「データベース」最新記事一覧

ITを支えるデータベースに関する情報を掲載

関連キーワード

ヘッドライン

PostgreSQL、サポートしている全バージョンの最新版公開

PostgreSQLグローバルデベロップメントグループは11月9日(現地時間)、「PostgreSQL: PostgreSQL 10.1, 9.6.6, 9.5.10, 9.4.15, 9.3.20, and 9.2.24 released!」において、サポートしているすべてのバージョンに関して最新版を公開したと伝えた。今回のバージョンでは3つの脆弱性が修正されているほか、BRINインデックスにおけるバグの修正、ロジカルレプリケーションのバグの修正など、過去3カ月に報告されたバグが修正されている。

[14:30 11/11]

【特別企画】ランサムウェア対策にも有効! 仮想デスクトップインフラストラクチャがもたらすデータ保護と可用性のメリットとは

仮想デスクトップインフラストラクチャのデータ保護と可用性に関する考慮事項は、物理デスクトップとは異なります。お客様の環境に適したストレージを選択する必要があります。

[14:00 11/9]

カゴヤ、Oracle DBとの互換性99%「Tibero」をクラウドで運用できるプラン

カゴヤ・ジャパンは10月31日、日本ティーマックスソフトが提供するリレーショナルデータベース「Tibero RDBMS」をクラウド上で運用できる「Tiberoプラン」の提供を開始する。

[11:30 10/31]

【特別企画】「まずは試してほしい!」企業でのビッグデータ・IoTへの取り組みを迅速化するサンドボックス提供 - Talend

ビッグデータやIoTの取り組みが活発化するなか、データを戦略的に活用したいというニーズが大きなうねりを見せている。「うちでも何かやれ!」――マネージャーからのそんな号令に頭を悩ませている担当者も少なくないはずだ。

[09:00 10/30]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第11回 チューニングの例:パーティション分割編

前回に続いて今回も、複数のテーブルを結合するSQLのチューニングを行います。前回は、統計情報を取得し、HASH分散を行ってみました。今回は、パーティションの分割を行います。

[09:00 10/30]

ライオン、原料や組成などの化学物質情報を一元管理するシステムの運用開始

ライオンは、東芝デジタルソリューションズ、JFEシステムズと共同で「化学物質情報管理システム」を開発し、2017年11月よりライオンの国内すべての研究・開発拠点で運用を開始すると発表した。

[08:00 10/25]

ネットワールド、AIセンターを開設 - NVIDIA GPUに最適なデータベース提供

ネットワールドは10月23日、米KineticaとVAD(Value-Add Distributor)契約を締結し、同社と協力して「Networld AI センター」を開設することを発表した。「Networld AI センター」は、NVIDIA GPUを搭載したサーバープラットフォーム上で、Kinetica社のデータベースソリューションのデモンストレーション、POC環境、機械学習やディープラーニングのトレーニングを提供する。

[14:00 10/23]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第10回 チューニングの例:統計情報とHASH分散編

前回は、チューニングのための環境を整備し、実行計画を確認しました。今回は複数のテーブルを結合するSQLのチューニングを行います。前回と同様に、データベースのベンチマーク環境である「TPC-H」をSQL Data Warehouseで用意して使います。

[10:25 10/23]

新戦略展開とともに、「顧客の問題解決」を最優先課題に - Veritas

「データバックアップのVeritas」から「データ管理のVeritas」へ――Veritas Technologiesが掲げるこの新戦略を現場で実行するにあたって責任を負うのがフィールドオペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントのScott Genereux氏だ。同氏に、今年9月、同社が米ラスベガスで開催した自社イベント「Veritas Vision 2017」で現場での取り組みについて話を聞いた。

[09:39 10/16]

日本IBM、システム復旧環境の実効性を高める自動化ソリューション

日本IBMは10月12日、都内で記者会見を開き、システム復旧の自動化ソリューション「IBM レジリエンシー・オーケストレーション」を発表した。同ソリューションは、IBMが2016年11月に買収したインドのSanovi Technologiesのソフトウェアを既存のIBMレジリエンシー・サービスのラインアップに追加したものとなる。

[10:00 10/13]

