「フィッシング」最新記事一覧

フィッシングに関する最新ニュースやレポートを発信。

関連キーワード

ヘッドライン

先週のサイバー事件簿 - Microsoft月例アップデート、Flash Playerも更新

11月13日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。今週はマイクロソフトの月例セキュリティ更新プログラムが公開された。WebブラウザにInternet ExplorerやEdgeを使用しているならすぐに更新しておきたいところ。更新は、「スタートメニュー」「設定」「更新とセキュリティ」で確認できる。

[08:00 11/20]

アマゾン合同会社をかたる詐欺の手口、消費者庁が文書で公開

消費者庁は11月14日、アマゾンをかたる架空請求について、注意を呼び掛ける文書を公開した。文書によると、2017年6月以降、アマゾンジャパン合同会社などをかたる架空請求に関する相談が、各地の消費生活センターに多く寄せられているという。アマゾンによると、同社が運営する動画配信サービスの支払いは、クレジット決済による前払方式を採用しており、SMSで未納料金を請求することはないとのこと。

[13:40 11/15]

先週のサイバー事件簿 - iPhone X特売を煽る詐欺メール

11月6日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。相変わらずフィッシングメールは拡散を続け、仮想通貨取引所「bitFlyer」を騙るものまで現れた。また、発売されたばかりの「iPhone X」の品薄に目を付けたのか、特売をうたってメールを見た者を釣ろうとするものも。うまい話にはくれぐれも用心を。

[20:14 11/13]

Facebookのパスワード窃取詐欺、AndroidとiOSで要注意

F-Secureはこのほど、「Facebook Password-stealing Phishing Attack Hits Hard On Android And iOS Users」において、10月15日からスウェーデンのFacebookユーザーを対象としたフィッシング詐欺キャンペーンの展開を確認したと伝えた。この攻撃は17日にフィンランドのFacebookユーザーへ、19日にはドイツのFacebookユーザーへと対象を移していったという。このキャンペーンが展開されていた間のクリック数は20万回に到達しており、その80%近くがドイツ、スウェーデン、フィンランドからのものだったとしている。

[07:52 11/8]

偽Appleメール拡散中! 個人情報は入力しないこと

フィッシング対策協議会は11月7日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。フィッシングメールは、「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください」というタイトル。メール本文では「Apple IDからiCloudにログインする操作があった」と記述されている。

[19:55 11/7]

Appleを装う手口が7割 - 10月のフィッシング状況

フィッシング対策協議会は11月1日、2017年10月のフィッシング報告状況を明らかにした。同協議会に寄せられたフィッシング報告件数は、前月度より211件減少した982件で、3カ月ぶりに1,000件を下回った。依然としてAppleを装うフィッシングメールが出回っており、報告された982件のうち、約7割がAppleを名乗っているという。

[18:47 11/6]

LINEかたる詐欺メール、フィッシング対策協議会が緊急注意

フィッシング対策協議会は10月30日、LINEをかたるフィッシングメールが拡散しているとして緊急情報を公開した。メールは、「LINEへのメールアドレス」というタイトル。メール本文では、「あなたのアカウントパスワードは簡単すぎて安全面に問題がある」として、すぐにパスワードの変更が必要と偽り、フィッシングサイトに誘導する。

[17:25 10/30]

Amazon利用規約に違反しました? Amazonをかたる嘘メールに注意

8月、9月に引き続き、10月もAmazonをかたるフィッシングメールが拡散している。フィッシング対策協議会は10月26日、Amazonをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意情報を告知した。同協会は9月22日にも、Amazonを装ったフィッシングメールについて注意するよう、掲示を出していた。

[20:04 10/26]

8月、9月に続き10月も - Appleをかたるフィッシング

フィッシング対策協議会は10月23日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。フィッシングメールは、「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。」というタイトル。メール本文は「安全のため、このApple IDはロックされた」からはじまり、「あなたのApple IDから、Windows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があった」と不安をあおる内容になっている。

[19:22 10/23]

