「電機メーカー」最新記事一覧

パナソニック、シャープ、日立、ソニーなど電機メーカーの今を分析。各社の動向をレポートする。

関連キーワード

ヘッドライン

東芝、メモリ子会社を日米韓連合に売却決議 WD譲歩拒む

[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日開いた取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」を、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」への売却を決議した。午後に正式発表する。米ウエスタンデジタル(WD)は、土壇場の交渉で東芝と決裂した。複数の関係筋が明らかにした。 関係者によると、東芝は

[12:05 9/20]

東芝メモリ売却でWDが議決権全面放棄、新日米連合優勢に=関係筋

[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却交渉で、米ウエスタンデジタル(WD)が議決権の保有を全面的に放棄し、産業革新機構(INCJ)と米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、日本政策投銀行(DBJ)などで構成する新「日米連合」が新たな提案をしていることが明らかになった。 複数の関係筋によると、

[02:47 9/20]

シャープが振り返る「日の丸ディスプレイ」が敗北した理由(前編)

シャープが、ディスプレイ事業における「大日の丸連合」の結成に意欲をみせている。経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は出資を含むグローバルパートナーとの提携によって財務体質、経営体質の強化を図ると発表している。ここに中国企業が名乗りを上げる一方で、シャープも強い関心を示している。

[12:45 9/19]

東芝の半導体売却、一段と時間軸を意識した対応期待=三菱UFJ社長

[東京 14日 ロイター] - 全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は記者会見で、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業売却について、来年3月末の完了に向けてこれまで以上に時間軸を意識した対応を取るよう期待すると述べた。

[17:13 9/14]

焦点:東芝メモリ買収、日米韓が最終盤でリード 残るWD訴訟リスク

[東京 13日 ロイター] - 半導体子会社の売却交渉を進める東芝<6502.T>は13日、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス<000660.SK>を中心とする「日米韓連合」と交渉加速に向けた覚書を交わした。米ウエスタンデジタル(WD)など他の2陣営を引き離した格好だが、WDが提起した訴訟問題は解決しておらず、日米韓連合が契約締結を勝ち取るのか、

[19:49 9/13]

東芝の行動は遺憾、双方に有益な結果目指す=半導体買収でWD

[東芝 13日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体メモリー子会社買収に意欲を見せている米ウエスタンデジタル(WD)は13日、東芝が米投資ファンドのべイン・キャピタルなどからなる「日米韓連合」との覚書を締結したことを受け、「極めて遺憾」などとする声明を発表した。引き続き買収協議を継続させることを狙っているとみられる。 WDは声明で「WDの目的は、一貫して東芝とその

[16:33 9/13]

東芝の半導体売却、日米韓連合と協議加速 9月下旬までの契約目指す

[東京 13日 ロイター] - 東芝<6502.T>は13日、半導体メモリー子会社の売却で米投資ファンドのべイン・キャピタル、韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」と協議を加速させ、9月下旬までの株式譲渡契約締結を目指す覚書を締結したと発表した。 東芝のステートメントによると、日米韓連合から新たな提案があり、13日の取締役会で、同連合と覚書を締結する方針を

[15:16 9/13]

東芝メモリー事業、13日売却先決定見送り WDと溝埋まらず=関係筋

[東京 12日 ロイター] - 東芝<6502.T>は半導体メモリー子会社の売却で、13日に開く臨時取締役会での売却先決定を見送る。米ウエスタンデジタル(WD)陣営と協議を続けてきたが、条件が折り合わず、両者の溝は埋まっていない。 東芝は米投資ファンドのべイン・キャピタル、韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」との交渉を再開させ、来週の

[19:51 9/12]

革新機構が臨時委員会、東芝問題で情報共有 決議事項なし

[東京 12日 ロイター] - 官民ファンドの産業革新機構は12日午後、臨時の産業革新委員会を開き、東芝<6502.T>のメモリー事業売却問題に関して議論した。最新の状況を委員間で共有するのが目的で、決議事項はなかった。 三村明夫委員長は委員会終了後、記者団に対して「きょうは状況報告だけで、決定事項はない」と述べた。 東芝は13日に取締役会を開き、メモリー事業売却に関して議論する。買い手として

[16:10 9/12]

東芝メモリ売却、将来の禍根を警戒=同友会代表幹事

[東京 12日 ロイター] - 経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス<4188.T>会長)は12日の記者会見で、自身が社外取締役を務める東芝<6502.T>で半導体メモリー子会社の売却が大詰めを迎えていることについて、「一番重要なのは、5年先、10年先になって禍根を残さないこと」と述べた。その上で小林氏は、「タイムリミットは当然あるが、最後まで良い方向に持っていくことが重要だ

[14:03 9/12]

