「年中行事」最新記事一覧

正月や節分、ひな祭り、子どもの日、十五夜など、年中行事に関するトリビアやハウツーを紹介

関連キーワード

ヘッドライン

なぜお彼岸にお墓参りをするの? お供えのおはぎで運気が高まる!?

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、朝夕は随分涼しく、過ごしやすい季節となりましたね。爽やかな風も心地よく、秋の彼岸も近づいてきました。今回は彼岸の時期の開運術を紹介します。彼岸には、春と秋の彼岸があります。それぞれ春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間が彼岸となります。

[06:00 9/20]

フライングタイガー、ハロウィンを彩る新作230点--ハッピー&ホラーな商品も

Flying Tiger Copenhagenは9月29日より、10月のシーズナルテーマ「Everyday is Halloween!」をスタートする。秋本番のこの季節、注目のハロウィンを中心に新作を展開。変身願望を叶える仮装グッズ、hyggeな時間を演出するパーティーグッズ、新作230点を販売する。

[07:00 9/17]

健康運&金運アップのチャンス! 「重陽の節句」には菊とカモミールを

9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」。前回の「『重陽の節句』の過ごし方」で紹介した健康運アップに加え、今回は金運を呼び込む方法を紹介します。古くから強い香りを持つ菊には邪気を祓う魔よけの効果があるとされてきました。日本では、9月8日に菊の花に綿を被せ、最大の陽の気を持つ9月9日に、夜露と香が染みついた綿で身体を拭き清め長寿を願う、「着綿(きせわた」の風習があります。

[06:30 9/9]

夏の疲れに菊酒を! 最も陽のパワーが高まる「重陽の節句」の過ごし方

9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」。旧暦では、色とりどりの菊がきれいに咲く季節であることから、菊の節句とも呼ばれています。今回は、五節句の締めくくりにして、陽のパワーが最も高まる重陽の節句について紹介します。

[07:00 9/3]

なぜ「お盆」と言うの? お盆の正しい過ごし方--盆踊りで開ける運も

8月に入りお盆も近づいてきましたね。自分のルーツに思いを馳せ、感謝するのも運気がアップする方法です。今回は、いいお盆の迎え方を紹介します。そもそもお盆は、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称となります。

[06:30 8/10]

カレー沢薫のほがらか家庭生活 第50回 お盆

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏家族をテーマに語る。今回のテーマは「お盆」だ。結婚前毎年、父の実家・新潟に墓参りに行っていた。ともかく、結婚前のお盆と言えば、メチャクチャ墓参りしていた。そして今、何をしているかと言うとBBQである。

[07:00 8/9]

恋愛を叶える真夏の過ごし方--風鈴や夏祭りが恋愛成就を引き寄せる!?

いよいよ本格的な夏の到来ですね。夏は多くの出会いのチャンスに恵まれる恋の季節でもあります。夏を楽しみながら、恋を叶える真夏の過ごし方を紹介します。まず、魔よけの意味がある風鈴ですが、窓辺に飾れることで、お部屋中にいい気が回り浄化できます。室内の気がアップして幸せが運ばれてきます。

[06:30 8/7]

土用に引越しや結婚は要注意! 土用の時期に気をつけたいこと

2017年夏の土用は7月19日~8月6日まで。つまり、今日からですね。季節の変わり目となる土用は、気が乱れ不安定になりやすいので注意が必要な時期でもあります。今回は、土用の時期に気をつけておきたいことを紹介します。土用は年に4回あります。「春土用」は4月17日前後~5月5日前後、「夏土用」は7月20日前後~8月6日前後、「秋土用」は10月20日前後~11月6日前後、「冬土用」は1月17日前後~2月3日前後、となります。

[06:30 7/19]

夏の土用の丑の日っていつ? ウナギだけじゃない土用の過ごし方

土用の丑の日は、ウナギを食べるのが風物時のひとつとなっていますね。雑節にあたる土用は年に4回もあることを、みなさんはご存知でしょうか。今回は、土用に行うといい運気アップの方法を紹介します。

[16:00 7/14]

投網で幸せを絡めとる! 七夕飾りの意味を知って願いを叶えよう

前回、七夕で飾る短冊の色には意味があることを紹介しました。笹の葉の飾りには、短冊の他にもさまざま形を模した飾りがあります。もちろん、それらの飾りにも意味が込められています。そこで今回は、それぞれの意味を知り、願いを叶える方法を紹介します。

