PDF再入門 - フリーツールでどこまで行ける? (1) 気づけば普及の進むPDFフォーマット

ニュース
トップ

【特集】

PDF再入門 - フリーツールでどこまで行ける?

1 気づけば普及の進むPDFフォーマット

海上忍  [2004/12/24]
  • <<
  • <

1/12

最近、冊子の体裁を持つマニュアルが省略されたコンピュータ関連製品をよく見かける。つい数年前までは、バルク品でもないかぎり紙のマニュアルが同梱されていたはずだが、最近は有名メーカーの製品といえども、CD-ROMに「PDF」の形で収められていることが少なくない。官公庁がWebサイトで公開する文書も、いまやその多くがPDFになっている。

ふと回りを見やれば、俗に"ゲラ"と呼ばれる著者校正用の試し刷りもFAXではなくPDFを使う機会が多くなった。また、Mac OS Xのように、システム標準のフォーマットとしてPDFを採用するOSも登場するなど、PDFはますます身近な存在になっている。Windowsプラットフォームにおいても、最近ではフリーのPDF生成ツールが続々と登場し、"見るだけ"から"作る"ものへと認識が変わりつつあるようだ。

本特集では、PDFの特徴と長所について再確認するとともに、フリーのPDF生成ツールの使い方と支援ツールの使い方を紹介する。来年初頭のリリースが予定されている「Adobe Acrobat 7.0」についても、ベータ版を試用する機会に恵まれたため、フリーのツールとの違いを踏まえつつ新機能の概要をお伝えしたい。

紙へ印刷する感覚で直接アプリケーションから生成できる

来年初頭に発売予定の「Adobe Acrobat 7.0」ではOCRエンジンが一新、スキャナから取り込んだ文書のテキスト化も容易になる

  • <<
  • <

1/12

インデックス

目次
(1) 気づけば普及の進むPDFフォーマット
(2) そもそもPDFって何? - PDF再入門
(3) PDFを使うメリットとは?
(4) そもそもPDFって何? - PDF再入門(2)
(5) PDFWriterとDistillerの違い
(6) PDF作成ツールの現状 - OS Xではシステムと一体
(7) PDF活用の現場
(8) サードパーティー製PDF作成ツールを試す(1)
(9) サードパーティー製PDF作成ツールを試す(2)
(10) Acrobat 7.0の新機能(1)
(11) Acrobat 7.0の新機能(2)
(12) まとめ - いずれは空気になるかも?

もっと見る

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    【レビュー】やはり実務経験から生まれたサービスは違う!バックオフィス業務を効率化できるクラウド型サービス「board」
    [10:29 10/22] エンタープライズ
    東京都・井の頭自然文化園が、80周年記念企画展を開催
    [10:27 10/22] ライフ
    電気通信大学、燃料電池の触媒層を「ナノXAFS計測」で解析することに成功
    [10:26 10/22] テクノロジー
    Cloud Payment、請求管理サービス「経理のミカタ」をリコーリースに提供
    [10:21 10/22] エンタープライズ
    楽天銀行、24Hネット完結する法人顧客向けの海外送金受取サービスを提供
    [10:20 10/22] エンタープライズ

    特別企画

    一覧