【特集】

「Redstone 1」アップデート対応版!! すべてが分かるWindows 10大百科

1 2回目の大型アップデート「Anniversary Update」

  • <<
  • <

1/8

WaaS(Windows as a Service)化したWindows 10は、年に数回の大形アップデートで"常に最新状態"となるOSを体現してきた。2015年11月12日(以下すべて米現地時間)の開発コード名「Threshold 2」こと「November Update」の投入に続いて、今回、2016年8月2日に開発コード名「Redstone 1」こと「Anniversary Update」のリリースに至った。本稿は既存の特集記事を補完する形で、最新のWindows 10に関する改善点や変更ポイントを余すことなく紹介する。

Windows 10 バージョン1607のバージョン情報。最終的にOSビルドは14393.10となった

本特集記事は、Windows 10リリース時に掲載した、以下の特集記事「~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かるWindows 10大百科」の続編として、2016年8月2日公開のRedstone 1(Anniversary Update)での改善点、変更点を解説しています。
---
【特集】~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かるWindows 10大百科
http://news.mynavi.jp/special/2015/windows10/
---
Windows 10の、OSそのもののより詳しい情報が必要な場合は、上記リンク先の特集記事もあわせてご覧いただくことをおすすめします。

「One Windows」の具現化を進めたバージョン1607

Windows 7/8.xを対象にした1年間の無償アップグレードも終え、今回のWindows 10 Anniversary Updateの適用で生まれ変わるWindows 10バージョン1607が、本当の意味でWindows 10のスタートラインとなる。なぜなら、Microsoftが掲げる「One Windows」ビジョンの実装は、2015年12月から2016年7月末まで続いたWindows 10 Insider Preview(Redstone 1)で取り組んできたからだ。

Windows 10リリース前からOne Windowsビジョンは掲げていたものの、Windows 10バージョン1507の時点でPC版とモバイル版(Windows 10 Mobile)との同一化は完全ではなく、Xbox OneにおけるUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションの動作もRedstone 1から始まっている。また、当時のWindows Insider Program担当者だったMicrosoft WDG(Windows and Device Group) Engineering Systems TeamのGabriel Aul氏は、ビルド11082をリリースした時点で、「『Windows OneCoreの構造改善』を行った」と説明してた。また、PC版とモバイル版のバージョン番号に一貫性を持たせたのもビルド14251(直前のPC版はビルド11102)からである。

Microsoftがコラボレーションデバイスに位置付けている「Surface Hub」も64ビット版Windows 10 Proが動作するデバイスであり、Xbox Oneも一部でWindows 10が動作するデバイスだ。これらにもWindows 10バージョン1607が提供されるか現時点では不明である。だが、関係者からのヒアリングをまとめると、まずはPC/モバイル版を同一タイミングでリリースし、その後を追いかけるようにXbox One版やSurface Hub版、Windows 10 IoT版なども随時バージョン1607に更新するようだ。いずれせよ、PC/モバイル版の統合を目指したのは正解だろう。

当初の想定を大きく上回り、大人気の「Surface Hub」

さて、Windows 10 Anniversary Updateは数多くの機能を備えている。ペンの特性を活かす「Windows Ink」、Microsoft Edgeでも使用可能になった「Windows Hello」、成長し続ける「Cortana」。日本IMEの強化やMicrosoft Edgeの機能拡張など、コンシューマー向け機能だけピックアップしても変更点・機能強化点は多い。開発者向け機能に目を向けると、Windows 10上でLinux環境がそのまま動作する「Bash on Ubuntu on Windows」や、Xbox One上でUWPアプリケーションのサポートが印象的だ。企業向け機能として大きいのは、個人および組織データを分離することでデータ漏洩を防ぐWindows Information Protection(旧Enterprise Data Protection)の導入と、サイバー攻撃の検出や分析を行うWindows Defender ATP(Advanced Threat Protection)の導入だろう。このように変更点は枚挙に暇がない。

残念ながら筆者はWindows 10 Enterpriseエディションを検証しておらず、本稿で紹介するのはProエディションで動作するコンシューマー向け機能が中心となる。そのため、Windows Defender ATPなどについては割愛することをあらかじめお断りしておく。また、本稿はWindows 10 Insider Preview ビルド14383以降をベースに執筆し、RTM(製造工程)版に相当するビルド14393.5で検証を行ったため、一部の図版は古いものが含まれているが、合わせてご了承頂きたい。

なお、Windows 10 バージョン1607の最小ハードウェア要件は変更が加わっているので注意が必要だ。Windows 10およびWindows 10 MobileはTPM 2.0が必須、32ビット版Windows 10の最低メモリー容量が1GBから2GBに増加している(64ビット版Windows 10は以前から2GB以上)。Windows 10 Mobileは1,280×720ピクセルまでは1GB、1,920×1,080ピクセルまでは2GB、2,560×1,440ピクセルまでは3GBに変更された。

これは、Windows Inkなど多様な機能を追加し、Windows 10 MobileもContinuum for Phoneの動作を快適にさせるため、メモリー要件を変更したのだろう。なお、TPMはWindows 10 バージョン1607からサポートする各セキュリティ機能に用いられるが、搭載していない自作PCでもWindows 10は動作する。日本語版最小ハードウェア要件は本稿を執筆している7月末時点でも、古いままであること踏まえると、あまり重要ではないのかもしれない。

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) 2回目の大型アップデート「Anniversary Update」
(2) Anniversary Updateの変更点 Windows Ink編
(3) Anniversary Updateの変更点 Cortana編
(4) Anniversary Updateの変更点 Microsoft Edge編
(5) Anniversary Updateの変更点 Bash編
(6) Anniversary Updateの変更点 UI/UX編
(7) Anniversary Updateの変更点 システム編
(8) Anniversary Updateの変更点 アプリ編

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事