【特集】

Phenomで探る、AMD新世代プロセッサの真実 - 性能ベンチマーク編

1 性能ベンチマーク編、まずは消費電力

  • <<
  • <

1/37

アーキテクチャ研究編では、概ね「実はPhenomは優秀だ」という話になった訳だが、このあたりから「でもやっぱり……」という話になってゆく。その急先鋒となるのは、消費電力である。論より証拠で、まずは数字を見てみたい。

消費電力

グラフ1

グラフ1は、一定の負荷を掛けた場合の、システム全体の実効消費電力をまとめたものである。細かな構成は後述するが、基本的にはCPUとM/B(とCPU)以外、全て同じ構成になっている。ちなみにPhenomであるが、BIOS Setupにコア数を制限するオプションがある(Photo01)。これを使い、4コアを全て使った場合(Phenom 4P)から1コアのみ稼動させた場合(Phenom 1P)までも同時に測定してみた。

Photo01:Disableはコア数の制限なし(つまり4P)、1は1コア制限あり(つまり3P)という事になる。ちなみにこの機能はPhenomでのみ利用でき、Athlon 64 X2では利用不可能だった。

通常だとここでSandraを使うのだが、今回はPCMark05をメインとしている。理由は簡単で、3P状態だとSandra VIIが正常に起動しなかったからだ。どうも3Pという構成は想定していなかったらしい。結果を見ると、やはりPhenomの消費電力の高さが突出している。Core 2 Quadと比較した場合、概ねPhenomの3Pで同等程度であり、4P状態では平均20W程度高めの消費電力となっている。勿論Phenomの4PとAthlon 64 X2とは比較しようもないのだが、2P状態でもAthlon 64 X2をかなり上回っている事が見て取れる。

ちなみにこのテスト、どちらかといえばAthlon 64 X2/Phenomに甘めである。マザーボードが異なるから厳密な意味では一致しないが、オンボードデバイスの数は概ね同等。チップセットは高発熱のIntel X38 vs 低発熱のAMD 790FXだから、チップセットのお陰でPhenom系はこの程度の消費電力で済んだ、という見方もできる。このグラフのうち、Phenomについてのみちょっと書き換えてみたのがグラフ2である。

グラフ2

横軸をコア数、縦軸を消費電力という形でプロットしてみたものだが、待機とPCMark05のCPU Multi-Thread Test #2でが非常に良い指標になっているようだ。3DMark06はGPUの消費電力が跳ね上がる関係でグラフのY軸切片が跳ね上がっているし、その他のテストは中途半端なCPU負荷のためか、コア数と消費電力の関係がまちまちになっている。とりあえず以下は待機電力とPCMark05のCPU Multi-Thread Test #1の値を使って分析を進めることにしたい。

  • <<
  • <

1/37

インデックス

目次
(1) 性能ベンチマーク編、まずは消費電力
(2) 消費電力についての分析 (1)
(3) 消費電力についての分析 (2)
(4) 消費電力についての分析 (3)
(5) テストの前に、今回の使用機材を紹介
(6) テスト環境について、Part 1/2/3の複数パートで構成
(7) Part 1 - Sandra XII
(8) Part 1 - PCMark05 v1.2.0
(9) Part 1 - PCMark Vantage v1.0
(10) Part 1 - SYSmark 2007 Preview Version 1.02
(11) Part 1 - CineBench R10
(12) Part 1 - ScienceMark 2.0 32bit
(13) Part 1 - 3DMark06 Build 1.2.0
(14) Part 1 - Game Benchmarks
(15) Part 1 - エンコードベンチマーク(DivX 6.7.0.17 Pro)
(16) Part 1 - パートのまとめ
(17) Part 2 - Sandra XII
(18) Part 2 - PCMark05 v1.2.0
(19) Part 2 - PCMark Vantage v1.0
(20) Part 2 - SYSmark 2007 Preview Version 1.02
(21) Part 2 - CineBench R10
(22) Part 2 - ScienceMark 2.0 32bit
(23) Part 2 - 3DMark06 Build 1.2.0
(24) Part 2 - Game Benchmarks
(25) Part 2 - エンコードベンチマーク(DivX 6.7.0.17 Pro/TMPGEnc4 XP 4.4.1.237 English)
(26) Part 2 - パートのまとめ
(27) Part 3 - Sandra XII
(28) Part 3 - PCMark05 v1.2.0
(29) Part 3 - PCMark Vantage v1.0
(30) Part 3 - SYSmark 2007 Preview Version 1.02
(31) Part 3 - CineBench R10
(32) Part 3 - ScienceMark 2.0 32bit
(33) Part 3 - 3DMark06 Build 1.2.0
(34) Part 3 - Game Benchmarks
(35) Part 3 - エンコードベンチマーク(DivX 6.7.0.17 Pro/TMPGEnc4 XP 4.4.1.237 English)
(36) Part 3 - パートのまとめ
(37) 最後に、総まとめと考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事