パロアルト、SaaS向けセキュリティサービス「Aperture」の最新版

パロアルトネットワークスは10月19日、CASB (Cloud Access Security Broker)ソリューションであるクラウドセキュリティサービス「Aperture」の最新版を提供開始した。最新版では、アマゾン ウェブ サービス(AWS)への対応などの強化が行われている。

[11:00 10/20]

謎の偽サイト「LINE COIN」、LINEが注意喚起

LINEは10月16日、同社が運営する仮想通貨事業「LINEコイン」を装ったサイト「LINE COIN」について、LINEの公式Twitterアカウントから注意を呼び掛けた。LINEによると、「LINE COIN」はLINEが提供するサービスとは無関係とのことだ。LINE COINのWebサイトを訪れると、LINEが運営するWebサイトであるかのような仕様となっている。

[20:40 10/16]

先週のサイバー事件簿 - マイクロソフトのセキュリティ更新、Office 2007などサポート終了

10月9日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。先週はマイクロソフトの月例セキュリティ更新プログラムが公開された。マルウェアなどの脅威から身を守るには、つねにソフトを最新の状態に保つことが基本。また、今回の更新プログラムに合わせて、Office 2007などはサポートが終了するので、最新バージョンへの乗り換えを早急に検討するべきだ。

[08:00 10/16]

「10月13日にApple IDが失効」 - Appleをかたるフィッシングメールに注意

警視庁サイバー犯罪対策課は10月10日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして、Twitterで注意を呼び掛けた。フィッシングメールにより、偽のWebサイトに誘導され、Apple IDとパスワードを窃取されるおそれがあるという。

[11:30 10/12]

そのAppleメール、本物? - 9月のフィッシング報告状況

フィッシング対策協議会は10月2日、2017年9月のフィッシング報告状況を明らかにした。同協議会に寄せられたフィッシング報告件数は、前月度より93件増加の1,193件となり、2カ月連続で直近1年の最高を記録した。

[18:55 10/3]

先週のサイバー事件簿 - 「ヌード写真よこせ」ランサムウェア、「野獣先輩」ウイルスに注意

9月25日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。トレンドマイクロのセキュリティブログに、今年(2017年)の6月に逮捕された中学生が作ったとされる通称「野獣先輩」ウイルスが解説されている。iOSをターゲットにしており、これに感染すると、Macがない環境で削除は困難。脱獄アプリなどからも感染する。くれぐれも気を付けたい。

[11:02 10/3]

先週のサイバー事件簿 - 表に出てくる不正アクセスは氷山の一角

9月18日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。iPhone 8が発売され、iOSのアップデートも始まった。加えてAppleからはiTunesやSafariなどのアップデータも配布されている。Appleユーザーを狙ったフィッシングメールもあとを絶たないので、脆弱性をなくす意味でも、iTunesなどのアップデートは済ませておきたい。

[21:07 9/27]

Equifax、インシデント報告サイトが逆にフィッシング詐欺に使われる危険性

Sophosは9月22日(米国時間)、「Equifax has been sending customers to a fake phishing site for weeks」において、Equifaxがセキュリティインシデントおよび過去最大規模の個人情報漏洩の報告に利用した「www.equifaxsecurity2017.com」というサイトが「不適切」と指摘した。こうしたドメイン名はサイバー攻撃者によって悪用されやすく、危険性が増しているという。

[18:33 9/27]

クレジットカードサービス「OMC Plus」を装うフィッシングメール拡散中

フィッシング対策協議会は9月25日、クレジットカード「セディナカード」や「OMCカード」利用者専用のインターネットサービス「OMC Plus」を装うフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

[14:46 9/25]

Amazonをかたるフィッシング、巧妙な偽サイトに注意

フィッシング対策協議会は9月21日、Amazonをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。同協会は9月11日にも、手口の異なるAmazonを装ったフィッシングメールについて注意喚起している。

[18:10 9/22]

