「BYOD」最新記事一覧

モバイル端末をビジネスで活用するための話題を掲載

関連キーワード

ヘッドライン

【特別企画】業務効率とセキュリティ向上を期して「デスクトップ仮想化」を導入

政府が推し進めている「働き方改革」は、場所や時間に束縛されず業務に従事することにより生産性を上げていこうという取り組みだ。一人ひとりのニーズにあったら働き方を実現しようと多くの企業がこの取り組みに賛同し、取り組んでいる。こうした状況から、業務の根幹を成すITインフラも変革の時を迎えており、中でも「デスクトップ仮想化」の導入に踏み切る企業が近年増加している。

[14:30 8/23]

働き方改革だけじゃない、セキュリティも強化するVMwareのデジタル ワークスペース

ヴイエムウェアは、企業が「時」「場所」「デバイス」を問わず従業員にアプリケーションを提供する仕組みとして「デジタル ワークスペース」を提唱している。デジタル ワークスペースは、その特徴から、セキュリティの強化と働き方改革の推進を実現するという。

[12:18 8/3]

今さら聞けないビジネスIT用語集 第7回 クラウド時代のBYOD問題--「BYOC」

従業員が個人PCなどを持ち込み、業務に用いる「BYOD」は目新しいものではなくなった。クラウド化が進む昨今では、多くの企業が今、「BYOC」に注目している。

[14:11 7/25]

[Citrix Synergy 2017]CEO、クラウドとセキュリティに注力する新生Citrixをアピール

米Citrix Systemsが5月23日から25日まで、米フロリダ州オーランドで年次カンファレンス「Citrix Synergy 2017」を開催した。基調講演で、CEOのKirill Tatarinov氏は「クラウドとデータにより、顧客がデジタルで先行する"デジタルフロンティア"企業になることを支援していく」と訴えた。

[11:30 5/26]

【特別企画】人的ミスで手遅れになる前に…… 企業情報漏えいを防ぐ3つのポイント

多くの企業では、マイナンバーを含む個人情報や社外秘などの重要データの管理に頭を悩ませていることだろう。また、5月末に改正される個人情報保護法に向け、中小企業含めほぼ全ての企業が対策を講じなければいけない。では、実際にどのようにすればいいのだろうか。

[07:30 5/23]

MKI、クラウド型IDマネジメントサービスCentrifyの販売開始

三井情報(MKI)は5月12日、Centrify Corporationと販売代理店契約を締結し、シングルサインオン/多要素認証/オートプロビジョニング/デバイス管理の機能を持つ「Centrify」のクラウド型IDマネジメントサービスの販売を開始した。

[14:35 5/12]

ソリトン、多様なデバイスで利用可能なワークスペースプラットフォーム

ソリトンシステムズは4月28日、スマホ、タブレット、Windows PC、Mac、いずれでも利用できる、セキュリティとプロダクティビティで働き方改革を支援するワークスペースプラットフォームとして「ClearDeck」を、5月から販売を開始すると発表した。ClearDeckは、クラウドサービスとして提供され、まずは日本・欧州でサービスを開始し、順次、全世界へ提供範囲を拡大する予定だ。

[15:48 4/28]

【連載特別企画】Cisco Sparkがもたらすワークスタイル変革 - 生産性を上げる手段とは 第2回 クラウド型コラボレーションのメリット

連載第1回では、ビジネスコミュニケーションの連続性を確保し、「ビジネスコラボレーション」へと進化させることの重要性について解説した。そのためには、最近流行の“ビジネスチャット”だけでなく、従来のテレビ会議/Web会議システムとの連続も重要であることも述べた。

[08:00 4/25]

MDMサービス「MobiConnect」、「Norton Security」のオプション提供を開始

インヴェンティットは4月5日、シマンテックのWindows向け総合セキュリティ対策ソフト「Norton Security(ノートン セキュリティ)」を、MDMサービス「MobiConnect(モビコネクト)」のオプションサービスとして提供開始と発表した。

