「BI」最新記事一覧

ビジネスの意思決定効率を向上させるBIの最新トレンドを掲載

関連キーワード

ヘッドライン

ロックオンの「アドエビス」とマーケティングBI「Datorama」が連携を開始

ロックオンは10月12日、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、Datorama Japanが提供するマーケティングBI「Datorama」の連携を開始すると発表した。これにより、アドエビスによって取得したさまざまなデータを自由に組み合わせて、任意の分析軸で簡単にレポーティングすることが可能になる。

[09:11 10/13]

NTTテクノクロス、50種類以上のグラフで表示できるBIツールを発表

NTTテクノクロスは7月19日、Web型集計・分析ツール「BizSpread(ビズスプレッド)」を2017年8月1日から提供すると発表した。様々な角度でのデータ分析が可能なWeb型ビジネスインテリジェンス(BI)ツールで、ドラッグ・アンド・ドロップで分析グラフを作成することができる。

[07:30 7/20]

Qlik、Qlik Senseの最新版 - ハイブリッドクラウド分析向け機能を拡充

米Qlik Technologiesはこのほど、セルフサービス ビジネス インテリジェンス(BI)とビジュアル分析のための次世代型アプリケーション製品「Qlik Sense」の最新アップデート(2017年6月)版を発表した。

[10:04 5/24]

さくらインターネット、大規模売上データを高速に分析するBIサービス

さくらインターネットは4月6日、アストロ数理ホールディングスと協業し、大規模な売上データを瞬時に処理する高速分析サービスである「さくらのセールスアナリシス powered by アストロ数理ホールディングス」を提供開始した。提供開始時の料金プランは、1000万レコードプランの月額利用料金は2万円(税別)のみで、5月に料金プランを追加する。

[10:14 4/7]

【特別企画】NTTデータはどのように調達コスト削減を実現したのか - データ分析実践セミナー

2016年12月14日に開催された「データ分析実践セミナー」。その第二弾が、2017年3月3日に東京都新宿区にて開催された。満員御礼となった今回は、さまざまな事例と共に、昨今大きな話題となっているセルフサービスBIについての講演が行われた。

[08:00 3/23]

アシスト、BI基盤「WebFOCUS TurboV」にAWSを組み合わせた新サービス

アシストは1月23日、BIプラットフォームと分析用データベースをオールインワンで提供する「WebFOCUS TurboV」にアマゾン ウェブ サービス(AWS)を組み合わせた新サービス「アシストTシャツモデル for WebFOCUS TurboV」を提供開始すると発表した。

[09:40 1/24]

エンプラ向けプラットフォーム戦略を加速-クリックテック 藤堂マネージャー

2017年の年頭にあたり、クリックテック・ジャパンのカントリージェネラルマネージャーを務める藤堂正憲氏が年頭所感を発表した。

[10:29 1/6]

サムライズ、低価格BIツール「オープンテキストBI」のWindows 10対応版

サムライズは10月19日、BIツール「オープンテキスト・ビジネス・インテリジェンス(OTBI)」のWindows 10対応版をリリースしたと発表した。

[12:11 10/20]

ウイングアーク、Excelを使って帳票設計・出力ができる「SVF Cloud」新機能

ウイングアーク1stは10月4日、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」のSalesforceユーザーに提供するサービス「SVF Cloud for Salesforce」において、Excel上でSalesforce項目を簡単に配置でき、Excelを使って帳票設計・出力ができる「Excelデザイナー」機能の提供を開始した。

[13:18 10/4]

日立Sol東日本、テキストマイニングツールの分析機能をAPIとして提供

日立ソリューションズ東日本は6月21日、テキスト情報を分析し、業務改善につながる気づきを見つけるためのテキストマイニングツール「CoreExplorer(コアエクスプローラー)」において、主な分析機能の一部をAPIオプションとして提供を開始したと発表した。

[11:15 6/22]

ウイングアーク1st、Salesforceデータ編集ツール「spreadface」を提供開始

ウイングアーク1stは6月1日、Excelを利用してSalesforceのデータを自在に編集できる、Salesforceデータ編集ツール「spreadface」を提供開始する。