クオリティア、標的型メール攻撃対策製品にJIPDECの「安心マーク」

クオリティアは9月21日、目視による標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」に、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が提供する「安心マーク」を実装したと発表した。

[16:00 9/22]

先週のサイバー事件簿 - Bluetoothがヤバイ、大量のWindowsアップデートも

9月11日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。もっとも大きい事件といえば、Bluetoothの脆弱性についてだろう。Bluetoothデバイスは普及率も高いだけに、悪用されたときの影響は計り知れない。Bluetoothデバイスを使っている人は、各OSのアップデートで対策を行うことを心がけよう。

[10:43 9/20]

アカウントが一時的に無効? Appleをかたるフィッシングメール

フィッシング対策協議会は9月19日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。同協会は8月30日にも、手口の違うAppleを名乗るフィッシングメールについて注意喚起している。

[19:58 9/19]

「アカウントが一時的に無効です」Appleをかたるフィッシングが発生

JPCERT/CCが運営するフィッシング対策協議会は9月19日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして、注意を喚起した。同日15時30分時点で、フィッシングサイトが稼働中だという。

[17:30 9/19]

親に安心と安全を贈るトーンモバイルのシニア向け新サービス - 特殊詐欺防止システム、ゆるやか見守り、タッチで連絡

トーンモバイルは敬老の日(9月18日)を目前にした15日、「あんしん電話」、「あんしんインターネット Lite」、「ゆるやか見守り」という高齢者を守るシニア向けサービスの発表を行った。同社が取り組んできたスマホの高額化・低普及、子どもとスマホの問題に続き、新たに「高齢者の特殊詐欺問題」の解決を目指したサービスを提供する。

[20:47 9/15]

騙されてはいけない、8月に続きAmazonを偽るフィッシングメール出回る

フィッシング対策協議会は9月11日、Amazonをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。同協議会は8月21日にも、異なる手口の[Amazonを名乗るフィッシングメールについて注意喚起している。フィッシングメールは、「すぐお支払い情報を更新する必要があります」というタイトル。

[19:27 9/11]

セゾンNetアンサーをかたる巧妙なフィッシング、クレディセゾンも注意喚起

フィッシング対策協議会は9月11日、セゾンNetアンサーをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。フィッシングメールは、「セゾンNetアンサーご登録確認」というタイトルで、タイトルの前に【重要 : 必ずお読みください】というメッセージがつく。9月11日15時時点で、フィッシングサイトは稼働中なので注意が必要だ。

[17:18 9/11]

先週のサイバー事件簿 - 平成29年上半期、サイバー犯罪の検挙は4209件

9月4日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届けするこのコーナー。先週までの「Apple」を騙るフィッシングメールに加え、「マイクロソフト」を偽ったメールが拡散中だ。メール以外にも、企業を騙り電話で暗証番号などの個人情報を盗もうとする場合も多い。かかってきた電話でこのような情報を聞かれたら、まず疑うように。

[15:01 9/11]

先週のサイバー事件簿 - アップルを騙るフィッシングが引き続き大流行中

8月28日週に発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。今週も先週から引き続き、「Apple」を語るフィッシングメールが継続して確認されている。特に日本はiPhoneを所持しているユーザーも多いので、もしかしたらと考えるユーザーもいるかも知れない。怪しいと思ったら、まず送信元アドレスを確認する癖をつけよう。

[19:45 9/5]

マイクロソフトをかたるフィッシングメール、個人情報は入力しないこと

フィッシング対策協議会は9月4日、マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。フィッシングメールは、「ご注意!! ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」というタイトル。

[17:15 9/4]

マイクロソフトをかたるフィッシング、件名「プロダクトキー」に注意

フィッシング対策協議会は9月4日、マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして、注意を喚起した。攻撃者は、Officeのプロダクトキーが不正コピーされているというメールを送り付けてくる。

[16:08 9/4]

フィッシング バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (パソコン>セキュリティ対策>フィッシング)

フィッシング トップへ
フィッシングに関する最新ニュースやレポートを発信。

人気記事

一覧

新着記事