「医療費」最新記事一覧

国民皆保険などの公的支出(社会保障支出)、個人支出(自己負担)など医療費に関する情報を集約しました。

関連キーワード

ヘッドライン

サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第85回 健康保険の保障は、自己負担3割だけではない!

連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウを、ファイナンシャルプランナーの中村宏氏が、独断も交えながらお伝えします。

[08:30 9/22]

生命保険会社の健康管理アプリってどんなの? - 加入者以外でも使えることも

生命保険協会や生命保険会社が、様々な健康管理アプリを提供しています。歩数計やカロリー計算など単体ならば無料アプリはいろいろありますが、生命保険会社が提供するだけあって健康管理に役立つメニューや情報などもそろっていて、一歩進んだ内容となっています。

[13:00 9/13]

クレジットカード附帯の旅行保険、使ったことはある?

旅行に行く際、万が一に備えて入っておきたいのが旅行保険。クレジットカードに附帯されていることも多く、そこを重視してカードを選んだという人もいるのではないだろうか。そこで今回は、マイナビニュース会員のうちクレジットカードを保有する885名に「カード附帯の旅行保険を使ったことがあるか」質問してみた。

[16:42 8/25]

サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第83回 疾病特約や介護特約が付いても保険料が無料になる団信生命保険がある!

連載コラム『サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック』では、会社員が身につけておきたいマネーに関する知識やスキル・テクニック・ノウハウを、ファイナンシャルプランナーの中村宏氏が、独断も交えながらお伝えします。

[11:00 8/11]

メンタル疾患に備えられる民間保険がある!?

これまではメンタル疾患で働けなくなる=収入減、という不安に応える民間保険がほとんどありませんでした。まだまだ商品数も少なく「特約」という形ではありますが、メンタル疾患で働けなくなることに備えられる保険が登場しています。

[08:30 7/18]

働けなくても安心って本当? - 就業不能保険を詳しく解説

病気や怪我でいざ働けなくなったときに、お給料を保障してくれるという就業不能保険。収入がなくなったら家計が大変になる子育て世代に注目を浴びている保険ですが、どんな内容でどんな人が加入すると役に立つのか、詳しく内容を見てみましょう。

[07:00 7/17]

保険業界に大激震!? - 「プロ100人が選ぶ保険ランキング」発表

半年に一度公表されている、「プロ100人が選ぶ保険ランキング」が6月22日発表され、6月27日には都内で表彰式が催されました。保険ランキングのカテゴリは全部で12分野があり、そのうち半数の6分野をオリックス生命が占める結果となりました。

[07:00 7/12]

アニコム損保、LINEでペット保険の保険金請求ができるサービスを開始

アニコム損害保険は5月17日、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用したペット保険の新サービス「保険金請求サービス」を開始した。

[15:51 5/18]

老後にかかる医療費はいくら?

仕事をリタイアした老後生活には、お金の心配事がつきもの。特に、老後は現役時代に比べて病気やケガが多くなり、医療費もかさむ傾向にあります。今のうちからしっかりと考えておきたいですね。そこで今回は、老後にかかる医療費はどのくらいなのか、また、その負担を軽減させる制度や医療費に備える方法についてまとめてみました。

[07:30 5/10]

クレジット附帯の海外旅行保険、ホントのところどこまで使える?

海外旅行に行く際、クレジットカードに保険が付いているので大丈夫と思っている人も多いですが、保障内容をしっかりチェックしていなかったばかりに大変な目にあったという人も。どんなときにどこまでカバーできるのかきちんと把握し、安心して旅行に出かけましょう。

[07:30 3/30]

国民年金保険料、電気にガスも負担増! - 4月から値上げされるものまとめ

新年度は変化のある時期ですが、家計や食卓にも少々変化のある4月となりそうです。円安やマイナス金利、不作といった要因で、値上げが予定されているものがいくつかあります。今回は、値上げされるものと、乗り切るコツをご紹介します。

[07:30 3/21]

市販薬も医療費控除の対象に!? - セルフメディケーション税制を活用しよう

「医療費控除」は意外にハードルが高く、入院や治療に時間がかかる病気などをしないと医療費を10万円超も払うことはありません。しかし、「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」なら、ドラッグストアで販売されている薬の購入でも税額控除を受けることができます。

[06:30 3/10]

生命保険に加入したきっかけは? - 「必要だと感じて」は2割

カカクコムは2月27日、「生命保険」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は1月12日~18日、対象は価格.comID登録ユーザーで有効回答は1,748人。

[18:12 2/27]

医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」とは?