[18:49 6/1]

グレープシティ、開発技術を結集しセルフサービスBI市場にDragonFly BI参入

グレープシティは5月26日、業務システム開発用ツール事業を通して培ってきたスプレッドシート、レポート、チャート作成の技術を結集し、セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」を新規事業製品として開発した。6月29日より日本市場で先行発売し、今後中国をはじめとした各国での販売を順次進めていくと発表した。

[12:07 5/27]

日本ユニシス、BIツール「MartSolution」にレポーティングツールの新版

日本ユニシスは4月7日、BIツールの「MartSolution」にレポーティングツールの最新版「MartBrowser v3」を追加し、同日より提供開始することを発表した。

[09:55 4/8]

富士通FIP、クラウド型ID-POS分析サービス「ValueFront Analytics」を提供

富士通エフ・アイ・ピーは2月26日、顧客情報と商品購買情報を掛け合わせたID-POSデータを分析するというクラウド型の新サービスである「FUJITSU リテイルソリューション ValueFront Analytics(バリューフロント アナリティクス)」を、小売業に向けて提供を開始した。顧客分析機能のみの価格は初期費用が100万円(税別)~、月額費用が16万円(同)~。5年間で20億円の販売を目指す。

[11:04 2/29]

2015年上半期国内BAソフト市場、前年同期比9.3%増の923億円 - IDC

IDC Japanは2月15日、国内BA(Business Analytics)ソフトウェア市場の2015年上半期の分析と2015年~2019年の予測を発表した。同社によると、2015年上半期の同市場規模は923億円、前年同期比9.3%増とだったという。

[14:30 2/15]

インフォテリアとトレージャーデータが連携し、データの見える化を推進

インフォテリアは1月28日、トレジャーデータが提供するクラウド型のデータマネジメントサービス「トレジャーデータサービス」とのデータ連携に、インフォテリアのEAI/ESB製品であるASTERIAシリーズの「ASTERIAWARP(アステリアワープ)」が対応し、双方で検証が完了したことを発表した。

[12:15 1/29]

パソナと日本マイクロソフトがBI人材育成で協業 - データ専門職300人を育成

パソナと日本マイクロソフトは1月28日、企業のデータ分析や可視化に携わる「BI(ビジネス・インテリジェンス)人材」の育成において協業すると発表した。

[20:09 1/28]

【特別企画】月次の営業実績報告の集計・提出業務を1週間短縮、基幹系を改修することなく、BIツールとEAIツールによりExcel帳票作成作業を不要に

電気・電子材料系商社の東和電気では、毎月の営業実績報告書をスピーディに作成するためにBIツールを導入。EAIツールを利用することで、基幹系システムに手を加えることなくデータ集計・分析を行えるように。従来は2人が毎月7営業日を費やしていた手作業でのデータ集計・分析作業の負担を一気に軽減すると同時に、エンドユーザーである営業部への提供を約1週間短縮した。

[09:00 12/18]

【特別企画】「変化に対応するための柔軟なシステムの重要性」 - スマートインサイト石家氏

12月11日、データ活用をテーマにしたフォーラム「マイナビニュースフォーラム2015 Winter for データ活用」が秋葉原UDXギャラリーNEXTで開催される。同フォーラムに登壇するスマートインサイト マーケティンググループ マネージャー石家丈朗氏に話を聞いた。

[10:44 11/26]

マイクロストラテジー、印藤プレジデントが語るBI製品の重要性とは?

マイクロストラテジー・ジャパン(マイクロストラテジー)はこのほど、都内で「MicroStrategy Symposium」を開催した。同シンポジウムでは同社プレジデントの印藤公洋氏が「新しいアナリティクス時代を切り開くMicroStrategyソリューション~現在のDWH/BIシステムの課題と新世代の包括的アナリティクスプラットフォームの紹介~」をテーマに基調講演を行い、そのほか同社製品に関する講演や事例紹介などを実施した。

[20:13 11/19]

