「ボーナス」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

夏ボーナスの支給見込み額、最も高い業種は?

マクロミルは5月9日、「2017年夏のボーナスに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は4月19日~20日、全国15~64歳の民間企業に勤める正社員の男女1,000名を対象に、インターネットリサーチで行われた。これによると、ボーナス平均受給見込み額は50万7,265円だった。

[17:29 5/9]

夏ボーナス、東証1部上場企業は平均73万円 - 前年比横ばいに

労務行政研究所は5月8日、2017年夏季賞与・一時金の妥結水準調査の結果を発表した。調査は3月15日~4月19日、東証第1部上場企業(4月27日現在で2,019社)のうち、労働組合が主要な単産に加盟している企業を対象に行い、今年の賃上げ交渉と同時期に2017年夏季賞与・一時金を決定している企業127社を集計したもの。

[11:39 5/9]

管理職の2016年冬季ボーナス、4年ぶり減 - 伸び率マイナス業種が増

日本経済団体連合会は3月30日、「2016年 夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」を発表した。同調査は1953年から毎年実施しているもの。

[15:40 4/3]

2017年の夏ボーナスはどうなる? - 賃上げ見通し額は前年実績下回る

労務行政研究所は2月1日、2017年の「賃上げに関するアンケート調査」の結果を発表した。それによると、賃上げ見通しは前年を下回ったことがわかった。

[17:05 2/2]

転職を思いとどまるボーナス額は?

マイナビは1月24日、「マイナビ転職 2016年冬の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。同調査は12月15日~19日、25・30・35歳の転職意向のある正社員480名を対象に、インターネットで行われた。

[18:26 1/24]

冬ボーナス、民間主要企業の平均額は83万609円 - 8年ぶりの高水準

厚生労働省は1月20日、「2016年 民間主要企業年末一時金妥結状況」を発表した。

[15:22 1/20]

ボーナスから投資を始めるには?

まとまったお金が入るボーナスは、手持ちのお金を増やすチャンスですよね。とはいえ、今は預金の金利も低い水準。少しでも増やせたら……と思う人もいるのでは? そこで今回は、初心者向けの投資方法をご紹介します。

[09:00 1/6]

ボーナスがすぐなくなりがちな人の特徴3選

年末年始を前に、楽しみなのが冬のボーナス。使い道を考えると、ワクワクしますよね。一方、いつの間にか使い果たしてしまった……といった経験がある人もいるのでは? 今回は、ボーナスがすぐなくなりがちな人の特徴を挙げ、より有効活用していくための方法をまとめてみました。

[09:00 12/22]

冬ボーナス、大手は平均88万736円

一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)は12月21日、「2016年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」(最終集計)を発表した。

[16:46 12/21]

冬ボーナス、都内民間企業は平均77万7,156円

東京都は12月19日、2016年年末一時金要求・妥結状況の最終集計(12月15日現在)を発表した。

[18:27 12/19]

冬ボーナスで購入するITデジタル家電ランキング、1位は?

MM総研は12月15日、「冬のボーナス商戦に関するアンケート」の結果を発表した。調査は11月30日~12月5日、全国の男女20代以上の就業者1,112人を対象にWebアンケートで行われた。

[15:57 12/15]

冬ボーナス、増額した業種は?

エン・ジャパンは12月14日、「2016年度冬季賞与」についてのアンケート調査結果を発表した。調査は10月26日~11月22日、「エン 人事のミカタ」を利用している従業員数500名以下の企業の人事担当者252人を対象にインターネットで行われた。

[10:26 12/15]

冬ボーナス、東京都職員は平均91万8,830円

東京都職員に12月9日、冬のボーナス(冬季の特別給(期末・勤勉手当))が支給された。

[12:25 12/12]

冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善

大阪シティ信用金庫は12月5日、「中小企業の冬季ボーナス支給状況」を発表した。

[17:45 12/9]

冬ボーナス、国家公務員は平均70万4,800円

国家公務員に12月9日、冬のボーナス(2016年12月期の期末・勤勉手当)が支給された。

[17:04 12/9]