プラネットは1月26日、日用品にまつわるトピックス「Fromプラネット」の第54号としてかぜ薬に関する意識調査の結果を発表した。

[12:05 1/26]

セルフメディケーション税制、認知度はどのくらい?

大正製薬はこのほど、「セルフメディケーション税制に関する実態調査」の結果を発表した。それによると、同制度の認知度は15.8%にとどまることがわかった。

[11:18 1/11]

不妊治療の保険が解禁! どんな保障が受けられるの?

このたび、不妊治療の治療費を保障する保険が登場しました。どんな仕組みでどのような人にメリットがあるのか、みてみましょう。

[08:00 12/20]

東京23区で一番出産しやすいのはどこ? - 妊娠・出産支援制度を比べてみた

今回は、東京23区がそれぞれ設けている支援制度の中で、特徴的なものをご紹介しましょう。

[08:00 12/13]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第28回 病気やケガで老後破産しないために

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[09:30 12/9]

インフルエンザの予防接種代、高いと思う?

今回は、マイナビニュース会員のうち男女605名に「インフルエンザの予防接種代は高いと思いますか?」と質問してみた。

[08:00 12/9]

インフルエンザ予防に払ってもよい金額は平均3,505円

養命酒製造は12月7日、「インフルエンザ罹患経験者の胃腸冷えと免疫力」というテーマで実施したインターネット調査の結果を発表した。調査は11月16日~22日、これまでにインフルエンザにかかったことがある全国の20歳以上の男女1,000名の有効回答を回収しました。

[13:01 12/7]

20代男性の半数、薄毛・抜け毛予防に「月1万円以上」

クラシエ薬品は11月21日、「薄毛・抜け毛」に関する調査の結果を発表した。調査は10月20日~21日、全国の20歳以上の男性843名を対象にインターネットで行われた。

[18:22 11/24]

インフルエンザの予防接種、病院によって金額が違うのはなぜ?

インフルエンザの予防接種費用は、子供や高齢者に自治体の補助がある地域もありますが、それ以外は基本的に実費負担です。今回は予防接種の料金がどうなっているのか見てみましょう。

[13:24 11/22]

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策 第25回 老後破産回避に役立つ保険、役立たない保険

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。

[08:30 10/21]

「医療系団信保険」って? - 特徴と注意点を解説

最近、団信保険に病気で働けなくなったときの保障も付いた「医療系団信」が注目を集めています。今回はその特徴と注意点を解説します。

[08:00 10/18]

不妊治療費、3人に1人が「100万円以上」

エバーセンスはこのほど、「不妊治療」に関するアンケート調査結果を発表した。

[17:48 10/17]

高額薬剤、使用制限をかけるべき? - 医師の半数が「制限すべき」

メドピアは10月13日、医師を対象に実施した「高額薬剤の使用制限に関するアンケート」の結果を発表した。

[18:24 10/13]

インフルエンザ予防接種の平均額は3,446円 - 都道府県別では?

QLifeはこのほど、ホームページ等(2016年10月7日時点)で価格を公開している全国1,522施設のインフルエンザワクチン接種金額の調査結果を発表した。

[14:16 10/13]

WHO、砂糖入り飲料への課税を各国に呼びかけ

世界保健機関(WHO)は10月11日、砂糖入り飲料への課税を導入するよう、各国に呼びかけた。

[13:18 10/12]

損しないために知っておきたい保険用語

ネットで比較しておトクな保険に加入できる現在、内容をきちんと理解せずに加入したり、わからないからとあきらめたりしては損することになってしまいます。基本がわかれば保険選びはぐっとラクにできます。

[12:00 9/22]

高齢者の美容医療トラブルが高額化 - しわ取りで1,300万円請求も

国民生活センターはこのたび、全国の消費生活センターなどに寄せられた美容医療サービスに関する相談内容ついて発表した。

[19:03 9/21]

医療費 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (マネー>家計>医療費)

医療費 トップへ
国民皆保険などの公的支出(社会保障支出)、個人支出(自己負担)など医療費に関する情報を集約しました。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事