【特集】

PCテクノロジートレンド 2006 SPRING - 第2世代へ向かうデュアルコアプロセッサ

1 CPU - Intel Desktop

 
  • <<
  • <

1/12

実はこの原稿、最初は「2005 FALL」の予定だったのが、気がついたら正月企画である。申し訳ないという感じでもあるが、不幸中の幸い(?)なのは実際にロードマップが流転しまくりなことである。実際昨年秋に掲載したとしても、今ではかなりの部分が役に立たなくなっていただろう。

今回のキーワードは「第2世代デュアルコア」と「プラットフォーム」。Intelは第1世代のデュアルコア製品を2005年にリリースしたものの、これはいかにも急場凌ぎ。本命は来年登場するMelom / Conroe / Woodcrestというあたりになるわけで、とりあえずはこれらに向けた準備を整えるのが先である。一方のAMDは、Athlon 64 X2やデュアルコアOpteronを無事にLaunchすることが出来たが、その一方で生産量を如何に確保するかという問題に再び直面している。今年後半にはFab36の操業が始まり、これが順調に立ち上がれば生産量やProduct Mixに関する問題はだいぶ解決されるのだが、疑問視する向きは少なくない。また、K9とおそらくはK10もキャンセルされた事により「次のアーキテクチャ」が見えてこないのもちょっと不安なところである。

もう一つの動きは、Intelがプラットフォーム戦略をとり始めた事だ。つまり単にCPUのみならずチップセットやLAN、マザーボードまで全てをワンストップで提供してゆくという方針により、互換チップセットベンダーが苦しい状況に追い込まれつつあるが、これもIntel自身がつまづいていることにより、戦略の開始がやや遅れる傾向にある。このあたりを中心に、説明してゆきたいと思う。

CPU - Intel Desktop

まずはCPUである。今回もIntelのDesktopとMobile、及びAMDの3本立てとしたい。

Smithfieldの投入により、どうにかデュアルコアの形だけはつけたIntelだが、動作周波数は3.2GHz止まりで、90nmのままではこれ以上の動作周波数を望むのは難しい。65nmプロセスを使ったPresler(Pentium D 920~950)が先日登場したが、このプロセスは順調に立ち上がりつつある模様で、無理にSmithfieldで引っ張る必要もない、というのが正直なところだろう。

さて、今後の展開だがPreslerを追う形でCeder Millが登場する。Ceder MillはPrescottと同一アーキテクチャ(L2キャッシュも2MBに据え置き)でシングルコアの製品で、PreslerはこのCeder Millを2つまとめたマルチコアの製品だ。また、Ceder MillにはVTは搭載されない(VTはデュアルコア向けのFeatureという形になるようだ)模様だ。ただ、動作周波数や名目上のTDPはともかく、実際の消費電力に関しては多少下がる事が期待できそうではあるが。というのは、Prescott×2のSmithfieldが消費電力の限界で3.2GHz止まりなのに対し、Ceder Mill×2のPreslerはもう少し上まで引っ張れるからで、ここからも実際の消費電力が下がっている事が推察できる。

表1

さて、このCeder MillとPreslerで第3四半期までなんとか持たせて、2005年後半にはいよいよConroeが投入されることになる。時期的には7月が有力視されている。というのは、このConroeをサポートするIntel i965(Broadwater)チップセットの投入が7月と伝えられるからで、まずはハイエンドのPentium XEに相当する製品、ついでPentium D/4に相当する製品がラインナップされるはずだ。ここで「相当する製品」なんて持って回った言い方をするのは、実際にはこれらはIntel Coreブランドで投入されると見られるからだ。とりあえず7月の時点では、デュアルコアのIntel Core Duoに相当するものとシングルコアのIntel Core Soloに相当するものが投入される事だけは判っている。Duo製品は4MB L2キャッシュ、Solo製品は2MBキャッシュとなる模様だ。ただ動作周波数を初めとする諸々の諸元は、現時点ではさっぱり判っていない。おそらくFSBは1066MHzがサポートされると思うのだが、ひょっとすると1066MHz FSBはXEグレードの差別化要因とされ、殆どの製品は800MHz FSBのままの可能性もありえる。

