテルサットの合併実現が不透明になっていることが、関係筋の話で明らかになった。 合併はインテルサットの社債保有者が11日の期限までに36億ドルの債務圧縮に応じることが条件となっているが、関係筋によると、一部の社債保有者は債務圧縮の規模に反対している。 関係筋の1

[14:07 5/11]

米アマゾン、無料配送の最低購入額を25ドルに引き下げ

[9日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは9日、商品を無料で配送するサービスの対象となる注文の最低購入額を従来の35ドルから25ドルに引き下げたと発表した。同じく無料配送サービスを展開している米ウォルマート・ストアーズへの対抗措置を強化する。 アマゾンは既に、年会費99ドルのプライムサービスの会員に対しては、無料で2日以内に配送するサービスを提供している。

[09:47 5/10]

アマゾンの音声認識スピーカー、米市場で圧倒的シェア獲得へ

[8日 ロイター] - 米国の音声認識機能付きスピーカー市場で、米アマゾンのシェアが今年70.6%に達する見通しだ。ニューヨークの市場調査会社イーマーケターが試算した。 アマゾンは同社の音声認識技術「アレクサ」を搭載した新型デバイス「アマゾン・エコー」と「エコー・ドット」を発売している。ユーザーは音声アシスタントを通じ、音楽をかけたり、ウーバーに配車サービスを依頼したり、部屋の明

[19:50 5/8]

ソフトバンクが印電子商取引市場で存在感、業界再編や出資に動く

[ムンバイ 7日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>がインドの電子商取引市場で、業界再編を主導したり、最大手決済企業への出資に動くなどの手段を通じて存在感を高めつつある。 複数の関係者によると、ソフトバンクは同社が大株主となっているインドのネット通販シェア第3位のスナップディールについて、第1位のフリップカートとの合併交渉を進めており、早ければ来週にも合意に達する可能性がある。

[13:29 5/8]

AIの自動翻訳があれば、英語学習は不要になるのか

インターネットの翻訳サービスが目覚ましい進化を遂げている。その背景には、膨大なパターンを学習した人工知能(AI)の存在がある。近い将来、こうしたAIによって、人間が外国語を学ぶ必要はなくなるのだろうか。

[07:00 5/2]

米グーグル、納税額巡り豪当局と争う姿勢

[シドニー 29日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルがオーストラリア税務当局から納税額の引き上げ修正を求められたことに対し、争う姿勢を示していることが分かった。 オーストラリア税務局(ATO)は、多国籍企業の納税額に関する調査を強化しており、昨年12月には7社の20億豪ドル(15億米ドル)に上る税金未払いの可能性を調べていると明らかにしている。 ATOは調査対象

[13:17 5/1]

米アマゾン、イタリア当局が1.3億ユーロの脱税指摘=関係筋

[ミラノ 28日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムがイタリア当局から約1億3000万ユーロ(1億4200万ドル)の脱税を指摘されたことが、事情に詳しい関係筋の話で28日に明らかになった。 この関係筋によると、指摘されたのは2011─15年の税で、この期間のイタリアでのアマゾンの収入は25億ユーロ前後だった。捜査の結果はミラノの検察当局に提出されたという。 アマゾンは脱税

[10:29 5/1]

新たな動きとして根付くか? コミュニティサイト活用進化の姿

ナイガイは、オウケイウェイヴ、メディアシークと共同で、新たな消費者とのコミュニケーションサイトの提供を開始する。AI活用も視野に入れた今回の取り組みはどのようなものだろうか。

[07:00 4/29]

インドのワン97、ソフトバンクから約19億ドル調達へ=現地紙

[28日 ロイター] - インドの電子決済サービス「ペイティーエム」を運営するワン97コミュニケーションズは、ソフトバンクグループ<9984.T>から1200億ルピー(18億7000万ドル)以上を調達する見通し。現地紙エコノミック・タイムズが28日、複数の関係者の話として伝えた。 同紙によると、ソフトバンクはワン97への出資により、同社の持ち分20%を取得する。 ワン97は、電子決済サービスを

[15:36 4/28]

インテル、1─3月期売上高予想届かず データセンター事業が減速

[27日 ロイター] - 米半導体大手インテルが発表した第1・四半期(4月1日終了)決算は、売上高が市場予想に届かなかった。PC(パソコン)市場頼みからの脱却に向けて力を入れていたデータセンター向け事業の成長が鈍った。 時間外取引で株価は約4%下落した。 データセンター向け事業の売上高は6%増の42億ドル。伸び率は前年同期(9%)、第4・四半期(8%)からいずれも鈍化し、

[08:08 4/28]

米アルファベット、第1四半期は大幅増収増益 広告収入が寄与

[27日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベットが27日発表した第1・四半期決算は、29%の大幅増益を記録した。動画共有サイト「ユーチューブ」からの広告主離れが懸念されているものの、同サービスが引き続き成長のけん引役となった。 ユーチューブでは、過激主義を主張する動画に企業などの広告が掲載された問題を受けて大手企業による広告取り下げが相次ぎ、その影響に対する懸念が

[07:44 4/28]

米マイクロソフト、1─3月売上高が予想に届かず 株価下落

[27日 ロイター] - 米マイクロソフトが27日発表した第3・四半期決算(3月31日まで)は、売上高が市場予想をわずかながら下回った。クラウド・コンピューティング事業は好調だったが、売り上げで最大のパーソナル・コンピューティング事業が振るわなかった。 特にタブレットおよびノートパソコンの「サーフェス」の売り上げ急減が響いた。 株価は引け後の時間外取引で1%安の67.62ドル。

[07:26 4/28]

アマゾン1─3月期、利益・売上高が予想上回る クラウドなど好調

[27日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムが発表した第1・四半期(3月末終了)決算は、利益と売上高がいずれも市場予想を上回った。小売り、クラウド事業のほか、広告や会員制サービスで売り上げが伸びた。 決算発表を受け、株価は引け後の時間外取引で上場来高値を付けた。 純利益は41.1%増の7億2400万ドル(1株当たり1.48ドル)。前年同期は5億1300

[07:26 4/28]

CeBITは音楽とテクノロジーの祭典に? 目指すは「ドイツ版SXSW」か

ドイツで開催されたIT展示会「CeBIT 2017」は大きな盛り上がりを見せた。ここでは2017年のイベントの模様を振り返りながら、CeBIT 2018の姿を予想してみたい。

[07:00 4/26]

インターネット業界 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (経営・ビジネス>インターネット業界)

インターネット業界 トップへ
ソフトウェア開発やクラウド、Eコマースなどインターネットを基盤にビジネス展開を図る企業を分析。業界動向をリポートする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事