「ホームシアター」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

パイオニア、11chアンプの最上位AVレシーバー - ストリーミング曲も高音質

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月8日、パイオニアブランドのAVレシーバー「SC-LX901」「SC-LX801」「SC-LX701」を発表した。発売は9月上旬で、希望小売価格は、SC-LX901が410,000円、SC-LX801が350,000円、SC-LX701が233,000円(いずれも税別)。

[14:39 8/8]

ヤマハ、最上位機の技術を搭載したAtmos・DTS:X対応の11.2ch AVレシーバー

ヤマハは22日、Dolby AtmosやDTS:Xに対応したAVレシーバー「RX-A3060」など3モデルを発表した。8月上旬より順次発売する。

[20:05 7/22]

来たる4K時代のホームプロジェクター - エプソン、4K・HDR対応モデルや高輝度モデルの新製品発表会

セイコーエプソン、およびエプソン販売は21日、ホームプロジェクター dreamio(ドリーミオ)シリーズの新製品となる、4KとHDR映像に対応した「EH-TW8300W」「EH-TW8300」、および3,000ルーメンの明るさを実現した「EH-TW6700W」「EH-TW6700」の発表会を開催した。

[14:20 7/22]

パイオニア、天井の反射音を補正するAVレシーバー - Atmos・DTS:X対応

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月30日、パイオニアブランドのAVレシーバー「SC-LX501」を発表した。発売は7月中旬で、希望小売価格は185,000円(税込)。

[19:10 6/30]

ソニー、4K HDR対応の7.1ch AVアンプ「STR-DH770」

ソニーは4月25日、AVアンプ「STR-DH770」を発表した。発売は5月1日で、希望小売価格は税別40,000円。

[14:08 4/25]

ソニー、フロントスピーカーのみでサラウンド再生するハイレゾAVアンプ

ソニーは4月25日、AVアンプ「STR-DH1070」を発表した。発売は6月18日で、希望小売価格は税別72,000円。

[13:00 4/25]

パナソニック、高さ66mmでテレビの前に置けるシアターバー

パナソニックは4月22日、ホームシアターオーディオシステム「SC-HTB175」を発表した。発売は5月20日。価格はオープンで、推定市場価格は24,000円前後(税別)。

[14:34 4/22]

ソニー、ハイレゾと4K HDR対応の薄型サウンドバー「HT-NT5」

ソニーは4月6日、ハイレゾや4K HDRに対応したサウンドバー「HT-NT5」を発表した。発売は5月21日。価格はオープンで、推定市場価格は税別80,000円前後。

[13:00 4/7]

4K HDRとDolby Visionはどう違うのか?

映画技術、テレビ技術を革新し続ける米国のDolby Laboratories。CES 2016で同社が行っていたデモを体験してきたので、その新技術についてレポートしたい。

[19:30 1/23]

AQUOS向けの省スペースシアターシステム、シャープ「HT-SP100」説明会

シャープが12月3日に発売した「HT-SP100」は、AQUOS向けの2.1chシアターシステムだ。現在主流のバースピーカータイプとは異なり、フロントスピーカーをテレビの左右に取り付けるスタイルとなっている。

[18:41 12/24]

音展2015 - Dolby AtmosとDTS:Xの体験コーナーで音のシャワーを浴びよう

10月16日~18日の期間、東京都・青海で「オーディオ・ホームシアター展2015 (音展)」が開催されている。ここでは、ホームシアター関連で注目の展示を紹介していく。

[21:21 10/16]

ヤマハ、サウンドバー最上級の「YSP-5600」 - Atmos/DTS:X両対応

ヤマハは10月15日、3Dサラウンド対応のサウンドバー「YSP-5600」を発表した。発売は11月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は175,000円前後(税別)。

[13:00 10/15]

東芝、REGZA Z20Xとシンクロ動作する2.1chサウンドシステム

東芝は10月14日、REGZA Z20Xとシンクロ動作するサウンドシステム「RSS-AZ55」を発表した。発売は11月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は33」000円前後(税別)。

[13:09 10/14]

CEATEC 2015、dts Japanブースで11.1chサウンド「DTS:X」を気軽に体験

最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」のdts Japanブースでは、11.1ch対応オブジェクトオーディオ「DTS:X」の体験コーナーを設置。また、開発中の車載用3Dオーディオ(名称未定)を初公開した。

[23:07 10/9]

U-NEXT、ドルビーデジタルプラス対応作品を配信開始

U-NEXTは25日、ドルビーラボラトリーズによる音声技術「ドルビーデジタルプラス」に対応したコンテンツを同社運営の映像配信サービス「U-NEXT」にて配信開始した。

[18:01 9/25]

エプソン、二子玉川で3D・4Kホームシアター体験イベント

エプソンは9月25日、100型や150型などの大画面で、最新のホームシアタープロジェクターなどを体験できる「最新! 3D・4Kホームシアター体験イベント」の概要を発表した。開催期間は10月30日から11月3日まで。会場は東京都世田谷区にある「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ」で、入場は無料だ。

[17:44 9/25]

ヤマハのDolby Atmos対応サウンドバー「YSP-5600SW」 - 1本で天井からも音が降ってくる、その7.1.2chサウンドをIFA2015で体験

ヤマハは、ドイツ・ベルリンで開催された家電製品展示会「IFA2015」に合わせて、Dolby Atmosに対応したサウンドバー「YSP-5600SW」を欧州向けに発表。IFA2015の同社ブースに体験コーナーを設け、報道関係者や一般来場者にその実力を披露した。