オープンストリーム、リアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォームを発表

オープンストリームは11月5日、ビッグデータ技術とAWSの開発実績を基に開発したプラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」の提供を開始したこと、ならびに独自のビッグデータ解析技術をベースとしたモデリング・解析・通知サービス「RecoBee(レコビー)」(仮称)の開発を開始したことを発表した。

[17:14 11/5]

【特別企画】製造現場からのリアルタイムな情報収集、迅速な製品トレーサビリティ手段を確立

製造業において、生産現場の「見える化」は大きなテーマだ。よりリアルタイムかつ詳細に、ライン全体、あるいは工場全体の状況を見通すことができれば、トラブルが生じた際の対応を迅速・的確に行うことができるなど、生産管理や生産技術の上で大いにプラスとなる。アプレッソの「DataSpider Servista」を活用し、そうした生産現場の「見える化」の推進に取り組んでいる豊田ハイシステムの事例を紹介する。

[08:00 10/30]

IBM、主力BI製品「Cognos Analytics」を再設計

米IBMは10月26日(現地時間)、Watson Analyticsと同様に、主力のビジネス・インテリジェンス・ソリューション「Cognos Analytics」のユーザー・エクスペリエンス(顧客体験)を再設計したと発表した。

[13:12 10/28]

分析ツール「Yellowfin」の新機能「DashXML」が提供開始

Yellowfin Japanは10月27日、同社の分析ツール「Yellowfin (イエローフィン)」の新機能として、「DashXML」を提供開始した。Yellowfinの既存ユーザーは追加費用無しで利用可能。

[10:00 10/28]

【特別企画】結果を出し続けて13年超!全国展開の老舗が信頼するBIツールがあった

米菓の製造・販売を手がける中央軒煎餅は、大正12年創業の米菓店から昭和38年に暖簾分けで誕生した老舗だ。「人の気持ちの真ん中に届く、上質な米菓子をつくり続ける」ことを一番に考え、現在では全国規模で百貨店やスーパーへの卸売および小売を展開している。

[15:31 10/27]

日立、Pentahoを用いたビッグデータ活用のシステム導入支援サービス

日立製作所は、多種多様なビッグデータの統合・分析・可視化を迅速に実現するBI製品「Pentaho」を用いたビッグデータ利活用のシステム導入支援サービス2種を10月21日から販売開始する。

[10:53 10/21]

グランバレイ、BIや可視化に課題を持つ企業を対象に無料相談室を開設

グランバレイは10月6日、BI(ビジネス・インテリジェンス)や可視化に課題を持つ企業を対象に無料でアドバイスする「BI - ビジネスインテリジェンス/見える化無料相談室」を開設した。事前予約制で、同社Webサイトから申込可能。

[09:35 10/8]

米MicroStrategy、「MicroStrategy 10.1」を提供

米MicroStrategyは9月8日(現地時間)、「MicroStrategy 10.1」の一般提供を開始した。新バージョンでは、数百に上る新しい拡張機能を追加したという。

[10:01 10/7]

【連載特別企画】妻には見せられない秘密!? 上司には見せるべきあの内容!? 第1回 従来型BIの限界を「セルフサービスBI」が突破する

従来型BIの課題を克服すべく、データの可視化・視覚化機能を強化した「セルフサービスBI」と呼ばれる次世代型のBI製品が登場し、注目を集めている。その名が示唆するとおり、数理統計の専門家(データサイエンティスト)やIT部門だけが使うのではなく、ビジネス現場のユーザー自身が主体となってデータの集計・分析にあたり、状況をありのままに“見える化”するソリューションだ。その本質がどこにあるのかを探ってみよう。

[09:46 10/7]

アシスト、AWS上に構築したQlik製品専用インフラを利用可能な新サービス

アシストは9月1日、アマゾンウェブサービス(AWS)のクラウド上に構築したデータビジュアライゼーションBIプラットフォーム「Qlik Sense/QlikView(Qlik製品)」専用のインフラ環境を、ネットワーク経由で利用できる新サービス「アシストTシャツモデル for Qlik」を提供開始する。

[13:00 9/1]

BI バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (企業IT>情報システム>BI)

BI トップへ
ビジネスの意思決定効率を向上させるBIの最新トレンドを掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事