「自動車」最新記事一覧

自動車の進化を支える最新技術や活用事例を紹介。自動車の新車情報なども掲載

関連キーワード

ヘッドライン

トヨタ、販売店向けカーシェア事業用アプリを開発- 米ハワイ州で実証を開始

トヨタ自動車(以下 トヨタ)は、トヨタ販売店向けのカーシェア事業用アプリを開発し、米国ハワイ州のトヨタ販売店「Servco」と実証事業を開始したことを発表した。Servcoでは既に7月から試験的な運用を開始しており、本年後半よりホノルルで一般カスタマー向けのカーシェア事業を本格稼動させる予定だとしている。

[14:13 8/17]

デンソーの衝突回避システムにタワージャズの技術を採用

タワージャズは8月16日、デンソーが24-GHz後側方準ミリ波レーダーの開発において、同社の0.18um SiGeテクノロジーを採用したことを発表した。このレーダーは、2017年7月に北米で発売された「トヨタカムリ」に搭載された。

[16:48 8/16]

NTTとトヨタなど7社、自動車ビッグデータ向けNW基盤などのコンソーシアム

NTTとトヨタ自動車、インテル、エリクソン、デンソー、トヨタIT開発センター、NTTドコモの7社は8月10日、Automotive Edge Computing Consortium(オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム)の創設に向けた活動を開始すると発表した。同コンソーシアムでは、インテリジェントな車両制御、リアルタイムデータを用いた地図生成、クラウド・コンピューティングによる運転支援など、将来的なコネクティッドカーの実現に向けて必要となるサービスを支える基盤づくりを推進していく。

[07:00 8/11]

デンソー、自動運転用半導体のキー技術である半導体IP設計の新会社を設立

デンソーは8日、自動運転用半導体のキー技術となる半導体IPおよび関連ツールの開発・設計、ライセンス販売、保守メンテナンス、エンジニアリングサービスを行う新会社「エヌエスアイテクス」を設立することを発表した。

[14:10 8/9]

ZMP、Telemotive製小型車載データロガーを販売- ロガー+遠隔制御の1台2役

ZMPは7日、独Telemotive製タッチパネル搭載小型車載データロガー「blue PireT Remote」の販売を開始したことを発表した。

[11:00 8/8]

ユニシスと国際自動車、スマホアプリによるタクシーの事前確定運賃の実証

国際自動車と日本ユニシスは8月3日、両社が共同開発したスマートフォン用アプリを使用して、国土交通省が行うタクシー事前確定運賃サービスの実証実験に参加すると発表した。期間は8月7日の9時~10月6日の24時(10月7日の0時)まで、対象地域は東京23区・三鷹市・武蔵野市、対象となるタクシーの台数は320台。

[12:01 8/4]

トヨタ、米国CSRCにて自動運転およびコネクティッドカー向けの技術研究

トヨタ自動車は、交通事故死傷者の低減を目指し、北米の大学や病院、研究機関等と共同研究を行う先進安全技術研究センター(Collaborative Safety Research Center、以下 CSRC)において、新たな研究プロジェクトの内容を発表した。

[17:24 8/3]

パナソニック、運転中の居眠りを非接触で検知・予測する眠気制御技術を開発

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、カメラ画像から人の眠気を検知・予測し、覚醒状態を維持させるための眠気制御技術を開発したことを発表した。

[12:01 7/28]

シーメンス、自動車業界向けソフト開発&エンジニアリングソリューション

シーメンスPLMソフトウェアは、自動車製品への車載が急増している組込みソフトウェアに関する重要な開発課題を解決する、新しい自動車業界向け統合ソフトウェア・エンジニアリング・ソリューションを発表した。

[10:31 7/28]

GMOクラウド、自動車の自動解析・遠隔診断を実現するIoTソリューション

GMOインターネットグループのGMOクラウドは7月26日、車載コネクタを通じて車両コンディションの自動解析および、自動車の遠隔診断が可能な自動車向けIoTソリューションを開発し、サービスサイトを開設した。同日より法人向けの先行申込受付を開始し、2017年9月を目処に正式にサービス提供を開始する予定。

[14:12 7/27]

カブク×博報堂コンサル、ASEANでのプロダクト開発期間を短縮するサービス

カブクは、博報堂グループのコンサルティング専門会社「博報堂コンサルティング・アジア・パシフィック」と共同で、ASEAN地域におけるプロダクト開発を短期間で可能にするアジャイル型商品開発プログラム「Agile Future Emerging Program(アジャイル・フューチャー・イマージング・プログラム)」の提供を開始することを発表した。

[08:48 7/26]

日立オートモティブのADAS ECU、日産「エクストレイル」に採用

日立オートモティブシステムズは、同社のADAS ECUが、2017年6月にマイナーチェンジして販売開始された日産自動車の「エクストレイル」に採用されたと発表した。

[08:00 7/26]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第121回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(61)ADAS

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。

[12:00 7/25]

日立オートモティブ、スズキ「新型スイフト」にリチウムイオン電池が採用

日立オートモティブシステムズは7月24日、同社のリチウムイオン電池モジュールが、スズキのハイブリッドを搭載した新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」に採用されたことを発表した。

[14:51 7/24]

GLM、独ボッシュエンジニアリングと車両制御の分野での協業を発表

京都大学発の電気自動車(EV)メーカーであるGLMは、自動車部品メーカーの世界最大手、ドイツ・ボッシュ傘下のエンジニアリング会社「ボッシュエンジニアリング」と、車両制御の分野で協業することを発表した。

[15:01 7/21]

カルソニックカンセイと仏社が自動車分野のサイバーセキュリティ新会社

カルソニックカンセイとフランスのQuarkslabは7月18日、自動車分野のサイバーセキュリティに本格的に取り組むため、合同会社としてWhite Motionを設立したと発表した。

