【特集】

OpenSolaris 2008.05 ファーストインプレッション - その使い勝手を検証する

1 OpenSolaris LiveCDを起動してみる

山森丈範  [2008/06/11]
  • <<
  • <

1/9

OpenSolaris 2008.05の入手方法

今回のレビューではJavaOne 2008の会場で配布されたOpenSolarisのLiveCDを使用した

OpenSolaris 2008.05は、OpenSolarisのWebサイトよりCDのISOイメージファイルとしてダウンロード可能です。Web上には、「Primary Languages」と「Compressed(All Languages)」の2種類のISOイメージファイルがありますが、「Primary Languages」のほうにも日本語環境が含まれているので、こちらを使えばよいでしょう。

このCDは、OpenSolarisのインストールCDとして機能するだけでなく、LiveCDとしてそのまま使うことができます。つまり、CD上にOpenSolarisの初期インストール状態と同じ各種ソフトウェアがインストールされており、OpenSolarisをハードディスクにインストールしなくても、CDから起動するだけでOpenSolarisを試すことができるわけです。

LiveCDの起動

OpenSolaris 2008.05のLiveCDをドライブに入れPCを起動すると、すぐに図1のGRUBの画面が現れます。このまま[Enter]を入力するとカーネルのロードが始まります。なお、GRUBの「text console」のメニューを選ぶと、テキストモードでLiveCDが起動しますが、コンソールに「login:」のプロンプトが現れるため、ユーザ名=jack、パスワード=jackでログインする必要があります。また、インストーラはテキストモードには対応していません。

図1 CD起動後すぐに現れるGRUBの画面

その後、コンソール上にテキストで、キーボードの選択メッセージが表示されます。番号でキーボードの種類を選ぶと、同じくテキストで言語の選択画面になります。ここで、言語として「Japanese」を番号で選択しておけば、以降の環境は日本語環境になります。LiveCDの起動に要する時間は比較的短く、Solaris 10のインストールDVDとくらべても格段に速くなっているようです。

  • <<
  • <

1/9

インデックス

目次
(1) OpenSolaris LiveCDを起動してみる
(2) Xでトラブル発生! 対処法は?
(3) ネットワーク周りの設定はほとんど何もしなくてOK
(4) OpenSolarisのデフォルトシェルは…
(5) LiveCDで感じたOpenSolarisのちょっと?な部分
(6) ハードディスクにインストール(1) - インストールは簡単だけど…
(7) ハードディスクにインストール(2) - ファイルシステムはZFSに
(8) ハードディスクにインストール(3) - 使いやすくするためのカスタマイズ
(9) ハードディスクにインストール(4) - Xもコンソールも快適に使いたい

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】なぜ文人達は「山の上ホテル」を愛したのか、部屋・グルメ・サービスに迫る
[10:17 5/2] 趣味
【連載】いつでもどこからでもアクセス! ファイル共有の極意 第12回 大容量ファイルを送るだけならユーザー登録なしで手軽なサービス群(2)
[10:13 5/2] 企業IT
海外勤務に積極的な日本人は3割 - 世界では?
[10:00 5/2] マネー
【特別企画】ED治療の診察は恥ずかしくない!? - 受付から処方までを解説
[10:00 5/2] ヘルスケア
【レポート】洗面室で化粧をしてはいけない理由とは
[09:47 5/2] ライフスタイル

特別企画 PR

求人情報