「ゲーム業界」最新記事一覧

ソニーや任天堂などのハードウェアメーカーからゲームソフト会社の最新動向を分析。VRなどの技術動向もビジネス的視点で追う。

関連キーワード

ヘッドライン

任天堂が業績予想を上方修正、スイッチ増産で販売計画引き上げ

[大阪 30日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は30日、2018年3月期の業績予想を上方修正した。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調に推移していることを反映させた。スイッチは品薄状態が続いているが、ここにきて増産体制が整った。 年間最大の商戦期である年末商戦への期待が高まりそうだ。 売上高予想は前年比96.3%増の9600億円(従来予想7500億円)に、営業利益予想は同4.0

[16:20 10/30]

最初から日本はどうでも良かった - 20人で世界を取ったスマホゲーム会社

パズドラやモンストなど、スマホゲームが大きく盛り上がる日本。しかしその日本ではあまり名前を聞かない会社ながら、グローバルで5000万ダウンロードを記録したゲーム会社がある。脳トレゲーム「Brain Wars」と「Brain Dots」を提供するトランスリミットに話を聞いた。

[08:00 10/20]

ソニーのゲーム子会社、社長交代で鍵となる「ネットサービス」

ソニー・インタラクティブ エンタテインメント(SIE)は10月3日、同日付で社長 兼 CEOのアンドリュー・ハウス氏が会長に、現副社長である小寺剛氏が新しく社長 兼 CEOに就任すると発表した。ハウス氏は同日にソニー本社の執行役EVPからも退き、SIEの経営から身を引くことになる。

[08:00 10/7]

フトンを被りながら景品ゲット! “革新的”それとも“ディープ”なクレーンゲーム

世界のゲームコンテンツ市場は、8兆円を超えるといわれている。もちろん、その牽引役となっているのはスマホを中心にしたモバイルアプリだ。今後はVR/ARといったテクノロジーの普及により、ますますゲームコンテンツが勢いづく可能性は高い。

[09:00 9/13]

女性客が4割! 幅広いユーザーを獲得したバンダイナムコ「VR ZONE」の強み

新宿・歌舞伎町といえば訪日外国人も多く訪れる繁華街。飲みの街として有名だが、新宿ミラノ座の跡地にエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」が7月にオープンした。

[12:02 8/23]

任天堂の4─6月売上高は前年比2.4倍、スイッチ販売がけん引

[東京 26日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は26日、2017年4─6月期(日本基準)の売上高が前年比2.4倍の1540億円に拡大したと発表した。3月に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」関連の売上高が1000億円を超え、大きな柱となった。同社は今期、9年ぶりの増収を予想しており、順調な滑り出しとなった。 4─6月期のスイッチ販売台数は197万台だった。累計販売は470万台

[16:21 7/26]

コーエーテクモのVR筐体「VR センス」が完成! 見えてきた2つの商機

コーエーテクモのグループ会社であるコーエーテクモウェーブが手掛けるVR筐体「VR センス」が完成した。ゲームセンターなどに販売するもので、価格は320万円(税抜き)。この筐体が売れるかどうかも気になるが、注目したいのはもう1つの商機だ。

[16:51 6/28]

”ミニ”のスーファミ発表、任天堂株が8年8カ月ぶりの高値水準

[東京 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が連日年初来高値を更新し、2008年10月以来約8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。同社は27日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を10月5日に発売すると発表した。1990年に発売した「スーパーファミコン」用のソフトから厳選した21タイトルをコンパクトな本体に収録した。希望小売価格は7980円(税別)。 新製品

[11:03 6/27]

中田敦彦×カヤック・みよし「ゲームは悪ではない」 - "人生の一芸論"対談

面白法人カヤックはPlayStation 4(PS4)でのゲームプレイ実績や経験を元に人材を評価する「いちゲー採用」を今年からスタートさせた。その告知を兼ね、現在コメンテーターとしても活躍中のお笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦を招き、カヤック採用担当・みよしこういち氏との対談が都内某所で行われた。

[17:30 6/1]

ソニー、今期の営業利益5000億円に強気なワケ

最終年度となる2017年度の経営数値目標として、ROE10%以上、営業利益5000億円以上を掲げているソニー。5月23日の経営方針説明は、ソニーの復活が力強い歩みとなっていることを示すものになった。

[18:31 5/24]