東芝、メモリー事業売却について現時点で決定した事実ない

[東京 12日 ロイター] - 東芝<6502.T>は12日、日刊工業新聞が同日、「東芝が東芝メモリを米ウエスタンデジタルを軸とする新日米連合に売却する方針を固めた」と報じたことについて、現時点で決定した事実はないとのコメントを発表した。 「今後、開示すべき事項を決定した場合には、速やかに開示する」としている。

[11:14 9/12]

アップルやソフトバンク参戦も? 混迷極める「東芝メモリ争奪戦」の背景

東芝のフラッシュメモリ事業である「東芝メモリ」の売却交渉が大詰めを迎えている。その背景を整理しつつ、いま東芝とフラッシュメモリ業界で何が起きているのか、今後の状況を占っていこう。

[18:17 9/11]

東芝メモリ買収、日米韓連合が設備投資負担含め総額2.4兆円計画

[東京 9日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」買収を提案している米投資ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」が、TMC買収で総額2兆4000億円の資金拠出を計画していることがわかった。TMCの買収額2兆2000億円に加え、設備投資2000億円を負担する。複数の関係筋が9日明らかにした。

[12:17 9/9]

東芝メモリー事業、アップルがWD陣営への売却に懸念=関係筋

[東京 8日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体メモリー事業売却で、最大顧客の米アップルが東芝に対してウエスタンデジタル(WD)陣営への売却に懸念を伝えていることが8日、わかった。複数の関係者が明らかにした。 関係者によると、アップルは東芝に対して、WDが将来、半導体メモリー子会社の主導権を取った場合、製品の取引を打ち切る可能性があると伝えてきた。WDは

[23:09 9/8]

欧州でも「プレミアム路線」を貫くソニー、その裏で進むGoogle連携

ソニーがカメラやオーディオ製品で打ち出す「プレミアム路線」。9月1日から6日までドイツ・ベルリンで開催された家電見本市「IFA 2017」では、その最新事例が明らかになった。

[08:00 9/8]

東芝、来週にメモリ-売却で最終判断 WD離脱後の日米連合軸に

[東京 6日 ロイター] - 東芝<6502.T>は、来週にも半導体フラッシュメモリー事業の売却について、最終的な判断を示す見通しだ。米ウエスタンデジタル(WD)が、産業革新機構や米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KRR)などで形成する日米連合に加わらない意向を東芝側に伝達したことで、WD離脱後の日米連合を選ぶ方向で調整が進む可能性が高まっている。関係筋が

[18:46 9/6]

東芝、岩手県北上市にメモリー新工場 サンディスクの参画は協議

[東京 6日 ロイター] - 東芝<6502.T>は6日、「東芝メモリ(TMC)」の新規拠点を岩手県北上市に決定したと発表した。2018年の建設開始を目指す。具体的な建設計画や設備投資などは、市場動向を踏まえ、今後決めていくという。また、TMCとして、サンディスクの新工場への参画を別途協議していく、としている。

[14:24 9/6]

東芝株が一時4%超す上昇、WDが半導体売却スキームから離脱へ

[東京 6日 ロイター] - 東芝<6502.T>が前日比で4%を超す上昇となった。半導体フラッシュメモリー事業の買収を巡り、米ウエスタンデジタル(WD)が産業革新機構などで形成する日米連合からの離脱を提案していることがわかった。複数の関係筋が5日、明らかにした。 WDは革新機構、日本政策投資銀行、米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KRR)の日米連合で

[09:57 9/6]

WD、東芝半導体買収スキームから離脱・四日市での協業強化提案

[東京 5日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体フラッシュメモリー事業の買収を巡り、米ウエスタンデジタル(WD)が産業革新機構などで形成する日米連合からの離脱を提案していることがわかった。同時に共同生産する三重県四日市市のメモリー工場で、東芝が単独投資を決めた第6製造棟への共同運営など同工場での関与を強めることを求めている。 複数の関係筋が5日、ロイターに明らかにした。

[20:18 9/5]

焦点:東芝、厳しいメモリー年度内売却 「プランB」検討開始の見方も

[東京 31日 ロイター] - 東芝<6502.T>が経営再建の柱に据える半導体メモリー事業の売却が大幅に遅れ、今年度中の債務超過の解消が一段と不透明になっている。肝心の売却先候補の選定は期限とみられていた31日に決まらず、各国の独禁法審査を通過して年度内に売却を完了するという筋書きの実現に悲観的な見方が日を追うごとに増している。 関係者からは、メモリー売却に代わる「プランB(代替策)」の検討が

[20:00 8/31]

東芝、メモリ―売却で3陣営と交渉継続 売却先絞り込んでいない

[東京 31日 ロイター] - 東芝<6502.T>は31日、半導体メモリー事業の売却について、米系ファンドのべイン・キャピタルなどのコンソーシアム、米ウエスタンデジタルを含む企業連合、台湾の鴻海精密工業<2317.TW>などの企業連合の3陣営との交渉を継続しているとのコメントを発表した。 東芝によると、31日に開催した定時取締役会で、売却交渉の状況が報告され、検討はしたものの、