[06:30 7/7]

赤い短冊に恋愛成就の願いはNG - 七夕の願いはこの5色が基本

七夕と聞くと、短冊やたくさんのきれいな飾りを笹の葉につけ、夜空に輝く星に願いをかける場面を想像する人も多いのではないでしょうか。カラフルな短冊は気分を盛り上げてくれますが、実は短冊の色にも意味があることをご存知でしょうか。今回は、七夕に願いを叶える方法を紹介します。

[09:22 7/5]

七夕飾りはいつ片付ければいい? なぜ織姫と彦星は離れ離れに??

7月7日は、五節句のひとつとなる七夕(しちせき)の節句。浴衣姿で七夕祭りに出かけることを楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。今回は、七夕の由来をご紹介します。まず、七夕の節句の由来です。諸説あるのですが、いつくかのお話の中に、そのルーツを感じさせるものがあります。

[06:30 7/4]

江戸時代は年4回!? 風水師が教える衣替えの歴史と運気アップのポイント

風水では整理整頓に加え、地球のリズムに逆らうことなく季節感を大切に生きることでも大きな幸せが運ばれます。今回は、衣替えで運気を上げるポイントを紹介します。古いものを整理し、しっかりと良運を取り込みましょう。

[06:00 5/24]

「ムシューダ臭い」と言われるのが悲しい--エステー社員が語る衣替えと防虫

新たな気持ちで2017年を迎えたのが昨日のことのようだが季節が過ぎるのは速く、既に1年の半分近くが経とうとしている。筆者宅のクローゼットを開けるともう1カ月くらい着ていない冬服が未だに場所を取っており、読者の皆様も「衣替えなどとうに済んだわ」という人もいれば「もうしなくてもいいかなって思ってる」みたいな人もいるだろう。今回はどちらの人にも役に立つ情報を紹介したい。

[13:09 5/2]

"子どもの日"は"女性の日"だった? 五月人形を飾る理由

端午(たんご)の節句が近づくと、男の子がいる家庭では、勇ましい兜や立派な鎧の五月人形を飾りつける方も多いのではないでしょうか。今回は、五月人形が持つ意味について紹介します。

[06:00 4/28]

なぜ子どもの日には鯉のぼりを飾るの?

5月5日は、男の子のお祭り・端午の節句。ふと大空を見上げると、気持ちよさそうに風に乗り泳ぐ鯉のぼりを見ることができる季節となりました。今回は鯉のぼりを揚げる意味について紹介します。

[07:00 4/27]

子どもの日、なぜ菖蒲や柏餅で祝うの? 由来と本来の意味は

5月5日の"子どもの日"は、五節句の1つとなる端午(たんご)の節句。この子どもの日、そもそもの由来はどういったものなのでしょうか? 健やかな子どもの成長を願うための、伝統行事に込められた意味を紹介します。

[06:00 4/25]

大人もひな祭りで運気アップ! 菱餅や白酒にどんな意味があるか知ってる?

縁起のいい食べ物である節句料理。「桃の節句」とも言われるひな祭りにいただく食べ物にも、厄を払い幸せになるパワーフードがたくさんあります。今回は、そんな食べ物で楽しみながら運気をアップさせる方法を紹介します。

[06:00 2/23]

ひな人形は"飾ってはいけない場所"がある!? 意外と知らないタブーを解説

子どもの健やかな成長を願うひな祭り。風水では、ひな人形は子どものお守りとなってくれるもの。それだけに、飾り方は重要です。災いとなる陰の気をしっかりブロックして、幸せがストレートに舞い込むよう詳しく見てきましょう。

[06:00 2/20]

ひな祭りの由来、説明できますか? 正しい飾り方を風水師が解説

3月3日のひな祭りは、五節句の1つである「上巳(じょうし)の節句」。ひな祭りに飾る華やかなひな人形にも大切な意味が込められています。ひな祭りの由来をみていきましょう。

[06:00 2/16]

年中行事 バックナンバー

2017年

このキーワードについて (ライフスタイル>住まい>年中行事)

年中行事 トップへ
正月や節分、ひな祭り、子どもの日、十五夜など、年中行事に関するトリビアやハウツーを紹介

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事