任天堂が9年ぶり増収へ、スイッチ販売は1000万台を計画

[大阪 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は27日、2018年3月期の営業利益は前年比2.2倍の650億円となる見通しだと発表した。3月3日に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が年間を通じて寄与する。 売上高は前年比53.3%増の7500億円を計画。9年ぶりの増収を予想している。 会見した君島達己社長は「スイッチを立ち上げることによって、ビジネスの流れを変え、売上高も上昇

[17:49 4/27]

【特別企画】ハードを持っているのにプレイしないなんてありえない! 『DARK SOULSⅢ』座談会

『DARK SOULSⅢ』(以下、ダークソウルⅢ)をご存知だろうか。本作はダークファンタジーの雰囲気ただよう重厚な世界観や、練られたストーリー、そして"死にゲー"とも言われる、やりがいのあるアクションとして、ゲーム好きにとって絶対に外すことのできないタイトルである。

[11:30 4/20]

努力は報われるか? コロプラ新アプリ「プロ野球バーサス」のこだわり

ゲーム制作でリアルさへの追求が増やすものは何か。確実に言えるのは仕事である。細部にこだわれば手間が増えるからだ。それでもリアルさを求めたのが、コロプラが今春リリース予定のスマホアプリ「プロ野球バーサス」だ。

[15:02 3/24]

米ブラックロック、任天堂株の5.17%取得=大量保有報告書

[東京 23日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックが任天堂<7974.T>発行株の5.17%を取得したことが22日提出の大量保有報告書で明らかになった。 取得株数は731万7287株。ブラックロック・ジャパンやブラックロック・ファンド・アドバイザーズなどグループ会社で取得した。保有目的は純投資としている。 (志田義寧)

[09:43 3/23]

【特別企画】ゲーム座談会への参戦を求む! フロム・ソフトウェアとのタイアップ企画への参加者を募集

マイナビニュースでは現在、「ゲームに関する」座談会への参加者を募集しています。場所はフロム・ソフトウェア本社、募集期間は3月14日(火)まで。

[10:38 3/8]

任天堂株が4日続伸、「スイッチ」の販売好調を材料視

[東京 8日 ロイター] - 東京株式市場では8日、任天堂<7974.T>株が4日続伸。ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は7日、任天堂が3日に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の国内推定販売台数が発売から3日間で33万0637台になったと発表した。 順調な出足を好感する買いが先行した。 スイッチの価格は2万9980円。本体には液晶画面がついており、据え置き型ゲーム機としても、ドック

[10:19 3/8]

米マイクロソフト、Xboxの定額サービスを今春開始

[28日 ロイター] - 米マイクロソフトのXbox部門は28日、月額9.99ドルのゲームサービスを今春に開始すると発表した。部門トップのフィル・スペンサー氏がブログで明らかにした。 新サービス「Xboxゲームパス」では、家庭用ゲーム機「XBox One」向けなどのゲームソフト100本以上をゲーム機に直接ダウンロードし、オンラインまたはオフラインでプレーすることができる。 この

[11:19 3/1]

ソニー、「プレイステーションVR」世界販売91万5000台に

[東京 27日 ロイター] - ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は27日、仮想現実(VR)の世界を家庭で楽しめるゴーグル型端末「プレイステーション(PS)VR」の世界販売台数が91万5000台に達したと発表した。 米国で27日から開かれるゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス(GDC)に合わせ、実績数字を公開した。 (志田義寧)

[10:47 2/27]

任天堂、スマホゲームを年2-3本継続投下へ

[東京 1日 ロイター] - 任天堂<7974.T>の君島達己社長は1日の経営方針説明会で、注力しているスマートフォン向けゲームについて、今後も「年に2─3本はお客様が楽しんでいただけるようなタイトルを作り続けていく」との方針を示した。 スマホ向けゲームにおけるディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>との協業に関しては「DeNAのサポートがなければスマホゲームを届けられなかった」とその成果

[11:15 2/1]

任天堂が最終益予想を上方修正、想定為替修正で 営業益は引き下げ

[大阪 31日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は31日、2017年3月期の最終利益予想を上方修正した。想定為替レートを円安方向に修正したことを織り込んだ。こうした状況を踏まえ、期末配当を従来予想の210円から380円に増額することを決めた。 経常利益予想は前年比4.2%増の300億円(従来100億円)に、最終利益予想は同5.4倍の900億円(同500億円)に、それぞれ引き上げた。想定為替