[13:11 8/31]

東芝半導体売却、日米韓連合にアップルが参加 WDとの合意見送り

[東京 30日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体メモリー事業の売却で、優先交渉先に選ばれていた「日米韓連合」が、新たな買収提案をしていたことが30日明らかになった。複数の関係筋によると、米アップルが加わり、総額2兆円超の買収資金を確保する。東芝は31日に開く取締役会で、交渉を進めてきた米ウエスタンデジタル(WD)を中心にした日米連合との月内合意を見送り、

[20:15 8/30]

シャープ、米国際貿易委に海信電器の特許侵害の調査申立て

[東京 30日 ロイター] - シャープ<6753.T>は29日(米国時間)、海信電器(ハイセンス)グループ<600060.SS>が、シャープが保有する無線LAN関連特許を侵害しているとして、米国国際貿易委員会(ITC)に調査の申し立てを行ったと発表した。

[16:01 8/30]

東芝のメモリー売却、米WDとの月内合意は困難=関係筋

[東京 30日 ロイター] - 東芝<6502.T>のメモリー子会社の売却を巡る同社と米ウエスタンデジタル(WD)との協議が難航しており、月内の大筋合意は困難な情勢になっている。メモリー子会社に対するWDの将来の出資比率などに関して、両社の溝が埋まらないためだ。複数の関係筋が明らかにした。 東芝とWDは、月内の大筋合意を目指して協議を続けているが、WDの将来の出資比率のほか、次世代

[00:25 8/30]

東芝とWDの調整を注視、前向きな交渉なら評価=世耕経産相

[東京 29日 ロイター] - 世耕弘成経済産業相は29日、閣議後の会見で、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業の売却を巡り米ウエスタンデジタル(WD)との協議が大詰めを迎えているとの報道について、東芝と関係者の調整を注視したいと述べた。 6月に、東芝が日米韓連合に優先交渉権を付与すると発表した際は、それを歓迎する経産相コメントを出したが、今回は「交渉相手が変更になるかどうかも

[12:33 8/29]

米WDのミリガンCEOが来日、東芝側と最終協議=関係筋

[東京 28日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)のティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が来日し、東芝<6502.T>の半導体メモリー事業買収に向け最終協議していることがわかった。関係筋が28日、明らかにした。 東芝は31日にも取締役会を開き、WDに産業革新機構、日本政策投資銀行、米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)を加えた日米連合

[12:26 8/28]

ITと家電、その裏にある"インフラ"で次の柱を--エスキュービズム 薮崎社長

安価ながらもデザイン、色へのこだわりなどで家電事業が伸びを見せているエスキュービズム。同社はITと自動車(中古車販売)、家電を三本柱として、いずれも売上規模が20億円程度を誇る。

[08:00 8/26]

WD、東芝メモリに役員派遣せず 将来も3分の1超の議決権持たず

[東京 25日 ロイター] - 産業革新機構などが参加する日米企業連合による東芝<6502.T>の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の買収計画で、米ウエスタンデジタル(WD)がTMCに役員を派遣しないことで調整していることがわかった。 買収後の出口戦略で有力視されているTMCの株式上場後も、WDは重要事項に対する拒否権を得る3分の1超の議決権を持たない意向を示しているという。複数

[18:06 8/25]

パナソニックが共働き家電強化、ボリュームゾーンで事業拡大

[東京 24日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は共働き世帯向けの家電を強化する。機能だけでなく生活の質にこだわった家電を投入、売り上げを伸ばしているプレミアム家電の一部として品ぞろえを増やしていく。ボリュームゾーンの共働き世帯をターゲットとすることで、事業の拡大を目指す。 来年創業100周年を迎えるのを機に「クリエイティブ・セレクション」と銘打ち、まずは冷蔵庫や掃除機、ドライヤー

[18:45 8/24]

東芝の半導体、総額1.9兆円の買収で調整 WDは1500億円=関係筋

[東京 24日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体子会社売却で、新たに交渉先に決まった米ウエスタンデジタル(WD)陣営が、買収総額として1.9兆円を計画していることが24日、明らかになった。 WDは各国の独禁法審査を回避するために転換社債1500億円の拠出にとどめ、議決権は持たない。東芝も1000億円の出資を残す方向だ。複数の関係筋が明らかにした。 WDの1500億円

[18:21 8/24]

電機メーカー バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (経営・ビジネス>電機メーカー)

電機メーカー トップへ
パナソニック、シャープ、日立、ソニーなど電機メーカーの今を分析。各社の動向をレポートする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事