[17:38 4/5]

キングソフト、ビジネスチャット「WowTalk」最新版ではセキュリティを強化

キングソフトは3月13日、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」の最新版8.7を公開した。今回のアップデートでは、セキュリティ設定をさらに強化するなど、さまざまな機能拡張を実施している。

[15:39 3/13]

MDM製品「MobiConnect」最新版、Shared iPadの画面設定に対応

インヴェンティットは3月7日、MDM(Mobile Device Management)サービス「MobiConnect(モビコネクト)」の最新バージョンをリリースしたと発表した。

[11:51 3/7]

NECネッツエスアイ、テレワークにも適したオフィスCTIシステムの販売を開始

NECネッツエスアイは1月23日、トランス・アーキテクトのオフィスCTIシステム「Extension Power」に関するプライムパートナー契約を締結し、販売を開始すると発表した。

[19:06 1/23]

ノースグリッド、画面を刷新したオンラインストレージ構築パッケージ新版

ノースグリッドは12月22日より、オンラインストレージ構築パッケージの最新版「Proself Ver.5」を販売開始する。

[14:42 12/22]

[Citrix Xchange]Citrixが実現する新たな働き方やワークスペースとは?

シトリックス・ジャパンは10月13日、都内のホテルで年次イベント「Citrix Xchange Tokyo」を開催した。本稿では、同社のビジョンや戦略、日本市場の概況と顧客シナリオにスポットを当てた講演の模様をお届けしたい。

[11:00 10/19]

VMware、EUCソリューションを活用した企業におけるモビリティの将来像発表

ヴイエムウェアは10月5日、ヴイエムウェアのエンドユーザ コンピューティング ソリューションを活用した、企業におけるモビリティの将来像を発表した。

[14:00 10/5]

山田祥平のニュース羅針盤 第74回 BYODを安心して使える時代

日本HPが「HP Device as a Service」を発表した。つまり、PCをサービスとして提供するもので、計画、設定、展開、最適化、保守、廃棄までを一貫して提供する月額固定制のサービスとなる。もちろん企業向けのサービスだが、日本HPの製品のみならず、他社製品も対象にするという。

[06:00 8/22]

NTTネオメイト、クラウドサービス「AQStage アプリケーション仮想化」提供

NTTネオメイトは8月8日、同社のクラウド上にあるアプリケーションをセキュアに利用するクラウドサービス「AQStageアプリケーション仮想化」を、提供開始すると発表した。

[16:11 8/8]

ネオジャパン、オンプレ型ビジネスチャット最新版 - 端末認証機能を搭載

ネオジャパンは8月4日、オンプレミス型ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」の最新版V1.2を提供開始したと発表した。

[16:25 8/4]

山田祥平のニュース羅針盤 第71回 教育IoT、その普及へのハードル

内田洋行とインテルが協業を発表、「教育IoT」によって教育のデータ活用により「アクティブ・ラーニング」「アダプティブ・ラーニング」の実現に向けたさまざまな取り組みをすることについての覚え書きを交わした。教育の専門家ではないので、これらの是非に対してコメントする立場にはないが、誰が何をどう教えるのかという点では、これから解決していかなければならない問題は山積みだ。

[06:00 7/11]

VMware Workspace ONE、管理されてないデバイスのデータ保護が可能に

ヴイエムウェアは6月14日、安全なデジタル ワークスペースを実現するプラットフォーム「VMware Workspace ONE」の新機能として、新たなID管理に基づいたワークスペースを発表した。

[13:03 6/15]

CTCとLookout、ドコモの「ビジネスプラス」でモバイルセキュリティサービス

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は4月18日、NTTドコモの法人向けクラウドサービスパッケージ「ビジネスプラス」で、未知の脅威からモバイルデバイスを保護するLookoutの法人向けモバイルセキュリティソリューション「Lookout Mobile Threat Protection」の提供を開始すると発表した。

[10:30 4/19]