2016年の平均賃上げ額は5,176円、上げ幅は5年ぶり減

厚生労働省は12月1日、2016年の「賃金引上げ等の実態に関する調査」の結果を発表した。

[18:39 12/2]

冬ボーナスが出る前に考えておきたいこと

冬ボーナスの時期が近づいてきていて、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ボーナスは給料以外でまとまった金額をもらうことができる貴重な機会です。浮かれた気持ちで、せっかくのボーナスを無駄遣いに終わらせないためにも、もらう前からしっかり計画をたてておくことが大切です。

[07:30 11/28]

冬ボーナス、共働き夫婦は夫・妻の支給額を把握してる?

アバントは11月22日、共働き世帯のお金にまつわるアンケート結果を発表した。調査は11月4日~17日、共働き世帯の100名を対象にインターネットで行われた。

[16:59 11/24]

冬ボーナスの支給時期は? - FPに聞いてみた

クリスマスや年末年始と、出費が多いこの時期に向けて冬ボーナスをあてにしている人も多いかもしれません。そこで、冬ボーナスの支給時期や、今年の冬ボーナスの見通し金額について見ていきましょう。

[09:00 11/19]

パソコン工房、12月6日まで限定の「冬のボーナスセール」開始

ユニットコムは、「パソコン工房」Webサイトにて、「冬のボーナスセール」を開催した。開催期間は12月6日14時まで。

[00:08 11/18]

ボーナスの使い道、貯める派? 使う派?

冬のボーナスが気になる季節。今から期待に胸を膨らませ、買い物の計画を立てている人もいるのでは? そこで今回は、マイナビニュース会員のうち男女305名にボーナスの使い道について質問してみた。

[07:30 11/15]

2016年冬ボーナス平均額は63万5,215円 - 春闘回答集計

日本労働組合総連合会(連合)はこのほど、2016年春闘の年末一時金(ボーナス)第1回回答集計結果(11月4日集計分)を発表した。

[18:32 11/14]

民間企業の冬ボーナス、2年ぶり増加見通し - 伸びは小幅

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは11月8日、「2016年冬のボーナス見通し」を発表した。それによると、今年の冬ボーナスは2年ぶりに増加すると予測している。

[16:20 11/9]

冬ボーナス、大手は平均92万7,892円 - 4年連続増加の見通し

一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)は11月4日、「2016年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」(第1回集計)を発表した。

[18:19 11/4]

冬ボーナスの使い道、1位は?

ロイヤリティ マーケティングはこのほど、「第19回 Ponta消費意識調査 2016年10月」の結果を発表した。

[15:34 11/1]

ボーナスの使い道、1位は?

マニュライフ生命保険は10月12日、「お金に関する調査」の結果を発表した。同調査は8月29日~9月1日、30~59歳の男性500名(東京・大阪の各250名)を対象に、ネオ・マーケティングによって実施している。

[13:53 10/12]

冬ボーナス、東証1部上場企業は平均71万円 - 前年比1.1%増

一般財団法人労務行政研究所は10月7日、東証第1部上場企業の2016年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査の結果を発表した。

[17:28 10/7]

夏ボーナスの平均妥結額は84万3,577円 - 過去2番目、9年ぶり高水準

厚生労働省は9月16日、2016年の民間主要企業夏季一時金妥結状況を公表した。

[11:09 9/19]

夏ボーナス、新社会人の使い道は?

保険見直し本舗は7月21日、夏のボーナスや貯蓄意向について調査の結果を発表した。同調査は6月18日~20日、4月から働き始めた新社会人483名を対象に、楽天リサーチによるインターネットアンケートを実施している。

[15:56 7/21]

オリエンタルランド、"ユニークな福利厚生がある企業"2位に - 1位は?

エン・ジャパンは7月20日、「ユニークな社内制度やシステム、福利厚生がある」と社員が回答した企業ランキングの結果を発表した。

[11:56 7/21]

ボーナス バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (マネー>家計>ボーナス)

ボーナス トップへ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事