[15:13 7/18]

NTTドコモ、「眠気検知アプリ」が国交省の補助金対象機器に認定

NTTドコモは7月13日、同社が提供しているhitoeを活用した「眠気検知アプリ」が、に国土交通省の「平成29年度事故防止対策支援推進事業」において、「運行中における運転者の疲労状態を測定する機器」に認定されたことを発表した。これにより、自動車運送事業者は、取得に要する経費の1/2の補助がうけられることとなる。

[15:14 7/14]

u-blox、IoT・自動運転などの新規分野開拓を強化 - 日本市場にも期待

u-bloxはこのほど、スイス・タルウィル(Thalwil)の同社本社にて、アジア地域のメディア向けに事業説明会を開催した。また、同社社長Thomas Seiler氏への日本メディア合同インタビューも同時に行われた。本記事では、この説明会と社長インタビューの内容をもとに、同社の注力分野である自動車・IoT向け無線通信チップ・モジュール事業について説明する。

[08:00 7/14]

ダッソー×APWorks、航空宇宙・防衛企業の積層造形の連続生産に向けた協業

ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)は13日、エアバスの子会社で金属3Dプリンティングを専門とするAirbus APWorks(以下、APWorks)と、航空宇宙・防衛産業において、アディティブ・マニュファクチャリングを大規模生産で利用を進めるための共同パートナーシップを締結したことを発表した。

[18:41 7/13]

ケイデンス×名大、テンシリカプロセッサ/DSPに自動車制御用RTOSを移植

ケイデンス・デザイン・システムズは12日、名古屋大学の組込みリアルタイムシステム研究室と協業し、ケイデンスのテンシリカプロセッサーおよびDSPにAUTOSAR準拠の「TOPPERS ATK2-SC1」(Toyohashi OPen Platform for Embedded Real-time Systems Automotive Kernel version-2 Scalability Class 1)を移植したことを発表した。

[14:10 7/13]

NVIDIA、Baidu(百度)とAIの加速に向けた提携

NVIDIAとBaiduとBaidu(百度)は、クラウドデータセンター、自動車、スマートホームにおけるAIの能力を高めるための提携を実施ことを発表した。これにより両社は、お互いの技術リソースを活かしたプラットフォームの構築を行う。

[15:32 7/12]

日産、新型リーフに全自動駐車システム「プロパイロット パーキング」搭載

日産自動車は、9月6日に公開が予定されている100%電気自動車、新型日産リーフに駐車時のすべての操作を自動制御する「プロパイロット パーキング」を搭載することを発表した。

[10:09 7/7]

セブン&アイとNEC、EV/PHV充電サービスでnanacoによる決済に対応

セブン&アイ・ホールディングスとNECは7月5日、全国40店舗の総合スーパー「イトーヨーカドー」、ショッピングセンター「Ario」、百貨店「そごう」・「西武」、食品スーパー「ヨークベニマル」で提供する電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)充電サービスについて、電子マネー「nanaco」を用いた決済への対応を8月から全店で本格開始すると発表した。

[11:00 7/6]

ARM、AIに関する意識調査結果を発表 - 雇用の不安はあるが肯定的

英ARM社(以下、ARM)は、同社とNorthstar Research Partners社によって行われた、人工知能(AI)に関する意識調査の結果を発表した。

[09:48 7/6]

これからの自動車を支える技術が集結 - 人とくるまのテクノロジー展 名古屋 2017

6月28日~30日にかけて愛知県・名古屋市で開催された「人とくるまのテクノロジー展 名古屋 2017」。横浜での開催に次いで、自動車産業の本丸とも言える同県にて行われた展示の様子をダイジェストでお届けする。

[12:01 7/5]

日立オート×ホンダ、電動車両用モーター事業を行う合弁会社を設立

日立オートモティブシステムズと本田技研工業(ホンダ)は7月3日、電動車両用モーター事業の合弁会社「日立オートモティブ電動機システムズ」(英文名:Hitachi Automotive Electric Motor Systems, Ltd.)を、茨城県ひたちなか市にある日立オートモティブシステムズの敷地内に設立したことを発表した。

[11:19 7/5]

日立超LSI×ESS、建機/農機の運転席から360°障害物を確認できるシステム

日立超LSIシステムズとイーエスエス(ESS)は、建機、農機の運転席から、車両周囲360°の障害物を確認できるサラウンドビューシステム「Fine Eyes Monitor SV」を共同開発したことを発表した。9月よりESSから販売を開始する。

[14:57 7/4]

NVIDIA、AIの市場導入に向けてVolvo、VW、ZF、Autoliv、HELLAと提携

NVIDIAは6月29日、AIテクノロジの市場導入に向けて、Volvo、Volkswagen、ZF、Autoliv、HELLAとの提携を発表した。

[09:23 7/3]

100年後も生き残ると思う日本企業、第2位はホンダ - 第1位は?

リスクモンスターは6月28日、第4回「100年後も生き残ると思う日本企業」の調査結果を発表した。調査対象は、年間売上2500億円以上、従業員数5000人以上の企業200社で、上位3社は前回調査と変わらないという。

[12:05 6/30]

工学院、世界最大級のソーラーカーレース"WSC2017"に参戦する新車両を披露

工学院大学は、同大学の学生プロジェクトである「工学院大学ソーラーチーム」が、10月8日~15日にオーストラリアで開催される世界最大級のソーラーカーレース「2017 ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」(2017 Bridgestone World Solar Challenge)に参戦する新車両を、同大学の新宿キャンパスで披露した。

[09:00 6/30]

自動車 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (テクノロジー>カーエレクトロニクス>自動車)

自動車 トップへ
自動車の進化を支える最新技術や活用事例を紹介。自動車の新車情報なども掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事