[19:00 1/31]

任天堂は「ニンテンドースイッチ」で存在感を取り戻せるか

任天堂が次世代の家庭用据え置き型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。家庭用ゲーム機のシェア争いでは苦境に立たされる任天堂だが、この新しいゲーム機で再び存在感を示すことはできるのだろうか。

[17:42 1/16]

アングル:任天堂「スイッチ」によぎる不安、発売後2週間が鍵

[東京 16日 ロイター] - 日銀の宮野谷篤・大阪支店長(理事)は16日、都内本店で会見し、中国製スマートフォンの高度化により、関西電機メーカーによる電子部品は、例年1-3月に季節的に見られる輸出の落ち込みが小さくなるとの見通しを示した。 <円安で製造業収益上振れ余地> スマホに搭載される液晶や半導体を筆頭とする各種電子部品の出荷・輸出は、米アップルが新製品を投入する年末に需要が拡大。反動

[17:15 1/16]

任天堂が新型ゲーム機「スイッチ」を発表、株価にどう影響?

[東京 13日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は13日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を3月3日に発売すると発表した。日本をはじめ、米国やカナダ、欧州主要国、豪州、香港などで同日発売する。価格は2万9980円。米国では299.99ドル。 新型機の投入は2012年に発売した据え置き型ゲーム機「Wii U」以来となる。 本体に液晶画面がついており、据え置き型ゲーム機としても、ドック

[13:22 1/13]

中国での「ポケモンGO」利用、リスク評価まで許可せず=規制当局

[香港 10日 ロイター] - 中国のメディア規制当局は、スマートフォン(スマホ)向け人気ゲーム「ポケモンGO」など拡張現実を利用するゲームについて、セキュリティー上のリスクに関する評価が完了するまで国内での利用を許可しない方針を示した。 同国でメディアを管理する国家新聞出版放送総局は、「国家安全保障と人民の生活や資産の安全に関する高いレベルでの責任」に伴い、ポケモンGOのリスク評価について他の

[18:52 1/10]

ポケモンGO、20億円の価値があった石巻復興「ラプラス」

被災地復興を目的に、宮城県と「ポケモンGO」が同県石巻市を舞台に実施したイベントが、期間中に約10万人の観光客を集め、経済効果は20億円程度にのぼったことがわかった。

[19:01 12/20]

ゲームアイテムが売買可能に? ドイツ取引所が市場を設立へ

[フランクフルト 1日 ロイター] - ドイツ取引所は1日、オンラインゲームで使用される武器や仮想通貨などアイテムの取引市場を設立することを明らかにした。調査会社によると、来年には市場規模が460億ドルを超える見通しで、年間6%以上の成長が見込まれている。 ドイツ取引所は、ハンブルクに拠点を置くフィンテック(金融とテクノロジーの融合)の新興企業、ナーガグループとの合弁事業「

[12:05 12/2]

任天堂、スーパーマリオランを12月15日配信開始 iPhone向け

[東京 15日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は15日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けに、新作ゲーム「スーパーマリオラン」を12月15日から順次配信すると発表した。 自ら手掛けたスマホ向けゲームでは初の大型タイトルとなり、同社のスマホ戦略が本格始動する。 スーパーマリオランは、走り続けるマリオを指でたたいて操作し、コインを集めながらゴール

[23:35 11/15]

VR空間にスマホ画面を表示? ソニー・ミュージックの風変わりな挑戦

現在入手できる本格VRデバイスとしては最も高いコストパフォーマンスを誇るPlayStation VR。“没入感”が売り物だが、あのヘッドセットを着けて仮想現実の世界に入ると、現実との接点を失ってしまいそうな不安感もある。実際問題として、スマホもチェックできないとすれば大事な連絡などを見逃しかねない。このように没入感はVRの長所でもあり課題でもあるわけだが、その解決策を提示するのがソニー・ミュージックエンタテインメントだ。

[09:00 11/15]

ゲーム業界 バックナンバー

2017年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (経営・ビジネス>ゲーム業界)

ゲーム業界 トップへ
ソニーや任天堂などのハードウェアメーカーからゲームソフト会社の最新動向を分析。VRなどの技術動向もビジネス的視点で追う。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事