スマホ時代のWebフィルタリングとセキュアブラウザの役割

スマートデバイスは、ペーパーレス化や顧客対応の迅速化など、多くの現場で業務改善に寄与しており、生産性向上の事例も世に多数出回っています。その一方で、企業ではスマートデバイスのセキュリティが課題となっています。本稿では、Webフィルタリングとセキュアブラウザがどのようにしてスマートデバイスを守ることができるかについて考えます。

[08:00 4/13]

【連載特別企画】電子証明書で実現するクラウド時代のセキュアアクセス 第3回 キーワードは“SSL-VPN+クライアント証明書”日本企業のセキュアアクセスを支える3社間パートナーシップ

これまで2回にわたり、JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(JS3)のプライベートCA(認証局)製品「Gleas」の特徴について解説してきた。3回目となる今回は、Gleasと連携したネットワークソリューションを展開するPulse Secure、そしてそれらのソリューションを顧客のニーズを踏まえて最適な組み合わせで提案・提供するマクニカネットワークスという、JS3の強力なパートナー2社に話を聞いた。

[10:30 1/21]

セキュリティの現場から from バラクーダラボ 第396回 バラクーダネットワークス、Microsoft Office 365戦略的イニシアティブでクラウドへの注力を強化

Microsoftとの関係強化が、Office 365を使ったビジネス管理の簡素化、セキュリティ強化、効率化をサポート

[12:50 1/13]

セキュリティの現場から from バラクーダラボ 第395回 2015年を振り返る

このブログでは、毎年この時期に1年を振り返るとともに、来年のトレンド予測をまとめることにしています。この時期、バラクーダネットワークスでは各チームのリーダーが集合します。そして今後12ヵ月間の取り組みについて意見交換し、昨年末に行ったトレンド予測への対応を評価します。

[08:30 1/12]

セキュリティの現場から from バラクーダラボ 第394回 チャネルパートナー向けOffice 365ウェビナーのお知らせ

今後数ヵ月で、非常に多数のユーザがOffice 365へと移行することが予測されています。Microsoftが先頃発表した四半期の財務報告によると、Office 365の新規ユーザ数は300万にのぼり、70%の売上増をもたらしています。

[08:00 1/8]

セキュリティの現場から from バラクーダラボ 第393回 2016年:生産性向上ソリューションの予測

生産性の管理と測定は、あらゆる規模の企業にとって重要な機能です。2016年の年末には、スマートフォン、モバイルデバイス、デスクトップワークステーション向けのビジネスおよび生産性アプリに対する企業の支出がおよそ580億ドルに達すると予測されています。このように作業環境の生産性向上は巨大な市場であり、テクノロジの進歩や企業カルチャーの変化がさらにこれを後押ししています。パブリッククラウドの普及、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)アプリの登場、ITの多様化、ネットワークとユーザの分散、BYOD(私物デバイスの持ち込み)というカルチャー、CoIT(ITのコンシューマライゼーション)といったさまざまな要素が合わさり、作業環境の生産性に大混乱をもたらしています。

[19:07 1/6]

アクロニスとマイクロソフトが提携、モバイルファイル共有製品を拡充へ

アクロニスは12月9日、「Acronis Access Advanced」と「Microsoft Intune Enterprise Mobility Management Suite」が機能連携すると発表した。

[16:58 12/10]

オフィス24、宿泊施設の客室電話機をスマホに置き換え可能なサービス

オフィス24は12月9日、ホテルや旅館などの客室電話機の機能やサービスをスマートフォンやタブレットのアプリケーションで置き換え可能な新サービスである「Hotel Phone」を発表した。

[12:30 12/10]

NTT東、スマートフォンと連携した中小企業向けビジネスフォンでBYODを促進

NTT東日本は、デザイン・機能を一新した中堅・中小事業所向けビジネスフォン「SmartNetcommunity αA1 Standard」を12月10日より提供することを発表した。

[16:42 12/9]

BYOD バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (企業IT>モバイル>BYOD)

BYOD トップへ
モバイル端末をビジネスで活用するための話題を掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事