【特集】

64-bit環境の普及なるか? - Windows XP x64 登場

1 Windows XP Professional x64 Edition登場

 
  • <<
  • <

1/5

8ビット、16ビットが主流だった時代に32ビットPCが登場した時と同じく、32ビットPCが主流の今、新たにクライアント向け64ビットCPU搭載PCが登場するようになった。CPUに目を向けると、IAアーキテクチャにおいても64ビットCPUはAMDのAthlon 64プロセッサを皮切りにインテルPentium 4 EM64Tなど、普及の一途を辿っている。このような背景から、Windows XP Professional x64 Editionが登場したのも想像に難くないはずだろう。

そもそもWindows XP Professional x64 Editionの開発の背景には、Windows Server 2003 x64 Editionの存在が欠かせない。同OSはその名のとおり64ビット版のWindows Server 2003で、よりハイエンドなサーバ環境を提供するものである。だが、同OSのベータテストや早期評価プログラム、公開タイミングなどを踏まえると、Windows Server 2003 x64 EditionとWindows XP Professional x64 Editionは同じプロジェクト内で開発が進められていたと言ってしまっても問題ないだろう。

つまりMicrosoftは、次世代のWindows OSであるLonghorn(開発コード名)を平行開発しながら、サーバ/クライアントOSの64ビット化を推進し、現在のWindows XP/Server 2003を、そのままLonghornへつなげる戦略をたてているのだろう(蛇足だがWinHEC 2005で配布されたLonghornも、32ビット版と64ビット版の2種類。これだけ見てもMicrosoftが64ビット環境について真剣に取り組んでいることがわかる)。

ちなみにWindows XP Professional x64 Edition以前にも、64ビット版Windows XPは存在した。Windows XPにはインテルItaniumプロセッサをサポートするバージョンが存在し、最大16TBの仮想メモリなどをサポートしている。同OSは大規模なデータベース管理など、ハイエンドな環境を前提として用意されたが、普及には至らなかった。これは、Windows Media Playerに代表されるデジタルメディアや、16ビット/MS-DOSなどのサブシステム、Windowsインストーラなど各機能がサポートされていないためだろう。

今回のWindows XP Professional x64 Editionでは、これらの反省点を踏まえてか、様々な改良が加えられている(Windows XP Professional x64 EditionはService Pack 1があらかじめ適用されている。詳細は不明だがWindows Server 2003 Service Pack 1の適用と、以前の64ビット版Windows XPから進化した、という2つの意味を兼ね備えているのだろう)。

マイクロソフトでは、32ビット版Windows XPからWindows XP Professional x64 Editionへアップグレードする理由として、「次世代アプリケーションに適したハイパフォーマンスのプラットフォーム」「大容量メモリのサポート」「互換性」「マルチプロセッシング」「同一のプログラミング モデル」と、5つの項目を挙げている。

だが、すでに安定動作している我々のWindows環境を、本当に64ビット化する必要性があるのか。既存の32ビットアプリケーションは正常に動作するのか、など、これらの情報を踏まえて本記事を執筆していく。最初にお断りさせて頂くが、今回使用したPCはMCJからお借りした「LUV MACHINES Lm-i903」を用いて検証を行っている。そのため、Intel Pentium 4 EM64TプロセッサとAMD Athlon 64プロセッサのパフォーマンス比較など、ハードウェアに関する差異は割愛させて頂くことにした。

Windows XP Professional x64 Editionのメイン画面。外見だけ見れば、通常のWindows XPと変わらない

32ビットPCにWindows XP Professional x64 Editionをインストールすると、画面のようにエラーメッセージが現れ、続行することができない

今回使用したWindows XP Professional x64 Editionは、バージョン5.2.3790。これはWindows Server 2003 Service Pack 1と同じビルドナンバーとなる。ちなみにService Pack 2を適用したWindows XPは5.1.2600だ

64ビット環境の検証はMCJの「LUV MACHINES Lm-i903」を利用して行った。64bit対応Pentium 4を搭載する

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Windows XP Professional x64 Edition登場
(2) 32ビット版Windows XPとの相違点 - DEP機能など
(3) 32ビット版Windows XPとの相違点 - Windows Media Player 10など
(4) 32ビット版アプリケーションは正常に動作するのか
(5) Windows XP Professional x64 Editionはまだ早いのか?

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事