トレンドマイクロ、IoT向けセキュリティ戦略-フルレイヤーで各業種に最適化

トレンドマイクロは10月11日、都内でIoT向けセキュリティ戦略に関する説明会を開催した。同社は、新戦略の下、IoT特有のセキュリティインテリジェンスを活用することで、デバイス、ネットワーク、コントロールセンター、データアナライズというフルレイヤーのセキュリティを業種ごとに最適化し、提供するという。

[09:53 10/12]

Veritas最高製品責任者が明かす、AWSではなくMicrosoftと最初に提携した理由

Symantecから分社したVeritas Technologiesは「データ管理ソリューションベンダー」であることを標榜する。その実現に向け、新たな戦略「360度データ管理」を策定し、同戦略に基づく製品の提供にこぎつけている。その立役者が最高製品責任者を務めるMike Palmer氏だ。Palmer氏にVeritasがフォーカスしている分野について話を聞いた。

[09:00 10/12]

グローバル同様、日本でもAWSと激しく戦う - 日本オラクル新CEO

今年6月、日本オラクルのCEOに就任したFrank Obermeier氏がクラウドカンパニーへの転身に向けてギアをシフトさせつつあるようだ。米Oracleが10月5日まで米サンフランシスコで開催した年次イベント「Oracle Open World 2017」で日本のプレス向けのインタビューの席で、Obermeier氏は米国本社のAmazon Web Services(AWS)に対抗する動きに合わせて、日本でも「AWSと激しく戦う」と宣言した。

[13:30 10/11]

2016年「全国社長の出身大学」調査、トップ10は昨年と変わらず

東京商工リサーチは10月10日、2016年「全国社長の出身大学」調査の結果を発表した。同調査は、同社の企業データベース296万9431社(2016年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)のうち、公開された出身大学を集計したもの。

[17:00 10/10]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第8回 大量のデータを高速にロードする

SQL Data Warehouseは「大量のデータの取り扱いに特化しているデータベース」という性質上、大量のデータを高速にロードする方式が用意されています。今回は、データのロードについて説明します。

[09:00 10/6]

[Oracle OpenWorld]OracleのCEOハード氏、「2025年のクラウド予言」の実現率を自己診断

米Oracleが米サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2017」で、同社CEOのマーク・ハードは自社クラウド事業全体の戦略について説明した。ハード氏は2年前のOpenWorldで2025年の予想を披露したが、今年はその予想が実現しそうであることをアピールした。

[11:30 10/4]

SQL Server 2017、販売およびダウンロード開始

Microsoftは10月2日(米国時間)、「SQL Server 2017 on Windows Linux and Docker is now generally available|SQL Server Blog」において、SQL Serverの最新版となる「SQL Server 2017」の一般販売およびダウンロードを開始したと伝えた。SQL Server 2017はWindowsプラットフォームのみならずLinuxおよびDocker Enterprise Edition認証コンテナで実行することができる。

[08:46 10/4]

ビズオーシャン、音声でLINEからExcelに入力できるサービス

財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービスの子会社であるビズオーシャンは10月3日、音声AIによるドキュメント作成サービス「SPALO(スパロ)」の提供を開始すると発表した。

[13:40 10/3]

米オラクル、エンジニアドシステムの最新版「Oracle Exadata X7」発表

米オラクルは10月2日(現地時間)、エンジニアドシステムの最新版「Oracle Exadata X7」を発表した。同製品は、最新のIntelc Xeoncスケーラブル・プロセッサを搭載しており、PCIe NVMeフラッシュ・ストレージの容量は100%、ディスク容量は25%増加している。

[12:45 10/3]

[Oracle OpenWorld]エリソン氏、機械学習で自動化を実現した「Autonomous Database」発表 - AWS Redshiftに対抗

米Oracleは10月1日、米サンフランシスコで年次イベント「Oracle OpenWorld 2017」を開幕した。初日夕方の基調講演に登場した経営執行役会長兼CTOのラリー・エリソン氏は次期データベース「Oracle 18c」、18cをベースとした「Oracle Autonomous Database Cloud」を発表、「世界初、そして唯一の完全自動化データベース」と紹介した。ライバルのAmazon Web Servicesのクラウド・データウェアハウス「Amazon Redshift」よりも低コストで高機能を実現すると胸を張った。