[15:00 9/13]

ヤマハ、5.1chスピーカー「NS-PA40」にスタイリッシュなホワイト登場

ヤマハは11日、5.1chスピーカー「NS-PA40」の新色ホワイトを発表した。発売は10月上旬。価格はオープンで、推定市場価格は税込40,000円前後。

[17:49 9/11]

ソニー、4K対応の5.1chホームシアターシステム - ワイヤレス接続可能

ソニーは9月7日、4Kパススルー対応の5.1chホームシアターシステム「HT-RT5」を発表した。発売は10月17日。価格はオープンで、推定市場価格は税別80,000円前後。

[17:05 9/7]

ソニー、ホームシアターシステム「HT-XT100」の発売を7月4日に延期

ソニーは5日、ホームシアターシステム「HT-XT100」の発売日を、当初予定の6月13日から7月4日に延期すると発表した。理由は、生産での遅れが生じたためとしている。

[16:44 6/8]

パナソニック、HDCP 2.2対応で4Kパススルーが可能なシアターバー

パナソニックは4月1日、4Kパススルー対応のシアターバー「SC-HTB885」と「SC-HTB690」を発表した。発売は5月22日。価格はオープンで、推定市場価格はSC-HTB885が80,000円前後、SC-HTB690が50,000円前後(いずれも税別)。

[19:02 4/1]

オンキヨー、ヘッドホンでスピーカーのような定位を実現する音源の配信開始

オンキヨーエンターテインメントテクノロジーは12月12日より、同社が行っている音楽配信サービス「e-onkyo music」で、「HPL音源」の配信を開始した。HPLは、アコースティックフィールドが開発したヘッドホンリスニングに特化したエンコード技術だ。

[20:09 12/12]

エプソン、スマートグラス「MOVERIO」などを試せるレンタルサービス

エプソンは10日、スマートグラス「MOVERIO(モベリオ) BT-200AV」と、ホームシアター・プロジェクター「dreamio(ドリーミオ) EH-TW5200S」のレンタルサービスを開始した。送料を含むレンタル料金は、BT-200AVが税込3,000円、EH-TW5200Sが税込6,000円となっている。

[16:56 12/10]

イメーション、Bluetoothでスマホとも接続できるテレビ用バースピーカー

イメーションは11月20日、TDK Life on Recordブランドより、テレビ用バースピーカー「2.1ch Wood SoundBar for TV」を発表した。発売は11月27日。価格はオープンで、推定市場価格は14,500円前後(税込)。

[18:07 11/20]

デノン、Dolby Atmosに対応する9.2chのフラッグシップAVレシーバー

ディーアンドエムホールディングスは11月20日、デノンブランドより、AVレシーバー「AVR-X7200W」を発表した。発売は2015年1月上旬。希望小売価格は350,000円(税別)。

[16:22 11/20]

東京都・池袋でホームシアターを体感、「HOME THEATER JAPAN 2014 WINTER」

アバックは、ホームシアターを体感できる展示会「HOME THEATER JAPAN 2014 WINTER~ホームシアターの全てがここにある!~」を行う。東京都・池袋のサンシャインシティにて11月22日と23日に開催し、入場料は無料だ。

[11:22 11/12]

劇場のような臨場感を簡単設置で楽しめるシアタースピーカー「JBL CINEMA」

ハーマンインターナショナルは11月5日、JBLブランドのホームシアタースピーカー「JBL CINEMA」を発表した。サウンドバーとサブウーファーで構成される「CINEMA SB350」、および薄型テレビの下に設置するボードタイプの「CINEMA BASE」がラインナップされ、いずれも発売は11月13日ごろを予定している。価格はオープンで、通販サイトでの価格はCINEMA SB350が40,000円、CINEMA BASEが35,000円(税別)。

[17:15 11/5]

KEF、天井設置せずに縦方向音を再現するDolby Atmos用イネーブルスピーカー

KEF JAPANは11月3日、Dolby Atmos専用のイネーブルスピーカー「R50」を発表した。発売は12月。希望小売価格は120,000円となっている(ペア、税別)。

[20:09 11/4]

東京都・墨田区の東京ソラマチにて3D映像を体感できるイベント - エプソン

エプソンは2014年11月1日から11月9日まで、大画面で3D映画やゲームを体験できるイベント「3Dホームシアタープロジェクター体感イベント」を開催する。会場は東京都・墨田区の東京ソラマチ「スペース634」。入場は無料だ。

[16:14 10/30]

ハイレゾオーディオはスタンダードになるのか? - オーディオ・ホームシアター展2014レポート

10月17~19日の3日間、東京青海の「TIME(タイム)24」で、「オーディオ・ホームシアター展2014(音展)」が開催された。音展は日本オーディオ協会主催のオーディオイベントで、旧称はオーディオフェアだ。今年は「ハイレゾリューションオーディオ(音源とその技術)」をテーマに展開。会場は1~3階と18階の計4フロアで、全92の企業・団体が参加し、ブースを出展していた。

[12:11 10/23]

ホームシアター バックナンバー

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
2007年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>テレビ / レコーダー>ホームシアター)

ホームシアター トップへ
ヤマハのバースピーカーや本格的な5.1ch、7.1chサラウンド、フルHDプロジェクター、4Kプロジェクターなど。

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント