【特集】

Lynnfield徹底攻略!! Core i7-870とCore i5-750を試す

1 製品概要をまとめる(1) - ラインナップ

  • <<
  • <

1/23

Intelは、かねてからLynnfield(開発コードネーム)として知られてきたNehalemコアベースのメインストリーム向け製品として、Core i5-750及びCore i7-860/870の3製品、そしてこれと組み合わせるIntel P55 Expressチップセットを発表した。既に本日0時に深夜販売が開始されており、またベンダー各社が大量のP55搭載マザーボードを発表している。そんなわけで、まずはCore i5/i7の性能のほどを確認してみたい。

製品ラインナップ

まず今回発表されたプロセッサ3製品をまとめたのが表1である。NehalemベースとなるNative Quad Coreであり、各コアに16KBのL1キャッシュ/256KBのL2キャッシュと、4コア共有の8MB L3キャッシュを搭載するあたりは全く同じである。ただしパッケージはLGA1156という新しいパッケージで、オンチップのメモリコントローラはDDR3-1333をサポートする(非公式にはDDR3-1600も動作するらしい)が、チャネル数は2chに削減された代わりにPCI Expressのコントローラを搭載したものとなった。TDPは従来のCore i7-9xxシリーズの135Wから95Wに下げられている。Core i5とCore i7の現時点での差は、Hyper-Threadingを有効にするか否かということのようだ。

■表1
製品名 Core i5-750 Core i7-860 Core i7-870
Base Speed 2.66GHz 2.80GHz 2.93GHz
Turbo Boost 4コア 2.93GHz 3.06GHz 3.20GHz
2コア 3.2GHz 3.33GHz 3.46GHz
1コア 3.2GHz 3.46GHz 3.60GHz
コア/スレッド 4/4 4/8
キャッシュ 8MB
パッケージ LGA1156
メモリ DDR3-1333×2ch
TDP 95W
価格 米国 $196 $284 $562
日本 \19,030 \27,570 \54,560
  • <<
  • <

1/23

インデックス

目次
(1) 製品概要をまとめる(1) - ラインナップ
(2) 製品概要をまとめる(2) - 内部構造
(3) 製品概要をまとめる(3) - 価格について
(4) 製品概要をまとめる(4) - 対応チップセット
(5) 今回の評価機材(1) - プロセッサ
(6) 今回の評価機材(2) - マザーボード
(7) 今回の評価機材(3) - BIOS設定について
(8) 今回の評価機材(4) - マルチグラフィックスへの対応など
(9) 今回のテスト環境
(10) ベンチマーク(1) - Sandra 2009 SP3 Engineer Edition
(11) ベンチマーク(2) - PCMark Vantage v1.0
(12) ベンチマーク(3) - SYSmark 2007 Preview Version 1.06
(13) ベンチマーク(4) - CineBench R10
(14) ベンチマーク(5) - POV-RAY v3.7 beta 33
(15) ベンチマーク(6) - Intel Optimized SMP LINPACK Benchmark
(16) ベンチマーク(7) - 3DMark Vantage v1.0
(17) ベンチマーク(8) - Game Benchmarks
(18) ベンチマーク(9) - TMPGEnc4 XP 4.7.1.284 英語版
(19) ベンチマーク(10) - MainConcept Reference+H.264/AVC 1.6.1
(20) ベンチマーク(11) - 消費電力
(21) ベンチマーク(12) - RightMark Memry Analyzer 3.8
(22) ベンチマーク(13) - Dual GPU環境
(23) 結論

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事