【特集】

完全版!! 「Phenom II X6」ベンチマーク検証 - AMD新世代6コアCPUの性能全貌

1 AMD 890FXのオーバークロック機能もポイントか

  • <<
  • <

1/19

前回のレポートに続き4月29日には発売が解禁されたPhenom II X6。現在までに潤沢に製品供給もなされたようで、1090T Black Editionですら3万円前後と比較的リーズナブルな価格で入手できるようになっており、手に入れられた読者も少なくないのではないかと思う。早速オーバークロック動作にチャレンジされた方もいらっしゃるようだが、こちらはあくまで「定格」(この定格の意味がまた微妙だったりするのだが)の範囲での性能検証を行ってゆきたいと思う。

Photo00: 「Phenom II X6 1090T」

さて、前回のレポートの最後に書いたとおり、今回は非AMDプラットフォームとの比較やTurbo Coreの効果、それと隠し玉の話をまとめて御紹介したい。ということで、まずはチップセットの話である。

前回掲載のプレビュー編はこちら
【レビュー】「AMD Phenom II X6」実力検証! AMD初のデスクトップ向け6コアCPUをプレビュー

AMD 890FX

PhenomII X6と同時に発表になったのがAMD 890FXである。既に800番台はAMD 890GXとAMD 870が発表されているが、主要な違いをまとめると、

  • グラフィック用にPCIe Gen2 2x16 or PCIe Gen2 4x8構成が可能(AMD 890GXは2x8 or 1x16。AMD 870は1x16のみ)
  • I/Oバス用にPCIe Gen2 6x1+1x4レーンが用意(890GX/870は6x1のみ)
  • IOMMUを搭載
  • 65nmプロセスで製造

というあたりになる。グラフィックス用のPCIeレーンは、AMD 790FXなどと同じで、これにより最大4枚のビデオーカードを利用できることになるが、まぁこれは大きな問題ではない。むしろ、

  • IOMMUを搭載したことで、仮想化環境におけるI/Oスループットの向上が期待できる
  • 65nmプロセスを使った事で、省電力化が図れる

といったことの方がインパクトはあるのだが、前者は仮想環境を使わない限りまったく効果がないし、後者は現実問題としてAMD 890FXがハイエンド向け製品に搭載されているため、結果としてオンボードデバイスがてんこ盛りになっており、プロセス微細化による省電力性の意味が事実上なくなっている。そういう訳で、カタログ的な意味でのAMD 890FXの売りはそれほど多くない。

ところが、AMD 890FXではオーバークロック性("Overclockability")が最大、というものが一つのウリになっている。Photo01はAMDの"2010 Performance Solutions"の構成だが、ここで"AMD Black Edition Memory Profiles"なる文言が目を引く。これはどういうものか、というとDDR3-1600以上のメモリを使う場合に有効になるパフォーマンス向けプロファイルで、将来的にはマザーボードのBIOS Setupに"Black Edition Memory Profile"という項目が出てきて、これをEnableにすることで性能を引き上げるという事を想定しているようだ。

Photo01: 要するにハイエンド品を組み合わせ、更にAMD OverDrive 3.2を使って限界までパフォーマンスアップという話である。

ただし現状ではまだ対応していないマザーボードもあるため、この場合は、

  • Memoryの速度を手動で1600MHz(もしくはそれ以上のメモリに対応した速度)に設定
  • Northbridgeの速度を2.4GHzに設定(デフォルトは2GHz)
  • HTLinkの速度を2.4GHzに設定(デフォルトは2.2GHz)

を行う様に指示されている。実際にCPU-Zの値を見てみると、デフォルトはHTLink/Northbridge共に2GHz(Photo02,03)になっている。そこで、BIOS Setupの中でこれを明示的に2.4GHzに設定してみると(Photo04,05)、きちんとこの速度で動作するようになった(Photo06,07)。これによる性能差がどの位あるか、というのは後で検証してみるとして、とりあえずAMD 890FXではHTLinkの速度を2.4GHzまで引き上げても問題なく動作するのが、従来のAMD 890GXなどとの差の一つ、といえそうだ。

Photo02: BIOS SetupでHTLinkの速度をAutoにすると、なぜか2GHz。AMDの資料と異なっているのが不思議。

Photo03: NB Frequencyも2GHzである。

Photo04: NB Frequencyは最大4.4GHzまで設定可能。もっともこれで動作するとも思えないが。

Photo05: HTLinkは最大2.6GHzまで。もっともこれはベースクロックで、データ転送速度はこの倍となる。

Photo06: HTLink速度が2.4GHzに上がっていることが判る。

Photo07: NB Frequencyも2.4GHzに。もっともFSB:DRAMは相変わらず1:4のままである。

  • <<
  • <

1/19

インデックス

目次
(1) AMD 890FXのオーバークロック機能もポイントか
(2) ASUSTeK Crosshair IV Formula
(3) テスト環境
(4) Sandra 2010 Engineer Edition
(5) RightMark Multi-Thread Memory Test 1.1
(6) RightMark Memory Analyzer 3.8
(7) PCMark Vantage v1.0.2
(8) SYSmark 2007 Preview Version 1.06
(9) CineBench R11.5
(10) POV-RAY v3.7 beta 35a
(11) 3DMark Vantage v1.0.2
(12) Game - Colin McRae:DiRT 2
(13) Game - Half-Life 2
(14) Game - UNiGiNE Heaven 2.0
(15) Game - S.T.A.L.K.E.R Call Of Pripyat
(16) TMPGEnc4 XP 4.7.6.304
(17) MainConcept Reference+H.264/AVC 1.6.1
(18) 消費電力
(19) 最後に考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事