「子供とお金」最新記事一覧

教育資金や保険など、子どもがいる家庭で知っておきたいマネーテクを紹介

関連キーワード

ヘッドライン

子どもの習い事、年収によってどれだけ違う?

「子どもの習い事、どうしよう」「みんなどのくらい塾にお金をかけているのかな?」。子育て中のママ・パパであれば、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。子どもにかける費用は、ついつい青天井になりがち。そこで今回は、塾や習い事にかける費用について年収・進路別に比較してみました。

[06:30 6/20]

小中学生のお小遣い額、最も多いのは?

ドゥハウスは6月13日、子どものお小遣いに関する調査結果を発表した。調査は2016年12月にインターネット上で行われ、小中学生のいる既婚女性203名から回答を得たもの。1カ月あたりのお小遣いの額として最も多かったのは、小学生で「500円~1,000円未満」、中学生では「1,000円~2,000円未満」だった。

[16:30 6/13]

2歳の誕生日プレゼント、最も人気なのは?

ついこの前、歩き始めたと思っていたら、気がつけばもう2歳。活発に動き回ったり、多くの言葉を話し出したり、わが子の成長が感じられる時期かもしれない。一方で、誕生日プレゼントを考えた時に、具体的な商品の要望を聞くのは難しい年齢でもある。そこで今回は、子どもを持つマイナビニュース会員300名に「2歳の誕生日プレゼント事情」について聞いてみた。

[07:30 6/11]

子どもが増えると、夫のお小遣いはどう変わる? - 子1人は1カ月平均4万円弱

婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは6月9日、「既婚男性のお小遣い事情」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は30~49歳の既婚男性2,200名を対象に、2017年5月16~17日の期間、インターネット上で行われたもの。子どもの人数1人の既婚者について、1カ月のお小遣いの平均は3万8,516円だった。

[17:55 6/9]

200万円が"ついつい"生活費に消えている!? 教育資金はボーナスで軌道修正を

子育て世代にとっては、大きな課題である"教育費"。貯蓄計画を立てたとしても、なかなか計画通りにはいかないのが現実です。そこで活用したいのが、年に2回のボーナス。計画的に貯蓄できない自分を責めるのではなく、計画的に貯蓄できないことを想定した仕組みづくりをしてみませんか?

[07:30 6/3]

子育て世帯の家計管理は"財布の使い方"を変えるだけでいい

家計簿をつけたり、科目別に袋分けをしたり……。「いろいろ工夫をしているのに、予算内で生活ができない!」なんてことはありませんか? しかし、そんな面倒なことをしなくても、お財布の使い方にちょっとしたルールを取り入れるだけで、節約効果も期待できる家計管理が実現できます。

[07:30 5/20]

働くパパママに毎月5万円支給--「父よ母よ不安になるな手当」ってナニ?

ウェブマーケティングコンサルなどの事業を行うヴァンテージマネジメントは、4月3日から子どもがいる社員に「父よ母よ不安になるな手当」を実施。毎月、最大5万円を支給することで働く父母をサポートしている。

[06:30 5/18]

学資保険は本当に加入すべき? 子どもの年齢別、必要な保険・不要な保険

子どもを授かったら、一度は考える家族のための保険。「いつ何に加入すべき?」「本当に必要?」。そんな悩みを抱えるパパやママは多いのではないでしょうか。今回は、子どもが欲しいと考え出した時期、妊娠中、乳幼児期、小学校時など、子どもの成長に合った保険の加入や見直しタイミングをご紹介します。

[11:30 5/9]

パパも必読! 保育園・幼稚園から大学まで、子供にかかるお金の相場まとめ

子どもひとりを育てるのにいくらかかるのか。1,000万円、2,000万円、3,000万円という声もあるだろうが、実はどの金額も相場として正しいと言える。なぜそうなるのか、そして、どんな時にどんなお金がどのくらい必要になるのか。「子どものお金」をテーマにして、ライフスタイル別に見た相場を一緒に考えてみよう。

[10:00 5/2]

家計が回る"子連れレジャー費の予算"って? 使い過ぎを防ぐ3つのポイント

家族で楽しくお出掛けのはずが、「こんなにお金を使っていいのかな……」と不安に思うことはありませんか? レジャーで楽しくお金を使うには、"予算"とどのように向き合うのかがポイントです。家族みんなが笑顔でレジャーを楽しむための3つのポイントをご紹介します。

[07:30 4/30]

シングルマザーの家賃平均は5.2万円

アットホームは3月31日、「シングルマザーの住まいの実態調査」の結果を発表した。調査は2月20日~21日、全国の20歳~59歳のシングルマザー618名を対象にインターネットで行われた。

[15:42 3/31]

子どもの金銭感覚を養う! おこづかいの渡し方とやってはいけないNGポイント

お子さんの進学・進級を迎えて、「おこづかい」について話し合うご家庭も多い時期ではないでしょうか。おこづかいは、親の教育方針や考え方によりけりと分かっていても、「よそのお家はどうしているの?」も気になるところ。金額の相場や渡す時期、それにお小遣いによる金銭教育の方法についてもご紹介します。

[10:30 3/27]

入学準備で「予想外にお金がかかった」もの--ランドセルは2位、1位は?