表2
  Q1/2006 Q2/2006 Q3/2006 Q4/2006
パフォーマンス 950~940/840
930/830
920/820
67x
960~940/840
930/830
920/820
Conroe
960~950
940
930/830
Conroe
960~950
940
メインストリーム 66x
64x/65x
63x/531
67x
65x/64x
63x/531
920/820
67x~65x
63x/64x
930~920
67x/66x
65x/64x
バリュー 331~355 331~360 336~365 341~370

このConroeの導入と入れ替わるように、まずPrescottコアの5xxシリーズはフェーズアウトし、Prescott-2Mも急速にCeder Millと入れ替わる。またSmithfieldも第3四半期一杯でフェーズアウトするようである。入れ替わったPreslerについても、パフォーマンス向けというよりはメインストリーム向けという形になるようだ。

一方Celeron系であるが、こちらはある意味判りやすい。Prescott-256KコアベースのCeleron Dは現状の355(3.33GHz)で打ち止めで、この先はCeder Millベースの製品に切り替わる。このCeder MillベースはL2キャッシュが512KBに増やされる関係で、多少性能が改善されることが期待できる。問題は動作周波数がどうなるかという話であるが、当初リリースされる360は多少動作周波数が落ちることになりそうだ。今は360が3.06GHzあたりまで落ちるということになっているが、L2キャッシュ増量の効果により、性能的には問題ないレベルだという話である。ただこのあたりは最終的にどうなるかちょっと見えないため、実際はもっと高い周波数からスタートする可能性もある。もっとも533MHz FSBベースだと、3.33GHzの次は3.46GHzで、以下3.60GHz/3.73GHz/3.86GHz/4GHzとなり、余り製品展開のヘッドルームが残されていない。マーケティング的理由から、Celeron Dが3.86GHzを超える可能性は少ない(Pentium 4より高速に動くCeleronというのもおかしな話だからだ)ので、仮に3.46GHzから始めるとすぐ行き詰まってしまう事になる。その意味でも動作周波数を下げるのは理に叶っているし、そのためのProcessor Numberなわけで、3.06GHzからスタートするかどうかはともかく、多少動作周波数は下がるのは間違いないだろう。

ちなみにCeleron DのConroeベースへの移行に関しては今のところ情報がない。別に急ぐ理由もないし、CeleronをConroeに移行してしまうのはコスト面での割に合わない(Ceder Millをわざわざ作った以上、ある程度の数を作らないと開発コストが回収できない)から、少なくとも2006年一杯は移行しないだろうと想像される。

表3
ブランド Processor Number コア種類 FSB L2 Cache 動作周波数
Pentium 4 Extreme Edition   Prescott 1066MHz 2MB 3.73GHz
Pentium Extreme Edition 840 Smithfield 800MHz 1MB×2 3.20GHz
955 Presler 1066MHz 2MB×2 3.46GHz
Pentium D 820 Smithfield 800MHz 1MB×2 2.80GHz
830 3GHz
840 3.2GHz
920 Presler 2MB×2 2.80GHz
930 3GHz
940 3.2GHz
950 3.40GHz
Pentium 4 530 Prescott 800MHz 1MB 3GHz
540 3.20GHz
550 3.40GHz
560 3.60GHz
570 3.80GHz
630 Prescott-2M 800MHz 2MB 3GHz
640 3.20GHz
650 3.40GHz
660/662 3.60GHz
670/672 3.80GHz
631 CederMill 800MHz 2MB 3GHz
641 3.20GHz
651 3.40GHz
661 3.60GHz
671 3.80GHz
Celeron D 320 Prescott-256K 533MHz 256KB 2.40GHz
325 2.53GHz
330 2.66GHz
335 2.80GHz
340 2.93GHz
345 3.06GHz
350 3.20GHz
355 3.33GHz
360 CederMill-512K 512KB 3.06GHz?
365 3.20GHz?
370 3.33GHz?
  • <<
  • <

1/12

インデックス

目次
(1) CPU - Intel Desktop
(2) CPU - Intel Mobile
(3) CPU - AMD
(4) メモリ
(5) チップセット - Intel
(6) チップセット - NVIDIA
(7) チップセット - ATI
(8) チップセット - VIA
(9) チップセット - SiS/ULi
(10) グラフィックス - NVIDIA
(11) グラフィックス - ATI
(12) グラフィックス - XGI / まとめ

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事