【特集】

SOAの技術仕様がついに完成! - SCAのいろはを学ぶ

1 SCAとは?

 
  • <<
  • <

1/7

SCAとは?

Service Component Architecture(以下、SCA)は、SOA技術をベースとし、各種の実装言語で作成されたコンポーネントを結合してアプリケーションを構築するためのプログラミングモデルである。

SCAが登場した背景には、近年のITシステムの大規模化/複雑化がある。ITシステムの複雑化が進んだことにより、最近では、部品単位の開発や部品の再利用が可能となる「コンポーネント指向開発」の必要性が声高に叫ばれるようになっている。しかし、コンポーネント指向の開発を実践するうえではさまざまな困難が付きまとうことは、皆さんご存じのとおりだ。

例えば、既存の資産をコンポーネントとして再利用してシステムを構築したいが、それらが様々な実装言語で記述されていた場合はどうすべきか? また、非常に低レベル/細粒度のコンポーネントを組み合わせて中粒度のコンポーネントを構築すべき場合があれば、そうした詳細には踏み込まず、中粒度のコンポーネントからシステム全体を組み立てたい場合もある。こうした大小様々な規模のコンポーネントを一貫性を持って管理するにはどうしたらよいのか?

コンポーネント指向開発に伴うこうした問題を解消すべく生まれた技術がSCAである。

SCAは、3月21日にバージョン1.0が策定され、同時に標準化団体OASISに提出された。その内容はOASISのWebサイトからPDFファイルをダウンロードして閲覧することができる。SCAの仕様を策定したのはOpen SOA Collaborationという団体である。SOA技術の発展、推進を目的としたグループで、BEA Systems、IBM Corporationをはじめとした18のベンダーから成る。

SCA仕様の実装としては「Apache Tuscany(以下、Tuscany)」がある。これは、SCA仕様の完全な実装を提供することを目的に、Apacheソフトウェアファウンデーション内の同名プロジェクトで開発されているオープンソースプロダクトだ。本稿では、このTuscanyを用いて実際にSCAを動作させながら、最新SOA技術がもたらすメリットについて検証していきたい。

  • <<
  • <

1/7

インデックス

目次
(1) SCAとは?
(2) SCA仕様を理解する(1) SCAアセンブリの構成要素
(3) SCA仕様を理解する(2) - コンポーネントの詳細、SCDL
(4) SCA仕様を理解する(3) - SCAを構成する仕様
(5) Tuscanyによる実践(1) - Tuscanyのインストール
(6) Tuscanyによる実践(2) - サンプルの概要
(7) Tuscanyによる実践(3) - 出力処理とディレクトリ構成

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ

求人情報