待ちに待った新入学。小学校への入学を控え、今からその日を心待ちにしている家庭も多いことだろう。入学準備には何かとお金がかかるものだが、その備えは万全だろうか。今回は、子どもをもつ女性マイナビニュース会員301名に、「小学校の入園準備で『予想外にお金がかかった』と感じたもの」を聞いた。

[10:30 3/25]

海外留学にかかる費用、6割が「100万円以上」と想定

DMM.comは3月15日、留学エージェント「DMM留学」で「海外留学に関するアンケート」の結果を発表した。調査は3月7日~8日、17歳~49歳600人を対象にインターネットで行われた。

[15:50 3/15]

ママが自分のために使うお金、最も多い内訳は?

ママ向け情報サイト「ママスタジアム」を運営するインタースペースは3月13日、「ママのおさいふ事情」についての調査結果を発表。ママが自分のために使うお金の内訳で最も多かったのは通信費だった。

[20:00 3/14]

子育て世帯の平均貯蓄額は?

インタースペースは3月13日、「ママのお財布事情」に関する調査結果を発表した。調査は2月1日~7日、同社運営の情報サイト「ママスタジアム」を利用する子育て中の女性461名を対象に、インターネットで行われた。

[16:33 3/14]

子どもの携帯・スマホ代は月平均6,563円

ソニー生命保険は3月14日、「子どもの教育資金に関する調査」の結果を発表した。

[16:32 3/14]

「子どもの教育資金に不安」は75%--小学生が社会人になるまでいくら必要?

ソニー生命保険は3月14日、「子どもの教育資金に関する調査」の結果を発表した。

[16:14 3/14]

中高生のお小遣いは月にいくら?

テスティーは3月13日、お小遣いに関する調査結果を発表した。調査は3月6日~7日、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」ユーザーのうち中学生および高校生446名を対象にインターネットで行われた。

[15:59 3/13]

小学校生活、6年間でかかるお金はいくら? - 家計を助ける制度も紹介

今回は小学校の入学時・入学後にかかるお金について、全国の平均額やリアルママの声をご紹介。小学校生活をサポートするさまざまな制度についてもお伝えします。

[06:30 3/9]

年収400万円で、出産・子育てをしようと思う割合は?

SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表。世帯年収が400万円になった場合、出産・子育てをしようと思える割合は、20代で37.8%、30代で37.2%、40代で33.0%となった。

[17:00 3/7]

お小遣いをあげる親の悩みは? - "学校で小銭配る"、"お札をはさみで半分に"

アクトインディーは3月2日、「子どものお小遣い事情に関するアンケート調査」の結果を発表。お小遣いをあげる親の悩みで最も多かったのは「お小遣いの適正な金額がわからない」だった。

[16:30 3/3]

子どものお小遣い、何歳からあげてる?

アクトインディは3月2日、子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」で、子どものお小遣い事情に関するアンケート調査結果を発表した。

[17:32 3/2]

保育園・幼稚園の費用は、いくらかかる?

今回は、保育園・幼稚園入園時に加え、入園後、月々かかってくるお金について、リアルママの声も参考にしながら、解説します。

[11:30 3/2]

【特別企画】口座開設ひとつで変わる! お金が貯まる人と貯まらない人の違いは?

結婚や子供が生まれたときなど、将来のためにお金を貯めたいのに「なかなか貯まらない」という悩みを持ったことはありませんか。今回は、ファイナンシャル・プランナーに「お金が貯まる人・貯まらない人の違いについて」お話を伺い、これから貯めたい人へのアドバイスもいただきました。

[10:30 2/28]

子ども2人を育てるのに、必要な年収はどれくらい?

今回はマイナビニュース会員のうち、子どもが2人以上いる女性300名に、2人の子育てをするために年収はいくら必要だと思うか考えてもらった。

[16:30 2/6]

市販薬の購入で税金が戻る! 保育料にも影響するセルフメディケーション税制

2017年から医療費控除制度の特例として「セルフメディケーション税制」が始まりました。保育料にも影響する同制度。どんなことに注意すればいいのか、解説します。

[11:00 2/1]

子どもの教育費、保護者に聞いた毎月の積立金額は?

個別指導の学習塾「明光義塾」はこのほど、子どもの教育費に関する調査結果を発表。教育費の積立金額は、月額1~3万円がボリュームゾーンであることが分かった。

[18:30 1/23]

子育て世帯にとって、個人型確定拠出年金はお得なの?

2017年1月から、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象が大幅に拡大され、主婦や公務員も加入できるようになりました。今回は、子育て世帯が同制度を利用するメリットとデメリットについて解説します。

[11:30 1/18]

フラット35、子育て世帯は金利優遇へ - 住宅ローンはどれだけお得になるの?

政府は若い子育て世帯を対象に、住宅ローン「フラット35」の金利を0.25%引き下げる優遇措置を導入します。消費税が10%になる前に、住宅購入などを検討している子育て世帯には朗報! さらに住宅ローンのさまざまな金利優遇制度についてもご紹介します。

[11:30 1/10]

子供とお金 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (ライフスタイル>妊娠・子育て>子供とお金)

子供とお金 トップへ
教育資金や保険など、子どもがいる家庭で知っておきたいマネーテクを紹介

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事