[11:30 10/3]

日立、自発的に成長する音声対話AI技術を開発 - 羽田で実証実験

日立製作所は9月28日、ヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」の接客・案内サービスでの活用を想定し、対応できなかった質問を職員に確認して自発的に日々成長する音声対話AI技術を開発したと発表した。

[14:00 9/28]

コニカミノルタ、創薬支援企業の米Invicroを買収

コニカミノルタは9月25日、プレシジョン・メディシン事業の成長戦略の一環として、創薬支援企業である米Invicroの買収に関する契約を締結したと発表した。

[16:25 9/26]

どの国、どの職種の開発者の年収が高い? - Stack Overflow

Stack Overflowは9月19日(米国時間)、「How Much Do Developers Earn? Find Out with the Stack Overflow Salary Calculator - Stack Overflow Blog」において、Stack Overflowの調査データから開発者の年収に関するデータを発表した。年収は開発者としての勤務年数によって左右されるほか、国ごとに大きな違いが現れることが示されている。

[17:30 9/24]

富士通研究所と富士通、AIの推定理由や根拠を提示する新技術

富士通研究所と富士通は9月20日、グラフ構造のデータを学習する富士通研究所独自の人工知能(AI)技術「Deep Tensor(ディープ テンソル)」と、学術文献など専門的な知識を蓄積したグラフ構造の知識ベース「ナレッジグラフ」を関連付けることにより、大量のデータを学習させたAIの推定結果から推定理由や学術的な根拠を提示する技術を開発したと発表した。2018年度に富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」での実用化を予定している。

[14:30 9/21]

説明可能なAIと量子コンピューティグ技術の実用化で世界を牽引 - 富士通研 2017年度研究開発戦略

富士通研究所は9月20日、2017年度の研究開発戦略説明会を開催し、今後の研究開発戦略の方針ならびに、新開発の技術などを報告した。

[13:10 9/21]

日本オラクル、多次元データ分析「Oracle Essbase」をクラウド提供

日本オラクルは9月20日、ビジネスデータ分析、セルフサービスBI、機会学習による可視化サービスなど、ビジネスにおける広範なアナリティクス業務を支えるクラウドサービス「Oracle Analytics Cloud」を拡充したと発表した。これにより、「Oracle Essbase」を新たにクラウドで提供するほか、モバイルデバイス専用に機械学習と組み合わせた分析・可視化サービス「Oracle Analytics Cloud Day by Day」を提供する。

[12:42 9/20]

アプリケーションに注力するNutanixの戦略 - One OS, One Clickでクラウド

Nutanixは9月15日、都内でカンファレンス「Nutanix. NEXT ON TOUR IN TOKYO 2017」を開催した。同イベントでは.NEXTテクニカルセッションとして米Nutanix テクノロジーディレクターのジャスティン・ハースト氏が「Nutanixの持続的なイノベーションおよび今後の方向性」と題し、講演を行った。今回、その模様をレポートする。

[06:30 9/20]

システムサポート、チケット制Oracle Database保守サービスを拡充

システムサポートは9月19日、Oracle Databaseの保守サービス「Oracle Databaseチケットサービス」をリニューアルすると発表した。これまで対応範囲外だった診断メニュー・予防メニューを追加し、名称を「Oracle Database チケット制運用支援サービス」に変更する。

[13:16 9/19]

トヨタ、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式のナビ機能を開発

トヨタ自動車は9月11日、DCM(Data Communication Module:車載通信機)の標準設定を柱とする「コネクティッド戦略」の一環として、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式の「ナビゲーション機能」「音声認識機能」を開発したと発表した。これにより、顧客に新たな価値を提供する商品として、今秋以降、国内で発売される新型車のナビシステム(メーカーオプション)に順次展開していく。

[16:42 9/11]

日本IBMとホートンワークス、データ分析基盤製品を双方で再販

日本IBMとホートンワークスジャパンは9月5日、都内で記者会見を開き、両社のグローバル戦略提携の一環として、それぞれが提供するビッグデータ分野向けのソリューションの販売とサポートを開始すると発表した。

[13:00 9/6]

データベース バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (企業IT>情報システム>データベース)

データベース トップへ
ITを支えるデータベースに関する情報を掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事